野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

野口整体(整体法)船橋全生整体院のブログ

船橋全生整体院 平橋数樹のブログ 整体法、健康、日常について書いています。

脊椎圧迫骨折とは脊柱を構成する椎骨(背骨)が

骨折する病気である。

 

骨折のきっかけは様々であり、ちょっとした家事やクシャミなどで起きる場合や、何も心当たりがない場合もある。

 

また、症状もまったく痛みがでないまま治ってしまって、のちのち何かでレントゲンを撮った時、骨折した痕跡があったりするものから、重度の痛みをともなうものまで様々である。

 

治療法は、コルセットなどで固定しての保存療法が多く、中には外科的手術が必要な場合もある。

 

年配の女性がなるケースが多く、これは骨密度の減少が考えられる。(女性ホルモンの減少)

 

さて、年始の仕事はじめの前日に当院には十数年来ご家族で通われている方より電話があり、正月からご家族が(60歳以上女性)腰?背中?が急に痛くなり動くのもやっとなので診てもらえないかとのことだったので明日の空き時間に来てもらうことにした。

 

来院され症状を聞くと当初よりはだいぶ楽になっているとのことだった。「背中をつけて寝ていると動かなくても痛みが激しい」とのちょっと気になる発言があった。

 

痛む場所がはっきりせず、腰部なのか背部なのかはっきりしない。動作の検査でも痛みの場所がはっきりせず、重度の急性の腰痛症(ぎっくり腰)よりも痛みも軽そうに感じた。

 

整体法は畳で操法を行うため痛みが激しい場合は、治療ベッドに横になるより少し困難であるが、僕の場合、病院の外科病棟で働いていた時に開腹手術を受けた人を翌日、車椅子に乗せてレントゲン室に連れて行くということをやていたので寝かせ方、起こし方は心得ているつもりである。

 

しかし今回は、ほぼほぼ自力でゆっくりではあるが寝たり起きたりができた。伏位になってもらい脊椎を確認するが痛みの場所が特定できない。腰椎部周辺を確認すると第三腰椎左に圧痛を確認。

 

本人に確認すると現在の痛みに近いとのこと。一応第三腰椎の圧痛の処理を行い腹部操法を行い操法終了し、今一度脊椎を調べると操法前とは明らかに感じ方が変わってきて下部胸椎の椎骨そのものに過敏痛が現れた。痛みの感じを確認すると今回痛む痛みとほぼ一致するとのこと。

 

これは怪しいと思い一応圧迫骨折の可能性があるからと伝え二軒先の整形外科に行ってもらった。

 

のちに連絡がありやはり圧迫骨折とのことでコルセットで固定し、その後リハビリとのことだった。もちろん最終的には自然治癒するのだがこのようなケースの場合は僕の場合は整形外科に行ってもらい診断を受けてもらっている。

 

年配者のぎっくり腰の訴えには注意が必要であり、腰椎の圧迫骨折もあり得る。特に痛みが2週間軽減しないものや逆に憎悪するものは圧迫骨折の可能性が大きい。

 

一度レントゲンを撮ったが骨には異常がないと言われたが、僕が診てやはり怪しいので他の病院での検査を奨めたら圧迫骨折だったという例もあります。

 

なんらかの持病を持っていて薬を服用されている方はその薬が骨密度を下げる反応があったりする場合もあるのでそれも注意が必要です。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

メール mailto:info@e-seitaiin.com

ホームページ http://e-seitaiin.com

 本日をもちまして本年の操法を終了いたしました。一年間ありがとうございました。 

 

 今年はコロナに始まりコロナで終わったと言ってもいい年だったと思います。僕もいろいろと思うところもあり、講座も世情を鑑みて中止し、僕のコロナに対する考えを発信することもせず、沈黙を守りブログの更新もせずにいました。

 

病気(身体の変動)と同じで世の中のコロナ騒ぎの勢いが過熱してる時に何をしようとその勢いを止めるのは難しく、整体操法と同じで機を見て輸気、操法を行わなければ効果は得れずと思い沈黙しておりました。

 

この間いろいろとショックを受けたこともありました。整体法を本流である協会で学び操法室を行っている方がコロナ渦において恐怖のあまり操法をやめてしまったということを聞いたり、平常では「自然治癒が最も大事だ。」「風邪は引いた方がいいんだ。」「自分も現役を引退し子供も独立したのでいつ死んでもいい。」などと整体法の考え方を相当理解をされているはずの人がコロナを怖がり家から出られない等、いろいろと自分も考えさせられました。

 

緊急事態宣言下においては患者さんが激変し暇な日々を過ごし、しかし「先生、こういう時こそ整体法でしょう。」とせっせと通われている方に救われながら自粛もせずに淡々と日々を過ごしました。

 

緊急事態宣言も解除されようやく元の状態にもどりつつある中、ここ最近またテレビが騒ぎ出しました。しかし世の中の多くの人は前のような自粛ムードではなく町には人があふれています。

 

これは経済を止めると日本におけるコロナの被害より甚大な被害をもたらすという意見からということよりも、本能的に大丈夫だと感じているのだと思います。この本能の感はおそらく間違っていないのです。

 

不思議なことに知識ではコロナの形状がどうだとか、変位種が現れたとかそこまで分かっていながら何の手立てもないのです。

 

 約100年前にスペイン風邪が今回のような世界的なパンデミックを引き起こしました。生活環境が現在とはまったく違うので比較は難しいですが日本でも役2300万人が感染し38万人に方が亡くなったようです。これが現在でも毎年流行するインフルエンザです。

 

100年前に現れたとされるウィルスを人類は撲滅することができず、しかしその姿かたちは、電子顕微鏡で確認できるが対処法はまだ確立されていないが、世の中は許容して共存している。

 

スペイン風邪(インフルエンザ)から約100年たち新型コロナが流行すると一番の対処法は、3密をさけマスク、手洗い、うがいと100年前と変わらない手立てしかないのである。この分野での医学の進歩はあったのでしょうか?

 

挙句の果てに普段は科学的だのエビデンスだのとのたまっている人達が自然治癒力が大事だなどと言い出す始末である。我々からすると「だからい言ってるじゃん。」という感じである。

 

 コロナやインフルエンザは風邪とは違うと言われる。普通の風邪?もコロナもインフルエンザもウィルス性の感染である。感染力等の違いはあれ同類であることは間違いない。

 

流行性感冒を日本では総称で風邪と読んでいたのである。しかし病状が違う?ということでこれらは普通の風邪じゃないという医学の見解のようであるが同じウィルス感染であることには違いはない。

 

医学においてはどんなウィルスにおいてもそれらを死滅させる方法は確率されておらず、薬といえば対症療法で対処するしかない。「いやいやインフルエンザにはワクチンや抗ウィルス剤がある。それが今回の新型コロナとの差だ。」という人がいるが、インフルエンザワクチンを接種してもインフルエンザにかかるし(本来接種するとその病気かからないのがワクチンであり天然痘から始まったとされる。インフルエンザやコロナウィルスはRNA遺伝子なので変位しやすくワクチンは難しいとされる。)

 

タミフルなどの薬もインフルエンザウィルスを殺してしまう薬ではなく増殖(体内で増えるのを)を抑制する薬である。やはり最終的には、体の免疫システムでウィルスをやっつけるしか手がないのである。

 

ともあれインフルエンザに関してはワクチンがあるから抗ウィルス剤があるからと一種の安心感が

あることは間違いない事実である。今回の新型コロナも欧米でワクチンが打たれ始めたが効果はどうあれ(重大な副反応がなく)一つの安心感をもたらしてくれるのであれば大歓迎であるが、もちろん僕自身は接種しようとは思わない。特に今回のワクチンは従来のワクチンとは違い始めて人類に使用する遺伝子ワクチンと呼ばれるもので、どのような影響があるのか誰もわかっていないものらしい。

 

 一番理想なのは、自然にに新型コロナに対しての免疫を獲得することである。今回この新型コロナは感染しても無症状の人がいてそれが厄介なのだと言われているが、インフルエンザも普通の風邪?も同じある。しかし、いままでは症状があり、検査して陽性の人を感染者といっていたが、今回は症状がないが検査したら陽性とでた陽性判明者を感染者だといっている。

 

普通の風邪?もインフルエンザもおそらく無症状のまま治ってしまう人はたくさんいると思われる。(科学的根拠は全くないが、毎年1000万人以上が感染している現状からみるとそう想像できる。)

 

免疫を獲得するには感染するか疑似感染つまりワクチン接種しか方法はない。しかし前記したようにRNA遺伝子ウィルスは一本鎖なので変位しやすので感染してもワクチンを接種しても完全ではない。

 

だから皆、毎年風邪を何回も引くし、インフルエンザにもかかる。しかし一度同種のウィルスに対しての抗体ができると変位したものにもそれなりに対応できるので重症化リスクが減る。

 

風邪は昔から「引く」という言い方をする。他の病気は、「かかる」という言い方をする。風邪だけは「引く」を使う。

 

感染症だが同じ環境にいても引く人もいれば引かない人もいる。本当にウィルス感染のみの影響なら同じ環境なら全員引くことになる。

 

引かないということはウィルスは体内に侵入はするが増殖する環境にないということではなかろうか。つまりもうすでに同じウィルスまたは似たようなウィルスが体に入ったことがあり、それに対応してしまうからではなかろうか。

 

人類はこれまで数多くのウィルスに感染しそれに対する免疫を獲得してきた。免疫を獲得するには引くしかないのである。よって自ら感染することによって(引くことによって)免疫を獲得し新型があらわれてもある程度対処できるようにしているのではなかろうか。

 

もちろんリスクもある身体がウィルス増殖にたえられなかったり、新型に対応できない場合もある。しかし無菌室で一年中過ごすこともできないのだからリスクを承知で免疫を獲得しにいっているのだろう。それが風邪を引くという表現ではないかと思う。

 

興味のある方は野口晴哉先生のご著書である「風邪の効用」を一読されるとよい。

 

コロナの終息とはどういうことなのか?報道を見ていると感染者が0になり、しかもこのウィルスが地球上から消えてしまわないかぎり終息しないというような雰囲気だが、そのようなことはあり得るのだろうか?

 

100年前のインフルエンザがまだ毎年流行しているのにである。

 

何をするにもリスクは伴う。コロナ以前は日本人は毎年1000万人以上が海外旅行をしていてその中で海外で事件や事故に巻き込まれる人が1万人以上いる。しかし報道される回数が少ないからか、そんなことを気にして海外旅行をやめる人は少ないと思う。ましては海外旅行禁止、渡航禁止とはならない。

 

毎年交通事故で3000人くらいの方が亡くなられるが車禁止とはならない。

 

もちろんコロナに感染しないように最低限の注意をはらうのはいいと思うが過度に気にして、生活しずらくするのはいかがなものでしょうか。

 

繰り返しになるが、多くの人達は本能的にこの日本の状況では毎年のインフルエンザに対する感じで大丈夫なのではなかろうか?と本能的に感じているのである。しかもその本能の感は、間違っていないのである。

 

さて、来年もしばらくの間、似たような状況が続くのでしょうが、過度に怖がらずに本能の感を大事に日々全力を発揮して溌溂と生活しましょう。

 

来年も皆様が日々全力を発揮して生活できますよう努力してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

メール mailto:info@e-seitaiin.com

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 まだまだ暑い日が続きますが、朝晩の風は明らかに変わってきました。

 

 日中は暑いので汗をかきます。疲労を溜めて生活をしている人が、汗をかいたまま朝晩の涼しい風をあてると筋肉が急激に硬直を起こします。すると急性の腰痛症(ぎっくり腰)に発展するケースが非常に増えています。

 

ここ一週間は毎日のように急性の腰痛症の問い合わせがあります。同じように首の急性の痛み(寝違い)もとても多くなります。首の場合は、蒸しタオルで温めれば経過する人が多いですが、腰の場合は、体重がかかるので痛みが激しく我慢できない場合が多いです。

 

 恥ずかしながら自分がなってしまう場合もありますが、その場合、すぐに暖かいシャワーで患部を温めてしまいます。これをやると痛みがはっきりしてきて経過が早まりますが、痛みがはっきりしたことを痛みが増したと感じる人も多いので慣れてない人には奨めません。経過がよくない場合は、ご連絡ください。

 

 これから秋が深まり、お彼岸あたりから急に気温が下がります。すると今まで出ていた汗がでなくなり、排尿の回数が増えます。また、便にも水分が多くなり緩くなります。腹痛のない下痢はこのケースが多いです。体の水分調整が慣れてくると治まります。

 

治まらない場合は、積極的に軽い運動などを行い汗を出しますと整ってきます。夏の疲れが残っているときは鼻、喉の風邪のような症状が出ますが、秋冬用への体のシフトとみてよいでしょう。早めに秋冬用の体を手に入れて冬に備えましょう。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

2020年8月22日(土)整体操法講座 まとめ

 

■開閉型(9種10種)

 9種10種を閉型、開型という。腸骨の閉開の動きに特徴があり、閉じやすいのが閉型(9種)、開きやすいのが開型(10種)である。特に女性は腸骨の動きが顕著で生理や分娩時に大きく動く。椎骨が下に下がりやすい。他の体癖は偶数種と奇数種では肉体的特徴に顕著に違いがないが、9種、10種はあきらかに違う。

 

■9種(閉型)の身体的特徴

 腸骨が閉じやすく横から見る腰が反りお尻がツンと上がっている。小柄で足の裏の内側に体重が乗る。年をとるとどんどん小さくなる。小柄だが筋肉質で股関節から膝までが長い。体重が常に足の内側にかかるのでしゃがむと外側にかかり長時間しゃがめる。

 

9種の特性

 集中するのが早くしかも長く持続する。何かを長い間やり続けたリ、研究したりすることができ、はたから見ると馬鹿馬鹿しいことでも集中するとやり続ける。何か収集する傾向がある。(カード、骨董品、切手など)集中する力が早く激しいため何か刺激を受けると内向し凝固する傾向が強い。

 

 昔受けた恨みもはっきり憶えてゐいて、執念深い傾向が強い。物事に対してこだわりが強く細かなことまでこだわる。人から何かいわれるとそのことについて分析し、自分で納得しなければ行動しない。常になぜそうなるのだろう、あの人はなぜあのようなことを言うのだろうと常に考える。自分の身内、子供を溺愛する。

 

■10種(開型)の身体的な特徴

体 重が足の外側にかかりやすく身体が弛緩しやすい。後ろから見るとお尻が大きくひらべったい。身体が大きくなりやすく、出産前は細かったが出産ごとにおおきくなるのは開型の特徴である。しゃがむのが苦手で長時間しゃがめないので和式のトイレは敬遠する。

 

■開型の特性

 おおらかで他人を信頼する傾向が強く底なしのお人好しでいつも明るくニコニコしている。母性的で自分の子供以外でも抱え込んで大事にする。ペットなどを多く飼っているひとは開型傾向が強い。

■閉開型の調整

 椎骨が下がりやすいので異常のある椎骨を持ち上げる。骨盤の開閉操法で様々な異常が経過しやすくなる。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 

2020年7月25日(土)整体操法講座まとめ

 

捻れ型(7種、8種)

■身体的特徴

 体が捻れていて胴が太い。

足の重心が左右違い左右の靴の減り方が違う。(片方がつま先が減り、片方が踵が減るなど)

 

■特徴

 体の動きが早く、行動的で声が大きい。気持ちが入ってくると声が大きくなり唾を飛ばしながら大きな声で話す。前後型も行動的だが、うまく調整しながら行動できるが捻れ型はブレーキが効かずについついやり過ぎてしまう。

勝ち負けにこだわり、勝つか負けるかが行動の原点である。

8種は凝固型なので表に積極的に出さないが、何か言われるとすぐにふくれて顔に出る。それを注意されても反発する頑固で強情な部分がある。

寝相が悪く鼾が大きい。

 

■捻れ型の体の変動

 疲労すると喉が痛くなり、左右の痛みがはっきりしていて、片方が治るともう片方が痛くなったりする。泌尿器系に変化を起こしやすく緊張すると頻尿、乏尿、膀胱炎などになりやすい。

 

