まいど~^^

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

 

15日はトリプルヘッダー。

 

4年と6年生のおはなし会の余韻が去らないまま

放課後、H小学校の育成センターへ。

1、2、3年生40人と絵本を楽しみました。

 

 

 

もうねー、このセンターの子どもたち、

キラキラキラキラめっちゃ元気キラキラキラキラキラキラ

 

 

読み聞かせボランティアを見て、

 

「今日はオバハン、

子連れで来よったでー爆  笑!!

(↑私の絵本講座の鉄板ネタビックリマーク(笑)

 

って叫んで回った子がいたところです。

 

 

 

 

元気な分、ボケとツッコミもすごい。

関西の小学校では

「読み・書き・算数・ボケ・ツッコミ」

必須です。(尼崎と西宮だけ??)

 

小学校で先生がボケて、

「ここ、突っ込むとこやで!」って教えてくれます。

(マジです)

 

 

 

 

ここでも素話をしようとしたら、

『ブラックさんとブラウンさん』をつかまえて、

 

 

「えーっ、ブラックサンダーっ!?

「あはははっ、ブラックサンダーやて!」

 

「・・・おいしいよなぁーあれ。

って、それ駄菓子やんツッコミビックリマーク

これはブラックさんグッ!

 

 

そして、

 

 

「えーっ、ブラウンさんー??

ホワイトさん、ちゃうんかー」

 

「ブラックサンダーとホワイトポッキーさん、

て、お菓子ちゃうーゆーねんツッコミビックリマーク

これはブラウンさんですグッ!!

 

 

 

 

ストーリーテリングが、子どもと私で

ノリツッコミの漫才に。。。

 

(東京子ども図書館の人が見たらひっくり返るやろうなーアセアセ

 

 

 

なんか知らんけどテンションが高すぎて

話されへんぐらいの嬉しがりようなので、

 

 

 

「ブラックサンダーは、とりあえず

置いといて。

 

 

 

と、手で挟んで横に置く仕草で、

やっとこさ子どもたち、切り替え完了。

 

 

(ここまで長いー)

 

 

 

 

素話と、次に読んだのはこの絵本。

 

『うまれたよ!カナヘビ』

関慎太郎/写真、 小杉みのり/構成・文

岩崎書店

 

 

 

「どんだけカナヘビ好きやねん!!!ツッコミ

と自分で突っ込んでおきますあせる

 

 

 

この絵本は、低学年も高学年も楽しめますニコ

 

 

写真絵本は、リアルなので

子どもたちの入りようがすごいです。

カナヘビの表情や、細かい鱗まで分かります。

 

 

「かなへびって、トカゲと違うん?」

「かなへびって、ちょうちょ食べるん?」

「うわーー、赤ちゃんやー」

「赤ちゃん、かわいー」

「あんたらもこんなんやったんやでー」

「えーーーーっ!」

 

 

本当に、生まれたての姿は

ヒトの赤ちゃんと一緒やなー

って思います。

 

 

 

読み終わろうとすると、2年生の子が

 

「もっと見せて!」

 

「え?ここ?」 と裏表紙を見せると、

 

 

 

「そこちゃう、さっきのところ、そこ!」

 

と言ったのが、このページ。

下矢印

 

 

 

「いっぱいあるやんー!」

「カマキリも読みたい!」

「ザリガニも!」

 

 

「学校の図書室にあるかなー。

もしなかったら、図書館で探してみてな」

 

 

 

 

うまれたよ!シリーズ、

何冊か読んだけど すご~くいいので

お家だけじゃなく、ぜひ図書室や図書館にも

置いてほしい絵本です。

 

 

 

それから相方さんが『あなのほん』

低~い声で紙芝居の『はかばへいくむすめ』

を読んでいると、

あんなに騒がしかった 子どもたちが

しーーーん・・・アセアセ

と聴き入ってるのが

おもしろくて、おもしろくて。ねー

 

 

 

クラスがだんだんと

担任の先生のカラーになっていくように

育成センターも

そこの先生のカラーが出るのかな。

 

 

育成センターの先生も『あなのほん』のときに

力いっぱい、「はい、はーいビックリマークパー

って元気に手を上げて

答えようとしてたものなぁ。ほっこり

 

 

 

 

子どもから大人まで

あてっこする参加型の絵本

(騒がしすぎて収拾がつかなくなる恐れもありますが汗

『あなのほん』も おすすめでーすむらさき音符ブルー音符

 

 

 

デザインあ☆ 『あなのほん』 (小学館)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD

まいど~^^

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

11/15日のプログラムをこちらに別記します。

 

 

あと、先生のエピソードも^^

 

 

 

☆★この日のプログラム★☆

 

【4年生】

①『なぞなぞのすきな女の子』(パペット上演)

松岡享子/作

大社玲子/絵

(学研)

 

なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5) なぞなぞのすきな女の子 (新しい日本の幼年童話 5)

 

Amazon

 

 

②『ウエズレーの国』(手作り大型絵本)

ポール・フライシュマン/作

ケビン・ホークス/絵

千葉 茂樹/訳

(あすなろ出版)

 

ウエズレーの国 ウエズレーの国

 

Amazon

 

 

 

③『ブラックさんとブラウンさん』(素話)

おはなしのろうそく25より

(東京子ども図書館編)

 

おはなしのろうそく〈25〉 おはなしのろうそく〈25〉

 

Amazon

 

 

④狂言えほん『ぶす』(ペープサート)

内田麟太郎/作

長谷川義史/絵

(ポプラ社)

 

 

ぶす (狂言えほん) ぶす (狂言えほん)

 

Amazon

 

 

 

 

 

【6年生】

①なぞなぞのすきな女の子(パペット上演)

 

②おおきな木(手作り紙芝居)

シェル・シルヴァスタイン/作・絵

ほんだきんいちろう/訳

篠崎書林 

 

おおきな木 おおきな木

 

Amazon

 

 

 

 

③『くらいくらいおはなし』(素話) 出展不明

  『あくびが出るほどおもしろい話』(素話)

松岡享子/作 

「ついでにペロリ」愛蔵版 おはなしのろうそく3より

(東京子ども図書館編)

 

ついでにペロリ (愛蔵版おはなしのろうそく) ついでにペロリ (愛蔵版おはなしのろうそく)

 

Amazon

 

 

 

④はじまりの日(ギター演奏と読み聞かせ)

ボブ・ディラン/作  

ポール・ロジャース/絵

アーサー・ビナード/訳

(岩崎書店)

 

はじまりの日 はじまりの日

 

Amazon

 

 

 

⑤糸(合唱) 

中島みゆき/作詞・作曲

 

(中島さんご本人の歌声ではないですが。この歌、子どもたち全員、歌えたんですよー)

 

 

 

 

 

『はじまりの日』を読むときに

ギターを弾いてくださった先生は

スーツを着て、ネクタイを締めていました。

 

 

いつもジャージ姿の先生が

ギターを持ってスーツ姿で登場したとき、

六年生たち、騒めいて、

やがて大喝采に・・・!!

 

 

先生は、

お母さんたちの声がギターに負けないように

控え目に

でも あたたかく 演奏してくださいました。

 

 

 

 

 

絵本の読み聞かせは、私たちからの エール。

みんなのこと、応援してるよ、

っていう気持ちが

伝わるといいな。

 

 

 

 

 

 

 

 


背を まっすぐのばして


いつでも 勇気が もてますように

流されることなく 長れをつくりますように


きみの 心のうたが みんなに ひびきますように

 

 

毎日が きみの はじまりの日
 

きょうも あしたも あたらしい きみの 

 

はじまりの日

 

 

 

『はじまりの日』 (本文より抜粋しました)

 

 

 

 

 

 

 

AD

 

 

まいど~^^

絵本講師の くが やよいですにっこりカエル

 

 

 

(小学校の玄関脇に置かれていたカエルくん。

『ふたりはともだち』みたい^^)

 

 

 

本日、K小学校のおはなし集会でした。

 

 

毎年、学年ごとに一コマずつ

先生方がおはなしの時間を取ってくださって、

主にその学年の図書ボランティアのお母さんたちが

出演したり、読み聞かせしたり。

 

毎年、図書ボランティアの

一大イベントとなっています。

 

 

 

 

 

 

子どもたちが通っていたK小学校の

図書ボランティアに関わって

気が付けば はや16年。

 

子どもたちは3人とも卒業してしまったけど

今でも声をかけてもらえるのは

嬉しいことです^^ドキドキ

 

(・・・人手が足らんだけやったりして。。。

 

 

 

 

 

