本気の夏

テーマ:


予祝王子・大嶋啓介さんが

メンタル研修にはいり、選手みんなが

『前祝いの法則』を読んでくれてる

高知商は昨日126で大勝し、

3回戦に駒を進めました。

わーーーーーーーい!




新聞にも予祝トレーニングの成果がとりあげられていてめっちゃ嬉しい。





で、試合後、監督とお話しさせてもらう機会をいただいたんですが、

編集の稲川さんが、

ミスした選手が笑顔だったことを見逃さずに見ていて僕は監督にそのことを聞いて見たんです。


『普通は甲子園でミスしたら深刻になります。でも、笑顔ってすごいですね。

でも、選手が失敗しても笑顔って監督としては、どんな心境になるんですか?』


監督の答えは、


『俺が笑ってたから選手も笑ったんじゃないかな』


わーーーーーーー!!!!!

さすが、予祝の本質、

どんなときも楽しむを実践してます!


そして、ミスしても笑顔だった選手、

次の打順でタイムリーヒットを放ってました。

やったね!!!


高知商の野球のテーマは

本気で真剣に

楽しもう!

だそうです。


素晴らしい!!


人生、最後の日に

僕らは全てを手放して

あの世に帰還します。

しかし、本気で真剣に楽しんだら

結果は時空を超えて

その記憶(思い出)は

あの世にだって持ち還れるんだ。


地元、高知では当初まったくは期待されていなかったにもかかわらず、高知の王者・明徳義塾を102で破り、予祝の快進撃を始めた高知商から目が離せません。




日本古来の前祝いの文化、

そしてどんなときだって、

楽しむという気持ちを忘れない精神を

彼らが思い出させてくれるのではないか。


新たなる日本の夜明けぜよ。



平成最後の夏

人生を

本気で真剣に楽しもう!













右が予祝王子・大嶋啓介さん
左がこの本を編んでくれた編集長の稲川さん。

 

楽しむところから
奇跡は始まる!