ナカターシャンのお庭の続き〜
種から育てたかすみ草が群生しています🎵



クレマチスも盛んに咲いています。



盛岡古事記塾〜

今日のナカターシャン語録

お母さんがお仕事の途中でお尻から「ブッ、ブッ」と歌を歌っていた。
それを聞いた幼いナカターシャンが
「や〜いお母さんの屁ったれ」と囃したところ、お母さんは威厳を持ってこう言ったと言う。

「屁」を垂れて恥と思うな汝らよ
「ブッ」という字は「仏」なりけり!

恐れ入りました〜〜🙏🙏


因みに筋肉マンが「へのつっぱりはいらんですよ」と言う意味は、

屁の突っ張りにもならない 全く役に立たないことのたとえです。


失礼しました〜💦💦


素敵な人が沢山集まって、
美味しいものも沢山集まって
楽しく美味しく学んでいます💕🙏





紫陽花二種




これは食べる春菊の花




大きなネギ坊主さんはアリウム




大根の花です。


そして、新幹線で移動して夜は八戸古事記塾へ


こんばんは🌙😃❗


はちのへ華都子塾は18:30~
八戸総合福祉会館3階にて

テキストは天岩屋戸第13章おこもり122ページからでした。

今回はフラダンスのユリア先生と言う素敵な方もご参加下さいました〜。


倭姫の音楽をいただいたご縁で、伊勢神宮にて、フラの特別な躍りを奉納されたそうです。

フラダンスも大地の神様・自然への感謝の気持ちと祈りを表すので、

自然を八百万の神々と畏敬の念を表す日本人の考え方と似ていると思います。



八戸古事記塾の今夜の学び


やまと言葉は1つひとつに意味があるが、発する時の音が大事です。

例えば「ありがとう」と言う言葉でも、
笑顔から発された時には明るさ、温かさ、思いやり感謝まで感じます。

でも、怒った顔、厳しい顔、イラついている時に発された「ありがとう」には、
投げやり、不満、無遠慮、高慢さえ感じます。

いかに正しい事や言葉でも、
怒っていたり、感謝の気持ちが足りないと相手を傷つける言葉になってしまうのです。

でも自分は正しいと思うから気がつかないのです。

神には感謝し祈ってても、
家族や肝心の人にはどうだったのでしょうか?

神に祈り大地を感謝するのと同じぐらい、目の前の人達に愛と感謝の言葉をかけてあげたでしょうか?

言霊として魂に響くのは、
言葉に明るさ思いやりと言う「愛」がこもっている時です。

これからも一緒に学んでいけたら嬉しいです。




今日は佐伯監督が、全国大会のお知らせをシェアしてくださいました。ありがとうございます。
簡潔で素晴らしいのでそのままシェアさせていただきます。

〜ここから〜〜

【年に一度の今野先生「全国大会 in新潟」来月開催】
日本中、北海道から鹿児島まで三十数ヶ所で毎月古事記塾を開催されている今野華都子先生の年に一度のビッグイベントのしきり締め切りが6月30日と、締め切りまであと5日を切りました!
お申し込みがまだの方はお早めに💗
今年は、各国で大変評価の高い無農薬コーヒー「極み」をブラジルで栽培している鈴木様が、ブラジルから日本にきてくださいまして、全国大会のゲストでお話してくださることになっております。
神渡先生の本にも登場される、鈴木様が御講演するのは初じめてのことです。スペシャル!!!

なんと毎日コーヒーの木に一万回「ありがとう」と話しかけている鈴木様の栽培しているコーヒーは、コーヒーが全く飲めない私でも、美味しくいただけるすごいコーヒーなのです。
ブラジルに住んでいる鈴木様に、会える一生に一度のチャンスです💗
また、ミツバチ保護の映画「ミツバチと地球と私」の主人公のハニーさんこと、船橋康貴さんも、全国大会でお話してくださいますよ🐝
https://www.youtube.com/watch?v=Tz0zFIob69Q
すぐ満席になってしまうので、お申し込みはお早めにどうぞ。