図書ボのお母さんたちが

渾身のパペット上演と

ペープサートと読み聞かせをされる中、

卒業生の母 4名(OG)が

各学年に入ってお手伝いしました。

 

 

 

私は、4年生と6年生のお手伝い。

 

件のあくびのおはなし、をですね、

 

漁師が自前の漁網を

どぉぉ~りゃぁああ~~~ハッハッハッ

っと目いっぱい投げるが如く

語りきった結果。

(どんな比喩やねん) 

 

 

ピッチピチのお魚たちが

キラキラキラキラ大 漁 節キラキラキラキラ

うお座 うお座 うお座 うお座

 

 

 

 

やっぱり、リハーサルのとき、

私に足りなかったのは

気 概。

 

 

漁師の投網のごとく

力いっぱい 語りきったら、

子どもたちが本当に いい表情で

笑って、笑って、

その顔を見てる私も嬉しくて。

 

 

4年生たちと

『ブラックさんとブラウンさん』、

 

6年生たちとは

『くらいくらいおはなし』と

『あくびが出るほどおもしろい話』を

楽しみました。

 

 

 

4年生たちはお話の途中から

やっぱり指をピコピコ動かし始めて、

 

 

6年生たちは、床上数センチ

跳ね上がっていたかもビックリマーク

 

 

そして、あくびのお話は・・・

やっぱり面白いんやなぁー爆  笑ビックリマーク

 

 

 

語って、よかった。

お話を届けられて、よかったな。

 

 

 

 

 

 

おはなし集会の最後に

これまで一年生のときからずーっと

おはなし集会で読まれてきた絵本たちを

6年生の図書ボのお母さんたちが

手に持って 並びました。

 

 

6年生は、今日が最後のおはなし集会。

 

 

これだけの絵本やおはなしを

一緒に楽しんできたんやな~・・・・

と なんだか感無量でした。

 

 

 

担任の先生が奏でるギターをBGMに

6年生のお母さんたち全員で代わる代わる

『はじまりの日』を読みました。

 

 

はじまりの日 はじまりの日
 
Amazon

 

 

そして最後に、先生のギター演奏で

中島みゆきの『糸』を

子どもたちといっしょに歌って

おはなし集会は終わりました。

 

 

 

 

何度も集まり、練習して

真摯に子どもたちと絵本に向き合う

K小学校の図書ボの素敵なお母さんたち。

 

 

きっと、子どもたちだけじゃなく

大人である私たちも

今日の日を

ずっと覚えているだろうな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★本日のおはなし集会のプログラムは文字数の関係で別記しています

 

 

 

 

 

 

はじまりの日 はじまりの日
 
Amazon

 

 

 

 

AD

まいど~くもり

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

先日の

『空の名前』の本の紹介から、

『空の絵本&雲の絵本』特集の

記事を書きたいなぁー!

 

と思いつつ。

 

 

仕事とおはなし会の練習に追われてますあせる

 

 

 

 

昨日、小学校で

おはなし集会のリハーサルがあり、

『あくびが出るほどおもしろい話』

(愛蔵版おはなしのろうそく3『ついでにペロリ』

東京子ども図書館編に収録)

を語りました。

 

 

 

 

 

その場にいて聞いてくださっていた

一人のお母さんが ぽつりと

 

「なんか消化不良なお話やな」。

 

 

 

 

 

 






・・・・う~~~んぼけー。。。

 

 

 



まあ、なんつーか、、、、

 

 

 




 

 

 

そういうお話やん。

 

 

 




 

 

超ド級のナンセンスを

頭で理解しようと思ったらしんどいわなー。

(だいたい、タイトルからしてそうやし)

 

 

隣市の小学校の6年生たちは

ゲラゲラ笑いながら聞いてたし、

大人と子どもではおはなしの感じ方が

ぜんぜん違うしなぁ~・・・

 

 

と思いながらも、なんとなく

その一言が引っかかっていました。

うーん

 

 

 

 

 

 

でも

 

 

よく考えたら、

 

 

 

そのお母さんがそう思われた原因は

お話じゃなく、私にあるのかも。

 

 

 

 

 

 

昨日は大人ばかりのリハーサルで、

初めてこのお話を語るのに

少し、様子見なところがあったかも。

 

 

自分で、

「語りきった!!!」っていう感じが 

なかった。

 

 

そして、子どもたちを前にして語るような

楽しさや ワクワクした気持ちが 

なかった。

 

 

目の前にいるのが作業中の大人でも

そんな気持ちで語ってないんやったら

お話のおもしろさが伝わるわけがない。

 

 

 

 

めっちゃおもしろいお話やのに

自信を持って語らんでどうする!?

