安眠妨害水族館

安眠妨害水族館

オバンギャと初心者に優しいヴィジュアル系雑食レビューブログ

<館長からの伝言板>

原則、火、木、土、日に更新中。それ以外は気まぐれ。
飛ばし読みをしたいという人は、<ブログ記事一覧 >をご参照。
(デザイン上消えてしまっていますが、右下に「次へ」ボタンが隠れています。)



instagram https://www.instagram.com/sakanagatoreta/


note https://note.com/sakanagatoreta

ゴーストシップ・アクアリウム ・・・V系関連コラム、企画

天の川、スカイフィッシュの釣り堀にて ・・・エッセイ・日々の思考

ラボラトリーABS(ノベル館 )/(ゲーム館 )・・・ミステリー小説・ADVゲームのレビュー

バックヤードの水槽から ・・・ブログとは異なる切り口でのV系CDレビュー


GRiM/Neverland

 

1. GRiM(SE)

2. Land Escape

3. Heart sleep

4. Daydream

5. Missing memory

6. HumaNOISE

7. Dummy

8. Evergreen.

9. twilight

10. 7th heaven

11. 桜時計

 

 

2016年にリリースされた、Neverlandの1stフルアルバム。

 

"終わらない夢の国"をコンセプトに、2012年に結成。

惜しまれながら、2021年に解散となった彼らですが、Vo.涼太さんはTHE MADNA、Ba.てらさんはヘルブロス、Dr.琥珀さんはDATと、当時のメンバーは今でも第一線で活躍中。

Gt.一輝さんの動向が気になるところです。

 

内容としては、イチゼロ年代のメルヘンロック。

ファンタジー性の文脈で、クラシカルな様式美を解釈することで、オリジナリティを創出していました。

特に個性が際立っていたのは、「Land Escape」や「Dummy」といった攻撃性の高い楽曲たちでしょうか。

表面的にはキャッチーなのだけれど、その裏で毒々しさを孕んでいるように、ポップネスとダークネスが表裏一体。

オルタナの匂いを滲ませつつも、枯れたサウンドではなく、キラキラしたシンセとの相乗効果を求めたアプローチはなかなかに新鮮です。

 

アルバム構成としては、前半に勢いのある楽曲を、後半にメルヘン色の強い楽曲を持って来た印象。

故に、強い個性を感じるのは前半なのですが、ファンタジー要素に振り切ってセツナポップ風に仕上げた後半の楽曲群も、なかなかどうして魅力的なのですよ。

メロディセンスは非凡と言え、ミディアムナンバーでも見劣りせずに演奏する実力もある。

挑戦的で呼び水となりそうな前半戦によりインパクトを与え、わかりやすくファンタジーのイメージを植え付ける後半戦で、Neverlandの世界観への没入感を強めていく二段構え。

なるほど、アルバムとしての完成度がとても高いな、と。

 

なお、初回限定盤は、「Daydream」のMVとメイキングが収録されたDVDが付属。

通常盤は、ブックレットがライブフォト仕様になっていて、CDの内容は同一。

バンドの解散によって、隠れた名盤となりつつありますが、まだまだ埋もれさせるにはもったいないポテンシャルを秘めた1枚です。

Snowscape, Starscape/MIGIMIMI SLEEP TIGHT

 

1. Snowscape, Starscape

 

 

MIGIMIMI SLEEP TIGHTにとって2023年の第一弾楽曲となったデジタルシングル。

 

これでもかと切なさを詰め込んだウィンターバラード。

盟友であるインテツさんがディレクションを務めたMVも、胸を締め付けるセンチメンタリズムを駆り立てます。

作詞・作曲を担当したGt.涼平さんは、本作においてはピアノの演奏がメイン。

やわらかい旋律は、冷たさと暖かさの両方を感じさせる冬の景色を表現しているようで、イントロの数秒だけで"これは涙腺を刺激するナンバーだ"と理解できるほど、世界観とリンクしていました。

 

このところ、唯一無二のオリジナリティとして、中国語詞およびその独特な響きを押し出していた節もある彼らですが、この「Snowscape, Starscape」については、すべて日本語で構成。

