[

 

瀬戸蔵ミュージアムにあって、もそっと「せともの」の本場らしい展示を…ということで、覗いてみたのがこちらになります。ちょうど「むかしの道具展」が開催されていた中央通りギャラリーの向かいにあって、妙に重厚な扉があたかも蔵を感じさせるところながら、どうやら企画展示室であるようです。「白雲陶器②—瀬戸ノベルティへの展開—」という企画展が行われておりましたよ(会期は2023年12月17日で終了)。

 

 

「白雲または白雲陶器と呼ばれる素材は、1933(昭和8)年に国の機関である陶磁器試験所で開発され」たということですけれど、その「白さ・軽さ・発色の良さ」を活かし「戦後に輸出ノベルティとして、その後国内のファンシーグッズとして華開いていった過程を紹介」するというのが、本展の内容であると。やきものが明治維新後の日本で大きな輸出品目とされたことに続く、やきものに頼る外貨稼ぎが戦後にも行われていたというになるのかもです。

 

展覧会タイトルとしては「白雲陶器②」とありまして、これの前に白雲陶器のそもそもから戦前の状況が紹介されたようですが、本展ではその振り返りから始まっておりましたですよ。

 

 

昭和初期、「当時の欧米で流行していた大衆向け石灰質陶器製品に匹敵する素地を開発し、日本産陶磁器の輸出拡大を目指したもの」として、ドロマイト(白雲石)を用いた素地作りに成功したのが1933年(昭和8年)で、上に見るような試作品が作られたようですが、至って和風というのか東洋風というのか…。

 

ともあれ、素地は見いだせたもののやがて太平戦争にも突入して、輸出計画は頓挫することに。しかし、戦後になりますと改めてこの白雲陶器が脚光を浴びるようになったようで。なんとなれば、「純白で軽量な素地にカラフルな色の再現が容易で、低火度焼成のためコストの低減にもつなが」るメリットが注目され、「置物として飾るノベルティにはうってつけ」だったということなのですね。

 

 

それにしても、製品デザインの様変わりはどうしたことでしょう。例えばマイセン磁器などのヨーロッパ製品を見て、「こういうのが受けるのだね」と思ったのでもありましょうか。東洋趣味は東洋趣味で欧米でもてはやされたこともあったわけですが、これも「戦後」のなせるわざであるか…とも。

 

しかし、一世を風靡した白雲陶器のノベルティ、低価格であることが魅力のひとつであったところが、為替の変動相場制への移行やプラザ合意のダメ押しで円高基調に輸出産業としては立ちいかなくなってしまった。そこで、大きな方向転換として目を向けたのが国内需要の拡大ということで。具体的にはファンシーグッズのマーケットを狙い撃ちしたようです。

 

 

 

今の感覚では「どれもこれも処分に困る…」ような品々でもあろうかと思ったりしてしまいますが、時あたかもバブルバブルの世相であって、「かわいい」ものを集める風潮というのも確かにあったのではありましょうね。「1991(平成3)年には、瀬戸ノベルティの国内販売額が輸出額を上回るまでになっていきました」と解説されてありますので、売れ行き好調だった時期もあるのでしょう。ですが、その後バブルははじけ長いトンネルのような不況の中へ…。

 

展示作品の数々はもっとも最近のもので1990年代までの作品で、今の時代、すっかり断捨離の波にさらわれて、これらのファンシーグッズを見かけるのはもはや中古品リユース販売の店先なのかも。いっときの輸出の華が夢の跡…てなことでもありましょうか…。

諏訪大社下社秋宮の参道を背にして、大鳥居の前を左手に回り込んでいきますと、かような石碑(と解説板)に行き当たるのですね。曰く「下諏訪宿 甲州道中 中山道合流之地」と。

 

 

この碑の場所まで諏訪大社の鳥居前から回り込んできた道、看板に対しては右手から続いてきていた道というのが甲州道中(甲州街道)であって、その終着点がここであるということなのですな。そして、看板に向かってまっすぐ後方からここに至り、左手に折れて続いていくのが中山道であると。

