昨年9月26日、11月25日に報告した

患者様のその後の経過です。

 

他院で鼻尖形成術と小鼻縮小術を行い、

その後別のクリニックで

鼻尖部の修正を2回行いました。

 

ところがアップノーズと

鼻孔の狭小化を発症し、

当院で修正手術を行いました。

 

↓術前 正面

 

↓術後1週間 抜糸時

 一般的に術後1週間では

 術後の腫れがまだ残っており、

 アップノーズが悪化したように見えます。

 患者様にとっては不安な時期であり、

 心配はいりません。

 

↓術後1ヵ月

 術後の腫れが改善し、

 アップノーズは改善しました。

 この患者様の場合、

 鼻尖のトップが正面に向いていたのですが、

 修正手術によって

 頂点が斜め下方に向き、

 治療の効果がわかるようになりました。

 

↓術後3ヵ月

 術後1ヵ月を過ぎると

 通常手術を行った部位に瘢痕が増殖します。

 この患者様は増えた瘢痕によって

 拘縮を発症し、

 鼻孔上縁が挙がり、

 若干アップノーズになりました。

 この頃は患者様にとって

 不安な時期であり、

 瘢痕が減少するのを待って頂きます。

 

↓術後6ヵ月

 術後4ヵ月を過ぎると

 瘢痕の増殖はなくなり、

 多くのケースでは瘢痕が少しずつ減少します。

  この患者様も術後6ヵ月時には

 瘢痕は減少し、鼻尖の拘縮が消失することで

 鼻孔上縁は下がりました。

 また鼻尖の硬さも軽減しました。

 

 

 

↓術前 下から

 

↓術後1ヵ月

 瘢痕拘縮による鼻孔の狭小化を

 予防するため

 抜糸後よりレティナを挿入してます。

 そのため鼻孔は拡張され 、

 患者様からはしばしば

 「鼻の穴が大きくなった。

  鼻の穴の拡がりが戻らなくなるのでは・・・」

 と不安の声があります。

 

↓術後3ヵ月

 レティナ挿入で鼻穴は大きくなっていますが、

 瘢痕拘縮の可能性が低くなるまで

 使って頂きます。

 

↓術後6ヵ月

 この患者様は夜間のみ

 レティナを使ってますが、

 通常この時期には必要ありません。

 鼻尖部に瘢痕が多く、

 瘢痕拘縮による鼻孔の狭小化が著しかったので

 念のため今も挿入してます。

 次回受診は

 完全にレティナを使用しなくなってから

 1ヵ月後の予定です。

 問題なければレティナは不要になります。

 

この患者様は

鼻尖トップの位置、

正面からの鼻穴の見え方、

鼻穴の大きさの改善に

満足してます。

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

1月30日に紹介した患者様の

アップノーズの修正手術についてです。

 

1年前の

他院における2回の手術によって

鼻尖鼻柱部の瘢痕拘縮で

アップノーズになりました。

 

手術前の鼻唇角(鼻柱と白唇部の角度)は

90度程度だったようですが、

瘢痕が原因が拘縮を発症し、

鼻先と鼻穴が上のほうに

向いてしまいました。

 

鼻翼軟骨の変形は著しいと考えられ

瘢痕切除だけでは

アップノーズの改善は期待できないと判断し、

鼻中隔延長術を行い、

鼻尖と鼻柱を下方に向けました。

 

↓術前 左斜め前から

↓術後2週間

 

 

 

 

↓術前 右斜め前から

↓術後2週間

 

 

↓術前 横から

↓術後2週間

 

腫れは軽減しましたが、

若干浮腫は残っています。

今後瘢痕が再び増殖しないように

術後ケアが必要です。

 

鼻尖部は皮膚血行障害がでない程度に

皮下の瘢痕を減量しました。

しかし瘢痕の影響で

皮膚の伸展性は乏しく、

鼻尖の延長はこれが限界です。

 

術後2週間

患者様は

「もう少し鼻先を高くして欲しかった」と

仰ってました。

 

手術治療を行う上で、

臨床的にこれ以上無理であるといった現実、結果と

患者様の理想、希望には

時折乖離があります。

 

実際に、別の方ですが、

当院手術で「限界」をお伝えしたのですが、

理想を求めて他院で手術を受け、

鼻尖の皮膚壊死になって戻って来られる、

ということもありました。

 

