マリーナエリアに行ったら外せない子連れスポットがこちら。

マリーナベイサンズの前にその独特な形で存在感を出している蓮の花のような、10本の手のような形の建物が「Art Sience Musium」です。約6000㎡の敷地の中に21のギャラリーがある美術館で、常設展の他、独特の特別展が開催されている充実した施設になっています。

それだけでも見ごたえがあるのですが、その中に2016年3月にオープンした日本が誇るテクノロジスト集団「チームラボ」のエリアが子どもに大人気!

 

「Future World(ArtScience Museum)」

URL:https://www.marinabaysands.com/museum/future-world.html

ADD:10 Bayfront Ave.

MRT:Bayfront駅徒歩10分程度

TIME:Mon - Sun: 10:00am - 19:00pm

    Closed on Public Holidays

Fee::閲覧可能展示数、などにより価格設定が異なる

※2018年5月時点の情報です

 

FutureWorldはあの建物の地下1階にあるので、ショッピングモール内から入れるようです。地上から行く場合は、あの建物に向って進み、その下にあるエレベーターで地下に降ります。

人気展示なので、入場時間が決まっており10:00、11:30、13:00、14:30、17:30の1日5回。予約不要でも入れるが、当日混雑していればその時間枠のチケットが売り切れてしまうこともあるため、事前のチケット購入がオススメ。

 

我が家は、WebサイトFAMILY (2 ADULTS + 2 CHILDREN $45)のチケットを事前に購入し、プリントして持参しました。シンガポール在住者の場合$9も安くなるのは嬉しい特典音譜

 

中は、15つのデジタルアートを実際に体験できる展示になっていて、大きく4つ、「Narture」「Town」「Park」「Space」のテーマに沿って進んでいく流れになっています。

 

「Nature」

波がひたすら押し寄せる部屋。

子どもは??でしたが、大人は不思議と癒されました照れ

 

「Town」

バーチャルな街を作り、電車や飛行機を自由に走らせることができるもの。

指で触ると線路が曲がったりするから面白い。

男子にはたまらないかも~!

 

大きなきな滑り台もありました。

上から滑ると絵が変化するので、見ているだけでも美しくて!

何度も何度も滑ってましたキラキラ

 

自分で書いた車や建物がスクリーンの中に映し出されるお絵かきタウン。

なんとも賑やかな街が作り上げられていました!

 

「Park」

自分で書いた魚がスクリーン内で泳ぎだすお絵かき水族館。

MOSHKidsSTOPにもあるタイプのものですね。

 

光のボールが転がっていて、触ると自動で連鎖反応して色が変わっていくもの。

靴を脱いで入り、ボールに登ったり転がしたりして遊べるので、ちょっとした運動にもなり、子ども達はなかなかここから動こうとしませんでした。

 

壁一面にあるスクリーンに上から象形文字が落ちてきて、それを触るとその文字があらわすものが映像となって映し出されるというもの。神秘的な雰囲気にうっとり。

 

「Space」

最後は宇宙ゾーン。LEDライトがちりばめられた空間を歩いて通り抜けるもの。

とてもきれいで、しばらく見ていたいけれど、後ろからズンズン人が来てしまった・・

 

本当に充実した施設でした!!そしてこの値段、コスパがよすぎるキラキラ

また絶対リピしたいところですね。

 

そして、お得情報グッ

26 May ~ 8 June 2018の期間は、大人分のチケットで子どもが無料入場できるって!

これは行くしかないですね~詳しくはHPをチェック!

 

●その他の子ども遊び場情報(まとめ)ページはこちら⇒

★人気記事76位ランクイン、公式ハッシュタグ♯シンガポール78位ランクイン★

シンガポールと言えば!象徴する建物は「マリーナベイサンズ」ですよね。

在星中に一度は泊まりたい・・もし帰国が決まったら予約しようと心に決めていますウインク

 

あの有名な、空に浮かぶ船のようなインフィニティプールは宿泊者専用なので、一般客は入ることができないのですが、そのプールのある屋上57階にあるお店には行けるんです。

 

ミーハー的に行ってみたいと思い、ベトナムから友達が遊びに来た際に、2Familyで週末のランチに行ってみました♪

 

