原題「We were soldiers」

舞台はベトナム戦争です。


この映画もまた、これといって何の特徴もなく、

この戦争によって何を一番表現したかったのか分からない映画です。

戦争映画というのは難しいなぁと感じます。


アメリカの精神を如実に表現しているとも言えます。

この主人公のメル・ギブソンはとても信心深い軍人です。

戦地へ向かう直前には教会で神に祈りを捧げます。

主に自分の仲間や部下の無事を祈りますが、最後に、

「異教徒の敵の兵士の祈りは無視して奴らを地獄へ落としてください。」

メル・ギブソンの真面目顔で言われては冗談には聞こえません。

戦争について

「どこかの国で戦争が起こってしまった時、それを止めに行くのが

パパのような兵隊の仕事。」

子どもへの説明と言っても、これも本気にしか聞こえません。

ベトナム戦争ですよ…

まさにアメリカの精神を的確に表しています…恐い…


微妙に登場する北ベトナム軍の指揮官や

アメリカ兵と同じように恋人の写真を手にするベトナム兵。

アメリカ人もベトナム人も同じ思いで戦争をしていると言いたいんでしょう。

確かに、末端の兵士達はそうかもしれない、

でもそれは他国を戦場にしてきたアメリカには通用しないことだと思いました。

戦闘シーンもやけに簡単にベトナム兵が撃たれるシーンばかり。

とても同じ視点とは思えません。


どっかから取ってきたような、いかにもドラマのようなかっこいい台詞に、

まるで「ステップフォード・ワイフ 」に出てきた妻達のような、

華やかで従順で健気な軍人の妻たち。

これまた妻達の戦争とでも言いたげではあるけど、なんとも…

とても薄っぺらい感じにまとまってしまった…


★☆☆☆☆


冷戦です。

今日のランキング→

AD

初めてこの映画を観たのは中学生くらいの頃でしょうか。

脱獄犯と少年の心の触れ合いを描いた爽やかな感動作、というイメージ。

そのイメージは決して間違ってはいません。

ケビン・コスナーの代表作と言ってもいいんじゃないかと思っています。


いい人ではないけど極悪人でもない、ただ変わってるだけの脱獄犯は

少年期の父親に対するトラウマから子どもを虐待することに異常に敏感、

一方、父親のいない少年は、そんな脱獄犯に父親の姿を重ね合わせる。

オープニングとエンディングの、芝生に横たわり昼寝でもしているかのような

ケビン・コスナーの映像がとても印象的です。

パンツ一丁で連れまわされる少年がとても愛らしい。


父親と息子という関係が軸にあるようにも思えます。

父親を決してよく思っていなかったケビン・コスナーも

脱獄し目指す場所は父親からの絵葉書に書いてあった地。

その絵葉書に父親の姿を見る主人公は少しせつないです。


さて、そんなとてもいい映画ですが、何が「パーフェクト」なんだろう…

という疑問が生まれてきたわけです。

子どもを虐待する者に対して強い嫌悪感を抱き

正義の行動をとるケビン・コスナーも、簡単に人を殺してしまう、

一見いい人に見えても、悪い面も持っているということを

逆説的に「パーフェクト・ワールド」としたのかなとかって思ってました。


しかし、映画というのは、製作者の言いたいことがあるんですね。

これも知識が無いと分からないことです。

この少年、母親の教育によりクリスマスやハロウィンなどを禁止されています。

なぜ禁止しているかというと、「エホバの証人」の信者だから。

実際、全然知りません。

キリスト教から派生したようですが、結構独特の価値観を持っているようです。

なるほど…

宗教というのは、世界感です、だから「パーフェクト・ワールド」か…

もしかすると、映画の中にいろんな伏線があるのかもしれません。

ちょっとした情報で勝手に考えているだけなので、違ってても許してください。

全く関係ないかもしれません。


でもまあ、いい映画であることには間違いはありません。

ケビン・コスナーと少年の姿を観ていると、爽やかな気持ちになれます。


★★★★☆


映画もいろいろ。

今日のランキング→

AD

ジャーヘッド

テーマ:

1989年の湾岸戦争下のイラクが舞台の戦争映画です。

ジャーヘッドっていうのは、坊主頭がジャー(ビン)のように見えることから

海兵隊を指す言葉となったようです。

そんなジャーヘッドになった新兵を通して描かれています。


戦争映画としては、特にこれといった特徴のない映画に思えました。

何を最も描きたかったのかよく分かりませんでした。

例のごとく、新兵に対し教官が罵声を浴びせ、

訓練や戦地で戦闘を待つ間に精神がやられていく様子、

そんなシーンは全部「フル・メタル・ジャケット 」で見たような気がします。


「銃なくしては自分はない、自分なくしては銃はない」

と叩き込まれた狙撃手たちは、早く「敵」を撃ちたくてしかたない。

戦争映画を見てみんなで大騒ぎして、「早く撃て」と叫びまくり、

自分も早くあんな映画のように戦場に立ちたいと子どものように目を輝かせ

「いつ人を殺せるかな」って…異常ですよ…

ある意味完全に洗脳されているわけです

戦場で「アメリカの敵」を躊躇なく殺せるように。


映画は、砂漠に来て○○日…としばしば出てきます。

戦場に来ていながら、戦闘は開始されない、

そんな中砂漠で過ごす兵士たちの生活がこの映画で最も時間が長い。

「敵」を撃ちたくて仕方ない兵士たちの姿です。

することの無い兵士達、クリスマスに大騒ぎして問題を起こしてしまう兵士達。

本当にあんなんなんでしょうか…

戦地であんなテンションのアメリカ人…恐いです。

戦争が終われば終わるでどんちゃん騒ぎ、

さっきまで罵声ばっかり浴びせていた上官も裸になって騒いでるし

軍服を燃やし空に向かって銃乱射…

どんな軍隊なんだと…どんな国なんだと…思いました。


いろんな音楽が使われてて面白かったです。


★★☆☆☆


戦闘シーンはほとんどありません。

今日のランキング→

AD


タバコ業界の映画と言えば「インサイダー 」が思い浮かびます。

タバコ業界について内部告発をするというとてもシリアスで面白い映画です。

何についての内部告発か、それはもちろん、

「タバコは有害であり、依存性があるか」ということ。

インサイダー 」の主人公は自分を犠牲にして、タバコ業界と戦いました。

今回の映画の主人公は全く逆。

タバコ業界の宣伝マン、正に人々を煙に巻きタバコを売りまくる側。


日本でも最近はタバコのパッケージに大きく警告文が載っていますが、

タバコのパッケージにドクロマークを載せようという議論。

タバコ反対派は、毒を売る業界を大量殺人者と言いタバコ撲滅を目論む、

タバコ業界は、タバコを吸うのは個人の判断によるものだと主張。

これはきっといつまでたっても平行線でしょう。

もはやタバコは無害と言い張ることはできないし、みんな知ってるし、

有害と知っていても吸う人は吸うわけです。

麻薬みたいに即効性が無いところが微妙なとこですね。

なんだって過ぎれば体に良くなかったりしますから。

それこそタバコ業界のすがるところでしょうか…


こういう話で必ず出てくることとして、タバコにドクロマークを付けるのなら、

車や飛行機、さらには高コレステロールのチーズはどうなるって話です。

これは武器商人を描いた映画「ロード・オブ・ウォー 」と一緒ですね。

スーパーサイズ・ミー 」みたいにマックばかり食べて病気になったら

マックを訴えるようなもんです。

でもタバコ業界側は本気でこれを主張しないといけないわけですね…う~ん…


この主人公はタバコ反対派を納得させるほどの話術を持ってます。

「議論相手を納得させなくても、聴衆を納得させればいい」と

タバコによる被害者の少年をも仲間にできてしまうほどの話術です。

一度そんな話術を持ってみたいものです。


インサイダー 」のように肩に力を入れて見なければいけない映画ではないし、

「タバコ業界はけしからんっ!!」と憤慨するするような映画でもないです。

そういう仕事もある、「みんなローンのために働いてるんだ」と思って見れます。

肩の力を抜いて、楽しく見られる映画です。

でも意外にも映画のなかでタバコを吸うシーンはありません。


★★★☆☆


タバコよりも女性が恐いってことです…

今日のランキング→

容疑者 室井慎次

テーマ:

またまた踊る大走査線シリーズ。

今度も主要キャラクター、警視庁キャリアの室井慎次です。

しかしなんと容疑者らしいです。

室井さんが容疑者ってことで、意表をつかれ期待はふくらみます。


いろんな人が出てます、哀川翔とか。

相手の弁護士役は、八嶋智人です。

これが…いかがなものでしょう…

個人的にはちょっとやりすぎ、狙いすぎな感が否めません。

ああいうタイプ、主義の弁護士はいるにしても、

ああいう弁護士はいないと思います。

ビジュアルの問題です、事務所や部下達です。

絵に描いたような、漫画のようなキャラクター達。

そのせいでリアルさを感じることができなくなり、薄っぺらくなりました。

「交渉人 真下正義」にでてきた地下鉄と同じです。

あんなビジュアルにせずに、普通の弁護士の方が良かったと思う…


そのせいかどうか、話全体もいまいち、しまりの無さが否めません。

警視庁vs警察庁もなんか取って付けたというか、深いものではないし、

弁護士同士が対決するわけでもないし、室井が活躍するわけでもないし。

踊るシリーズ独特のテンポの良さも無かったし…

苦し紛れに湾岸署トリオを登場させた感じだし。

シリーズ最新作は、この弁護士です、もはや警察物ではないんですね…


良かったのは、新宿北署。

あの建物なんでしょう…ラテン系の教会のような建物。

入り口付近にはドラム缶で火が焚かれており、内部も警察署とは思えない。

あれはなんなんだろう…

哀川翔は悪くはなかったけど。


まだ続編作るんだろうか。

★☆☆☆☆

今日のランキング→

交渉人 真下正義

テーマ:

踊る大捜査線の脇役にスポットを当てた映画。

こういう脇役視点の続編とか好きです。

これまで通りの続編を作るよりも 、趣向が変わってよい作戦だと思います。

もしかしたら、織田裕司を主役としたこれまで通りの続編を作りたかったけど、

なんやかんやの大人の事情により作れなくて、苦肉の策かもしれませんが…

でも結果的に、だらだらした続編よりもいいと思います。

でも、調子に乗ってどこまで続けるかがまた難しいとこです。


この話はオリジナルでも主要キャラの真下正義が主人公です。

だからまだ踊るシリーズのような感じです、室井慎次の場合もそうです。

テレビシリーズの方になると、番外編の番外編なんで、

もう踊るシリーズとは言えないような気もしますが…


さて、交渉人が主役ということで、

犯人と交渉するシーンが多いです、それはいいです。

テンポとかも、オリジナルのままでいい感じです。

でも、交渉って、映像で見るととても地味です、

織田裕司みたいに走り回り、ナイフや弾丸も恐れず戦い血を流すといった

派手なものは全然ありません。

室内でパソコンと電話を使い犯人と話をするだけです。動きが無い。

ということで、どうしても外で動き回る人が必要となるわけです、

そこで登場したのが、寺島進ですかね。

交渉人を題材にしたことの限界なんじゃないでしょうか。

でもつまらなくはないです。


ですが、あの犯人の使った新型車両、あのビジュアルはなんなんだろう…

SFチックな妙な外観です、なんであんなんなんでしょうか。

そのせいでなんだかとても安っぽく見えてしまうのです。

あと、地下鉄の職員があんなに力を誇示できるのでしょうか、

地下鉄がどうのこうのというレベルの事件ではないわけです、

もう警察にすべてをゆだねてしまいたいはずじゃないんでしょーか…

そこらへんが、いかにもドラマ的感がありすぎるような気もしましたが、

踊るシリーズ続編としては満足のいくものなんじゃないでしょうか。


★★★☆☆


ユースケ・サンタマリア…

今日のランキング→

クライマーズ・ハイ

テーマ:

