私家版里山図鑑

私家版里山図鑑

おもに、宮崎県南部平野部の里山に生息する生き物・・・昆虫・鳥などの図鑑を目指しています。

今まで掲載した記事の索引です。ご利用下さい。
私家版里山図鑑 
 
私家版里山図鑑
 (2014年4月30日の記事まで更新しました)           

同定には万全を期していますが、間違っていた場合はコメント等にてご指摘下さい。

ランキングに参加しています。おかげさまでただ今、昆虫写真部門の第1位を獲得しています。
これからも頑張ります。ぜひポチッと押してください。お願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
ナナホシテントウ 終齢幼虫 観察編その1 コウチュウ目(鞘翅目)テントウムシ科

昨年4月中旬から5月上旬にかけて、ナナホシテントウの蛹化から羽化までのいろんな場面を観察しました。
いつかこの様子をブログにアップしなければと思っていたのですが、ついついサボってしまっていました。
で、蟲枯れの今の時期が絶好の機会と、まとめ始めた次第です。

その第一弾は終齢幼虫です。

ナナホシテントウの成虫の面影が、全然ない幼虫です。
体色も違うし、第一、細長い体躯も成虫とはまるっきり違います。

これが愛らしいナナホシテントウの成虫になるのですから、昆虫の世界は不思議ですね。


撮影日 2020/4/19 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2020/4/19 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2020/4/19 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2020/4/19 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2020/4/19 撮影場所 宮崎県串間市

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

【これまでのナナホシテントウの記事もご覧下さい】
2010年4月8日「ナナホシテントウ」
2011年1月23日「ナナホシテントウ ひなたぼっこ中」
2011年3月5日「ナナホシテントウ 捕食」
2011年4月12日「ナナホシテントウ 幼虫 アブラムシを補食」
2011年4月26日「ナナホシテントウ 羽化」
2012年12月25日「ナナホシテントウ 冬ごもり中!?」
2013年4月14日「ヒメカメノコテントウ(♂)とナナホシテントウ(♀)種間交尾 【唐津編】」
2013年12月6日「ナナホシテントウ スクランブル発進」
2014年11月9日「ナナホシテントウ 星八つの個体」
2015年3月4日「ナナホシテントウ 2015年初見初撮り」
2016年3月29日「ナナホシテントウ 2016年初撮り」
2016年12月22日「ナナホシテントウ 日向ぼっこ2016年12月」
2017年5月16日「ナナホシテントウ 2017年初撮り」
2018年2月2日「ナナホシテントウ 2018年初見初撮り」
2018年8月8日「ナナホシテントウ 格闘中 鵜戸神宮にて」
2019年3月7日「ナナホシテントウ 2019年初見初撮り」
2019年4月27日「ナナホシテントウ 終令幼虫-蛹化」

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
エナガ 飛び出し スズメ目エナガ科

この冬は、エナガがよく家の近くに現れます。
そのほとんどは集団で、疾風のように現れて疾風のように去って行く、の繰り返しで、写真を撮るチャンスがありません。

この日もそう。
馬酔木にやって来たエナガを慌てて縁側にでて撮影したのですが、時すでに遅し。
大分の個体は、他の木に移動してしまってました。
で、何とか撮れたのは、この飛び出しのシーンのみ。
もっとじっとしていてくれ・・・そうエナガにいいたいです。


撮影日 2021/1/19 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2021/1/19 撮影場所 宮崎県串間市

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

【これまでのエナガの記事もご覧下さい】
2010年4月10日「エナガ 幼鳥」
2013年1月5日「エナガ その1」
2013年1月6日「エナガ その2」
2014年1月28日「エナガ 2014年の再会」
2014年1月29日「エナガ 食餌」
2014年1月30日「エナガ 食餌その2」
2015年2月3日「エナガ ようやく撮影2015年」
2016年1月22日「エナガ 2016年の再会」
2018年1月6日「エナガ 2018年の再会」
2018年1月14日「エナガ 群れ」
2021年1月4日「エナガ 2021年の再会」
ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
シマハナアブ 2021年1月菜の花にて ハエ目ハナアブ科

わずかばかりの菜の葉に集まっていた蟲、2種類目はシマハナアブです。
他のハナアブたちとは一線画す大きさで、しっかりと存在感がありました。

でも、大きいからと言って、他のハナアブを追い散らすようなそぶりもありませんでした。
きっと平和主義者なんでしょうね。


撮影日 2021/1/15 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2021/1/15 撮影場所 宮崎県串間市

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

【これまでのシマハナアブの記事もご覧下さい】
2010年1月30日「シマハナアブ ♂」

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
ホソヒラタアブ 2021年1月菜の花にて ハエ目ハナアブ科

この冬散歩して気づくことは、菜の花が極端に少ないと言うことです。
例年の1月ならたくさんの露地物の(野生の?)菜の花が、あぜ道とかに咲いているのですが、それが極端に少ないのです。

菜の花が少ないということは、当然蟲たちとの出会いが少ないと言うことで、このブログとしては大問題だったりするわけです。
なので、必死に菜の花の咲いているところ、しかもある程度まとまって咲いているところを捜しました。

で、ようやく見つけて出会ったのが今日のホソヒラタアブ。
菜の花・・・ハナアブ・・・なんだか定番中の定番みたいな気がしますが、寒の真最中の冬日和、心もホッと温かくなるような出会いを感じます。


撮影日 2021/1/15 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2021/1/15 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2021/1/15 撮影場所 宮崎県串間市

