ということで温泉に浸かってまいったわけですが、はて、行き先を申しておりませなんだ。

といってどこやら珍しい行き先でもなく、住まっております多摩方面からは各駅停車でも行けてしまうという

山梨の春日居温泉でありました。

 

エリア的にはお隣の石和温泉といっしょくたにされて、その一部とされてしまったりもしておるようですが、

石和温泉駅の方はJR中央本線の特急かいじも停まったりする駅ですが、

そのひとつ東京寄りに春日居町駅は完全に無人駅でして…。

むしろ石和温泉エリアとして広く知られる方が得策であろうということかも。

 

さりながら宿まで(自家用車でも送迎バスでもなく)歩くには春日居町駅で下車した方が近いものですから、

生涯で二度目となる春日居町駅利用。前の一回は、根津記念館を初めて訪ねたときでしたなあ。

 

と、それはともかくとして駅が無人なくらいとなれば、周囲には特段何もない。

さて昼飯をどうしたものか…と思いつつ、宿方向へと向かう道を歩いておりましたが、

すると突如として「欧風家庭料理とビールの店」という看板が裏道へと誘っておったのでありますよ。

 

誘いに導かれるまま、珍しくも?住宅が建ち並ぶ中へと入ってみますと、

果たしてそのお店はこのようにあったのですなあ。あたりのようすからは異彩を放って。

 

 

「Bierkrug」というお店の名前はドイツ語でビールのジョッキのことですな。

それだけにビールが豊富に置かれているというばかりでなく、この建物からして

そもドイツ人建築家の設計で、建築資材もドイツから取り寄せたものであるとか。

思いもよらぬ凝りようだったのでありますよ。

 

 

そうしたところで、またしてもビールをあれこれ楽しむことになったわけですけれど、

ドイツビールに交えて飲んでみた「SORACHI1984」、サッポロビールが出しているこの一杯は

後から鼻に抜ける香りが個性的な、なんとも魅力あるビールでありましたよ。

たぶん初めて飲んだわけではないと思うのですが、ここで初めて真価を知ったような。

 

 

 

食事メインで来られる方々には、どうやら種類豊富なパスタがおすすめであるようながら、

ビールのお供にはこのローズマリーを散らしてローストしたポテトや、

温かくもちっとして出てくるブレーツェル(プレッツェル)との相性がいいですなあ。

 

と、思わぬ場所で思わぬ食事をすることになったわけですが、

ふと思うのは「いったいこの店の客層ターゲットは…?」てなことなのでして。

立地からしてはおよそ観光客向けとは考えにくい、ただ近所の人も徒歩で来られる人は少ないでしょうから、

そうなると車利用となり、さすればあれこれ取り揃えたビールを試してはもらえない。

 

そうした想像から思い至るところは「果たしてこのまま立ちいくのであろうか…」と。

ともすると、余計なお世話でしかないのかもしれませんけれど、

何かにつけ「地場のお店、がんばれ!」てな思いを吐露しておるものとしては、

そこらへんが気になるものですから。

 

黙っていても人が行き交う観光地においてさえ、それらしい雰囲気だというだけでは立ち行きがたく、

体裁よく設えた店構えが廃墟化してたりするのに出くわすことしばし。

あちらこちらでそんな姿を見かけてきただけに、心の中で小さくエールを送ってしまった…

そんな店との出会いが山梨の春日居町であったのでありますよ。

「オッケー牧場!」と言えばもはやガッツ石松ばかりが思い出されるところかもしれませんけれど、

「OK牧場の決闘」は実際にあったガンファイトをもとに作られた西部劇の有名作でありますね。

 

日本でいうなら中山安兵衛の高田馬場の話とか、荒木又右衛門の鍵屋の辻の話とか、

そうした語り伝えと同じようにアメリカでは語り継がれる話であって、映画化も何度かに及んでいるわけです。

(もっとも日本のものも、アメリカのOK牧場も現代からすると懐古的話題でしょうけれど)

 

とまれ、その決闘の主人公であるのがワイアット・アープという保安官で、敵対するのがクラントン一味。

すでにして、クラントン側が「一味」と呼ばれたりすることからしても、アープ側が善、クラントン側は悪であって、

善が悪を懲らすという勧善懲悪のお話に仕上がっているのですよね。

(もっともアープの側も、ドク・ホリディとか明らかに「いいもん」とはいいがたい人物もつるんでいるのですが)

 

ですが、「OK牧場の決闘」を撮ったジョン・スタージェス監督はどうやらこの作品には満足しておらなかったと。

Wikipediaにもそんなようなことが書かれてありますけれど、そこで「史実により忠実に描く」ことを目して、

別の作品を撮った。それが「墓石と決闘」なのだそうでありますよ。

 

