• 17 Oct
    • あたりすぎて怖い?ソクラテスの予言

      どこかの安っぽい占いのようなタイトルですが。。 えーいくつか続いてきておりました、「寛容な社会」に対する漠然とした不安シリーズ(?)一旦この怪しげな予言にて終わりにします。 シリーズといいながら、LGBTと人種差別問題、そして日本の不倫叩きについて若干書いただけですが、多くの人が、最近のテレビやCMがクレームですぐ謝罪や中止になってしまうこと、一部のモンスターペアレントにより追い込まれる教育現場、セクハラ、パワハラ、マタハラを恐れて、逆に風通しが悪くなっているように見える職場など、「寛容」「多様性」という名のもとにどんどん窮屈になってきている社会に漠然とした不安を覚えているのではないかと思います。(私だけかな??) そして、さかのぼること2千年以上前に、この状態を、あのギリシャの哲学者ソクラテスが予言していた、としたら、あなたは驚くでしょうか?驚いてね トランプが当選した昨年の大統領選の後に、イギリスのBBCが放送した番組があります。その番組の宣伝映像がものすごく衝撃的でずっと心に残っておりました、のでそのご紹介をしたいと思います。この番組自体はソクラテスの予言通りに民主主義社会が進化し、やがてトランプのような人物を選ぶ、そして民主主義は、、、。というトランプ批判?の番組だったようです(番組自体は見れませんでしたので、コメントは差し控えます)。 こちらなのですが、Facebookバージョンの方が字幕があってわかりやすいのですが、そのバージョンはYou tubeでは見つからなかったので英語の勉強と思って書き起こしました。Facebookバージョンはこちら。  (もちろん字幕バージョンを見ながら。。訳は拙訳ですが、ご参考に)わからなくても、この映像自体がなかなかカッコいいです。ビジュアルの力は偉大です。 As Donald Trump began his march through American democracy toward the White House,  my mind kept drifting to a passage I'd read years before as a graduate student, from the first book on politics every written Plato's Republic.ドナルド・トランプがアメリカの民主主義社会でホワイトハウスへの駒を進めるにつれて、私の心は大学院生時代に読んだ本の一節を思い起こしていた、政治について書かれた史上初の本、プラトンの「共和国」、だ。 The passage is from the dialogue where Socrates and his friends are talking about the nature of different political systems, how they change over time, and how one can slowly evolve into another.その一節はソクラテスが様々な政治体制について語り合っているものだ。どのように政治体制は変化し、時間をかけて変質していくかを。 Socrates says something pretty shocking;ソクラテスはかなり衝撃的なことを言う。 "Tyranny is probable established out of no other regime than democracy."「独裁」はほかでもない、「民主主義」から生まれる。 Democracy was defined as a political system which maximizes two things, equality and feedom.「民主主義」とは二つのことを最大化する政治体制と定義されている、「平等」と「自由」だ。 Everyone is equal and everyone can do whatever he or she likes.全ての人が平等であり、なんでも好きなことができる。 And the longer a democracy lasts, Socrates says, the more democratic it becomes.そして、民主主義が続けば続くほど、社会はより民主主義的になる。 Its feedoms multiply until it becomes "a many-coloured cloak decorated in all hues."そして、その自由は「あらゆる色彩のマントがあらゆる色相で彩られる」まで倍増してゆく。 Men are interchangeable with woman and all their natural differences, forgotten.男と女は自由に代替できるのものとなり、生物的な差異は忘れられる。 Animals have rights.動物も権利を持ち Foreigners can come and work just like citizens.外国人はただやってきて、市民権をもつ市民のように働くことができる。 Children boss their parents around.子どもは親の上司のようにふるまい、 Teachers are afraid of their students.教師は生徒を恐れる。 The rich try to look just like the poor.裕福なものは貧しく見えるように気を使い、 Soon, every kind of inequality is despised. そしてほどなく、すべての種類の不平等は罪とみなされる。 The wealthy are particularly loathed...And elites in general are treated as suspect, perpetuating inequality, and representing injustice. 不平等を永続させる、不正義の代表として、裕福なものは特に忌み嫌われ、すべてのエリートは容疑者のように扱われる。 It's when a democracy has evolved into this, Plato argues, that would-be tyrant will often seize his moment.民主主義がこの状態に達したとき、プラトンは言う、「独裁者ーとなる人物が、時流に乗る」と。 He is usually of the elite but in tune with the time given over to random pleasures and whims, feasting on food and, especially, sex.その独裁者となる人物はエリートの出身だが、時代の風潮に同調して、時折快楽に浸り、気まぐれに美食やセックスの快楽をむさぼる。 He makes his move by "taking over a particularly obedient mob" and attacking his wealthy peers as corrupt. 彼は「特に従順な暴徒を乗っ取る」ことにより、裕福な同僚を腐敗している、として攻撃し始める。 He's a traitor to his class- and soon, his elite enemies find a way to appease him or are forced to flee.彼は自身の階級の裏切り者となるが、ほどなく、エリートの友人たちは彼をなだめる方法を見つけるか、逃亡を余儀なくされる。 Eventually, he stands alone, offering the addled, distracted and self-indulgent citizens a kind of relief from democracy's endless choices and insecurities.民主主義による終わりなき選択と不安定さに疲れた、気まぐれで腐敗した、身勝手な市民に「やすらぎ」のようなもの与えながら、彼は最終的には一人になる。 He rides a backlash to excess.そして彼は一気に反発を逆手に取り"too much freedom seems to change into nothing but too much slavery"- and offers himself as the personified answer to all problems, to replace the elites and rule alone on behalf of the masses.「行き過ぎた自由は奴隷と変わらない」として、彼自身をすべての問題への答えとする、すなわち、エリートの代わりに彼一人が大衆の代表として国を支配するという答えだ。 And as the people thrill to him as a kind of solution, democracy willingly, impetuously, repeals itself.そして、大衆が彼を「解決策」として持ち上げれば持ち上げるほど、民主主義は自ら、衝動的に、自身を破壊する。 ------------ いかがでしたでしょう。最後の方のトランプを示唆するところはともかく、民主主義における「平等」と「自由」の行きつく先の社会としては、かなり今の現状を言い当てている気がします。ソクラテスの説によると、独裁者はアメリカよりもLadies and Gentlemenが使われなくなったイギリスや、同性愛者の権利、動物愛護などがかなり進んでいるフランスなどで生まれてほしい、というのが政治学を一応大学でかじった私の思いではあるのですが。。おフランスのマクロンさんとかどうかな?トランプほどの勢いはなかったような。。  何度かこんなこと書いてますが、こちらもまあなんだか暇が高じると、、みたいな記事ですね。一応アメリカの大学で政治学を学び、こちらのRepublicも少し読まされたのですが、独裁者は民主主義から、はなんとなく覚えていましたが、男と女の境目がなくなり、、的な話は全く覚えていませんでした。  暇になるとこんなこと考えるのか、変な奴だな、と思った方はこちらを。留学した理由や政治学に向かった理由が。アメリカは神の国?~歴史を思う旅 番外編 あとがき 寛容な社会系 不倫の行く末Buy guns onlineNo more ladies and gentlemen恐怖のフェイスブック王蟲!! ちょっと変化球。International women's day ~女性に生まれてよかったドS男子の需要と供給    誤訳を見つけた方は教えてください。。

      NEW!

      13
      テーマ:
  • 15 Oct
    • 王蟲!!

      タイトルは全くちがいますが、先日の怖いフェイスブックの続きです。恐怖のフェイスブック↑ではただフェイスブックが怖いよ怖いよー!と書いたのですが、なぜに怖かったのか考えてみました。 ネット上でのプライバシーの拡散、もし冤罪だったら、、という単純に怖い問題もあるのですが、ゾッとして鳥肌が立った理由はこれじゃないかと。王蟲!!怒りに我を忘れているんだわ。By 風の谷のナウシカ知らない人ごめんなさい。でも、知らない人なんていないと信じています。ってことで、人種差別発言をした彼女に社会的制裁を加えた善意の人々、善意の大衆の暴走が怖いな、って思ったのです。正に怒りに我を忘れてしまった王蟲。みんなで走ると何に怒ってたか忘れちゃう。なんか気持ちいい。拡散を始めた女性はStand up against racism と誇らしげにフェイスブックに書いています(私でも見れてしまうところがまた怖い)。確かに勇気のいる行動だと思うし、間違いなく彼女はいい人なんだろうと思う。私たちのような外国人の友達になってくれるような人は、人種差別発言をする女性ではなく、この正義感ある女性でしょう。拡散をした人たちも、正義感のある良い人たちなんでしょう。だから余計怖い。人種差別発言はダメだとしても、彼女の受けた罰は罪の重さに見合っていますか?拡散した人は人一人の人生を壊した責任とれますか?職を失った(と仮定しています)彼女が銃を手にすることは簡単なアメリカ社会。失うものがなくなった人間ほど怖いものはありません。 拡散を始めた人、ビデオの黒人男性、次々に素性をネット上に暴露していった人、彼らの名前も同じようにフェイスブックにさらされています。この人たちは身の危険を感じないのかな。。私だったら怖い。だから勇気のある行動といえば行動です。でも、拡散した人達の目的が人種間の和解(相互理解の促進?)だとしたら、今回の結果は逆効果じゃないかな。今回の出来事で差別発言の彼女は黒人を憎むことをやめるかな?私は、より憎むようになったと思います。人種差別反対を唱える社会のことも。思うのは、人種差別を含むあらゆる差別をなくすには、結局はお互いの理解を深めるしかない、ってこと。「人種差別だ!○○差別だ!」ってレッテルをはって、発言の口を塞いでしまうのは、「人種差別発言」の撤廃には寄与するかもしれないが、「人種差別」の撤廃にはならない。むしろ、「人種差別主義者」とレッテルを貼られることを恐れたマジョリティの中で、静かな怒りが、より深い差別感情が燃え続けるだけだと思う。マジョリティは「触らぬ神に祟りなし」とマイノリティを疎むでしょう。そうなるとまた悪循環。「人種差別発言だ!racistだ!許せない!!」と走り始めた善意の集団は、王蟲の子どもを跳ね飛ばして走り続ける。本来の目的を忘れて走る。最終的に、怒れる王蟲を止められるのは、全てを焼き尽くす巨神兵ではなく、身を投げ出して王蟲の子どもに寄り添おうとしたナウシカだけ、という。。日本も似てきている気がしますが、最近のアメリカの人種差別を含む、political correctness を旗印に発言を封じ、一言でも間違えた人達を社会的に抹殺しようとするような雰囲気は、ナウシカの世界でいう、腐海が広がる、ような印象を受けます。王蟲が暴走し、更に腐海が広がる、人はマスクなしでは腐海では生きられない。。腐海は世界を浄化するためにあるのだけれど。。Political correctness を旗印にした人達を一蹴してきたトランプが当選した理由がわかるような気がしてきました。果たしてトランプは巨神兵かナウシカか。。例えとしてどうかはわかりませんが。。いや、宮崎駿はすごいですね。ナウシカ、ぜひ原作を読んでみてください。映画よりももっと深い世界が広がっています。ちなみに、トトロ、こちらでも人気です。図書館のイチ押し図書になってました

      19
      テーマ:
  • 13 Oct
    • 恐怖のフェイスブック

      昨日の朝起きて、フェイスブックを開いたら、一つの動画がシェアされていた。 白人女性が、突然関係のない黒人男性に向かって  "IF I WERE A POLICE OFFICER I WOULD SHOOT YOU" .   私が警察官だったらあなたを撃つわ と言ったとのこと。 動画自体は、その男性が女性に向かって、You said some racist things. ちょっとそれは人種差別発言だよ。的なことを言っているところからはじまっている。 で、女性は皮肉たっぷりに男性の口調を真似して去っていく。 以前にもご紹介しましたが、アメリカでは白人警官が不当に?黒人を殺害する事件が多発中。かつ、警官は無罪判決を得たりしています。 もちろん彼女が言ったとされている人種差別的発言はその流れです。 で、何が恐怖、って。 そのフェイスブックの内容が、 彼女の所業を述べ、誰かあの赤い服を着た彼女の名前をしってるか?調べて、彼女の言動は許されないとわからせてやろう↓(下にビデオと彼女の写真があるのですが、あえてのせずにおきます) ということで、その後続々とコメント欄に 彼女の名前わかった。これが彼女のフェイスブック。これが彼女の家族のフェイスブック。どこどこのナースらしい。ここが勤務先。ここが勤務先の人事の連絡先、みんなで電話して、クビにするべきだと言おう!今人事に電話したら、もっと詳しく聞かせてって言われたわ。 、、、ということで、あっと言う間に彼女の素性が暴かれました。今の時点でクビになったかどうかはわかりませんが。今見た時点でのシェア数、2,900。総再生数、30万回。全然関係ない日本人の私が見るに至るという恐ろしさ。  おそらく本当に彼女はそういう発言をしたんでしょうし、まぁ自分で蒔いたタネですから、彼女が悪いんだと思いますし、彼女の肩を持つ気もありませんが、 怖くないですか??? こういう、ネットの画像から個人を割り出して攻撃することになんか最近名前が着いたらしいですね。でも思い出せません。誰か知っていたら思い出させてください。  お酒の席での一言が人生を狂わせることはよくある話ではありますが、公人でもないのに、バーでの一言が完全に彼女の人生を終わりにしてしまった。おそらくクビになるんだろうし、今後職を得るのも難しいのかな?でもナースらしいから、どこかでは働けるのかな。。  一番悪いのはもちろん彼女だと思いますが、それをネット上でどんどん素性を暴き、正義の鉄槌を下した、と思っている人たちが怖い。  この動画じゃわからないじゃん?ってコメントはわずかながらありましたが、(そのコメントも、彼女の肩をもつのか!とバッシングされ、、)ほとんどが素性暴きに加担する内容か、そんな女は街を出ていけ!って内容。 怖くないですか??私は今更ながらネット社会の恐ろしさを知ってゾッとしました。 こんなこと書いている以上、明日は我が身、なのでしょうか。。  前に、日本の不倫問題についても書きましたが(ちょっと次元が違いますが)、こういう、ちょっと悪いことをした人を一斉に叩くって諸刃の剣。  なんだか恐ろしい時代になってきたとつくづく思いました。  やっぱりブログとかSNSとかやめたほうがいいのかな。。 少なくとも、こういうセンシティブな問題については書かない方がいいのかな。。 でも、だから書きたくなっちゃうのですが。。  不倫の行く末 ちょっと関連Buy guns onlineNo more ladies and gentlemen 

      23
      4
      テーマ:
  • 11 Oct
    • No more "Ladies and Gentlemen"

      これはイギリスのお話だそうですが、地下鉄内での「Ladies and Gentlemen!」というアナウンスメントはもう使われないそうです。 No More 'Ladies and Gentlemen.' The London Tube Is Now Using Gender Neutral Greetings 2017年7月のニュース記事、ロンドンの地下鉄では"Ladies and Gentlemen"ではなく性別に中立な挨拶表現を使うことになった。ことの発端はトランスジェンダーの男性?女性?が地下鉄のヘルプセンターに電話をした際に、「Miss」に聞こえないんですけど? 的なことを言われたことから、地下鉄運営会社やロンドン市長にGender training (性別についての理解を深めるトレーニング?)をするよう訴え、今後はすべての性別の人が心地よく思えるよう、性別に関係ない「Everyone」などの表現を使うことになった。 ということで、私はロンドンの地下鉄になじみがありませんが、名物?アナウンスメントであった Ladies and Gentlemen!はなくなった、とのことです。男 でも 女 でもない性別の方々に配慮して、ってことですね。 思えば、英語にはわざわざ性別をはっきりさせる言葉が多い。 Mr./Mrs./Ms./Miss  等々。 えーっと、結婚している女性はMrs.で、どちらにも使えるのがMs.で、未婚はMiss.でいいんだっけ?といつも混乱している日本人もよく見かけます。 後は、Sir と Ma'am (Madamの短縮形らしい)でしょうか。Sir は Yes, Sir でお馴染みの表現。Sirの女性版が Ma'am と思ってますが間違いないでしょうか?例えばお役所やお店などで、「ちょっとあなた」、のように声をかけられるときはSirかMa'am で聞かれます。 Excuse me, Ma'am  Ma'am, would you like ...?みたいな感じです。(イギリス英語はまたちょっと使い方が違うようですが。。) そのうち、Sir とかMa'am、 Mr. とかMs.みたいなのも問題になっていくのでしょうか。 この「Gender neutral(性別に中立な)」な動きがどんどん進んでいくと、英語そのものが変質していくような気がするのは気のせいでしょうか? ヨーロッパ諸国はこういう、LGBTQの権利、みたいなものがアメリカよりは数年先に進んでいて、「性別とはもはや 男 と 女 だけではない」という理解(?)が浸透してきている、と先日ラジオで話されていました。数回後のアメリカの大統領選では「同性婚」だけではなく、「Mr/Ms」なんかについて議論される日が来るのかしら~なんて妄想してしまいます。 日本人としては、「~さん」貸しましょうか???って気分になりますね。 私の会社は日系の会社でしたから、海外とやり取りするのときのメールなどには、よくPaul san とか Caroline san みたいに使っていました。ちょっと親しみやすい感じになるし。というか、PaulやCarolineなら、男性女性の区別がなんとなく名前で付きますが、インド人とか、中国人とか、名前からは性別がわからないし。。。~San とっても便利でした。 よくよく思えば、日本語ってわざわざ性別をはっきりさせる表現が少ない気がします。「君」「ちゃん」はありますが、大きくなってしまえば「さん」。先生を呼ぶときも「~先生」でいいし。大衆に呼びかける表現も「みなさん」って感じで「紳士淑女のみなさん・・・」とはいわないですもんね。 最近、こちらの本を読みました。どう読んだら9勝1敗なのかはよくわかりませんでしたが、日本がいい国なのはよくわかりました。 住んでみたヨーロッパ 9勝1敗で日本の勝ち (講談社+α新書) Amazon この中にも、ヨーロッパでの同性婚、同性愛の取り扱いのことなどが書いてあり、興味深かったです。 日本は平和ですね。 同性愛、人種、移民、異文化、、 「寛容」であろうとすることは素晴らしいことだとは思うけれど、それに伴う社会の変質をどこまで受け入れられるか。。なんだか、「寛容な社会」って少なくともマジョリティにとっては「窮屈な社会」じゃないか、って感じてきた今日この頃です。 LGBTQへの誹謗中傷は論外だと思いますが、ここまでしなきゃダメなのかな?って個人的にはモヤモヤします。ご意見あればお伝えください。 この「性別」の話についてはいろいろと書きたいことがあるのですが、長くなってきたのでこの辺で。           

