リーダーズ式 合格コーチ 2018

「アタマ」と「こころ」を元気にする経営を科学する!リーダーズ総合事務所・リーダーズ総合研究所代表(中小企業診断士・社会保険労務士・行政書士・産業カウンセラー・キャリアカウンセラー・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅰ種・FP)コンセプトは人と人の「つながり」


テーマ:



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


本日は、リーダーズ総合研究所の無料公開講座及びリーダーズゼミの講座説明

会に、約30名の方にお越しいただきありがとうございました。


無料公開講座の中でも、お話ししたように、一般知識の政治・経済・社会について

は、是非とも、得点源にしてほしいと思います。


そのためにも、まずは、過去問で、出題テーマ・内容のグルーピングをして、学習

すべきテーマ・内容を、きちんと特定していくことが大切です。


本日参加された皆さんは、


パワーポイントレジュメの出題表を参考にして、皆さんなりに、学習すべきテーマ・

内容を特定しておいてください。


やはり、一般知識は、過去問をきちんと分析していかないと、本当に何をやればい

いのかがわからない科目になってしまいます。


政経社は、まずは、過去問です!


リーダーズゼミの教材について


リーダーズゼミの講座説明会でもお話しましたように、リーダーズゼミは、以下の

教材を使用していきます。


① パーフェクト過去問集(民法・行政法)

② リーダーズ式☆総整理ノート(民法・行政法)

③ スーパーブリッジ答練問題・解説集民法・行政法(無料配布)

④ セレクト過去問(無料配布)

⑤ オリジナルレジュメ(随時配布)


①パーフェクト過去問集と②総整理ノートは、基本的には、講座で使用すること

前提に作られております。


従いまして、講座の受講生以外の方には、教材のみの個別の販売はしておりませ

んが、今回、リーダーズゼミを受講された方には、ゼミで使用する民法と行政法に

ついて、リーダーズゼミ生特別割引価格にて販売をさせていただきます。


憲法と商法につきましては、


講義の中で、教材の使い方や記載内容等に関するフォローが出来ないため、原

則として、教材のみの販売はできませんが、リーダーズゼミ生の方で、ご希望者

の方には、その旨をご承知していただいた上で、個別に販売をしていく予定です。


価格等につきましては、後ほど、リーダーズゼミ開講後にお知らせいたします。


『リーダーズゼミ』の詳細につきましては(New!)

   ↓こちらから

http://leaders-readers.com/semi/


仮予約:4月1日(水)20時~4月8日(水)20時まで



以上、よろしくお願い致します。



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


プラチナマスター講座の民法の収録が終わり、先週から憲法の収録へ入っていま

す。


講義中にもお話しているように、民法は、何回も繰り返して学習しないと、なかなか

定着化しない科目ですから、復習をきちんと行なってほしいと思います。


本試験は、事例で問われますので、初学者・再受験生の方ともに、講義の中で学

習した内容が、どのように過去問の事例で問われているのか、復習の段階で、必

ず、過去問(事例)の検討を行ってみてください。


過去問(アウトプット)→テキスト(インプット)


初学者の方は、まずは、各制度の名前と顔が一致するようにしていきたいところで

す。


通謀虚偽表示

表見代理

即時取得

債権者代位権

弁済による代位

手付

法定地上権

使用者責任などなど


まずは、キーワードを見て、どのような制度であるのか、パッと、イメージできるよう

になるまで、反復学習を心がけてみてください。


その際、図を書きながら復習しておくと、記憶にも定着化しやすいので、講義中に

書いていった図を参考にしながら、自分なりの図が書けるようにしておいてください。


図の書き方は、人によって異なりますので、自分が一番しっくりと来る、自分なりの

図を確立してみてください。


どこかで、事例→図解化テストやるのも面白いかもしれませんね。


再受験生の方は、


講義で学習した内容を下に、過去問を検討して、各テーマごとに、①何を、②どの

ように記憶しておけば本試験で得点できるのかを、テキスト等に集約化しておいて

ください。


知識の集約化


民法は、要件→効果、原則→例外の視点が重要になってきますので、なるべく早

いうちから、記憶の作業を始めてほしいと思います。


民法は、量が多く、やるべきことも多いですので、出題予想という視点から、優先

順位を付けた復習を心がけてみてください。




人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:




人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


3月29日(日)に、無料公開講座&講座説明会を開催致します。


これまでの講座説明会には、延べ、約220人の方にお越しいただき、誠にあり

がとうございました。



今回は、一般知識&リーダーズゼミについてです。


日時:3月29日(日)13:30~16:00(13時開場)