〜〜ここまで〜〜


お申し込みお問い合わせ
       ↓


よろしくお願い致します💕🙏




ここはスイスでは有りません。

盛岡のとあるお家のお庭です。

「もう薔薇が終わってみせるもの無いんですよ〜」って仰っていましたが、なんのなんのです。

1000種類以上有ると言う植物達はそれぞれに咲いています。



マーガレットとポピーのコントラストが素敵❣️


薄いピンクはジャコウアオイ、ローズはフランネル草


ジャコウアオイを拡大するとこんな感じ。


八重のマーガレット


ナカターシャンとりゅうこさんとふじ子ちゃん。



日陰には真っ白な紫陽花が待っていました。


同じ所を好む露草


太陽の化身のようなヒマワリ


三つ子の薔薇が



ピンクのアスチルベも珍しい。


ブーケのようにまとまって


ユスラウメはさくらんぼの味がします〜💕🎵

お庭遠景〜



来月はどんなお花が咲くのでしょう〜。楽しみ〜〜🎵🎵

ありがとうございました🙏



仙台の今日はシトシト雨が降り続いています。
気温は17℃少し肌寒い。

今日は仙台古事記塾。
雨の中をみんな来てくれる。

「こんな肌寒い日は、あったかいスープで温めてあげたいな」

サロンで火は使えない。


そうだ!!



「使っていない電気ポットはある?」と聞いたら有ると。

これさえあれば大丈夫!


ポトフが作れる👌👌

材料はすぐ火が通る野菜をなんでも。



玉ねぎ、にんじん、シメジ、ウインナー、キチンコンソメ、むー塩。



これを電気ポットに入れて
半分ぐらいの水を入れ
(吹きこぼれを防ぐ為)



スープが足りなければ
後でお湯を足して大丈夫です。

普通に沸騰させて


最後にレタスを入れれば出来上がり〜❣️

煮えにくいものの時は少し置いておけば保温で調理されます。

(ポットはお湯を沸かすのとは別にしてね)


むふふふ〜〜




美味しい^_^



みんな早く来ないかな〜〜

楽しみドキドキアップアップ






今朝の祈り

〜慈雨〜
めぐみの雨は大地と心を潤す

「先生はこの方と懇意なのですか?」
「いいえ初めてお会いします」「じゃどうしてそこまでしてあげるのですか」
「分かりません、目の前の人に心をかけるのは神様の思し召しだと思います」

天から降る雨は誰にも分け隔てなく与えられる。
それをどう受けとるかはその人次第です。

雨は、目の前の植物や動物を生かすだけではない。大地に染み込みやがて服水流となりまた湧きいずる。

愛の言葉は慈雨のようにその人に染み込み、
魂の光を増してお顔を表れ身体と行動に現れてくる。

しとしと降る雨に心をいっぱい潤して
また太陽に向かって伸びていきましょうね💕

夏至の日は子どもの様にはだしになって、シロツメグサで作った花の冠を被り自然に人に感謝致しました🙏

万謝


仙台古事記塾の高橋さんは無肥料、無農薬で野菜と米を育てています。今日午前は高橋さんちの大豆の種蒔き〜!

今日はこのメンバーで

高橋さんから大豆ののレクチャーを受けています。





なんと豆を蒔く機械があります。


その名も「ゴンベエ」あの権兵衛が豆まきゃカラスがほじくる昔話からとったとしか思えませんね。大豆は蒲鉾状の畝の両側に蒔いていきます。「ゴンベエ」は種によって何粒をどの距離で蒔いていくのかを調整できます。


でも「ゴンベエ」が凹凸や草のある所は不得意です。

畝の約半分はゴンベエが蒔けないところなので私達が手で蒔いて行きます。




種大豆を2粒づつ約38センチ間隔に埋めて行きます。




2班に分かれて私のところは、ビニパイフを使って屈まないて種を落として由美ちゃんが埋めてくれました。


由美ちゃんは何をやっても上手でこういうお嫁さんが欲しいわ〜。

約2時間で1000坪の種蒔き終了〜 



最後に畑と大豆にお祈りして密かに

トトロ トトロ トトロ トトロ

トトロの歌を歌ってあげました〜🎵🎵

きっとぴょんぴょんと発芽するに違いない。


そして目の前のブルーベリーを摘んでヨーグルトへ




そして自分で作るデザートは目の前直採りブルーベリーヨーグルト(笑)





