糖質は食べて痩せる✨糖質制限をやめて7kg痩せた女医の、一生リバウンドしない本当のダイエット

糖質は食べて痩せる✨糖質制限をやめて7kg痩せた女医の、一生リバウンドしない本当のダイエット

ダイエットに必要なのは、根性や我慢ではなく正しい知識です。
誰にでも脂肪を減らす仕組みがあります✨
間違った糖質制限ではやせません。10代から70歳まで綺麗に痩せた、医学的/科学的に正しい本当のダイエット。リバウンドなしに痩せる方法をお伝えします。

昔は、お菓子を食事にしていたなんて、

よくできたなぁ、、と感じる夜でした。






緊急対応が起きて、22時近くまで病棟にいた夜。




何か食べたくても院内の売店も

閉まってしまった時に、

ちょうどあったのが、

患者さんのご家族からいただいたチョコレート。



7kg太っていて、
お菓子暴食が止められなかった頃、

ご飯がお菓子でも特に気にならなかったし、

なんなら全て食べ尽くしていたのですが、

今の私にはつらかったー、、、



甘くて美味しいけれど、

私が欲しいのはこれじゃない!!

という感じ。



帰宅後、最近のお気に入りの、

スペースパンワイドのグリル野菜でも食べよう!



と妄想していたけれど、

23時過ぎに帰宅後、ベッドに吸い込まれていました。


そんな翌朝、

しっかり歯磨きして寝たのに、

なんだか口の中が気持ち悪い、、、



これ、体に必要なものを取れなかったり、

余計なものを食べすぎた時のサインだったりします。





先日本も出版されて、

アメブロ でも大人気のあかりちゃんから

アユールヴェーダを学んで以来、


胃や腸とつながっている、口の中や舌の感覚、

意識していますが、

本当に面白いんです。




医学的に、

口の中から肛門までは、

粘膜でつながった世界で一つの筒。



基本的に外界なのですが、

自然でないものを食べた次の日は、

かなりベタベタする感じがあります。



アユールヴェーダ医学では、

アーマと呼んでいますが、

騙されたと思って、

ぜひ意識してみてください♪




自分の体に耳をすますのは、

なかなか面白い感じがします。


そして、そこに敏感な方は、

心も体もお肌も健やか。




人の全てはやはり、

食べたものでできているなぁと感じます。

今日こそ、

本当に美味しいものを食べようと思います💡




お菓子は美味しいしだいすきだけれど、

一番好きなのは、それではない!


そう気づくと、変わります✨





便秘で悩む方は、

もしかすると、これが足りないのかもしれません。

最近お取り寄せするようになった、千葉県の農家さんのお野菜。
露地物で無農薬。本当に味が詰まって美味しいです!





私の母は70歳。

怪我で膝を痛めたことがある以外、

病院とは無縁の人です。



そんな母の長年の悩みは、便秘。




私が子供の頃、毎晩のように、

毒掃丸という、

小さな丸い粒のお薬を飲んでいたのを

なんとなーく覚えています。



調べてみたら、こんなに高かった!




そんな母が先日、

私の一言であるものを食べるようになったら、

便秘が治ったと報告してくれました。



それは、お米🌾



『毎日ちゃんとお米も食べた方がいいよ』

という、私がこの2年間毎日言い続けていたことを

ようやく、信じて実践したところ、

嘘のように便秘が解消されたそうです。



それは実は当たり前で、

自己流ダイエットしている方の多くが

便秘に悩んでいるのですが、

ご自身に必要な主食量を知って、

食べるようになると、皆さん快腸になるんです。



便秘にならないためには、

食べる量と、食物繊維が、

本当に大切なのですよね。



それにしても、病院では、

病気や足腰の痛みで弱っている

70歳の方も多くいるなかで、

母は、週一で我が家の有料ハウスキーパーとして

大活躍。




70歳になっても太りもせず

(私は、お腹でてるなー、とか言いますが笑)

健康でいてくれてありがたいなぁと思います。



でも、実践するの、遅いよ!!(笑)