場所:フォーラムミカサ エコ(内神田東誠ビル8階ホール)

       ↓アクセス    

http://bit.ly/1yumsni


千代田区内神田1-18-12内神田東誠ビル

JR線 神田駅 西口より徒歩5分


東京メトロ銀座線 神田駅 4番出口より徒歩5分

東京メトロ丸の内線 淡路町駅 A2・A4番出口より徒歩5分

東京メトロ千代田線 新御茶ノ水駅 B6番出口より徒歩6分、A4番出口より徒歩5分

都営地下鉄新宿線 小川町駅 B6番出口より徒歩6分、A4番出口より徒歩5分


第1部:無料公開講座


どうすれば政経社で高得点が取れるのか?

~『資料政経2015』と『過去問』を使った政経社対策を伝授します!~


平成26年度の政経社の出題は、今までの7問から9問となり、政経社の重要性は

増しています。


今までは、


一般知識は、情報通信・個人情報保護と文章理解で得点していけば良かったのが、

今後は、政経社で、どれだけ得点を稼げるかが、合格戦略上、重要になってきます。


特に、法令択一式が難化した年は、この政経社で、どれだけフォローできるかが重

要になってきます。


そこで、今回の無料公開講座では、『資料政経2015』と『過去問』を使った、政経社

の攻略法についてお話していきます。


政経社は、


過去問で問われたテーマから繰り返し出題されていますので、過去問を検討して、

出題テーマ及び学習テーマを絞っていくことが必要になってきます。


一般知識、特に、政経社で不安を抱えている皆さんは、是非、ご参加ください。



なお、当日は、『資料政経2015』を使っていきますので、ご持参していたくだと、使

い方が具体的にわかると思います。


『資料政経2015』は、まだ、アマゾン等のネット書店では、販売されていないよう

ですが、直接、出版社(東学)の方から購入することができます。

   

http://bit.ly/191bGuB



第2部:講座説明会


リーダーズゼミの活用法とは?

~リーダーズ式☆知識の集約化方法を伝授します!~


リーダーズゼミの詳細については

   ↓こちらから

http://bit.ly/1CrCUX8


リーダーズゼミは、東京・大阪・名古屋で実施予定です。


リーダーズゼミでは、


全12回(民法7回、行政法5回)で、今年の本試験で出題が予想されるテーマにつ

いて、出題予想の視点から知識の集約化を図っていきます。


この他に、直前期に、総整理ゼミ(補講)を実施する予定です。


出題予想ゼミ!


リーダーズゼミでは、個別ワークやグループワークなどを織り交ぜながら、ゼミ生

の皆さんとの双方向で進めていきます。


ゼミでは、皆さんの今までの疑問点や質問等につきましても、適宜、回答していき

ますので、さらなる理解を図ることができます。


ゼミ生同士のつながりは、合格後の人脈となりますし、プロ研の先輩行政書士の

先生方との「つながり」を作ることもできます。


人と人の「つながり」


今回のリーダーズゼミの説明会では、そのリーダーズゼミの活用法についてお話

ししていきますので、お気軽にご参加ください。




人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。






AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


1 プラスα講義


リーダーズゼミのお申し込み方法です。


【お申し込み方法】


各クラス、最少施行人数制(各クラス8名)を採用しておりますので、①仮予約、②

本申込みの2段階によるお申込となります。 


① 仮予約:4月1日(水)20時~4月8日(水)20時まで


リーダーズ総合研究所HPのお問い合わせフォームに以下の内容をご記入のうえ、

ご送信ください。


お問い合せフォーム

      ↓

http://leaders-readers.com/contact/


① 件名 その他お問い合わせにチェック

② お名前

③ 電話番号

④ ご住所

⑤ メールアドレス

⑥ お問い合わせ


お問い合わせ欄には、(1)希望クラス及び(2)テキスト購入の有無をご記入ください。

また、東京クラスを仮予約される方は、(3)午前クラス→午後クラス、あるいは、午

後クラス→午前クラスへの振り替えが可能であるかも、ご記入ください。  


なお、お電話による仮予約は受け付けておりませんので、リーダーズ総合研究所

HPのお問い合せフォームから、お願い致します。


② 本申込み:4月9日(木)~


4月9日(木)に、最少施行人数に達した場合には、個別に、メールにて、受講料の

振込先及びテキストの購入方法について、ご連絡いたしますので、指定日までに、

受講料をお振込みください。


また、最少施行人数に達しなかった場合には、その旨をご連絡いたします。


なお、各クラスともに、定員(15名)を超えた場合には、仮予約の先着順に、本申

込みのご連絡をさせていただきますので、その旨、ご承知おきください。


【日程表】


日程は、こちらから

  ↓

http://bit.ly/1CrCUX8  


2 3つのふり返り


① 意思表示(1)