熱しやすく影響されやすい僕は

この本を読み、記者になりたい、山に登りたい、と思いました。


1985年の日航機墜落事故に対する新聞記者の話です。

著者は当時、日航機の墜落した群馬県の地方新聞社の記者だったらしいので

この本で描かれる新聞社の様子はきっとリアルなものだと思います。

その様子は純粋に面白いです。

新聞社ってそんなところか…と思いました。

改めて、とても大変な仕事だと確信しました。

毎日毎日早朝の家庭に新聞を届けるために毎日毎日作り続ける仕事です。

印刷へ回す締め切りは深夜のようなので、当然毎日深夜まで仕事です。

そんな大変な日常に、世界最大級の事後です。


その大騒ぎの様子がとても面白かったです。

上司と部下とか、社内の対立とか、家庭のこととか、かっこいい主人公とか、

こういう感じの話にはよくあるような要素が盛り込まれています。

ぼくはその話の真のテーマとか、そういった小難しいことは分からないですが、

この話は、エンターテイメントとしてかなり面白かったです。

スピード感があります。勢いで一気に読むことができます。

このスピード感が、新聞社というスピードが求められる場所を表現するのに

ぴったりで、新聞社を描くにはこのスピード感が必要なのだと思いました。


地方紙は全国紙とは違い、地元のニュースに力を入れてます。

地元の人が知りたいような、詳しい情報だったり、小さな出来事だったり。

ですから、地方紙が自ら世界最大級のニュースを取材し

発信することはめったにないわけです。

だから規模の大きなニュースを取材し発信した記者たちは、

いつまでもそのことを勲章のように掲げそれを胸に生きているわけです。

この話では、連合赤軍の事件でした。

今回の事故が遂にその事件の規模を超えるこで、連赤組みの幹部達と

この日航機事故を実際に取材する若手の記者たちという

新聞社内の人間模様が一番面白かったです。

自分はどっちの立場でも、同じような思いをするんじゃないかと思いました。


山に登るということは何か人生のきっかけや区切りをつけることのようです。

なんのために山に登るのか、とこの主人公も考えています。


今日のランキング→

スナッチ

とにかくテンポ、それに尽きます。
「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」のノリをそのままに、
ガイ・リッチーっぽいテンポのよさとドタバタな展開の映画。

登場人物が多いです。

オープニングで登場人物が紹介されますが、覚えれません。

見ながら、どういうつながりだったかな~と考えてしまいます。

頭の中で関係図を作りながら見ましょう。

関係があんまり分からなくても見れるだけの勢いはあります。

こういう感じの映画は、

それぞれの行動がどこでどうつながっていくのかってのが面白いところです。

この映画はそれがとてもうまいと思います。

普通に考えたら無理がある展開もあるけど、それを補う、

むしろありえないから面白いという勢いの映画です。


この映画の中で一番印象が強いのはやはりブラッド・ピットでしょう。

出てくる人物みんな個性的というか、変な人ばっかですが

ブラッド・ピットはかなり変な奴です。

キャンプ場でトレーラーハウスに大勢で住んでいて、ひどい訛り。

訛りがひどすぎて何喋ってるか分かりません。字幕も△※■○×%です。

また仲間がいい味出してます。

子どもも金儲けのことを考えてるし、交渉の時にはみんなでこそこそ相談。

しかも脱げば刺青だらけの素手ボクシングチャンピオン。

この映画の前にはブラッド・ピットは「ファイトクラブ」に出演してますが

こういうのにはまってたんですかね。


あとベニチオ・デル・トロ、映画の序盤に出てきて、話のきっかけをつくる人物。

ギャンブル好きというのが災いし、このドタバタ騒動を引き起こします。

でも序盤に簡単に殺されてしまうという役。

ベニチオ・デル・トロというとてもあくの強い人を簡単に使うところが良いです。

ブラッド・ピットといい、ベニチオ・デル・トロといい、

この手の映画にこんな主役級の人がでると、

存在感がありすぎて雰囲気が壊れそうな気もしますが、

この映画では2人とも実に自然に、いい感じに納まってます。


その登場人物のエピソードにあわせた場面では軽く笑えます、

太ってるけどいざという時には素早い人がほんとに素早かったり

弾丸を潜り抜けるという伝説の人がほんとになかなか死ななかったり…

CMやミュージックビデオ出身の監督だけあって、映像の面白さは抜群です。

音楽も効果的で、オープニングとかの感じはとてもいいです。


★★★★☆


犬がヒューヒュー言ってるのは笑えます。

今日のランキング→

最後の将軍

テーマ:
 
徳川15代将軍、徳川慶喜の話。
その名の通り、300年に渡る徳川政権を終わらせた将軍。
激動の幕末の最重要人物の一人。
 
司馬遼太郎は本当に人物を魅力的に書きます。
読めば間違いなくその主人公に惚れ込みます。
この徳川慶喜も例外ではありません、魅力いっぱいです。
何でも自分でできてしまう、武芸も、髪結いも、漁も、
それを生業にする職人と同じようにできてしまう人だったらしい。
頭がいい、他の人の何倍も先を考えることができた。
好奇心が強く、西洋風の乗馬や写真、後には油絵なんかに力を注いだらしい。
そして慶喜の喋りには誰もかなわない、まるで演劇を聞いているようで
聞いているうちにその語りに酔ってしまうらしい…すごい。
 