内容としても、これほどストレートなのが意外に思ってしまうほど、真正面から切なさと向き合っていて、Vo.宮川依恋さんの歌唱力、表現力への絶対的な信頼が見て取れますね。

どんなにコラボレーションや企画性の高い楽曲が多いユニットであろうと、MIGIMIMI SLEEP TIGHTのヴォーカリストは宮川依恋。

その事実は揺らぎないな、と納得させられるほどの歌い上げっぷりです。

 

序盤はピアノが主軸、中盤以降はバンド演奏も絡み合って。

徐々に感情が高まっていく演出としては定石であり、ともすれば陳腐化してしまう懸念もあるのですが、常に斬新な切り口にトライしてきた彼らがやることで、新鮮味も復活。

涼平×雪の組み合わせは外さない、という実績を更新する1曲と言えるでしょう。

 

<過去のMIGIMIMI SLEEP TIGHT(Migimimi sleep tight)に関するレビュー>

The Horrorman

The Beautiful

Lonely寡黙なGirl(feat. Yuko Amada)

Mute, Solo, Jungle野外のBoy

Occult: Pack me, Quake me

Fashion

Slow Night

Goldfish

LOST YOUR LOVE(Japanese Ver.) [feat. zaquro misohagi]

SECRET PEACH (Japanese Ver.) [feat. nana hatori]

Forgetting All About Your Kiss (Japanese Ver.)

VALHALLA KITCHEN (DEMO)

「HELLO」「DREAMY DONUT」

CONTINUE TO LOVE

FROM HONG KONG TILL TOKYO

THE STARRY RIFT

「OYSTER GIRL/Hi-NRG BOY」 「SLEEPY SUNSET/The Bike」

The Massive Market

FOLLOW U

Escape from Tsuki No Uragawa ZOO
The Lovers
Akirakeiko
Migimimi

 

処女作/シュガーフォークフル

 

1. 徒歩、一分未満。

2. 恨み帖

3. がらんどう

4. 夕陽ケ丘心中

5. 号外

 

シュガーフォークフルが2004年にリリースした1stミニアルバム。

 

事実上、Daliの前身バンドにあたる彼ら。

本作は、Gt.シュンサクさんの加入前となる4人編成時代の作品となります。

ブックレットの記載についてもこだわっていた印象で、クレジットも含めてレイアウトは縦書きが主体。

その際、アルファベットを使用しないことが徹底されていて、例えばトータルプロデュースが"キサキ(アンダーコードプロダクション)"と表記されているのは、なんだか新鮮でした。

Vo.れんさんが手掛ける作詞についても、うらみつらみ、散文、演説......と言い換えに趣向を凝らしていたのも、この時代らしい工夫と言えるでしょうか。

 

限定3,000枚でのリリースとなった本作は、環境音を加工したSE「徒歩、一分未満。」を含む、全5曲。

音楽性としては、お洒落系の様式をなぞった哀愁レトロ路線。

それがUNDER CODE PRODUCTION所属バンドとしての様式美と融合し、ダークで激しい、哀愁系のコテオサバンドというニッチな立ち位置になっていました。

不気味なシンセの音色を加えて、レトロ歌謡を暗黒面に展開する「恨み帖」、ヘヴィーなサウンドにお経のようにぼそぼそと畳みかける言葉を重ねる「がらんどう」、歌謡曲の要素を強めつつ、やはりダークな雰囲気は維持していた「夕陽ケ丘心中」。

そして、Daliでも再録していた暴れ曲「号外」は、HISKAREAのVo.研二さんと、カレンのDr.旬奈さんがコーラスシャウトで参加。

Daliではメンバーとして加わる旬奈さんが、実はこの時点で既に共演していたと考えると面白いですね。

 

後期Daliで見られるようになるアート性は、まだ顕在化しておらず。

哀愁系としてはメロディが弱く、コテコテ系としては表面的な激しさを求めていないといったところで、どこに強みを求めるかの試行錯誤をしていた段階でしょうか。

もちろん、その中に原石的なセンスを見出すことは十分に可能。

美味しいところ取りを狙いつつ、ニッチに展開していく意欲や、デザインへのこだわりなど、野心はビシビシ感じる1枚。

捻くれた衝動性が体感できます。