墓石と決闘 [DVD]

 

とはいっても、OK牧場の決闘に当たるシーンは最初にさらりと終わってしまい、

メインストーリーはむしろ後日譚ということになるのでして、

そこではワイアット・アープを単純に「いいもん」としてしまっていいのかという、

勧善懲悪のステレオタイプな人物造形とは異なる「人間らしさ」を描きたかったのかもしれませんですね。

 

牧場での決闘の後、アープの兄弟がクラントン一味に襲撃され、命を落としたりもする。

アープとしては法を司る保安官としての立場は重々承知しながらも、

私怨に打ち克てない面も…このあたりが「人間らしさ」ということにもなりましょうか。

 

こうしたところから翻って考えてみますと、「OK牧場の決闘」で描かれなかったアープには

決して絶対的な善といったことで整理のつかないこともあるわけですね。

で、それをどう扱って物語を仕立てるか。割り切ってアクションにしたのが「OK牧場の決闘」であって、

割り切れない感の残った?スタージェス監督は別に「墓石と決闘」を撮ったということのなのかも。

 

このように、同じ人物を違った形で描くのはよくある話なわけでして、

歴史的にその素性が明らかでない部分が多いとなればなおのことでありましょう。

そのひとつの例が、2020年大河ドラマでよもやの?主人公となった明智光秀でもあろうかと。

 

その放送開始と前後して、さまざまに光秀を扱った番組の便乗放送があるくらいに

一躍脚光を浴びることとなった明智光秀ですけれど、そんな番組の中のひとつとして、

過去にTVドラマとして放送された明智光秀 ―神に愛されなかった男―」という一本がありました。

いやはや、これはなかなかに飛躍した話でありましたなあ。

 

明智光秀~神に愛されなかった男~ [DVD]/小西真奈美

 

唐沢寿明演じる明智光秀は、このまま信長に天下を取らせて

その後の世の中は果たして平穏無事となるのかを考えた挙句、

信長を討つ決意をするものの、自身は捨て駒となって秀吉に敗れることで

秀吉を天下人に座らせようと画策する…という。

 

ストーリーとしてはそういう話も作れるとは思うものの、

光秀の考えるところが「なぜ、そうなる?」という点で得心しにくい。

武将まがいの公家であった近衛前久に唆されて…という「信長燃ゆ」の方がまだしもに思えたところです。

 

とまれ、こんなフィクションも生んでしまうくらいに想像をたくましくさせる明智光秀、

果たして大河ドラマのこの後の展開はどんなふうなものでありましょうかねえ…。

 


 

 

というところで、昨今どうも疲れ気味だものですから、ちと温泉につかりに行ってまいります。

今回はあちこち見て回ることにあまり精を出さずにのんびりと(の、つもりですが…)。

それはともかく、明日一日、お休みを頂戴いたします。ではでは。

夕暮れの天王寺公園、大阪市立美術館から大阪メトロ谷町線を使って、宿泊先まで戻ってきたわけですが、

ところで今回の宿泊ホテル、ホテル・ザ・ルーテルと言いまして。

 

 

ホテル入口のすぐ隣に教会があって…というより、ホテルと教会が同じ建物であって、

こりゃあ関係の無いわけもなかろうとちらり、フロントで尋ねてみますと「ああ、やっぱり」と。

宗教法人日本福音ルーテル教会が経営していたのですなあ。

 

予備知識無く泊まったのではありましたが、折しも「ゲーテ街道紀行」では

マルティン・ルターゆかりのヴィッテンベルクを訪ねたりもしておりますから、「呼ばれたかな…」とも。

かようなことはともかくも「大阪歴史紀行」というテーマからはちと離れて、晩飯どころのお話を。

 

「食い倒れ」と言われる大阪ですから美味いものはたくさんあろうと思うところながら、

入ってみたのはこのようなお店、Brewpub「テタールヴァレ」でありました。

 

 

「テタールヴァレ」とは「おたまじゃくしの谷」てな意味になるようですけれど、

別におたまじゃくし料理の店であるはずもなく、HPの説明はこんなふうです。

大阪、中央区、大阪城からも近い谷町2丁目の交差点のすぐそば。 小規模のクラフトビール工場と、塊肉とビストロ料理をメインにしたビアダイニングを同じ空間に構えたお店です。

