まいど~クローバー

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

 

日々の暮らしの中で

 

「あ、、これって、あの絵本のあの場面や!」

 

絵本と現実のできごとがリンクする瞬間って

ありませんか?

 

 

 

 

実は私、しょっちゅうありますニコ

 

 

 

 

 

つい先日も、小さな女の子が

うちの駐車場の傍の木の下で

うずくまって何かしてるので

 

「あ、この光景・・・あの絵本と一緒やな~」

 

っと嬉しい気持ちで

駐車場の手前で 車を止めて

その子を見ていました。

 

 

 


見ていると、小さな女の子は

しきりに葉っぱをさわっているのです。

 

 

もう、これです。

この絵本と一緒です!

 

 

{D868F6B3-E1FD-4F58-AEEC-D265653C058E}

『そうっと そうっと さわってみたの』

三宮麻由子/ぶん 

山村浩二/え  

福音館書店

 

 

 

女の子が さわっていたのは、これ。

 

 

{5691399E-C0C2-4B75-814C-1E9C62D1981A}

 

 

 

 

 

オジギソウ。

 

 
 
夏前に100円で苗を買ってきて
子どもたちがさわるかな~っと
植えておいたら・・・・
 
いつの間にか
こんなに大きくなっていまして。
 
 
 
毎度おなじみ、ビフォー画像。 荒れてる・・・汗
                 
高圧洗浄機で壁洗浄。レンガも洗浄。
そして草取りしたアフター画像。オジギソウの苗は下矢印

 

 

 

 

 

女の子の傍には

保育園の鞄を持って 待ってる

おばあちゃんらしき人が。

 

 

その様子がなんとも微笑ましくて

私も車を止めて 待ちました。

 

 

 

だってね、

 

こんなポヤポヤの花が咲いてるし、

 

{D28AB671-92EA-47AE-BE18-65D24DA03BAC}

 

 

 

種も付いてるし、

 

 

 

{ADC99423-D0FA-48F4-B0E9-9B8F1D06E208}

 

こんな種も!

 

 

{CAEA71C3-26F4-4624-9604-15B6FF07D562}

 

 

 

オジギソウは、なんてったって

葉っぱが動くんです!

 

(さわると葉が閉じる仕組みを

娘が夏休みに理科の自由研究で調べていました。

葉に何かが触れると電気信号が流れて

葉枕(ようちん)内部の水分が片方に移動するため

閉じるのだとか)

 

 

 

女の子は ぜーんぶ さわりつくして

ぜーんぶ 葉っぱがねんねして(閉じて)

しまったところで やっとこさ 

ナットクしたのか 顔を上げました。

 

 

 

おばあちゃん、その間、ずうっと待っていました。

 

 

優しい時間が流れていました。

 

 

 

そういえば、娘が幼稚園だったとき、

帰り道で 水路の水をさわってみたり、

桜の木の下で 休憩してお茶を飲んだり、

のんびり帰ったものでした。

 

 

すごく楽しかった。

 

 

 

{0FF39952-DDA5-4EEA-A24F-ACC764A02C26}


 

 

 

 
さて、女の子。
やっとこさ移動したと思ったら
また しゃがんで
今度は道端の草をさわり出しました。
 
 
 
 
それは、動かへんっちゅうねん・・・・にやり
 
 

 

 

 

子どもはよく、

現実世界と 絵本の世界を

行ったり来たりして

リアルな体験を絵本の中で何度も追体験して

心が育っていく・・・と言われているけど

 

大人だって

現実世界と 絵本の世界を

行ったり来たり。

 

 

 

娘との 何気ない日常の

楽しかった思い出までよみがえってきて

私も優しい時間のおすそわけを

もらいました。ほっこり

 

 

 

 

 

 

水路の水の 冷たい感触、

オジギソウの葉っぱの お辞儀、

土のにおい、

ねこじゃらしの

くすぐったい感じと青くさい匂い・・・

 

 

この絵本も

手で草花をさわる時の感触が

すてきなオノマトペで表現されていますニコ

 

 

 

五感をいっぱーい働かせて

絵本と自然を楽しんでくださいね〜ほっこり

 

 

 

 

  

(・・・・植えてみるもんやなー、オジギソウ)草

 

 

 

 

 

 

 

AD
まいど~ワカメ)))     
ワカメ状態からだいぶ回復してきた)

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

 

16日は、月に一度の絵本学講座の日でした。
 
2015-2016年度は
「日本の絵本作家たち」
 
2017年度は     
「アメリカを生きた女性絵本作家たち」
について学んでいます。
 
 
5月・『100まんびきのねこ』のワンダ・ガアグ
6月・『ちいさいおうち』のバージニア・リー・バートン
7月・『かあさんのいす』のベラ・B・ウィリアムズ
 
9月は『ABCのおかいもの』
『アリスンの百日草』ほかの 
アニタ・ローベル。
 
 
台風接近の土曜日。
金曜からのワカメ状態と長引く腰痛で
北千里まで行けるかどうか迷ったんですが、、
 
 
行って、ほんとうに 良かった!キラキラ
 
 
前回に続いて
自分では絶対に
手に取らなかっただろう絵本との
劇的な出会いがありました。
 
 
 
先生の絵本学講座を受講すると
毎回 胸が震えます。
 
 
絵本のことを学ぶのに
広く浅い知識はいらない!
 
