LINEGEAR-Japan オフィシャルブログ

LINEGEAR-Japan オフィシャルブログ

こんにちは。LINEGEAR Japan オフィシャルブログへようこそ。X-METALに関する様々な情報を書いています。


ジュリエット プラズマ&ポリッシュド

レンズはどちらも「チタニウムクリア」 日本限定販売フレームです。

 

後ほど詳しく書いてみたいと思います。

 


みなさん こんにちは。

ペニーチタニウム(サイドブラインダー付)上矢印

 

レンズは以前のブログ記事で紹介した下矢印「X-MEN ー サイクロプス レッドレンズ」です

 

下矢印このレンズについて書いたブログ記事(2023年09月25日)

 

星最近インスタによく画像を投稿しています星

もしよろしければチェックしてみてください。あと、フォローもよろしくお願いしますパー

 
 

 

 

やっと暖かくなり、日中は半袖でも過ごせるようになってきましたね。

日差しも強くなり、これからの季節はエックスメタルが活躍するのではないでしょうか?

 

シーズンに向けて レンズやラバーパーツを一新してみてはいかがでしょうか?

 

LINEGEARでは、ノーズブリッジの修理はもちろんですが、その他パーツも豊富にそろえておりますので、ぜひショップをご訪問ください。

 

 

 

 

電球今日の内容としては

  1. 近況報告
  2. JPPL&JPPO 日本限定のチタニウムクリアレンズが付いているジュリエット
  3. 最近修理したお客様のフレーム紹介
 
という流れで書かせていただきます。

先ず、近況報告として書かせていただきます。

 

これはだいぶ前ですが、(3月中旬ぐらい)

フィリピンから、Marvinが東京に旅行で来たので、会ってきました。

(浅草の居酒屋にて)下矢印

 

居酒屋で、夜にサングラスしてるのって笑い泣き、、、だいぶあやしい会合になりましたが、、、

 

Marvinのマーズ下矢印(ジョーダンモデル)

!なんと、ハンマーステムが付いていますねびっくりびっくり

 

レンズはLINEGEARの 「NXT調光レンズ ゴールドバリア」が付いています。

 

かなりかっこいいですグッグッ

 

 

Marvinには一度会いたいと思っていたので、いろいろと話が出来て、とても良い時間を過ごすことが出来ました。

 

最近は円安の影響もあり、日本に旅行に来る外国の方増えていますねー。

 

日本に来た際にLINEGEARへ訪問したいという方や、

日本滞在中に滞在先のホテルで注文した商品を受け取りたいという方も増えてきています。

あと、LINEGEARの事務所に直接訪問される方もいたりします。

 

LINEGEARはネットショップで、実店舗は無いのですが、

もし、東京あたりにLINEGEARのお店があったら、もっと来るのかもしれませんね照れ

 

「海外でもまだまだエックスメタルを愛用している人多いんだなー」と実感しています。


さて、

少しレンズの在庫状況について書かせていただきますが、

現在品切れ中のレンズの再入荷の予定になります。

 

  • NXT偏光レッドミラー/5月末
  • NXT偏光フラッシュブラック/5月末
  • ポリカ偏光フラッシュブラック/4月末
  • ポリカ偏光リキッドメタル/4月末
  • マットレンズ インディゴ/5月中旬
 

それでは、

タイトルに書いた 2本のジュリエットについて

 

 

「チタニウムクリア」というレンズ、聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

 

ジュリエット下矢印 どちらもレンズはチタニウムクリアです。

 

画像の前側のフレームはプラズマです。

そして画像奥のフレームはポリッシュド(ハンマーステム)です。

 

この「チタニウムクリア」、、クリアといっても完全なクリアではありません。

 

うすいグレー、というかアンバーというか、微妙な色がベースのレンズには入っています。

 

 

そのベースレンズにシルバーのミラーが付いています。

そして、レンズには「TITANIUM」という刻印が付いています。

 

透過率は55%です。

 

このチタニウムクリアのジュリエット、実は日本限定でしか販売されていないという、貴重なモデルなんです。

 

以下の2種類が販売されています。

  1. ポリッシュドジュリエット/チタニウムクリア/JPPOシリアル
  2. プラズマジュリエット/チタニウムクリア/JPPLシリアル
 
下矢印「JPPO####」シリアルナンバー
 
下矢印「JPPL####」シリアルナンバー
 
ジュリエットにチタニウムクリアのレンズが入っているのは、この2種類だけです。
「しかも日本限定です」
 
持っている方、とても貴重なフレームなので、大事に愛用してください。
 
「へー そうなんだ」
 
「なんで海外ではチタクリは発売されなかったんだろうねー?」
 
ここからは憶測ですが、以前OAKLEYの方から聞いた話なのですが、海外の方は基本的に偏光レンズを好みます。
目の色素が薄い人が多いので、まぶしさがとても苦手な方が多いらしいんです。
ですので、
このチタニウムクリアのようなクリア系のレンズで、しかもミラーが付いていて、光が乱反射しますので、まぶしすぎて大不評だったタラーという話を聞いたことがあります。
 
「なるほど、それはあるかもね。」
 
「カッコイイんですけどねー、まぁ、”機能”と”見た目”は両立させるのが難しいってことですかねー。」
 
さて、このチタニウムクリア、LINEGEARにはほぼ同じカラーのレンズがあります。
 
 
上矢印
これはオリジナルと同じで、ポリカーボネート素材の薄いグレーレンズに、シルバーミラーが付いています。
ちょっとベースレンズの色味がグレーというよりはブラウンよりですが、ほぼ同じ色味、そして裏面には映り込み防止のARコーティングが付いていますので、ミラーの乱反射も抑制してくれます。

 


そしてもう一つは

 

 
素材はポリカーボネートよりもクラリティ(明瞭さ)が高く、耐久性も高いNXT素材です。
下矢印
ベースレンズはI.Cジャパンのレギュラーラインのレンズ、スカイクリアをベースにして、そのスカイクリアにシルバーミラー、裏面には先ほど説明したARコーティングがついています。
調光レンズなので、紫外線(UV)に反応して色が変わります。
下矢印
 
室内、屋外問わずどんなシチュエーションでも活躍する優れものレンズです。
チタニウムクリアの進化版とも言えるかと思います。
 
NXTレンズ、
ジュリエットが販売されていた2000年あたりはまだ存在しないレンズ素材でしたが、
時は流れて、今やハイブランドのサングラスなどにはほとんどNXTが使われています。
 
当店のお客様のほとんどが、NXTレンズを使い始めると、ほぼすべての方が次回以降もNXTレンズを選択されています。
 
それくらい、クリアさの違いが実感できるレンズ素材だと思いますので、まだ未体験の方はぜひお試しください。
 
NXTレンズに関しての詳しい情報はコチラをご覧ください。
下矢印下矢印
ちょっと話がそれてしまいましたが、
 

これら、シルバーのフレームにシルバー系のレンズはとてもよくマッチしますよね。

 

ポリッシュドのジュリエットをお持ちの方はシリアルナンバーを確認してみてください。

もしJPPL、JPPOだった場合はこの記事を読むことによってさらに愛着が深まるのではないかと思います。

 

チタニウムクリアのジュリエットの紹介でした。

 

それでは最後はお客様のフレームを紹介していきたいと思います。

 

ジュリエットプラズマ

レンズは偏光Newバイオレット

 

 

ラバーパーツはバイオレット

 

 

インフィニティヒーローのジュリエットのようにすべて紫で統一したとてもカッコイイジュリエットに仕上がったと思います。

 

この偏光Newバイオレットレンズ、とてもきれいなレンズなので、おすすめです。

青と紫の色のコンビネーションなので、とても爽やかな感じで、アイスなどの青系のレンズが好きな方にも違和感なく使っていただけるかと思います。


IPゴールドジュリエット

 

レンズはNXTレッドミラー

 

 

ラバーパーツはレッドです。

 

 

 

そして、更にサイドブラインダーのゴールドを取り付けました。

 

うーん、かなり派手。

 

台湾のお客様からの注文でした。

 

製作期間4か月ほどかかりましたが、満足いただけたのではないかと思います。

 

IPゴールド、毎回言ってますが、とてもきれいなコーティングです。

金属の質感を残したまま、きれいなゴールドに仕上がります。

ジュエリーのような輝きですキラキラ

 

もしやってみたい方いらっしゃいましたらショップの問い合わせよりご連絡ください。

 

 


他にもたくさん紹介したいフレームありますが、

とりあえず今回はこれで終わって、来週また書きたいと思っていますので、その際に続きで紹介したいと思います。

 

では今回はこれで終わります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


Revive X-METAL!

 

 

 

 

 

 


みなさんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

 

上矢印LINEGEARに住んでいるMARS兄弟です。

 

雷ついにMARSが復刻され、OAKLEYより発売されます。

 

今日はその情報を、(発売前日になりますが、)エックスメタルファンの皆様とシェアしたいと思い、書かせていただきたいと思います。

 

画像:ルックスオティカジャパン株式会社 プレスリリースより下矢印(2月16日 2024年)

 

今回復刻されるのはレザーのMARSです。

ジョーダンモデルではなく。単純にレザーのMARSということになります。

 

何と、四半世紀(25年)という時を経て、遂に復刻されます!

