※このページは情報が入り次第、更新しています。

「ギャラリービブリオからのお知らせ」
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、例年混雑する初日の6/17(木)は「事前予約定員制」とします(ご予約なしではご入場いただけません)。お申し込み受付は6/9(水)より(先着順。Eメールは24h、電話は11~19時受付)。
※混雑回避のため初日の6/17(水)のみ10時に開けます。詳細は追って告知します。
並行して後期日程では通信販売も実施します。詳細は追って告知します。

 

 

「国立うちわ市2021」開催 〜手描きのうちわの展示会〜


 

2021年6月17日(木)〜29日(火) 水曜(23日)定休

 

11時〜19時 (初日のみ10時から) 入場無料

 

国立駅前・ギャラリービブリオにて

     国立市中1-10-38  042-511-4368

 

 ギャラリービブリオ公式サイト

https://www.gbiblio.jp/

 

  

今年の夏も暑くなりそう。暑い時はエアコンをガンガンかけて・・・もいいのだけどそれだけというのも芸がない。

 

 

たまにはエアコンをやすんで、うちわで煽いでみませんか? 

 

 

というわけで今年も、国立ゆかりのアーティストが手描きのうちわで大集合する展示を行うこととなりました。

 

 

国立ゆかり(在住、出身、等)。総勢21人の絵本作家、イラストレーター、漫画家、ミュージシャン、銭湯絵師等の手描きのうちわ約80本が木造、畳敷きのギャラリービブリオを埋め尽くします(「密」を防ぐために今回は作家人数、作品数が前年より減少しています。)。例年大好評で第8回の今年も開催。入場無料。(うちわは購入も可能 一律税込4,500円)

 

 

国立うちわ市2021 出展者詳細 (ほぼ50音順)。随時更新。

   ※画像はすべて昨年2020年の作品。

 

 

赤枝由子(イラストレーター、デザイナー)

 

出版物のイラスト多数。クラフト工房「銀紙帽子」を主宰しグループ展等出展多数。隣接、府中市在住。

 

 

 

赤川政由(銅板工芸作家)  

 

国立市内にたくさんの銅板フィギュアがある。通称・ボンズさん。隣接、立川市在住。

 

 

 

浅生ハルミン(イラストレーター) 

 

国立で十余年のロングセラー「国立名物俳画カレンダー」メンバー。著書に映画化された「私は猫ストーカー」など。

 

 

 

あべななえ(イラストレーター) 

 

 かつて国立東にあった絵本専門店「ペンギンハウス」スタッフ。絵本作家、クラフト作家としても活躍。

 

 

 

荒木慎司(イラストレーター、絵本作家) 

 

 「ファンファン・ファーマシィー」、「遠い国から来た少年」等、多くの作品を持つ。国立市谷保在住。

 

 

 

アンヴィル奈宝子(絵本作家)

 

国立市出身(二小→一中)。国立市内で児童の絵画指導をしつつ絵本作品多数。

 

 

 

小泉 彫 マリンカ (画家) 

 

 国立在住。パステル画教室を主宰。

 

 

 

つきおかゆみこ(絵本作家) 

 

 国立在住。江戸期の「あそび絵」を研究し、「あそび」や「笑い」をテーマにした絵本を制作。その一方で大学通り商店会のポスターのイラストデザインも手掛ける。

 

 

 

中川五郎(フォークシンガー) 

 

 芸歴54年のベテランフォーク歌手。ギャラリービブリオにてライブイベント「中川フォークジャンボリー」を30回主催した。

翻訳家、小説家としても活躍。ライブイベントにイラストを提供することも。国立在住。

 

 

 

 

西村繁男 (絵本作家) 

 

「おふろやさん」「やこうれっしゃ」「がたごとがたごと」等、多くのロングセラーを持つ絵本作家。細密で温かい画風で人気。かつて国立在住。

 

 

 

 

はたこうしろう(絵本作家) 

 

国立にアトリエを持つ絵本作家。幅広い表現と豊かな色彩で多くのファンを持つ。「くにたちこどもの夢・未来事業団」の理事も務める。

 

 

 

ひらまつみわ(イラストレーター) 

 

 雑誌等を中心に活動。国立のタウン誌「国立歩記」イラストを創刊から終刊まで務めた。

 

 

 

降矢奈々(絵本作家) 

 

国立出身(三小→一中)でスロバキア在住の絵本作家。「ともだちシリーズ」「めっきらもっきらどおんどおん」等作品多数。

 

 

 

降矢洋子(画家) 

 

国立市内で長年にわたり子どもの絵画教室「フリーヤハウス」を主宰。絵本作品も多数。

 

 

 

古内ヨシ(絵本作家) 

 

自由な発想の奇想天外な作品が人気の絵本作家。隣接・府中市在住。

 

 

 

丸山清人(銭湯絵師) 

 

かつて国立に40年にわたり在住。国内に3人となった「銭湯絵師」の最年長。毎秋、当廊にて個展開催。銭湯壁画同様、油性ペンキでうちわを仕上げる。

 

 

 

村上康成 (絵本作家) 

 

国立在住。創作絵本をはじめ、ワイルドライフアートなどで独自の表現活動を展開。伊豆高原には「村上康成美術館」がある。

 

 

 

渡邊美奈子(書画家)   

 

国立市内で書道・絵画・篆刻教室の「Atelier MINAKO」を主宰。国立市在住。

 

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ そして注目の初参加作家 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

 

田島征三 (絵本作家)   

 

パワフルな筆致、ダイナミックな構図が人気のベテラン絵本作家。1960年代に国立在住。

 

 

 

 

堀 道広 (漫画家・漆工芸作家)   

 

独特のデフォルメが印象的な漫画家。漆工芸作家の顔を持つ。7年間かけた自伝的大作「おれは短大出」が話題。国立在住。

 

 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 久々の参加 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

 

オオタスセリ (コメディエンヌ、脚本家)

 

国立出身(五小→一中)。故・永六輔氏が最も推したコメディエンヌ、脚本家。

 

 (2017年の作品)

 

 

 

すべて手描きの一点もの。お値段は4,500円(税込)。はっきりいってお買得がすぎます。

 

 

ご購入はすべて先着順。購入された作品は会期終了後、運賃着払いにて発送。また6/28(月)の午後以降は店頭手渡し可能。

 

 

「ギャラリービブリオからのお知らせ」
 新型コロナウィルス感染拡大防止のため、例年混雑する初日の6/17(木)は「事前予約定員制」とします(ご予約なしではご入場いただけません)。お申し込み受付は6/9(水)より(先着順。Eメールは24h、電話は11~19時受付)。
※混雑回避のため初日の6/17(木)のみ10時に開けます。詳細は追って告知します。
並行して後期日程では通信販売も実施します。詳細は追って告知します。

 

 

いずれにせよ事前に告知、発表します。お出かけ前に随時更新の本ページを必ずご確認ください。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・もうすぐ開催・・・・・・・・・・・・・・

 

5月22日(土) 、 5月23日(日)1

「YO-EN唄会 黄昏に恋して 2デイズ」vol.11

 

↑↑ 詳細は画像をクリック! ↑↑

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ギャラリービブリオ公式サイト
https://www.gbiblio.jp/
国立駅前。展示、ワークショップ会議にご活用ください。レンタルスペース、貸会議室も。 

御用の節は上記公式サイトの申し込みフォーム、または・・・、こちらをクリックしてメールください。