とつっこみたくなる夜でした。




母が、70歳でも、

血圧も血糖値も脂質も何もひっかからず、

大病をしたこともないのは、

揚げ物や濃い味のものが

ほとんどない食生活だったのかもしれません。




食べるものは、人生を作っていること、

改めて伝えていきたいです。




バツイチアラフォー 、ネクラ、まんまる時代の私は、


空腹になると、焦っていたような気がします。


 


大好きなお店の、かわいいスイーツ❤️


 
はじめましての方はこちらからお願いします。
 
 
📓最近のアメトピ掲載記事/人気記事はこちら↓↓
 
 
 

 

📓9月の BEST 3 記事はこちらです
 

 
  
 

今よりも7kg太っていて、


ダイエットも恋愛もさーーっぱり、


うまくいかなかった頃。




お腹が空くと落ち着かなくて、 


でも、


・何を食べたら太らないか、


・何を食べたら痩せるか、


そんなことばかり考えていました。




その上結局、お菓子を食べて、


きちんとご飯を食べなかったり、


お菓子を食べ過ぎたり‥




今から考えれば、


『それは、心も体も乱れるわ‥』


と、昔の自分につっこみたくなるほど、


空腹に対して、早くどうにかしなきゃ!


と焦っていました。





今では、空腹を少し感じるとむしろ、


『あ、お腹すいてきた♪

   体もお腹も軽くて、心地よいな✨』




病院からの帰り道であれば、



『あ、いい感じにお腹がすいてきた!

   帰ったら、何を美味しくいただこうかなぁ❤️』


と、わくわく考えるようになりました。






ダイエットセミナーの


受講生さんたちを拝見していても、


空腹が楽しくなってくると、


綺麗に痩せてくるし、


リバウンドもしなくなるように感じます。






最近はというと、


先日ふるさと納税でいただいた、


アサヒ軽金属のワイドスペースパンが


優秀すぎて。





野菜を入れて、魚焼きグリルに放置するだけで、


絶品グリル野菜ができるので、


空腹で美味しく食べたいので、


お菓子に本当に目が向きません。




簡単で、本当に美味しいので、


ぜひお試しくださいー✨











野菜の美味しい味を、


心地よく空腹を感じた後にじっくり楽しめるのも、


痩せてよかったと思うことの一つです❤️





 

 

 

 

食べないダイエットをしても、

 

身も心も削られるだけ。




なんでも食べられるのに痩せる、

 

医者が伝える正しいダイエット、書いています。

 

2800名以上の方に、お読みいただいています。
 
 
 
正しい知識をもとに、
 
最小限の努力で最大限の効果を✨
 
大人の女性にこそ、トライしてもらいたいです❤️ 
 
 

 

 

食べない減量をしてもいいのは、

 

プロボクサーだけかもしれません。

 

 

 
はじめましての方はこちらからお願いします。
 
 
📓最近のアメトピ掲載記事/人気記事はこちら↓↓
 
 
 

 

📓9月の BEST 3 記事はこちらです
 

 
  
 

 

旦那さんは、元プロボクサー。

 

大学時代かなり真剣にやっていて、

 

大学だけではなく、


ジムでもトレーニングをしていたので、

 

会長にライセンス取得を勧められたと言うもの。

 

 

卒業の年に


後楽園ホールでプロライセンスの試合をして、

 

合格したそうです。

 

 

 



その後、社会人として働き出したため、

 

プロとしての試合はしたことがなく、

 

今現在はプロライセンスから


セコンドライセンスに切り替えているのですが、

 

今でも毎週日曜はボクシングジムに行っています🥊





プロボクサーたちの減量は、


それはそれは過酷だそうで。

 

 

前日の計量では、


数十gのオーバーをクリアするために、

 

パンツを脱ぐこともあるくらい💦

 



でも、彼らは、その晩に食べて、


あっという間に5kg前後戻すのです。

 

 



 

なるべく、普段の体重よりも軽い階級で戦った方が

 

有利だからですよね。

 

 

 

そんな彼らの減量で手っ取り早いのは、

 

もちろん、飲まず食わず。

 

リバウンドすることが決まっている減量だから。

 



 

でも、一般人の私たちが、


食べないダイエットを選んだら??