たくさんの絵本を 
ただ知識として知っていることよりも 
 
一人の作家の生きざまを深く掘り下げ、
どんな生い立ちを経て
当時、どんな社会情勢の中から
その作品たちが生まれたのか。
 
そういうことを学びたい!
 
先生の講義を聞くたびに、そう思います。
 
 
 
アニタ・ローベル
1934年 ユダヤ系の両親のもとに生まれる。ポーランドのクラクフに住む。
 
 
 
この一行を読まれた先生は、こう言われました。
 
 
「あーっ!と思ってほしい。
絵本を学ぼうとする者なら、
世界の歴史を知っておいてほしい。
 
そして、
この一行がどういうことを表すのか知ってほしい。」
 
 
1934年・・・
ユダヤ人というだけで
生まれたときから既に
生存権をはく奪されているような社会情勢。
 
アニタが5歳の時、戦争が始まり、
3歳の弟とともにばあやに連れられて
放浪の旅に出ます。
 
 
1944年 
ナチスドイツに捕まえられ、強制収容所へ。
 
 
アニタ・ローベルは
彫りの深い顔立ちと黒髪の女の子でした。
ユダヤ人だと一目でわかる外見です。
 
しかし、弟は金髪で
ズボンを脱がされなければ
男の子だとは分からない顔立ち。
ずっと女の子のふりをして
姉のアニタと一緒にいたそうです。
 
 
5歳と3歳の姉弟・・・
ずっと弟の手を離さないでいたアニタ。
とにかく、「煙が上がっている方へは行かない」
と本能的に感じ取っていたのだと。。。
 
 
翌年、奇跡的に開放され、スウェーデンヘ。
 
 
その後、両親と再会を果たしたアニタは
アメリカへ渡り、美術学校で
アーノルド・ローベルと出会い結婚します。
 
 
 
先生の資料には こうありました。
 
 
「1939年にポーランドに在住していた
14歳以下のユダヤ人 約百万人のうち
戦後まで生き残ったのは
0.5%にあたる五千人だけだった。」
 
アニタ・ローベル/著『きれいな絵なんかなかった』 
訳者あとがき(小島希里)より
 
 
14歳以下・・・の子どもの
99.5%が・・・
 
殺されたのです。
 

 

{31410FC7-934C-4F23-8DFF-2841BAFAFB19}
 
 
この日出会ったアニタの作品は
美しさ溢れる楽しいものだったけれど
 
その美しさの中に
 
ある種の壮絶さや
喪失感を埋めるために描かれた〝何か〟を
感じずにはいられませんでした。
 
 

 

{07CE9E93-9724-464F-9A4D-05333BCC402C}
『ABCのおかいもの』 On Market Street
アーノルド・ローベル/文 
アニタ・ローベル/絵  偕成社
 
 
ある町の市場で A to Z・・の
それぞれのアルファベットの買い物をする
ユニークな絵と文章が続きます。
 
 
この感性・・・やっぱり外国!
日本じゃ あり得へん!
 
Zなんて・・・Zなんて・・・!爆  笑
 
 
 

 

{10E887B6-5BA4-4FE7-BC16-171D46F274A7}
『アリスンの百日草』 Alison's Zinnia 
アニタ・ローベル/作 
青木久子/解説  セーラー出版
 
 
これはね、もう、見ているだけで
たくさんの花束を手渡されたような気持ちになりました。
 
 
なんと美しい 花、花、花・・・
そして、各ページの花の下の小窓に
一人ひとりのドラマがあります。
 
 
花束を渡すように
大人に読んであげたい、特に女性に。
そう感じました。
 
 
 
 
 
こんな絵本・・・・
自分では見つけられない~!
(好みじゃない、と食わず嫌いで手に取らなかっただろうと思いました)
 
 

絵本、という一つの作品の

背景にある社会問題や歴史、
作者の生い立ちや 

込められた思いを知ると

絵本への思いがまた一層深まります。

 


 
{7D80AC82-E664-4AA4-9CDE-13906FDB93C8}
『ニニ、まいごになる』 Nini  Lost  and  found
アニタ・ローベル/作
松川真弓/やく  評論社
 
 
これはニューヨークで2010年に出版された絵本。
(日本では2015年)
 
 
ネコのニニ、何ともいい表情をしています。
なんとも愛らしく、ネコがより愛おしくなる作品です。
 
 
{93B68C28-3B59-4125-B646-0336BCCFE2E5}

 

 
 
 
たくさんの作品を世に生み出してくれたアニタ。
1934年生まれだというから
今もどこかで暮らしているのかな。
 
きっと、大好きな作品たちに囲まれて。
 
 

 

{5E7297A0-6CB0-49C5-856C-8E23541385B7}

 

{E1609E45-40F4-4871-89A9-F8BF1B802FAB}
 
 
 
 
AD

まいど~ニコ

絵本講師の くが やよいです。

 

 

私は絵本と読み聞かせの講師をしてますが、

漫画も大好きです!

