相承

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

( 仏の教えを受け継いでいく

                ―瑩山禅師七百回大遠忌予修法要―

 

                             洞林寺住職

 

1、總持寺での大遠忌予修法要

 

 11月28日、曹洞宗宮城県第二教区主催の団体参拝旅行で大本山總持寺に参拝して参りました。参拝団の参加者は、教区の住職と副住職が十七名、檀信徒三十七名、総勢五十四名でした。洞林寺からは護持会副会長の横田俊明さんと護持会役員の黒川利博さんがご参加いただきました。

 大本山總持寺に団体バスで到着し、檀信徒の方々は本山内を修行僧に案内されて拝観して本堂である大祖堂へ。我々僧侶は法衣に着替え、大祖堂の東側に立ち並びます。参拝団の檀信徒は須弥壇上の

)太祖瑩山禅師様に向かって正面の八尺間に座ります。殿鐘が鳴り始め、總持寺の役寮と修行僧約五十人が入ってきて大祖堂の中央大間に並びます。そして、焼香師、第二教区長大林寺御住職が本山役寮に先導され上殿して、太祖瑩山

)禅師七百回大遠忌予修法要法要が始まります。

大本山總持寺 大祖堂(だいそどう) 

 

焼香師は初めに太祖瑩山禅師の遺徳を讃える法語を読み上げます。

 

光を伝え 徳を弘むる諸嶽山

大祖堂裏 報恩の(えん)

法灯七百 忌景(きけい)を迎え

心香一片 真前に拝す

 

法語の意味を意訳し補足しますと、

「瑩山禅師様が提唱録『伝光録』で述べられているように、お釈迦様の教えが祖師方に伝えられ、瑩山禅師様が更にお弟子様たちに伝えて、そして我々にも伝えて来られました。そして瑩山禅師様は貴賤を問わず多くの人々の心に寄り添い、徳を弘めて来られました。それが、ここ諸嶽山總持寺という道場です。今ここ總持寺大祖堂で報恩のための法要を勤めさせていただきます。瑩山禅師の法灯を今に伝え、七百回忌という大きな節目を迎えております。心を込めて御香を焚き、謹んで瑩山禅師様にお拝させて戴きます。」

 

 焼香師は法語を唱え終わると、須弥壇

()前に進み、太祖瑩山禅師様に蜜湯、菓子、御茶を御香に薫じ、瑩山禅師様の御真前にお供えいたします。これを献供(けんぐ)と言います。

 

 

 献供(けんぐ)  焼香師が蜜湯、菓子、御茶を香に薫じてお供えします

 

 献供が終わり、読経が始まります。第二教区参拝団一同、本山役寮の案内で前に進み、太祖瑩山禅師様にお焼香させていただきました。続いて参拝団の先祖代々を供養する総諷経をお勤めいただきました法要終了後、大祖堂前で記念写真を撮り、總持寺を辞しました。

 

2、大悲真読(だいひしんどく)

)と二祖

()

()禅師

 

 總持寺では毎日の朝課の御両尊諷経や歴代禅師様の正当法要の際に、大悲陀羅尼(だいひしんだらに)というお経を唱えます。この度の大遠忌法要でも大悲心陀羅尼をお唱えしました。總持寺では、大悲真読と言って非常に非常にゆっくりと唱えます。

 

  読経 大悲真読

 

 瑩山禅師様が亡きあと、峨山(がさん)禅師様が總持寺二祖となりました。峨山禅師様は瑩山禅師様終焉の地である羽咋の永光寺(ようこうじ)の住職を兼務していた時期がありました。どちらも瑩山禅師が開かれた大事なお寺です。峨山禅師様は毎朝未明に羽咋・永光寺の朝課を勤めてから、能登半島を南北に貫く十三里の道(峨山道)を走り抜け、能登・總持寺の朝課に駆けつけたと言われております。日々、師匠瑩山禅師様ための報恩の行を繰り返されたのでした。能登總持寺では峨山禅師の到着を待つため、大悲心陀羅尼をゆっくりゆっくりと読むようになったと言われております。その伝統が大悲真読という形で今日に受け継がれています。

 

        輪島市門前町 大本山總持寺祖院の大祖堂

                  總持寺祖院側の「峨山道」入口

  羽咋市 永光寺(ようこうじ)の本堂


      永光寺側の「峨山道」入口

 