「Spago」★

URL:https://jp.marinabaysands.com/restaurants/celebrity-chefs/spago

ADD: 10 Bayfront Avenue, Level 57, Sands Skypark Tower 2

MRT:Bayfront駅徒歩10分程度

TIME:Lunch Daily:12:00pm - 2:30pm 

    Dinner SUN, MON, TUE, WED, THU: 6:00pm - 10:00pm
         FRI, SAT: 6:00pm - 11:00pm

※2018年5月時点の情報です

 

マリーナベイサンズはその姿にある通り3本のタワーからなっています。

レストランへはタワー2のロビーエレベーターから上がりますのでお間違えなく~。

エレベーターは55階から乗り換えて57階へ。

出てすぐ右側にテラスエリアへの入口と、インフィニティプールへ入るためのゲートが並んでいます。宿泊者が持っているカードでしか入れないゲート・・厳重ですね汗

{E612CB76-A11F-44D8-8373-86EBA1012FAA}
 
テラスエリアの入口から入るとすぐにバーカウンターが!
ここでサンセットを見ながら、夜景を見ながら、お酒飲めたら最高にいい気分でしょうねぇ。
{07ED108A-B87A-456F-AB51-A2F965ED5401}
 
ダイニングルームは12歳以上、ドレスコードありなので、小さな子連れ家族ではいけないのですが、半オープンのテラスエリアは、乳幼児もOKでソファとイス席で開放的な雰囲気の中でワイワイと食事をすることができます。
まだ1歳になっていないべビ連れの友達はソファにごろんと寝かせられてちょうどよかった!
{723402CE-C23D-4E82-ACCC-9707B06DBC7E}
 
「Spago」は、1982年にカリフォルニアのウエストハリウッドに1号店がオープン。
独特のカリフォルニア料理は、ミシュランガイドロサンゼルス版の2つ星も獲得しているとか。
サンドウィッチを頼んだら、子ども大好き、ポテトがたっぷりあり、大喜びアップ
{85D5D693-9015-4497-AD1D-1C40A4F05BCD}
 
こちらはスパゲッティ。
トマトベースですが、思っていた以上にピリ辛でうちの子どもはNG・・
あとはハンバーガーを頼みましたが、どれもビックサイズでボリューミーハンバーガー
パパさんたちはお酒が進んでました~。
{32D77800-71FD-48B9-A6E5-5BC736D054E3}
 
オープンエアの店内の目の前には、インフィニティプールがどどーん爆  笑
ここからでも十分にシンガポールを一望できる景色は堪能できますね~。
ここから見るサンセット、さぞキレイなんだろうなぁ。
シンガポールの日没はだいたい19時頃なので、その前後の時間帯がオススメですね!
{4F554D57-10F2-4BE2-89DE-C5EDB49D645C}
 
反対側には、ガーデンズバイザベイとインドネシアを望む海。船がいっぱい。
{48791E8E-E04C-4D0B-A06D-DA538653F319}
 
宿泊しなくても、シンガポールのシンボルを制覇?できる、素敵なレストランでした!
お値段もそれ相応でしたが・・この眺望代と思えば・・ですねてへぺろ
 
★週末含めたDailyランチタイムのコースは3コースで45$++
★毎週火曜日午後6-9時は「ソーシャルアワー」でオリジナルカクテルが50%OFF

★人気記事ランキング85位ランクイン★

★公式ハッシュタグ#シンガポール42位ランクイン★

小さなお子さん連れで来星されて間もない方、部屋の片づけや買い出しなど行きたいけど、なかなかお子さんがいると進まなかったりしますよね?

 

幼稚園に入れるのはまだ早いかな、と思いながらも、少し母子分離の練習も始めたいかな、と思ってる方もいらっしゃいますよね?

