ありがとうございます。

テーマ:

おはようございます。

 

本当にびっくりするほどの、たくさんのコメント、1つ1つ読ませてもらって、感動しました。

私は1人じゃない、こんなにたくさんの人に見守ってもらえているんだと実感しました。

 

 

葬儀が終わるまで、涙が枯れ果てるほど泣いたのか、色んな手続きで忙しすぎるのか、もしくは主人の最後の最大のプレゼントのおかげなのか、なぜか葬儀の後はほとんど悲しみの涙や寂しさの涙を流していないんです。

たま~に、急にこみあげてくるときもあるし、四九日までの一週間ごとの法要の時は、主人は亡くなってしまったんだという実感が湧いて、とてつもなく悲しくなってしまいますが・・・。

 

でもよく泣くんです。

泣かないのに泣くって変な話ですが、それは悲しみや寂しさではなく、「感動」で泣くんです。

皆さんからいただいた励ましのコメントを見て、涙で字が見えないほどでした。

 

村で私がトボトボとゴミ収集所にゴミを出しに行っているときに、1台のトラックが止まり、助手席から女性が下りて来て、走ってきて私をギュッと抱きしめてくれたり、

近くの郵便局に行けば、狭い村の集まりの町なので主人の話は皆知っているので、私の事を心配してくれます。「大丈夫ですよ~」と言っても、私は泣いていないのに泣いてくれます。

 

同じようにご主人を亡くされた村の農家の先輩も、「私も結婚生活に後悔はなかった。泣く暇なんてあらへんな、でもしっかり食べるんやで、実家の両親の為にも」そう言って励ましてくれます。

 

LINEをしたことがない還暦を過ぎた村の人もLINEを始めて、送ってきてくれたり、結婚式以来会ったこともない主人の高校時代のバレー部の友達が励ましのLINEを送ってくれ12月中頃にみんなで家に行きます!と言ってくれたり、実家に行けば私の大好きな野菜のかき揚げを大量に母が野菜を刻み、父は1時間半かけて揚げて、手土産で持ち帰らせてくれました。

他にも書ききれないほどの感動がありました。

 

だから感動の涙ばかりの毎日ですが、悲しみや寂しさの涙はないんです。

決してやせ我慢しているわけではなく。

 

私は本当に人に恵まれています。

村の人や、友達、そして読者さん。

本当に心が美しく優しい人ばかりで、改めて私は幸せだと感じました。

 

 

そして昨日、主人の仏壇に魂が入りました。

開眼供養(御霊入れ)をしました。

 

我が家には仏壇がなかった為、新たに購入し、買っただけの仏壇はただの家具ですが、お上人さま(お寺さん)に開眼供養をしてもらい始めて仏壇に手を合わせ話しかけることができます。

 

その際、御仏膳椀が必要で、赤飯は買いましたが、他のものは作りました。

 

 

開眼供養はお祝い事なのでご飯は「赤飯」

お吸い物は簡単に「わかめのお吸い物」。

煮物は主人の大好物の「切り干し大根の煮物」。

和え物はちょうど畑に生えていた春菊があったので、「春菊のごま和え」

漬物も畑にあったかぶで「かぶの浅漬け」

 

絶対『わし、こんな量は足らへんわっ!!」って言ってると思いますが、主人が亡くなって以来、台所に一切立てなくなった私が初めて台所に立って作ったものです。

 

台所に立とうと思わせてくれた主人に感謝です。

最初はやはり作るのは無理だと思い市販のものを買ってきていたのですが、当日の朝になり、急に「やはり私の手作りの物を食べてもらいたい」と思いました。

 

 

私は本当に何も知らないので、お上人さまや仏具屋さんに1から教えてもらってなんとか準備が出来ました。

 

 

仏壇の下の台、これは衝動買いなんてしない主人が唯一、一目ぼれして買った、骨董の囲炉裏なのです。

買ったはいいけど、一度も使わず邪魔なのに捨てられず、結局こういう風に使う運命だったのだと思いました。

 

まだ囲炉裏の真ん中に穴が開いている状態なので仮で板を敷いていますが、近いうちに家具職人に中の穴を埋めて、ちゃんとしたテーブルにしたいと思います。

 

 

花は2種類。

右は赤いバラ。

 

これはね、思い出深い花なのです。

 

初めての結婚記念日の日の写真です。

 

 

真っ赤なバラの花束をもらいました。

 

キザの正反対の言葉が何かわからないのですが、主人はこういう事をしない人なんです。

シャイで照れ屋で、花を買ったり百貨店でプレゼントを買ったりするのも恥ずかしくて、「男はそういう事せんでエエんや、心があれば」という感じ。

 

なのでこのバラの花束は結婚25年で唯一の花のプレゼントでした。

 

プレゼントと言えば、覚えていますか、珍しく3枚のハンカチをもらった話。

 

↓この話です

 

珍しく今年のホワイトデーにお返しをもらったんです。

3枚のハンカチ。

 

