更新をサボりまくってますが、年末なので一年を振り返ってみます( ・ω・)ノ

【1月】
利用者の方から左上腕を噛まれ、歯型の穴が空く。
人生初の『労災』
校長先生が無事に後期高齢者の仲間入り。
自動車運転免許を更新。
旅先は魚沼・十日町市周辺。

【2月】
持病の調子が思わしくなく苦しむ日々。
ドーニカ1つ齢を重ねる。
誕生日プレゼントはネコの腕時計。
腕時計をしないので、クルマに常駐しているミッフィー人形のタスキとする。
旅先は山形は蔵王方面。

【3月】
花粉の飛散がはじまる、というか花粉症症状が出始める。
任期満了に伴い、このとき勤めていた職場を退職。
時間を見ながらハロワに行き始める。
木久蔵ラーメンを購入→摂取。
旅先は川越。
突然「デキ婚しよう!」と言われ( ゚Д゚)ポカーン
ちなみにコレを書いてる現時点も妊娠してないです笑

【4月】
面接を受けて2時間もしないうちに「採用」の電話をいただき激しくローバイ。
求人票に書いてある内容と面接時に聞いた話と大分違うところもあったので、
有難い反面、即答いたしかねる想いにて「辞退」する。
保育士試験を受けようかなー、とボンヤリ考え始める。
就活範囲を児童系に絞っていたのを高齢者でもいいか、と考え始める。
旅先は喜多方など福島駅周辺まで。
寒暖差に身体がついていかず、風邪をひく。

【5月】
玄関前に駐車しているクルマの下でニャンがお亡くなりになっている。
近所のこどもたちが「ガチでグロい!」と報告。
高齢者系でもいいかと考え始めていたけれど、精神障害系にも惹かれてみる。
いまの職場の求人に出会う。
花粉症が落ち着き始め、薬の服用を中止する。
この月は旅はお休み。

【6月】
梅雨入り。
いまの職場(就B)に就職。
利用者の方と関わりつつも水菓子づくりに追われる日々。
新知事は花角さん。
校長先生が『お気持ち』を仰る。
旅先は栃木で大谷石三昧と宇都宮からの龍王峡、湯西川。

【7月】
母校から実習生がくる。
利用者の方が自死。
旅先は信州からの黒部ダム。
豆餅づくりの多い月でもあった。

【8月】
お盆休みに水ようかんを大量に作る。
これがまた大好評!
ゼリーよりも作るのは簡単なので、その後も折に触れプライベートでも作るように。
岩合光昭さんの『世界ネコ歩き』、“ねこの京都”展を観に行く。
朝な夕なに虹が出ることの多い時期。
血液検査の結果が出て、看過できない貧血とのこと。
旅先は羽黒山・加茂水族館など。

【9月】
めまいやフラつきも多く、しごとでミスを連発するマヌケっぷりを発揮。
県水泳連盟に選手登録をするも日本泳法競技会への出場を見送る。
この月、旅はお休み。

【10月】
胃潰瘍による吐血。
ピロリ菌の除菌が効いて割とすぐにラクに。
後期の保育士試験を受けようと思っていたけど会場が遠いため断念。
貧血の原因を探るべく検査入院するも、原因はわからないまま。
旅先は富山は高岡~石川県にある日本最古の木造灯台~金沢。

【11月】
新規にチョコレート菓子作りも任される。
iPhoneを紛失するも翌朝には手元に。
その節は様々な方のお世話になりました、ありがとうございました。
旅先は群馬。水沢観音~珍宝館~命と性ミュージアムという保健体育な1日目。
2日目は産泰神社や達磨寺など、丸いものを見て回る。

【12月】
しごとの失敗が大分減ったかなぁ、という印象。
服用している鉄剤が効いてるとまでは言えない状況ながら、9月10月よりはマシ。
この月の旅はお休み。

こうやってみると、いまの職場って濃いなぁ!と。
そうして健康面でも様々に不安を抱える中でよくクビにならずに働けてるな、とも。
さてさて、来たる年はどんな風に動きますやら??
『スマホを落としただけなのに』という映画が上映されているようです。
 
が!
 