 

 

いつもの、

「このお話、ドヤァ~もぐもぐ=3=3

 (口には出さんが)

っていう、押しつけがましさは 

どこいったん!?

 

 

 

この場合の押しつけがましさを

違う言葉で言うと、

 

 

そのお話に対する絶対的な信頼。

 

 

自分が好きになったお話だから

堂々と語る(絵本だったら、読む)

という気持ち。

 

 

 

 

・・・やっぱり、必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も運転しながら おはなしの練習。

洗い物しながら 練習。

洗濯物干しながら 練習。

学校の帰りに 練習。

くりかえし、くりかえし、練習。

 

練習あるのみグー炎!!

 

 

 

 

語れば語るほど

言葉が舌に乗ってきて

そのおはなしの情景がはっきりと見えてくる。

 

 

景色が立ち上がってくる。

 

 

やがて、

おはなしの世界がまるごと自分のものになる。

 

 

絵本を読むときと おんなじやな。

 

 

 

 

 

 

 

明日はいよいよ本番。

 

思いきり、語りきってこよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(注注意ご家庭でお子さんと絵本を読まれるときは

練習は要りませんよ~バイバイ

 

 

 

 

 

 

 

まいど~くもり

絵本講師&理科支援員の くが やよいですニコ

 

 

 

本日の5年生理科は 

これまで子どもたちが

 

ワイワイと写真絵本を見ながら

 

ワイワイと調べ学習をして、

 

ワイワイと写真のコピーリクエストをして、

 

昼休みや25分休みまで使って作ってきた

「雲の新聞」の発表でした。

 

 

 

大きな画用紙に

写真を貼ったり、イラストを書いたりしてできあがった新聞に 

命を吹き込むのが 発表!

 

 

 

割り箸に矢印つけて指示棒を作ったり

まとめ方も発表の仕方もさまざま。

みんな まさに 

ミニミニ気象予報士キラキラもぐもぐドヤァ

 

 

 

 「みんな、、、よー調べてまとめたなぁ~!」

 

 

とその出来栄えに感心して見入ってしまいました。

 

 

子どもたちが作った「雲の新聞」は

理科室前の廊下に

ずらずら~~~っ

(手作りの指示棒右差しも)並べて貼られていますねー

 

 

 

 

そしてFくんが

こんな本をおうちから持ってきてくれました。

 

『空の名前』

高橋健司

光琳社出版

 

 

 

 

この本・・・・すごい。

 

 

 

私、空が大好きで、

よく空を見上げて

写真を写したりするんですが

 

雲って

こ、こんなに種類があったのか・・・びっくり

 

と驚きます。

 

 

 

十二節気のことも

美しい写真を添えて書かれています。

(教科書にも写真提供されているそうです。)

 

 

Fくん、ありがとね〜ほっこり

 

 

今、学校に置いてるので

もう一度 じっくり読みたくて

さっそく図書館で予約しました。

 

 

 

 

 


秋は、雲がいろいろな表情を見せる季節。

この本の中で

まだ見たことのない雲や空に出合ってみませんか?

 

 

 

 

空の名前 空の名前
 
Amazon

 

 

 

 

 

11月はモリモリMonth☆

テーマ:

まいど~庭

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

 

11月は、、、

学校関係の行事とおはなし会がモリモリです富士山(初夢)

 

 

 

平日は仕事

熊あたま

その合間に

 

 

 

2日 中学校最後の合唱コンクール・・・で 感涙(TT)

娘たちのクラス全員

先生が配ってくれた学級通信とクラス写真のしおりを

胸ポケットに入れて歌ったそうです。

 

 

歌った曲は、『河口』 と 『証(あかし)』。

声変わりした男子の低音と、ものすごい声量!

女子もとっても丁寧に歌っていて、気持ちが伝わってきて。

ピアノの子も めっちゃ練習してんやろなぁ~。

優秀賞はもらえんかったけど、母にとっては最高やったよ!