 

 

 

漫画も いいですよね ^^

読むとなんだかほっとします。

 

 

 

先月、高3の次男がいつにもまして無口で

しかつめらしい顔をしながら 2、3日間

ずーっとスマホを見続けてるので、

 

「どうしたん?・・・何かあったん?」

 

と何度か聞いたら、(だって一回じゃ返事すらせえへん)

 

「…漫画読んどるだけじゃー!!

 

とキレ気味に返されましたアセアセ

 

 

 

『ワンピース』、60巻まで無料配信で

読める週間があったみたいですねー(^_^;

で、高校男子、とにかく

おかんがウザいんですねー(苦笑)赤字で書いてやる―

(その後もいろいろ読んどりましたわ)

 

 

 

最近はインターネットで漫画や小説が読めますが

私はやっぱり紙の本をお薦めしたい!

 

 

電子書籍で読むのと

紙の本の読書

全く違いますからねー。

(詳しくは絵本講座でねー^^)

 

 

 

前置きが長くなったけど

今年の夏、娘がはまった漫画がこれ。

 

『バガボンド』 井上雄彦 (講談社) 

原作:吉川英治「宮本武蔵」より

 

 

 

 

わが家には、息子たちの漫画や

娘が私の実家からリュックサックに詰め込んで

文字通り、担いで持ってきた

『めぞん一刻』や『うる星やつら』、

昔の漫画も どさりことあります。

 

(私は小学時代→「なかよし」派

中学時代→「少年サンデー」派でした)

 

二階の廊下に積み上げられてた漫画たち。(アフター画像はまた後日!)

 

 

 

幼いころから 絵本も読んだけど

藤子不二雄 や 手塚治虫

吉田秋生、けらえいこ、高橋留美子や

鳥山明作品 その他もろもろ… 

まみれて育った娘。

 

 

中学生になり、読み出したのが

あだち充と『ALL OUT!!』や『バガボンド』。

 

 

{73F3A27F-F33B-4B1E-BD37-E69408EB1A6F}

 

 

 

『バガボンド』、

途中 抜けてる巻を 夏休みに

図書館で借りてきてました。

 

 

『バガボンド』は剣豪・宮本武蔵が主人公の漫画。

武蔵、佐々木小次郎や又八、

それぞれが青春を生き、互いに影響し合い、

成長していくさまが描かれています。

 

 

そして、大人である私たちも

圧倒的な画力に引き込まれます!

 

 

この巻(娘が借りてきた24~29巻)では、

武蔵が

吉岡一派の70人と対峙する場面、

一人対70人の死闘が描かれています。

 

 

 

 

{C201A84C-EB31-4F39-87AF-B736AF489476} 

 

 

武蔵・・・・・男前やなー。

 

 

{5004F207-7436-41FF-8EB4-0503EB7959A8}

 

 

 

 

私がおすすめしたいのは

↑の35巻から37巻。

 

 

自分の剣の道を極めようとする武蔵が

殺し合いの螺旋から降り、

剣を置き、 鍬を持ち、

土を耕し、稲作をする巻です。

 

 

秀作、という一人のお百姓が言います。
 

 

「弱いものの見えぬ 今のうちに出ていけ

ここにいたら 闘えなくなる―

 

 

稲ってやつはな

弱い

人の手なしには生きられん

 

百姓は

この か弱い奴が

何を欲し 何を嫌うかを

聞いて 見つけてやるのが 仕事

 

明けても

暮れても

頭ん中は

 

この か弱い命を 生かすこと

 

命を まっとうさせること

 

 

人を斬る?

 

冗談だろう」

 

 

 

 

自分が生き残るため

あまたの命を斬ってきた武蔵が

水田に立っているのです。

(36巻表紙)

 

 

ぜひ、35、36、37巻だけでも

読んでみてください!

途中からでも十分、読み応えがあります。

 

 

(正統派の児童文学を勉強しているおばちゃんにおすすめしたら

青年漫画?けっこうです、と読まずに突っ返されたけど~ぶー

 

 

 

稲を育て、米を作るとは どういうことか。

食べるものがない、とはどういうことか。

命をつないで 生きるとは――

 

そして、

飢えにあえぐ集落の人々を救うために

武蔵がとった行動とは・・・

 

 

 

 

剣に生き、鬼と化す武蔵。

土に生き、土に死す秀作。

 

一世だけの孤独な鍛錬を

現世に生かす武蔵と

後世へとつなぐ秀作。

 

交わることのない二人の生き様が

か弱い稲の命を通して

交叉し

予期せぬ実をつけてゆく―

 

 

 

 

中学女子もはまる『バガボンド』、

超~~~おすすめです!