 

 

甲州街道と中山道、両者の結節点がここ下諏訪宿というわけなのですね。石碑の裏側にある古い建物は宿場であって馬を替えたり、人足の手配をする問屋場跡ということですけれど、すぐそばには諏訪大社、そしてなおかつ温泉の湧き出る宿場であったことは、さぞかし往来賑やかな街道筋であったことでしょうなあ。

 

 

往時の賑わいを偲ぶ陶板画とともに「綿の湯」と刻まれた石碑もおかれてあります。よく見れば、刻まれた文字の揮毫は永六輔であるようですなあ。永六輔といえば、名歌?『いい湯だな』の作詞者であるなと思い至るわけですが、あいにくと歌詞の中に下諏訪の湯は無かったような。ま、日本に温泉の有名どころは数多ありますものねえ。

 

 

それでも上諏訪温泉のところで「八坂刀売命が…綿にしめらせて運んだ化粧用の湯が途中で落ちて上諏訪温泉となり、綿を捨てたところが綿の湯になりました」という言い伝えを引きましたけれど、終着地たる「綿の湯」がこちら下諏訪温泉であったわけで、いわばおこぼれである上諏訪温泉よりも由緒ありと、胸を張っているように感じられもしたものです。

 

なるほど、古い宿場町に古い温泉宿が点在するさまは風情があるものの、諏訪湖畔直近に佇む上諏訪の温泉宿は現代の観光客にはより魅力的かもしれませんですね。ただ、言われを知った以上はまたいつぞやに下諏訪の湯にもつかってみたいと思うところです。ただし、こんな言い伝えもまたあることは知っておきませんと。

…神の湯ですから神聖で、やましい者が入ると神の怒りに触れて、湯口が濁ったといい、「湯口の清濁」は下社七不思議の一つに数えられています。

まあ、昔の街道筋には怪しげな雲助が暗躍したりもしたことでしょう。そんな胡散臭げ(しかも体は土ぼこりにまみれていたりして)な連中が共同浴場にでも入ってこようものなら、立ちどころにお湯が汚れて…てなことが、まことしやかに神罰と目されたりもしたのかもしれませんですねえ(笑)。

 

とまあ、かような下諏訪宿にあっては老舗というよりもむしろ新規参入というところかもしれませんが、創業明治6年という和菓子屋さんで土産ものをあがなうべく立ち寄ったのでありますよ。

 

 

店先に「塩羊羹 新鶴本店」と掲げられてありますように、看板商品は「塩羊羹」。なんでもこのお店でしか買えない(店に直接発送を依頼することはできるようです)という品ですので、和菓子好きな両親向けにと思ったわけですが、個人的には「羊羹?」と思う方であるものの、そこはそれ、塩羊羹ですのでべた甘でない上品な(?)味わいはまずまずであると(失礼…)。

 

 

山国・諏訪ではなおのこと、塩は貴重品だったでしょうから、それを使うこと自体が贅沢であった時代もありましょうね。上杉謙信が武田信玄に塩を贈った…てな逸話を思い出したりもしながら、ゆらりと流してみた下諏訪宿の街道筋なのでありました。

高価な美術品を盗み出す…といって、これが映画などであれば、攻守双方の知恵比べのようでもあり、犯人逮捕に向けた捜査を追ってこれまた知恵比べが展開されるような。まあ、映画だからと予め割り切っているからかもしれませんが(その実、中には実話ベースの話もありましょうけれど)、ともすると盗む側にいささか肩入れして「うまく盗み出せるかどうか」「うまく逃げおおせるかどうか」てなことを気に掛けてしまったりも。さりながら、タイトルそのままズバリの『美術泥棒』なる一冊で詳らかにされた実在の犯人像には、なんとももやもやとした感をぬぐい切れないのでありましたよ。

 

 