      22
      4
      テーマ:
  • 10 Oct
    • 「草枕」のご縁

      リブログのリブログです〜 ときには人の深層心理を鮮やかに、ときにはテンションの高い元気が湧いてくるブログを書いていらっしゃる もっさん さんが、私の夫への愚痴を「草枕」の一節に昇華してくださいましたしかも、一番好きな一節に!ありがとうございます もっさん さんのページから来ていただいた皆様、ありがとうございます    私も漱石の草枕が大好きで、以前似たような記事を書いたこともあるのですが、あらためて読み直してみると、長ったらしくて恥ずかしいのでリンクはのせずにおきます。。もっさん さんのように簡潔にまとめられていたら。。  もう少しでブログを始めて一年になります。 当初はアメリカの大統領選の話ばかりでしたが、最近は夫への愚痴系のネタが多く、当然かもしれませんが、こういったネタの方が読まれている気がします。 あまり愚痴ばかりもなんですが、愚痴を「書く」効用としては、やはり言葉などの形にしようとする時点で、一旦自分の怒りを客観視できることなのでしょうね。 ブログ、という場を得たことで、夫からのグサッとくる一言、刺された傷跡を、漱石先生の言葉を借りれば 自分で解剖し、天下に発表 するような気持ちに(いや、さすがに大袈裟すぎる、、)なり、十七字に収める能力は到底持ち合わせてはおりませんが、負のエネルギーをばら撒きすぎない程度に自分の中で消化し、文字にしようと心がけてはいます。 その効用か、刺されれば刺されるほど、ネタが集まるような気がして、もちろんその瞬間はムッとして怒りますが、後でニャッと箱に納め蓋をして、怒りが長引かなくなった気がします。 刺されたくなって、自ら喧嘩を仕掛けるような副作用がでなければ良いですが  そして、変なコメントが付き嫌な思いをしたこともありますが、やはり不思議なご縁で波長の合う方達と繋がれたこと、ブログを始めてよかったなぁ、としみじみ思います。  これからもお付き合いいただけますとうれしく思います。  ここまで読んでいただいたお礼に 草枕 の冒頭を。何度読んでも名文です。名文は音読すると良いそうです。さあ、どうぞ 山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に掉させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。 住みにくさが高じると、安いところへ引き越したくなる。どこへ越しても住みにくいと悟ったとき、詩が生れて、絵ができる。人の世を作ったのは神でもなければ鬼でもない。やはり向う三件両隣にちらちらするただの人である。ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。あれば人でなしの国に行くばかりだ。人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。越す事のならぬ世が住みにくければ、住みにくいところをどれほどか、寛容て(くつろげて)、束の間の命を、束の間でも住みよくせねばならぬ。ここに詩人という天職ができて、ここに画家という使命が降る。あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊い。    いかがでしたでしょう。こんな名文の後に恐縮ですが、夫への愚痴シリーズ。溜まってきましたね。。 夫による妻の料理評証拠隠滅言ってみたかったこのセリフ4歳への期待値専業主婦もつらいよ    

      20
      2
      テーマ:
  • 07 Oct
    • 夫による妻の料理評

      今日は趣向を変えまして、また夫ネタ。もはやネタにするしかない夫との関係。我が夫は食べることに興味がないそうです。その割には夕食パスタはダメ、お弁当にパンはダメ、外食はダメ、などいろいろあるのですが、基本的には米と味噌汁があればよいということのようです。その味噌汁も味がない、など言われることはありますが、(証拠隠滅)普段の料理については、おかずが一皿しかなかろうが、米と味噌汁があればそれほど文句を言うことはないのである意味楽な方かもしれません。(無言で塩や胡椒をかけていることはありますが)何食べたい?ときいても、大抵は何でもいい、との返事です。たまに鍋やステーキのリクエストがあります。えー鍋はポン酢、ステーキは塩胡椒(+市販のステーキソース)料理の腕が関係しそうなものがないですね。強いて言えば、ステーキの焼き加減。料理で特に褒められたことがないですね。あ、他にもなかった夫は辛いモノ好きなので(私もまあまあ)、いい感じに豆板醤がきいたホタテの炒め物を出したとき、これどう?ときいたら、辛ければ何でもおいしい最近開発?した、ピリリと唐辛子がきいたバジルチキン風の炒め物、持ちがよくなりそうだから、お弁当にいいかもね普通においしいといえないのでしょうかねおいしくないのか。。昔、新婚の頃だったか、お料理もがんばりたいと甲斐甲斐しく思っていた頃、おいしいものは外で食べるからいいって言われましたその気は無かったけど、お弁当でも作ろうか?ってきいたときは、そんな恥ずかしいものいらないこれは当時忙しかった私を気遣って、、ではなく、、、のようです。ということで、いままでもこれからも私は私のためにお酒が進むメニューを考えるのでした。ちなみに、東京時代はお弁当は拒否されていましたが、アメリカにきてからは基本お弁当です。面倒ですが、専業主婦だしそれくらいはね、ってことで毎日作っていますが、よほど私の料理への期待値が低いようですので、その期待値におこたえして、おかずの半分が野菜炒め風の肉の部分、1/4が野菜の部分、1/4が卵焼き、という手抜き弁当が頻出しています。いや、むしろそれがスタンダードで、全面肉野菜炒め みたいなこともある感じかも。こりゃ東京では持ってけないはずまず作ってあげないけどね。はは、手に入る食材が限られてるから〜なんて、青魚以外は割と何でもありますが。。努力するモチベーションが湧かない、ってことででもお弁当、ちょっとした生殺与奪の権を持っているようでワクワクします。次に大喧嘩をしたときは、白ご飯に豆板醤をぶっかけたものをもたせようと決めています驚く顔を想像してニヤニヤしています

      42
      6
      1
      テーマ:
  • 05 Oct
    • buy guns online

      やはり書かざるを得ないラスベガスの事件。乱射事件は通常 shooting spree などというのですが、今回はアメリカ近代史上最悪の乱射事件ということで Las Vegas Massacre と銘打って報道しているところが多いです。Massacre = 虐殺歴史的な事件によく使われ、歴史の教科書の頻出単語です(悲しいことですが)。夏にラスベガスに行ったばかりで、記憶のある風景。そこが惨劇の舞台となったとは。。やっぱり銃は怖いです。こんな事件があってもトランプは銃規制に消極的な姿勢です。保守派ラジオでは、いくら銃だけを規制したって、最近はトラックが凶器になったり、と悪意を持った人は止められない、という意見も。それはそうなのですが、軍隊が使うような武器を一般人に売る必要あります??百歩譲って護衛用、狩猟用はまだいいとしても半自動のライフル銃とか(狩猟用なの??)何に使うためなの??トラックは少なくとも平時は役立つものですから、使用方法が殺人しかなさそうな銃とは訳がちがいます。このサイト、cabela'sというアウトドア用品の専門店のもの。アウトドアはhunting も含むので、銃もたくさん売ってます、店頭でも、Online でも。Walmartでもかえます。さすがに家まで郵送ではなく、店頭で本人が受け取らなければならないようですが。買うには犯罪歴がないことなどが必要なようですが、犯罪歴がなければ簡単に買えるようです。ちょうど15年前にbowling for Columbine という銃規制についてのドキュメンタリー映画を作ったマイケル・ムーア監督によると、アメリカ家庭には三億丁の銃があるそうです。しかし、77%の人は銃を保有しておらず、90%の人はもっと強い銃規制を望んでいるのだとか。(つまり一部の愛好家が大量に保有しているってこと??)ちなみに、私のバイブルの先生は一応銃はうちにあるとか。別の先生の旦那さんの趣味はhunting。ムーア監督によると、NRA、National Rifle Association 、全米ライフル協会はアメリカで3本の指に入るロビー団体で、その力を怖れる議員はやはり銃規制を積極的にはアピールできないのだとか。http://variety.com/2017/biz/news/michael-moore-gun-laws-guest-column-1202578764/amp/でもね、昨日のFox Newsに出ていた、妻が今回の事件で自分の腕の中で息を引き取ったという男性、銃規制についてきかれて、I will never give up my rights.銃を持つ権利は渡さない、とのこと。やっぱりこの辺の感覚が、私には理解できない。保守派ラジオのコメンテーターもOnly a good guy with a gun can stop a bad guy with a gunと。そして、今回の事件、衝撃的だったのは規模もさることながら、犯人が白人だったこと。イスラムによるテロだったら、黒人から白人へのヘイトクライム的なものだったら、、扱いは全く違ったでしょう。その場合はある意味、「敵」があるので、またイスラムや黒人を恐れればいいのですが、そこらに歩いている普通の白人は恐れられない。正に自分達の社会の病理と向き合いながら、この銃規制の問題を考えるしかなくなったように思います。そして、もう一つ日本ではあまりないな、と思ったのがこちら、Our gratitude for the brave First Responders First responders =警察や消防など、一番最初に事件に対応する人彼らへの感謝を、ということをメディアも多数、トランプ大統領も面会したりして敬意を表しています。私が勘繰り過ぎかもしれませんが、最近、警察が黒人を不当に扱っている、という事件に絡みデモや暴動が頻発しています。特に黒人の間で警察不信は強く、警察を軽んじる風潮もあります。今回の件で、いざというときはやはり警察に頼るしかないのだ、ということが明白になったので、ちょっと当て付けくらい持ち上げている気もします。トランプはlaw enforcement (警察など法を執行する人)好きですし。警官が命がけで現場で対応している映像を見ると、敬意で本当に頭を下げるしかないのですが。でも、今回標的となったコンサートはカントリーミュージックで、白人中心なんですよね。これが黒人中心のコンサートだったらどうなっていたのかな、なんて思うのは考える過ぎですかね。ちゃんと同じように対応しても、被害者が黒人だったから対応が遅かった、とか暴動になるんだろうか、とか。。話題がそれてしまいましたが、これを機に少しでも大量殺人兵器の規制が進めばと思います。ま、すでに三億丁出回ってるとしたら、すぐに安全になることはないと思いますが。。だからみんな持つしかないのか??二度と惨劇を繰り返さないことが被害者への一番の供養になると思います。が、道のりは長いのでしょう。以前、ちょっと主旨は違いますが、似た記事。オハイオ州コロンバスでテロ?