 

 

 

『宮本 武蔵』 吉川英治 (新潮文庫)

 

小説の武蔵も いいっすよ!爆  笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

絵本講座の理想と現実

テーマ:

まいど~ニコ

金曜夜はワカメワカメみたいになってる

絵本講師の くが やよいです。

 

 

 

今週水曜日の本で子育て講座

ほしほしおひざで絵本 だっこでわらべうたほしほし

おかげさまで無事に終えることができました。

 

 

たくさんの親子さんにご参加いただき

本当にありがとうございましたほっこり

 

 

そして、強い日差しの中

かけつけてくれた 

絵本セラピストの うきょうちゃん!

 

 

マジでびっくりしたびっくり

っていうか来る必要ないやーん(笑)

でも、わざわざ来てくれてありがとうやでー。

 

 

うきょうちゃん、

記事もアップ★してくれました。

 

照れるやん・・・・・。ねー

 

 

 

ピンク薔薇【ちょっと回想シーン】ピンク薔薇←なぜにバラ!?

 

うきょうちゃんとは子どもの幼稚園時代、

園でいっしょに絵本のボランティアをしてました。

「ブレーメンの音楽隊」をペープサートで上演しようと

私は、くたびれたロバの役で

うきょうちゃんはピアノを弾いてくれていたっけ・・・

お互い、下の子を連れていました。

 

本番当日は大雪で、山に住んでる私は

園までたどり着けんかったというオチまでついて

忘れられない思い出・・・(苦笑)

 

アメーバブログを初めてから

偶然!ブログ上で再会したけど、

思い出の中のうきょうちゃんは昔からエレガントで美しい人でした。

水曜日も全然変わらずでしたよー

あんなきれいな模様のスカートはいてる人、見たことあらへん(笑)

重たい絵本、いっしょに運んでくれてありがとー。

 

ちなみに絵本講師仲間のとんちゃんのところ(小田原市)で

今度、講座をします。

うきょうちゃんは10月24日。わたしは12月17日です。

と宣伝でしたー)

 

 

 

 

さて、

今回はタイトルの通り、絵本と

親子で楽しむわらべうた遊びも

モリモリ盛り込みました。

 

 

親子で簡単なふれあい遊びをすると

普段からいっぱいボディタッチをして

ふれてもらっている子は表情で分かります。

 

本当~にいい表情をするんですほっこりドキドキ

 

 

でも、初めてだったり慣れていない子は

びっくりして、固まったような表情をしたり

とまどったような表情をします。

 

 

 

だけど、それでいいんです。

 

それがスタートで全然構わない。

 

子育てに

遅すぎることなんてない。

 

と児童精神科医の佐々木正美さんも

著書『子どもへのまなざし』(福音館書店)

書かれています。

 

 

 

 

 

おむつ替えのときに体をさすったり

しゃべりかけたり

いっしょにお風呂に入ったり

いっぱいだっこしたり

親子でふれあい遊びをしたり

おひざで絵本を読むことも

身体と心が触れ合う大切なひとときです。

 

 

 

 

そして、

絵本講師って

絵本を上手に読む人のことじゃありません。

 

(もちろん、練習します!

先輩からは「下読み百回」、と言われたもんです)

 

 

 

絵本講師って

絵本をたくさん知ってる人のことじゃありません。

 

(もちろん、知るために勉強します。し続けます。

今、この世に存在する絵本で

知らない絵本より

知ってる絵本の方が多いと思ってる人がいたら

お会いしてみたい。

・・・・・いや、会いたくないかも。)

 

 

子育てに即効性のあるノウハウを

お伝えするわけでもありません。

 

 

 

 

 

なんか・・・絵本って、ええもんやなぁー。

 

こんな読み方やったら

こんな遊び方やったら

私にも(家でも)できるやん!

 

 

 

そんな風に感じてもらえたら

 

おうちで 

親子で

絵本を読んだり遊んだりする

〝きっかけ〟になるといいな。。。。

 

 

そう思いながら

願いながら

(私は) 絵本講座をしています。

 

 

 

 

 

子育て広場の絵本講座は

ほとんどが親子対象。

 

いつも賑やかで、

しーんとした中でお話することはまずありません。

 


時間が経つにつれ

子どもたち、うろうろしたり

ぐずって泣いたり。

 

前に並べている絵本を

どこかへ持っていっちゃったり。

(ほとんどがお母さんのところへ!)