 

結局、リバウンドしてしまうことがほとんど。


 

 

一生、何かを我慢し続ける生活なんて、

 

なかなか無理ですからね〜、、、

 



 

そんなわけで、最近現役時代から15年以上経て、

 

48kg級から12kg増。

 

流石にお腹が気になってきた、我が家の元ボクサー。

 

ダイエットを始めました。

 

 

というか、ドライバーの飛距離を増やしたいらしく、

 

トレーニングを始めたからついでに食事にも

 

気を使い始めたという方が正しいのですがw

 

 

 

 

 

そんな彼に、


ダイエットのプロの私が伝えたことは、

 

ただ一つ。

 


糖質を抜かないこと。



そして、彼なら、


どれくらいお米などの主食を食べても問題ないか、

 

そして、お肉やお魚の量も、

 

大体伝えてみました。

 

 

その結果、あっという間に1kg減。

 

 

女子としては、羨ましい限りです。

 

 

食べないダイエットをしても、

 

身も心も削られるだけ。

 

 

 

お米を食べて痩せる、

 

医者が伝える正しいダイエット、書いています。

 

2800名以上の方に、お読みいただいています。
 
 
 
正しい知識をもとに、
 
最小限の努力で最大限の効果を✨
 
大人の女性にこそ、トライしてもらいたいです❤️ 
 
 

 

 

先日、患者さんがお亡くなりになりました。



昨年春から治療をして、

冬に大きな手術をして、

春に私が元上司から外来を引き継いですぐに、

再発が見つかって。


治療はもうしたくない、

帰りたいという希望があったので、

治療途中で、急いで在宅環境を整えてもらって、

自分ではベッドから動けなくなっていたけれど、

家に帰ることができました。





初めは嫌がっていたり、敬遠していたお子さん達も、

最後はみんなで見守ってくれて。


子ども達が全員泊まっていたある朝、

旅立たれました。



このご時世、もし入院したままでいたら、

ご家族とほとんど会えず、

1人で亡くなっていったかもしれません。



緩和病棟とはいえ、お見舞いもはばかられるし、

本人は寂しいままだったと思うので、



亡くなったことは、

主治医として、本当に寂しいのだけど、

どこかほっとして、

ご本人にとっても、ご家族にとっても、

よい最期となっていたらよいなぁ、、

と思っていました。




ご尽力くださった緩和ケア科の先生から、

『誰もが、必ず亡くなりますからね。

どう亡くなるかです。』


という言葉をいただいたことが、

私にとって、今回とても大きな学びでした。



医者は決して何かができるわけでなく、

よりよく人生を終えていくための

お手伝いをしているだけなのかもしれません。






そんななか、

心友からの、この話。



ご家族のお気持ちが、少しでも安らぐ時があれば、、

と祈ります。









一生太らない食事や習慣を身につけるためには、

自分の傾向を知ることが何よりも大切。


病院に持ち込んでいたリンゴを、切ったところ🍎



はじめましての方はこちらからお願いします。
 
 
📓最近のアメトピ掲載記事/人気記事はこちら↓↓


 


📓9月の BEST 3 記事はこちらです
 

  

普段なら、どんなに朝バタバタしていても、

車の中でかじれる朝ごはんと、

作り置きおかずをつめるだけの昼のお弁当を

必ず準備する私。




ここ数週間、準緊急手術や、

がん患者さんの対応などで、遅くなることも多く、

先日おにぎりを忘れてしまいました😱




朝ごはんに何もなくて、

非常食兼おやつに置いておいたりんごだけを、

仕事前に食べた日がありました。



仕事がつまっていたので、

14時くらいまでは、

全く気にならず過ごしたのですが、

問題はそのあと。


お昼ご飯をしっかり食べたのですが、

その後も、なんだか物足りなくて💦


夕方、おやつとして、海苔巻きと干し芋を食べて。




夜には、普通にご飯を食べた後に、

冷凍庫にあった、クロワッサン🥐と、

生食パンまでペロリ!!