版元・亜紀書房HPの内容紹介には、このように。

〈 稀代の窃盗狂か、恐るべき審美家か? 〉
ヨーロッパ各地から盗んだ美術品、実勢3000億円。そのあまりに華麗な手口と狂気的な美への執着を暴く、第一級の美術犯罪ノンフィクション。
若くして手を染めた美術品窃盗の道。使う道具はスイス製アーミ―・ナイフ、ただ一本。欧州を股にかけ恋人と盗みに盗んだ、輝くような日々。屋根裏部屋に飾っては眺め、撫で、愛し、また盗む。 その先に待ち受ける想像を超えた結末とは……。

美術品の盗難はほとんどが金目当てであるとは、想像の範囲内であろうかと。およそ一点ものであることが多く、換金するには非常に困難が伴うとはされるものの、それでも売り捌いて金にしようと目論む者もいれば、換金が難しい故でありましょう、元のコレクター(美術館のケースもありますね)から身代金を得ようとする者もいる。また、闇社会では美術品そのものが(あえて換金されるまでもなく)通貨として使用される場合もあるとか。

 

いずれにせよ、この類いで犯行に及ぶ場合には美術に興味があるわけでもなんでもないわけで、それが故に盗品(作品)の取り扱いが実にぞんざいであったりするのは、質の悪いところともいえましょうか。

 

さりながら、本書に登場する泥棒は美術に対して尋常でない興味を持ち、研究熱心でもある。一般に高価と考えれるからとゴッホやピカソを盗むことなどさらさらなく、ひたすらに自らの眼鏡に適う作品ばかりを掠め獲っていくですなあ。あたかも「これ、欲しい!」と思い込んだ子供がデパートから帰ってみれば、欲しいおもちゃを持ってきてしまっていたという如し。

 

ある種、衝動の赴くままですので、大層な計画などは全くなしにその場その場で監視員や他の来場者、監視カメラなどのようすから「できる!」と思えば、即実行といった具合。冒頭で触れたような、映画的な派手な仕掛けなどは全く無いわけで、だから肩入れできないとかいうことではないのですけれど。

 

一方で、この本をまとめた著者はアメリカのジャーナリストだそうですが、当の泥棒本人や関係者に取材して人物像を振り返るうち、泥棒に魅せられているといっては言いすぎにもせよ、いささかなりとも肩入れしてしまっているところがありそうな。その書かれようがどうももやもやする由縁かもしれません。

 

「美術館のような牢獄に閉じ込められた美術品を解放する」てなふうに、自らの犯罪行為に正統性があるかのように語る犯人。正しい見る目を持った者に所持され、鑑賞されることこそ美術品の本望として、自らを審美眼を持った救い主とでも言いたそうで。

 

ですが、後に捕まって保釈された折、新しくできた恋人が喜ぶだろうと、立ち寄った店でさらりと洋服を掠めてしまったりするのが犯人の実像。なんだかんだ言っても、そのときの衝動を抑えきれない窃盗癖の持ち主としか言いようがないことが分かってきます。

 

ただ、衝動を抑えきれないという精神的な側面に対しては何らかの医療措置といいますか、施しようはあったのではなかろうかとも思うのですけれど、同居する母親は何事につけ、息子の行動は見て見ぬふりをしていた。(逮捕後に決定的に決裂する)元の恋人も数々の犯行現場で防犯ビデオに映る男女カップルの片方と目され、見張り役を務めていたと考えられるも「何も知らない、私は関係ない」と言い、つまりはその場にいても全く犯行を止めることもなった…。結果、犯行を拡大させるばかり、窃盗癖を助長させるばかりになってしまったのですなあ。このあたりもまた、もやもや度合が弥増すところでもあります。

 

まあ、この犯人にとって、どういう状況が窃盗癖につながったのであるかといったところは、人物像が浮かび上がる中で想像するしかありませんけれど、当人が捕まった後、母親と共に住まう家の屋根裏部屋に隠された盗難美術品の数々がどうなったのかを考えるとき、家族関係、はっきり言えば母親の息子に対する尋常でなさが顕れてきますですね。夫と別れ、一心に愛情を注いできた息子は美術品にうつつを抜かしていたことを知った(それ以前に本当に知らなかったのか?…)母親は息子を奪った美術品(本末転倒ですが)の一部は運河に投げ込み、一部は森に置き捨て、一部は燃やしてしまうという行動に出るという。それでもまた見つかっていないとされる作品も多くあるようで。