 

 

でも、それでいいんです。

 

 

 

わざわざ講座を聴きに来てくださった人もいれば

たまたまその日、広場に遊びに来ただけの

親子さんもいるかもしれません。

 

 

お子さんのことを見ながら

遊びながら

耳の端っこで講座を聴いていてくれたら

それでいいんです。

 

 

 

わらべうたは、

 

「はい、歌いますよー。」

 

って そこにいる人 全員

巻き込みますけどね!

(うきょうちゃんもね)

 

 

 

 

 

絵本を読んで

お話をして

わらべうたをいっしょに歌う。

 

 

そうやって、いつか

どこかでぽろっと

わらべうたが

お母さんの口からこぼれたら・・・

 

 

どこかで ふと

絵本を手に取って

お子さんと読んでもらえたら・・・

 

 

 

 

そして、

ごはんを食べたり

お風呂に入ったりするのと同じように

 

絵本を読むことが特別なことじゃなく

日常になるといいな。

 

 

 

 

余計なお世話やなぁ

汗だくで 暑苦しい講師やなー自分、

と思いつつ。(笑)

 

 

 

 

{F7543297-6B12-41CA-98BC-ED46E065CCB6}

 

 

 

 

 

 

 

 

洗い物の思わぬ効用!?

テーマ:

二学期が始まり 約二週間が経過。

今週、ハードやったな~~ショック

 

 

今週の高学年理科は、

 
 
ピグライフ 5年生→花粉採取のため、お外へGO!
虫に心を持っていかれる男子続出(笑)
7種類の花粉を採取したら
プレパラートを作り、顕微鏡で観察。
 
ピグライフ 6年生→水溶液の実験と水上置換フラスコ
 
 
でした。
 
 
今、支援に行ってる二校、
一校は生きもの大好きな理科専科の先生がいてる小学校。
一校はマンモス校なので、準備する水溶液の量も試験管もリトマス紙も
とにかく、たくさん必要!
 
 
 
生物の分野は大好きラブ
でも、化学の分野は・・・・ アセアセ
と好き嫌い言うてられへんので
教科書や資料と首っぴきで授業準備をしています。
 
 
 
そのときにすごく役に立ったのが
実は、洗い物ニコ
 
 
マンモス校に赴任したばかりのとき
理科室の後ろに雑然と並んでいる実験器具の
あまりの汚さに驚きました。
 
 
理科専科の先生がいるわけではなく
きっとそこまで手が回らなかったんやろな、、、
 
 
埃を被って曇った 試験管やビーカー、
フラスコやシャーレ、
いつ使ったのか分からないような古い器材、
それらを入れている かご類、
 
 
全部 丸洗いしました。
 
 
シュフは、洗い物のプロやからね~!
 
 
 
理科室ってなんか埃っぽい、、、えー?
って子どもたちに思われたら哀しいし
そんな事で理科嫌いになってほしくない。
 
 
何日かかけて
とにかくアライグマのごとく
洗いに洗った結果、
埃を被ってくすんでいた実験器具類、
 
すべてキラキラピッカピカキラキラ
になりました!
 
 
さすがに先生も気づいて
「これ、なにで洗ったんですかびっくり!?
 
 
・・・ふつーにスポンジで水洗いですぜ先生。
(洗剤らしい洗剤あらへんしやな・・・)にやりドヤァ
 
 
 
そして、自然と
どこに何があるか
理科室の備品の把握 ができました。
 
 
次、この実験をします、と先生に言われたら
その器材を準備して
授業に備えるのも仕事なんですが
器材が足りない場合、
あそこにあるあれを使って作れるかも、、、と
アレンジができるようになりました。
 
 
年度の予算があるので
足りないものは
家庭科室や図工室から借りてきたり、
工夫して準備したものを使って
先生がいい授業をされたときは
ホッとするし、嬉しいですほっこり
 
 
 
子どもたちと一緒に実験をするのは
楽しいけど
とにかく安全第一で
危険がないように 気を抜けない。
 
 
どんな仕事でもそうだけど
気を張ってると 
その反動で
終わったら ヘロンヘロン。。。ぼけー
 
 
 
海のワカメみたいになって、家で伸びてる
金曜夜の私です。
 
 
image
 
 
 
 
 
 

図書委員のSくん。

テーマ:

月曜日ニコ

図書室の開室当番で中学校へ行きました。

 

 

給食の準備時間と昼休みに

来室する子どもたちは

日によるけど

だいたい70~80名ぐらいかな~

 

 

学年と利用人数をノートに記録するために

各自、学年ごとに色分けしたカードを

箱の中に入れてもらいます。

 

 

 

 

この色カード・・・

 

長年使い込まれて ぼろっぼろ。。。ボロアセアセ

 

 

 

一学期に

「色カード、ラミネートして新しく作り直そービックリマーク

 

って言ったけど、結局、手つかずのまま。

 

 

 

言い出しっぺなのと、時間があったので

 

色画用紙を切って

 

ラミネートして

 