中には冠婚葬祭用のハンカチが入っていました。

これを初めて使うのが今回だとは思いませんでした。

鼻水用も、大いに活用させてもらいました。

 

仏壇の台になった囲炉裏。

そしてこのハンカチ。

 

本当に不思議です。

なんとも複雑な気分になりますが、すべて私の為に・・・そう思っていてくれたのだと思います。

 

 

そして左の花。

 

 

これはヒマワリ。

 

私が最も好きな花です。

ヒマワリを見ると元気が出ます。

 

だから仏壇の横に飾りました。

ヒマワリを見て主人も私を思い出してくれるでしょう。

 

この前「おまけの人生」と書きましたが、決して後ろ向きな言葉じゃないんですよ。

主婦と生活社の編集者さんの言葉で、グリコのキャラメルは「おまけ」目当てで買ったものだから。おまけの方が素晴らしいこともあると。

 

私もそう思っています。

 

主人が経験できなかった60代、70代、80代、90代の人生を、私が経験して、その年齢になっても楽しく、キラキラと過ごすための技を習得し主人に教えたい。

 

もっと人間を磨いて、

来世で再会した時は、「もっと惚れさせたるねん!!」。

そう思って過ごします。

 

あと御心配なのはごんぼさんの事ですよね。

 

ご心配とは裏腹に、実家で私の事なんてすっかりと忘れて、父と母に遊んでもらっています。

又、写真を載せますが、週に数度私は輸液をしたり、ちょっと調子が悪くなりそうだったらサプリメントを与えたりしています。

なので主人が入院してから今日現在もごんぼさんは、とても暖かい実家で楽しんでいますよ。

ご心配なく。

 

長くなりましたが、近況でした。

 

毎週月曜日が7日ごとの法要で、そのあとはちょっと辛いので水曜日くらいの更新が続くと思います。

 

こういうお願いは初めてなのですが、またコメントしてくださいね。

本当に励みになります。

 

ありがとうございます。感謝しています。

 

桂子

 

ポチッと押して応援していただけると嬉しいです♪

↓↓↓

人気ブログランキングへ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

レシピブログのランキングに参加中♪

 よろしければクリックしてくださいね♪


 

 

Twitterやってます→こちら

 

ご報告

テーマ:

ブログを長い間更新せず、ご心配をおかけすみません。

 

コメントやメールフォームから心配してくださっていることを知り、報告いたします。

(優しいメール、コメントありがとうございます)

 

 

 

最愛の主人が先月10月23日に亡くなりました。

 

 

 

主人とは20歳で知り合い結婚した27歳まで大親友でした。

お互いが変わった性格で束縛されるのが嫌いで、もし付き合ったら速攻で別れてしまいそうで、だからこのまま親友のままでいようと仲良くしていました。

 

お互いお付き合いしている人がいても毎年年に数回会い、楽しい会話をし、そんな仲で

私が27歳になった時、お付き合いを半年だけして結婚しました。

 

最初の10年間は2人とも会社勤めをしていましたが、休みの日はずっと一緒に過ごし、

長期連休にはキャンプに行ったり、海外旅行に行きまくりました。

 

それまで何度も子供の事を話し合いましたが、2人の意見は一致していて、ずっとこのまま大親友であり、恋人であり、2人だけで誰にも邪魔されず一緒に楽しく過ごしたい。

賛否両論があるでしょうが、子供を作らない選択をしました。

 

 

主人は常々、「わしより先に死んだらアカンで、わし何にもでけへんからなぁ~」、そして

「どうせ死ぬならぽっくりと逝きたいわ」と言っておりました。

 

この2つの望みはかなえられたのですが、まだ52歳という早さで逝ってしまうとは夢にも思わず、葬儀が終わるまで心臓がえぐり取られるかのような、頭の先から手の先まで血の毛が引くような、文字では表現できない気持ちでした。

 

火葬の時は私も一緒に火葬をしてほしいとさえ思いました。

きっと熱いとも感じないし、幸せだろうと。

 

でも今は主人の最後のプレゼントと、たくさんの人の愛情のおかげで、私は「おまけの人生」を歩むことにしました。

 

私は数年前、即死してもおかしくない事故をしました。

 

私が畑に転落し、1メートル上くらいからトラックが私の体をめがけて落ちてきた事故です。

あの時私が畑の畝の間に体がすっぽりと入っていなければ死んでいたでしょう。

 

きっと主人よりも先に死なないよう神様が生かしてくれたのだと思います。

 

なのでこれからは本当はなかった人生。

「おまけの人生」

 

主人はよく私をほめてくれるんですが最後に褒めてくれたのは亡くなる数日前、

 

「わしはお前と一緒にいたら楽しいわ。お前は太陽みたいだからみんなを明るくさせるねん。わし、お前に出会わんかったら暗黒になってたわ」って言ってました。

 

だからそんなキラキラとした太陽のような私で、今まで主人だけに注いできた愛情をいろんな人に注いでいきたいと思います。

 