普段、全くパンを食べないので、

自分でびっくりしました👀



朝のエネルギーが足りないと、

1日の収支としていつもと同じでも、

物足りなさを強く感じるようです。



朝ごはんをきちんと食べなかったこと、

本当に後悔しました〜、、、



朝ごはん、抜いている方も多いかもしれませんが、

体温を上げて体を目覚めさせ、

日中の代謝を上げるためには

朝ごはんがとても大切。



私は、朝ごはんを抜いていた時は、

リバウンドし続けていましたが、

朝ごはんを必ず食べるようになった今、

こないだのように、

夕ご飯のデザート(笑?)に、

クロワッサンと生食パンを食べても、

体型も体重も、変化しなくなりました。



食べても痩せていくお食事って、

きちんとあります。

こちらで詳しく書いていますので、

チェックしてみてくださいね!

2800名以上の方が、読んでらっしゃいます。




正しい知識をもとに、

最小限の努力で最大限の効果を✨

大人の女性にこそ、トライしてもらいたいです❤️ 




運動は、脂肪をなくしてくれるものではありません。






はじめましての方はこちらからお願いします。
 
 
📓最近のアメトピ掲載記事/人気記事はこちら↓↓


 


📓9月の BEST 3 記事はこちらです
 

  
大学6年生までバスケ部所属で、

冬はスキースクールで働いたり、

かなり動いていました。
(脚が太くなる運動ばかりで、太かった笑)





研修医になって一気に運動頻度が減り、

使わなくなった筋肉は衰えていったのに、

お尻や太ももの脂肪は変わらなかったし、

太ももやふくらはぎの前側や、

太ももの外側は太いままでした💦






30歳前後から、

ホットヨガとピラティス、

加圧トレーニングやパーソナルトレーニングと、

かなり色々やったけれど、

ぜーんぜん思うように細くならなかった!





それは、筋肉をつけようとする運動を、

太くなりたくない所を使うような姿勢で、

やり続けていたから、、、



運動で脂肪がなくなるわけではなく、

脂肪を燃焼しやすくするのは、食事。


運動はあくまでも、

自分好みのボディラインを作るための手段に

すぎません。





食事が整っていなければ、

もともとのラインの上に、

更に筋肉がつくだけなので、

ラインをほっそりさせたい女性は特に、

筋トレの意義を考えた方がよいかもしれません。


 



純粋に綺麗にしなやかになる1番の近道は、

脂肪を燃やしやすい毎日のお食事をきちんとして、

正しい姿勢や体の使い方で、

日々過ごすこと。



それだけで、確実に体は変わります。




つらくて効果のない

ダイエットやボディメイクをしていないか、

ぜひ、時折、

ご自身を振り返ってみていただきたいです^_^




無駄で無理なダイエットとボディメイクをやめたら、

体が変わったし、マインドも変わって、

最高のパートナーとも巡り合いました。






つらいことも面倒なことも嫌いな私が、

仕事と彼を優先しながらも

勝手に痩せてきた理由は、

こちらで詳しく書いています。






無理なく無駄なく。

いくつになっても、
自分史上最高ボディを、更新していきましょう❤️

年を重ねれば重ねるほど、

美しさは、健やかさになってくると思います。









先日、月一回の講義で

85歳の美容家 小林照子さんとお目にかかり、

相変わらずの白くて艶のあるお肌と、

ハリのあるお声、

そして、美しい佇まいに惚れ惚れとしました。





ウーマノミクスを提唱された 

キャシー松井さんの講義だったので、

お2人を撮影している同期とともに。







若さは自分で作るもの。



心と体とお肌を作るのは、

食事と自分の手。





そして何より大切なのは、

口に出す言葉!





