安眠妨害水族館

オバンギャと初心者に優しいヴィジュアル系雑食レビューブログ

<館長からの伝言板>

コメントやメッセージへの返信は停止中ですが、ありがたく読んでおります。

長文が多くなっていますので、読みたい記事だけ飛ばし読みをしたいという人は、<ブログ記事一覧 をご参照。
もっとピンポイントで読みたい記事がある人は、左側のブログ内検索ツールから、お調べくださいませ。

Twitter

https://twitter.com/sakanagatoreta (館長)

https://twitter.com/anbo_suizokukan (更新情報)


姉妹ブログ
天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて


テーマ:

残片/カラビンカ

 

1. 六月の通り雨

2. 通り魔行進曲

3. クチナシの花

 

カラビンカの再編シリーズ第一弾。

ライブ会場とオフィシャル通販での販売となっています。

 

既に入手不可となっている旧体制での音源から、現在でも演奏されている楽曲を再録。

3曲入りで1,000円というリーズナブルな価格で提供されました。

歌詞の掲載はなし。

オリジナルが配布CDで、ブックレット等がなかった「六月の通り雨」は、またも歌詞の可視化が見送られた形ですね。

 

「六月の通り雨」は、グループサウンズ系の軽快なサウンドで、サビのメロディはとてもキャッチー。

こういうタイプのレトロ感を出せるバンドが、現代のシーンではあまり出てこないこともあり、耳に残ります。

ただし、歌詞は相変わらず、生々しくおぞましい。

キャッチーだから、すぐさま人に薦められるかというと、躊躇してしまうこと請け合いです。

アレンジも変わっており、リズム隊のグルーブが、とても気持ち良い。

間奏では、「タッチ」のオマージュが入ってきたり、遊び心が含まれているのもポイントでしょう。

 

続く「通り魔行進曲」も、構成から再編されています。

爽快な疾走感と、一方で漂うアングラ感とのアンバランスさが、絶妙な中毒性を高めるこの楽曲。

シンプルではあるのだけれど、後半に進むにつれて盛り上がる工夫が随所に施されていて、実際の尺よりもあっという間に思えてしまう。

CDを1回再生するにつき、3回ぐらい聴き直してもいいぐらいだな、と個人的には。

 

最後に放たれるのは、「クチナシの花」。

これぞ、カラビンカ節。

空間をイメージさせる音像は、邦ロックシーンに飛び出しても受け入れられそうな格好良さなのだけれど、やはり歌詞。

妙にリアリティがあって、感情移入する余地があるからこそ、吐き気がするほどにエグい。

ほかの2曲が、比較的とっつきやすいナンバーだったため、より濃厚に感じられます。

 

ライブの定番曲が収録されているので、当時の音源を持っていないファンへの救済策としてはもちろん、新規へアピールする入門書として良質。

現体制で生まれ変わったサウンドは、過去の作品を持っているリスナーにとっても、面白いものに仕上がっているかと。

"再編シリーズ"ということは、第二弾、第三弾もあったりするのかしら。

このクオリティであれば、是非、続けてもらいたい企画です。

 

<過去のカラビンカに関するレビュー>

春を哭く人

三千世界に鴉鳴く

春を逝く人
ひとでなし

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「音源紹介~か行~」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。