新年になりました!今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 

2020年の終わりには2021年はコロナが終わっていると確信していたし

2021年の終わりには2022年にはもう絶対に世の中は落ち着いているだろうと予想していたのに。。。。

 

まさかの『オミクロン株』感染多発!しかも世界各地でガーン

 

とうとう、アメリカ全土から日本に到着後、どこの州からであっても少なくとも3日間の隔離(ノースカロライナは6日間ではなく3日間ですが。。。でもショック!)となってしまいました。

政府指定のホテルにです!

どちらにしても14日間の隔離は必要、というのは

依然として変わっておりません。

 

あ〜〜いつになったら、自由に旅ができるのでしょうか?

とはいえ、私はあまり気にせず旅をしている方ですが....口笛

 

さて、今年の初旅は

プエルトリコ!でありました。

 

もう過去形?

はい、昨日帰ってきたばかりです。

1/3に出かけて1/6に帰ってきたのですが

たった3泊でしたがとても充実した楽しい時間でした。

 

私たちの行ったところは

プエルトリコの空港のあるSun Juanから車で45分の山上にある

 

Mont Carpe Diem (モンカルぺ・ディエム)

 

 

英語での説明では

Boutique Inn personalized experience. Luxury Cabins in the Rainforest, Breakfast & Restaurant service, only for our guests. Relaxed for nature lovers.

 

ここのオーナーのペドロは、うちの夫のキューバ時代の水泳チーム仲間。

キューバの水泳チームは小さい時から一緒にドーム暮らしだった為に兄弟のように仲がいいのです。

 

 

 

 

初めてこのロッジに来たときは

いったいここはどこ?

というびっくりマークはてなマークはてなマークはてなマークばかりのジャングルの中でしたが

今回はのんびり、その自然の美しさや鳥の声、カエルの声まで

楽しむことができました。

 

一言でいうと、ここはジャングルの中にある高級ロッジ、美味しい食事付き

という感じです。

 

2部屋あるキャビンはそれぞれ離れていて

キングサイズベッド&シャワー、トイレつき

 

そして今回は、特別キャビンを紹介してもらいました!

 

みて下さい!このキャビンびっくりマーク

 

 

 

 

 

トイレはこんな感じで。。。。(全く外です)

 

 

 

 

 

シャワーもお外で爆  笑

 

 

 

 

 

でも、ちゃんと熱いお湯がソーラーシステムで

出るようになっていました。

 

ここに泊まりた〜い!

 

と駄々をこねたのですが

夫は、夜、トイレに行くときに

階段を踏み外して転んだらどうするんだ!

 

などと絶対に反対。

 

 

 

こんな感じで階段で部屋に入る

 

 

私は

夜、寝る前にトイレに行って朝明るくなるまで

トイレに行かなければいいでしょ!

 

と反発。

 

でも、最終的には

まだこの部屋は正式にはオープンしていない、ということで

 

泣く泣く今回は諦めたのでした。

 

 

でも、食事はこんな感じで....

 

(予約時にwebsiteのメニューから選択できます)

 

 

朝は、このレインフォーレストでとれた新鮮なフルーツからスタート

 

夜は、、、、とにかく、全てが美味しかった!

 

デザートは思い出すだけで幸せ。。。

 

 

料金には1泊と朝食付きだけれど

夕食やワインは追加料金でお願いできます。

奥さんのジョハンドラはフランス仕込みの料理人

だし最高です😊

 

ジョハンドラとペドロ

このオーナーのお二人が

手作りで建てたこのロッジを

ぜひ体験してほしいです‼️

 

結構コロナになってから混んでいるそう.....

 

やっぱり自然はいいですよね🌲🌲🌲

 

 

新年から、ちょっとコロナ感染を忘れてのんびり3泊のプエルトリコ体験でした

 

ちなみに、プエルトリコはアメリカ領なので

 

行くときはワクチン接種とコロナの陰性証明が必要でしたが

アメリカの運転免許証があればパスポートもいらないし、アメリカ本国に帰国時には

なんのテストも証明も必要ありませんでした〜

音譜音譜音譜

 

もし、アメリカに住んでいてちょっとどこかに遊びにいきたいのであれば近くて便利な海外

(プエルトリコはマイアミから2時間ちょっと)

というのもいいですよ。

日本よりずっと厳しくないし。。。。

隔離もありませんので汗汗汗汗

 

1年中夏の気候だし💕💕💕

 おススメです!