3、相承   ―「両箇(りょうこ)の月」という逸話ー

 大本山總持寺では、大遠忌のテーマを「相承(そうじょう)」としております。相承とは、師匠から弟子へ正しい仏の教えを伝え、途絶えることなく次の弟子たちへ伝えていくことです。釈尊からわった正伝の仏法は、インド、中国と嫡々相承して大本山永平寺開祖道元禅師様そして大本山總持寺開山瑩山禅師様に至り、瑩山門下のお弟子様たちが全国へと教えを広め、寺院が建立され、日本一の寺院数を誇る曹洞宗となりました。

  

   大本山總持寺御開山 太祖瑩山禅師様

大本山總持寺二祖 峨山禅師様

 

 瑩山禅師様が弟子峨山禅師様を指導された時の「両箇(りょうこ)の月」という逸話があります。

 

若き日の峨山韶碩禅師は瑩山禅師の徳望を伝え聞き弟子入りし加賀大乗寺で修行に励まれました。或る時、瑩山禅師が「月が二つあることを知っているか」と峨山禅師に問われました。しかし峨山禅師は意味が分からず、その答えを求め修行に没頭する日々を過ごしました。ある日、月夜の坐禅中、近くに来た瑩山禅師の弾指した音により大悟されました。

佐藤俊明著『二つの月』表紙

 

 “二つの月”とは、天上に輝く月と、 自らが宿している月のことです。天上に輝く月は、仏法そのものを指します。そして、私たち一人一人にも、月(仏法)が宿っているのです。仏様の教えを象徴する“月”は、外側から常にその光を私たちに注いでくれています。その教えをいただく私たちは、言葉や文字を通じてそれをわかったつもりになっているようですが、それは仏様の示された教えそのものではありません。自分の外側に見えている月、それは実のところ月を指し示す指でしかないのです。私たちが仏様の教えを受け止めて自分のものとし、自らの生き方や生活の中に活かすことが出来て初めてその教えは本物の“月”となるのです。

「仏様の教えを受け止め、実践する私たち一人一人にも同じ月が宿っているのだ。」と瑩山禅師は峨山禅師にお伝えになられたのです。そして、峨山禅師に伝えられた教えを受け継いで、我々もしっかり学び修行していく。それが、大遠忌のテーマである「相承」なのです。

 お檀家の皆様の御先祖は御戒名を受けて仏弟子となっております。皆、道元禅師様瑩山禅師様の門下生です。皆様もいずれ門下生になります。正伝の仏法を学び、次世代に相承してまいりましょう。

 

                洞林寺護持会会報『錦柳』令和6年新年号 掲載

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

あけましておめでとうございます

 

謹賀改歳 令和六年  

甲(きのえ)辰(たつ)歳 元旦

 

   御尊家御一同様の

御清祥と御多幸を祈り、

    謹んで新年の

ご挨拶を申し上げます

 

      錦柳山洞林寺  住職  吉田俊英

 

正月の花を生ける際に、「難を転じる」という縁起をかつぐ意味から、南天を用いるそうです。新年早々天災人災が続いておりますが、難を逃れることが不可能であっても、難を転じていくことは可能だと思います。

 

 元旦の石川県を中心とした大地震、2日の羽田空港の事故と、新年草々残念なニュースが続いております。被災された方々には心より御見舞い申し上げます。恐らく倒壊した家屋の下敷きとなり、救助を待っておられる方も居られるかもしません。ただ只御無事をお祈り申し上げます。

 

 私は2011年3月11日の東日本大震災で震度6強の揺れを体験してます。今回の能登半島の震度7の直下型の揺れは、其れ以上だったのだと思います。能登半島は度々強い地震に見舞われています。比較的最近では、2007年3月25日に最高震度6強の地震が石川県輪島市や穴水町などで大きな被害がありました。18年前の被災から立ち直ってきた矢先のことだと存じます。これは他人事では無いですね。再び東日本大震災級の地震が発生するかもしれません。再び被災地となり得る可能性は少なくありません。備えは必要だなあ、という思いを新らたにしております。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

曹洞宗宮城県第2教区 大本山總持寺参拝団参

 