まずは、パワーポイント(第11章意思表示の無効と取消し②③④)、総整理ノート

p39で、前回の講義の最後の行った無効と取消しについて、比較の視点から知識

を整理しておいてください。


民法では、無効と取消し、無権代理と他人物売買、連帯保証と連帯債務など、類

似の制度数多く出てきます。


制度と制度をヨコに比較することで、一つ一つの制度がよりよく理解することがで

き、横断的な問題にも対応できるようになるはずです。


次に、パワーポイント(第11章意思表示の無効と取消し⑤)で、意思表示理論につ

いて、内心的効果意思を中心に、その理論を理解してみてください。


その上で、基本書p155~、総整理ノートp18~で、虚偽表示について、第三者保

護の視点から知識を集約化しておいてください。


最後に、基本書p157のCaseを基にして、94条2項類推適用の要件と効果を、「権

利外観理論」の視点から集約化しておいてください。


94条2項を類推適用した判例も、要件論において、「静的安全」(帰責性)と「動的

安全」(善意・無過失)の調整を図っていることがわかると思います。


なお、類推適用とは、条文を直接適用することができない場合、「要件」の共通点

に着目して、いわば、法を「創造」していく方法です。


民法では、この類推適用という手法がよく出てきますので、出てきたら、オリジナル

との共通点と相違点をチェックしてみてください。


② 意思表示(2)


まずは、パワーポイント(第11章意思表示の無効と取消し⑤)で、「動機の錯誤」と

「通常の錯誤」との違いを理解してみてください。


次に、基本書p162、総整理ノートp21~で、錯誤の要件・効果について、知識を整

理しておいてください。


錯誤については、錯誤の主張権者についての問題が多く出題されていますので、

原則→例外→例外の例外の視点から、知識を集約化しておいてください。


最後に、パワーポイント(第11章意思表示の無効と取消し⑪)で、詐欺・強迫の位

置づけを、意思表示理論から理解した上で、詐欺・強迫について、第三者保護の

視点から知識を整理しておいてください。


強迫の場合、詐欺と異なり、第三者保護規定がないことを、静的安全の保護と動

的安全の保護の視点から、理解しておいてください。


ものごとを学ぶときに大切なことは、どこに光を当てながら内容を見ていくのかと

いう「視点」や「切り口」を持つことだと思います。


民法で言えば、「要件→効果」という「切り口」や、その背後にある「静的安全」の保

護と「動的安全」の保護という「視点」(目玉マーク)が重要になってくると思います。


合格コーチの講義では、こういう「視点」や「切り口」を受講生の皆さんに、提示しな

がら講義を進めていきます。


受講生の皆さんも、


細かい知識を頭に入れていく学習ではなく、「大きな視点」からものごとを「考える」

習慣を、是非身につけてみてください。


③ 債務の履行(1)