 

 

 

 

どの行事も 子どもたちの真剣な姿を見てるだけで

~~~ あかん、、、涙出る・・・(〒_〒)

 

 

 

5日 高校ラグビーの花園予選大会 第3回戦突破ビックリマーク

下矢印

 

 

7日 小学校の連合体育大会 @阪神甲子園球場

下矢印

 

 

9日 中学校の連合体育大会 @阪神甲子園球場(本日)

下矢印

 

 

11日 高校ラグビーの花園予選大会 第4回戦

ラガーシャツちなみに花園予選の対戦相手は

 

4回戦 11/11(土) 関学 第2フィールドにて 

14:45 キックオフアメフトボール 対戦相手:御影高校ラガーシャツ

 

 

準決勝 11/18(土) 神戸製鋼灘浜グラウンドにて 

9:30 キックオフアメフトボール 対:関学ゾーンの勝者ラガーシャツ

 

 

決 勝 11/23(祝) ユニバー記念競技場メインスタジアム

13:00 キックオフアメフトボール 対:報徳ゾーンの勝者ラガーシャツ

(テレビ中継があるかも!?)

 

 

となっとりますビックリマーク

 

応援するぞーおーっ!!!

 

 

 

・・・そしてそして。

最後の試合のあとには(母たちに)信じられないようなご褒美がキラキララブラブ

(息子は、「俺は絶対にやらんビックリマークって言うてるけど・・・。)

 

 

 

 

 

私の絵本関係絵本の出没先と予定ニコは、

 

 

6日  K小学校 朝の読み聞かせ(6年生)

13日 K小学校 おはなし集会リハーサル

15日 K小学校 おはなし集会

15日 H小学校 育成センター

17日 K小学校 育成センター

17日 夜、伊丹市アイフォニックホールへ

    大人のためのおはなし会を聴きに行きますドキドキ

18日 絵本学講座受講 (レポート作成中!)

22日 U小学校 育成センター

27日 K中学校 図書室開室当番で中学生を眺める(笑)

30日  締め切り 絵本の原稿一本

12月2日 N中学校 絵本講座

 

 

 

となっとりますチュー

 

 

12月と1月の絵本講座の準備をして、

進路説明会も行かにゃあ~猫あせる

 

 

次男と娘、

大学&高校、ダブル受験ですビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

 

 

 

んーーーー、

 

 

いっぱい いっぱいもぐもぐ

 

 

 

 

 

 

子どもたちと絵本、本のこと、

いろいろアップしたいのですが

夜は眠気に負けてます。。。。ぼけーzzzzzz

 

 

 

せめて写真のアップをば。

 

 

市内の公立小中学校の連合体育大会は

阪神甲子園球場がグラウンドキラキラキラキラ

 

 

西宮市の宮っ子たちは

ふかふかの芝生と土を裸足で踏みしめます足

 

 

小学6年生たちは

元気にぴょんぴょん、のびのび、楽しそうでした庭音符

リレーも組体操もめっちゃよかったよー拍手

 

 

 

中学生たちは

力強く、のびのび、気持ちよさそうに演技してました庭音符

 

中学3年生男子の演技、まるで集団行動みたいで 壮 観キラキラ

 

 

女子の演技は、寄せては返す波のようで、、、

エレガントでした~ラブラブ(きれかった~~ほっこり

 

 

 


 

 

 

甲子園球場の芝と土の

メンテナンスをしてくださってる阪神園芸さん、

 

毎年 ありがとうございますねーラブラブ

 

 

 

 

 

 

 

 

輝く 透明な力が溢れてる10代の子どもたち、


やっぱり、ええなぁ~~ほっこりキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まいど~^^

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

今日は朝一番で絵本を読んできました。

文字通り、

朝飯を食べる前の絵本、です^^

 

 

 

 

今日は3年生の教室でした。

3年生って・・・おもろいなーーー爆  笑

 

 

一番最初にいつもの自己紹介、

本が大好き、

本より好きなのは生きもの・・・の話をして

 

「生きものの中で一番好きなのなーんだ?

ヒント、この教室の中にいまーす♪」

 

っていうと、

 

「えっ?・・・サル??」

 

 

って、猿、おるんかーーい!!!爆  笑

 

 

ほんまに笑かす~~~あせる

 

 

 

 

 