 

みなさんご存じの通り、

昨年末(2023年11月末)にアメリカで限定販売されて話題になりましたが、

 

ついに明日、2月21日に「日本でも数量限定」で発売されます。

 

お読みください下矢印

この世のものとは思えないデザイン:MARS X-METAL LEATHERを復刻 | ルックスオティカジャパン株式会社のプレスリリース (prtimes.jp)

 

Yahoo!ニュース

映画『ファイト・クラブ』で着用された90年代の意欲作をオークリーが復刻(ギズモード・ジャパン) - Yahoo!ニュース

 

 

 

少し詳細を書くと、MUZMシリーズのMARSとして発売されます。

 

前回復刻されたMUZM ロメオ&ジュリエットの時と同じで、

素材は同じチタン合金で、3Dデータから3Dプリンター加工(パウダー加工)で作られているそうです。

詳しくはその分野に関しての私の知識不足のため分かりませんが、粉末状のチタン素材からの焼付加工なので、かなりの強度があるのではないでしょうか。

 

プレスリリースより下矢印

Mars X-Metal Leatherは、ロケットのエンジン用の複雑な金属部品を製造するために使用されている技術とまったく同じ最先端技術を駆使し、高出力レーザーで複雑なX-Metal粉末を溶解するダイレクトメタルレーザー焼結(DMLS)プロセスを使用して製造されました。オークリーのエンジニアチームにより、ぴったりとフィットする形状が制作され、フレームの外枠に手作業でスエードレザーが縫い付けられました。

 

以前ロメオとジュリエットが再版された時に書いたブログ記事下矢印 まだ読んでいない方は必ずお読みくださいパー

 
フレーム形状はオリジナルと全く"同じらしい"です。
 
レンズはプリズム24Kが付いています。

 

 

気になる販売価格は、

 

税込369,380円で、

 

2024年2月21日よりオークリー公式オンラインストア(oakley.com/ja-jp)、オークリーストア 渋谷店にて数量限定で販売されるそうです。

 

ちなみにアメリカでの販売価格は$2,300(約35万円)でした。

 

みなさん、どうしますか?

 

「買いたいけど買えない」

 

「いや、俺は買う」

 

「十分の一の価格、3,6900円だったら3個買う」

 

など、いろいろな見解があるかと思います。

 

今や中古でもジョーダンMARSは結構な金額を出さないと買えませんよね。

そこら辺を考えると手を出せない金額ではないのかな?とかさえ思っちゃいます。

 

前回のロメオ&ジュリエットは2本セットでの販売でしたが、約150万円ぐらいしました。

 

今回は約37万円となり、前回よりも現実的な金額になり、こういう流れで復刻が進めば、量産体制が整い、更に価格も下がるのではないかと期待しています。

 

しかし、現在の製造方法では、やはり一本一本にかなりのコストがかかるので、Oakley的には「このような販売価格になるのはやむなし」的な感じでは無いのでしょうか。

 

まあ、

ずぅーっとエックスメタルを愛用してきた、このブログをお読みの愛好家のみなさま。

そして、ずっとエックスメタルの存続を裏で支え続けてきた私たち(LINEGEAR)にしてみれば、

このように、「ザ・オークリー」的なアイコンモデルに復刻の兆しがあるのは明るいニュースなのではないかと思います。

 

このOAKLEY MARSというモデルは、25年という時を経てもなお、未だに斬新であり、人々の心をとらえるモデルであるということ。

時代は変わり、世の中が変化してもなお、これらは残り続けてしかるべきであることを、言葉で語らずとも証明してくれている存在ではないかと思う。

 

これに尽きると思います。

 

 

「で、どうやったら手に入れられるの?」

 

「OAKLEYのホームページ見てみたけど、どこにも案内されてないよタラー

 

確かに、プレスリリースでは

「オークリー公式オンラインストア、オークリー渋谷店で数量限定にて販売される」

 

となっていましたが、

 

いつ販売開始されるのか?などの案内は一切公開されていません。

 

または、あえて公開しないで、突然発売する「サプライズ」なのかもしれませんね。


 

星オークリー渋谷店に電話して聞いてみました。

 

私:「明日、渋谷店での販売はありますか?」

 

オークリー:「一部ではそのような情報が出ているらしいのですが、店舗での販売は予定しておりません。」

 

私:「では どこで買うことができますか?」

 

オークリー:「オンラインのみでの販売になりますので、オンラインストアよりご購入下さい。」

 

私:「何時に販売開始とか、時間は決まっていますか? それと限定販売とありますが、何本ぐらい販売されるのでしょうか?」

 

オークリー:「すみません。私共でも詳細は把握しておりません。」

 

私:「なんか今のところ、販売される気配がないのですが、ほんとに販売されますか?」

 

オークリー:「はい、間違いなく発売されます」

 

とのことでした。

 

という感じで、今現在全く確かな情報がつかめない感じですが、

とりあえず、オンラインストアをチェックするのが一番だと思います。

 

https://www.oakley.com/ja-jp

 

※私は上記のように電話で聞きましたが、この情報すらホントに確かかどうかは、私は保証できませんので、その点ご了承ください。

情報が錯綜していますので、詳細を確認したい方は直接オークリーへ連絡するのが一番だと思います。

 

 

 

「いやー、MARSレザー復刻かー」

もう発売から25年ほどたっていますからねー。

それでも今なおこのデザインは特徴的でかっこいいですよねー。

感慨深いです。

 


ちなみに、アメリカでは昨年末にすでに発売されていますので、

商品レビューなどをYoutubeに動画投稿している方もいます。

下矢印

 

動画内言語は英語ですが、エックスメタルの歴史、そして今回のこのMUZMマーズと、オリジナルのマーズの違いについて語られています。

要約すると、オリジナルとはフレームの質感が違うのと(素材自体はほぼ同じチタン合金だと思います。)、レザーを縫い付けている紐が違うという内容が語られています。(彼はOakley Forumのメンバーです。)

ちなみに、動画内に登場するオリジナルのMARSはラリーによってレザーの張替えがなされています。(レンズはDillonのマットレンズです)

ラリーはLINEGEARもレザーの張替えの際に依頼している、MARSレザーの張替えができる世界唯一のMarsレザーの張替え職人(アメリカ在住)です。

 

この動画下矢印はポルトガル語なので、私には理解不能でしたアセアセ

 


あと、

ebayではすでに販売(転売)されていたりもします。

下矢印

 

しかし、どれも円安の影響で日本円で買うにはちょっと、、的な販売価格になっています。


以上になります。

 

あまり有益な情報を載せることができませんでしたが。

とりあえず、MARSが復刻されるということを皆さんとシェアしたいと思い、書かせていただきました。

 

その後何か情報が入れば更新したいと思っております。

 

では今日はこれで終わります。


 

 

 

 

 

ジュリエット/ポリッシュド/Newバイオレット偏光レンズ下矢印

 


 

みなさん こんにちは。

お久しぶりです。

 

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

ブログの更新も久しぶりになりますアセアセ

 

今日は2月5日(ブログを書いている日です)、大雪注意報が出ています。

 

今日も一日事務所に缶詰めで、窓から雪が降る様子を眺めていました。

茨城県つくば市はほとんど雪が降りません。積もって年一回、うっすらとつもる程度です。

なので、「雪景色を見てみたい」と、雪の予報が出るたびに子供のように、何かその日は特別な一日になりそうなワクワク感で気分が盛り上がっています。

 

雪が当たり前のように降る地域の方は「何言ってんだ」的な感じかと思いますが、ちょっと違った日常を期待していると言うか、繰り返される毎日に私は疲れているのかもしれませんね。

 

とはいえ、皆様からの熱い思いは受け止めて、しっかりとお仕事させていただいております。

 

少しでも良いものを提供して、皆様に満足していただきたいと試行錯誤の毎日です。

 

今回はバイオレット偏光レンズ、更に改良しました。

そして、

 

「同じカラーを改良しました」

 

という感じで販売しようかと思ったのですが、よくよく画像を撮影してみると、今までのバイオレットレンズと比較して、結構色の違いが大きいので、考えた結果、混乱を招かないように、別カラーとして販売することにしました。

 

今日はその報告をさせていただきたいと思い、ブログを書いています。

話が長くなってしまい申し訳ありませんが、

 

つまり、今後は,

  1. バイオレット偏光レンズ
  2. Newバイオレット偏光レンズ

という2種類のパープル系のレンズを販売することになります。

 

※バイオレット偏光レンズは在庫がなくなり次第、販売終了になります。

 

今まで販売していたバイオレット偏光レンズ

[日本語の色でいうと、紅紫、梅紫という色ににている感じのパープルです。英語でいうバイオレットとは「すみれ色」という意味になります。そういう意味ではこのレンズはすみれ色に近い紫の色味を持っています。]

 

そして、レンズの色のグラデーションとしては、パープル~グリーンという感じで、エッジにかけてグリーンの色味があります。

下矢印

 

 

 

そして、

今回発売したNewバイオレット偏光レンズ!

 

結構違いますよねタラー

一応今までのバイオレットレンズを改良しようとしてメーカーにはお願いしたのですが、メーカ側が頑張って作りすぎましたね爆  笑

 

私のリクエストとしては、「今より少し青っぽい、紫のレンズをお願いします。」とお願いしました。

 

結果、青っぽい、とてもきれいな、ブルーとパープルの、とてもクールなレンズが出来上がったわけですが、

下矢印

 

 

このレンズカラー、日本語で言うと、

桔梗色、紺藍、という感じで、英語でいうところのbellflower(ベルフラワー / ききょう色)となる感じの色になります。

バイオレットではちょっと外人さんにはイメージが合わないかなとも思ったのですが、

OAKLEYのバイオレットイリジウムという観点で考えると、私が見た印象の感じ、このNewバイオレットレンズ、OAKLEYのバイオレットイリジウムに非常に近い色味ですね。

 

LINEGEARのラバーセット、パープルとの相性も抜群ですグッ

 

 

​​​​​​

 

インフィニティヒーローのジュリエットに付いているバイオレットイリジウムのレンズはまさにこの色と一緒なんじゃないでしょうか。


 

インフィニティヒーロージュリエット

 

 

「うーん、まさに狙っていたクールなレンズが出来たんだけど、どうしようかー。今までのバイオレットとして販売してもみんなが混乱しないかなー?。。。」

 

「そうねー、確かに混乱を招くかもねー、これはこれで、別バージョンとして、分けて販売したほうがいいんじゃない?」

 

「うーん、確かに。」

 

「じゃ、そうしますか」

 

ということで2種類を販売することとなりました。

 

すでにショップのほうでは販売開始していますので、購入できる状態になっています。

 

 

実際、新レンズの追加作業、正直大変です。

ホームページの画像、すべての画像を撮影して、そして画像の選別、編集作業等、LINEGEARのスタッフも総動員して、ひっちゃかめっちゃかやっています。

 