 

事件後、修復されて元の美術館に戻って来た作品もあるようですけれど、中には完全に失われることになった作品も多々あって。美術品には本来、価値があるようで無い、無いようであるといったものであろうものの、そこにあって誰もが愛でることのできたものを失わせてしまうというのは、金銭価値では量れないものがあるような気がしたものです。そうした感覚はおそらく犯人にかけらも無かったのでしょうが、そうした感覚こそは「欲しい」を押しとどめる抑止力にもなったでしょうに…。

 

ということで、読み進むにつれ(著者を通じて犯人の言動に付き合うにつれ)もやもや感に包まれていったところながら、唯一といっては変ですが、警備が厳しいが故におよそ大きな美術館を狙わなかった犯人がベルギー、ブリュッセルの王立美術館で銀器の数々をさらっと掠めていってしまうあたり、「あそこでよく盗めたなあ」などと妙に感心してしまうところも。いけん、いけんと思い直したものでありますよ。

瀬戸蔵ミュージアムに入るなり、昭和レトロだとか大正ロマンだとか、そんな印象が広がって…と申したですが、これはなにも「せとでん」の尾張瀬戸駅舎が古い洋風建築であったというばかりではないのでして。再現駅舎から奥へと続く通路もまた、こんな感じになっておりましたよ。やっぱり映画のセットみたいですよね。

 

 

で、この店先のショーウインドウのようになったところ(中央通りギャラリー)で開催されていた企画展が「むかしの道具展」とあっては周囲の雰囲気作りに大いにマッチしてもいようかと(ただ、会期は2024年2月18日で終了)。

 

 

まあ、この手の展示はあちらこちらの市町村の民俗史料館あたりでよく見かけるものではありますけれどね。ちなみにフライヤーに「せんぷうきではありません。これはなんだろう?」とある、いかにもな扇風機型の代物ですけれど、昭和初期の電気ストーブであると(松下製)。ただ、扇風機っぽい形状の電熱装置って近頃はまた出回っていると思いますので、形が先祖返りしたのでもありましょうかね。

 

 

ところで、上の写真の左端にある箪笥のような冷蔵庫(氷で冷やすタイプですな)の上に、瓶入り清涼飲料水が2本見えています。丈の低い右側が「ファンタ」で左側の大きいのが「チェリオ」の瓶…なのですが、確かに関東の者としては「チェリオ、さっぱり見かけんなあ」と。ここではガラス瓶が今はむかし…ということになるのかもながら、関東ではすっかりなくなったものとばかり思っていたチェリオが、東海地方以西では普通にあるということの方が「!」でしたなあ。多治見市のご当地アニメ『やくならマグカップも』でも、主人公たちがふつうにチェリオを飲んでいたような…。ところ変われば、でありますね。

 

 

こうした昔使われたものの展示の中には、勉強用具、ひいては教科書なども見かけたりするところですけれど、ここでは(フライヤーの左下に見える)2冊の書籍が並んでおりましたっけ。表紙に半ズボンの学生服姿が見えるものの方は、菊池寛時代の文藝春秋社が刊行に携わった『小学生全集』というシリーズ企画の一冊でして『天文の話・鉱物の話』と。そして、その陰には『中學鑛物教科書』とあるもう一冊。

 

 

教科書の類が展示される際、ごくごく一般的には国語・算数・理科・社会といった教科のものが並ぶところでしょうけれど、ここでは(よもやの)鉱物学の教科書であり、さらには一般書としても「鉱物の話」とは。これって、やきものの里たる瀬戸だけに鉱物=釉薬の材料として、早くから研究に勤しむ生徒・学生らがいたことを示しておるのであるか?てなふうにも思えてきたのでありますよ。ま、穿ちすぎではありましょうけれど。