どうもベルギーに行ってブリュッセルのビア・ウィークエンドをはじめ各所でベルギー・ビールを堪能して以来、

クラフトビールが気になるようなっておりまして、ちょいちょい試すのですがなかなか感心できない。

ちょいと前に知多半田で飲んだカブトビール復刻版などは想定外の大当たりでしたけれど。

 

そんな中にあってこのナノブルワリーともいわれる小さな工場併設のお店では、

試した4種がそれぞれにキャラ立ちが見事で個性的。「これは!」と少々うなってしまいましたなあ。

 

 

左上から時計回りに「温故知新ケルシュ」、「High Five!」、「ロブストポーター」、「ロッゲンビア」というビールです。

ナノブルワリーというだけあって、一度の仕込みでできるビール200ℓばかりとか。

それだけにそれぞれが売り切れごめんで、次に寄ったときには違うラインナップになっているかもという、

この一期一会感もまた、ビールの個性に思い入れるところとなったかもしれません。

 

ちなみに個人的にいちばんのお気に入りはケルシュですけれど、

ケルシュというのはドイツ・ケルンで醸造される、要するにピルスナーであるかと、

色合い的にも思い込んでいたですが、全く違ったのですよね。エールだったのですなあ。

 

この素人的な思い違い解消が驚きとしてお気に入りになったのでもあるような。

ですが、やっぱり次に訪ねても同じ味は味わえないということで…。

 

 

ということで、かようなものをつまみとしながらもっぱらビールを楽しんだわけですけれど、

そんなほろ酔いの具合で「そうだ!大阪城はライトアップされたりるのかいね…」と思いついたのでして。

 

 

ふらりと大阪城公園を目指してみれば、お壕がこのようになっているということは当然にして…と、

まあ、そんなふうに考えるのは自然の流れでありましょう。果たして天守は…。

 

 

漆黒の闇に浮かび上がる大阪城天守。

「ほお!」とひとしきり眺めやったのち、千鳥足でホテルへと向かう道すがら、

ジョギングで駆け抜けていく人たちとすれ違ったりも。

ま、かようにして大阪の夜は更けてゆくのでありました。

さてと、わざわざヴィッテンベルクまで来たのですから当然にしてルターハウスを訪ねることに。

なんでも「1508年にマルティン・ルターが修道士としてヴィッテンベルクへ移住してから、

後には一家の主としても暮らした35年間の間、彼の人生における中心的な住処」であるのだということです。

 

 

とかく宗教者であることを思えば「清貧」てな言葉が浮かんだりするところですけれど、

ここの館は大きく、そして広い。だからといって、映画などに出てきそうな感じの

あぶらぎってぶくぶくの聖職者を思うわけではないですが、長らく修道院に住いしながら、

厳しい禁欲的生活を神との関係において絶対的な是とすることに疑問を持っただけに

現実的なバランス感覚があったのかもしれませんですね。

 

 

とはいえ、それにしても広いなあとは思うものの、

住み込みの弟子(という言い方が適当かは分かりませんが)などもいたのでしょうねえ。

ルターの家では「日に2回、ルターの子供達と親族の他に、学生や家庭内労働者、友人等、

合計40人以上が集まり、食事をとるという習慣があった」そうですので、

そのうちにも住まいを同じくしている人たちがいたでしょうから。

 

 

とまれ、古い建物の微妙な隙間を活かして設けられた入り口から博物館へと入っていきます。

あ、そうそうここでおすすめしておくべきはまずミュージアムショップへ立ち寄ること。

日本語の展示解説案内(めぼしいものがチョイスされ、掲載数は少ないですが)を先に入手しておくと、

展示への関心が増すというものです。

 

ともあれ、展示室へと足を運んでみるといたしますと、

まずもってヴィッテンベルクの町の全体模型と奥にはクラーナハ描くところの「磔刑図」が。

 

 

 

ヴィッテンベルクの町が妙に細長い気がしますけれど、これは後にも歩いて実感するところ。

そして「磔刑図」はクラーナハの…といっても、同名の息子の作でありまして、

一概に決めつけるのもどうかとは思うところながら、どうも父クラーナハに及ばんなあと思うあたり、

ピーテル・ブリューゲルを思い出したりするところです。

 

と、余談はさておいて先の展示に進みますと、唐突に一枚の肖像画に出くわすのですな。

ザクセン選帝侯フリードリヒ3世ということで。

 

 

賢明公フリードリヒとも言われるこの人はルターの保護者としても知られているわけで、

そうした意味ではルターハウスに肖像画があるのも当然と思えるところすな。

(ちなみにこちらは父クラーナハの作です)

 