 

毎年これらの作業は繁忙期前に完了するようにスケジュールを組むのですが、スタッフの方々にも多大なる負担を強いる作業になります。 

妥協が入れば、

「ちょっとしかレンズの色味は変わってないんだから、画像は今までと同じでいいんじゃないの?」

 

って突っ込みが入りそうな感じですが、

 

「そのちょっとが改良したくてやっているんだから、お願いー協力してちょ4」

 

って感じで、みんなで画像の更新黙々とやっています。

 

話が長くなって申し訳ありませんが、

LINEGEAR、ご存じのように日本語サイト、英語サイトがあります。

そしてYahoo!ショッピング、ヤフオクのサイト、eBayのショップ、そしてamazon.comの日本サイトと海外サイト

それらをすべてやらないといけないので、結構な量の作業になります。

 

オーマターについてもこのニューカラー、「NEWバイオレット偏光レンズ」発売していますので、プルダウンメニューより「Newバイオレット」を選んで注文可能な状態になっています。

 

※このNewカラーは偏光レンズのみでの発売になります。ノーマルレンズでの発売は今現在予定しておりません。

 

※これら、オーマターフレームへの装着画像については、準備出来次第、順次アップしていきますので、あとしばらくお待ちくださいパー

オーマター用、この記事の最後に少しだけ画像を載せます。

 


それでは今回発売したNewバイオレット偏光レンズについてご紹介したいと思います。

 

まず、全体の色味のイメージから、

 

こんな感じです下矢印

 

 

 

だいぶイメージが掴めたのではないでしょうか。

 


どこが「New」なのか、

 

今までの色味を説明すると、全体的にパープル、そしてエッジにかけてグリーっぽい色のコンビネーションでしたが、

 

今までのレンズカラー下矢印

 

 

今回のNewバイオレットは

全体的に青っぽいパープル、そしてエッジにかけてブルーっぽい色のコンビネーションになります。

 

ジュリエットの装着画像を載せます下矢印

 

 

紫系って、なんか派手すぎるのかなと思って敬遠されていた方も、この色味ならいけるのではないでしょうか?

 

実際Oakleyのバイオレットイリジウムとほぼ同じ色味になったのではないかと思います。

 


レンズを通しての見え方は

 

レンズを通しての見え方下矢印 グリーン系です

 

レンズ無しの状態下矢印

 


フレームへの装着画像を載せます下矢印

 

MARS


<PENNY>


<ROMEO1>


<ROMEO2>


<X-METAL XX>


<X-SQUARED>


その他の画像をいくつかランダムに載せます。

 

 

 

バッドマン

 

ピットボス1

 

モンスタードッグ

 

PLAZMA

 

ピットボス2


どうでしょうか?

実際、これらの微妙な色味を、画像で完全に撮影しようとするのはなかなか大変です。。

カメラが勝手に色を補正してしまったり、または皆さんが見ているブラウザの違いにより、それぞれ、画像が表示される環境により印象が違ってしまったりなどがあるかと思いますが、できるだけこのレンズカラーの色が伝わるような画像を選んで載せたつもりです。

 

実際、レンズにも個体差があり、このNewバイオレット偏光レンズの中でも、一枚一枚厳密にいえばごく微妙な色の濃淡があります。

ですので、もし色味に関して細かいご要望がある場合はご注文時に備考欄にご希望をご記入いただければできる範囲での対応になりますが、対応いたしますので、お気軽にお知らせください。

 

最後になりますが、

私個人的には今回良いものが出来上がったと思っています。

 

もぜひショップをご訪問いただき、商品ページをご覧ください。

よろしくお願いします。


 

それではこれで今回は終わりたいと思います。

 

Youtube、インスタもやっていますので、フォローしていただければ幸いです。

基本海外の方向けに英語で発信していますが、コメント等ある場合はお気軽にコメントください。

 

Youtubeチャンネル下矢印

 

 

 

インスタグラム下矢印

 

 

よろしくお願いします。


それではまた書きたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いします。

 


Revive X-METAL!

 

 

 


みなさんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

 

今日はウインターセールのご案内として書かせていただきます。

 


毎年恒例のウインターセールを開催いたします!

 

<<LINEGEAR 15%オフ ウインターセール>>

 

11月24日(金曜日) 21:00スタート

下矢印

12月4日(月曜日) 23:00まで

 

上記期間すべての商品が15%OFFになります。

 

※ノーズブリッジチューンナップ、フレームリフレッシュ等の作業系のメニューに関しては15%オフは適用されません。

※セール期間中は会員割引5%は適用外となります。


 

今回のセールのポイントは、

 

  1. サイドブラインダー
  2. 特別販売フレーム
  3. NXT偏光調光レンズ
  4. ディスプレイスタンド、その他在庫処分品

1.サイドブラインダーについて

 

ジュリエット用サイドブラインダー ブラック下矢印

 

今回はダークグレーのみならず、以下の各フレーム用のサイドブラインダーをそれぞれ3~4色販売します。

 

  • ジュリエット
  • ロメオ1
  • マーズ
  • ペニー
  • X-METAL XX
これに関しては、前回のブログ記事で書いていますので、そちらをご覧いただければ、詳細が分かるかと思いますので、ぜひお読みください。
それでは、
少し画像を載せます。
 
マーズ用サイドブラインダー ダークグレー
 
ロメオ1用サイドブラインダー
上からゴールド、ダークグレー、シルバー
 
 
X-METAL XX用 ゴールド
 
ペニー用 サイドブラインダー 4カラー
 
各フレームによって、販売するカラーのバリエーションは異なりますが、
ダークグレー、ブラック、シルバー、ゴールドの4色があります。
 
詳しくは下記リンクよりご覧いただけますので、ご覧ください。
 
ジュリエット用下矢印サイドブラインダー
 
ロメオ1用下矢印サイドブラインダー
 
マーズ用下矢印サイドブラインダー
 
ペニー用下矢印サイドブラインダー
 
X-METAL XX用下矢印サイドブラインダー
 
サイドブラインダーは在庫数に限りがございますので、ご希望の方は早めにご注文ください。
 
今回U字型に形状が改良されているため、私が検品した限り、取り付けできないフレームはありませんでしたが、
それでもなお、フレームの個体差により、うまく取り付けができないケースがあります。
 
その場合は両面テープなどで密着度を上げて使っていただくなどのお客様のフレームに合わせた何かしらの加工が必要になる場合もあります。
その点ご理解ご了承ください。
 

2.販売フレームについて

 

今回は3本用意しました。

 

ジュリエット ポリッシュド①

 

 

エックススクエアード エックスメタル

 

ジュリエット ポリッシュド②

 

以上3本になります。

 

販売予定日時は、

ジュリエット ポリッシュド①

11月24日(金曜日)21:00

※セール開始と同時に販売します。

金額は56,500円 → 15%オフ/48,025円

 

X-SQUARED エックスメタル

11月29日(水曜日)21:00

金額は56,500円 → 15%オフ/48,025円

 

ジュリエット ポリッシュド②

12月4日(月曜日)21:00

金額は56,500円 → 15%オフ/48,025円

 

これら3本のフレーム、全てスーパーリフレッシュしてから販売します。

 

ノーズブリッジの修理、ねじやワッシャーもすべて新品を取り付けていますので、ほぼ新品状態です。

 

ジュリエット ポリッシュド2本はピカピカに磨き上げてから販売します。探していた方は是非ご検討ください。

今回は2回チャンスがあります。いずれのフレームも早い者勝ちになります。事前予約等は受け付けておりませんので、販売開始の時間に合わせてぜひチャレンジしてみてください。

 

※フレームとラバーパーツのみの販売となりますので、レンズは付いていません。

※ご注文いただいた後に再度組みなおしてからの発送となりますので、発送までに2,3日ほどお時間いただきますので、その点ご了承ください。


★セール期間中は特別セール品というカテゴリーをショップに設けますので、これら販売フレーム含め、その他の特価販売品はこのカテゴリーに入ります。
 
下矢印下矢印下矢印
 

こちらをチェックしてみてください。

現在すでに商品が陳列されていますので、ぜひご覧いただき、購入後検討ください。

 


 

3.NXT偏光調光レンズについて
 
これは、私からのおすすめですが、NXTレンズの最高位に位置する偏光調光レンズ、この機会にぜひご検討ください。
 
通常販売価格14,800円ですが、セール期間中は12,580円になります。
3カラーから選べます。
※現在フラッシュブラックに関しては一部のフレームで在庫切れになっていますが、セール開始までには再入荷予定です。

 

 

 

 
あと、現在在庫切れになっているNXT偏光 フラッシュブラックも入荷予定です。
 

4.ディスプレイスタンド、その他在庫処分品

 

OAKLEY 壁掛けブランディングパネル(プラスチック製)下矢印

通常価格よりもぐっと販売価格を下げての特別セール品として販売します。

ディスプレイ用にいかがでしょうか?

 

上部の突起がフックになりますので、このように下矢印棚の隙間などに引っ掛けてディスプレイできます。

 

その他、特価品を現在準備中です。

 

これら商品も下矢印このカテゴリーにアップしていきます。

 

セール開始までにはその他商品もアップされますので、

ちょくちょくこのカテゴリー上矢印をチェックしてみてください。

 


最後にお読みくださいパー

 

  • セール期間中は注文が混みあいますので、ご注文いただいてから商品の発送までに通常よりもお時間いただく場合がございますので、その点ご了承ください。

 

  • レンズへのレーザー刻印サービスは11月末日(30日)をもって受付終了となりますので、もしご注文予定の方いらっしゃいましたら、30日までにご注文をお願いします。

 

  • 本日書かせていただいた内容が商品の準備状況や、入荷のスケジュールにより急遽変更になる可能性もございますので、その際はご了承ください。

 


それではこれで終わりになります。
最後までお読みいただきありがとうございました。
 
セールの開始は11月24日(金曜日)21:00からになります。
 
皆様からのご注文お待ちしております。

 

REVIVE X-METAL!

