クロアチアのドゥブロヴニク空港からアテネ空港経由でサントリーニ島へ

 
乗り継ぎがギリギリで大変でしたが、なんとか無事にギリシャのサントリーニ島へ
 
(ヨーロッパでの飛行機の旅では、なぜかいつも飛行機が遅れたり、故障したりと大変!アメリカも日本と比べたら大変ですが
ヨーロッパでの旅の方が、さらにもっとみんながのんび〜りしているような気がします。
乗り換えの時間はたっ〜ぷりとったほうがいいみたいですよ〜〜あせるあせる)
 
さて、サントリーニ島で私たちを待っていたのは〜!?
 

かの有名な

ラブラブ『断崖絶壁に佇む白く美しい町並みと青いエーゲ海』ラブラブ

 

 

毎日のように巨大なクルーズシップが2つも3つもきているので

多くの観光客は日帰りで立ち寄るようですが

 

私たちはクロアチアからアテネ経由でサントリーニ島の小さな空港に到着

 

そこから私たちの宿泊する街、空港の反対側にあるイアまでは、車で40分ほどかかります。

(Oiaと書くのですが、”おー “ は発音せずに、イアと呼ぶそうです)

 

1番確実なのは旅に出かける前に
あらかじめホテルに送迎を頼んでおくこと。
料金も決まっているし、何しろ重い荷物も運んでくれますから〜

 

実はこの『重い荷物の持ち運び』がここサントリーニ島でのキーポイントなのです!

 

今思い出すと、懐かしい笑い話になるのですが、到着した日は

みんなでびっくり仰天!

 

なぜなら、

ここにあるホテルはそのほとんどが

断崖絶壁に建てられているので、なんと!エレベーターがなくびっくり

全て階段で上り下りガーン

しかも手すりの代わりにロープがついていて

階段も急勾配なのです!

 

私たちのホテルは、Oia(イア)の街の真ん中にあるのですが

ホテルのフロントが一番上の階で、部屋に行くにはこの急な階段をくねくねと降りていかなければなりません。一番上から下までビルでいうと5−6階建でしょうか?

 

フロントから部屋まで、そして部屋からレストランまでなど移動が大変!

80歳の叔母には申し訳なかったですが、がんばって階段の上り下りをしていただくしかありません。

 

ちなみにこのホテルって新婚さんばかり⁉️

私たち7人グループはちょっと居心地が〜〜〜〜〜。。。

😅

ごめんなさい、私たちうるさくって...という感じでした。

 

 

ホテルの部屋は洞窟に穴を開けて掘ったような形になっていて

天井が丸くて可愛かったです。

 

 

 

各部屋の玄関にはジャグジーが置かれ、とてもロマンチックな雰囲気〜

そりゃあ、新婚さんの多いですからね〜ドキドキ

 

ホテルのサービスは最高で、

 

特に驚いたことは上差し

 

たくましいアルバニア人の男性たちが

(私たちは彼らをハーキュリーさん、と呼んでいたのですが)

大きなスーツケースを一人で3つも4つも抱えてこの急な階段を一日中

上り下りしているのです!!

 

 
 

それは驚くべき光景でした!自分たちでは絶対に無理!〜ガーン

スゴ〜く 力持ちですびっくり

 

*******

 

朝起きると、窓の外には

真っ青なエーゲ海が広がり

夢のような美しい景色

 

そこにいるだけで幸せを満喫できる素晴らしいロケーションです。

 

ここで食べた朝食はグリークサラダから始まり

グリークヨーグルト、そして美味しいフルーツの数々。。。

健康的で清々しい朝の光景が今でも目に浮かびます。

 

 
 
 
 
 
 
 

おまけにギリシャの人たちはみんな美男美女?

ホテルのロビーもレストランも、全員がモデルさんのように美人と

イケメン揃いでうちのファミリ〜の話題でした。

 

そして

 

世界で一番綺麗と言われるサンセットを見て感動

 

 

 

この島の各地にあの有名なビザンチン様式の青い丸いドームを持つ

教会があるのですが、イアにもたくさんありました。

この教会を背景に写真を撮ると、誰でも

プロの写真家になってしまいます。

つまり、このサントリーニは、どこをどうとっても絵になるような景色なのです。

 

 

 

 

 

街には小さな可愛らしいお店が所狭しと立ち並び、ショッピングも楽しかった〜

可愛いアクセサリー、麻や絹のシャツやドレス、どれもみんな素敵で欲しくなってしまいます。。。

 

でも、実は日本人は交渉が苦手。

ここでは本当は言われた料金で買ってはいけないのよ、と地元のガイドさんに言われたのですが、なかなか安くしてもらうのは困難でした〜

 

そして!

この島には遺跡もあるんですよ。

サントリーニ島の南端(ナンたん)にある

アクロティリの遺跡は、紀元前1450年頃の大噴火によって 廃墟と化した ミノア文明時代の町です。

 

 


 当時の人口はおよそ3万人だったといわれています。

アクロティリ遺跡の内部もきちんと整理されていて、中に入って見学コースを歩けるようになっています。

殆どが噴火当時の灰に埋もれていたため保存状態が非常によかったということで、当時の生活の様子がそのまま伺えました。

さすがギリシャ!歴史の奥深さにも感動です。

 

それからロバのタクシー

 

 

これもここサントリーニでは有名です。私は今回は乗らなかったけれど

可愛いロバちゃんたちをたくさん見かけました。

ここではロバは大切な家族の一員だし、収入源となっているのです。

 

 

とにかく、

サントリーニ島はどこまでも美しく、私は一生

ここで見た光景を忘れないと思います。

 

 

今回はクロアチアに4泊、サントリーニに3泊してきました。

 

80歳の叔母にとっても、一生に一度の大旅行になったと思います!

 

何と言っても『人生最後の大旅行』だったんですから音譜てへぺろ