一番最初は 素話

『ブラックさんとブラウンさん』

松岡享子/作 

おはなしのろうそく25

東京子ども図書館

 

 

 

 

左手の親指がブラックさん。

右手の親指がブラウンさん。

 

その親指をぴょこぴょこ動かして

お話は進みます。

 

尼崎の小学校で相方さんがしてたとき、

すごーく楽しかったのですドキドキ

 

 

 

 

実はこれ、お初です。

昨夜、娘相手に練習してみたところ、

 

「ふたりとも、市場には行かんかったんや。」

 

 

 

・・・・・そ、そうやんなアセアセ汗冷静でござるな。

 

 

 

 

昨夜は 

娘相手に練習してグッ上下矢印

オット相手に練習してグッ上下矢印

鏡の前で練習してグッ上下矢印

相方さんのお話を思い出して、

朝、もっかいやってみてグッ上下矢印

いざ、本番!!

 

 

 

うわ~~~、

 

子どもたちの視線、集中~~~っキラキラ目キラキラ

 

このお話、やっぱり

楽しい~~~っ爆  笑音譜

 

 

あ、何人か一緒に指、動かし始めた~~上下矢印グッ音符

 

 

 

そして。

 

 

予想してたけど、関西独特!?

 

ツッコミが入ること

入ること!!おーっ!

 

 

「えーーーーっ、市場には行かんかったん?なんでーっ?」

 

「長~~いことしゃべっとったら、日が暮れてもうてん。」

 

 

 

「なんでそんなに丘をのぼって、下ってなんー?」

 

「もうなー、ごっつい山やねん!」

(丘やろ!と自分ツッコミ)

 

 

 

と、お話の途中に

子どもたちとの会話を挟み込んで

ぐいぐい最後まで行きました!

 

楽しかったー爆  笑音譜

 

 

 

おはなしは、ライブ。

子どもたちとの呼吸、やりとりが

ほんまに楽しいです。

 

そうやって、読み手も鍛えられていく感じがします。

 

 

 

 

 

それから、大好きな、今月のおすすめ絵本ドキドキ

『ちょろりんのすてきなセーター』

降矢なな/さく・え

福音館書店

 

 

 

「生きものの中でトカゲとカナヘビが

めっちゃすきやねん。

かわいいでー。

 

このトカゲはちょろりん。

ちょろりんは、9歳くらいやねん。(適当)」

 

 

「えーーーっ」

 

「俺といっしょやんーーー!」

 

 

 

ちょろりんがお店の中に声をかけるところは

そうっと、

びきびきおばさんのところは

低く、ゆっくりと読みました。

 

 

ちょろりんがヘビ用のセーターを着て

手も足も出なかったところは

 

「・・・ミミズのセーター!?あせる

 

くすくす笑いも少しあったけど

それよりも 子どもたち、

ちょろりんを心配してる感じがしました。

 

 

 

 

ちょろりんが泣いてしまうところは、しんみりと

 

ちょろりんがあたたかなセーターに

顔をうずめるところは 子どもたち

にっこりとした笑顔になって

 

お話の中に 子どもたちが

ぐーっと入ってくるのが分かりました。

 

 

だって、ちょろりんは、

自分たちとおんなじ9歳の

トカゲの子、ですから。

 

 

 

 

 

教室を出るとき、子どもたちの何人かが

親指をぴょこぴょこ動かしていました。

 

担任の若い女の先生もね上下矢印グッ音譜

 

 

 

 

 

 

さて、来週はいよいよ一日通して

各学年、一時間のおはなし集会です。

 

私は、4年生と6年生に語ります。

 

 

今日もこれから練習・・・・練習あるのみ!グー

 

 

(語るのはおはなしだけど、気持ちは体育会系メラメラ )

 

 

 

 

 

 

★子どもたちに名作絵本や児童文学を届けようと思っているみなさんへ。★

 

★「絵本の森と子どもの空」でご紹介した絵本のリストはこちら★

   ↑クリックするとページに飛びます。↑

★絵本講師くがやよい・毎月のおすすめ絵本はこちら★

 

 

 

 

 

 

 

 

11月のおすすめ絵本♪

テーマ:

まいど~木枯らし

絵本講師の くが やよいですニコ

 

 

風が少しずつ冷たくなってきて

セーターを出しましたセーター

 


ハートぬく~~いほっこりハート

 

 

 

毎月おすすめ絵本がありすぎて迷うのですが

11月はこれにしようと決めてましたニコ

 

 

 

『ちょろりんのすてきなセーター』

降矢なな/さく・え