      23
      4
      テーマ:
  • 04 Oct
    • キッチンドリンカー

      ちょっと政治からは離れまして。最近甘い、いやシュワシュワした誘惑と毎夕闘っている私です。お友達が教えてくれた危険な誘惑。夕食を作りながら飲んじゃうお人、ザ・キッチンドリンカー。今までは発想になかったのですが、結構いるようですね、作りながら飲んじゃう方。先日はついつい作りながら飲んでいたら、あろうことか夫が帰宅し、びっくりしました。My husband caught me drinking in the kitchen.夫に見つかってしまったまぁでも、作りながら飲んじゃうのがはしたないことかというとそうとは思いません。だって喉乾いたんだもん。作りながら飲んだときと、作ってから飲んだときとの飲む量は同じ(ビール一本)。だから、作りながら水を飲むのと一緒だむしろ私の葛藤は、作りながら飲む、のと、食卓まで我慢する、どちらが得られる快感が大きいか、です。作りながら喉が乾く、飲んじゃおうか、でももっと待った方がおいしいだろうか。。元々は待つ派だったんですよね。一口ビールかワインを飲んでから、おかずを食べる。必ず一口飲んでから食べる。その一口目の快感のために、おかずの味見をしないくらい。だからおかずはイマイチだったりしますが、一口目のお酒は格別。と思ってました。でも意外に、キッチンで一口目を飲んでもおいしいお酒を飲めない夫からすれば、キッチンで飲んでる妻は嫌なのかもしれませんが、その方がおいしいおかずができる確率があがる気がします。さて、今日はシュウマイをつくりながらものすごく葛藤しましたが、我慢してみました。やっぱりおいしかった。また明日も葛藤しそうです。その次も、その次も。。しらなければよかった快感は世の中に多々あるものですが、それを乗り越えて(我慢して)いくと、また新たな快感の世界が拓けているのでしょうか。しばらく夕飯をつくりながら快感について思考する日々が続きそうです。

      21
      2
      テーマ:
  • 03 Oct
    • マスコミは反安倍ならいいの?

      先日の「さらば民進党」を書いた時よりは冷静にはなってきましたが、やはり引き続き今回の民進党にまつわる茶番には腹が立ちます。もう喜劇だと思えばそんなものだとは思いますが、この茶番をマスコミが喜劇として馬鹿にしてくれればいいのに、大真面目に枝野氏が作る新党について、「反安倍票が割れる」なんて書いているメディアなんかもいるものですから、笑えません。枝野新党、自民に利? =「反安倍」受け皿分散【17衆院選】 ちなみに、日本のニュースは見ようと思えば見れるのですが、我が家のスリングボックスなる機械ではあまりサクサクとは見れないので、日本ニュースのネタはほぼ、というか100%やヤフーニュースです。 なので、知らないくせに批判はできないのですが、よほど日本のマスコミは今回の選挙を「安倍VS反安倍」 にしたいのかと。反安倍であればなんでもよい、というのはやはり乱暴すぎるし、それがそもそもの「民主党」的烏合の衆を作った原因であることを思うと、マスコミはどれだけ反省がないんだと思う。<細川元首相>「選別、こざかしい」小池氏を批判 以下、引用。政権交代までいかなくとも、せめて自民党を大敗させて、安倍晋三首相の党総裁3選阻止まではいってもらわないと。  。。。。リベラル勢力や首相経験者を選別することに「同志として小池氏を手助けしたいと考えてきたが、排除の論理を振り回し、戸惑っている。公認するのに踏み絵を踏ませるというのはなんともこざかしいやり方で『寛容な保守』の看板が泣く」と強く批判した。ーーーーーーーーーーーーーーーーーー→反自民で猫も杓子も一緒くたにしてしまったのが民主党で、その大失敗を忘れてしまったのでしょうか。私が思うほど民主党政権は日本人のトラウマではないのでしょうか。忘れやすい国民、万歳。 希望の党が「安全保障法制」で選別する、というのは至極全うな考えであるし、「全員受け入れるって約束したのに」なんていう泣き言を言う党よりもよっぽどまともな政党に見えるのですが。 とはいえ、政党名が違えば「反安倍」なのでしょうか?前回も書きましたが、どう考えても希望の党は自民党の補完勢力(しかもさらに右)だと思うので、希望の党を「反安倍」と持ち上げるのは木を見て森を見ずだと思います。朝日新聞とか反安倍なのか親安倍なのかよくわからなくなりますね。馬鹿なのか裏に計算があるのか。。 そもそも野党が共産党も含めて共闘しよう、打倒安倍政権ってなっていたのって安保法案反対の一点だったと思うのですが、なんで民進党は党を挙げて「安保法案賛成」の希望の党にいっちゃったのですか?前原代表になって「共産党との共闘を見直す」だけじゃなく、「安保法案反対」ということもひっくり返すことにしたんですかねぇ。やはり不思議な党。 マスコミも真新しい「希望の党vs安倍政権」という構図に飛びつくのではなく、本当の争点を安保法案の是非や改憲勢力が過半数を占めるかどうか、みたいなところにした方がいいように思うのですが、どうでしょうか。 何がともあれ、希望の党に入れてもらえないかも、と右往左往している議員のお姿、百年の恋も冷めるとはこのことです。それでも街角でマイクを握れる神経はある意味頭が下がります。 入れてもらえないから新党をつくる、というのもいまいちな響きではありますが、まだ党をつくる気概のある枝野さんはいいのかな。 あ、こんな記事もありました。民進党の資金140億円どこへ?選挙に備えて、、というか、いざというときの持参金をため込んでいたんですね。持参金をもって身売りですね。で、今度はその持参金の配分を巡って内輪揉めですね。 記事によると、「16年には計93億円余の政党交付金が支払われている」あ、私たちの税金ですね。 別に政党助成金を巡っての内輪もめ、そこからの分裂なんて今に始まったことではないと思いますが、(生活の党とかもそんなのだったような。。)、民進党は最後まで、「やはりお金」と思い出させてくれましたね。 ありがとう、民進党。 さようなら、民進党。 で、解党なの?どうなの?お金のために解党せずになんちゃらこんちゃら、っていう難しいスキームを組むのかな。。    

      16
      2
      テーマ:
  • 30 Sep
    • さらば民進党

      私は怒っている。かなり怒っている。日本の政治に対してこれほど腹を立てたのは久しぶり。怒っているのでまとまりのない文章です。そもそも日本政治にはそれほど詳しくない。だからあまり書くことは避けてきたつもりです。ですが、ですが、 なんなんだ民進党!元々好きでもなかったし、政党のしての価値もないと思っていたし、さっさと解党するべきだと思っていましたが。これは「僕たち選挙に勝てればいいんです」宣言か?おバカな国民の皆様は、僕たちの所属政党名が変われば、中身がなんであれ投票しくれます!ということなのでしょうか?国民を馬鹿にするにもほどがありますね。 個人的な感覚としては、自民党を保守派の右翼、と呼ぶなら、民主党はやや左より(の烏合の衆)、そのやや左よりが右翼の自民党をピュッと追い抜いて、私の感覚で言えば「極右」に近い「希望の党」に合流しようというのか?政策もそもそもの政治信念もあったものじゃないですね。 そもそも希望の党ってなに?思想的にはどこ?政策はなに?小池百合子ってもともと自民党じゃん。(ま、そんな人たくさんいるけど)自民党の政策と何が違うの? 安倍政権の右寄りすぎる傾向(安保法案、憲法改正など)に不安を持っている人たちの票の受け皿になるはずだった(ま、ならなかったと思うけど)民進党、自ら安保法案や憲法改正に積極的であるであろう小池百合子のところにいってどうするの? 国政の私物化だ!とかいって、森友や加計について安倍政権を非難した挙句に解散となって、安倍さんの悲願である憲法改正を叶えるサポートになってどうすんの? 安倍さんがほくそ笑んでるよ。笑いが止まらないだろうね。 元々烏合の衆だったからね。みんなそれぞれの思想の党に散らばっていく、ってこと?そもそもの思想がなかったことが今回露見したように思うが。 一つ言えるのは、民進党から希望の党に移った議員は絶対に信用するな、ということ。彼らには政治信条も政策もない、有権者への敬意もない。ほしいのは「議員」という地位だけである。むしろ、無所属で頑張る、という議員は多少評価してもいい気がする。 そして、希望の党、なんとなくいいな、と思っているあなた!馬鹿にされてるのはあなたです!希望の党に投票するくらいなら、棄権してください。 私自身は小池百合子は嫌いじゃない。強い女性は素敵です。彼女は能力も高いと思う。でも、彼女が衆院選に向けて集められる候補者は過去に民主党が政権をとったとき以上に寄せ集めのレベルの低い議員になることがほぼ見えているでしょう。そして、彼女のしたいこともよくわからないまま、彼女が党首だから、って理由で投票するのはよくない。 The Guardianというイギリスの新聞は”Populist former ally aims to rip up Japanese PM's election plans"と小池百合子を「Populist」と表現しています。「元同僚のポピュリストが日本の総理大臣の選挙計画をめちゃくちゃにしようとしている」という感じでしょうか。海外からみれば希望の党なんて単なるPopulist。 悲しいなぁ。民主党が政権をとったときの興奮を私は覚えている。別に支持はしてなかったけど、日本の政治が一党支配からついに独立し、国として少し大人になったような興奮があった。すぐにその興奮はあのメチャクチャな宇宙人首相と、それにつづく内紛で失望に変わってしまったけれど。民主党の罪は重過ぎる。のだけれど、裏を返せばそんな烏合の衆を支持した日本国民が悪いのだ。悲しい。そして、その政党が、これでもか、ってくらいの裏切り方で自爆した。民主党政権を選んだ当時と同じくらい、いや、そのとき以上に、日本国民とは空気に弱い国民です。中身はともかく空気なのです、と世界に宣言しているようなものだ。 恥ずかしい。トランプを選んだアメリカを嘲笑っていた私でしたが、我が国日本を思うと、引きつっちゃって笑えないよ。日本の方が重症だよ。よくわからないけど、消滅、ってことでいいのかな?民進党は。さらば!日本の民主主義の未熟度を最後まで痛感させてくれてありがとう。 