 我が寺は曹洞宗宮城県第2教区に所属しております。第2教区では太祖瑩山禅師七百回大今季を記念して、教区挙げての本山参拝旅行を企画し、11月28日からのニ泊三日の参拝旅行が執り行われました。

 

 来年の太祖瑩山禅師七百回大遠忌に向けて、本年は日本各地の管区と海外の国際布教総監部で大遠忌予修法要が執り行われております。また、大本山總持寺でも、本山参拝団による大遠忌予修法要が厳修されております。第2教区本山参拝団も教区長が焼香師をお勤めする形で11月28日に大遠忌予修法要を執り行うことになりました。

 

 焼香師である教区長は總持寺の石附大禅師猊下や渡辺監院老師に拝問する必要があり、其の随行として前教区長と私も教区長と一緒に大本山總持寺に先乗りすることになりました。余裕を持って早めに到着するよう出発し午前9時20分に大本山總持寺に到着。焼香師様は専用の控室に案内され、我々随行の者はかなり離れた控室に通され、しばらく待たされ、迎えの者が来て監院寮に案内され、威儀を正して監院老師に御挨拶。御茶をいただき控室に戻り、待機。其の間、焼香師は大祖堂で法要の打合せを行っていたようです。精進料理の昼食を頂戴する。修行時代、典座寮にいたこともあるので、懐かしい。また控室に戻り、法衣に着替えお袈裟を着ける。係の雲水が来て、紫雲台に案内される。普段両大本山の禅師様にお会いする機会は皆無に等しいが、十月末に曹洞宗学術大会聴講のため宗務庁に行った際に、石附禅師様も来場された時以来である。

 それ以前となると、20年ぐらい前だろうか、石附禅師様がまだ大雄山最乗寺の山主時代に隣の林香院さんの先住さんが遷化された際、弔問に来られた。玄関で遺弟がご挨拶されていた時、たまたま私は側に居て話を聞いていた。古刹大雄山の堂長老師だけど、当時はまだかなり若々しかった。あれから、20年。私も歳を取ってしまったが、やはり禅師様もご高齢になられたなあ。

 

        石附禅師様拝問のときの記念写真

 

 拝問を終え、そのまま大祖堂の地下で待機し、参拝団一同が大祖堂に来た時点で合流。大遠忌予修法要が始まった。

 

 

後のことは、別記事で投稿します。

参拝団の旅程の一部をスナップ写真で紹介しておきます。

  屋形船で夕食

  レインボーブリッジ

浅草の観音様

           皇居前 楠木正成公銅像

 

      日光東照宮  唐門

       見ざる 言わざる 聞かざる

         眠り猫

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

不動堂の鰐口と鈴の紐も新調

 

不動堂正面の鰐口と鈴の紐も新しいものに取り替えました。

 

 

 

屋外にあるものは風雨に晒されるので、どうしても傷みやすいですね。

 

まっさらな鰐口緒と鈴緒に取り替えて、良き新年をお迎えしたいと思います。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

今年も「除夜の鐘」を行います

 

例年通り、除夜の鐘を行います。

 

 

洞林寺の場合、午前0時の時報と共に、住職が最初の一声を

鳴らします。住職が三声撞いて、お並びの方に交代致します。

 

鐘を撞くのは、一人一声ずつにお願いしております。

鐘を撞く前に、手を合わせ、鐘に向かって合掌礼拝してから、

撞くようにしてください。

除夜の鐘は午前1時までとさせていただきます。

 

梵鐘の鎖を新しいものに替えました。

撞木の釣り紐も新しいものに替えました。

 

暖を取るために、ストーブで薪を焚いております。

天気予報では、仙台は大晦日まで暖かい日が続くようです。

但し、元旦には最低気温が氷点下になるようです。寒さ対策をしてお越しください。

 

マスク着用は各自にご判断にお任せ致します。

手指用の消毒液を用意しております。

甘酒の提供は控えさせていただきます。

 

場所 仙台市若林区新寺五丁目4-28 曹洞宗 洞林寺

除夜の鐘 大晦日24時(0時)から午前1時まで

洞林寺の場所 :仙石線榴ヶ岡駅から南に徒歩5分。

       :地下鉄東西線 宮城野駅から東に徒歩10分

               連坊駅から北に徒歩10分

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

親戚の道安寺様の普山結制

 