 

 


 

<ロメオ1用のサイドブラインダー>

 

ロメオ1用サイドブラインダー(ダークグレー/エックスメタルカラー)下矢印

後ほど詳しく紹介します。


みなさん こんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

 

上矢印マーズ、レンズはリキッドメタルです。

 

おまけにサイドブラインダー付きです下矢印

 

今日はいろいろなサイドブラインダーについて書いてみたいと思います。

 

LINEGEARでは、ジュリエット、そしてペニー用のサイドブラインダーだけショップのほうでセールなどのイベント時に期間限定として販売していますが、

 

実は、結構いろいろとあるんですよ。

 

海外のオークリーフォーラム等では皆さん使っているのを知っていたので、

私個人としてはいろいろとあるのを前から知っていましたが、、

 

「実際どうなのか?」

 

「せっかくいろんな種類、カラーがあるので、皆さんに紹介したい」

 

と思い。

 

ジョンボンのサイドブラインダー、全種類取り寄せました。

下矢印

これらのサイドブラインダー、かなり楽しめるアイテムかと思いますので、今日はぜひ最後までお読みください。

後半で紹介したいと思います。


まずは近況報告をさせてください。

 

「レーザーによるレンズへの刻印サービスを11月末で終了します。」

 

現在LINEGEARでは、お買い求めいただいたレンズへのレーザー刻印を受け付けています。

下矢印

 

まことに勝手ながら、このサービス、11月末までの受付分にて終了させていただきます。

もし希望の方いらっしゃいましたら、終了前に注文ください。

 

今まで多数のご利用いただきありがとうございました。

 


「11月末より毎年恒例のウインターセールを開催いたします!!」

 

例年通り、15%OFFのウインターセールを開催します。

 

例年通り、セール期間限定の特別販売フレーム、そして、今日紹介するサイドブラインダー、その他、特価販売のNXTレンズ等ご用意してセールを開催しますので、ご期待ください。

 

詳細は次のブログ記事で詳しく書きたいと思っていますので、そちらにてご確認くださいパー


小型のディスプレイプレート(グロリファイアー)を発売しました。

下矢印

 

1フレーム ディスプレイした状態

 

2フレーム ディスプレイした状態

玄関や、ちょっとした棚の上に載せておくにはちょうどいいサイズだと思います。

 

 


さて、それでは表題に書いた「サイドブラインダー」について書いたみたいと思います。

 

まず、

<サイドブラインダーの利点について>

 

サングラス装着時の、無駄な光の侵入を防いでくれます。そして、風の侵入を防いでくれます。

あと、言うのであれば、無駄な光が顔とフレームの間に入らないので、

レンズの色味をよりきれいに引き立たせてくれます。

 

下矢印(サイドブラインダーを付けたレンズの色味/サイクロプスプリズムレッドレンズ)

余計な光が入らないので、レンズの色がより引き立ちます。

 

顔とサングラスフレームの密着度がかなり高まりますので、水泳時につけるゴーグルのような装着感になります。

下矢印


バイクに乗る時など、または強風の中で何かスポーツやアクティビティを行う時などには、向いていると思います。


<サイドブラインダーのデメリットについて>

 

空気の流れが遮断されるので、レンズが曇りやすい。

視野が狭まるので、視界の快適度が低下する。

 

などのデメリット面もありますので、これらをご理解の上で、お読みいただき、適切なご使用をお願いしたいと思いますので、その点に関しても、今日のこの記事を参考にしていただければ幸いに思います。

 


それでは、

様々なサイドブラインダー紹介したいと思います。

 

まずはMARSです。

 

まさに、水泳のゴーグルのような装着感です照れ

マーズ自体がかなり主張するフレームだと思うのですが、

サイドブラインダーを取り付けることにより、

さらに

ちょっと普通ではないような独特の存在感がプラスされますね。

 

下矢印このような画像見たことあるかと思うのですが、

 

まさにそんな感じになります。

 

 

 

これ、私個人的にはかなり気に入りました!

フレームへのフィッティングもかなりいいですし、個性を出してくれるアイテムだと思います。

 

 

 

Youtube動画下矢印 よろしければご覧ください。

 

色の種類は、

ダークグレー(エックスメタル)

 

ブラック

 

ゴールド

 

3種類あります。

マーズはフレームカラーがエックスメタルしか無いので、主にダークグレーだけしか需要が無いかとも思いますが、、

 

たまたまLINEGEARにIPゴールドでカスタムしたマーズがあったので、取り付けてみました。

 

ちなみにこのマーズ、クレーターで、

 

下矢印ハンマーステムですびっくり

 

顔につけてみました。

感想はみなさんにお任せしますうずまきうずまき

 

 

 


では、

次はロメオ1

 

色は4種類あります。

 

画像上から

ブラック

ゴールド

シルバー(プラズマ、またはポリッシュド用)

ダークグレー(エックスメタル用)

 

 

ロメオ1はもともと顔全体をずっぽりと覆ってくれるようなフレームなのですが、

 

サイドブラインダーを取り付けることにより、さらに「顔が覆われた」感が増しますね。

 

 

これも、フィッティングは結構いいです。

ただ、ロメオ1は個体差が結構ありますので、もしフレームから浮いたりする場合は両面テープ等で裏側から密着度を上げて使用してください。

 

 

 

 

 


そして、ジュリエット用

ダークグレーはもうお馴染みかとおもいます。

 

下矢印その他のカラーは

 

4色あります。

ダークグレー(エックスメタル)

シルバー(プラズマ、ポリッシュド)

ゴールド

ブラック(カーボン、ポリッシュドカーボン)

 

ダークグレー

 

ブラック

 

シルバー

 

ゴールド

 


ペニー用

 

 

ダークグレー(エックスメタル)

 

シルバー(ポリッシュド)

 

コパー

コパー用のサイドブラインダーは超珍しいですね。

 

ブラック

 


X-METAL XX用

 

上矢印

ダークグレーはエックスメタル、ダブルエックスはカーボンが無いので、ブラックはお好みで。

 

上矢印

ゴールドは24K、シルバーはプラズマ、またはTiO2用ですかね。

 

ダークグレーをエックスメタルに取り付けてみました下矢印

 


<フィッティングについて>

 

素材はフレキシブルラバーですが、硬度がかなり高いので、プラスチックのような感じです。

形状は以前よりもさらに改善されていますので、しっかりとフレームに取り付けできます。

 

以前は、無理やりフレームに取り付けようとすると、素材にクラックが入るなどの不具合がありましたが、製造元に要望して、強い素材に変えてもらい、強度に関しても改善されています。

 

さらに、ラウンド形状?から、U字の形状に全体のシェイプを変えることにより、ポリッシュドやカーボンへ取り付けた際に生じていた”摩擦力不足”でフレームからすべって外れるという問題点も改善されています。

 

 

ですので、ポリッシュドへの取り付けもほぼ問題なく可能となっています。

 

とはいえ、

エックスメタルシリーズのフレームには個体差がありますので、すべてに完璧にフィットするというお約束はできませんので、その点ご理解ご了承ください。(万一、取付けできなかった場合は返品、返金とさせていただきます)

 

実際私が取り付け確認したところ、ポリッシュドにも、カーボンにも、プラズマにも問題なくしっかりと取り付けることができましたが、やはりポリッシュドは衝撃などが加わるとぱかっと外れる恐れがあるなと思いました。

 

逆に、エックスメタルは、かなりがっちりとフレームに固定されるようになっていますので個体差で取り付けできないということはまずないと思います。

 

あと、もう一点、

U字形状になることにより、鼻まわりの部分がなくり、その分視野広く確保されるようになったので、

視野が狭く感じるというストレスを感じることがなくなりました。

 

 


<購入をご検討されている方>

以下を必ずお読みいただき、ご検討ください。

 

◇軽量かつ柔軟性、耐水性があり、一度取り付ければしっかりと取り付けることができれば、日常使用する分には問題無く使用できます。(ただ、ネジやテープで完全にフレームに固定するというようなものではありませんので、強い衝撃があった場合は外れますので、その様な状況が想定される場面での使用が想定される場合は両面テープ等で取付け強度を補強した方がいいと思います。)

 

◇取付けするフレームの個体差、またはオービタルの左右差により、完全にフィットしない場合があります。 フレームの個体差に大きく左右されるものであるという部分をご承知、ご了承ください。 取付けに関して不具合等ございました場合は返品承りますのでご連絡ください。

 


どうでしたか?

 

同系色のフレームに取り付けてもいいかと思いますし、サイドブラインダーだけ色違いでツートンのカスタムを楽しむなど、イメージを掻き立ててくれますね。

 

 

これら、紹介したサイドブラインダー、ウインターセール開催時に、全色全種類を販売開始いたします。

それまでしばらくお待ちください。

 

数に限りがありますので、人気カラーは売り切れる恐れがありますので、お早めにご注文ください。

 


それではこれで終わります。

 

次回はウインターセールのご案内を書かせていただきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

REVIVE X-METAL!

 

 

 

 

 

下矢印サイクロプス プリズムレンズ/ジュリエット エックスメタル

 

 


 

皆さんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

上矢印ペニーチタニウム/サイクロプス プリズムレンズ

 

久しぶりのブログになります。

夏場は多忙のため、なかなか時間がキープできず、、久しぶりになってしまいました。

 

皆様からご依頼いただいたチューンナップするフレーム下矢印

 

 

毎日の業務のほとんどが、このフレームの修理、そしてフレームリフレッシュ、レンズの製作取付け等の作業になります。

 

ようやく注文も落ち着いてきたので、

 

今日は表題に載せた、「サイクロプス プリズムレンズ」について書いてみたいと思います。

 

 


 

先ずは、その前に近況報告をいくつか

 

 

<2023世界カヌーマラソン世界選手権大会/マスターズ:デンマークにて>

 

竹中一生選手

 

競技中に使用するウォータージャケット用のNXTレンズをLINEGEARは提供させていただいています。

 

キラキラ金メダルキラキラ獲得!

おめでとうございます!!

