ピースフルドライフラワー | アメージング スタイル ドライフラワー & レジンフラワー

アメージング スタイル ドライフラワー & レジンフラワー

                            ✿


テーマ:

 

まず最初に、アメージングスタイルドライフラワーの

ホームページに、「作り方と製法の特徴

製法特許について」 というページを

あらたに作成しました。

 

作り方がわからないと、お始めになるにしても

ためらってしまいますし、教室などで

この製法をお教えしていいものかどうか、と

疑問にお感じになる方もきっと多いと思いますので

技術の権利はだれにもなく、自由にお使いいただける

理由について、特許庁のデータベースを引用して

ご説明しています。

 

よろしければご確認くださいね。

 

 

 

 

さて、今回は講座の講師を辞任して

自分でネットスクールを展開をして

そこでドライフラワー製法を

お教えするに至った経緯と

その結果についてお話ししましょう。

製法誕生のお話は、今回で最後です。

 


講師を辞任してから、自分でドライフラワー製法を

ネットでお教えしようと思い立ったわけですが

これは元々ネットで公開しようとしていたくらいですから

とくに突飛な発想ではなくて

「最初からこうすればよかった」 と

思ったほど自然な発想でした。

 

 

「自分ならこうやってスクールを運営する」

というのを示したいという気持ちもありましたし

もちろん辞任した講座に対する対抗心もありましたが

一番大きかったのは、受講された方

これから受講を検討されていた方からの

 

「熊﨑先生がいなくなったら

 私たちはどうしたらいいんですか?」

 

「わからないことがあったら

 だれに聞けばいいんですか?」

 

という声でした。

 

辞任した時点で、すでに100名近い方に

お教えしていましたから、そうした方の

アフターフォローということを考えますと

「講師を辞めたから、あとは知りません」

とは、私の性格からして言えません。

 

実際に、私のあとに主任講師となった方は

社長のお気に入りの方でしたが

受講された方から

 

「○○先生に質問をしたんですけど

 要領を得なくて、結局あの先生は

 この製法のことをくわしく理解されて

 いないんじゃないでしょうか?

 熊﨑先生、教えていただけませんか?」

 

そういうメールや電話でのお問い合わせが多々あり

また、時には、次第に横暴になる社長の

講座の運営方法についていけずに

 

「私たちは○○社長につぶされてしまいます。

 先生、助けてください・・・(涙)」

 

と、文字通り電話で泣きつかれたこともありました。

結果から言いますと、辞任してから2年ほどの間は

受講された方からのご質問やお悩みに

お答えしていました、もちろん無償で。

 

 

 

 

ネットスクールという形で製法をお教えするに際して

正直に言いまして、妨害や抗議などの

なんらかのリスクはあるだろうと想定していました。

もちろん出願した特許の問題もありましたからね。

でもやらなければいけない状態でした。

 

「ネットスクールでお教えします」

 

と、HPで公開した時の反響はすごかったです。

自分でもおどろきました。

 

「習いたいとは思っていましたけど

 あの評判の悪い講座を受講するのは

 イヤだと思っていたのでホントにうれしいです!」

 

なんてメールをけっこういただきましたね。

経営トップの考え方は、良くも悪くも

大きく影響するものですよね。

 

 

 

ネットスクールを展開するためには

まずテキスト本を作成する必要があり

2名の生徒さんに協力をしていただいて

わざわざ拙宅までお越しいただいて

テキストのための撮影をしました。

 

 

製法の名称を

 

「ピースフルドライフラワー」

 

と決めて、商標登録をしました。

 

 

とにかく、このドライフラワーを楽しんで

豊かな気持ちになっていただきたい

そんな想いが強かったのです。

 

ちなみに商標は、提出する書類の書式などを勉強して

自分で出願しました。

書式にミスがありますと、数万円分の印紙が

パァーになりますから緊張しましたよ。

ちゃんと取得できた時はうれしかったです。

 

 

 

こうしてネット上で開校した

ピースフルドライフラワースクールですが

スクールと言いましても、実際には

テキストと資材を購入していただくだけで

あとは 「ご自由にどうぞ」 というスタイルで

認定とかそういうシステムは採用しませんでしたし

私はメンバーからのご質問にお答えをし

そしてさらなる研究を続けて

その結果を追加テキストとしてネット上に公開し

自分で言うのもなんですが、かなり充実した

スクールの内容になっていたと思います。

 

 

しかしその間にもイヤなことはありました。

ネット上では匿名に隠れられますから

いろんないやがらせができます。

少しくらいなら無視できますが

徐々に私もストレスが溜まっていって

最終的には脅迫めいたメールが来て

それを見た瞬間に、花の世界に心底うんざりして

その日のうちにスクールを閉鎖してしまいました。

 

「花はこんなに美しいのに

 それを扱う人間は、どうしてこうも醜いのか。

 人をおとしめるよりも、自分も努力して

 より良いものを作ればいいじゃないか」

 

そんな想いでした。

 

 

今ならもっとうまく対処できたと思いますが

その時の精神状態では無理はなかったかな、と

今でもそう思います。

 

物心ついたころから花が大好きでしたが

このことがあってからは、花屋を見るのも

イヤだと思うほど花から距離を取り

レジンの世界に戻りました。

 

 

バラに対して不快感を感じなくなったのは

ここ2年くらいです。

そしてこの製法を多くの人に楽しんでいただきたい

またそう思うようになりました。

 

ふと調べてみたところ、その講座を運営していた会社は

数年前にM&Aによって他社に吸収されて消滅しており

講座は吸収した会社によって継続されていますが

当時の経営陣はすべて講座運営から退いており

私にとってあの忌まわしいつながりは

すべて消え去っていました。

 

製法特許についても調べてみましたが

結局、途中で取得をあきらめていましたので

結果的には私が最初にのぞんでいたように

だれでも自由に使える技術となりました。

言葉は悪いですが、「ざまぁーみろ!」 と思いましたよ。

 

 

 

この製法を思いついたのが2003年の秋。

それから12年余りの時を経て

また私の元に戻ってきてくれた、そんな想いがしています。

 

この製法はだれにも権利はありません。

自由に使うことができます。

もちろん教室やスクールでお教えすることも自由ですし

作品として販売することも自由です。

 

ぜひ多くの方に楽しんでいただきたいと思います。

 

 

 

 

 

新しいドライフラワー製法を考案したわけ

 

製法特許出願と講座講師就任

 

講座運営会社との決別(この製法がだれでも自由に使えるわけ)

 

ネットスクールの開講と閉鎖したわけ

 

アメージングスタイルドライフラワー・花ギャラリー

 

 

 

 

Kumaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス