状況的に多摩籠りの要ありと思えば出かける最寄りの美術館…というわけでもありませんけれど、

展示替えがあったということで、国立駅前のたましん歴史・美術館に立ち寄ったのでありました。

「古陶賞玩―やきものを愛でる―」という展覧会でありました。

 

 

展示替えといいましても、たましん(多摩信用金庫)のコレクションを展示するスペースとしては

古くから国立駅前に「たましん歴史・美術館」という小粒の施設があったものの、

おとなり立川に新しく「たましん美術館」が出来て以来、どうも力点はそちらに移ったようでもあり、

以前にもまして、こちらの展示は小粒感が漂うことになっておりますよ。

 

ですのでこれまでにも何度か訪ねて、「ああ、焼きもののコレクションがひとつの目玉だな」とは思うも、

たびたび目にする展示物もあるわけですな。ですが、そんな「前に見たなあ」という展示物の並ぶ空間でも

訪ねることに目の付け所が変わり、思い巡らす点もまた違ったものになる。面白いものです。

 

ということで、このほど気に留めましたのは後漢時代(1~3世紀)の壺、まさに古陶ですけれど、

そんな昔のものとは思えない意匠を凝らしたものでして。

 

今さらながらふと思い至るのは、この壺に施された装飾が「銅器を模したものであったのだなあ」ということ。

青銅器などでは、壺の両側に持ち手のように輪っか状のものが取り付けられていることがありますが、

その輪っかをも陶器で再現しているのですなあ(もちろん、輪っかを動くものとしては再現していませんが)。

 

考えてみますと、元は土器しかないところへ青銅器を作る技術が生まれたわけですから、

青銅器が作れるようになったのに、わざわざその意匠を模して土器を作るとは…とも思いましたですが、

要するに、後漢のこの時代、まだ青銅器は高級品で、それが手に入らないので真似た土器を作ったのかと。

解説にはこのような紹介がありました。

中国における青銅器は真剣国家の祭祀用具として殷時代から発展を遂げ…漢時代には高級な日用具として使われるようになり…

やはり当時は青銅器は「日用具」化しつつも、まだ「高級な」ものだったのですなあ。

と、この青銅器もやがて鉄器が登場して衰微するところにもなるわけですけれど、

この鉄器の利用、遥か西のアナトリア高原(今のトルコですな)では

ヒッタイト(紀元前15世紀~紀元前13世紀)がすでに製造法を知っていたとされておりますな。

 

ずいぶんとその伝播には時間がかかったようですなあ…というところで思い出しましたですが、

ちょいと前にEテレ『こころの時代〜宗教・人生〜』の再放送で取り上げていた考古学者の大村幸弘さん、

30年以上の長きにわたって、トルコのカマン・カレホユック遺跡の発掘に携わっている人だということで。

 

基本的には考古学者はそれぞれ専門とする時代があって、

遺跡の発掘にあたってはその専門に該当する年代の地層まで掘り進め、そこで何かしら発見することを

主目的にしているようでして、裏返すと自らの専門分野とはしていない年代の地層には目もくれない、

穏やかでない言い方をしますと、そんな具合のようでありますね。

 

大村さんにもヒッタイトと鉄という主たる関心分野があるわけですが、30年以上も掘り続け、

さらに今後も続くという発掘は、ひとつの遺跡を表層から一枚一枚薄皮を剝がすように、

新しいところから古い地層へと少しずつ調査しながら作業を進めているのだということで。

そりゃ、膨大な時間がかかることでありましょう。

 

ではありますが、ピンポイントでターゲットたる年代ではないところの地層も調査している関係で、

「ヒッタイトよりも古い層から、最古級の鉄関連の遺物を発見し、世界的な注目を集めた」(EテレHP)と、

そんな紹介が番組ではあったのですね。つまり、鉄の利用はヒッタイト以前からあったかもしれないと。

 

ところで(完全に話は余談がメインになってきてますが)、それだけひとつの遺跡に生涯を傾けている大村さん、

考古学者としての肩書きは「中近東文化センター主任研究員」というもの。何とか大学教授であるとか、

そういう聞こえのよさそうな肩書とはどうやら無縁の、在野の(というのは適当ではないかもしれませんが)

研究者であるともいえましょうか。

 

ですが、大村さんは長い時間を要する遺跡の発掘を近くの村人たちに手伝ってもらう一方、

発掘から分かる歴史的なものごとなどを村人たちに対してたびたび講義していると、番組で紹介がありました。

ともすると、発掘を単なる「作業」でしかないと考えていた村人たちも、成果として出土品がどういうものであり、

そこから分かることが今の自分たちの暮らしとどう結びついているかということを知り、目的意識をもって

発掘に携わることになっていっているのですなあ(番組のタイトルは「歴史に辿る“自分とは何か”」でした)。

 

かつては全てが村の中で完結するような暮らしぶりであったところが、自分たちにも、自分たちの村にも

長い歴史とのつながりがあることを知ってからは視野を広く持ち、子供たちの中には大きな町の大学へと

進学するようなことにもなってきているそうなのでありますよ。

 

比較するものではないとしても、どこそこ大学教授の肩書の下、そも考古学に興味のある学生を抱えて

その指導をするということとは違う(あるいはそれ以上の)教育的実践を行っているのではとも思えるような。

 

ご本人としては、多くの挫折なども経て、振り返ると違う人生のありようを考えたりしてしまうこともあるかも。

さりながら、遺跡近くに出土品を収める博物館が作られ、そこでのボランティア・ガイドを村人たちが務めている、

そんな姿を目にしますと、「我が人生に悔いなし」といった思いが湧き起ってくるかもしれません。

 

…と、古陶賞玩のはずが、青銅器、鉄器、ヒッタイト、考古学者の大村さんの話になってしまいましたですが、

それはそれで。おかげで、いい話を備忘とすることができましたですよ。

世田谷美術館のコレクション展のお話がアンリ・ルソーのことだけではなんですなあ。

今回のコレクション展で展示数がいちばん多いのは横尾忠則の作品。

「ART/MUSIC」というタイトルで、LPレコードの時代からジャケット画をたくさん提供しているだけに、

展示の趣旨にも適うということなのでありましょう。

 

 

フライヤー裏面に配されたところを見ても、横尾がインドに影響を受けたことが窺えるわけですけれど、

レコード会社との関係から細野晴臣と知り合った横尾は、細野と二人、インドを再訪、このことが

『コチンの月』というアルバム(左側のジャケット画像)の制作につながったということなのですな。

さらには、このような紹介も。

インド滞在中にドイツのテクノ・ポップを細野に教えたのも横尾で、坂本龍一とエンジニアの松武秀樹も参加し、YMO結成の端緒となった…。実は(横尾は)YMOのメンバーにも誘われていて、タキシードまで誂えたが、記者発表の場に現れることなく、「4人目」は幻となった。

「ふ~ん」てなものでありますねえ。

もちろん「YMO」(イエロー・マジック・オーケストラ)は知っていますですが、

一世を風靡するようなモノゴトにとかく背を向けるへそ曲がり的な性格(今でもその嫌いはあります)だけに

活躍していた(と思しき)1980年代にその楽曲をあまり聴かずにいたものですので、

まあ、この際改めて「YMO」を、と思い立った次第でありますよ。

 

 

まいど公共図書館のCD貸出は実に便利ですなあ。

近隣市の図書館で借り受けてきたのは「UCYMO」という2枚組、

「UC」=「Ultimate Collection」ということで、要するにベスト盤でありますよ。

 

のっけに登場するのが「コンピューター・ゲーム“サーカスのテーマ”」でして、

80年代当時、最先端の(?)シンセサイザー・ミュージックと思えたものも、

その実、ゲーム機のピコピコいう機械仕掛けらしい音と同根であることが窺えるのですなあ。

 

「音」的には従来あったものと似て非なるところながら、やはり今までない、

それが新しさであったのだろうと思いますが、いささか微笑ましくなったりもしますですね。

 

YMOの曲として聴き覚えのある「テクノポリス」(ヴォイスコーダーによる“TOKIO”の声で知られますな)、

「ライディーン」(言わずと知れた代表曲?)、「ビハインド・ザ・マスク」(海外大物にカバ-されたり)など、

今さらながら聴き映えする音楽であるかなあと。

例えば「ライディーン」はあまりに知られたメロディーが単に繰り返されるだけと思うも、

改めて曲としての重層にも耳を傾ければ、「おお、いい」と思えてきたりもするわけです。

 

そして、人気があったということの別の現れとして、1981年にイモ欽トリオが歌った「ハイスクールララバイ」は

YMO「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」のパクリでない?と気付かされたり。

もっとも、「ハイスクールララバイ」がいつ頃の曲だったか?と検索した際に、

そもこの曲を手掛けたのが細野晴臣であって、「イモ欽」の「イモ」は「YMO」から来ていると

これまた今さらながらに知ることになったりしたのでありますよ。

 

ベスト盤2枚目に至って、CMで使われた「君に、胸キュン」であるとか、

中森明菜に提供するも不採用に終わったという「過激な淑女」であるとか、

いわゆる歌謡曲的なるものが出てきたりすることに、YMOは変わったのか…とも思うところながら、

よおく考えてみますと、最初がゲーム音楽に始まることからしても、一貫して「遊び心」でもって

いろんなことをやっているユニットであったと考えるのが適当なのかもしれませんですね。

 

取り分け一枚目を聞き流しておりますと、時に小林克也のしゃべりや伊武雅刀の語りが聞こえてきて、

「スネークマンショー」との関わりを偲ばせることになりますけれど、彼らとのジョイントを指向するあたりも

やっぱり遊び心の故であって、むしろ聴く側の方が「新しい音楽」(たぶん崇高なものを勝手に感じたかも)への

期待度が高いあまり、送り手と受け手の間に齟齬が生じたのかもしれません。

ま、今だからこの思い巡らしもできたということでしょうけれど。

グランマ・モーゼスの回顧展を見てきた世田谷美術館では、

「ART / MUSIC わたしたちの創作は音楽とともにある」と題したコレクション展も開催中でありましたよ。

 

 

「音楽と美術をテーマに、新たな視点で収蔵品をご紹介」ということで、

かつて群馬県立近代美術館で見た「美術と音楽」展とはまた少々趣きを異にして、

どちらかといえば間接的に音楽との関わりを感じさせるような作品を所蔵品から蔵出しといったようす。

 

もっともフライヤーにある写真は直接的に音楽との関わりを示唆しておりまして、

アトリエでヴァイオリンを構える画家アンリ・ルソーですが、ルソーは日曜画家であるばかりではなかったのですな。

自宅には「デッサン、絵画、ならびに音楽、自宅教授、授業料低廉」という看板を掲げていたそうな。

 

自らの作曲作品の楽譜を自費出版したこともあるということでして、参考作として

ヴァイオリンまたはマンドリンのためのワルツ「クレマンス」の楽譜が展示されておりましたですよ。

 

タイトルの「クレマンス」とは愛妻の名を曲名にしたものですけれど、

全体がハ長調で出来ているというのは意図的なのか、日曜作曲家である故か。

普通はサビの部分を作って変化をさせるとか、何かしらしそうなものでなかろうかと思ったりするところです。

 

 

ちなみに、上の写真の左奥に写り込んでいる作品はこの「田舎の結婚式」(1905年)であるようで。

いわゆる集団肖像画ながら、全くもって平板な描きようは正しくルソーの面目躍如(?!)たるところかと。

 

ですが、この味わいを感じるのは後世だからこそなのかもでして、

この作品は1905年のアンデパンダン展に出品されたものの、翌年に撮られた写真に写っているということは

売れていない…。生活はなかなかに大変だったのではと思いますけれど、我が道を行くルソーらしさが

写真からも見てとれようかと思うところです。

 

さりながら、今ではこの「田舎の結婚式」はオルセー美術館に所蔵されているのですし、

他の作品も世界の名だたる美術館のコレクションに入っている。わからないものですなあ。

 

ということで、オルセー所蔵作が世田谷美術館のコレクション展に登場するわけもないですが、

ここでは同館所蔵の「フリュマンス・ビッシュの肖像」(1893年頃)が展示されておりました。

 

解説に曰く、「愛妻クレマンス亡きあと、実はルソーはある女性に心を寄せていた」ものの、

その女性はビッシュという男性と結婚してしまうも、やがてビッシュが亡くなり夫人は悲嘆にくれることに。

これを慰めんがために、夫フリュマンスの肖像を描いたのであると。なんとも健気といいますか…。

 

とまれ、グランマ・モーゼスやアンリ・ルソーの作品を目にしますと、

諏訪湖畔という素敵な環境で素朴派の絵画を堪能できるハーモ美術館を思い出しますな。

久しぶりに再訪してみたくなるところですけれど、ご時勢的にはどうも叶わぬところです。

 

暖かくなるころには状況も変わってきましょうか。

きーんと冷えた中よりも、穏やかにほんわり暖かい時期の方がルソーと向き合うのに

程よい環境かとも思いますし。

これまたちょいと前、川崎市岡本太郎美術館を訪ねたのと併せて出かけた世田谷美術館のお話。

近頃はオミクロン株によって急上昇のカーブを見るにつけ、またしても多摩籠り状態ですので、

もっぱら蔵出しといったところでありまして…。

 

 

ともあれ世田谷美術館で開催中でありましたのは「グランマ・モーゼス展 素敵な100年人生」という展覧会、

生誕160年(実際に160年は2020年で、本展は巡回展なのでしょう)ということですが、

101歳までの長寿であった方ですので、没後で言えば60年ほど。さほど昔の人とも思えぬような…。

 

ですが、1860年生まれというグランマ・モーゼスはやはり19世紀末から20世紀初頭にかけて、

その時代の人であるなあということが作品からも見てとることができるような気がしますですね。

本格的に絵を描き始めた70代になってからということですので、もはや19世紀でもなかろうと思うところながら、

モーゼスが描いたのは目の前の風景を写実的に、というよりは娘時代から見てきた、

自らにとっての(貧しいながらも)古き良きアメリカの姿をのっけているようでもありますし。

 