 

今回は「NXT偏光調光アイス」を使用していただきました。

 

竹中選手のコメント(レンズへのレビュー)

 

「いろいろな状況下で使用してみましたが、早朝から夕方まで、曇天から晴天まで、どのような状況でも眩しさや水面の乱反射を取り除いてくれて、快適な視界を得ることができました。見え方もナチュラルかつコントラストもはっきりしており、大変気に入っております。

レース直後、その場にとどまっていると、汗や熱気のため、さすがにレンズは曇りましたが、動き始めて風が通ればすぐに曇りが取れてクリアになりました。

今後もNXTレンズを使い続けていきたいと思います。」

 

どうもありがとうございました。

今後の更なるご活躍期待しております。

 


 

さて、上の画像のカヌーに貼ってあったLINEGEARのステッカー

★発売しました★

 

 

透明シールなので、何処にでも貼れます。

 

貼りたては後ろの透明な部分が、少し凹凸が出ますが、時間と共になじんで、目立たなくなります。

 

サイズは12cm×3cmです。

 

UVカット機能付きのステッカーで、屋外での使用も可能です。
(対候性の目安:屋外4年相当)

 

 

 


 

さて、もう一点

少しホームページを編集しました。

 

下矢印エックスメタルの歴史(フレームの種類)

 
ホームページの「フレームの種類」のページを再編集しています。
 
少し画像を追加して、見やすく読みやすくしていますので、よろしければ一度ご覧ください。
 
それと、シリアルナンバー確認表も少し見やすく編集しました下矢印

 

さて、それでは

スーパークールなレンズ、「サイクロプス プリズム」について書いてみます。

 

先ずは画像をご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

大体レンズの色味についての印象が分かっていただけたのではないでしょうか?

 


 

まず、このレンズ、

 

何を目指して開発されたかと言うと、

 

このブログを常々お読みで、勘のいい方はもうお気づきかと思いますけど、

 

その名の通り、

 

これ下矢印  です。

 

 

映画、x-menに登場する究極の赤いレンズ&ペニー

 

映画、X-MENでサイクロプスがつけていたレンズです。

x-menには最初はジュリエット、そしてペニーと登場していますが、実際の販売されていたジュリエットやペニーに、この赤いレンズが搭載されて一般向けに発売されたことはありません。

 

映画を見て、「おー、このレンズ超カッコイイ!!」と、赤いレンズを探し続ける事、

はや20年ーー

LINEGEARの店長となっていた私ですが、、

 

今回この、ウォルターのリリースした"サイクロプス プリズム"レンズにはその答えを感じました。

 

じつは、このレンズ、LINEGEARのレンズではなくて、

アメリカのウォルターが長年の試行錯誤により、遂に開発に成功した、かなり語れるレンズになります。

 

これについて、詳しく説明したいと思います。


 

※X-MENとコラボモデルの、Xシリアルのジュリエットについての過去記事になります。

下矢印併せてお読みいただければ、更に深くご理解いただけると思います。

 


 

まずは、

ウォルターがオークリーフォーラムに投稿した内容を以下に載せます。

 

 

"This was one hell of a project. 

It took me many years to obtain and then reverse engineer an actual x-men movie prop pennies. Then even longer to find someone to manufacture these to my exact specifications. 

It was challenging getting in contact and building trust with Tim Cadiente the oakley rep that handled the production of the early X-MEN movies. 

I ended actually buying a pair of movie used penny from Tim, He was incredibly generous to allow me to buy a pair from his collection, Also Tim was a big help in getting all the information I could on the build process and following the leads he provided. 

There where a lot of trial and errors and money lost on failed attempts but the Cyclops Prism lenses are finally here and they are perfected and now. 

I want to bring them to the fourm and offer them to everyone who wants to put on their shades and feel like cyclops for the day or if you just like the look of pure blood red lenses that are actually functional."

I’m still going to say these should not be used to drive just to be safe but I have tested them while driving and they seem to be non impairing, but everyone is different and people could be more sensitive to the Rose/Reddish tint. These are a category 4 lens so the light transmission is lower then your typical lenses. Unfortunately this is the only way they can be made.

 

<訳>

「これは本当に大変なプロジェクトでした。

実際のX-MEN映画に登場した小道具であるペニー実物を入手し、それを忠実に再現するのに多くの年月を要しました。

そして、私の求めるこれらの厳格なレンズの仕様に合わせて、これを製造できる業者を見つけるのにもさらに長い時間がかかりました。

 

この、映画に登場するペニーのレンズの製作を担当したオークリーの代理人であるTim Cadienteと連絡を取り、信頼を築くのは大変でした。

そして、実際にTimから映画で使用された実物のペニーを購入しました。

彼は私が彼のコレクションから、その実物のペニーを購入することを許可してくれ、また、その制作過程に関する情報をすべて提供してくれた点でも非常に寛大でした。

 

試行錯誤が多く、製作には何度か失敗し、その試みの過程で多くのお金を失いましたが、サイクロプスのプリズムレンズはついに完成し、今ここにあります。

そして、それらは完璧に仕上げられています。

 

今、私はそれらをオークリーフォーラムに持ち込み、サングラスをかけて一日中サイクロプスのように感じたい人、または実際に機能する純粋な血の赤いレンズの外観が好きな人に提供したいと思っています。

 

安全のために、私はまだこれを運転に使用しない方がいいと言い続けますが、私は運転中にこれをテストしましたが、視界に支障はないようです。ただし、すべての人が異なり、人々はローズ/赤みがかった色合いに対してより敏感かもしれません。

 

これらはカテゴリー4のレンズですので、通常のレンズよりも光の透過率が低いです。

しかしながら、これが唯一の、映画に登場したサイクロプスの赤いレンズの製造方法です。」

 

ウォルター(本人)

プレート用にこのサイクロプスプリズムレンズをカットして使用してる画像です。

 

そして、これはROMEO1用にカットした装着画像です。(Oakley Forumより)

 

 


 

読んでお分かりの通り、

これはx-menに登場した、映画内の実際のペニーについていたレンズをもとに再現されたレンズなので、

完璧にX-MEN仕様のレンズです。

 

もっと言えば、実際映画の製作にかかわった Timから、実物の入手までして、それに基づいて製作されています。

 

映画が2004年なので、

約20年の時を経て、遂に世の中にプロデュースされたレンズ。

 

そして完全に映画の仕様に基づいて製作されている、これ以上の仕様がない点。

 

「うーん、感慨深い」

 

つまり、今後

「あのX-MENでサイクロプスがしていたような赤いレンズはありますか?」

という問い合わせへの答えはすでに出てしまったことになります。

 

くしくも、LINEGEARプロデュースではありませんが、ウォルターには、このレンズの製作に多大な努力をしてくれたことに、

一(いち)エックスメタルファンとして敬意を表し、感謝したいと思います。

 


 

虫めがね余談ですが、

実は私もLINEGEARを立ち上げた当時、16~17年前になるかと思いますが、今回ウォルターが実現したものと同じレンズの構想を持っていました。

 

レンズ業界に色々と問い合わせてみましたが、残念ながら、私の構想を理解して、その答えとなるようなレンズを製作できる業者を日本では見つけることが出来ませんでした。

そして、私は更に、コーティングの専門業者にも何度もコンタクトし、このレンズが実現できるなら、投資は惜しまないと粘り強く交渉しましたが、賛同してくれる業者は無く、実現には至らなかったという過去の経験があります。

 

頭の中には、「エックスメンのレンズはこういう組みあわせで作れば、実現できるよね」というのがあり、過去の記事等でもどうしたらあのように赤くなるのか、という部分に触れている記事も書いています。

 

それだけに、今回のサイクロプス プリズムレンズに関しては、私が成し遂げたわけではありませんが、

 

雷遂に実現した!」

 

という衝撃と感動がありました照れ

 


少しレンズの詳細を見ていきましょう。

赤いですね、まさに「Pure Blood Red」ですね。

これは、ベースのレンズが赤いからです。

ですので、レンズをどの角度から見ても「赤い」です。

そして、目が透けないように、裏面には強めのシルバーミラーが付いています。

要は、マジックミラーの構造になっています。

レンズ裏側(着用者側)からは景色が見えて、表側(着用者以外)からは着用者の目は見えないという構造になっています。

ベースのレンズが赤なので、レンズを通しての見え方は真っ赤に見えます。

 


 

レンズの機能についての詳細です。

 

<Prism red Cyclops Lenses>

8カーブ

ポリカーボネート

Dセンター機能

撥水機能

透過率5.63(カテゴリー4)

UV400カット機能


 

透過率5.63%なので、実際の使用時はかなり暗いです。

しかもベースレンズが赤なので、色の認識力もかなり赤寄りになるので、

余程日差しの強い晴れた日に使用するぐらいでないと、厳しいかと思います。

 

日本の安全基準上、車の運転時等は使用できません。

※JIS規格による運転上の安全性の基準は透過率8%であることが必要とされています。

 

とはいえ、レンズを通して、景色は普通に見えます。

「日常的に使用してはいけない」というものではありません。

 

ウォルターが書いていたように「サイクロプスのように感じたい人」向けのレンズになるかと思います。

私はディスプレイ用に大事に飾っておきたいと思っています。

 


 

ペニー用にレンズをカットしてみました。

レンズ表面

 

レンズ裏面

 

 

サイドブラインダ―を取り付けて

 

やべー、カッコイイかもラブ

 

 

 

 

で、

「x-menの気分にひたる」ーーっと

 

 

もうすでに皆さんお気づきかと思いますが、このレンズ、完全に目が透けません。

今まで載せた私の装着画像を見ても、一切私の目が見えないことが分かるかと思います。

 

 

もう少し装着画像を載せてみます。

 

今日は目立ちたがりですが、、

 

実際に顔に載せた画像が一番レンズの感じ分かりやすいかと思うので、

 

ブログを書いているうちに夜になってしまいましたが、

いつもは ”ワンオペブログ” なので自撮りなのですが、スタッフにお願いして画像を撮ってもらいました照れ

 

こんな感じです下矢印

「これでレンズを通して見えているの?」って感じですが

しっかりと見えています。

 

そして、完全に目が透けることは無いことが確認できました。

 

ちなみに、過去に赤系レンズについてまとめた記事がありますので、そちらも併せてお読みください。

 

上矢印この記事を読んでいただければ、今回紹介したこのレンズが特別であることが更にお分かりいただけるのではないかと思います。

 


今日の記事は以上になります。

 

どうでしたか?