85歳、これまでに様々なことを経験して、

笑顔で過ごしている人生の先輩から

毎月本当にたくさんのことを学んでいます。



これはしない、あれはする

人生における断捨離を教えてくれるので、

毎日忙しくしている女性にこそぜひ、

読んでみていただきたいです。









ダイエットと恋愛がうまくいくためのことは、

似ているなぁと思います。


友人のかよこさんがポーセラーツで作ってくれたカップ♡
お気に入りの南部鉄器。




 
私が7kg太っていた時、

バツイチアラサー、女医、

と、モテ要素が全くなかったけれど、

また絶対恋愛がしたいと思っていました。





でも、どうすればうまくいくかわからなくて、

相手のLINEに右往左往したり、

好かれたくて自分らしくない行動をしたり、

今思うと、とっても涙ぐましいのですが、

あの時の私なりには、努力していました。




ダイエットも同じ。

痩せたいけれど、何をしたらよいかわからなくて、

糖質制限
プロテインダイエット
置き換え 
酵素などなど‥


いいと言われているようなものを、

なんでも試して、頑張っている気になっていました。




でも、どちらもなかなかうまくいかない!


それは当然で、

ダイエットも恋愛も、

軸が定まらなければうまくいかない。




ダイエットでは、

誰でも、健康を損なわず、無駄なお金を使わず、

できるものでなければ、キープできないし、


恋愛では、

無理をしていても、

いつかはカバーしきれなくなる。



どちらも、普通ーーの自分でできることでないと、

効果が出ないんですよね。



それに気づいてみると、

どちらもうまくいくようになりました。




あの時、

いくつになっても誰がやってもリバウンドせず、

健康も損なわないダイエットを選んで

良かったと思うし、

そのおかげで、恋愛もうまくいくようになりました。




確実で、いつまでもできる

ダイエット•食事を見つけることは、

自分の人生を

自分の手で舵取りできるようになること。




食事が整っていない方は、

いくつになっても、

自分自身に振り回されてしまうのかもしれません。







忙しくしている方の

集中力や瞬発力ってすごいな、、と思わされます。



数年前の思い出📸



はじめましての方はこちらからお願いします。
 
 
📓最近のアメトピ掲載記事/人気記事はこちら↓↓

 


📓9月の BEST 3 記事はこちらです
 


 


私のダイエットセミナーの卒業生さんで、

30代女性152cm 女医さんがいらっしゃいます。


彼女は、相当忙しい科に所属していて、

夜中に呼び出されてそのまま、

そこから次の日の夜まで。



朝仕事に入ったら次の休憩は20時過ぎ。

なんてことがザラにある方です。



でも、そんな彼女が、

セミナーが終わった後も体重は変わり続けて、

メンタル面も別人のように変わったんです。







152cm48-49kgと、決して重たくないのに、

なんとそこから5kg減👀!!


心も体も軽くなって、

本当にいきいきとしています。



そんな彼女が、決して欠かさないのは、

朝ごはん。



お昼や夜に、

思うように食べられないことが多いからこそ、

必ずきっっちり、

盛り沢山の朝ごはんを召し上がっています。



それも、通勤中の車の中でも

簡単に召し上がれるように工夫されていて、


オープンサンドだったり、

ボリューミーおにぎりだったり、

見ている私が楽しくなるものばかり。


必ず、野菜•タンパク質•糖質(主食)がとれるよう、

作っています。



その上で、

これまでなら空き時間に

お菓子を食べていたところを、

おにぎりやサンドイッチ、フルーツ、お芋など、

栄養もエネルギーも含まれているものを

チョイス。




糖質もフルーツも、

全ては体と心を作る大切な栄養素。



きちんと召し上がることは、

心も体もしなやかにしてくれるようです。





いらない脂肪を減らして、

マインドもしなやかに強くしてくれる食事と生活、

こちらでじっくり書いています。
 正しい知識なしに、
 
宅トレや、ジムに行っても、
 
余計なところが太くなるだけ、、、
 
ぜーんぶやめましたが、
 
自分史上最高のボディラインを更新中。
 
 
 
余計なお肉は姿勢による部分が大きいので、
 
正しい姿勢を知ることで、
 
ボディラインは、確実に変わります。
 
 
家にいてごろごろするだけで十分な
 
ボディメイク。
 
 
この3つは、私にとっての三種の神器で、
 
おススメです✨
 
 
 
オンラインセミナーで、
ボディメイクもお伝え予定です♡
 
詳しくは、無料のメールレターからご案内します✨