初回手術とは違った意味で

修正手術は大変難しいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

 

 

 

 

1年間、鼻呼吸ができなかった患者様の

手術を行いました。

 

約1年前、他院で

鼻尖形成術と小鼻縮小術を受け、

修正手術も同クリニックで行われました。

 

修正術後、急激に瘢痕が増殖し、

それと同時に鼻孔が拘縮し、

気道が狭くなり、

鼻呼吸ができなくなったようです。

 

表皮直下は瘢痕となっており、

鼻孔縁は縫合不全が原因だったのか

上皮化の痕跡で、

十分な瘢痕減量は無理と判断しました。

 

過度な瘢痕減量は

皮膚血行障害が発症すると考えられ、

もはや美容面の改善は困難なケースでした。

 

この患者様にとって必要な治療は

鼻孔の拡張で、

移植された軟骨と異物を摘出し、

皮膚血行障害をきたさない程度に瘢痕を減量、

右鼻孔縁は3つの皮弁で鼻孔を拡げました。

 

また術前の左鼻孔は右より径が大きかったのですが、

鼻孔内に皮弁を形成できるような

健康な皮膚はなく、

皮弁1つのみで鼻孔を拡げました。

 

そのため

術後は左の鼻孔のほうが右より小さくなりました。

 

これら皮弁は再拘縮の予防になりますが、

左は1つの皮弁なので

今後再拘縮の可能性はあります。

 

その場合は鼻孔縁内に

皮膚移植の検討が必要です。

 

↓術前

 

↓減量した瘢痕、異物、移植軟骨

 (画像にご注意ください!)

①:鼻孔上縁と鼻柱上部にあった瘢痕と移植軟骨

②③:小鼻縮小術で増殖した瘢痕

④:鼻柱部の異物

 

↓術後1週間

 術後2日目に両方の鼻孔に入っていた

 止血目的の綿球を抜去したところ

 患者様が

 「1年ぶりに鼻で息ができる」と仰いました。

 

↓術後2週間

再拘縮予防にためレティナを鼻孔に挿入しています。

術後2週間腫れは改善しましたが、

左鼻孔に拘縮発症の傾向があり、

レティナ挿入は継続が必要です。

 

患者様にはレティナの必要性を

十分理解して頂いてます。

 

引き続き十分な経過観察が必要な患者様です。

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

8年前に他院でI型シリコンプロテーゼを

挿入したのですが、

術後早期から曲がっていたそうです。

 

気になっていたのですが

放置していました。

 

3ヵ月前に別のクリニックで

上顎骨と下顎骨の骨切り術を行い、

鼻の穴が正面から見えるようになったため

来院されました。

 

当院にて

シリコンプロテーゼの交換と

アップノーズに対して

鼻中隔軟骨と耳介軟骨で

鼻中隔延長術を行いました。

 

↓術前 正面

  プロテーゼが右に偏移し、

  鼻穴が正面を向いてました。

↓術後2週間

 

 

↓術前 左斜め前から

↓術後2週間

 

 

↓術前 右斜め前から

↓術後2週間

 

 

↓術前 横から

↓術後2週間

鼻中隔延長を行っていますが、

横から見ても

鼻柱側の鼻の中が見えないよう

形成されています。

 

患者様は結果に満足されており、

現在経過観察中です。

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

 

約1年前に他院で

鼻尖に軟骨移植、

また小鼻の縮小術を受け、

その後「鼻で息ができなくなった」ということで

来院されました。

 

↓初診時

右の鼻孔は綿棒が入る程度の径でした。

鼻先全体がかたく、

瘢痕の増殖を認めました。

また鼻翼軟骨が瘢痕で

鼻腔内に押され、気道が狭くなっていました。

 

↓フラッシュなしの画像

 小鼻縮小術の傷あと

①:くちびる側の鼻孔縁に沿って切開されたキズがあり、

  瘢痕拘縮となり、

  鼻孔をより狭くしていました。

②:陥没したキズがありました。

 

↓MRI画像

赤矢印は鼻先にできた瘢痕で、

かたまりとして画像に写ってました。

鼻翼軟骨は鼻腔側に圧排されていました。

(青矢印は鼻中隔部)

 

この患者様は

瘢痕拘縮でアップノーズにもなっていましたが、

手術治療は鼻呼吸ができることが優先と

仰ってました。

 

