レジン作家 kumaさんのWeblog

レジン作家 kumaさんのWeblog

アメージングレジンブログ

   キャリア30年のレジン作家 Kumaのブログです。

        作品制作の様子や自然あそびなど書いています。

            ブックマークしてときどきのぞいてくださいね!

先日、某所にシュンランを採集しに行ってきました。

シュンランをドライフラワーにして、レジンに閉じ込めて時計を作ります。

 

山野草は咲く時期が決まっていて、たいていは花期も短いので、タイミングをはずすとまた一年待たなければいけないから、作品を制作する私にとっては「必要緊急」なわけで。

 

ということで、シュンランのほかにも可愛らしい山野草が咲いていましたので、見てなごんでいただきましょう。

今回は娘もミラーレスカメラを持って行ったので、その画像もいくつか拝借しました(私のデジカメはもう10年物で、最近近距離にピントが合わせづらくなっちゃって・・・やっぱりFUJIFILMは画質がいいな)。

 

シュンラン

 

シュンラン(娘撮影)

 

ヤマルリソウ

 

ヒトリシズカ

 

ナツトウダイ

 

ミミガタテンナンショウ

 

少なくなった

日本にもともと自生している

イヌノフグリ(娘撮影)

 

イカリソウ(娘撮影)

 

ウグイスカグラ(娘撮影)

 

シュンランはその場で独自のドライフラワー製法で仕込みました。(息子撮影 Canonもいいな)

 

 

 

それにしても、早く気楽に出かけられるようになるといいのだけれど。

横浜に住んでいますと、肩身が狭くてね・・・

 

 

 

 

 

キャリア30年のレジン造形作家が愛用する

高品質なレジンやシリコン、初心者用キット

研磨資材などを販売しています

 

 

あわせて読むと役に立つ記事

 

「2液タイプの透明レジン『エポキシレジン』のまとめ」

 

「エポキシレジンを発熱させない工夫」

 

 

当ブログで一番閲覧数の多い記事

 

「そろそろレジンの流行もピークかな」

 

 

 

今年は春の訪れが早く、今日は隣の森のヤマザクラが満開となってとてもきれいです。

ウグイスもだいぶ上手にさえずるようになりましたしね。

ソメイヨシノももう咲きはじめて、気持ちもなんとなく温かくなりますね。

 

咲きはじめた頃のヤマザクラ

 

なにかとストレスのたまる世の中のようですが、私にとりまして、春は1年で一番心楽しく、そして忙しい季節。

もうしわけないけれど、家でじっとしていることなどできませんので、デジカメを携えて野へ森へと出かけています。(もちろんちゃんとマスクして、花粉症ですし)

 

都会でなかなか自然にふれる機会のない方も多いと思います。

可愛らしい花たちをちょっとだけご覧くださいね。

 

ダンコウバイ

まだ寒い早春の森で

とてもよく目立ちます。

 

キブシ

かんざしの花飾りのような

キブシの花が咲きますと

春が来た、と感じます。

 

冬のなごりのトキリマメ

 

大好きなヒメウズ

 

5ミリほどの小さな花ですが

よく見るとチューリップみたいで

とてもかわいいのです。

 

オニシバリ

樹皮がとても丈夫だから

鬼でもしばれるの意。

別名ナツボウズ

夏に葉が落ちるから。

 

関東では珍しい

白花タンポポ

森の一ヶ所だけに群生していました。

 

春の森で一番よく見る

タチツボスミレ

 

今年もフキノトウで

フキ味噌を作って堪能しました。

 

ごはんもお酒もすすみます。

 

そして私にとって一番重要なツクシ。

春にツクシを口にしないと

一年中なにか忘れ物をしたような

落ち着かない気持ちになります。

 

ツクシの卵とじ

子どもの時から食べてきた

私にとっての食の歳時記。

 

家の子ども達が小さい頃から好きな

ツクシの油炒め。

白胡麻油で強火で炒め

塩コショウのみで味付け。

簡単で美味。

 

もうすぐタラの芽やハリギリの芽も伸びてきます。

ノビルもみずみずしくておいしそうになりました。

今年はクサギの新芽にもチャレンジしてみようかな。

 

これから梅雨までの間、野にも森にも山にも、かわいらしく美しい山野草が次々に咲いていきます。

最近、自然の中に出かける人がとても多くなっているのは、とてもいいことだと思いますね。

 

前を見る気持ちさえあれば、今なにができるか、なにが楽しめるかはおのずと見つかるはず。

気の持ちようですよ。

 

 

キャリア30年のレジン作家が愛用する

高品質なレジンやシリコン、初心者用キット

研磨資材などを販売しています

 

 

あわせて読むと役に立つ記事

 

「2液タイプの透明レジン『エポキシレジン』のまとめ」

 

「エポキシレジンを発熱させない工夫」

 

 

当ブログで一番閲覧数の多い記事

 

「そろそろレジンの流行もピークかな」

 

 

 

シクラメンの置時計

 

左手の炎症がだいぶ回復して、痛みが和らいできて、力も少し入るようになってきましたので、ようやくレジンの撹拌ができるようになりました。

 

レジンを撹拌する際には、しっかりと容器を押さえないと、均一に混ぜ合わせることができません。

均一に混ぜ合わせないと、硬化不良を起こしてしまいます。

 

左手で容器を回転させながら、右手でシリコンヘラを使ってしっかりと混ぜ合わせます。

 

 

 

 

 

 

30年もやっていますと、勝手に手が動きます。

やはり手作りはいいもんですよ。

 

遅れた分を取り返すべく、どんどん作業を進めます。

 

 

レジン創作のテクニックとコツをくわしく解説

レジンマスターズテキスト

テキストの内容を見る>>>

 

 

当ブログ人気記事

 

「そろそろレジンの流行もピークかな」

 

「2液タイプの透明レジン『エポキシレジン』のまとめ」

 

「エポキシレジンを発熱させない工夫」

 

 

 

ゼリービーンズクロック (2011年作)