安眠妨害水族館

安眠妨害水族館

オバンギャと初心者に優しいヴィジュアル系雑食レビューブログ

<館長からの伝言板>

火、木、土+αに更新中。
緊急事態宣言期間中は、毎日更新に挑戦しています。
日曜日にショートレビューの複数回更新をはじめました。

読みたい記事だけ飛ばし読みをしたいという人は、<ブログ記事一覧 をご参照。
もっとピンポイントで読みたい記事がある人は、左側のブログ内検索ツールから、お調べくださいませ。

Twitter

https://twitter.com/sakanagatoreta (館長)

https://twitter.com/anbo_suizokukan (更新情報)


note
https://note.com/sakanagatoreta


instagram

https://www.instagram.com/sakanagatoreta/

【解放】/REIGN

 

1.Death crimE

2.NEVER BLUE

3.Death bluT

 

2015年にリリースされたREIGNの6thシングル。

 

シーンに登場するなり、"悪魔的音源五部作"として、立て続けに5枚のシングルを発表。

【疑惑】、【究明】、【真相】、【覚醒】、【迷宮】ときて、物語は完結したかと思われましたが、"『裏』最終章 "として6枚目の作品が待っていた。

しかも、この【解放】だけは会場限定作品となっており、ライブへの導線となり得る仕掛けだったと言えるでしょう。

ついでに添えると、5枚をまとめたアルバムが出るのでは、なんて期待していた音源ファンにとっては、残りの5枚もちゃんと集めなければ、と狙いを切り替えるスイッチにもなっていたのかと。

 

シリーズ全作を通して、"Death"という単語が用いられた楽曲が統一して収録。

そのため、導入的なSEかとも想像していたのですが、3曲とも4分台の歌入り曲ですので、ご安心を。

先陣を切って投下される「Death crimE」が、ダークな世界観を踏襲しつつ、疾走感のあるメロディアスナンバーの様相もあって、インパクトが大きいですね。

サビのメロディはシンプルなのだけれど、そこまで使い尽くされた感がない絶妙なライン。

耳残って口ずさみやすい、限定音源にしておくにはもったいない佳曲でした。

 

ハードさを強めた「NEVER BLUE」にしても、サビではメロディアスに。

こちらもシングル曲として切れそうな存在感を示しています。

アルバム【666】にも収録される「Death bluT」は、REIGNのシアトリカルな側面に特化した世界観重視のダークチューン。

"悪魔的"というイメージを表現すべく、密教的、呪術的なゴシックホラー風のサウンドを織り交ぜるのが、彼らの音楽性の肝だったりするので、"『裏』最終章 "だけに、シリーズの殿となるこの楽曲がリードトラックとなっているのかな。

今となっては手に入れにくい作品となってしまいましたが、コンパクトに彼らの魅力が詰め込まれた1枚。

 

<過去のREIGNに関するレビュー>

ベリアル