鳴海周平の 「こころとからだの健幸タイム」

プロフィール

 北海道の札幌で「自然の恵みそのままお届けしたい」というコンセプトの株式会社エヌ・ピュアを経営しています。
 このブログでは「こころとからだと魂の健幸」について紹介していきます。

 無料の健幸メルマガも毎週発信しています。週刊エヌ・ピュア登録はコチラ


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

六芒星に囲まれた街・仙台


半年まえ、仙台の
青葉神社へ向かうタクシーで
運転手さんから教えてもらった


「仙台と六芒星」


の関係について。





運転手さん曰く、


「これから行く青葉神社、
 そして、
 仙台東照宮、
 榴岡(つつじがおか)天満宮
 愛宕(あたご)神社、
 仙台城本丸、
 大崎八幡宮の六ヶ所が
 仙台城下を囲むようにして
 規則正しく配置されているんです」


とのこと。





半年まえに
この話を聴いたときは
イベントまえの午前中
だったので、


「よし!
 次回の仙台では
 6箇所ぜんぶ行くぞー!!」


と意氣込んでいたのですが、

じつは今回、

引き受けては、ためてきた

諸々の原稿が
山積みになっていて、


「今回はあきらめて
 次回にしようかなぁ・・・」


などと、半ば
「原稿、書くぞー!」モードに
入っていたのであります。





ところが!


お話会の終了後、
ご参加されていたお客さまから


「あのー、これ、
 もしよかったらどうぞ」


と手渡されたのが


『星の街 仙台』


という「仙台と六芒星の関係」
について書かれた小冊子。





こうしたタイミングで

こうしたものを

こうした形でいただく

というのは、


「そういうことなんです!」


と、
いつも言っている手前(笑)

原稿書きはあきらめて


「六芒星、
 まわるぞー!」モードに


急遽切り替えとなったのでした。


(ということで、
 編集者さま
 原稿遅れまーす 笑)





・・・では、さっそく
六芒星の拠点巡りを
ご一緒しましょう (^O^)/







いただいた小冊子『星の街 仙台』より






< 仙台城跡 >



言わずと知れた
伊達政宗公の居城。




一説によると、


「十二支の方角に
 それぞれ線を引き
 その中心に
 仙台城本丸を据えると
 六芒星の意図がわかる」


とも云われていて、

たしかに
仙台城本丸からみると、

「鬼門」の方角にあたる
「艮(うしとら)」を


 青葉神社(東昌寺)


 仙台東照宮


 榴岡天満宮


の三拠点で
護っているような位置関係に
なっているのがわかります。




そして、
仙台城本丸の両隣となる
六芒星の拠点には


 愛宕神社(瑞鳳寺・瑞鳳殿)


 大崎八幡宮(龍宝寺)


があって、


「陰陽の関係をあらわす」


とも云われる


「鳳」と「龍」


の名が入っていることから
「陰」と「陽」の関係で
仙台城本丸を護っているような
配置になっているんです。




江戸時代には、
こうした感覚で街を構成する
「術師」的な人が、まだ
けっこういたんでしょうね。







仙台城跡から望む仙台市街地






< 亀岡八幡宮 >



ここは「六芒星」には
入っていないんだけど、

六芒星の真ん中に
線を引いた時に、

仙台城本丸と大崎八幡宮の
ちょうど真ん中辺りに
あたる場所に建っています。




エネルギー的にも


「なんだか、
 とっても感じる場所」


・・・って、

ざっくりな表現で
ホント申し訳ないんだけど、

そうとしか言えないんだから
しょうがないじゃない!

(開きなおりか 笑)




それでも、
あえて表現するとしたら


「亀岡という文字に
 象徴されるエネルギー」


とでも言いましょうか。




さっきも
六芒星の配置に

「龍」とか

「鳳」が出てきたけど、

「亀」も含めた

こうしたキーワードが
どうやら、


「仙台と六芒星の関係
 をひもとくヒント」


にもなっているようです。













< 大崎八幡宮 >



昔はお寺の住職さんが
神官も兼ねる制度があって、

「大崎八幡宮」と
その東隣にある「龍宝寺」も
そうした関係にあったと云います。



つまり、
仙台を囲む六芒星には


「拠点となる神社だけでなく
 関係の深い近隣寺社」


にも意味があって、
それは、先に述べた


「名前という
 言霊(ことだま)エネルギー」


にもあらわれている、
ということになりそうです。




だから、
大崎八幡宮は


「龍の言霊の象徴」


みたいな感じかと (^_^)














・・・さて、

氣づけばけっこう
長く書いてしまっていて、

編集者さんが見たら


「・・・頼んでた原稿
 書けるんじゃないの?」


って言われそうなので(笑)
今週はこの辺で。





迷探偵・なるみんの
推理の続きは次回またゆっくりと
発表することにいたしましょう (^_^)