 

そんな方に、お役に立てるかなと思う情報お届けしますラブラブ

 

①「KiZroo & MaMaroo」

ADD:19 Tanglin Road #03-01

1歳半からのお預かり教室「POP KIZ」

・保育時間:9:30~12:30、12:30~15:15

・週1~5、午前のみ or 午前&午後、と自由に選択ができ、それに応じて保育料が変動

・登録料$100 / 利用料$440~1,420(2017年時点の設定料金)

・有資格者による日本語での指導なので、初めての母子分離にも最適

・日本の季節の遊び、絵画制作、ごっこ遊び、伝承遊び、折り紙、はさみ、うんどうあそび、リズム体操など充実の内容

 

★私も、幼稚園が決まる前に少し預けようかと思い調べたところです。

周りでも週2、3で利用されている方も多いですよ。午後まで預けるためにはお弁当持参ではあるのですが、内容がとっても充実しているので楽しく過ごしてくれそうですよね。

ベビー(0~3歳児)と一緒にできるママの英会話クラス(60分)や、リトミック、ベビー&キッズマッサージなどの講座も用意されていて、毎日通いたくなりますね。

また、自宅orセンターでのベビー・チャイルドシッターサービスもありますので助かりますね!

 

※日本人によるベビーシッターサービスは以前に紹介したこちらも⇒

 

②「Kingston House」

ADD:30 East Coast Rd #03-01 Katong V

・日本語・英語・中国語のトリリンガル環境の幼稚園。

・一時保育(90分単位)メニュー在り、90分単位で延長可

・対象は6カ月以上~6歳、年齢によって料金は変動

 

★トリリンガル環境をお試しするのによさそうですよね。

施設もとてもきれいで、室内プレグラもあり、体をしっかり動かせそう。

日系幼稚園の長期休暇中に利用して多文化体験するというのもありですね!

 

③ローカル幼稚園のEmergencyCare

シンガポールのローカル幼稚園には、緊急時のお預かり対応をしてくれるところが多くあります。緊急用という名目なので、親が体調不良の時、外せない用事がある時、などに使えるということでしょうね。でもそこまで理由が厳密でなくても、利用できるところもあるので、幼稚園のお試しや、ちょっと時間が欲しい時に使ってみてもいいかもしれません。

 

※参考に、うちの子の幼稚園では9-3時で1日$80、1週間$355です。

 

 

数時間でもお子さん預けられたら、ママも用事が片付くし、リフレッシュもできるビックリマーク

そういう目的で預けること、ぜんぜん後ろめたくないと思います。

うまくサービス利用して、自分時間活用していいと思いますよ~。

それで、ママが笑顔に戻れたら、親子ともHappyですからラブラブ

★人気記事ランキング61位ランクイン★

シンガポールは1年で一番暑い時期に突入し、朝の9時でもちょっと歩くと汗がにじむ暑さあせる

でも中に入ると冷房ガンガンで体調を崩しやすいので困ります・・

子ども達も病気がすごーく流行ってて。

小学校ではインフルエンザで学級閉鎖が出て、⇒年2回流行する常夏のインフルエンザ

幼稚園では手足口病が流行していて、毎日手足のチェックが厳しくなってます。
 
シンガポーリアンは日本人よりもインフルエンザに強い体質で、逆に手足口病のウィルスには弱いそうで、悪化して脳炎などになりやすい、という違いがあるんですって。
なので、集団生活ではすごくチェックが厳しくて、治癒証明書も必要。
そんな違いがあることにびっくりですね汗
 
さてさて、本題!
東京にいても、東京タワーに登ったことがない人がいるように。
シンガポールにいても、シンガポールリバークルーズに乗っていなかった私。
ようやく乗ることが出来ました♪
 
「Singapore River Cruise」
Fee:Adult $25 / Child $15
Duration:40mins
 
川沿いに乗場がいくつかあるので好きなところから乗って1周。
予約は不要で、次に来る船に乗ります。
私はClarke Quayから乗ったので、最初はBoat Keyを散策。
 
フラトンホテルの周辺には、面白い銅像があったりして、地上からとはまた別の角度からシンガポールを見れるのがいいですね!
 