      43
      9
      テーマ:
  • 28 Sep
    • Pride and Prejudice

      夜な夜な映画を一本、、といってもまだ2本目。一旦夫の出張が終わるので、次はいつになるか。。さて、今回のPride and Prejudice、邦題は プライドと偏見、ジェーン・オースティンの原作の方は 高慢と偏見 かと思います。なんだか私は読んだことがあると勘違いしていたようでしたが、全く知らないお話でした結論から言うと、英語がよくわからなかった!!こちらで借りるDVDなので、日本語の字幕がありません。The Danish Girlは私の英語力でも英語の字幕があればついていけるくらいだったのですが、こちらの映画、、、。みんなしゃべりすぎです。 イギリスの1800年代なのかな、中流(中の下くらい?)の家柄の五人姉妹をなんとか上流階級(というか、少しでもお金持ちの家)と結婚させようと家族がバタバタする話。で、この五人姉妹の美しい次女が主人公ですが、美貌と知性を武器に、階級の差に卑屈にならずに、この階級にはあるまじき大胆かつ知的なコメントで男たちや階級意識に捉われ、他者を蔑む女性もバッサバッサ切っていく。この知的かつ皮肉なやりとりが見ものな映画だと思うのですが、字幕の早さに私のボキャブラリーが追いつかず。。ちょっと昔のイギリス英語は本当に難しい。。日本語字幕でみたら、きっともっと印象の違う映画なんだろうと思います。ストーリー全体は、お互いに「プライドの高い奴め」と最悪な第一印象をもち、事あるごとに衝突し、「あいつなんて大っ嫌い」って思ってたのが、実は恋だった。結局、高慢で嫌な奴だと思っていたお金持ちのボンボンとハッピーエンド。っていう、少女漫画によくある展開です。なんだ少女漫画の先駆けか?っていう。。まぁ、そこに階級社会や複雑な階級意識、結婚でしか家族として生き残る道がない女性の苦しさ、それでも、お金のためにつまらない男とは結婚しない、というプライド、(を主人公が饒舌に表現する)みたいな点を織り込んだところが、もちろんこのお話を世界的名作にしているのだと思いますが。。女優さんは本当に綺麗。というか、彼女だけが綺麗。あからさまに彼女だけが際立ちすぎて、他の姉妹役がかわいそうなくらい。男性陣も主人公のお相手はまぁ、映画の中の表現をかりれば、Acceptable 受け入れることはできる、って感じですが、なんかね、華がない。原作がそうなのかわかりませんが、この次女、すっごく美人なのですが、時々笑い方に品のないところがある気がして、個人的に気にかかります。頭の回転が早くて、当時の女性としては気が強く意志のある瞳をもった彼女に惹かれる気持ちはわからなくもないのですが、なんだかんだいって上流階級の人が有している優雅さ=grace みたいなものがちょっと欠けている気がして。私がそう感じるだけかもしれませんが。ボンボン男よ、本当に彼女でいいのか〜?って 笑女の人が知性と美貌を武器に階級を登っていく話は好きなのですが、それと同じくらい、高尚な身分と教養を有した女性が、境遇が変わっても、優雅さとプライドを失わずに生き抜いている話も好きです。ということで、見るかみないかはみなさんにお任せします。映画を通して自分の英語レベルに向き合うことも大切だと悟った一本でした。

      23
      4
      テーマ:
  • 26 Sep
    • The Danish girl

      いろいろありましたが(証拠隠滅)、また夫は出張に旅立ち、妻は新しい楽しみを見つけました。 こちらは図書館がやたら充実していて、DVD借り放題です。場所によってはPlayStation やXboxなんかのゲームも貸し出ししています。アメリカのDVDは日本のプレイヤーでは見れなかったので、今まで借りてなかったのですが、ついにプレイヤーを買いました。Walmartで25ドルなり。ようやく息子ちゃんがディズニーなどの映画を見れるようになってきたかなーと思って買ったのですが、こんなに安いならもっと早く買えばよかった。しかも、日本のDVDも同じプレイヤーで見れる。。なぜ知らなかったんだろう。 まぁ、それほど映画好きではないし、あまりテレビ自体を見ない方なので。。 で、記念すべき初レンタルDVDがこのThe Danish Girl 日本では「リリーのすべて」。  なぜこれって、この主役、Eddie Redmayne って方ですが、そう私の愛する Les Miserable の準主役級のマリウス君です。しかも監督も同じ、Tom Hooper。つい手に取ってしまったのであります。 レミゼのマリウス君↓金髪青い目に興味のない私としては、顔的にはマリウス君がタイプかな、とは思うのですが。マリウス君は叶わぬと見えた恋に落ち、その絶望から革命に身を投じていく(ようするに自暴自棄になり死に場所を探してみただけ、っていう)、ちょっと腑抜けの役です。 恋に落ちた瞬間のマリウス君。実はこの相手方のかわいらしい女性がCosetteです。このブログの名前のCosetteyは彼女からきているのですが、あまりにも似つかわしくなくすみませんLes Miserablesを初めて観劇したときに、(本名と響きが似ているので)これからアメリカではCosetteと名乗ろうかと思ったくらいですが、どうみてもCosetteではないので、恥ずかしくて一度も名乗っておりません。 ちなみに私がレミゼで愛しているのは革命のリーダー、アンジョルラス君。The leader って感じですね↓本来はこういう知的でクールで根は熱いタイプが好みです。彼の場合、革命への情熱が溢れすぎていますが。 はい、The Danish Girlに戻りまして、どんなお話かというと、映画の中では「世界初」とされている(実際には違うらしいですが)、性転換手術を受けた女性(男性?)のお話です。舞台はデンマークです。Danish=デンマークの です。パンじゃないよシンプルなタイトルですね。 画家として成功を収めていた彼(Eddie)が、奥さん(彼女も画家)のモデルを務めたことをきっかけに、自己の中で抑圧されていた女性性に気付き、妻のサポートを受けながら性転換手術を試みていきます。男性のころの主人公。 目覚めてしまう瞬間。この映画の何がすごい、ってやはりこのEddie Redmayneの演技がすごいのです。男性の時はただのかわいらし目の男性。それが目覚めていくにつれて、目つき、仕草、歩き方、すべてが少しずつ変わっていきます。女性性に目覚めてしまう際の困惑、女性性を抑圧しようとしているときの顔つき、女性性を解放したときの生き生きとした表情。 好きな俳優さんがどんどん女性化していくのを見るのは、1ファンとしてはつらいのですが、その演技力に圧倒され鳥肌が立ちます。この演技でアカデミー賞の主演男優賞にノミネートされています。女優さんの演技も見事です。愛する人が変わっていく葛藤を見事に表現しています。彼女は助演女優賞をとっています。 そして、映画って、こんなに美しいものだったっけ?というくらい、一つ一つのカットがきれいです。主演の二人が画家の設定ということもありますし、いつも曇天ながら美しいコペンハーゲンの風景が彼らの心情を上手く映している気がします。(すべてピンタレストより。ファッションも素敵です) トランスジェンダー、アメリカでは彼らの軍での扱いやトイレの使用(認識する性と同じトイレを使わせるか)、同性婚を認めるか、という問題がずっと、右と左を二分する議論になっています。キリスト教では結婚は「男女間」と決められているので、同性婚は認められない、という立場です。 もちろん、同性愛を嫌悪する人もいますが、キリスト教の人でも「結婚」はキリスト教で認められていないから、結婚がダメなだけで、同性愛自体は否定しない、という様々な立場があります。 この映画を見ると、当事者の苦しみ、その周囲の人々の苦しみ、困惑が見て取れます。その人らしく生きる、とはいかなることか。根源となる性への違和感の辛さ、というのはもちろん当事者でないと測りしれないものはあると思いますが、一度この映画を見ていただくと、推し測れるものはでてくるかと思います。 Trailerを発見しました。ぜひ見てみてください♪  にしてもですね、彼が鏡に映る全身像に見入っていく映していくシーンがあるのですが、 あなたのそんなところまで見たくない、キャー(でもちらっ) みたいなきわどいシーンもあります。 この俳優さん、とにかく笑顔がかわいらしいので、女性としてではなく、普通にたくさん笑ってくれる映画を見たいな、って思っちゃいます。 最新作はFantastic Beastだと思いますが、いまいちこういうファンタジーとかSFっつぽいものに興味がなく。。 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(字幕版) Amazon  なんとなくひと昔前の時代劇?的な作品を選んでしまう私。Tシャツの男より、シルクハット、はたまたお侍さんの方がかっこいいんだもん。 そういえば、昔、仕事で疲れ切った時のストレス発散が、NHKBSで放送していた新選組血風録の沖田総司の殺陣だったな。。(血は出ないけど鮮やかな太刀回り) 次に見る予定のDVDはPride and Prejudice (プライドと偏見) ジェーン・オースティン原作です。 プライドと偏見 (字幕版) Amazon しばらくこの時代劇?路線がつづきそうです。  リリーのすべて (字幕版) Amazon    