 

さて今年は寅年、私は年女

元気に1年、いつも以上にポジティブライフで

頑張っていこうと思っていますドキドキ

 

 

 

 

 

 

 

 

 


日本楽し〜でもアメリカに帰るのも楽しみ💕



ようやく昨日

隔離短縮期間10日間めのコロナ検査で

(14日間の隔離期間を10日間にしたい方は)


もちろん「陰性」が出て、晴れて自由のみとなった私ですが、もう明日アメリカに帰ります。



私が検査を受けた場所は
チームメディカルクリニック新宿

ここは土日もやっていて検査は9900円でした。(あ〜時間もお金も もったいない!

でも仕方ない⁉️)


この仕組みはどうなっているのか?


結果がMy SOSに来ます。普通は。。。



(私の携帯はアメリカの携帯だったので、なぜかうまくQRコードが読み取れず結果報告はメールできました。)

それをやはりMy SOS アプリの中でアップロードして完了

2-3時間でやはりアプリ内にお知らせが入り


隔離期間終了‼️


となって自由の身に〜

ようやく父と母にも会いに行けて
ホッとしました。

父とステップマザーの行っている霊南坂教会に参加

ちょうどサンクスギビングの感謝祭の礼拝だったのでアメリカが恋しくなりました。


それから

一緒にお茶して

いろいろ話せて良かった😊



そのあとは母の家へ


母は腰を痛め
大きなコルセットをつけて

そろりそろりと家の中を

歩いていました

私のアメリカからのお土産の

藤色のショールをとても気に入ってくれて。。。。


お似合いです😊


仕事を終えた弟も来てくれて
本当に久しぶりのファミリータイム

(3人で写真写すの忘れた!)


義理の妹や姪たちとビデオチャットもできて嬉しかったし!


私が必死に小さな母の台所で
大きな鍋を出してきて
奮闘し
コンロも買ってきて

なんとか夕食

成功😂👍






でもみんな元気そうで良かった❤️😊


あっという間でしたが


明日アメリカに帰ります。


アメリカでは木曜日が

サンクスギビング!


そしてクリスマスがやってきます🎄


あー忙しい日々が待っているけれど

それもすっごく楽しみでーす💕💕



日本も街はクリスマスイルミネーションで素敵❤️

ザ・ペニンシュラ東京前にて




この大根足と叔母の膝の手術とは全く関係ありませんので悪しからず🤣


青森県階上町でご近所にいただいた大根がとても大きくみずみずしいので思わず

こうやって

遊んでしまいました💦🤣〜



***********


叔母の退院の日に合わせて日本にやってきました。リハビリに行くと若い厳しいリハビリの先生が待っている〜と嘆きながらも頑張っている82歳の加代子叔母さん💦🤣





なぜ手術をしたか?
それは変形膝関節症で
歩いても座っても足が痛く
悩んでいた叔母に

私が「アメリカではゴルフ友達は歳をとっても
みーんな手術して膝とかヒップを新しくして元気になってるよー」

と言ったから😅

(後から知ったのですが80代ではアメリカでは
もうあまり手術をしないそうです、どうしよっ😱‼️😱‼️)

とにかく
10/21に右足の膝の手術となり
叔母は
出産以来の入院だと言って
手術前は突然怖がり
手術後は
痛くて後悔しきり

なんといっても
82歳ですからね〜

でも3週間も入院させていただき(日本の医療制度は最高でした❤️😊)

だんだんリハビリして元気になって。。。
この度11/11にめでたく
退院してきたのでした。

叔母は一人暮らしなので
退院に合わせて
私がお手伝いにやってきたわけです😊

私が帰るまでに自分で車を運転してリハビリに通えるように
がんばってほしい💕

*ここは田舎なので、歳をとっても自分で車を運転することが必要。それに叔母は自分の車(なんと昨年、新車を購入!赤いトヨタのヤリス)が大好きなのです〜♡



毎日
朝昼晩とおうちごはん


大阪育ちなので
焼きそばもお好み焼きも最高に美味しかった!