{E24DFBFE-A892-42DA-A708-020C321A11CD}

 

 

またハサミで切って

 

色カードをリニューアルしました。

 

 

{7EBF9F3E-8F5E-4416-A7CE-86358CF71845}

 

 

 

黙々と作業してたら、もう3時半。

 

あとは翌日以降の開室当番の

図書ボランティアさんに託しました。

 

 

{CBFD8B8F-4DB8-4A81-92CE-C43C8E291D42}

 

 

 

 

 

三日後。

 

 

 

 

「あーーっ!カード新しくなってるっガーン!」

 

「スゲーーーキラキラキラキラキラキラ!」

 

 

と子どもたちの反応は上々だったそうです^^

(その日 開室当番だった友人談。)

 

 

 

よかった!

 

 

 

 

二学期は行事が目白押しだけど

図書室に遊びにおいでね。

 

 

この日も 本が大好きな

図書男子くんが来てました。

 

 

それから、

 

 

二学期から新しく図書委員になった

二年男子・S井くん。

 

 

「ええーーっ、おまえが図書委員!?

 

 

って友だちに突っ込まれて、

 

 

「・・・・うっさいわ。

強制じゃ、強制!!

 

 

って、椅子に社長座りして

ビンボーゆすりしながら

貸し出しバーコードを

 

「ピッ!ハッ

 

ってスキャンしてる。。。

 

 

 

 

ゲラゲララブラブ

 

 

 

 

こういう子、めっちゃ好きです(笑)

 

 

 

 

 

 

色カードをハサミで切っていると、

校庭から元気な掛け声が聞こえてきました。

 

 

外を覗くと全学年、

体育祭のムカデ競争の練習中。

 

 

毎日くたくたになって帰ってくるけど

がんばってんのやなー。

 

 

砂だらけの娘のジャージを洗うのも

あと半年。

 

 

 

 

体育祭、楽しみやなぁー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まいど~ニコ

絵本講師の くが やよいです。

 

 

明日は子育てひろば あいあいで

 

絵本で子育て講座

ほしほしおひざでえほん

 だっこでわらべうたほしほし

を開催します。

 

 

赤ちゃんから親子でご参加いただけます。

主に 0.1.2歳児ちゃん対象の

絵本が多いですが

妊婦さんも

孫育て中のかたもどうぞニコ

 

 

昨年、ミヤママスタイルに取材していただいた

「まめぴよルーム」絵本で子育て講座。

・・・こんな感じです^^

 

 

あいあいひろばには

駐輪場はありますが

駐車場はありません。

最寄りの駅は阪急苦楽園口駅です。

 

 

講座では、

おすすめ絵本の読み聞かせと紹介、

絵本で子育てする楽しさをお話したり

 

それから

 

テレビ、スマホ、i Pad、

乳幼児と電子メディアの付き合い方・・・

気になりませんか??うーん

 

 

 

便利だから・・・

 

子どもが言うこと聞くから・・・しょんぼり

 

とダウンロードする前に

気をつけてほしいハッハッ

スマホの子育てアプリのことも 

お話したい・・・おーっ!ビックリマーク

 

 

けど、

そこまで話せる時間はないか~~汗

 

(明日は60分の講座なので

電子メディアのお話は少しだけです)

 

 

 

(以下レジュメから抜粋)

 

どんぐり・ことばのリズムを楽しみましょう

 

どんぐり・子どもにことばを届けましょう  

 

どんぐり・親子で楽しむ秋のおすすめ絵本

見てるだけで目じりが下がる、

だ~いすきな秋の絵本をご紹介ほっこり

 

どんぐり・絵本は子育ての応援団☆ 

そしてイライラした時の特効薬です!なぜなら・・・ 

 

どんぐり・絵本は「心の栄養」です。

心を育む絵本には、

身体を育む食べ物と 同じ重さがあります。

では、いい絵本を選ぶ目安とは? 

 

どんぐり・どんな気持ちで子どもと絵本を読みますか?

子どもが本嫌いになる理由、実は・・・

 

そして、読み聞かせで一番たいせつなことって?

 

どんぐり・少し大きくなったら・・・

これから読んであげたいおすすめ絵本

 

 

 

こんな感じの構成になっとります!ニコ

 

 

 

ところで、なぜ、どんぐりどんぐりどんぐりどんぐり???

 

それは・・・・ 

 

来てくださってのお楽しみ音譜

 

 

 

私の講座は、参加者全員竜巻 巻き込み型。竜巻

 

ほっこりするより、お腹が空きます!(笑)

 

わらべうたもいっぱい歌いますよ~♪

 

 

 

 

・・・・・にやりハッ

 

 

 

・・・果たしてこれ、ぜんぶ、

60分に収まりきるのかアセアセ???