イネとヒエも分かったから来年は役に立てるかもね😅😅




石岡泉さんのFBのコメント貼り付けておきます。

〜〜ここから〜〜



今日もお世話さま〜❤️

裸足で土の中、最高のデトックス✨

すごく働いたつもりで後ろを振り返ったら、数メートルしか進んでなくて大笑いでしたね🤣

摘みたてブルーベリーヨーグルト、美味しかったね💓



今野先生
お疲れ様でした〜

イネとヒエ、ようやく区別がつくようになりました‼️

身体はなかなかの疲労感😅

あの量を高橋さん一人でなさっていたなんて、びっくり😳

自然農のお米の有り難みが身に染みてわかりました〜❤️

高橋さん、自然農を12年も‼️
頭が下がります〜〜

そして、刈り取るまで明日からも向き合うんですものね〜
✨感謝かんしゃ✨

来年もまた、ぜひ。摘みたてブルーベリーヨーグルトは癖になります😅
いろいろなお楽しみ付き💓

〜〜ここまで〜〜


とにかく天気も晴れすぎず、日に焼けず程よく雲があって、そよ風も吹いて、最高でした💕


由美ちゃん、高橋さん、久美ちゃん、いずみちやん、昨日参加のめぐちやん、ありがとうございました💕🙏






雲間のハートの青空












仙台古事記塾生の高橋さんは、伊勢むーさんの協生農法やいろんな自然法を学んで無肥料無農薬で稲を育てています。

去年収獲した米や大豆、その他のお豆などを古事記塾の私たちも分けていただきまました。

去年、私が高橋さんに

「米づくりで一番大変な事は何ですか?」とお伺いしたら

「田んぼの草取り」です。

「では、お手伝いに行きます」

「いつ いいですか?」と相談の結果、


何も分からない私達ですが、

6月22日、23日の2日に亘り田んぼの草取りの手伝いをする事にしました。


5月18日に田植えした田んぼに草が生い茂るころ、適度に草取りをする事によって根元に酸素が行き根の張りが良くなる。

夏至の今日
仙台塾のゆみちゃん、いずみちゃん、めぐちゃん、高橋さん、そして品川塾の久美ちゃんが東京から駆けつけてくれました。

仙台駅から車で30分の明石台。

そこに高橋さんの田んぼがあります。

農作業場の軒下にはツバメが二回目の産卵と孵化を終え子ツバメ達が大きなお口を開けています。

足元には瀕死状態で迷い込んだネコが病院へ連れて行ってもらい手当を受け、いま高橋さんちでゴロニャーンと可愛がられていました。
良かったね。





今日は一日雨の予報でしたが降らず、絶好の草取り日和です。

太陽が強いと日に焼けるのが心配です。

草取りの場合は、顔が水面の近くなので光が反射し直射日光と照り返しでWで焼けます😱😱


今日の雲がベールの様に強すぎる日差しを遮ってくれます。有り難い🍀🍀


そして時折吹いてくる風が雲霞のような小さい虫を飛ばしてくれました。そうじゃないと、小さい
虫が目に入ってしまうのです。


自然のご配慮ありがとうございます。

長靴では身動きが取れないから、裸足で田んぼに入りました。

水温は思ったより温かく心地よいです。

勝手にアーシング状態になります🎵🎵


強敵の沢鷹(おもだか)。



結局は私達は全員裸足です。

農薬をつかわないため、田んぼにはオタマジャクシが泳いでいます。

とってもいい気持ち〜〜🎵






最初は稲とヒエの見分けがつきません💦💦
ヒエはツルツルしていてイネはゴソゴソしている感じですが、

良〜く見ると

葉身(普通に葉に見える部分)と葉鞘(茎のように見える部分)の境目にある葉耳に毛が生えているのが稲、毛がないのがヒエです。 
左がイネ 右ヒエです。


こちかの画像が大変参考になりました。
http://伊勢原森林里山.com/活動日記/1236/2015/06/16/





ずっと腰をかがんで行う草取りは本当に大変だとおもいます。

こうやって子どもに手をかけるよう。

この田んぼも高橋さんの愛情が掛けられているのをかんじました。照れ

美味しいお米にな〜〜れ!


イネも心持ち喜んでいるようです💕😊



寝かせ玄米ご飯がすごく美味でした。



豚汁をいただきながら、野外でお弁当を食べます。


由美ちゃん差し入れのあわまんじゅう


午後は畑で完熟ブルーベリーを
いただきながら再開〜〜!