ご近所の友人にいただいた退院祝いのお刺身
特に鮑解禁でとっても新鮮でした💕

お取り寄せのまぼろしの餃子

宮崎県から「丸岡餃子」

こんなに美味しい餃子を食べたのは初めて!

美味しくてやめられないのです♪🤣💦
困った〜
最後の夜は
すき焼きで
乾杯❤️

毎日
おうちごはんだったので

ビールと日本酒と焼酎
で乾杯

😅😅😅飲み過ぎに注意⁉️

こちらは温玉肉牛蒡うどん




そしてリハビリに通う日々





私はというと......

アメリカにいるときよりたくさんモリモリ食べ過ぎて2キロ以上太ってしまい
どうしようっ💦😭💦😭


帰ったらダイエット?

でもサンクスギビングが待っている〜⁉️💦😱


------------

あっという間に私の自粛隔離期間10日間も今日で終わり......私は東京に帰ります。

3日後にはアメリカへ

昨日一人で叔母が運転してリハビリに行きました。
ホッとして安心して
アメリカに帰れそうです💕💕





お久しぶりのブログです。

インスタのストーリーやFacebookの記事はアップしているのに
なぜかめんどくさくなるブログ更新

でも今回の情報は
これから日本に久しぶりに帰国する方たちのために書いておかないと!と思い
がんばることにしました〜🤣


八戸周辺に住む一人暮らしの叔母

82歳が

膝の大手術をしまして

3週間の入院後

その退院日に合わせて

日本に帰国し

家での生活をサポートすることになりました


もちろん短期間でアメリカに戻ってくる予定ですが、日本入国のややこしさは通らなければなりません😅


そもそも
コロナ禍での日本帰国も4回目となると

帰国するたびにコロナ検査や日本の書式記入に費用がかかることが嫌になりますよね〜😭


あーもったいない‼️

そこで
今回、近くに薬局で予約を取り(私の場合、CVSでしたが)
翌日に検査結果がメールで来るので
薬局にそれをプリントして持っていき
あらかじめ日本の書式は手書きで記入できる範囲は記入しておき

「すみませ〜ん
この薬局の薬剤師さん
いらっしゃいますか?」



「ここにチェックして
ここにここ日付と時間**を記入して
ここに署名して
この薬局のスタンプ押してくれませんか?」


「いいですよー」

と明るく対応してくれた若いイケメン薬剤師

優しくて
しかも全て無料!

ここでCVSでの予約時に大切なことは


最初の質問事項で

何が理由でコロナの検査をするのか?


というところです


旅行に行きたいから


というのが本心ですが

なぜかそれに当てはまる事項がない😱


でも大丈夫


結局、理由はなんでもいいのです


私は


あなたは自分がこの検査を受けることによって

まわりに迷惑をかけたくないか?



そんな感じの事項に

チェックすれば

予約に行きつけます


ということで

コロナの陰性証明書は無料でゲット

日本語書式の方も完了


あ!ここで一番大切なことを思い出しました‼️


もしあなたがアメリカ国内で乗り換えて日本に行くなら

その日本行きの飛行機の出る時間

出発時間から72時間以内にコロナ検査を受けなければいけません。


そこは結構厳しくチェックされて

泣く泣く乗れない人いましたので


本当に!

気をつけてください💦😅


アプリのインストールは

My SOS

だけ入れていけばok!!