      19
      2
      テーマ:
  • 24 Sep
    • 証拠隠滅

      日本出張に行っていた夫が約1週間の任務を終え帰ってきました。お友達がお泊りに来て以来、(ママ達の宴) 散らかし放題手抜き放題だったので、さすがにまずいと、今日はお掃除デー。帰宅は夜の9時ごろの予定だったので時間はたっぷりあります。ワインのボトルやおつまみなんぞの証拠も隠滅。とりあえず少しは片付け、お花なんぞ飾ってみました。帰宅を心待ちにしていた息子ちゃんでしたが、帰宅を待つ間にベッドで本を読んでいたらねむってしまい。。結局、帰宅時には私だけが。会話のネタがないな。緩衝材がないな。ちょっと困ったな。不在の間に楽しませてもらったので、それなりに労おうとは思っていたのです。お腹が空いたというので、すぐに夕飯をあたため、飛行機では寝れた?日本ではおいしいもの食べれた?と会話を振ったのに、、体調崩してたの知ってるだろ、うるせーな、とのお言葉。あーそうでしたね、残念でしたね、とムッとしてたら、この味噌汁味がないんだけどと言われ、ほんだし 笑 を追加しようとしたら、だからーたりないのは味噌と言われ、味噌を追加。私は、本当に可愛げのない人と言い捨ててからもう会話する気にならず、今を迎えます。。別にわざわざ証拠隠滅するほどのこともなかった。もちろんお花もノーコメント。まぁ、普段から花なんて見てないしね。1週間いなかったのに、帰宅後、三回のやりとりで会話終了しました帰宅したのも束の間、明日からはまた三日間アメリカ国内の出張らしいので、ま、いってらっしゃい〜、って感じです。やっぱり顔を合わせるとろくなことがないので、亭主元気で留守がいい、ですね。一応、ぐうたらの証拠は隠滅したつもりではあるので、まぁ最低限妻としての役割を果たしていると言うことで、これからも心置き無く、夫の不在中には堕落を楽しもうと思います。ま、いたところで、薄い味噌汁しかつくりませんけどね。今は人生のバケーションだから。気にしない気にしない。今は言わないけどね〜言ってやりたかった、このセリフ

      32
      6
      テーマ:
  • 22 Sep
    • 赦される人達〜DREAMERS〜

      引き続き政治ネタ。もっと前に書こうと思っていたのに、遅くなってしまいました。北朝鮮の核実験のころだったかに平行して話題になっていた移民規制改革のお話です。アメリカの不法移民の複雑かつ膨らみすぎた問題については以前記載しました。アメリカの不法移民対策の難しさオバマ大統領は移民規制改革の一環として、幼少期に両親に連れられて不法に入国し、アメリカで教育を受けた人々、これらの人をDREAMERS と呼びます、(法案をDACA)、に対し、大統領令で期間限定の滞在許可、就労許可的なものを与えていました(犯罪を犯してない人限定)。つまり、これまでは強制送還に怯えていたこの種の人達がコソコソしなくても合法的に就労や勉学に励めるようになったということです。その数およそ80万人。市民権や永住許可ではありません。トランプは選挙中は、こんな大統領令は恩赦のようなものだから、不法移民はそもそもみんな強制送還だぜ!と息巻いていました。が、大統領になってから、これは複雑で心の痛む問題だ、と言い始め、結局は、大統領令は廃止する方向だが、それまでに議会で彼らを守る法案を通すように。俺はきちんと働いている彼らを強制送還はしないぜ、的なところに落ち着きました。ということで、メディアはやっぱり廃止なんかーい!と騒いでいましたが、まぁ、そもそも中途半端な大統領令だったんだから、この際しっかり議会で議論して決めればいいんだと思います。トランプは上手く議会に丸投げしましたね。で、このことについては、意外に?共和党や保守派の人々からも支持を得られています。約7割近くの共和党支持者がDREAMERS を強制送還しないことに賛成していると言われています。民主党系はもちろん賛成派なので、DREAMERS を守ることには、かなり国民的合意が得られている感じなのではないかと思います。個人的に合意が得られた大きな理由は二つあると思っています。1.DREAMERS は親に連れられて不法入国したのであって、自ら不法になることを「選択」したわけではない。この「選択」がポイントです。アメリカ人は選択大好き、選択させるの大好きです。選択肢をあげる代わりに、自分のした選択には責任をもちなはれ、という社会です。レストランのメニューから健康保険、神を信じるか、まで全てが「選択」であり自己責任です。よって、この幼少期に選択肢を与えらなかった子供達についてはかなり寛容です。2.DREAMERS には軍隊で貢献している人がいる。軍隊、military は必ず尊敬すべき、敬意を払うべき存在です。Military にたくさんいる、と報道されてから潮目が変わった気がします。そして、彼らは今後の軍隊の担い手としても期待されています。ということで、今後の議会次第ではありますが、何らかの法案で彼らは強制送還を免れる気がします。(未だに大統領令を廃止するトランプ許すまじ!の声はありますが)ただし、これに不満なのが、今回の選挙でトランプを支持したという白人貧困層。CNNにそのactivistみたいなコメンテーター(白人)がいて、彼はトランプにキレまくってました。僕たちが先っていったじゃないか!なぜ不法移民の子が先なんだ!彼らが奪った仕事を白人に返せ!彼曰く、このDREAMERS で就労している人の平均給与が41,000ドル、日本円だと450万くらい、結構いいですよね。で、現在大学に行ってる人も多いと。白人(白人とは言ってません、多分Americansと言ってましたが、私には「白人」を指してるように聞こえた)だってこんないい仕事ほしいよ、なんでアイツラなんだよ!まぁ、不法移民の子全てがDREAMERS の申請をしてるわけじゃなく、ある程度勉強なども努力して、いい仕事に就きたいと思った人が申請して就労してるわけですから、給与も高いんでしょうね。危険を冒してまで国境を渡った親は我が子にこそは勉学を、と勉強させた人もいたのでは。そういう意味では、ダラダラ何もしてこなかった白人なんかよりはよっぽど使える人材でしょうし、国として教育コストもかけてるのだから、強制送還は勿体無いとも言えます。ちなみに、日本だとDREAMERS 的な人達はみんな強制送還ですよね。いくら日本で育っても不法は不法。ちょっと前にタイの子が強制送還された事例があったと思います。タイで暮らしたこともないのに強制送還は可哀想ではありますが、それが日本の法。アメリカはそもそも不法移民問題がこんな状況になるまで問題を先送りしたからこんな後手後手の法案が必要になったのです。不法移民対策は問題が小さいうちに対処するに限ると思うのです。まぁ日本もひどいとはききますが、アメリカの比ではないので。長くなりましたが、ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました

      17
      2
      テーマ:
  • 21 Sep
    • Rocket man とLoser

      ちょっと夫ネタはおいておきまして、久々?の政治ネタです。昨日はトランプ大統領が国連で演説をしましたね。 日本のヤフーニュースでは、拉致問題に言及したぞー!って大騒ぎになっておりましたが、こちらのニュースでは拉致問題には1ミリも触れられていません(私が見たところ限定ですが)。 トランプの演説は国連の場でもトランプはトランプであることを見せつけてくれたように思います。 演説のハイライトは・これからもAmerica First。他の国だって本当はそうだろ。そうしろよ。・Rocket man(金正恩)がこのまま挑発するならぶっ潰す・イラン合意なんてくそディール みたいな感じなんじゃないでしょうか。私にはあるまじき汚い言葉を使ってしまいましたトランプ風にしてみた、ということでご愛嬌。 トランプらしい一部がハイライトされてメディアでは流れていますが、全体では結構いいこと言ってるパートもたくさんあると思います。誰も読まないと思いますが、全文。http://www.politico.com/story/2017/09/19/trump-un-speech-2017-full-text-transcript-242879  この演説について、もう毎回ですが、保守派Fox Newsは称え、CNN等の左派メディアは叩く。 CNNなんかでは、国連の場で仮にも一国のリーダーをRocket Man呼ばわりした挙句に、各国リーダーがなんとかまとめ上げたイランディールをこき下ろし、この世界各国が協力しなければいけないときに、America Firstを連呼して、逆に協力できないようにするとは何事だ。一人のコメンテーターは、トランプのスピーチはIntellectually confused 知的に混乱している(知的に破たんしている)と言っておりました。 個人的には、わざわざ Intellectually ~ なんてインテリ風の評価を下す方がよっぽど混乱しているんじゃないか、って思いましたが。。 Fox NewsはここでもAmerica Firstと言ってくれたぞ、万歳!的なノリです。すみません、もちろんもっといろいろ言ってますがね。 まあ、トランプはもともと国連否定派ですから、別に国連のプロセスなんてどうでもいいし、さらに言えば潰してやればいいと思っているだろうし、アメリカに利益をもたらさないことはしません、ってここでも広言してるわけですから、あらためてアメリカがいかにジャイアンであるかを見せつけた、ってことで、一つの筋は通っているんじゃないかと思います。 昔の記事を読んでもらえばわかると思いますが、私は基本的にトランプが嫌いです。ああいう、品のない、人をこき下ろして踏みつけながら上に登っていくタイプは嫌い。 ま、その好みはおいておいて、トランプのいじめっ子ジャイアンぶりはやはり傑出してます。 大統領選時代からトランプはあだ名をつけるのが上手です。 で、金正恩につけたあだ名がRocket man あだ名をつける行為って、やはり「完全に見下してるぜ」というのを周囲に見せつける効果がありますよね。 同じように、トランプはテロリストのことをLoserといっています。 以前ご紹介した、「告白」という本の中に、少年犯罪の加害者を「社会の歪みの犠牲者」「秘められた狂気」的にセンセーショナルに扱うから、馬鹿があこがれる、みたいな話がありました。 「告白」 おそらくトランプもこれと同じで、テロリストを「狂信者」だの「過激な原理主義者」だの、っていうから憧れる馬鹿がいる、ということで、奴らは英雄でもなんでもない単なるLoserだ、ということで、テロ事件が起こるたびに、またLoser達めが、、とつぶやいています。 これはそれなりに効果的なのかなぁなんて思います。 トランプ、今でも嫌いは嫌いですが、ちょっと面白い、というか小気味よい。Intellectual知的で寛容なフリをしたPolitically correctな世界をバサバサ切ってる(少なくとも口では)。 大統領にしちゃってよかったの?って思いはありますが、アメリカ国民が惹かれちゃった気持ちも少しわかるようになってきたような気がします。 2016年大統領選 名言・暴言集~トランプ編~ 安部さんが「カリアゲ君が。。」とかいっても面白くもなんともないと思いますけどね。  あ、日本の国会は本当に解散するんでしょうか?まあ、野党も普段から解散解散っていってるんだから、すわ解散となったら「大義のない解散」とか文句言わずに、堂々と受けて立てばいいんじゃないかと思います。  北朝鮮についてはこちら洪水とミサイルの計算北朝鮮が心配ですアメリカの北朝鮮とその後に関する妄想         

