こんにちは~うへ

 

一昨日実家へ行って1泊お泊まりしてきました。

実家には週に1,2回行ってごんぼさんの輸液をしていますが、最初の頃は日帰りすることが多かったんですけど今回は泊まってきました。

 

主人がドクターヘリで搬送された病院が偶然、実家の近くだったため、しばらく実家で過ごしていたんですけど、眠れぬ夜を過ごした場所でもあるので、実家ではよく眠れなかったんです。しかも心は大丈夫でも寝るときは体が硬直したり、震えたりするので。

 

でも最近はごんぼさんの添い寝があるからなのか、大丈夫になりました音符

 

 

実家に到着して家の中に入ると・・・

 

 

待ってるやん音符

 

 

ドア越しにうっすら影が映っているごんぼさんキョロちゃん

 

 

とっても嬉しく思えました。

待っててくれたんや~

 

ドアを開けると予想よりも反応は薄かったですけど、足にちょっとだけまとわりついてくれて、ほんの少しだけ喜びを表現していたような気がしました。

 

でも私よりも、持ってきた「小かぶ」に興味があったようです。

 

 

なんか、「小かぶ」から離れないごんぼさん。

 

匂いを嗅いだり、じっくり見たり。

 

 

元気そうだ、よかったうへ

 

 

そして夕方父が帰ってきたので、母と3人で外食に行ってきました。

 

自分の家の周りには外食するところも、コンビニさえもないので、実家に行くと必ずリクエストします。

 

「〇〇へ行きたい!」って。

今回は焼き鳥をたらふく食べてきました。

 

そしてお腹パンパンになって家に戻ると、又影が・・・

 

 

ちょっと見えにくいのですが、左端にごんぼさんが待機しています。

 

 

 

「ごんちゃん、帰ってきたで~」と、喜んでドアを開けてから、その後の悲しい結末を見てください・・・

 

(▶をクリックすると動画が始まります)

 

ドアのすぐ手前にいる私を完全に無視し、素通りして父にジャンプするごんぼさん。

「私とちゃうねんや・・・」という私のつぶやきが悲しすぎる。

 

ごんぼさんは本当は寂しいけど、我慢しているとか、寂しいから拗ねているという事を、覆すような動画でした。(笑)

 

でもここまで両親に懐いてくれて私も安心やわ。

 

 

でも夜だけは相変わらず傍にいてくれるんですよねこ

 

 

私が寝るのを待っているごんぼさん。

 

「早く寝ようや・・・」みたいな顔をされました。

 

 

この日もごんぼさんは私の腕枕でぐっすり寝ていました。

でも朝の3時半に起こされる。

 

起こされたというか、なんか顔が痛いと思ったら、ごんぼさんが私の顔を舐めているんです。

 

なんでこんな時間に舐めるねん。

猫の舌ってザラザラしてるので、痛いんですよ。

思いっきり目が覚めてしまい、1時間ほど起きてましたが、又寝れました。

 

しかし私が起きても、ごんぼさんはまだ寝てます。

 

布団の上から動かない。

 

 

爆睡やんっ

 

 

実家のごんぼさん。

私が一番大変な時に、本当に元気でいてくれて、ごんぼさんに感謝です。

 

来週の13日か14日に家に連れて帰る予定です。

さて、どんな反応をするのか、なんか想像もつかないので楽しみというか、若干の不安があります。

思いっきり不機嫌になりそうで(笑)

 

そして今日の予定はドライブ。

12月10日が四十九日なんです。

 

お寺で法要をするので、できれば主人を助手席に乗せて、お寺まで行きたい。

でも私は限られた道しか走ったことがないし、お墓参りはいつも主人が運転していたので、行ったことがありません。

運転は苦手だし。

 

なので今日は練習ドライブ。

お寺まで無事にたどり着けるのか、途中で断念してUターンしてしまうのか、わからないですけど、四十九日には助手席に乗せて、お寺まで一緒にドライブしたいし、これからは頻繁に会いに行きたいので、頑張って完走したいと思いますうへ

 

失敗したら、明日、再挑戦します。

 

今日のごんぼさんにポチっと応援クリックお願いします~

↓↓↓

人気ブログランキング

 

にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ
にほんブログ村

 

レシピブログのランキングに参加中♪ 

 

■ごんぼさんに使っているグッズ→楽天ROOM

■Farmer's KEIKOのTwitter→こちら
 
 

■ごんぼさんを保護してから1年の軌跡はこちら に書いています

■ごんぼさん傑作集2011年~2012こちら

■ごんぼさん傑作集2013年はこちら

 

 
■慢性腎不全の闘病記録です。
 
■ごんぼさん腎不全末期からの復活①■

 

 

■ごんぼさん腎不全末期からの復活②■