まずは、パワーポイント(第11章意思表示の無効と取消し①)で、第11章と第12章

で学ぶことの全体構造(フレームワーク)をもう一度「アタマ」に入れておいてくださ

い。


フレームワーク思考


次に、基本書p166~で、債務が消滅する場合の全体構造(フレームワーク)を、「ア

タマ」に入れた上で、弁済について、まずは、①いつ、②どこで、の視点から、知識

を整理しておいてください。


最後に、パワーポイント(第12章債務の履行と債務の障害②③)、総整理ノートp149

~で、③誰が、④誰に、の視点から、弁済について知識を集約化しておいてください。


平成26年度の本試験では、


④誰に(債権の準占有者に対する弁済)が大問で出題されていますので、次は、

③誰が(第三者弁済)が危ないのではないかと思います。


物上保証人・抵当不動産の第三者取得者は、他のテーマとの関連で、知識を集

約化しておいてください。


物上保証人は、合格コーチが記述式の予想テーマとして、ずっと山を張っている

ところですが、なかなか出題されないテーマです。


抵当不動産の第三者取得者の保護は、記述式で、ズバリ的中しているのですが・・



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。


1 プラスα講義


合格コーチも、


長い間、行政書士試験の受験生の方々を見てきましたが、 試験に合格できる方と

そうでない方の違いのひとつは、テーマ検索がきちんとできること、その前提として、

「キーワード」にきちんと反応できるか否かではないかと思っています。


最近の民法の問題は、


問題文(選択肢)が長文化して、一体、何のテーマの話なのかがよくわからない問

題が数多く出題されています。


試験中にアタマが真っ白になってしまう方が多いのも、このためだと思います。


しかし、いくら問題文が長文化しても、問題作成者(大学教授)は、この部分に気が

ついてほしいという「キーワード」を必ず散りばめています。


受験生としても、


長い問題文の最初から最後までをじっくりと読むのではなく、問題を解く際のカギと

なる「キーワード」に気がつく必要があります。


毎年、受験生の問題冊子を数多く見せていただいておりますが、得点出来ていな

い方ほど、気づかなければならない「キーワード」を、スルーしている場合が多いの

ではないかと思います。


例えば、平成26年度の問題46(記述式)では、詐害行為取消権が問われましたが、

債権者代位権と解答してしまった方は、やはり、問題文の「キーワード」に気づいて

いないのではないかと思います。


また、今回講義の中で検討した代理人の権限濫用の問題で云えば、「専ら自己の

借金の返済に使うという意図」が、テーマ検索のための「キーワード」となります。


「キーワード」の発見→「テーマ検索」という「アタマ」を創っていくためには、出題パ

ターンの把握が重要になってきます。


実は、この「キーワード」の発見→「テーマ検索」というスキルこそ、クライアントとの

相談話(長い事例)の中から、法律上、何が問題となるのかを発見するスキルと同

じものといえます。


最近の民法の問題が長文化したり、「相談」型問題が出題されているのも、まさに、

実務の場面を意識しているためかもしれませんね。


2 3つのふり返り


① 代理(2)


まずは、基本書p136、総整理ノートp30で、自己契約・双方代理の効果について、

知識を整理しておいてください。


次に、パワーポイント(第10章契約の締結と代理②)、総整理ノートp17で、代理人

の権限濫用について、93条の心裡留保とリンクさせて、知識を整理しておいてくだ

さい。


代理人の権限濫用について判例は、 表示と効果意思の不一致(意思の不存在)

である心裡留保(93条)と類似の関係にあることから、93条ただし書を類推適用し

て、代理行為を無効(効果不帰属)としています。


最後に、講義の中では、あまり触れませんでしたが、総整理ノートp28で、復代理

について、問題17の視点から知識を整理しておいてください。


復代理については、行政書士試験では、大問では、未出題テーアです。


② 代理(3)


まずは、パワーポイント(第10章契約の締結と代理③)で、無権代理と表見代理の

関係について、きちんと「アタマ」の中に入れておいてください。


次に、パワーポイント(第10章契約の締結と代理④)、総整理ノートp32で、無権代

理が行われた場合について、本人と相手方の採り得る手段について、知識を「記

憶」しておいてください。


知識を「記憶」する場合には、各項目について、あらかじめ「記憶」するべきテーマ

の「視点」と「個数」を頭の中に入れておくのがいいと思います。


例えば、パワーポイント(第10章契約の締結と代理④)では、本人の採り得る手段

(静的安全)は「2つ」、相手方の採り得る手段(動的安全)は「4つ」という具合です。


最後に、パワーポイント(第10章契約の締結と代理⑤)、総整理ノートp34~で、表

見代理の要件(109・110・112条)を、「権利外観法理」の視点から「記憶」しておい

てください。


権利外観法理は、94条2項、表見代理をはじめ、いくつか登場しますので、「静的

安全」と「動的安全」の調和の「視点」をよく理解しておいてください。


表見代理のあてはめ問題は、問題14以降出題されていませんので、問題14で、処

理パターンを確立しておいてください。


③ 代理(4)


まずは、パワーポイント(第10章契約の締結と代理⑥⑦)、総整理ノートp33で、無

権代理と相続に関する全体構造(森)を、「アタマ」の中に入れておいてください。


次に、パワーポイント(第10章契約の締結と代理⑥)、総整理ノートp33、問題18で、

単独相続の場合の事案処理ができるようにしておいてください。


特に、無権代理人の本人相続の事案は、本人が死亡前に追認拒絶をしていなか

ったか、していたかによって結論が異なってきます。


民法は、このテーマのように、問題肢が全体の中のどの類型に当てはまるのかを

識別させるパターンの問題が数多く出題されます。


このようなパターン問題は、事前にパターンを「記憶」してしまえば、本試験では間

違えることはないのではないかと思います。


最後に、パワーポイント(第10章契約の締結と代理⑦)、総整理ノートp33で、問題

18で、共同相続の場合の事案処理ができるようにしておいてください。


ちなみに、共同相続の判例の事案は、過去問では、すでに3回出題されている頻

出テーとなっています。



人気blogランキングへ  ← ポチッと1回クリックをお願いします。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。