ワタクシの場合、スマホを落とした“だけ”とは思えず…

昨夜のことです。
『スマホを落としただけなのに』ではなく『ポリス・ストーリーREBORN』を観に行き、
一緒に行った人との集合場所である様々なお店が敷地内に点在している駐車場に着く。

一緒に行った人がレンタルショップにチョッと寄りたいというので付いていくも、
割と入り口付近でCDやDVDを物色している同行者を待っておったのですよ。
だけど、特に目ぼしいものもなかったらしく「じゃあ帰ろうか」と
その日の労いと御礼と帰りの道中の安全を祈念するコトバを交わし合って
自分のクルマに乗り込まんとス!ってときに気づく。

スマホがない!!

車中を整理している同行者のところに駆け寄り「スマホ、知らない?」から始まり
レンタルショップにも戻ってスマホを落としたらしいこと。
この線のあの線とそっちの線よりも向こうには行ってませんよ等、捜索範囲を告げるも
届出はなく、有線の音量を落としてまで着信音が聞えますかねぇ??なんて
心配してくださったりもしたのですが、ワタクシの電話ってばサイレントモードにしてて…

で、留守電になるばかりだったようなので、店員さんに御礼を言って
翌日の仕切り直しをココロに誓い、帰路につく。

帰宅後すぐにしたことは、ソフトバンクに電話をすること。
スマホがないため「157」にはかけられません。
一般電話からの「0800-919-0157に電話をして音声案内に従って先ずは回線を切る

覗かれても大した情報は入ってないけれど、ネットストアなどログインしたままなので、
知らない誰かに大量にお買い物をされてたら後で(ノTдT)ノウヒー!になりますからね?
他には他人様の連絡先も入っているので、その方々にもご迷惑をおかけしてしまうし。

でー、そのあとにiCLOUDの「iPhoneを探す」機能を使おうとしたけれど
オフラインですよー、とケンモホロロもいいところ。

そりゃそーですよね。
自分で回線を切ってるんだもん。

そいや職場のヒトがiPhoneを紛失した際に「捜索サービスを使った」なんて
チラッと話してたのを小耳に挟んだような違ったような( ・ω・)

ダメモトで再度ソフトバンクに電話をして、今度はオペレーターの方に
その旨泣きつき、ナントカしてもらおうと思ったらメンテナンス中とのこと。
「話を引き継いでおくのでメンテナンス後に再度電話するように」というようことを
丁寧な言葉遣いで柔らかく言っていただく。

ワタクシってば捜索サービスを利用できない料金プランのヒトだったので
探せるのは1回のみですよー、とも。

サテ、アラームの鳴らない朝を迎える(幸いにも体内時計が然程狂わず起床)。
基礎体温計測後に再度ソフトバンクへ電話する(24時間対応なので)。
今度電話に出たオペレーターの方が
「捜索サービスとはいえ、地番までは出ない大まかなモノになります」と仰る。
「承知しました、探していただけませんでしょうか?」と迷いもなく答えるワタクシ。

少なくともワタクシの車内やバッグ類の中にスマホがあれば
Bluetoothでクルマの中で音楽を聴いているので、帰りの時に鳴っているはず。

同行者の車中にあれば、同行者の家周辺の地域のお知らせがあるはずだし
レンタルショップ周辺であればその地域が案内されるはず。

それ以外は考えられない…だって集合場所に戻るまで助手席でポケモンGOをしてたもん

案の定、教えて貰った地域はレンタルショップからは離れている場所でしたが
ソコから3200m圏内(!)にあるようです、ということでレンタルショップ周辺が射程距離。
開店時間目指して向かい、レンタルショップにはなかったけれど、
紛失した時間帯で営業していた敷地内の店…マクドナルドで保護されていたという。。

結構な雨降りだったので、駐車場に落としていたら水浸しになっていて
その場合捜索できないハズ、ともオペレーターの方が話していたので
その辺は安心というか、逆に悪しきココロを持つ人物によって…なんてドキドキしたり。

ともあれ紛失してから半日以内に見つかってヨカッタです^^

何年か前に富山側からトロッコに乗って…という、

当時はまだ『高熱隧道(吉村昭・著/新潮社)』を読んでおりませんで、

単純に、このトロッコを通すのにも難儀されたんだろな( ▽ )o〇O程度にしか思っておらず。

 

サテ、いよいよ機会があり『プロジェクトX』は観てないけど

『黒部の太陽』なら観たんですよう、という黒部ダムへ、

漸く!念願の!!って感じに行ってきました( ・ω・)ノ

 

今年で最後となるトロリーバスにも乗ってみたくて、

市営駐車場(無料の方)にクルマを駐車し、トコトコ…行くには勾配が急すぎて、

エイホー、エイホーとウントコドッコイ坂を上って着くは「扇沢駅」

 

ここで、トイレに行きたくなり、始発のトロバスを見送りトイレへ入るわけですが、

手を洗った水がひんやり冷たく、またトイレから出たところにあった飲料水(破砕帯水)も

「凍結するので水を止めないでください」と注意書きがしてあるほどに、冷たい。

何しろ4℃の水だそうですからね、ってか、どこもかしこも破砕帯水は4℃なんだろうか( ・ω・)

 

関電職員さんの上手なセールストークを聞きながら、トロバスを待つ。

少し待って改札が始まり、切符のバーコードを読み取って貰って乗り場へ( ・ω・)ノ

 

映画『黒部の太陽』では、三船敏郎がボタンを押して、車掌さんに「次で降りまーす」と

途中下車していたけれど、どうもそういうことはできないようで、

難工事だった破砕帯エリアも説明はあるものの、

そこでスピードを落とすことなくアッサリ通過。

 

でー、黒部ダム駅で下車。

 

そこからスタンプラリーが始まっていたことを失念しており、

迷わず220段の階段を上る方向へ行ってしまう。

オコジョに似たダムダムくんというキャラクターの応援を受けながら、

途中で破砕帯の水を…置いてあった ひしゃくでゴクゴク飲む方もいたけれど、

ワタクシは持って行った空ペットボトルに汲んで飲んで、更に持ち帰るという…笑

 

残るチョッとの階段を上りきると出ました!

 

山々も美しい!

 

場所によっては放水してるトコがハート型になって見えたり。

 

拡大すると、霧状に放水されてるのがわかります。

 

遊覧船には乗りませんでしたが、乗り場までは行ったので結構階段の上り下りや

堰堤を歩いたりなんだリしたので、この日の万歩計は12,000歩以上超えておりました♪

 

お昼は安定の黒部ダムカレーにしましたが

実はグリーンカレーが苦手なワタクシ、大人しくアーチ型ダムカレーにしときゃ良かったか?と

プチ後悔したりしなかったり…

 

仙人谷ダムほどの犠牲者数ではないにせよ、工事で命を落とした方々にも敬意を表し

 

黒部ダム自体、日陰が無くても下界から吹き上げてくる風で

十分に涼しい避暑地だったのですが、

さらにヒンヤリとした風が心地よく吹いてくるトンネルを通ってのトロバス乗り場へ…

 

もっと語りたいけれど、写真もそんなに載せられないそうなので

こんなザックリな報告になってしまった、というf(^_^;

 

※ これは7/22(日)の出来事です

来週はお休みするので事実上春の日本泳法教室への参加は今日でオシマイ。

先月末だったか、今月に入ってからだったか…。
元より両足股関節臼蓋形成不全なわけですが、
特に左足が脱臼しやすくなっており、庇って歩くため腰痛も酷く。
あおり足をしても左足だけ水を掠ってる感覚があって進みも乏しい。
陸を歩くほうが顔をしかめつつになるので、つらいのだけれども。

来週から近隣の学校も水泳の授業が始まることもあってか、プールもボチボチ混み始め。

こどもダラケで練習環境として居残ってもメリットがないし、
兎に角あんよが痛いので、教室が終わっても
然程残らずサッサと水から出てしまいます。

ロビーで足の痛みが少し和らぐのを、元国体選手翁と語らいながら待っていると
校長先生憔悴しきった面持ち「いや~、お疲れぃ」と声をかけ、
ワタクシの隣の席にドサッと腰かけ深くため息をつく。

me :「ありがとうございました!だいぶお疲れのようですが…」
先生:「平成も終わるし!俺も今年で日本泳法の教室で教えるの、辞めようと思う!」
me :「
Σ(゚Д゚;エーッ! 先生の“お気持ち”?!それじゃ誰が教えるんですか??」
先生:「ん?若い人!」

若い先生方、資格取っちまったら全然来ないじゃないかー(ノTдT)ノ

先週でしたか、丁度しごとをリタイアしたばっかり的な程度でいいので、
校長先生よりは若い指導者的な人がいないのがイタイ、という話題が出たのですよ。
生産年齢人口の有資格者は業務次第で確実に教えに来れるとも限らない、というので。

一方で校長先生が指導するのに満員御礼チックになってるのも見ててワカル。
今日なぞ羽交伸を200mと游方真を25m、片手抜のお手本をちょこっとやったダケ。
だけどあのグッタリ( ´Д`)たりぶりですから…

新潟の日本泳法、相当ピンチですっっっ
2015年の4月ぶり、ということで( ・ω・)ノ♪

シニアだらけで繁盛しておりました平日昼間のカラオケ屋さんでヒトカラ。
IN ⇒ 12:55
OUT ⇒ 17:35  4時間40分でしょかね。。
機種:JOYSOUND MAX

歌った順に書いてみますね。

01 つつみ込むように…:Misia
02 EVERLASTING:L'Arc~en~Ciel
03 あなたのように:DREAMS COME TRUE
04 Million films:コブクロ
05 Silent Jealousy:X-JAPAN
06 大河の一滴:桑田佳祐
07 銀の龍の背に乗って:中島みゆき
08 Wings Flap:L'Arc~en~Ciel
09 風にきえないで:L'Arc~en~Ciel
10 evergreen:hyde
11 Don’t:NakamuraEmi
12 I'm proud:華原朋美
13 CHASE:L'Arc~en~Ciel
14 The Power of Love:ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース
15 何度でも:DREAMS COME TRUE
16 夢のまた夢:鈴木雅之
17 I CAN FEEL:hyde
18 Emotions:Mariah Carey
19 SEVENTH HEAVEN:L'Arc~en~Ciel
20 革命デュアリズム:水樹奈々×T.M.Revolution
21 Don't be Afraid:L'Arc~en~Ciel
22 桜流し:宇多田ヒカル
23 Pain:氷室京介
24 Caress of Venus:L'Arc~en~Ciel
25 This Is Me :Keala Settle & The Greatest Showman Ensemble
26 五月雨:清春
27 SHALLOW SLEEP:hyde
28 AHEAD:VAMPS
29 君への手紙:桑田佳祐
30 DRINK IT DOWN:L'Arc~en~Ciel
31 うれしい!たのしい!大好き!:DREAMS COME TRUE
32 heaven feelin':小柳ゆき
33 La Venus (Acoustic Version):X-JAPAN
34 May Fair:GLAY
35 Reach for the sky:倉木麻衣
36 愛情:小柳ゆき
37 未来予想図Ⅱ:つるの剛士
38 NEXUS 4:L'Arc~en~Ciel
39 Triumphant (Get 'Em) [feat. Rick Ross & Meek Mill]:Mariah Carey
40 GET AWAY:VAMPS
41 SHINE:L'Arc~en~Ciel
42 さぁ鐘を鳴らせ:DREAMS COME TRUE
43 New World:L'Arc~en~Ciel
44 空と君とのあいだに…:中島みゆき
45 BE WITH YOU:GLAY
46 Legend of my love:小柳ゆき
47 瞳の住人:L'Arc~en~Ciel
48 命の別名:中島みゆき
49 GOOD LUCK MY WAY:L'Arc~en~Ciel
50 HURRY GO ROUND:hide with Spread Beaver
51 糸:中島みゆき
52 The Greatest Show:Hugh Jackman, Keala Settle, Zac Efron, Zendaya & The Greatest Showman Ensemble
53 愛がたどりつく場所:DREAMS COME TRUE

マライアさんの鳥声が出なくなってて加齢を感じるというかf(^_^;
それ以外は久方ぶりでもナントカなったかなぁ

昭和の歌が何気に交じってるっていう、ね笑
手垢まみれで真っ黒になり、日に焼けて色あせた、
けれども大人になってからも読み返したりする絵本ってありませんか?

ワタクシはあります。
先日お亡くなりになった かこさとし氏の『かわ』がソレに代表されます。

昨日、柏崎アクアパークの帰りの道中で氏の訃報を知り、
「えぇぇぇえ?!…この前テレビでまだまだ新作描いてますって絵筆とってたよ?!」
などと、著しくローバイしたこの日は、生まれて初めて49mをクロールで泳いだ日。

なぜ50mじゃないのか。

答えは簡単で、5掻きで息継ぎ、というのをやってたら丁度49mら辺だったダケで
頑張ってモウ一伸び…ということもしなかった、という。
そうして個人的にはターンなしで50mをクロールで行こうと試みたのも初めて。
なんもかんも感覚がわからないなかで、ノタリノタリと進んでいったのですよ。

人づてに“柏崎アクアパークには水深2mのプールがある”とは聞いていたものの、
じゃあ行こうか、とはなかなかならず、昨日はたまたま誘われて…といった具合。

ローカルお菓子メーカー(?)ブルボンの水球部が練習に使っているプールらしい、とか
いかんせん、50m×9コース水深1.3m~2mということなので、
行ったら『いかにも!』な方たちといか、ガチ勢がワンサカいるんだろうな…

そこへいくと初心者クラスな我らなぞ、相当お呼びでないだろうから
ひっそりコッソリ小さくなって過ごせればいいかなぁ( ▽ )o〇O

そんな気持ちでいたわけですよ。
風邪も咳が出なくなって、よっしゃ!と思った矢先にレディースデイズが始まり、
なかなかなブランクがあっての久方ぶりプール。
せめて水の感覚だけでも思い出したい…とプールサイドに出てみると。。

          ( ゚Д゚)…

プールに誰もいない!
確かに女子更衣室には誰もいなかったけども。

厳密に言うと、監視スタッフらしきオッスな感じの青年3名がプールサイドにおり、
あとは監視室にオッスな感じの青年たちが複数集ってるだけで、
利用者、というのが だーれもいないのでありますね??

1時間ちょっと貸切状態で、一緒に行ったヒトと游ぶ。
右側通行とか、そんなん関係なしに、やりたい放題。
50mをフル活用することあれば、途中で止まって立泳ぎしたり、諸手抜を試みたり。
諸手抜はできもしないわけですが、確実に足のつかない環境の方が片手抜がラク。
昨年夏には難しかった25m超えも、息切れすることなくできちゃう。
ただ、横体がヤッパリ…ね( ´ー`)フゥー...

特に深いと浮くモンだから…と往生してると、
一緒に行った人ってば「全然浮かないんだけど」2mの底に足をつけて立ててる状態
沈む方が羨ましいのか、浮く方が羨ましいのか、お互いに無いものネダリ的になるけれど、
プールそのものは、とーっても堪能できたし贅沢に利用できたのですよ 。

脱水機がないとか髪を洗えないとか、その辺は不便でしたけどね(^^ゞ

監視の方が仰るには、日曜までは結構混んでたとか。
あまり長時間水浸しになっていると、帰りが大変なので17時前に退館。
「またいつか来よう!」と、のんびり2時間かけての帰り道…だったのです。

以前、ホームプールの大広間で平泳ぎをしてる際に
ウォーキングの人に蹴っぽられた右膝小僧。

水圧の強いトコに来ると、1時間弱で痛くなってしまうという…。

返ってこないロッカー代100円+利用料420円=520円で、これだけの贅沢!!
重たくなったカエルちゃんリュックを背負って帰りました、トサ♪
月イチ旅から帰ってきた23日(月)の晩から風邪症状が…
早目に治すべく、早目に耳鼻科受診をしたわけですが
医師曰く「大したこと、ねーねっか」て( ´Д`)

お薬(花粉症のも含む)処方して貰って、効果を期待した訳ですが
良くなるどころか悪化の一途を辿り…27日(金)に再度受診して、
「一旦咳が出始めると止まらなくなってしまってツライ。せめて夜くらい寝かせて」と訴える。

結局のところ鼻水が喉に垂れてきて咳き込んじゃって…てことみたいで
「じゃあ、薬変えるかぁー。これで効かなかったら困るなー」
「大したこと、ねーみてらけどなー。そんげ難儀か?」
と医師。

難儀ぃから受診してるのであって、よくなってたら来ないスよ(;^_^A

でー、薬を変えたら、それまで「お前の話はツマラン!」「やずや、やずや」
なんて言ってそうな大滝秀治化した声だったのですが、
普通の風邪声になったので、よかったとでも申しましょうか。

夜の咳込みは激減しましたが、その分日中が結構ゲホゲホ。

こういうときに困るのが“治りかけの場合、どのタイミングでプールに行くか”です。
顕著な鼻閉がないので、顔を潜しても問題ないかなーとは思うし、
この頃は気温も高いので、水に浸かったからといって風邪症状悪化も考えにくい。

けど、治りかけだからこそ用心したほうがいいのが、どーしたもんなのかなーと。
これくらいの、こういう症状になったら水泳してもいいですよ的な指標があると
とっても助かる
のですが、水泳を始めたら喘息がよくなったというくらいですから、
毎日水浸しの方々は恐らく風邪を引くなんてことはないのかもしれない。

医者掛かりしても一週間程度は風邪症状に悩まされるのか、と
ほとほと困っているいま、なのでございます。。
先週土曜に春の日本泳法教室初回が開催され、
校長先生を慕うシニアや水泳指導員の方々が多く参加され、
珍しく大賑わいなスタートを切りました( ・ω・)ノ

サテ、その折に監督が遠路遥々高速道路をカッ飛ばして来てくださり、
ワタクシも含めた初めてではない人々をみてくださったのです。

うでも教室だけでは細かいことは訊けず…。
申し訳ないけれど、少し時間を頂戴して教室終了後にマンツーでみていただく。

その際、「動きとして直った足に勢いがない」というお達しがあって、
足を引いて前後に開いたら、素早く深く蹴るようにと。
ついては、右足(下になる足)の開きが乏しいので、もっと開けないか?と。

監督が仰るには、神伝流手足を大きく動かすのが特徴の一つとのこと。

上の足は視界に入るから開けるけれど、
下の足は視界にないからどのくらいまで開いたモンだかワカリマセン…と言うと

監督:「振り返ってさー、見えない??」
me :「背脂があるせいか見えないッス。。」
監督:「じゃあ、背脂を先ずは落とさないとね^^」
me :「うっ
。。。( ̄x ̄ 」

そんな遣り取りがあったのですが、普段のホームプールでの練習時に
マダムらからバタフライを訊かれるので、動きの説明をしてる際に
おもむろにT嬢などはワタクシの背中というか、肩甲骨ら辺を触るのですね?

me :「ちょっ…ソレハ背脂なので、あまり触らないようにww」
T嬢 :「背脂じゃないよー?すっごい筋肉!!」
me :「…( ゚Д゚)へ??」
K嬢 :「うん。yutahaさんの、筋肉ですよ」
me :「こんなにプヨってて筋肉ですか??」
二人:「「うんうん、ですです」」

自分で触るとやはりプヨってるので、霜降りなんだろーか( ・ω・)なんて。
ならば尚更スグには落ちないではないか…困ったことだ。

今日の退出時に。伯爵夫人と。

夫人:「クロールを1時間でもすればジキに痩せるよ?」
me :「へぇ!…て、そんな元気ないです。。」
夫人:「
日本水泳って、ドコの筋肉を使うの?力を入れないから筋肉使わない??」
me :「あれね、呑気にプカッと浮いてるように見えるでしょ」
夫人:「左手で水をかいてるから左手が鍛えらるとか??」
me :「一番使うのは足ですが、伸びてる間は指の先から足の爪先まで力んでます…」
夫人:「伸びてるときが一番ラクなんじゃないのー?」
me :「背後の
平泳ぎ、目の前からバッシャバッシャとやってくるバタフライ
    それぞれの波に揉まれつつも真っ直ぐに浮くのは結構キますよ」
夫人:「そーなのー??」
me :「なのに、こんな太鼓腹…どうしよう」
夫人:「でも不健康な感じはしないよ?
    歩いてるヒトで脂肪のお肉が垂れ下がって、アブラの団子?コブ?の人、いるがね」

むむゥ。。
その状態を想像しにくいのですが、その人とワタクシが同列っつーことは。

うん( ・ω・)ノやっぱり行けるときは極力練習に行こうぞ、と。

上級先生から足を見てもらってる際に、かき手だけでなく
足にも『序破急』があると良いという助言を頂戴する。

me :「えー、そんなん理論上は可能でも実際は無理ですよう」
上級:「ソコは練習すんだてー。かき手で出来るんだっけ、足もできるて!」
me :「そいや、先生の仰る
平泳ぎの足が言うなれば『序破急』ですもんね…」
上級:「平泳ぎだけじゃなくて、水泳全般の基本なんじゃねーかな?って思ってる」
me :「
最初ゆるゆる、ガバッ!て終わるが、ですか??」
上級:「水を捉えるって、そういうことだよね?」
me :「先生の仰ってること、伝書に書いてあるらしいトコと一致するのですが…」
上級:「だっけ言ってっろー?できるはずだっけ、練習せーて」