徳川の15人の将軍の中で、実際に自分で考え、実行した人は少数でしょう。

将軍期間が短かったり、幼い将軍だったり、病弱だったり。

慶喜は、将軍になる前から幕府を動かしていました、これは意外でした。
そしてその頭の良さから、そんな大変な時期に将軍になりたくなかった、
周りは慶喜を将軍にしようとするけど、本人は断り続ける、
でも本人も、自分以外に将軍を勤めることのできる人はいないと分かってる。
そんな人。
将軍って、大奥とか周りの力関係はあるにせよ、
本人の意思は関係なくぽんぽんとなっていくものかと思ってました。
その点でも慶喜はそれまでの将軍とは違います。
 
とにかく、慶喜の考え、行動の様子がとても面白い。
文字を通して慶喜が生き生きと動き回ります。
以前日本史で習った人物、出来事がどんどんでてきます。
当時こういう本を読んでたらもっと興味が持てたんだろうな…と思います。
教科書では、「徳川慶喜が大政奉還を行った」ぐらいじゃないでしょうか。
普通、300年の徳川幕府を自分の代で終わらせることができるでしょうか
僕なら…なんとか次の将軍に幕府を渡そうとするでしょう…
自分の代で幕府を終わらせることを不名誉と考えるでしょう。
でも慶喜は、この大政奉還をもともと自分でも考えていたというからすごい。
 
そして慶喜は77歳まで生きます。
幕末という時代に生まれるには早すぎる人だったのかもしれません。
明治後の慶喜の生き方、なんとも言えません。
 
今日のランキング→

とにかく、ものすごいエネルギーを感じる映画です。

サッカーやサンバに熱狂するブラジルのエネルギーが凝縮されたような。

そのエネルギーはオープニングで爆発。

フラッシュ的な映像とサンバのリズム、銃を持って鶏を追いかける少年達、

このオープニングは結構いいです、引き込まれます。


「リオの観光的イメージとは程遠い」神の街。

まさに華やかなイメージを持つリオデジャネイロに存在した貧困街。

警察もその街の住人を犯罪者の集まりのように考え

その街の住人は犯罪を黙認し、警察には何も言わない。

それによって生活ができるという部分もあるから。

そして、犯罪を犯すのは、この街の若者、まだ10代の少年達…


こんな街でこんな出来事が本当に存在していたのかと思うと本当に恐ろしい。

なによりも恐ろしいのは、平気で銃を持ち犯罪に手を染める少年達。

この映画に登場する少年達のボスリトル・ゼ、

10代前半、もしかしたら10歳にもなってないかもしれない、

笑顔で人を撃ち、笑い転げる姿は異様、異常としか言えません。

そんな少年達をごろごろと排出する神の街も異常、それしか生きる道もない…


そんな少年達が街を大きく変えて大きな抗争にまで発展させてしまう物語。

世代交代の早さ、少年達は街の支配者になりたがり、

銃を欲しがり街を支配している者を殺そうとする。

少年達が、「あいつを殺そう」「あいつも殺してしまおう」と笑いながら話す。

それが冗談ではなく、本当に殺してしまうのがすごいところ…

「アパートの物語」は、この街の世代交代の早さを象徴してる、

展開が速くて人物を覚えられないかもしれないけど…


いろんな人の人生が、この街のせいで変わっていく様子が面白い。

主人公はこの街やギャングたちのおかげで夢を叶えることができた。

でもほとんどの人は、この街のせいで殺しあう道を選んでしまう恐さ。

その中で、欲望の塊リトル・ゼと、街一番の良い悪党ベネの対比はよかった。


映画中がエネルギーと、恐怖、スピード感、無力感に溢れてるすごい映画。

音楽はサンバっぽく、映像はなんだか茶褐色というか、黄色っぽいというか、

熱さのようなものを感じます。それでいて、時々冷たさも感じる。

緩急のついた映像や、カメラワークがとてもいい感じ。


★★★★★


つい20年前くらい前の話…

今日のランキング→