 

 

 

 

それも

来てくださってのお楽しみむらさき音符ブルー音符ピンク音符

 

 

 

心に お土産 いーっぱいラブラブラブラブ

持って帰ってくださいね~ほっこり

 

 

 

 

(以下詳細です)

 

絵本で子育て講座 

【おひざでえほん だっこでわらべうた】

講師:子育てひろばアドバイザー/絵本講師 久賀 弥生 

11時~12時 

兵庫県西宮市石刎町19-13

「あいあいひろば」にて 

(総合相談支援センター 多目的ホール)

http://www.aiaihiroba.jp/

(HP,告知タイトルが違ってますが・・・汗

 

★お問い合わせ先 0798-71-2933

★参加費無料。事前予約の必要はありません。

 

 

いつもの相棒ドキドキ 軍手で作っためんどりかあさん。

作りたては、、、こ、こんなに白かったのね~~あせる

 

 

明日は「ひよこのわらべうた」も歌いまーすヒヨコ音符

 

 

 

 

 

{2A50CF8C-9393-4ABC-A6A9-9A00A6BE26E2}

まいど~ニコ

絵本講師の くが やよいです。

 

 

12日は「宇宙の日」だと

数日前、ラジオで聞いて

思い浮かんだのがこの絵本。

 

 

『あるひうちゅうで』 

きたむら さとし

佑学社


きたむらさんはイギリス在住の絵本作家さん。

 

何年か前に京都でお会いして

お話を聞いたとき、

若い頃は自分に自信が持てず

何をしたらいいか模索して悩んでいた、

というお話が印象的でした。

 

 

ちょうどうちの長男も

探して、もがいてた時期だったので・・・

 

 

こんな素晴らしい作家さんでも

そんなときがあったのか・・・アセアセ

(そういえば長倉洋海さんも18、9の頃はそうだったと)

 

 

男の子はそういう時期を経て

自分自身と向き合い、

チャレンジして行くんやなぁーと 

なんだか安心したんです。

 

 

 

話がそれましたあせる

 

 

 

この絵本を開くと

溢れだすブルーに圧倒されます!

 

この人の描く青、なんとも素敵。

 

これぞ

〝きたむらブルー!〟


 

・・・あ、独特のきたむらさんの青を

(勝手に)こう呼んでます。

 

 

とにかく、引き込まれる深い青!青!青!

 

ブルーは大好きな色。

そして、この絵本は

最もきたむらブルーが炸裂してる絵本

だと思います。

 

 

・・・・

 

 

ある日宇宙からやってきた

黄色い物体。

 

地面に降りて

「へんてこな生きもの」と出会います。

 

宇宙からの物体くんと

地球上のへんてこな生きものは

友だちになって一日中遊びます。

 

 

どうやって・・・・?

 

 

そのスケールのデカさが

マジパネェっす…アセアセ

(本当に、半端ではないのでございます)

 

 

そしてこの黄色い物体、
私には「あるもの」に見えてしょうがない(笑)

何かに見えたら、ぜひ教えてくださいね!



原題は『UFO  DIARY』。

宇宙や夜空に思いをはせるとき、
おすすめの絵本です
ほっこり

 

 

 

『あるひうちゅうで』 きたむらさとし (佑学社)

 

『ぼくはおこった』 ハーウィン・オラム/文 きたむらさとし/絵・訳(佑学社)

 

『ふつうに学校にいくふつうの日』 コリン・マクノートン/文 きたむらさとし/絵

柴田元幸/訳 (小峰書店)・・・・この絵本は友人に教えてもらいました^^

 

『ミリーのすてきなぼうし』  きたむらさとし(BL出版)

 

 

 

きたむらさんの絵本たち。

どれもとってもおすすめです!

 

 

そして

この夏 出会った とっときの一冊

・・・については また今度ウインク


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まいど~ニコ

絵本講師の くが やよいです。

 

 

本日夜23時からNHKのEテレで

私が敬愛するフォトジャーナリスト

長倉洋海さんのETV特集があります!

 

 

20数年前、私が

アフガニスタンという国と

イスラム戦士 マスードに強く惹かれたのは

長倉さんの写真がきっかけです。

 

image

 

 

武器も作れないと言われた小さな国

アフガニスタンに攻め込んだソ連軍。

 

圧倒的な武力の差に屈することなく

一歩も引かず

アフガニスタンの自由と独立のため戦った

イスラム戦士 マスード。

 

 

マスードにシンパシーを感じた長倉さんは

長期にわたりマスードの同行取材を続けます。

 

 

そして、長倉さんとマスードの出会いから

山の上に小さな学校が生まれます。

 

 

それは、

『アフガニスタン  山の学校の子どもたち』

という写真絵本になり

出版されています。

 

長倉洋海   偕成社 

 

 

鋸の刃のような

険しいヒンズークシ山脈の

パンシール渓谷に

今日も山の学校の子どもたちの

元気な声が響きます。


 

しかし、長く続く戦乱の中、

軍事司令官だったマスードは、

志半ばで暗殺。

 