初回の鼻の手術後、

口で呼吸をしてきたようで、

辛い1年だったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

 

 

 

プロテーゼ摘出と

鼻先の形成を希望し

来院されました。

 

25年前に入れたI型シリコンプロテーゼを摘出し、

鼻背に耳介軟骨移植、

鼻先に対しては鼻中隔軟骨と耳介軟骨で

鼻中隔延長を行いました。

 

術後3週間までの

腫脹の軽減についてです。

 

↓術前 正面

シリコンプロテーゼが右に偏移し、

鼻根から鼻背に違和感がありました。

また鼻尖はまるく、団子鼻様で

鼻穴が外側に向いて見えました。

 

↓術後6日 抜糸

シリコンプロテーゼを摘出し、

石灰化した部分を掻爬したので

通常のプロテーゼ摘出後より

鼻根と鼻背の腫脹は目立ってました。

 

↓術後9日

鼻全体の腫れは

改善傾向にあり、

マスクをつけて頂き、

外出や仕事は可能です。

 

↓術後14日

鼻根の腫れはほとんど消失しました。

鼻尖の皮膚は張った感じがありますが、

術後1週間より腫脹は軽減しました。

 

↓術後21日

鼻尖の腫れが軽減し、

鼻尖と鼻翼の境界が判るようになりました。

 

術後の腫脹は個人差があり、

手術方法や体質で

異なります。

 

この患者様の場合、

鼻尖の腫れは平均的で

鼻根と鼻背の腫れは

やや目立ってました。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

 

 

鼻先が平坦で

鼻尖形成を希望された患者様の

術後の経過です。

 

2年前

開いた鼻翼軟骨を閉鎖し、

鼻尖と鼻柱上部に

耳介軟骨を移植しました。

 

同時に鼻根から鼻背の

隆鼻も望まれたので

シリコンプロテーゼを

挿入しました。

 

(この患者様については

12月7日に別件で

術後2ヵ月までの

結果について

ご紹介させて頂いてます)

 

↓術前 正面

↓術後8ヶ月

↓術後2年

術後8ヶ月で瘢痕が軽減していたのですが、

2年経つとさらに

すっきりした鼻先になっていました。

 

左右に開いた鼻翼軟骨中間脚と

内側脚を閉じることで

鼻尖が縮小できたことが

判ります。

 

↓術前 斜位

↓術後8ヶ月

↓術後2年

術後2年の斜位画像は

術前、術後8ヶ月の画像と

やや撮影角度が異なりますが、

鼻尖と鼻柱上部に移植された軟骨が

吸収されていないことが

判ります。

 

また鼻背のむくみも

消失しました。

 

↓術前 下からの撮影

↓術後2年

平坦な鼻孔上縁が

「ハ」の字になり、

鼻先がすっきりしました。

またオープン法の

鼻柱切開線は

ほとんどわからなくなりました。

 

↓術後2年 耳介軟骨採取部のキズ

赤矢印が切開のあとです。

この縫合痕も

判りにくい状態になっていました。

 

患者様は

結果に満足されていました。

 

鼻の手術では

瘢痕が患者様の

悩みになりますが、

適切な術後早期の管理を行い、

あせらずに瘢痕が軽減するのを

待つことも大切かと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

 

 

 

 

 

「寄贈軟骨とは何ですか?」

と、よくご質問を受けます。

 

寄贈軟骨は、

ヒトから採取した肋軟骨を

放射線照射し、

特殊な薬剤で処理した軟骨です。

 

他人の軟骨は

通常体内に移植されると

拒絶反応を起こしますが、

放射線照射によって

抗原性を失い、

反応が小さくなり、

移植が可能となります。

 

鼻内で寄贈軟骨が

かたちとして残るには

ある程度軟骨細胞が

生きる必要があります。

 

当院で検査を行った結果、

寄贈軟骨は実際、

細胞が死んでないことがわかりました。

 

軟骨が生きているか、

死んでいるかは

顕微鏡による病理検査で判定できます。

 

正常なヒト鼻中隔の軟骨細胞組織です。

小さな紫色の点が軟骨細胞の核で

生きた軟骨細胞を示します。

 

寄贈軟骨を使って鼻中隔延長を行った患者様で

 術後3週間で感染し、摘出しました。

 寄贈軟骨の組織像です。

紫色の生きた核は少なく、

10~13%の軟骨細胞が生きてました。

 

