横浜 ポスティング 集客職人  チラシポスティングで反響を出す方法をお答えします。株式会社ピンポイント

キャッチコピー100事例無料プレゼント中!


4000枚配って1件しかでなかった。

反響が500枚で1件でました。

どんなテクニックを使ったか?

気になりませんか?

チラシの内容。デザインを変えた。

わけではございません。

配布する場所を絞り込んだわけでもありません。

続きはこちらをクリック



弊社のポスティング料金は

 他社と比べると高いと思います。


 「どこもたいしてかわらないだろう」と、

 安くポスティングする所をお探しであれば、

 お力にはなれません。


 クオリティー・反響重視

 お考えの方のみご連絡ください。


 反響の差はかなり出ますので、

 逆に、広告費のコストは安く済みます。


株式会社 ピンポイント

横浜市栄区小菅ヶ谷2-8-65

TEL045-383-9108



まずは反響のでるチラシの基本を抑えておきましょう!!

チラシ作りのヒント ←こちらをクリック


チラシはできたが反響がでるかどうか不安な方は

初回無料個別メール相談 ←こちらをクリック


ポスティングを始める前に抑えておきたいこと

ポスティングのコツ ←こちらをクリック


チラシで集客したいと思うがなかなか一歩踏み出せない方は

行動に移すためのきっかけ作り ←こちらをクリック


業界初!!日本一のポステイングノウハウ教えます。

現場無料研修会 ←こちらをクリック


実践者の声を紹介してます。↓↓

エステ240枚で1件の反響がでた人の声

エステ500枚で1件の反響がでた人の声

小売業 75枚で1件の反響がでた人の声

小売業 50枚で1件の反響がでた人の声

サロン200枚で1件の反響がでた人の声

サロン360枚で1件の反響がでた人の声
美容室125枚で1件の反響がでた人の声

美容室250枚で1件の反響がでた人の声

学習塾300枚で1件の反響がでた人の声

整体院400枚で1件の反響がでた人の声

リフォーム200枚で1件の反響がでた人の声

ハウスクリーニング450枚で1件の反響がでた人の声

広告業160枚で1件の反響がでた人の声


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

強烈なキャッチコピーを作るヒント

あなたがもし、同じような商品・サービスがある中、

実は画期的な商品・サービスを扱っていたとします。


定着しているモノやサービスには、世界観(イメージカラー)があります。

例えばコーラ。日本で類似品を作るときは「赤」ペプシではなくコカ・コーラのイメージカラーを使います。

スポーツドリンクだとポカリの「青」。カレーだと茶色ではなく、「金」が「黄色」
エアコンや洗濯機は「白」など、

 

今あげた例だと強烈なイメージカラーになっているので従った方が良いと思いますが、
それ以外、例えば業界内での固定観念などは持たない方がいいのかもしれません。

エステーの消臭力の広告を元に

思わず目が行き、読まずにはいられないキャッチコピーを考えてみました。

 


 

ポイントは「○○を捨てる」こと。ターゲットを変えてみること。
あなたのチラシのキャッチコピーのヒントになれば嬉しいです。

続きはコチラへお願いします。⇒ 強烈なキャッチコピーを作るヒント


 

売れてるチラシと売れないチラシ

反響が出そうな広告と出なそうな広告を比べてみました。

一番の違いはやはり、「お客さんの目線」ではないことです。

何がどういいのか?それを聞いてどう感じるのか?どんなことを知りたいのか?
どんな不安や疑問を感じるのか?金額より価値が上回っているのか?
金額より価値が上回るためにあと何が必要なのか?反響が取れる広告と何が違うのか?

片方ははかなりディスっていて、片方は褒めています。
ディスっている方は一応、「私ならこうする」を書いておきました。
参考にしてください。

売れてるチラシと売れないチラシ

風が吹けば桶屋が儲かるチラシ

風が吹けば桶屋が儲かるの冒頭は「とかく今の世では有ふれた事ではゆかぬ。」で始まります。

江戸時代でも、「今の世の中はありふれたことでは上手くいかない。」と言っています。
現代に限ったことではないんですね。

さて、新聞の紙面広告に良くできた広告が出ていたので紹介します。



この広告を元に、良くできた広告からヒントを得る方法を書いてみました。

お手数をおかけしますが

コチラからメインブログへお越しください
あなたの商売に置き換えるクセをつけよう 
 

マインドセットを語ってみた。

「成功者のマインドセットを学べ」って聞いたことがあると思いますが、
おそらく90%の方は無理です。

理由は、マインドセットは習慣化させないと意味がないことだからです。
習慣化させるってことは、無意識にカラダが勝手に動く状態です。

意識してできることではないんです。

じゃあどうするか?

「無意識に勝手に動くこと」がポイントです。

「あなたの中に元々あること」すでにインストールされていることなら、あとはアップデートするだけ。

そんなマインドセットのことを語ってみました。

続きはコチラ⇒ 究極のマインドセット
 

フライパンの広告を解説してみました。

新聞紙面広告にあったフライパンの広告を解説してみました

 

コチラのチラシ

 

 

テーマは

1、消費税の使い方
2、自分勝手なチラシになっていないか?
3、チラシをみた人の思考の流れを考える
4、お客さん目線で考えてみる
5、迷わせたら、50%が買わない。
6、「鉄は熱いうちに打て」
7、損して得とる方法
8、割安感を出す方法


続きはコチラ⇒フライパンを売る方を考えてみた。
 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>