 

今日LINEGEARのスタッフ同士で話していたのですが、

 

こんな、発売から20年以上も経ったモデルが、未だにこんなにメジャーで生き残っていて、

そして、20年後に、これらエックスメタルのために情熱を注ぐ人たちがいて、

それによって、このような映画に登場したレンズの再現版が作られる。

 

そして、私のようにこの20年を思い返し、感慨にふける人がいて、そして未だに楽しめる。

 

通常、

メーカーのフラッグシップモデルではそのようなこともあるかと思います。

例えば、トヨタであれば「クラウン」

ポルシェで言えば「911」

 

クラウン イコール トヨタであり、ポルシェで言えば911。

そのフラッグシップモデルのオーナーであるということは一つのそのメーカーのファンである人の夢であり、誇りであると思います。

 

もし、オークリーのフラッグシップモデルがあるとすれば、「ロメオ」もしくは「ジュリエット」かもしれません。

もしそうであれば、今頃「ロメオ5」とか「ジュリエット6」とか、マイナーチェンジしながらOAKLEYを象徴するモデルとして現在もラインナップにあってしかるべきだと思うのですが、残念ながら、今現在エックスメタルはありません。

 

それでも皆さん(私含め)レンズをあれこれ変えたり、フレームをカスタムしたりして、これだけ楽しめているのは、

 

結果、

 

「やっぱりエックスメタルってすごいよねー、未だにみんな、これだけエックスメタルのこと好きなんだもん」

 

って一言に尽きると思います。

 

最近では、OAKLEYにエックスメタルを持ち込んでも、LINEGEARを紹介されるとのことで、うちにお客さんがOAKLEYの紹介で辿り着いてくることもあります。

 

LINEGEARで、もちろん完全に修理はできますが、このようなOAKLEY好きの皆様の期待に応えての

 

「OAKLEYによるエックスメタルの復活」を切に願う今日この頃です。

 

それまではLINEGEARが皆さんの後ろ盾として、バックを支え続けますので、ご安心ください。

 

以上です。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


星ちなみにこのウォルターの「サイクロプス レッドレンズ」、300ペア限定で製造されていますので、”売り切れごめん”での販売だそうです。

LINEGEARでウォルターとの間に入って入手のための交渉できますが、日常使用による安全性の問題等もあり、

「一見さんお断り」のスタンスで、希望される方へのみに提供可能です。

 

※レンズをカットするフレームをご指定いただければ、そのフレームに合わせてレンズをカットいたします。ペニー、ジュリエットのみではなく、その他フレーム用にもカット可能です。

 

もし試してみたいという方いらっしゃいましたらご連絡ください。

 

それではまた書きたいと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。


ホームページのほうもぜひご覧ください。

 

REVIVE X-METAL!

 

 

 

 

お客様各位

 

いつもLINEGEARをご利用いただき誠にありがとうございます。

また、今回のセール期間中においては多くの皆様からのご注文いただき、誠にありがとうございます。

 

 

今回は急遽ですが、特別販売品としていくつか商品をリストしますので、それについての紹介として、

短いですが、記事を書かせていただきます。

 

ホントはもう少し早い段階で商品をリストしたかったのですが、、

セール中の注文対応、あと、修理対応に時間がかかり、セール終了2日前の今日になってしまいました。

 

これら、今から紹介する商品は本日7月11日 21:30に購入できるようになりますので、もしよろしければその時間にショップの方ご訪問いただければと思います。

 

いずれも純正品になりますが、未使用品です。

今現在では、このような良い状態では入手困難なお品になりますので、商品説明をよくお読みいただき、購入をご検討ください。


<特別販売品①>

 

 
エックスメタル専用のハードケース、そして、X-SQUAREDの箱、コイン、説明書、マイクロファイバーバッグです。
全て未使用で、状態はほぼ新品です。

 


<特別販売品②>

 

 
エックスメタル専用のハードケース、そして、X-SQUAREDの箱、コイン、説明書、マイクロファイバーバッグです。
全て未使用で、状態はほぼ新品です。
 
※箱のカバーは片方しかありませんので、その点ご了承ください。

 


<特別販売品③>

 

 

未使用の純正品 ジュリエット用の偏光ブラックイリジウムです。


<特別販売品④>

 

 

ジュリエット用のイアーソックス、ノーズパッドのセットです。


 

以上になります。

 

いずれの商品も一点しか在庫がありません。

 

急遽リストしたので、告知から販売まで十分に皆様に吟味していただくお時間取れなかったことをお詫び申し上げます。

 

よろしければ、本日21:30にショップの方をご訪問いただき、ご注文いただければ幸いに思います。

 


 

サマーセールは今週水曜日23:00までとなりますので、この機会をお見逃しなく。

 

 

 

 

水曜日(7月12日)21:00には特別販売のフレーム(ジュリエット エックスメタル &ジュリエット ポリッシュド)も販売になりますのでそちらも併せてご検討ください。

 

 

 

 


それでは本日は以上となります。

失礼します。

 

REVIVE X-METAL!

 

 

 

 

 

毎年恒例のサマーセールを開催いたします!

 

 

今日はサマーセールのご案内を書かせていただきます。


お客様各位

 

いつもLINEGEARをご利用いただき誠にありがとうございます。

日頃のご愛顧に感謝して毎年恒例のサマーセールを開催いたします。


 

***********************************************

LINEGEAR 15%オフ サマーセール 2023

 

<セール期間>

7月3日(月)21:00 スタート 

                  ~ 7月12日(水)23:00まで

 

  • セール期間中ほぼすべての商品が15%オフになります。
  • セール期間中は会員割引5%は適用外となります。
  • ノーズブリッジチューンナップ等の作業系に関しては15%オフ割引は適用されません。

***********************************************


みなさんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

 

最近蒸し暑い日が続いていますね~、

 

本日はサマーセールのご案内として書かせていただきます。

 

セール期間中はほぼすべてのレギュラー商品が15%オフになります。

更にセール期間限定の特別セール品として以下の商品を格安にて販売いたします。

 

今回の15%OFFサマーセールの内容としては以下になります。

 

セール期間中の特別セール品の詳細としては、大きく分けると、以下2点になります。

  • 販売フレーム 
  • サイドブラインダー 
サマーセール期間中はの「特別セール品★サマーセール用」というカテゴリーをショップに設けますので、
これら販売フレームやサイドブラインダ―はそのカテゴリーに陳列されます。
 
下矢印下矢印下矢印

先ず、

前回のブログにも書かせていただきましたが、

今回のセールに合わせて、偏光調光レンズ アイスを発売いたしました。

 

まだの方は前回の記事をお読みいただき、ぜひ偏光調光レンズをご検討ください。

 

NXT偏光調光レンズ アイスに関してのブログ記事下矢印

 

あと、偏光カーディナルレッドもお勧めです。

 

偏光カーディナルレッドについての記事下矢印

 

  • 販売フレーム

 

以下のフレームをセール期間の特別販売フレームとして販売いたします。

販売スケジュールは後ほど掲載しますので、そちらでご確認ください。

 

  1. ジュリエット エックスメタル/ルビーイリジウム(カスタムオーダーの未使用品、箱、その他付属品付)
  2. ジュリエット エックスメタル(スーパーリフレッシュ品)
  3. ジュリエット エックスメタル (スーパーリフレッシュ品)
  4. ジュリエット ポリッシュド(スーパーリフレッシュ品)
今回はジュリエットのみの販売になりますが、エックスメタルのジュリエットを探していた方には程度の良いフレームをお買い得な価格で入手できるチャンスだと思います。ぜひこのサマーセールに参加して、ジュリエットをゲットして下さい。
 
チャンスは3回あります。7月3日、9日そして12日です。
エックスメタルのジュリエットをセール期間中に3回に分けて特別価格にて販売しますので、下記販売日時をご確認下さい。
 

 

虫めがね昨今、全世界的にエックスメタルフレームの希少性が上がり、フレームの入手が以前以上に困難になっております。

併せて、当店は海外からフレームを仕入れていますので、円安の影響も大きくあります。

今回はジュリエットのみのフレーム販売になります。その点何卒ご理解いただければ幸いに思います。

 

では、販売するフレームの詳細を説明したいと思います。

 

1.ジュリエットエックスメタル /ルビーイリジウム 未使用品

 

2.ジュリエット エックスメタル(スーパーリフレッシュ品)

 

3.ジュリエット ポリッシュド(スーパーリフレッシュ品)

 

4.ジュリエット エックスメタル(スーパーリフレッシュ品)

 


初日(7月3日)に販売する

ジュリエットエックスメタル/ルビーイリジウム/未使用品について少し補足で説明させていただきます。

 

これはI.Cジャパンのスタッフの方から譲り受けた未使用のジュリエットになります。

 

第5世代(カスタムオーダー)のフレームで、エックスメタルにルビーイリジウムが付いています。

 

カスタムオーダー品なので、SKU 55O21になります。

 

 

 

 

その他、付属品は下の画像の物がすべてになります。

 

未使用のフレームが手に入るチャンスはほぼ無いかと思いますので、ぜひ購入ご検討いただければと思います。

 

ただ、一点、未使用品とはいえ、18年近く保管されていたフレームになりますので、よく見ると、レンズのコーティングに劣化が見受けられます。

ラバーパーツは特に問題無いですが、ノーズ内部のラバーパーツ等もそれなりの時間経過を経て、今回の販売となりますので、その点ご理解ご了承の上購入をご検討ください。

さらに詳しくは商品ページをご覧いただきご確認をお願いします。

 

よろしくお願いします。

 

その他、スーパーリフレッシュして販売するフレームに関しては、ネジやラバーパーツ等すべてのパーツは新品に取り換えて、ノーズブリッジもしっかりと調整して、万全の状態での販売になります。

 