      14
      2
      テーマ:
  • 19 Sep
    • 言ってみたかった、このセリフ

      今日も出張で頑張ってくれている我が夫の話です。夫は家事は女がするもの、が固定観念として染み付いており、その修正の必要すら認識していない、一人昭和の時代を生きている男です。今はこんな駐妻として、夫が出張でいなければ友人とパーティーか、はたまた家事も半端に本や漫画を読みブログを書く優雅な生活ですが、共働きのときは大変でした。基本的には私の方が帰宅も早かったし、土日も休めたし、私のポリシーは「家事は余裕のある方がやる」だったので、結局ほぼ100%私がしていました。彼の方が余裕があるときでも、何かしてくれたことは記憶にありません。子どもが産まれてもそれは変わらず、この頃の恨みは根雪として私の上に凝り固まっています。それでも深々と降り積もるので、重さに押し潰される前に、頻繁に表層雪崩を起こす、という術は身につけましたが、根雪が解け、私が恨みから解放されるときはこないであろうと思っています。繰り返しますが、今は優雅な生活ですのでまだいいですが、嗚呼、このセリフ、いいたかった。たまに夫の方が早く帰ってきているのに、私が9時、10時まで残業し、帰ってきても食卓は朝のまま、転がって私がご飯をつくってくれるのをまっている、このシーンと同じシュチュエーション、何度も経験があります。ついつい読んでしまった、「深夜のダメ恋図鑑」の1ページ。ただいま無料で読めますこのセリフに育児をプラスしてやりたい。まぁ、夫は仕事にはプライドがあって、かなり激務だとは思いますが、疲れた疲れたアピールはしてこないのでまだマシですが。その代わり、こんなに働いてるのに俺体力あるよね?自慢をしてきます。この主人公風にいえば、仕事 だけ しかしてないんだから当然じゃない?私は仕事に家事にオマエの世話と子供の世話までして、それでも生きてるんだけど。とか冷ややかな笑顔で言うのかなもう一度同じシュチュエーションがあったら使いたいです。ないことを願いますが、仕事に復帰したらあるだろうな。。ま、そんなこんなな生活を経ての駐妻生活なので、というか、このために耐えてきた私には優雅な生活をする権利があると勝手に思っています。って言っても、土日も全く育児に参加してない旦那さんなんて私の周りにはいませんが。夫婦の過去との比較級では今のほうがFar better かなりましといったところでしょうか。この生活で少しは根雪が融けることを祈って。ということで、おやすみなさい。夫の愚痴シリーズ。4歳への期待値専業主婦もつらいよ

      25
      6
      テーマ:
  • 18 Sep
    • ママ達の宴

      お待ちかねの(!)夫の出張。特段理由は聞いておりませんが、金曜日から日本にご出発。いくら出張が多いとはいえ、週末に泊りがけはなかなかないもの。ということで、この週末はかねてより、我が家でお泊り会が計画されており、息子ちゃんも、お友達も指折り数えてこの日を待っていたのでありました。わたしを含めママ三人、子ども四人。餃子を皮からつくる餃子パーティー。お洒落なワイン会という選択肢もあったにも関わらず、餃子とビールという、我が夫に言わせれば一番太る組み合わせ。この組み合わせを選んでしまう、麗しいメンバーが大好きです。ママの一人がビールを12本買ってきました。だって、6本じゃ足りないでしょ、って。一人は赤ワインを持ってきました。夜の第二部の為に。私は白ワインを冷蔵庫に格納しました。さらなる事態に備えて。結局、ママ達三人でビール10本、赤ワイン1本、でお開きとなりました。子ども達はもちろん到着時から大興奮。庭駆け回り、掘り起こし、水浸し。餃子作りにみんなでご飯。みんなでお風呂に興奮し、みんなでパジャマに興奮し、お布団とマットレスの出現で興奮は最高潮に。飛び跳ねたり、枕で遊んだり。小さい頃にお友達のお家に泊まったことがあるかは記憶が定かではありませんが、小学校時代の合宿などの興奮が蘇ります。ある程度放置はするものの、早く寝てほしいな、と思うのが親心。遊びながら寝てしまうことを期待して、一番寝たふりが上手な子を決める、寝たふり選手権なるものを試みるも、興奮に油を注ぐ結果に終わり。とはいえ、いつかは力尽きるのがこどもというもの。一人落ち、二人落ち、、ようやく11時ごろには大人の時間に。夜の第二部。ワインにチーズ、オリーブ、レーズン、カプレーゼ、、。大体が夫ネタをおつまみに話題はつきません。さすがにこの歳になるとオールもなかなか、ということで、2時半ごろにはママ達も解散。息子ちゃんと寝落ちしてしまい、夜中に目覚めて眠れずに2時半を迎えたことは多々ありますが、楽しくお酒を片手に2時半は迎えたのは一体いつぶりでしょう。夫が一生懸命出張に旅立ってくれたおかげで、なんとも貴重な時間が過ごせました。散々ネタにしておきながら、足を向けて寝れませんねママ達の結論。夫にはときどき出張に行ってほしい。週末ならなおよしパパのいないさみしい週末をできるだけ楽しく過ごそうというママの知恵、ということで。お付き合いいただいたママ達、ありがとうございます。ママ達の旦那様はそれぞれどのような夜を過ごされたかはわかりませんが、妻も子どももいない週末の夜、誰にも邪魔されない一人の時間、というのは、パパ達にとっても実は貴重なのではないかと思います。ということで、各々方にとって貴重で希少な時間を提供できたのではないかと勝手に自負し、また我が夫が出張にでた暁には、ご家族をお借りしようと思っている次第です。そして、こんな会ができるのもアメリカの広い家ならでは。子ども達四人はリビングに布団二枚とシングルのマットレスで、大人は私は自分のベッド、一人はゲストルームのベッド。一人はリビングのソファーで寝ていただきましたが。。アメリカ駐在を引いてきた夫、そしてこのメンバーとの出会いに感謝。こちらの実践編でした夫の居ぬ間

      18
      テーマ:
  • 14 Sep
    • 男の本能

      8月の半ばから新年度が始まり、週三回元気よく現地幼稚園に通っている4歳の息子ちゃんです。 2か月半という長い夏休み、日本でもイベント盛りだくさん、アメリカに戻ってもママとべったりで過ごしましたので、ちゃんと休み明けに通えるか心配しましたが、なんとか大丈夫でした。 それというのも、新年度の担任の先生、イケイケねーちゃんですから クラスが始まる前日に先生に会いに行く、Meet the Teacher なるイベントがあったのですが、そこでこの金髪スレンダーミニスカートの先生に出会い、テンションマックスでした オハイオ州には州トップの名門大学 Ohio State Universityなるところがあるのですが、彼女はOhio University出身です。注意! Ohio ”State" じゃないのよ。こちらのOhio UniversityはParty大学として有名な、学生が遊んで暮らす大学だそうです。(永住日本人情報) 彼女はまさに大学でたての新人。大学ではさぞかしパーティに忙しかったであろうなぁ、と想像させるイケイケぶりです。なかなかおしゃれでもあります親としてはやや不安なところもありましたが、今のところ、なんの問題もありません。 ちなみに、クラスは単純そうな男の子だらけ綺麗な若い先生の言うことなら聞きそうな男の子が集められている感があります。昨年大好きだった中国人の女の子とは違うクラスになってしまいましたが、その子の先生は、明らかに息子ちゃんのタイプではなさそうな、デーンとした体格ですので、経験年数の差はあれ、イケイケねーちゃんでよかったと思っています。園側もなんとなく好みがわかってるのかな。。 育児の経験値に裏打ちされた、あの手この手を繰り出してくる先生もいいですが、単純に「この美しい人を失望はさせない!」と男の子たちががんばってくれる、そんな先生もいいかな、って思います。どうか、その美貌とイケイケっぷりを発揮して、これからも鼻の下を伸ばした男児たちを取り仕切っていただきたいものです。 3,4歳にもなれば、顔の綺麗さだけではない先生の好みが男の子とはいえ分かれてくるとおもうのですが、日本で9か月で保育園に入れたときには、保育園の先生たちのなんとも切ない事情を目にしました。 赤ちゃんって、美人好き。 綺麗な先生なら泣き止む。(失礼ですが)綺麗じゃない先生なら泣く。時間がたって、綺麗じゃない先生に慣れるともちろん大丈夫なのですが、明らかに「美人」に対しての警戒感が低い。好かれようと笑顔を振りまく。 そんな現場を何度も目にし、かつ息子ちゃんが同じような仕打ちをすると、なんとも申し訳ない気持ちになりました。 赤ちゃんに好かれる人は「自分は美人なのだ」と自信をもっていいと思います。  とにかく、前回の保育園ではグラマラスなラティーナ先生から、ドーンと大きい ザ・アメリカのおばちゃん先生に変わってしまい、暴動を起こして保育園をクビになってしまった息子ちゃんですので、動機はなんでもいいです。問題を起こさずに楽しく通ってくれれば。  保育園をクビになったお話。アメリカ現地保育園を退園になりそうです。    