いろいろと大事な行事やイベントが有っても、なかなかブログに掲載できないで、一年が終わろうとしております。

 

10月21日22日、宮城郡利府町の道安寺で、十八世雄峯義順大和尚13回忌、庫裡会館落慶法要、そして現董義弘師の晋山結制が厳修されました。

 

新命和尚  山門頭到着

 

晋山式

 

晋山上堂

 

秋晴れで、暖かく、非常に天候に恵まれ、すべてが滞りなく勤められました。道安寺様、誠におめでとうございます。

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

洞林寺婦人会の遠足 横山不動尊

 

 以前は、婦人会の会員が20名前後居ました。毎月28日に不動堂でお参りする不動講もあり、講員が十数名おりました。(東日本大震災直後、講員の健康上の理由も有って、閉じることになりました。)婦人会と不動講の合同で、日帰りバス旅行を開催したことがありました。また、不動講だけで、利府の菅谷不動尊と津山の横山不動尊を参拝したことがありました。

 

 令和4年11月、洞林寺婦人会で久々に遠足を行いました。今年は9月29日に行いました。

 

 まず洞林寺本堂でお焼香してから、寺のワンボックスカーに乗り、出発。津山町大徳寺にある横山不動尊に向かう。大徳寺の橘智法住職には当日急に行ってご迷惑とならないか確認していたので、わざわざ我々一行を出迎えていただきました。御住職直々に国の重要文化財に指定されている横山不動尊の由緒やエピソードをご説明くださって、婦人会の方々も恐縮しつつ、かしこまって拝聴してました。

 

 

 

 

 

昼食は南三陸さんさん商店街の食堂で、お好みの海鮮丼を注文し、舌鼓。

 

 三陸道で登米インターに向かい、「みやぎの明治村」教育資料館を訪問。ここの教室の机が私の通った小学校の勉強机とそっくりで、懐かしい思い出が蘇る。表面が研磨していないから凸凹がかなりひどく、下敷きを使わないとノートや答案用紙に穴が開いていまうような机でした。昭和30年代はまだ貧しかったなあ。

 

 

 婦人会の方々にとって、やはりスイーツは大事なようです。武家屋敷をカフェにした春蘭亭で、お菓子と抹茶を召し上がる時が一番楽しそうでした。日帰り旅行の締め括りに此処を組み込んで正解だったようです。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

洞林寺終活講座  再開しました

 

 6年前から秋彼岸法要終了後に「洞林寺終活講座」を開催しておりました。新型コロナウイルス感染防止のため3年間中止を余儀なくされました。令和5年9月23日、四年ぶりに終活講座を再開することが出来ました。秋彼岸法要終了後、本堂を会場に、洞林寺の檀家でもある弁護士の富澤秀行先生にお願いして、「相続の基礎知識―遺言書の作成を中心にー」という題で40分ほどお話をしていただきました。

 

 

 

 人其々家族親族の関係は異なりますし、保有する財産の状況も異なります。誰もが必ず遺産相続を経験しますが、其の内容は一人一人異なってきます。すべての人に共通するお話をすることは不可能ですが、今回は遺言書のことを中心に資料を準備して、お話していただきました。当日出席された皆様も、自分の財産に、そして子孫の財産に関わる事だけに、非常に真剣な表情で聴講しておられました。遺言書が不要な場合もあります。しかし、一方で遺言書が無いため、後に残された方が困ることも有ります。遺言書が書いてあっても、その中身も大事です。無配慮な遺言書であったため、家族親族や関係者に迷惑をかける場合もあるのです。限られた財産であっても、うまくバトンタッチするには事前学習と事前準備が必要です。今回の終活講座がそのための一助となりますことを願っております。

 

 当日の資料は住職と富澤先生と何度か協議して作成しました。(住職も一応大学の法学部を卒業してます。税務署の資産税部門での実務経験がありますので、一般の方よりは専門知識を有していると思います。)富澤先生は資料作成のためにも多くの時間と智慧をご提供くださいました。心より感謝申し上げます。秋彼岸法要の供養を申込まれた方で当日来られなかった方々には「回向之證」と一緒に「終活講座資料」もお送りしました。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

大本山總持寺御開山瑩山禅師 七百回大遠忌記念シンポジウム

 