そして!!シンガポールのシンボル、マーライオン様にご対面!
マーライオンパークからは見たことがあるのですが、正面からの姿を見れるのはリバークルーズのみなので貴重なワンショット。ちょっと可愛いですねニヤリ
 
どどーん!マリーナベイサンズも真正面から、見れますね。
下にいっちゃうと全体が映らないからこの距離がベストカメラ
 
ドリアン風のエスプラネードシアターも迫力ありますね。
船は屋根が3/2程度あるので、日差しも遮られ、川からの風が気持ちよくて、最高晴れ

今回、クルーズに乗れたのは、10年ぶりぐらいに再会した会社後輩のおかげクローバー
私が育休中に、その子が転職のため退職したので、その後は会えなくていて。
でも、FBとInstagramで繋がっていたので、ふと、その子のInstagramを見たら、
見たことのある風景が・・。
 
「あれ、この写真シンガポールじゃないの??」と、メッセージしてみたら、
「実は一人旅で来ていて、でもご迷惑かなと思って連絡しなかったんです」って。
「連絡してしてー!!!!」 
 
というわけで、急遽約束をして、ソンファバクテーからのクルーズ&ドリアンアイス。
久しぶりに、しかもシンガポールで再会できるなんて嬉しいわ爆  笑
 
こんな風に、インターネットのおかげで世界のどこにいても繋がっていられる時代の駐在妻でよかった~とつくづく思いました。
 
追加情報:19:30or20:30のリバークルーズでは、マリーナベイサンズの前で開催される光のショー20時or21時を船の上から鑑賞できるんですって~。素敵音譜 こちらは要予約。

<2017/5に情報更新>

シンガポールで約5年間運営されてきた米タクシー配車サービス【Uber】の東南アジア事業が、ライバルの【Grab】によって買収されてしまいました。

これにより【Grab】が圧倒的シェアを占めることに。

ドライバーを引き継ぐことになるようなので、台数が増えるメリットはありそうですが、利用者としては【Grab】と【Uber】が競争してくれるおかげで、お得な割引を両方から受けられたり、比較して安いほうを利用したりと、使い分けられていたので、残念かなあせる

 

これに伴い2018年5月7日でUberのアプリが廃止されたため、過去記事の一部を削除しました。

 

---------------------------------

<2017/8/23投稿>

シンガポールでの欠かせない移動手段であるタクシーについて、UPします。

 

海外で、タクシーに乗るのは少しドキドキしますよね。(小心者の私だけ?)

特にアジアではぼったくられるのではないか、遠回りをされるのではないか、などなど。

でも、この国では、メーター制で安心して乗車できますし、物価が高いこの国なのに、タクシーはなぜか日本より安いので、移動には大活躍ですウインク

運転手さんにはたいてい英語が通じますが、運転手さんの話す英語は、中国語訛りor見事なシングリッシュの方が多いので、あんまり聞き取れません(笑)

世間話をしてくる方もいますが、なんとなく相槌打っておきましょう。

 
<料金>
基本料金は車種によって異なり、最初の1kmがS$3~5程度。
中心部や空港から乗車した場合や、ピーク時間、朝・夕・深夜の時間帯などは追加料金が加算されるのですが、走行中に表示されているメーターは加算前なので要注意。
停車後、追加料金が加算された合計金額が表示されます。
 
<つかまえ方>
①タクシーを自分で止める
流しのタクシーを日本と同様に手を挙げて止めます。
上の表示が緑色で【TAXI】と書いてあるのが空車。赤字で【ON CALL】は迎車、【HIRED】は乗車中、【BUSY】は運転手都合?などは止めれません。バス停エリアや道路脇に2本の黄色いジグザグ線が書かれている禁止エリアは停車できないので要注意。
②タクシースタンドで待つ
ホテルやショッピングモール、シティエリアには専用のタクシー乗場があるので、そこに並んで待ちます。たまに、乗る前に、行き先を聞いてきて、自分が行きたくない方向だと断るドライバーもいるので、その時は次を待ちましょう。
③アプリで呼ぶ
日本より格段進んでいるとアプリでのタクシー配車。これ本当に便利!
アプリに事前に自分の電話番号やクレジットカードを登録しておき(現金での支払いもOK)、アプリを立ち上げて目的地を入力して、車のタイプを選んで、リクエストすると、周辺にいるタクシーが、現在地まで迎えに来てくれます。事前に料金が計算されて表示されるので安心ですし、乗車時点で正確な住所をドライバーに伝わっているで英語が不安でも大丈夫。
アプリ上で今そのタクシーがどこまで来ているかを確認できますし、対象車のナンバーが表示されるので自分が依頼した車かどうかわかります。たまに場所がわからなかったりすると、登録されている電話番号に電話かかってきちゃうのでその時は焦りますがあせる
 