ぅヘーイ。
気にはしつつも、ソコまでのレベルまで達することができないっつーか、
相当何十年も游ぎ込まないと難しくないか?コレ、みたいな。

課題はメニーメニーあれど、結局足でどれだけ伸びるかが最初の話なんだな、と。
ていうか、まだそのレベルなのか。。
( ・ω・)ノ――――――――――――――@ ショボボボボーーーン
me :「この先、妊娠を希望した場合の可能性として、どんなものでしょうか?」
医師:「夫婦生活の状況がわからないのでナントモですが、
    生理は毎月あるし、基礎体温も二層になってて排卵も毎回あるようだし…」
me :「ゼロではない、と?」
医師:「そうですね、ゼロではないです」

ナニユエこんな話になっているかと申しますと、
単純にローテーション的に今年は子宮頸がん検診yearで。

消化器内科受診ついでに、ちょろっと婦人科に寄ってやっつけていくかぁ!
ついてはワタクシの妊娠・出産について非常にナーバスになっているヒトが約一名いるので、
実情としてはどうなのかプロの見立てをお願いするなら、この日しかない、と。

子宮頸がん検診ついでに膣エコーもやってきて、検診結果は未だですが
子宮及び卵巣は2つとも「普通」だそうで、筋腫とかその辺の心配はないとのこと。

用事はこれで済んでるハズだから、サッサと帰っていいですよ。
ていうか、余計な質問は一切まかりならん的な雰囲気を全面に押し出してる医師に対し、
この機会を逃してなるものか、ぐらいの勢いで冒頭の質問をしてみたという…笑

サテ、ワタクシの妊娠・出産についてナーバスになっているヒトは
先月下旬、突如雄叫びこいたわけですよ

「yutahaさん、デキ婚しよう!」

          ( д) ゚ ゚

イヤイヤイヤイヤヾ(・ω・o)チョッと待とうよ。
その発言の意図にワタクシのオツムがついていかないよ。
突然なにがどうしてどうなった??っていうか、何があったんスか??

いきなり『デキ婚』って言われても、デキなかったら??とか
それ以前になんだかイロイロ端折られてるような…
なんだろう、この“ナニカチガウ”感は

発言した側としては、自分の素晴らしい(らしい)思いつきに
ワタクシがスグサマ賛同しなかったことがご不満だったようで
「yutahaさんはネガティブに考えすぎだよ」と言ってくれたけれど、
それ以前に、そもそも『デキ婚』って狙ってするものでもないような( ・ω・)

まぁ、こどもが欲しいということはわかったけれど、
急にそんなこと言われても、さまざまに困惑を隠せず…

そんなことがあって、冒頭の質疑応答になるという。

医師の見立てを報告したところ、心配してた本人は安心してたようだったけれど、
だからといってスグにどうこうなるわけじゃないんだよなって思うと
チョッとおかしく思えたりして…(○´艸`)
生誕を祝うイベントで、クリスマスほどには脚光を浴びてないっぽい印象の
花まつりというか降誕会というか、灌仏会というかな本日。

ワタクシが中学生の折には通学路に尼寺がございまして、
新学期早々にソコで甘茶かけをしたあと、
かける用ではない甘茶を振舞って貰ったことがございます。

心からの信心を持ってるかどうかは別として、
葬儀、法要、法事などでその辺のことと縁のある場面もあるかと思うのですが、
どうにもキリストの生誕祭に比べるとヒッソリとしているような気がします

キリスト教にはサンタクロースやバレンタインに由来する聖人がいるけれど、
目覚めた人の弟子には該当者がいないのであろうか…などと
どーでもいい心配をしてみたりもするのだけれど、
ハロウィンやイースターで賑やかにするのも結構ですが、
お祭り対象はココにもありますよ、という提案( ・ω・)ノのひとつ。
 
たまにナニカを書こうとしたら、こんなドウデモイイ話で。

今月旅はワタクシの担当月なので、何をmainにしたものかと悩んでいたら
「4月は花見でいいんじゃない?」と助言があったため、
されば桜が見頃らしい時期に桜の名所というかを…と計画立てたら、
いま既に見頃を終えんとしてるっていう、ね( ´ー`)フゥー...

早々に新緑を愛でる方向にシフトしたけれど、
風薫る季節にはチト早いっつーか…こればっかりは“平年並み”がアテに出来ない。

基本、隣県しか行かない割に月イチ旅って結構な頻度だよなーって思うけれど、
毎回アタラシイ発見があったり、次に活かそうという収穫はあるので
これはこれで楽しめている部分も大きい気がする( ・ω・)