販売日時、販売価格は

  1. ジュリエット エックスメタル /ルビーイリジウム 右矢印 7月3日(月)21:00 /¥82,000 →15%OFF
  2. ジュリエット エックスメタル① 右矢印 7月9日(日)21:00 /¥48,800 →15%OFF
  3. ジュリエット エックスメタル② スーパーリフレッシュ品 右矢印 7月12日(水)21:00 /¥48,800 →15%OFF
  4. ジュリエット ポリッシュド 右矢印 7月12日(水)21:00 /¥61,000 →15%OFF

 

これら、上に載せたすべての商品は以下に「特別セール品」というカテゴリーに入ります。

 

特別セール品カテゴリー下矢印

下矢印下矢印下矢印

 

現在随時商品アップ中ですが、一部商品は既にアップ済みなので、もしよろしければご覧ください。

 

商品ページは見ることが出来ますが、ショッピングカートを設置していないので、まだ購入は出来ないようになっています。

上記販売開始時刻ににショッピングカートが設けられ、購入できるようになります。

それと同時に販売価格も現在の表示価格から15%オフの価格に変更されます。

 

セール期間中は随時この特別セール用のカテゴリーをチェックしてみてください。


サイドブラインダ―について

 

今回のセールに合わせてサイドブラインダ―も再発売します。

前回は一部のサイドブラインダ―で取付け時の不具合等がありましたが、

今回は製造元に、更に改善できる範囲で改善してもらっています。

 

 

私の方でも取付け確認を何度もしてみましたが、取り付け方の手順さえきちんと踏んでもらえれば、

問題無く取付けできるというのは確認して、今回のセールに合わせて販売に再販売となります。

 

ただ一点、ご了承いただきたいのは、皆様ご存知のようにエックスメタルフレームには個体差があります。

これまで数度、LINEGEARではサイドブラインダ―を、皆様のニーズに答えようと、製造元に働きかけ、品質や形状を改良してもらいチャレンジしてきた経緯を、このブログをお読みの皆様はご存知だと思います。

 

それでもやはり、そのエックスメタルの個体差により、またはオービタルの左右差により、万能に機能するサイドブラインダ―はこの世に存在しないというのが正直な現状でございます。

 

こちらのスタンスとして、お客様に発送する前に、こちらのテストフレームへの取付け確認をして、問題無いことを確認してから発送させていただきます。

しかしそれでもなお、今回販売のサイドブラインダ―に関しても、すべてに万能に機能する保証はございません。

つまり、全ての個体差に対応するものではなく、フレームの個体差に大きく左右されるものであるという部分をご承知いただき、トライしてみていただければ幸いに思います。

 

購入いただき、取り付け方を十分ご確認いただいた後に取付作業していただき、それでもお持ちのフレームにはフィットしない場合は ご連絡いただければご注文のキャンセル/返金承りますので、その点ご理解ご了承の上購入をご検討ください。

 

  • 今回はダークグレーのみの販売になります。(ペニー用とジュリエット用)
  • 販売価格も円安の影響により変更させていただきます。7980円→15%OFF

よろしくお願いします。

 

 

取付け方法の動画下矢印(ペニー)

 

ジュリエット下矢印


最後に、

在庫状況についてのお知らせがあります。

 

現在在庫切れになっている、ジュリエットのラバーセットブラックですが、セール期間中に再入荷いたします。

 

 

7月5日ぐらいになる予定です。

その他現在在庫切れになっているラバーパーツは全てセール期間中に再入荷いたします。

 

 

ロメオ2とハーフエックスの偏光調光アイスについて

 

これらレンズは予約販売とさせていただきます。

 

現在加工依頼中で、セール期間中に15%OFFにてご注文は承れますが、納期は7月中旬以降になります。

ご希望の方はショップよりお問い合わせください。

 


ここ2-3年にわたるコロナの影響で、夏場外出する機会は普段に比べて少なかったと思いますが、今年は久しぶりの開放的に過ごせそうな夏がやってきそうですね。

 

この機会に、お持ちのフレームを修理したいという方も多いのではないでしょうか?

 

夏に向けて、ぜひこのサマーセールを活用してレンズ交換をご検討いただければと思います。

 

ご存知、オークリーのレンズは素材は全てポリカーボネートです。

非常に強い素材なのですが、とはいえプラスチック。

 

経年劣化は避けて通れません。

 

コーティングの剥がれなどは目に見えますが、それと同時に素材自体も見えない部分で劣化しているはずです。

 

例えば、車のヘッドライト、クリアな素材が時間と共に曇ってくるのを見た事があるかと思います。

 

これと同じように、レンズの素材も時間と共にクリアさを失っていきます。

エックスメタルが売られていた当時、2010年ごろからすでに13年たっています。

 

もちろん純正のレンズを維持したいという気持ちも分かりますが、今や時代も進化して、NXTなどの当時物よりも進化した素材にサングラスのレンズはの主流は置き換わっています。

機能や視野のクリアさを求めるのであれば、レンズは新しい素材に定期的に交換するのがベストだと思います。

 

レンズを変えれば視界の鮮明さが戻ります。

 

LINEGEARでは、オークリーと同じポリカーボネートの、しかも機能的に同等のレンズの取り扱があります。また、さらにクリアな最新のレンズ素材であるNXTレンズもありますので、それら多数ある選択肢の中からレンズをお選びいただけます。

今回のセール期間中はそれらレンズを一新する良い機会かと思いますので、ぜひレンズの交換をご検討ください。

 

セールは7月3日スタートになります。

皆様からのご注文お待ちしえ折ります。

よろしくお願いします。

 


!セール期間中について!

  • ノーズブリッジの修理、フレームリフレッシュ等はセールの対象外商品となります。
  • セール期間中にお受けしました修理、作業依頼につきましては、ご注文が集中するため通常納期よりも更に約1週間ほどお時間がかかります。
  • セール期間中は注文が込み合う恐れがございますので、発送は通常よりも1-2日遅れる場合がございます。
  • セール期間中は会員割引5%は適用外となります。

 

◆ホームページの方をご訪問いただき、サマーセールの期間中のご注文をご検討いただければ幸いに思います。

 

多数のご注文お待ちしております。

それでは失礼します。

 

REVIVE X-METAL!

 

 

 

 


 

 

 

NXT偏光調光レンズ アイス

 


 

みなさん こんにちは。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

遂に、最強レンズ、NXT偏光調光の3色目になる、アイスを発売いたします。

 

いやー、LINEGEARがNXTレンズを販売開始してからはや4年目、いよいよここまで来ました。

 

今やNXTレンズの偏光調光は3色から選べます。

 

 

今回のアイスも、やはり良くできています。

ベースレンズはICRX NXT - S392/35

 

 
ベースレンズのカラーはグレーです。
 
ミラーは鯖江のカトハチ製の最高級のミラー、そしてARコーティングです。
 
NXT偏光調光レンズについて細かい説明は以前にレッドミラー、フラッシュブラックを発売したときに詳しく書いていますので、
 
「NXT偏光調光ってどんなレンズなの?」
 
と言う方は過去記事をお読みください下矢印
 

過去記事① (まだの方はぜひお読みください!)

 
過去記事②(こちらもぜひお読みください!)

 

少しだけ説明させていただくと、

NXTレンズは4つのレンズタイプがあります。

  1. エンベディド(ノーマルレンズ)
  2. ヴァリア(調光レンズ)
  3. ポラライズド(偏光レンズ)
  4. ポラライズド・ヴァリア(偏光・調光レンズ)
このバリエーションの最高峰に位置するのが、今回発売する偏光調光レンズになります。
 
 
上矢印なんて書いてあるかと言うと、
「NXT偏光調光は上記3種類のレンズのベネフィット(利点)を一つにまとめて作られています。」とエシロールは言及しています。
 
つまり、NXT偏光調光レンズを手に入れるということは、
 
太陽の下でのアクティビティにおける、物を見る、又は目を守る、という点において最強のプロテクションを手に入れることになります。
 
NXTという軽量かつ強靭な素材、偏光機能で眩しさを軽減しながら、さらに調光機能がレンズの濃淡を調整することにより、見やすさをサポートしてくれるという、今までどのレンズにも備わっていなかった未体験の機能を体験することが出来ます。
 
 
 
 
ちなみにオークリーのレンズ(ポリカーボネート)もそうでしたが、
”NXTレンズもマグナムの球は貫通しませんニヤリニヤリ
 
AH-64アパッチの ウインドウにも適用されるほど、銃弾などの強い衝撃にもクラックが入らず、しかも歪みのない正確な視界を実現するという厳しい基準をクリアした次世代マテリアルなのです。
 
 
いやー、でも最高グレードとはいいもんですね、所有する満足感もそうですが、
あらゆる意味での、目の保護、という点において、現時点でほかの選択肢は出てきません。
 
これらNXT偏光調光をお持ちのエックスメタルに装着して、お気に入りの一本を最高レベルにグレードアップしてあげてください。
 
虫めがねただ、一点ご理解いただきたいのは、前にも書きましたが、オールタイム偏光になります。
偏光機能がON/OFFされることはありませんので、常に偏光レンズですので、室内をメインに使用される方には向かないレンズになります。その点ご理解くださいパー
 

さて、

今回NXT偏光調光アイスを発売することにより、LINEGEARではアイスイリジウムと同じカラーのブルーのレンズのラインナップは6種類になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これらのレンズは素材や機能は違えど全て基本的にはアイスイリジウムと同じカラーのレンズになります。

6種類の中からお好みでお選びください。

詳しくはそれぞれの商品ページをお読み下さい。


さて、それではもう少し偏光調光アイスを説明したいと思います。

 

 

調光していない時(36%時)はこれぐらいの透け具合です。

 

36%の時は、室内でもそれほど暗く感じることなく、普通に装着したまま過ごすことが出来ます。

 

調光すると下矢印

10%に調光した時は目が透けないぐらい濃くなります。

 

透過率は36%から10%の間で、状況に応じて変化します。

 

 

調光していない時下矢印

 

調光時下矢印

 


ミラーのイメージ

 

 


 