 

国中が悲しみに暮れる中、

長倉さんはマスードの言葉を思い出します。

 

 

「戦争が終わってからでは遅すぎる。

 

戦争で傷ついたこの国を再建するのは

子どもたちだ。

 

子どもたちに、教育と学校を!」

 

 

 

マスード亡き後、長倉さんはその思いを受け継ぎ

今も山の学校の支援を続け、

子どもたちの成長を写し続けています。

 

 

 

『アフガニスタンの少女 マジャミン』

長倉洋海

新日本出版社

 

 

これはその山の学校に通う女の子

マジャミンちゃんが主人公の

写真絵本です。

 

※マジャミンとは「笑顔」という意味で

お父さんが名づけました。

 

 

 

子どもたちの笑顔に国境はありません。

ぜひ、このドキュメンタリーをご覧になってください。

 

 

そして、長倉洋海さんの著作を手に取り、
読んでもらえたら 嬉しいです!
 
 
image
 

山の学校の支援の会ホームページはコチラ★

 
 

 

 

 

 

まいどニコ

絵本講師の くが やよいです。

 

 

気になってるけど なかなか行けない…

でも行きたい!!おーっ!

 

 

思い立ったが  吉日だるまさんがダッシュ

阪神電車に飛び乗って、

ぴゃーっと行ってきました。

 

 

 

神戸の元町駅西口から徒歩2分。

ギャラリー・ヴィーで開催中の

絵本の原画展。

 

 

 

今日初めて読むのに

いい絵本に出会える予感がしていました。

 

 

そして、その予感は当たっていましたウインク

 

 

 

{CA2DAC86-E631-4F44-8208-DF041422CF09}
『はしをわたってしらないまちへ』
高科正信/文
中川洋典/絵
福音館書店

 

 

 

 

輝く海と 空と 風と

大きな橋。

 

そしてぼく。

 

眩い光線にくっきりしたぼくの影。

 

タイトルの書体もいいなぁ~!

 

 

(私、正面よりも、気持ちを物語っている

後姿のほうが 断然好きですドキドキ

 

 

 

お父さんと一緒に大きな大きな橋を渡り

ぼくのまちから しらないまちへ。

 

でも、大好きな人と一緒なら、大丈夫!

 

そしてまた

橋を渡って ぼくのまちへ。

 

 

 

 

 
いっしょに絵本を読んだ娘(14歳)、

 

 

(主人公の)お箸が小っちゃくてかわいいな~。」

 

 

はし、って・・・・ 

そっちのはし!!?

 

 

橋の雄大さとは、真逆やな!(笑)

 

 

そして、

 

「毎日 仕事で(帰宅が)遅いのに

ランチョンマット、お父さんの分も

ちゃーんと敷いてあるなぁ。」

 

 

 

そして二人の意見が一致したのは

 

「この子、お母さん似やな!!」

ゲラゲラ

 

 

途中、メガネをはずしたお父さんを見て

「う~ん、、、おとうさんにもちょっと似てる、かな?」

 

 

 

登場人物の表情も楽しくて

描き込まれたひとりひとりを

 じっくり見てしまいますほっこり

(作者さんと画家さん、編集者さんもどこかにいるそうです…

って、どこやねん~!会ったことないから分からーん)

 

 

見開きいっぱいにひろがる橋の鳥瞰図は

無機質な建造物の(はずの)橋が

なんだか喜んでいるみたいほっこり

 

 

なんてきれいな 空と海キラキラ

光がいっぱい溢れていて、

海からの潮風が

橋を渡り、汗をかいた人たちの髪を

なびかせていきます。

 

 

お父さんと歩いて渡った大きな橋。

空っぽになったお弁当箱は

楽しかった一日の余韻やね~ねー

 

 

晴れ渡った空と海は

やがて夕暮れの空と海へ。

そして

夕闇に浮かび上がる大橋のシルエット。

 

 
 

私たちは毎年、その大橋をフェリーでくぐり

オットの実家、門司港へ帰省します。

今年は、去年とは違った気持ちで

その大橋を見上げるかも。

 

 

 

 

明日9月9日(土)は16時から

ギャラリー・ヴィーで 高科さんと中川さんの

おはなし会とサイン会があるそうですよニコ

(制作秘話もいろいろ聞けるかも!)

 

image

ギャラリー・ヴィーさんのHPはこちら★

 

 

 【よだん】

ギャラリー・ヴィーといえば何年か前、

絵本『ケーキになあれ!』の原画展があって

作者のふじもとのりこさんに

バッタリ!偶然お会いできて

その後、何度かお手紙のやり取りをしたことが。

お言葉、絵本講座でも紹介させていただきました。

 

ふじもとさん、お元気かなーニコ

 

『ケーキになあれ!』 ふじもとのりこ (BL出版)

とっても楽しい絵本ですむらさき音符