福音館書店

 

 

 

 

ちょろりんは、さむがりやの とかげのこ。

 

かあさんに頼まれた手紙を出しに行く途中、

洋品店のガラス窓に

春のはらっぱ色をした

すてきなセーターを見つけます。

 

かあさんにおねだりしますが

なかなか首を縦に降ってくれません。

 

セータ-を買うには、

お小遣いだけでは足りなくて

赤いガラスのお金があと2つ 必要です。

 

そこでちょろりんは、

ランプ職人のじいちゃんの家へ行って

セーターのこと、赤いお金のことを話します。

 

 

「わしの しごとを ひとばん てつだってみるか?

しっかり はたらいたら、

あかい おかね ふたつ、やってもいいぞ」

 

 

大きく うなづく ちょろりん。

ふたりは仕事に取り掛かります。

 

 

朝までに53個のランプを磨くのですが

このランプ磨き・・・

すごく大変な仕事だったようです。

(宮澤賢治の小説にも出てきたような気がします)

 

 

 

背中に「蜥蜴(とかげ)」と染め抜いた

法被を着た じいちゃんの後姿。

 

一生懸命に手伝う ちょろりん。

 

そして、ランプを届ける時

じいちゃんの大八車より先を走って

道をきれいにする ちょろりん・・・

 

 

ちょろりんは、

じいちゃんにもらった赤いお金と

自分の貯金箱のお金を握りしめて

意気揚々と

セーターのお店へ行くのですが・・・・・

 

 

青文字は、本文からの引用です)

 

 

 

 

 

じいちゃんの働く姿、

 

洋品店主の

びきびきおばさんのやさしさ、

 

一生懸命なちょろりん、

 

そして、

やわらかいセーターの袖に顔をうずめる

ちょろりんの表情・・・

 

 

 

 

誠実に働くことの尊さ、

子どもの気持ちに応えようとする大人の優しさ、

たくさんの大人に見守られ、育っていく子ども・・・

 

 

私たちが本来 求めてやまないものが

この絵本に詰まっています。

 

 

春色のセーターに包まれるような

ほっかりとした ぬくもりが

きっと胸の中に広がります。

 

 

 

大好きな人といっしょに、感じてほしい。

 

ぜひ、読んであげてほしいです。

 

 

(裏表紙の じいちゃんとちょろりん)

 

しっぽがあるって、いいなぁラブラブ

 

 

 

 

 

 


 

一昨年、11月最初の週まで

「木かげのおはなし会」をしたことがありました。

 

 

この絵本を読んでいたら

少し肌寒くなってきたのです。

 

でも、

子どもたち、帰る気配はなく、

毛布を膝にかけて聞いてくれていました。

 

 

 

絵本展の展示会場にも置いていましたよ~^^

 

 

 

 

個人的にトカゲとか、カナヘビとか

めちゃくちゃ好きですラブラブ

 

なので、

大人のトカゲと

子どものトカゲを

しっかり描き分けられているところなんか

ツボですキラキラキラキラ

(しっぽの色を見てね!

子どものトカゲはしっぽが青いのです。

ちなみに大好きなトカゲが、どピンク色に描かれている

某・絵本トマト、、、私はあまり好きじゃありません。

おもしろいお話だとは思いますが)

 

 

 

生きものの絵本の場合、

(デフォルメというのはもちろんあるけど)

生態や体の特徴を正確に書く

ということが必須です。

 

 

(足が何本、とか、

オスとメスの違い、とか

そういう部分のことです。

 

ホフマンの描くヤギの瞳の中の線が

縦ではなく、横だと訂正したのも

福音館書店の編集者さんの誠実さの現われです。

ヤギ、服着てるけどww )

 

 

 

 

 

ファンタジーとはまた別のところの

大事な「こだわり」です。

 

 

細部まで

トカゲ好きドキドキの心を満たしてくれる

(あんまりおらんと思うけど)

そんな絵本でもあるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょろりんと、弟のとっけーが出てくるこの絵本も♪

 

 

 

 

 

★子どもたちに名作絵本や児童文学を届けようと思っているみなさんへ。★

 

★「絵本の森と子どもの空」でご紹介した絵本のリストはこちら★

   ↑クリックするとページに飛びます。↑

★絵本講師くがやよい・毎月のおすすめ絵本はこちら★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まいど~^^