 

 

ま、そんなこんなの思い巡らしをしつつ展示を見て回りましたですが、お次はも少し「せともの」の本場らしい展示を振り返ることにいたしましょうね。

 

さてと、信濃国一之宮・諏訪大社へとやってまいりました。ご存知のように、諏訪大社は諏訪湖周辺に四社が点在している形ですな。上社前宮は茅野市に、上社本宮は諏訪市に、そして下社春宮と秋宮が下諏訪町にあるということでして、四社というより、上社と下社は結構離れている印象ですけれど、かつて諏訪湖は今よりもかなり大きかったようで、その当時にはいずれのお社も全て諏訪湖間近というロケーションであったそうな。陸路で見て遠い印象とは別に、湖を挟んでそれぞれのやりとりがあったのでもありましょうかね。

 

で、申し遅れましたが、上の写真は下諏訪町にあります下社秋宮です。JRの駅からもっとも容易にアクセスできる点で、四社の中では最もにぎわうお社なのではと思うところですけれど、大きな注連縄(同社HPには「長さが約13m、重さは推定500kg」と)の施された神楽殿には次々と参拝する方々が…といって、よく考えてみますと、神楽殿は目立つ(映える?)見た目ながら拝殿ではないのでしたなあ。こちらで参拝する(だけ)なのはちと諏訪大神に遠巻きに見ているような感じなのかも。

 

ということで神楽殿の真後ろに回り込みますと、大注連縄のキャッチ―さはありませんですが、何とも勇壮な拝殿が現れ出ることに。さすがに多くの武将の信仰を集めたことを偲ぶことができる姿でもあろうかと。ま、以前訪れたときには神楽殿を拝してそそくさと立ち去った口ですけれど…。

 

 

ところで、話としては先に立ち寄った高島城の城内展示解説を振り返る形になりますけれど、まずはその起源のあたり。例によって「諸説あり」とされる中で、このような紹介がありましたなあ。

持統天皇5年(691)に、天皇が勅使を派遣して龍田の風神と信濃国の須波(すわ)神と水内(みのち)神等を祀ったとする「日本書紀」の記事が、諏訪社が日本の歴史上に登場する最初であり…

淵源が持統天皇の時代となりますと、その前の(持統と仲良し夫婦だった?)天武の頃、伊勢神宮に奉仕する斎王の制度が作られて、つまりは稲作の神様をより強く意識したわけですな。諏訪のあたりは長く縄文文化が栄えてその名残を宿す土地柄ですけれど、そこへ弥生由来の神との調和というのか、統合というのか、そうした思惑を感じてしまったりもするところです。

諏訪の神を祀る神官が「諏訪氏」を名乗り武士化していったのは、平安時代後期と考えられます。また、上社と下社の支配関係が完全に分離するのは鎌倉時代に入ってからと言われ、それ以降、上社大祝(おおほうり)が「諏訪氏」、下社大祝が「金刺氏」とされ、共に諏訪社の祭祀と政治権力を握る祭政一致の支配者として君臨しました。

「大祝」とは「諏訪明神の依り代(=現人神)として頂点に位置する役職」だそうですが、上社の方が諏訪氏で、下社の方は金刺(かなさし)氏だったのですな。そういえば、下社秋宮の境内を少し外れた駐車場スペースの方に立派な騎馬武者像がありまして、金刺盛澄という武将ということで。

 

 

木曽義仲の挙兵に応じて出陣するも、のちに源頼朝の前で類まれな流鏑馬の技を示して赦免されたという人物。だからこそ、この姿で像が建てられてあるのですなあ。弓の名手である一方で、台座に「諏訪大明神大祝」と彫られているように諏訪明神の依り代であったとなりますと、この点だけでもあやかりたいと諏訪大社が武家に有難がられる一因にもなったのかもしれませんですね。ま、個人的には諏訪大社に参拝して願ったのは、例によって「世界平和」なのですけれど。