 曹洞宗総合研究センターの第25回学術大会が10月30日31日、曹洞宗宗務庁のある東京グランドホテルに開催され、聴講してきました。来年が曹洞宗の両祖のお一人太祖瑩山禅師様の700回大遠忌と言うことから、特別記念シンポジウムが開催されました。

 

 大遠忌のためのシンポジウムということもあり、宗務総長が挨拶され、内局である各部長も参列されていた。大本山總持寺の紫雲臺猊下と監院老師と後堂老師の席が用意されておりました。司会者から「会場の皆様、紫雲臺禅師猊下がご来場されますので、起立してお迎えください。」という声が有り、起立し合掌したところ、石附禅師様が入場されました。着席される前、禅師様は我々来場者に向かって合掌礼拝して下さいました。たいへん有難い其の御姿に、私も感激の気持ちを込めて深々と合掌礼拝させていただきました。

 

 

 シンポジウムの登壇者は、駒大の元学長池田魯参先生、総研の元主任研究員竹内弘道先生、阿波城満寺住職田村航也師、総研の講師の尾崎正善先生。基調講演が有って、更に登壇者が3人居て、最後にパネルデイスカッション。2時間と言う時間に収まるかなあ、と心配していましたが、正直時間が足りないと感じました。私は曹洞宗の僧侶ではありますが、先の記事に書いた程度の知識は持ってますが、瑩山禅師の著作等をちゃんと読んでいる訳ではありません。登壇者の発表を聞いても十分に理解するだけの力量はありません。ですから、シンポジウムの内容について論評することは出来ません。昔から知っている顔ぶれも多かったから聴講する気になって、東京までやって来ました。(別な目的もありましたが)

 

 私が駒大の3年生の時に、池田魯参先生の講義を受講しました。もう40年前です。池田先生は中国天台教学の専門家であり、道元禅師についての著作も有ります。瑩山禅師については今まで論文等を書いていなかったと思ってましたので、何で池田先生が登壇するのかなあと少々不思議に思ってました。駒大の学長を退任した後、総研で講義を持った際に、研究員と「傳光録を読み始めました。自分の不徳を恥じましたが、曹洞宗の僧侶として瑩山禅師について勉強不足でした。そして、読めば読むほど傳光録の素晴らしいがわかってきました。」という趣旨のことを語って居られた。ここまでの話はとても良かったけれど、池田先生の知識が豊富すぎるせいか、話が脱線してしまい、基調講演と言うにはまとまりを欠いたように感じました。でも、40年前と変わらぬ声を聞いて、池田先生のバイタリテイに敬服いたしました。紀要に基調講演を掲載する際にはかなり加筆訂正して載せると思います。池田先生がどんな加筆訂正した基調講演を載せて下さるか、楽しみです。

 

 竹内先生は現在私の実家の寺と同じ教区の寺の御住職をされて居られる。奥様の御実家の寺である訳ですが、こちらの先住様は私の父と仲良かったし、私の実家の寺の法要の際もたいへんお世話になりました。昔の宗学大会や学術大会で竹内先生にお会いした際、善龍寺様(竹内先生の岳父)の近況等を伺い、「私の父がお世話になってます。」と挨拶したりしてました。以前竹内先生と話をした際、「大学院や宗学研究所のころは中国禅宗史を研究してきたが、そのことが傳光録を読むのに役立っている。」と語って居られたことがありました。ご自身が傳光録について研究してきた成果についてかなり入念な資料を準備されて居られました。発表の時間が限られており、全部の発表は出来なかったようでした。時間が足りなかったのだと思います。

 

 尾崎先生は駒大では私よりも一学年先輩だったと思います。故石川力山先生の課外ゼミに参加させていただいていたことがありますが、尾崎先生もちょっとご一緒だったことがありました。尾崎先生は曹洞宗の法要儀式について長く研究しており、また横浜市内の曹洞宗寺院ということもあって近代大本山總持寺の歴史についても丁寧な研究をして居られる。

 