(一応今回成田では

COCOAもインストールしているかだけチェックだけされたけれど)

本当に大切なのは

MY SOS

です。


あとは搭乗前に

質問表に答えてQRコードをゲットして

スクリーンショットをして保存しておきましょう。


誓約書などの書類は税関の書類とともに

機内でもらえるので大丈夫です。




シカゴからもANAも成田空港もガラガラで

みんな係の人たちが超暇そうでした。

(税金の無駄遣い?。。。的な感じ)


なので

今回はスムーズすぎて

予約していた

ハイヤー待ち


なんとおよそ2時間😭


宅急便も出したのに時間が余ってしまった


ちなみに私の場合

午後3:30に到着して5時には

全て終了して外に出られました😃


以前は3時間半もかかった。。。


ところで

(near me という乗り合いハイヤー

便利で格安です)



今回は2人で

東京都内のホテルまで

12800円でした✌️



ビックリしたことは‼️信じられないけど

そのまま成田エクスプレスに

乗って行く人もいるのに

そこでのチェックがないこと!!ガーン



真面目にルールを守っている人が損をするではないですか⁉️これはおかしすぎる!

.......


なので

ここまできちんと水際対策しているなら


是非とも成田エクスプレスの入り口でもチェックすべきではないかと思うわけです😩

どう思いますか?



というわけで

日本入国


今回は


比較的

簡単だったというお話でした



でもきっとコロナ禍での初めての日本帰国であれば、やっぱり相当なストレスを感じることになると思います。



がんばってくださいね🙏🙏🙏





今回の日本の旅のハイライトは



 

私が大変お世話になった

 

山形放送時代の大ボス

当時の報道局長である横山卓さんの90歳のお祝いをすること

 

でしたウインク

 

山形の上山温泉にある有名旅館『古窯』

 

私がアナウンサー時代も、古窯のコマーシャルは

たくさんあったので、それよりずっと以前から

有名だったのだとは思ったのですが

まさか、この『古窯』に大きく貢献したのが

私の大ボスだとは知りませんでした!

(大変失礼いたしました〜)

 

かの『裕次郎』が西部警察に出演していた頃、(というか、彼が主役ですから出演もなにも、彼がいなければ この番組はなかったわけですが)

横山局長が、山形での撮影を仕切ったそうなのですが、(これは週刊誌にもちゃ〜んと出ていました!)




裕次郎がヘリコプターで颯爽と古窯の前庭に登場!

その彼の姿を一目見たいと周囲2キロが大渋滞になったとか.....!!

 

そして、彼らはもちろん、古窯に泊まり、

番組の後  古窯は一躍有名になった???

 


のではなく、ここにはすでに

有名女将(おかみ)

しかも1代目も2代目も!!が

いたのであります。



この女将の話もしたい〜でもそれはちょっと後で

 

あ〜もう、どこから話せば良いのか

わからなくなりましたが

 

元に戻って、横山局長と奥様、美代さんのお話からスタート

 

お二人と古窯で待ち合わせをして

90歳だからきっと、ゆっくり静かに

(こんなコロナの時ですしね〜)

来られるのかと思っていたら

大間違い!

 


『えいこ〜〜〜よく来た、よく来た!』

大声でお二人が抱きついてきて

私の方がもうびっくり汗

 

記憶力も、ものすごかった〜


私がYBCに入社した時の大問題〜

(若気の至りで複数の放送関係者を振り回してしまった話です)

 

もう時効かな〜?


はっきり言えば、ちょうど私が大学3年生の春

山形放送(YBC)がアナウンサー試験を東京で

しかも全国で一番早く行ったのでした。


私は燃えに燃えていたので、全国どこにでも行くぞ〜、どこかのアナウンサーになってやる!


と最初から片っ端から試験を受けていくつもりでした。


それが!

なんと!


いきなり、山形放送に受かってしまったのです。

その時の採用担当者、当時の報道局長が横山局長だったのでした。

 

でも、私の中にはこれから東京のキー局やその他の地方放送局も受けないと

どうなるかまだわからないし、

まだ待ってよ〜決められないよ〜

という感じだったので

 

(山形放送には悪いけれど、とりあえず、okしておいて、他の放送局も続けて受けてみようっ)


と、今考えると大変浅はかな、大変失礼なことをしてしまったのでした。

 

結果、テレビ朝日のニュースステーションという番組に受かり

 

YBCの横山局長に土下座をして


『すみません!YBCには行けません、許してください』

 (半沢直樹よりずっと早く⁉️)



しかし答えは

 

『そうか、わかった。じゃあ、2度と他の放送局では働けなくなるからな』

 

え???