絵本講師の くが やよいですニコ

 

11月3日(祝)

子どもたちの育ちについて考える講演会のお知らせです。

 

 

 

講師は、正置友子先生。

現在受講中の絵本学講座の先生です。

 

 

私はこの先生から

子どもたちと絵本を読むときの

「姿勢」を学びました。

 

 

正置先生のお話を聞くと いつも

背筋がまっすぐになる気がします。

 

 

私も学びに行きます。

きっと素晴らしいお話が聞けると思います。

 

 

申し込み、受講料 不要です。

ぜひ お運びくださいね。

 

 

 

 

まいど~走る人

絵本講師の くが やよいですニコ


 

 

昨日、勤務校の6年担任の

絵本がお好きな先生に

 

「これ、今、一押しです!」

 

絵本を渡しました。(『そらいろ男爵』です)

 

 

そうしたら、

その朝 さっそく

子どもたちに読んでくださったようで

廊下ですれ違う6年生たちが

 

 

「あっ、せんせー、あの絵本、面白かったよ!」

 

「えーーっと、あおいろだんしゃく??」

 

「そらいろだんしゃくやろ!」

 

「そう、それ!」

 

 

・・・・って、、、わらかす爆  笑ビックリマーク

 

 

「せんせー、あの本おもしろかったで!」

 

「本、落とすやつ!」

 

 

すれ違う男子も女子も話してくれて、、、

先生が

「これ、くがさんチョイス!」って

言うてくれはったんかなー。

 

 

そんなに喜んでくれるんやったら

じゃんじゃん持っていくよーほっこり音符

 

 

 

 

 

高学年になっても、

絵本の読み聞かせしてくれる先生って

なかなかおらへんよなぁ。

 

 

先生チョイスの絵本も教室に並べられていて

これがまたいい絵本キラキラキラキラ

 

 

今は、LGBTのことを書いてる絵本がズラリ。

こういう絵本や本を通して

みんなと違っていてもいいんやで。

いろんな生き方があっていいんやで、って。

 

 

絵本を選ぶことや

その絵本を読むことで

先生の気持ちが伝わると思う。

 

 

絵本の中の言葉が

読み手の言葉となって

子どもたちの中に降り積もっていくと思う。

 

 

時に厳しく、激務をこなしてる先生方。

 

私は支援員だけど

子どもたちと 

それから

先生の応援もしたいなぁと思っています。

ニコ

 

 

 

 

もうすぐ市内の小学校の連合体育大会、

小連体があります走る人

 

 

毎日、体操服を校庭の砂で真っ白にして

子どもたちは組体操の練習をしています。

 

 

膝をつく組体操では

「膝がイターイ!あせる」と

砂の跡を 膝小僧に刻みながら

頑張っています。

 

 

みんな裸足で、

誰かを土台になって支え、

誰かの上に立ってバランスを取り

隊形を作っていく組体操。

 

 

体操服を洗ってくれるお家の人は

その汚れ方で

みんなの頑張りに気づいてくれてるかな。

 

 

来週の小連体は、

なんと阪神甲子園球場がグラウンド!甲子園

練習の成果を 思いっきり発揮して

フカフカの芝生の上で

のびのび、精いっぱい、楽しんでなー。

 

 

『よーいどんけついっとうしょう』

梅田俊作・佳子/作・絵

岩崎書店

 

 

 

 

この絵本に出てくる先生も

本当にすばらしい・・・

 

 

自分のことをまっすぐに見てほしい子どもと

子どもを見つめる先生のあたたかなまなざし。

 

 

子どもの不安な気持ちに

寄り添うように

まるごと包み込んでくれる先生。

 

 

いい匂いのする先生のハチマキを巻いて

先生の優しさで心を満タンにした僕は・・・

 

 

 

 

 

「優しい」、という漢字は

「憂い」のそばにそっと「人」が寄り添うこと。

そこにいること。

 

 

 

いつもみんなのことを応援してるよ、

って気持ちが

伝わるといいな。

 

 

 

今度はこの絵本、教室に持っていこうかな。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そらいろ男爵 そらいろ男爵
 
Amazon

 

 

 

 

 

 

★子どもたちに名作絵本や児童文学を届けようと思っているみなさんへ。★

 

★「絵本の森と子どもの空」でご紹介した絵本のリストはこちら★

   ↑クリックするとページに飛びます。↑

★絵本講師くがやよい・毎月のおすすめ絵本はこちら★