アプリは知りえているもので3つ。

・ComfortDelGro

街中を走っているいわゆる普通のタクシーを呼ぶアプリ。

メーターがついていてそこに料金が表示されているので心理的に安心。

よく使う場所をFAVOURITESに登録できたり、7人乗りの大型車も選べたり、時間指定で予約ができたりします。アプリ表記は英語ですが、初心者にはこちらが一般的です。

・Uber

日本でも導入しつつある米国発のUber。アプリ表記は日本語なのが嬉しいです。

価格変動するので乗車人数が多い時間帯は高くなったりしますが、リクエスト時にドライバーの顔写真や車の種類、評価等を見ることができるのはメリットです。メーターはないですが、リクエスト時に金額は確定しているので、その金額がカードから自動精算されます。

下車後にフィードバックを送り、さらに安全性を高める仕組みがいいですね。お互い様で、ドライバーも乗客の評価をするようです。

ほかの乗客とシェアして料金を抑える「UberPOOL」も選べます。

https://www.uber.com/ja-JP/ride/how-uber-works/

 

・Grab

マレーシア初のサービス。まだ日本には上陸しておらず、東南アジアでサービス展開中。

他よりも比較的配車スピードが速く低価格なところが魅力なようです。

配車される車の種類やドライバーを選択できます。Grabとラッピングされた普通のタクシータイプや、プレミアム車両、ファミリー向け車両、13人、23人のりの大きめのバス?も選べるようでびっくりです。こちらもライドシェアも選べます。

 

アプリだと手数料が少し加算されますが、競争が激しいため、割引のプロモーションが頻繁に来るので、トータル的にはお得かも?

タクシースタンドで行列ができていると、皆途中でアプリで自分で呼んでは列から消えていく風景をよく見ます。こんなに便利だったら、日本でももっとタクシー乗るのになぁと思いますが、ドライバーはみなスマフォを車両に備え付けて操作しているので、日本のタクシー運ちゃんがこれを使いこなすのは難しいかガーン

 

 

<乗り方>

・ドアは手動なので自分で開けます。

・大きい荷物がある時はドライバーにトランクを開けてもらいます。

・行先を英語で伝えるか、アドレスを書いた紙を見せれば、問題ないです。

アプリで呼ぶ場合、行き先が既にメーター画面に反映されているので、安心。

今一度、行き先を確認されることがあるので、表示が間違っていないか確認しましょう。

 
<乗車中>

・後部座席でもシートベルトの着用が一応義務付けられています。

知らない場所へ行くときは、乗る前に「GoogleMaps」で現在地から目的地までのルート検索をして、GPSで位置確認をしながら乗ると安心です。街中は一方通行な道が多いので、同じ場所に往復しても、行きと帰りで違う道を通ることが多く、最初は、遠回りしてない??と心配になってしまいますが、ルートから外れていなければ大丈夫です。

・エアコンがガンガンきいていることが多いので常に上着を持ち歩くのがベストです。

・MRT同様、車内での飲食は禁止のようですが、ドライバーに注意されたことはないです・・

 

<降り方>

・シンガポールの住所は、道をベースに建物ごとに番号が振られているので、日本より全然わかりやすい!ドライバーも、道はだいたいわかるので、その道まで行ってもらってから、建物にふられている番号を一緒に確認して、降りる場所を指定すれば大丈夫です。

・メータに表示される合計金額を支払います。現金かクレジットカード、NETS、ez-linkなど多様な支払い手段に対応してるようですが、クレジットカードの場合は手数料を取られることもあるので、基本的には小額紙幣で支払います。(高額紙幣は敬遠されるので・・)

・チップは基本必要ありません。トランクから荷物を降ろしてもらったら心づけをしても?

・自分でドアを開け、ドアを閉めます

 

こんな感じでしょうか。

乗り慣れるまで毎回ドキドキしていました。特に子連れだと。
だんだん土地勘がついてくると景色やルートがわかるので不安が減り、逆に気軽に使い過ぎてしまいます。乗り物嫌いだったうちの子はこちらに来てから乗り慣れてしまい、むしろ少しの距離も「えータクシー乗ろうよ」といってくる贅沢な子供になってしまいました・・。


※私が認識している情報なので、誤っていたらごめんなさい!