 

 

 

【 鳴海周平のお話会 】

 

心身の波動が高まる健幸情報や、
目にみえない世界についてなど、

スピリチュアルな話題も満載のお話会。

 

 

 

現在、個人的な相談や

ヒーリングは行っていませんが、

「お話会」では皆さんへ

「一斉ヒーリング」を
させていただいています。



どうぞお気軽に
ご参加くださいませ(^_^)

 

 

 

 

 

 

開催時間は、全会場

14時〜16時です。

 

 

 

2021年

5月11日(火) 名古屋
 詳細・お申し込みはコチラ


6月 8日(火) 大阪
 詳細・お申し込みはコチラ

 

 

6月15日(火) 札幌
 詳細・お申し込みはコチラ
 満席キャンセル待ち受付中


6月22日(火) 福岡
 詳細・お申し込みはコチラ

 満席キャンセル待ち受付中

 

 

 

「そもそも、お話会って?」

 っていう人 ⇒コチラから
 
 
 
「そもそも、鳴海周平って誰?」
 っていう人 ⇒ コチラから
 
 
 
 
 

【 健幸ヒーリングワーク 】

 

こころとからだをゆるめる

ワークなどを中心に、

 

「みんな、本来は

 自然界の一部であること」

 

「ヒーリングの世界とも

 つながっていること」

 

という感覚を楽しんでいただく

ワークショップです。

 

 

 

 

 

 

開催時間は、全会場

13時30分〜16時30分です。

 

 

 

2021年

5月12日(水) 名古屋
 詳細・お申し込みはコチラ


6月 9日(水) 大阪
 詳細・お申し込みはコチラ


6月23日(水) 福岡
 詳細・お申し込みはコチラ



「どんなワークなの?」
っていう人 ⇒ コチラから

 

 

 

 


【 なるみんと行く! 

 日帰り 福岡 志賀島・宗像

 ・宮地嶽ヒーリングツアー】

 満席キャンセル待ち受付中

日時
 2021年5月24日(月)

      5月25日(火)
 ※ランチの内容が違います。


スケジュール

 9時30分 JR博多駅集合

 午前中 

  志賀島玄海国定公園海岸
  志賀島神社参拝・境内散策

 ランチ  

 (24日)フレンチ
 (25日)玄界灘会席料理
 午後

  宗像大社参拝・境内散策
  宮地嶽神社参拝・境内散策
 17時30分 JR博多駅解散

集合・解散 JR博多駅

参加費 39,600円(税込)

 ※バス代(2席にお1人様)

  と昼食代が含まれています。

 詳細・お申し込みはコチラ
 満席キャンセル待ち受付中

 

 

 

その他、最新のイベント情報は
 ⇒ コチラから



お電話でのお申し込み・お問い合わせ
 エヌ・ピュア 0120-8739-85
 
 
 
 
 
 
当ブログへ初めてお越しの方は
こちらの過去記事もどうぞ(^_^)
 
 
 
「ヒーリングって、なに?」
 ⇒コチラから
 
 
 
「HADO(波動)ってなに?」
 ⇒ コチラから
 
 
 
 本当の親孝行とは?
  ⇒ コチラから
 
 
 
 とし子さんの法則
  ⇒ コチラから
 
 
 
 風邪は「自然治癒力」のあらわれ
  ⇒ コチラから
 
 
 
 「笑い」は「祓い」
  ⇒ コチラから
 
 
 
 「目に見えない世界」との付き合い方
  ⇒ コチラから
 
 
 
 「クルクル渦巻き」があるのは、どんな人?
  ⇒ コチラから
 
 
 
 
 
 

 

 

 

エヌ・ピュア
LINE公式アカウント

 


最新のイベント情報や
LINEのお友だち限定のお知らせも!!


お友だち登録してね(^_^)

 

 

友だち追加
https://lin.ee/275jxttv
LINE QR

 

 

 

 

 

※最新のイベント情報や、楽しい健幸情報などが盛りだくさん!!

 

エヌ・ピュア情報誌「ぶんぶん通信」を定期的に無料でお届けしています。お気軽にお申し込みくださいませ。

「ぶんぶん通信」のお申し込みはコチラから

 

 
 
 
「ラジオ番組」「月刊連載」
「各界を代表する達人たちとの対談」
こころとからだの健幸情報を発信中!!
 
ー こころとからだの健康タイム ー





僕、鳴海周平が代表を務める
エヌ・ピュアの公式サイトです。

自然の摂理にかなった
高HADO(波動)製品を
厳選して紹介しています。

ー 自然の恵みをそのままに エヌ・ピュア ー

 
 
 
 
 
 ⇒ 鳴海周平の書籍一覧
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>