下矢印これがミラー、ARを付ける前の素のレンズ、

ICRX NXT - S392/35です。

 

これにシルバーミラーを付けて

偏光調光フラッシュブラック

 

そして、同様レッドミラーを付けて

偏光調光レッドミラー(画像左)

 

そして、同様ブルーミラーを付けて

偏光調光アイス(中央手前)

 

と言うことで、これら3種類、ベースのレンズは全て同じです。

 

ですので、あとはカラーをお好みで選んでください。

取り付けたいフレームにどの色が合うのか、考えるのも楽しみの一つだと思います。


その他フレームのが画像も少し載せたいと思います。

 

MARS

 

 

PENNY

 

 

ROMEO1

 

 

ROMEO2

※ロメオ2はレンズの加工終了後に発売開始しますので、7月中旬ぐらいの発売になります。

 

 

X-SQUARED

 

 

X-METAL XX

 

 


あと、オーマター向けにもこのレンズ発売します。

 

下のリンクよりフレームを選んでご注文ください。

 


今回はNXT偏光調光レンズを中心に紹介しましたが、レンズに求める機能は使用するシチュエーションによってそれぞれ違うかと思います。

前述しましたが、NXTレンズには4つのバリエーションがあります。

 

皆様それぞれの目的に応じたベストなレンズを正しい知識を持ってお選びいただき、快適なエックスメタルライフを、又はスポーツやアクティビティでのパフォーマンスの向上へとつなげていっていただきたいと思います。

 

その他NXTレンズに関してご不明な点等ございましたらお問い合わせよりお気軽にご連絡ください。


LINEGEAR ホームページ、NXTレンズの説明ページより下矢印

 

NXT®レンズを手に入れることによって、あなたは最善の解決策を見つけることでしょう。

あなたが、サングラスレンズに求めるニーズは何ですか?

運転、ゴルフ、テニス、フィッシング etc... 

太陽の下でのそれぞれのシチュエーションによって、求められる機能は変わってきます。

NXTⓇレンズはそれらすべての問題を解決する機能とバリエーションを持っています。

このレンズはあなたに、それらの問題を解決する道を提供してくれる未来のレンズです。

X-METALを進化させる新世代のレンズを体験してみてはいかがでしょうか?

 

 


それではこれで終わりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

次回は15%OFFサマーセールのご案内を書きたいと思います。

近日中に書きますので、ちょくちょくブログの方チェックしてみてください。

 

では失礼します。

 

REVIVE X-METAL!

 

 

 


 


ジュリエット エックスメタル

レンズは、

どちらかがファイアで、どちらかがルビーです。

みなさん どちらがルビーで、どちらがファイアか分かりますか?


みなさんこんにちは。

いかがお過ごしでしょうか?

 

前回のブログでは、次回はセールのご案内を書かせていただきますと書いたのですが、

ちょっとその前に今回は挟む感じで、2本記事を書くことになりました。

 

  1. ファイアイリジウムとルビーイリジウムの違いについて
  2. NXT偏光調光NXTレンズ アイスについて
ですので、サマーセールのご案内はその後になります。
スケジュール的にはかなりセールが迫ってきているので、短い間隔で記事を書いていきますので、
ちょくちょくブログの方チェックしてみてください。
 
では早速、

ファイアイリジウムとルビーイリジウムの違いについて書かせていただきたいと思います。

 

と言うのも、セールに向けて、今まで在庫切れだった偏光レンズカーディナルレッド(ファイアと同じ様なカラーのレンズ)を、かなりグレードアップさせて再発売しますので、そのレンズを紹介するにあたり。

 

 

 

 

「やはり皆様に知っておいて欲しい。」

 

「ファイアとはどういうレンズなのか」

 

「ルビーとはいうレンズなのか」

 

「そしてこれら、ファイアやルビーに対し、LINEGEARのカーディナルレッドというレンズはどの様な位置づけなのか」

 

ということを書いて、

その魅力を感じていただきたい、又はレンズを選ぶ際の一つの選択肢としての情報を発信したい。

 

というのが、今日の記事になります。

 

このブログを以前からお読みいただいている方、又はオークリー愛好家の方には当たり前のようにご存知の内容の記事になるかと思いますが、基本的な、ルビーとファイア、その世代による色味の違いや、それぞれの魅力などを簡潔にまとめてすっきりさせたいと思い書かせていただきます。

 


それでは、

先ずはファイアイリジウムから下矢印

 

これらは全てOAKLEYの純正ファイアイリジウムです。

画僧上の左側(色味の濃い)ものが初期ファイアです。

そして画像右側の色の明るいものが後期ファイアになります。

 

ファイアはとてもメジャーなカラーで、

OAKLEYのレンズの中でも、ブラックイリジウム、アイスイリジウム、ファイアイリジウムあたりがメジャーなカラーではないでしょうかねー。

そのメジャーなカラーのファイアですが、

世代によって色味は結構変化しています。後期になるほど色味は明るくなっています。

 

最終的に、後期のファイアは24Kに近い、明るめのゴールドに近い色味になっています。

 


では、

次はルビーイリジウムです。

 

ルビーも同様、世代によって色味は変化しています。

 

上の画像右上側から初期ルビー、そして左側は後期ルビーです。

 

徐々に色味は明るめになって行っています。

 


例えばルビーイリジウムと言っても、後期ルビー(明るめの色味)をルビーだと思っている人には初期ルビーはルビーには見えないかと思います。

逆に初期の、レンズ中央にパープルっぽい色味があるものをルビーだと思っている人には

 

(画像レンズは初期の、レンズ中央が少し赤紫の色味の入った初期のルビーです。)

 

後期のファイアに近いような、赤オレンジの色味はルビーには見えないかと思います。

 

下矢印(画像左側/奥側のレンズは後期ルビーです)

 


つまり、レンズのミラーの色味だけで言えば、

初期ファイアと後期ルビーはほぼ同じ色味になります。

 

 

 

 

ここらへんで、

それぞれの世代のルビーを持っている人、それぞれの世代のファイアを持っている人の、「ルビーとはこういうもの」、「ファイアとはこういうもの」という概念と言うか、認識の違いが生じているものかと思います。

 

先ず、LINEGEARのプレミアムレッドレンズは、初期ルビーに近い、レンズの中央に紫の色味のある、赤紫っぽい初期のルビーに焦点を当てて製作されています。これを一つの認識として覚えておいてください。

 

LINEGEARのプレミアムレッド下矢印

 

 

 

 

 

なので、初期のルビーイリジウムに近いカラーのレンズをお求めの方にはこれらプレミアムレッドをお勧めします。

 


「うん、なるほど、そういうことだったんだね。ファイアにも、ルビーにも、世代による色の違いがあるんだね」

 

「そうなんです」

 

「じゃ、どっちがルビーかファイアか見分けつかないじゃん」

 

「いや、そうでもないんです」

 

これまで説明してきたミラーの色味は別として、ルビーとファイアは決定的な違いがあるんです。

 

先ほどの画像下矢印

 

ルビーの、レンズを通しての見え方下矢印

少し青みがかったグレーです。

 

ファイアの、レンズを通しても見え方下矢印

ブラウンです。

 

これが決定的な違いになります。

 

ルビーはグレーベース、しかも結構爽やかな、青っぽい見え方をします。

 

一方、ファイアは

ブラウンベースなので、このような見え方になります。

 

グレーレンズは特に色が変化するわけでは無く、自然な視界ですが、

ファイアのブラウンベースはコントラスト系で、景色の明暗をくっきりとさせて、視野全体を明るく見せてくれます。

 

これが、ファイアとルビーの違いです。

 

ベースレンズの色が違うんですね。

 

これで、もうこの画像見ても、どちらがファイアで、どちらがルビーか分かると思います。

 

眩しさを軽減しつつも景色を明るく見たい方はファイア、(コントラスト系)

自然な見え方で、眩しさを軽減してほしい方はルビー(ナチュラル系)を使用された方がいいかと思います。

 

ルビーとファイアの違い、分かっていただけたのではないでしょうか。


 

さて、これまでの話は理解していただけたかと思います。

 

では

LINEGEARのカーディナルレッドというファイアに似たような、後期ルビーに似たような色味の偏光レンズは、

実際どの様なレンズなのかという説明をさせていただきたいと思います。

 

 

 

今までは「ファイアイリジウムに近い色味ですよ」としか説明はしてこなかったのですが、今回少しグレードアップするにあたり、ベースとなるレンズのスペックを高品質の物に変更しました。

 

ベースのレンズは住友製のフィルムで帝人の材料を使って国内で成型しています。

 

濃い目のグレー、裏面にはARコーティングが付いています。

 

レンズを通しての見え方はこんな感じになります下矢印

 

青っぽいグレーな感じで、

リニューアルした結果として、全体的な印象としては、後期ルビーのような爽やかなブルーグレーなレンズを通しての見え方+赤~オレンジのミラーというレンズに仕上がりました。

 

ベースのグレーと言っても、グレーにもやはり種類があり、又はミラーの影響を受けてレンズを通して見た時に、色合いは様々です。

今回のこの一新されたカーディナルレッド、実際私も使用してみましたが、レンズの見え方、そしてミラーの色味等、とても満足できるものでした、「日本製の高品質」がぎゅっと詰まった、恐らくポリカレンズにおいては最高の域にあるレンズだと思います。

 

 

透過率は11%です。

ARコーティング

深みのある赤~オレンジのミラー

 

ぜひ、このレンズの詳細をご理解いただき、ご検討いただければと思います。満足度はかなり高いと思います。

ルビーの代替としてレンズをお探しの方などには超お薦めです。

 

ファイアイリジウムのようなブラウンベースがやはり良いという方はNXTレンズのファイアは全てブラウンベースになりますので、そちらをご選択いただければファイアとほぼ同じ感じのレンズが手に入ります。

 

 


それでは今回はこれで終わりたいと思います。

次回はNXT偏光調光アイスについて書いてみたいと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

REVIVE X-METAL!

 

 


最初に載せた画像のレンズ

 

 

画像ではほとんど違いは分かりませんね笑い泣き