そして農業をはじめ15年。

365日、24時間、ずっと一緒で、金婚式をあげた夫婦よりもきっといっぱい話をし、日本中行くところがないくらい旅行をし、お互い感謝しあい充実した結婚生活でした。

 

主人が私にくれた最後で最大のプレゼントは『後悔のない幸せな結婚生活』でした。

 

ただ残念なのが、最後の主人の言葉が『行ってきます』だったことです。

でも最後の朝食は主人の大好物の「玉子サンドイッチ」でした。

 

主人の予定では『わしが死ぬときはな、必ず来世の予約でプロポーズするから、絶対OKするんやで』と言っていました。

 

 

 

何も言葉を話すことなく逝ってしまいまい残念なことはあるんですけど

ああしてあげればよかった、こうしてもらえばよかったという後悔というものが全くないのです。

最後のプレゼントのおかげです。

 

町に住んでいて、子供もいない私が主人に先立たれたら、きっと立ち直るのに相当な時間がかかったと思います。

でも村の人は温かく家族のように私を労わって励ましてくれます。

 

 

私が1人になったので、この村を去っていくと皆思っていたようでしたが、私が「主人と共に今まで通り農業をします。ずっと主人との思い出いっぱいのこの村で暮らします」というと、みな喜んでくれました。

 

温かい人たちに囲まれ日々、元気を取り戻しています。

四十九日まで色々と忙しくブログを更新する時間もあまりありませんので、又心配をかけてしまうかもしれませんが、私は「おまけの人生」を楽しく生きていく計画を立てていると思っていてくださいね。

 

そして運が良かったことは、最近出したエッセイ本に主人と農業を始めた15年間の事を書き記したことです。

 

今までほぼ毎年本を出させてもらい、完成したら主人にも見せるんですが、主人はいつも「ご苦労さん」としか声をかけてくれません。

でも今回の本は『エエ本や、これはいいわ~』とすごく喜んでくれました。

 

だから納棺の際、棺の中にこの本を入れました。

きっと天国で私と共に暮らした農業生活を繰り返して読んでいる事でしょう。

 

 

長々とすみません。文章もまとまらず読み辛くすみません。

ご心配をおかけしました。

 

これからもがんばります。

どうぞ応援してくださいね。

 

桂子

 

 

ポチッと押して応援していただけると嬉しいです♪

↓↓↓

人気ブログランキングへ

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 

レシピブログのランキングに参加中♪

 よろしければクリックしてくださいね♪


 

 

Twitterやってます→こちら

 

こんにちは~うへ

 

先ほどクックパッドで『豆腐入り☆肉吸い』が話題のレシピになりました。

つくれぽありがとうございました!!

 

大阪名物の肉吸い。

これは肉うどんのうどん抜きのことなんです。だしが美味しいので豆腐も加えました。

 

   

豆腐入り☆肉吸い

 

農家の台所2 P87掲載)

Cpicon 【農家のレシピ】豆腐入り☆肉吸い by FarmersK

 

 

大阪名物はいろいろあるんですけど、こちらがおすすめです。

 

 

実家秘伝のお好み焼き

 

私が子供の頃から大好きだったお好み焼き。母が野菜を切り、父が生地を作り、母が焼く。冷凍しても美味しく食べられるんですよ♪

 

農家の台所 P20掲載)

Cpicon 実家秘伝のお好み焼き by FarmersK

↑レシピはこちら

 

 

大阪名物どて焼き(牛すじの煮込み)

 

大好物の牛すじの煮込み。お酒のあてにも最適です。

食べる時はたっぷりのネギをのせてどうぞ♪

 

Cpicon 大阪名物どて焼き(牛すじの煮込み) by FarmersK

 

 

 

とんぺい焼き

 

卵と豚肉と紅しょうがだけで作る大阪名物とんぺい焼き。

簡単だしビールのお供にも最適です♪

 

まずはプレーン。

卵と豚肉と紅しょうがだけで作る大阪名物とんぺい焼き。

 

Cpicon とんぺい焼き(プレーン) by FarmersK

 

あとはアレンジ。

 

材料は卵とキャベツと豚ばら肉と天かすだけ。

でもボリューム満点のとんぺい焼きが出来ますよ♪

 

農家の台所2 P48掲載)

Cpicon とんぺい焼き(キャベツ&天かす) by FarmersK

 

 

もやしとちくわを加えて作りました。

 

Cpicon とんぺい焼き(もやし&ちくわ) by FarmersK

 

とんぺい焼きシリーズ第4弾。
こんにゃくのプリプリ感が妙にはまります。
おススメです~
 

 

Cpicon とんぺい焼き(青ねぎ&こんにゃく) by FarmersK

 

 

以上がおすすめレシピでした。

よかったら作ってみてくださいね~!!

 

 

ポチッと押して応援していただけると嬉しいです♪

↓↓↓


人気ブログランキング

 

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ
にほんブログ村

 

レシピブログのランキングに参加中♪


 

Twitterやってます→こちら

 

 

 

レシピ本農家の台所シリーズ発売中~

 

新刊です↓

農家の台所から 農家の台所から
1,512円
Amazon