湿気に弱く身体が浮腫みやすい。股関節に変動を起こしやすく偏平足になりやすい。痛風、リュウマチなどになりやすい。身体が捻れているのが普通で捻れの起点は腰椎3である。他の部位で捻れると体に変動を起こす。

 

■捻れ型のマーク部位

頸椎5(咽頭痛)

胸椎10(泌尿器調整)

胸椎5.6(発汗異常、胃酸過多)

股関節(捻れ調整、股関節異常調整)

腰椎3(捻れ調整)

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 

2020年7月11日(土)整体法基本講座まとめ

■腕の第一、第二、第三の復習

 

■腕の第四調律点

前腕後面の肘窩の少し下にあり、腕の疲労時の腕の回復に有効。消化器系、特に胃の調整にも用いる。

 

■腕の第五調律点

肘窩横紋外端近辺にあり体の内部の炎症を抑える。

肘窩横紋内端近辺は行動力と関係し、計画をするが行動できないなどの時にやる気が出る。

 

腕の操法を行う際、まずは急処を指で押さええる。次に刺激の角度を正確に捉える。なるべく小さい動きで速度をつける。相手の呼吸をコントロールする。これを一連で行うことが望ましい。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 

2020年6月27日(土)整体操法講座 まとめ

 

■前後型体癖(5種、6種)

身体的特徴

 肩に特徴があり(肩幅が広く、肩に目がいってしまう。)、手足が長く顔が小さく逆三角形体型であり、腰から前かがみになりやすい。重心は前にあり、行動するのに頭から前に前に行動するような感じになる。お辞儀をすると踵に重心がのり、お尻を後ろにだす。座礼する時はお尻が浮く。体型的には5種、6種の違いはない。緊張すると肩に力が入り抜けにくくなり。気が付くと肩に力が入っている。肩の力が抜けないと腕を使うので腕も疲労する。

 

5種傾向の特徴

 考えるよりまず動き、動きながら考える。動くと頭が働きさらに行動できる。人もそうだと思い、「まず動け」「停滞は後退だ。」などとよくアドバイスする人は5種傾向が強い人である。

 積極的で行動派なのでスポーツ選手、起業家、敏腕営業マンなどに多い。計算も計画も行動もできる現代人としては理想的な傾向が強いが、無謀で冒険的な行動も多い。

多人数でいる時はみんなでワイワイするが一人の時はすぐに眠くなる。

 自分が窮地に追い込まれると容赦なく人を切ることができるので冷たく感じることもある。

積 極的な行動の裏には何かの不安、恐怖などがあり、それらを克服しようとたえず行動する。

 年齢が進み目標を失うと元気がなくなる。そのような場合は何か目標、希望を持たしたり逆に不安を煽ると回復する。

 

■6種の特徴

 呼吸器が過敏で弱く(気管、肺)咳、鼻の風邪を引きやすい。

 何かを言われるとすぐに顔や行動に現れる。

 体の波が低調期になると肩に力が入り行動ができずに言動が激しくなる。人には勇ましい言葉をかけて動かすが自分は動けない。

 言葉で溜まったエネルギーを分散しようとするが分散できずに内にこもり体に変動を与える。

 それらをさらに分散しようとヒステリックな行動を起こす。

 このような心理的な体の変動は本当の病気(癌などに)に発展してしまうケースも多い。

 そのような行動の裏のには何かの目的を果たそうという意図があり(無意識的で本人は自覚していない。)その目的が果たせないうちは身体の変動を繰り返す。(周期的におなじような変動繰り返す。)

 

■前後型の急処

腰椎5.3.1の調べ。

腰椎3が捻れていれば捻り操法を行う。

腰椎5が硬ければ腰部活点を調整。

腰椎1の1~3側調整。

肩、腕の疲労がある時は胸椎3.4.5調整。腕の第七操法。

恥骨操法

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

 

 新型コロナの影響により4月18日(土)に予定しておりました輸気法1日講座を延期いたします。 

また、2020年6月開講の整体法基本講座(通年講座)も本年度の講座日程がずれているため開講を延期いたします。日程に関しては未定ですが、世情や開催場所の状態を鑑みて決定したいとおもいますのご了承いただきますようお願い申し上げます。