 城満寺は瑩山禅師が開創されたお寺ですが、長く途絶えていました。渡辺頼應老師が発願して復興事業を始められ、其の御弟子である大槻哲哉老師が全国を勧募で回られ、伽藍整備して来られた。三十数年前のことですが、城満寺の先代住職の大槻老師が当寺にも勧募に来られたことがありました。僅かばかりでしたが、勧募に御協力させていただきました。元々は岩手県の県南部の寺の出であることを申し上げたら、「ああ、あのお寺様ですか。あなたのお師匠様にはあちらの教区を回った際には、大変お世話になりました。」と御礼を戴きました。其の後、大槻老師は病に倒れて病床にあると聞きましたが、その後任として田村師が城満寺に入られたのでしょう。田村師は大本山總持寺から毎月刊行されている『跳龍』に原稿を書かれて居られるが、学識高い方のようである。

 

 

シンポジウムの詳しい内容は、総合研究センターの紀要が毎年4月ごろに刊行されます。そちらの方をお読みください。

 

 尚、現在次男が総合研究センターの教化研修部門の研修生として在籍させていただいております。3年目と言うことで、次男も一応発表しました。その詳細を語るのは親馬鹿をさらけ出すだけなので、控えさせていただきます。

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村

伝道標語 令和5年 秋彼岸

 

秋彼岸中に掲示した伝道標語です。

 

今日で秋彼岸は終わりましたが、しばらくは掲示していると思います。

 

 

うまい話にゃ

 ウラがある

耳に痛い話こそ

 自分のためになる

 

 標語としての出来はイマイチであること

は重々承知しております。でも、大事なこと

だと思います。

 若い時は、お年寄りの忠告や説教なんて

敬遠していました。ましてや、思い出話なんて

聞かされても理解不能な場合も多いだけに、

早々に用事をでっち上げてその場を立ち去って

いたと思います。同じような経験をされた方も

多いと思います。今の若い方なら、忠告や説教

を堂々と拒絶するかもしれません。

 

 

 私自身が「年寄り」に分類される年齢に

近づいてきているせいでしょうか、もっと真剣

に忠告や思い出話を聞いておけば良かったなあ

と反省することも多いです。

 すべての忠告や思い出話がためになると限り

ませんが、ためになる話もたくさんあります。

其の時は聞く耳を持たず無関心だった話でも、

かなりの時を経て思い返すと、其の時の話が

とてもためになる話だったことに気付くことは

多いのです。とても貴重な機会であったことに

気付くことも多いのです。後になって「あの時、

もっとちゃんと聞いておけば良かったなあ。」

と航海することは多いんです。

 

 

祖父から聞いておけば良かったなあ、

と後悔していること

 

 

 私の祖父千葉愨道和尚は岩手県千厩町大光寺

25世として昭和10年から昭和48年まで住職を

勤めておりました。大光寺住職となる前の数年

間、群馬県館林市の雲龍寺の住職を勤めていた

そうです。

 私が小学校か中学校の頃、祖父は「田中正造

は偉い人だった。」「古河市兵衛は悪い奴だっ

た。」と語っていたことがありました。一応、

田中正造の名前は本を読んでしていました。

明治期の衆議院議員であり、足尾鉱山から流

れた鉱毒被害に苦しむ民衆のため、尽力され

た活動家です。被害者救済のため、明治天皇

に直訴を試みたが、目的は果たせなかった。

古河市兵衛は足尾鉱山のオーナーであり、

古河財閥の創始者です。

 なんで祖父は突然田中正造や古河市兵衛の

ことを言い始めたのか、其の当時の私は全く

理解できなかった。だいぶ後になって、田中

正造翁が逝去された際、密葬が執り行われた

のが雲龍寺であったことを知りました。祖父

の先代か先々代の御住職が勤められたのだろ

う。古河財閥と政府の癒着のため、鉱毒被害

が矮小化されたり、谷中村を鉱毒解消のため

の遊水地にしようとして廃村とさせたり、か

なり非道なことがあったようです。祖父が

雲龍寺の住職していた当時、明治からさほど

時間は経過しておらず、足尾鉱毒被害や谷中

村滅亡を目の当たりにした方々がたくさん存命

しており、多くの生の証言を聞いていたと思い

ます。

 足尾鉱毒事件は日本産業史の大きな汚点で

あり、日本公害史の原点とも言える事件です。

 

なんでちゃんと聞かなかったのかなあ。馬鹿で

すねえ。私は。と悔やんでおります。

 

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 仏教へ
にほんブログ村