開拓農民の村らしく、さまざまなものを手作りすることが季節ごとの行事とされて、

時にお祭りのように村総出となるあたり、アメリカに限らず「原風景」と思ったりするところです。

 

これはあたかも、映画『目撃者 刑事ジョン・ブック』で見たアーミッシュの村を思い浮かべたりもしますが、

今から考えると、さまざまな「便利」を享受することに慣れてしまっているがために、

もはや戻れない昔を今でも続けるのは大変だろうなと思ってもしまうのですなあ。

 

さりながら、今ほどの「便利」(とその反動の不便益もありますが)に至っていない時代でも、

モーゼスにとっては時代が進むにつれて、失うものの大きさを感じていたようでもありますね。

本展では作品を見ながらその思いに馳せる一方、ところどころに引用されたモーゼス自身の言葉によって

考えるところが大きかった気がしておりますよ。

 

今となっては、どういうものを失ってしまったのかさえ分からなくなってしまっていようかと思いますが、

便利、便利を追求してきた挙句、モーゼスが生きた村の人たちのような素朴な幸福感、満足感が

分からなくなってしまってもいるような。

 

もちろん、便利になったことを真向否定するつもりはありませんけれど、

どこかで立ち止まることは必要だったでしょうし、今からでも決して遅くはないところもあろうかと。

モーゼスの描いた風景を見て、「ああ、いい景色だな」と思うとすれば、

やはり何かしら取り分け置き去りにして進んできてしまったものがあるように思えたものでありますよ。

昨日(1/21)の東京新聞夕刊の記事を読んで、つらつらと考えを巡らしたものでありまして。

記事の書き出し部分はこんなふうでありました。

人の心理効果を利用して望ましい行動を促す「ナッジ」と呼ばれる手法を施策に取り入れる自治体が増えている。

ここで言う「望ましい」とは「ナッジを使う側にとって」ということであって、

そも「ナッジ」の語源である「ちょいと肘で小突く」、日本語的には「背中を押す」てなところでしょうけれど、

仕掛ける側にとって都合のいい方向にヒトを動かすと考えますと、世の中にある数々の詐欺の類いなどは

みなこれでもって出来ているのであろうかと、うさん臭く思ったりするところです。

 

が、今回の新聞記事でこれを使う主体は自治体であるということですので、

あまりに悪意をもってみてはいけんのかもしれませんですが。

ともあれ、参考例として紹介されていたのは東京・八王子市が市民に出すお知らせハガキの文面でして、

新旧対比をすると、こんな具合になったようで。

(旧)今年度、(市の大腸がん検査を)受診された方には来年度、(検査キットを)ご自宅にお送りします。
(新)今年度、受診されないと来年度、ご自宅にお送りすることができません。

かように文言を変えたところ従来より受診率が上がったということで、

結果は上々、ナッジのおかげと話になるわけですけれど、これって言い方を変えただけではないような。

そもそも書き換えた方のような意図なのであれば、最初からそう書いておいてほしいところでして、

従来の言い回しでは、来年は送ってこないとは全く認識できないわけですから。

 

確かに新たな表現は少々きっぱり言い切る感がありますので、自治体としては市民に優しく丁寧にと

考えていたのかもしれません。されど、あまり婉曲表現ばかりでは伝わるものも伝わらないように思いますし、

反って違和感を抱くこともありますなあ。

 

公共施設のトイレでよく見かける貼り紙に「いつもきれいに使っていただき、ありがとうございます」というのが

ありますね(本当は「使っていただき」の部分は「使ってくださり」、「使ってくださいまして」でしょうけど)。

 

これも、なんだってこんな貼り紙があるのかと考えると、

「使用者が本当にきれいに使っていて心からお礼を述べたいのです」ということではないはず。

本音では「いつも汚してばかりで、どうしてきれいに使えないのかね…」と考えた結果と想像できるだけに

ここでの「ありがとう」には歯が浮いてしまう心地にもなろうというものです。

素直な性分ではないもので、どうにも嫌味だなねえと思ってしまったり(笑)。

 

ちなみに、新聞記事のお話とは別に「ナッジ」が効果的に機能した例として有名なのが

アムステルダム・スキポール空港の男性用トイレの事例だそうですな。

また、トイレの話か…となりますので、詳しくは検索でご覧いただきたいところですが、

ナッジによる誘導にみなまんまと嵌っているのだそうでありますよ。

 

自治体や企業にしてみれば、思ったような成果がでない何かしらに「ナッジ」の手法を取り入れて…と

考えるのでしょうけれど、先にもネガティブな言い方をしてしまいましたように、

どうもヒトの弱みに付け込んで…という気がしてしまうのですよね。

何かと裏を読まねば本当のところを量りかねるとは、何とも面倒な世の中であることか…。