振り返るとそれなりに綺麗になった稲が喜んでいるようでした。





そしてシロツメクサのリースを作ってタイガースの花の首飾りを作りました❣️


明日にも色々変わるけど変わらないものはあなたの真心。




明日もよろしくお願い致します。
感謝

今日は夏至ですね。

タチアオイはアメリカのガーデナー、故ターシャ・テューダーに愛された花です。
この季節になるとお庭や公園の片隅にタチアオイが咲き始めます。繊細な花びらを持ち、か弱そうに見えても見かけよりずっと強い。


そして自生し、一度植えると毎年咲いてくれる律儀な花です。


この可憐さと強さと律儀さが好きです。


そして切り花には向かないので、そこで眺めるだけでいいのです。




梅雨期に咲くので梅雨葵、ホリホックとも呼ばれています。ホリホックという名称には「聖地の花」という意味も込められているそうです。



これは同じ一重でも花びらがハートです。



この花を見るとわたしもターシャさんの様に自然の庭で時給自足で暮らすのが夢だったのを思い出します。



その一角にはこのタチアオイが有ると思う。




昨日山形のとある一角の草ボウボウのところに咲いていたタチアオイ、先ほどと同じように見えて八重の要素を持っています。












タチアオイは梅雨の季節に次々と下から咲いて、
約二か月咲き続けます。そして咲き終わりのころ

真っ赤な夏が終わります。

あともう少し灯りを灯し続けよう

午前は米沢古事記塾の皆さんとお花



山形古事記塾の皆さんとお花


ターシャさんの様に時給自足で暮らす夢は、もう少し先延ばしします。

感謝









モヤモヤしているお天気ですね。
さっぱりした焼き浸し はいかがですか?

材料2人分

アスパラガス 4本 

なす 2本  

パブリカ赤黄各1/4個

玉ねぎ1/4個

厚揚げ 1/2丁(100g) 

ごま油(フライパン用) 大さじ3杯

 水 200cc だしの素 小さじ1/2杯 

みりん 大さじ1杯 

しょうゆ 大さじ1杯 



下ごしらえ

揚げは熱湯をかけて油抜きし、水気を絞って1cmの厚さに切ります。 

なすはヘタとガクを落とします。 

アスパラガスは根元を切り落とします。 


作り方 

1 なすは縦半分にカットし、格子状に切り込みを入れてそれぞれ3等分します。アスパラガスは根元から半分くらいまでピーラーで剥いてハカマを落とし、長さを半分に切ります。

 2 小鍋に水、だしの素、みりん、しょうゆを入れてひと煮立ちさせ、バットに流し入れます。 

3 フライパンにごま油を引いて熱し、なす、厚揚げを中火で焼きます。

なすと厚揚げの表面に焼き色が付いたらアスパラガスを加え、転がしながら2分焼きます。 

4 ③を熱いうちに②のバットに入れ、10分ほど漬けます。

※漬け時間が長くなるほど味がよく染み込みます。


写真は15人分作りました。

今日は日本橋洗顔洗心塾でお待ち致しております。
では、今日も自分からいい日にします。どうぞよろしくお願い致します。

感謝







本の朗読したことある?


ハイ!


生まれて初めて朗読にチャレンジしてCDになったのがこれです!


「耳で聴く古事記」




裏には収録内容が〜〜

第1話の世界の始まりと神様の出現から

第24回の神武東征4までが収録されています。




これは「はじめて読む人の古事記」を著者本人が朗読したものです。



アナウンサーでもなく、話す仕事でもない私は


日本語のアクセントもままならないのですが



どうして、そんな大それた事になってしまったのかと言うと、私の声は1/fのゆらぎというビブラートを含む声なのだそうです。



/fゆらぎの周波数を持つ音はその人に心地良く響くのだそうです。


そんなわけで私が直接読む事になってしまいました。




それもヒマラヤ登山から帰った翌日のことでした。



高山病にかかりましたが念願のヒマラヤのブルーポピーに出会って帰ってきた時なので、気も充実していました。




1/fの揺らぎについて

こちらの方のブログが分かり易いので

https://28magnet.com/archives/784





読む時間がない人は携帯にダウンロードして聞くことができます。


古事記は「やまとことばを読む音が大事なのです。



このCDを聞いてくださる人に

言霊として届きますように祈ります。




耳から古事記CDのお求めは

http://xc531.eccart.jp/h682/item_search/?page=2&ra=9c19823af0244544



▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう



【洗顔洗心塾全国大会in新潟】

ここまで熱い番宣は未だかつて有りません〜❣️

実は、この後あの地震が直撃でした😱😱

でも彼女達熱い炎は消せません🔥🔥🔥🔥🔥

お申し込み締め切り 6月30日

第13回 今野華都子の洗顔洗心塾全国大会 in新潟お申し込み、お問い合わせ先