 一日も早くこの状態が収まりますよう祈るばかりですが、皆で一丸となってこの危機を乗り越えましょう。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

 

2020年2月22日(土)整体操法講座まとめ

 

■左右型身体的特徴

 左右のどちらかに重心が偏りやすく運動も左右に偏るため靴の左右の減り方が違う。足の重心側が太く重心側の腕も力がはいるのでそちらにカバンをかけて歩く。体の左右の厚みが違う。背中の両側(三側)に硬直がある。寝る時は疲れている側を上にして横向きに寝る。風邪などひく前は逆に寝る。疲れている側の足を上にして膝を組む。

 

■左右型の気質

 色に敏感で派手な色を好む。洋服など着崩れや自分に似合うなどは気にせず色だけは気にする。整理整頓が苦手で鞄の中はゴチャゴチャしている。料理が得意で好きだが片付けが苦手。行動の元は好き嫌い。いくらこちらが得だからと説得されても嫌いだからで終わってしまう。

 

■左右型の傾向

 三種は交感神経、四種は副交感神経に過敏反応が起きやすい。顕著に変動を起こすのは胃、心臓、腸である。

 

■左右型の急処

 重心側と逆の腰椎2、胸椎の三側、下頸。肩が凝りやすく肩が凝るのは左右傾向の現われである。

 

■三種

 まるっこい体型。胃袋が丈夫。どこが悪くても食欲が出ればよくなる。食べられないというのが一番の苦痛。

 

■四種

 直線的な体型。胃袋を調整しても食欲が起こらない。頭の中で緊張している原因を調えると胃が働きだす。感情の乱れがあると胃に影響する。昔受けた感情の塊が残っている場合も多く、それも体に影響する。自分の感情を表に出せず押さえてしまうそれが体に影響する。何も感情がないかの如く誰にでも同じように穏やかに接し、心の中は不平不満の塊。人に責めてほしいがせめてくれないと自分で自分を責める。普通は人に責められると反発するが、感情がかえってやわらぐ。食べ物の味がわからない。二種は首が硬くなるが四種は腹部鳩尾が硬くなる。

 

■左右傾向の調べ

片足立ち

腸骨の高さ、伏位で弾力を見る。

お尻の大きさ、足の長さ、太さ、椎骨、肩甲骨と脊椎の距離、胸の厚み

 

■左右型の調整

重心側の足の調律点

力の抜けない足を使い骨盤調整

腰椎2三側、胸椎三側、腹部1.4、下頸

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com

輸気法一日講座開催のご案内
          
    現在、船橋全生整体院では整体法基本講座(輸気法講座)を一年を通しての通年講座として開催しております。(毎年6月開講)その前身であります家庭でできる整体法、輸気法一日講座をご要望により開催いたします。毎月の講座のご参加ができない方、基本講座受講を考えている方の体験としても是非ご参加ください。
          
    整体法の根本であります本能の医術、輸気を学んでいただき、ご自分やご家族の健康維持にお役立てください。輸気を学ぶことは今後の人生の財産だと考えます。
          
場所   船橋武道センター(第三会議室 和室)              千葉県船橋市市    場1-3-1<BR>
                (変更する場合があります。)
          

日時   2020年4月18日(土) 17:15~18:30
                (変更する場合があります。)
          
アクセス JR船橋駅より徒歩13分(詳しい地図)
          
費用   輸気の会 会員 3000円(会員同一世帯ご家族も同額) 
             一般      4000円
      (現金でのお支払いでお願いいたします。)
   輸気の会ご入会に関してはお問合せください。
         

お申し込み お問合せ 船橋全生整体院

電話047-423-0652 e-mail  問い合わせ

申込み用紙ホームページよりダウンロードいただけます。(PDFファイル)

こちらからお願いします。

 

船橋全生整体院は、自然な体を愛する人を応援いたします。自然治癒力は、生きていれば誰にでもある力です。それを働かせることの応援をするのが整体法です。身体のことでお悩みの方はご来院ください。

 

船橋全生整体院 電話予約 047-423-0652 

ホームページ http://e-seitaiin.com