されど、帝国追放扱いになったルターをヴァルトブルク城に匿ったのも、

先にふれましたように言っ、言ってみれば軟禁とか幽閉とかなんでないのと思ったり、

はたまたそもそもルターと対立したカール5世が神聖ローマ皇帝位につけるよう尽力したのもこのフリードリヒと聞けば、

やっぱりそうそう一筋縄ではいかないようなと思ったものでありますよ。

 

 

ところで、このルターの住まいではたくさんの人が寄り集まって食事をしていたことに触れましたですが、

この広間が「食事の間」、ダイニングルーム跡と目されているそうな。確かに広い部屋です。

再現するならこんなふうという模型までありました。

 

 

と、この「食事の間」の壁を飾っているのもまた、ルーカス・クラーナハでしたですなあ。

もっとも工房作ということですので、言い方が悪いですが大量生産の一部でありましょうかね。

 

 

「十戒」を描いた絵が食堂に掛かっているということは、「食べ過ぎはいけんよ」てな戒めと思いきや、

改めて考えてみれば大食の罪は「十戒」にはありませんでした…。

とまれ、そんなふうに見て回り始めたヴィッテンベルクのルターハウスですけれど、

核心にふれる展示にいよいよ到達…ですが、それは次の機会ということで。

昨年末に訪ねた神奈川近代文学館で獅子文六展を見たものですから、

久しぶりに何か作品を読んでみようと考えていたわけでして、ちと時間は経ってしまったものの、

図書館から借り出してきたのが「七時間半」という一冊でありました。

 

七時間半 (ちくま文庫)/獅子 文六

 

1960年、「週刊新潮」に連載された小説でして、タイトルの七時間半とは東京・大阪間の列車による移動時間。

1964年には東海道新幹線が開業して、東京・新大阪間を3時間10分で結ぶことになる。

これはその前夜でありますなあ。

 

もっとも、7時間半で走る電気機関車牽引特急「ちどり」(小説内での列車名ですが)は

当時最速というわけではなくして、電車特急の「こだま」がすでに6時間で走っており、

「ちどり」がなくなろうとしている運命もまた物語に関わってくるのでありますよ。

 

神奈川近代文学館での展示で、獅子文六という作家が実は演劇畑の人であったことを知ったものですから、

この「七時間半」という時間枠、そして基本的に全ては走る特急列車の中での出来事という設定は

非常に演劇的でもあるかなと思い、本書を手にしたわけですが、あらすじはかくのごとし。

東京‐大阪間が七時間半かかっていた頃、特急列車「ちどり」を舞台にしたドタバタ劇。給仕係の藤倉サヨ子と食堂車コックの矢板喜一の恋のゆくえ、それに横槍を入れる美人乗務員、今出川有女子と彼女を射止めようと奔走する大阪商人、岸和田社長や大学院生の甲賀恭男とその母親。さらには総理大臣を乗せたこの列車に爆弾が仕掛けられているという噂まで駆け巡る!

さまざまな思惑やら事情やらを抱えた者がひとつところに集まり、関わりができたりできなかったり…。

映画でいうならば「グランド・ホテル形式」のストーリーであるわけですね。それだけに当然映画化も…と思えば、

小説を読み終えたとたんに映画化作品を見る機会にもめぐりあわせるとは。

 

映画の方は「特急にっぽん」というタイトルのもと、むしろ当時としては最速の電車特急「こだま」を舞台に。

そのほか独自の人物を付加するなどオリジナルはあるにせよ、ベースの展開は小説をなぞるものでしたな。

そこで思うところは(映画の尺ゆえやむを得ないところはあるにせよ)小説の書き込みのたっぷり感でしょうか。

 

実は小説を読み終えたばかりの段階では「まあ、面白かったけれど…」というくらいなものであったのが、

むしろ映画を見ることによって人物造形や情景設定に十分なものがあるなあと思ったものでありますよ。

 

映画としては映画なりの語法を用いて、コメディとしての出来を全うしているとは思うものの、

小説というフォーマットが同じ物語を描いて、十二分に深みを与えられるものなのだなと改めて。

 

もっとも映画には映画なりの分があって、書き言葉で語り尽くすことができない分、

役者の演技で補い、また演出の妙を尽くすということでもあるのでしょうけれど。

 

残念ながら、この作品をもって獅子文六の作品世界を分った気になるのは誤解の元かもしれませんですが、

映画以上に世相を敏感に盛り込んで物語を、人物を作り出したからこそ、

その時代に大いに受けたことが偲ばれるような気はしたのものでありますよ。

 

ま、いっとき獅子文六と並び称されたりしながらも今ではすっかり過去の人となっている源氏鶏太の作品も、

折を見て読んでみたりしましょうかねえ。