 

そうなんです。全国の放送局はネットワークというもので繋がっており

特にテレ朝とYBCはその頃、同じ系列でつながっていたのでした。

 

????

 

つまりは、

一度決まった就職先を蹴って

他のところに行こうとする

軽々しい娘っ子を

 

この小娘はなにを血迷っているのだ!

そんなことが許されるほど世の中は甘くないのだ

 

と、頭から


ガツンとやられたのでした


結果


テレ朝とYBCが話し合って「大岡裁き」


*ご存知ない方のために

-----

公正で人情味のある裁定・判決のこと。 [由来] 一般に「大岡政談」という名前で呼ばれている講談や脚本・小説などで、江戸中期の名奉行といわれた大岡 忠 ただ 相 すけ ( 越 えち 前 ぜんの 守 かみ )が下す判決のこと。

------



(当時 テレ朝の天皇という異名で知られた小田 久榮門と横山局長とはマブダチだった??

なんという怖い関係)



 私は大学卒業までテレ朝の新しい番組

ニュースステーションで働き

卒業後は新卒採用でYBCアナウンサーとして

山形放送に就職することになった



そしてまた紆余曲折の末

2年半で退職し、アメリカへと旅立ったのだった



そのたった2年と半年の間に培った

局長とのYBCでの繋がりが

30数年後もなぜ続いているか?


これはひとえに


局長の人柄と情報力と

能力にある


私も世界どこに行こうと

日本に帰ってきた時は

山形に立ち寄って挨拶をしてきた


毎年の年賀状(アメリカに行ってからはクリスマスカード)は欠かさず


しかしすごいのは

横山局長は84歳の頃

パソコンを習いメールでやりとりできるようになり


しかもリスポンスも早い!


内容がジャーナリスト!


90歳にしてメールのやりとりがこれだけできる方にお目にかかったことはありません‼️


局長は

膿胸で70代後半に死と直面したことがあり

(それを支えて回復させたのは愛する妻、美代さん)


新しい命ということで

新たに多くのことに挑戦されてきたのです。


なんという逞しさ!



そして今回

ゆっくりと1泊しながら昔話に花が咲き


本当にいろいろあったからこそ

今このような深い繋がりがあるのだと

人生山あり谷ありで良かったんだ〜


納得!


だって30数年経っても


あの私のテレ朝とYBCの

逸話は彼の中でくっきりと

そしてなにも漏れなく

記憶に張り付いているんですから

.....

よっぽどの大問題だったんでしょうね

😅😅😅


こちらにとってもですが😂😂😂



というわけで


古窯のおもてなしも温泉もお食事も素晴らしく









とても楽しく

昔のボスの90歳のお祝いをすることができたのでした



最後に


古窯の2代目女将

「佐藤洋詩恵さん」

とお会いするチャンスがあり

(もちろん局長と女将は大の仲良し)

これまた話が盛り上がり


彼女から直筆のサインとメッセージ入りの

自著「古窯曼荼羅(こようまんだら)」

をいただきました。


なんと「瀬戸内寂聴さん」が

帯を書いていらっしゃる⁉️

すごすぎ🙇‍♀️🙇‍♀️



女将が私に言った言葉

「英子さん

全ては

「May I help you?」

の精神で人と接するのよ


はい!

私もそう思います❤️


山口県出身の一人っ子

一人娘が東京に出て

故郷に帰りたくないからとJALのCAになり

ハワイで出会った人と結婚

気がついたら全然知らない山形県の

旅館の女将になっていたという

強者女将




恐れ入りました🙇‍♀️🙇‍♀️🙇‍♀️


私の周りには


普通を通り越した

逸材がいることを実感した旅でもありました〜



局長、美代さん

そして女将


みんなお元気で❤️



局長が私にそっと囁いた


「英子、僕の好きなことはなんだと思う?」


.....????


「無から有を生み出すことだよ」


奥が深すぎです、局長🙏🙏🙏