      18
      2
      テーマ:
  • 10 Sep
    • fun とhappiness の狭間で

      突然ですが、fun とhappiness の違いをご存知でしょうか。Fun という単語は特に子どもをもっている方には頻出・必携英単語。ズバリ、楽しい!!名詞も形容詞も同じです。今日学校楽しかった?Did you have fun at school? すっごい楽しかった!It was so fun!!!!Happiness はディズニーランドのパレードのテーマソング?だけではありませんよ。言わずと知れた、happyという形容詞が名詞になった 幸福 という単語です。アメリカ独立宣言の冒頭、"Life, Liberty and the pursuit of Happiness”幸福の追求  ですね。近代憲法の基礎単語と言えます。今日は最近ラジオを聞いていてほぉーと思った、そんなfunとhappiness のお話です。保守系コメンテーターとして、fox newsなんかにもよく登場するDennis Pragerという方のラジオをよく聞いています。いかにもインテリの鼻につく話し方をしますが、言っていることには納得させられてしまう、絶対に議論を挑んでも勝てないな、と思わせるような方です。その彼が言っていたのがこれ。"Fun " is what you feel while you are doing something. "Happiness " is what you feel after doing something. 違いがわかりますでしょうか。Fun は行為の「最中」に感じるもの、Happiness は行為の「後」に感じるもの。そして彼は、より多くの人に、funではなくhappiness を基準に行動を選んでほしい、といいます。そのこころは、例えば、パーっとお金を使って豪遊する、お酒を飲んで大騒ぎする。これは、ものすごくfunです。Gosh! It's soooo fun!!! と叫んでいるでしょう。しかしながら、一夜明けて、それはhappinessをもたらしますか?次の例、勉強したいですか?それはfunですか?No.勉強した後にhappiness を感じますか?勉強ができるようになった後にhappiness を感じますか?Yes. Funとhappiness 、どちらを基準にするかで行動が変わります。このおじさまの言葉、妙に納得させられてしまいました。息子ちゃんも4歳になり、これまではとにかくfunを中心に選んできた行動を、少しはhappiness 基準で選ぶ時がきているかな、と思います。ちょっと嫌なことでも、努力してできるようになるとうれしいよ、達成感があるよ、 「幸福」につながるよ、そんな感情を育ててあげられたら、って思います。ちなみに、このテーマを私事に置き換えますと、Is it fun cleaning house?No. Do you feel happiness after cleaning your house? Mmmmm.....I feel happiness if someone else does cleaning for me.他の人が掃除をしてくれたら、幸福を感じます。なんて答えたくなりますが。そして、今日はまた夫のいない週末。お友達家族が動物園にお付き合いくださり、賑やかな土曜日にはなりましたが、うちでは堕落の限りを尽くし、夕飯は息子ちゃんは彼自身の希望?により、ごはんとゆで卵、私は白ワインにチーズ、といったfunもhappiness ももたらさないものとなりました。ああ、この堕落っぷりに妙なhappiness を感じてしまう私はどうしたらよいのでしょう。この感情は胸にしまって、息子ちゃんには伝えないようにしよう。こぼれる笑み、いや、にやけた顔で悟られませんように。なんて、また自分に逃げ道を用意していますが、無理して完璧を目指してイライラするくらいなら、手を抜いた方がいい。夕飯が手抜きでも(今日のはひどいですが)、母が幸せそうに笑顔でいる方が、総合的には息子ちゃんにとっての幸福度も高いと信じています。何事も程度問題ではありますが。さて、明日は私も息子ちゃんもhappiness を感じるべく、お掃除デーにしようかと思います

      29
      2
      テーマ:
  • 08 Sep
    • 不倫の行く末

      私のことじゃありませんよ。昨今の議員さんなんやらの不倫騒動についてです。 誤解を恐れずに、いえ、恐れながら、びくびくしながら書かせてもらうと、 鬼の首でもとったように大騒ぎし、袋叩きにする「世間」なるものが気持ち悪いです。  不倫するような人は人間として終わり?議員である資格も芸能人である資格もなし? 私は元々芸能人などのプライベートには全く興味がなく、その人の演じている役が好き、という程度のものです。福山雅治のガリレオとか、堺雅人の真田丸とか、渡辺謙のLast Samurai とか(古いな)。。だから別に彼らが結婚しようが不倫しようが離婚しようが別にどうでもいいです。俳優さんであれば、作品中で頑張っていただければいいです。 議員であればどうでしょう。もちろん人としての倫理観はもっていてほしいと思いますが、ひと昔の大物議員なんて、腹黒さがにじみ出ていて、もちろん愛人の一人や二人囲っていそうで、、でも党内や国会内での調整能力あるからね、みたいな人ばっかりだった気がします。税金の私用は許せませんが、別にプライベートで不倫とよぼうが愛人とよぼうがどうでもいいです。いい政策を立案し、通していただければ。それで選挙に当選するならよいのでは。 そもそも、不倫騒動の記者会見って誰に謝ってるのかよくわからない、公開処刑のようなもの。私はこんな恥ずかしい人間です、って。 本来不倫なんてプライベートなことですから、家族間で解決すればいい話。それをなぜ関係ない世間が騒ぎ立てなきゃいけないのかが、昔からさっぱりわかりません。しかも年々騒ぎ方も仰々しくなって、社会的制裁を加えなければ気がすまないような。  昔、橋下元大阪府知事かな、不倫騒動みたいなのがあったときに、いやー妻に怒られましたよー!みたいな会見で軽い幕引きだった記憶があり、時流にのってる人は違うなあーと思ったのでした。 今回は女性ですが、このご時世だと男性でも橋下元知事のように、妻に頭下げましたから〜での幕引きは難しいのではないでしょうか。 家族が許しても世間が許しません、的空気が怖いです。 昔の芸能人とか議員の不倫系の報道って、あーあんな綺麗な奥さんがいても、、とかやっぱり議員になると愛人の一人もいるのね〜みたいな、あくまでも、他の家庭だってドロドロしてて、大変ね、みたいな覗き見を消費するようなものだったと思うんです。 いつからこうなったんでしょう?ベッキー??あれから、ゲス不倫、なる言葉がでてきた気がしますが、いまだになぜあそこまで騒ぐ必要があったのかわかりません。 もちろん不倫を肯定するわけではありませんが、そんなに、みんなで叩くことかな?って思います。 今回山尾議員を声高に批判してるような議員に限って自分も不倫してるんじゃないの?とか。もしくは自分は不倫なんてできるほど女にモテないとか。こういう人に限って、名をあげて、ちょっとチヤホヤされるようになると自分も不倫しちゃって同じ溝に落ちていくのです。 議員と芸能人は確かに性質は違いますが、議員だって人間ですからね。 不倫=議員として全く仕事をしてこなかったし、これからもできない、 というのは違うと思います。 自分の家庭を守れないものが、国を守れるか?みたいなコメントをみかけましたが、一見正論に見えて違うと思う。 家庭を守ること と国を守ること は全く別のこと。 家庭なんて、ちゃんと働いてお金いれて、上手く不倫だって隠せていれば、誰も傷つかず守れてたわけで。それが建前上でも。他人の家庭が建前なのか、本当にうまくいっているのか、そんなこと誰にも分らないし、家族間でも感じ方の違いがあるはず。 国を守るなんて、そもそも一議員ができるわけでもない。それなりに公共に資する法案を通せていれば、それは国を守ることに一役買っているのかもしれない。 ゲスゲス、って批判してますが、わざわざ人を追い回して、ホテルでの写真を撮るカメラマン、写真を買う週刊誌、週刊誌を買うただの噂好きピーポー、不倫する人を批判して、正義の味方気取りで気持ちよくなっているマスコミと、わざわざテレビ局やスポンサーに電話するおじさんおばさん、なんとなく一緒に批判しなきゃいけない気分になってしまった一般ピーポー一億総ゲス社会。アメリカ的ポリティカルコレクトネスがまた日本流の変な形で進化しようとしてる感じがして怖ろしいです。 別に不倫を肯定したいわけじゃないんです。こんなにみんなで叩くのが気持ち悪いだけです。他人のプライベートをみんなであばいて、 自己批判させる、なんて、文化大革命時の中国じゃあるまいし。。なんてことを書いたら大炎上なのでしょうか。 

      24
      2
      テーマ:

プロフィール

cosettey

性別:
女性
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
米国オハイオ州在住、いわゆる駐妻。 米国での大学生活以来、二度目の米国生活。 米国の政治、文化な...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。