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

【これまでのホソヒラタアブの記事もご覧下さい】
2009年12月19日「ホソヒラタアブ」
2011年2月21日「ホソヒラタアブ ♂ 低温期型」
2011年2月22日「ホソヒラタアブ ♀ 低温期型」
2011年3月18日「ホソヒラタアブ ♀(高温期型)」
2012年4月7日「ホソヒラタアブ ♀ ハナニラと遊ぶ」
2012年10月31日「ホソヒラタアブ ♀ 産卵」
2012年12月10日「ホソヒラタアブ ♂ 低温期型 12月1日に・・・」
2013年1月9日「ホソヒラタアブ 飛翔&吸蜜」
2013年2月6日「ホソヒラタアブ ♀ 吸蜜よりひなたぼっこ?」
2013年9月2日「ホソヒラタアブ 花に取り付く」
2014年1月8日「ホソヒラタアブ 小春日和の飛翔」
2014年1月27日「ホソヒラタアブ 体の手入れ」
2014年2月7日「ホソヒラタアブ 梅の花に喜ぶ」
2014年9月12日「ホソヒラタアブ ♂ 高温期型 花粉を食す」
2014年9月23日「ホソヒラタアブ 飛翔」
2015年1月11日「ホソヒラタアブ ♂ ビュッフェ調低温期型斑紋」
2015年2月7日「ホソヒラタアブ ♀ 菜の花に」
2015年11月2日「ホソヒラタアブ ホバリング」
2015年12月1日「ホソヒラタアブ(♂) 皇帝ダリアで採蜜」
2016年1月30日「ホソヒラタアブ(♀) 2016年1月28日の出会い」
2016年12月15日「ホソヒラタアブ 山茶花をかじる」
2017年1月6日「ホソヒラタアブ(♂) 2017年初見初撮り(1月3日撮影)」
2017年2月2日「ホソヒラタアブ ホバリングⅡ」
2017年3月3日「ホソヒラタアブ ホバリングⅢ 」
2017年3月4日「ホソヒラタアブ ホバリングⅣ」
2018年1月26日「ホソヒラタアブ ホバリングⅤ」
2018年2月4日「ホソヒラタアブ 低温期黒化型」
2018年8月20日「ホソヒラタアブ ホバリングから花へ着地」
2018年12月11日「ホソヒラタアブ 皇帝ダリアで採蜜2018年初冬」
2018年12月18日「ホソヒラタアブ 冬至に咲いた皇帝ダリアに寄る」
2020年12月20日「ホソヒラタアブ 2020年12月の蟲」

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村
ムラサキシジミ 吸水中 2021年初見初撮り 鱗翅目シジミチョウ科

15日にはキタキチョウの他に、ムラサキシジミにも出会いました。
やはり冬とはいえ気温が20度近くまで上がると、チョウたちも飛び回ります。

でもこの日出会ったムラサキシジミ、開翅してきれいな紫をみせてくれるかと思いきや、閉翅のまま、なぜか吸水に夢中でした。

あまりの暑さに喉が渇いた?
いやいや、そんなことはないでしょうけどね。


撮影日 2021/1/15 撮影場所 宮崎県串間市


撮影日 2021/1/15 撮影場所 宮崎県串間市

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村

【これまでのムラサキシジミの記事もご覧下さい】
2009年11月20日「ムラサキシジミ」
2010年1月28日「ムラサキシジミ ♀ 2010年初撮り」
2010年9月27日「ムラサキシジミ 裏翅」
2011年1月14日「ムラサキシジミ 2011年1月13日初撮り」
2011年2月9日「ムラサキシジミ 火山灰に負けるな!2月8日」
2011年3月14日「ムラサキシジミ 吸蜜」
2011年10月30日「ムラサキシジミ ♂」
2011年10月31日「ムラサキシジミ ♀ 開翅」
2012年1月10日「ムラサキシジミ 越冬形態は?」
2012年2月4日「ムラサキシジミ ひなたぼっこ中」
2012年2月26日「ムラサキシジミ 越冬個体開翅」
2012年11月24日「ムラサキシジミ 日向ぼっこ」
2012年12月14日「ムラサキシジミ 12月の日向ぼっこ」
2013年1月4日「ムラサキシジミ 2013年二番目に見たチョウ」
2013年3月13日「ムラサキシジミ 2013年越冬個体」
2014年1月1日「ムラサキシジミ 2014年初撮り」
2014年1月4日「ムラサキシジミ 単独越冬」
2014年2月5日「ムラサキシジミ 梅の花で吸密?」
2014年2月11日「ムラサキシジミ 寝座(ねぐら)」
2014年12月24日「ムラサキシジミ クリスマスイブの再会」
2015年1月1日「ムラサキシジミ&ムラサキツバメ 同床異夢」
2015年1月16日「ムラサキシジミ 2015年初見初撮り」
2016年1月3日「ムラサキシジミ 2016年1月3日の出会い」
2016年3月10日「ムラサキシジミ 2016年春久しぶりの再会 」
2016年6月23日「ムラサキシジミ 産卵」
2017年1月29日「ムラサキシジミ 2017年初見初撮り(2017.1.28)」
2017年12月1日「ムラサキシジミ 早!日向ぼっこ!」
2018年2月18日「ムラサキシジミ 2018年初見初撮り」
2018年2月25日「ムラサキシジミ 越冬期の吸水」
2019年2月6日「ムラサキシジミ 2019年初見初撮り」
2020年12月5日「ムラサキシジミ ヒメカタシで吸蜜 2020年12月に出会ったチョウ」

ランキングに参加しています。下の写真をクリックして応援をいただけると幸いです。
よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 昆虫写真へ
にほんブログ村