1年前に寄贈軟骨を移植した方で、

 2ヵ月前より腐敗臭がし、

 耳鼻咽喉科を受診しました。

 鼻中隔粘膜にカビが生えており、

 寄贈軟骨の摘出を担当医から勧められ、

 当院に紹介になりました。

 摘出した寄贈軟骨の組織像です。

多くの生きた軟骨細胞を認めました。

 

上の画像を拡大しました。

約80%の軟骨細胞が生きてました。

移植を受け、1年経ちますが

体内で寄贈軟骨細胞が生存していたことになります。

 

ところが

この患者様は

寄贈軟骨で鼻中隔延長を行い、

術後4ヵ月程度で

鼻尖が低くなり、傾きました。

当院に来院されたときは

鼻孔に大きな左右差があり

摘出した寄贈軟骨は

以下の画像のように

萎縮し、割れていました。

軟骨細胞が病理学的に

約80%生きているのにも関わらず

寄贈軟骨は壊れていたわけです。

 

寄贈軟骨は、

臨床的に死んでおり、

病理学的には、

生きているのですが、

たとえ生存軟骨細胞の比率が高くても

そのかたちは維持されず、

壊れてしまうケースがあると
わかりました。
 
ヒトの軟骨の品質には
様々あるかもしれないので
信頼できるクリニックで
手術をお受けください。
なお当院では他人の軟骨は
使用しておりません。
 
*病理検査については
 患者様から了承を得ており、
 自費で行っています。
 
 
 
 
 
 
 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鼻尖縮小術と鼻尖鼻柱上部軟骨移植術を

行った患者様の術後経過です。

 

鼻尖が平坦であることが悩みで

手術を受けられました。

 

また患者様は

鼻尖鼻柱部が下方に長くなることも

希望されました。

 

↓術前正面

 

↓術後1週間 抜糸直後

 鼻尖縮小術を行っているため

 鼻尖と鼻翼の境界が陥凹していますが、

 それ程強い力で縮小してません。

 

↓術後2週間

 腫れが改善したため

 縮小の程度が判るようになりました。

 テーピング固定の影響で

 鼻尖と鼻翼の境界がへこみすぎているように

 見えますが、この程度は問題ありません。

 

↓術後1ヵ月

 術後の浮腫が消失し、

 すっきりとした鼻になりました。

 これから瘢痕ができ始めるので

 管理が大切になります。

 

↓術後3ヵ月

 鼻尖はかたくなっていたのですが、

 瘢痕の増殖は少なく、

 自宅での管理も良好だと考えられました。

 やや拘縮があるためか

 鼻孔上縁が挙がったような印象はありましたが、

 経過観察のみとしました。

 

↓術後6ヵ月

 瘢痕が減少することで

 鼻尖のかたさは軽減し、

 それに伴い拘縮が改善することで

 鼻孔上縁が下がりました。

 全体的にやわらかな印象を与える

 かたちになりました。

 

患者様は結果に満足されていました。

今後瘢痕ができることはありません。

 

術後6ヵ月であり、

追跡治療は終了となりました。

 

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co

 

 

 

 

小鼻の縮小のために

鼻翼基部外側を切除しました。

 

切除量は

最大幅4㎜であり、

瘢痕発症の予防のため、

また小鼻と頬部の境界が

なだらかにならないように

剥離と縫合方法に

形成外科的な工夫を

行いました。

 

↓術前

 

↓切除範囲

 

↓この患者様は

 切除幅が4㎜でした、

 

↓手術直後

  術後出血はほとんどありませんが、

  小さなガーゼとテープで

  5~6時間圧迫して頂きます。

  ドレナージチューブ挿入は必要なく、

  通常次回来院は

  抜糸日の術後7~10日目です。

 

↓術後4日

 (モニター患者様であり、

  術後4日目のキズの写真を撮影させて頂きました)

 少し腫れている程度でした。

 

↓術後7日 全抜糸した直後の撮影

 翌日から縫合した部位の

 メイクが可能です。

 

↓術後5ヶ月

 

小鼻縮小術では

キズが残ったり、

不自然な鼻翼になってしまうことがあり、

切除するための切開ライン、

切除量、切除方法、縫合などに

注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ

http://ginza-sumirenohana.com/


修正再建手術専門サテライト
https://ginzasumirenohana.wordpress.co