8月18日(木)の夜、邑楽郡千代田町のお祭り「川せがき」に行ってきました。



昨年に続き2度目。
でも今年は「ミラーレス一眼持参」という大きな違いが。
いよいよ花火撮影に初挑戦だー☆と、楽しみにして向かいました。






20年ぶりに三脚を買い替え、
Manfrotto アクション三脚 COMPACT


EOSM3にはレリーズが使えないので、バルブ撮影に必要なリモコンを購入し、
Canon 一眼レフ 用 赤外線 リモートコントローラー RC-6 互換品
(私は紛失に備え廉価な互換品を購入してみましたが、動作に問題はありませんでした)


ついでに、炎天下で液晶画面が見えないというストレス解消のために電子ビューファインダーも揃えて、
CANON ビューファインダー EVF-DC1
(これは花火撮影には無関係なものですが、勢いに乗らないと買えないと思い、高額ですがこの際ポチッと!)




少しずつ自分に必要なものがわかってきたところです。
それにしてもポチでいろいろ揃うなんて便利な世の中です。
田舎に住んでいると本当に助かります。
暑い日に、不在再配達をお願いしても笑顔で届けてくださる宅配便のお兄様方には心から感謝しております。








さて、その花火大会。
読経や灯籠流しもあるのですが、今年は納涼祭としての開催100回記念だそうで、花火は例年にも増して気合が入っていたようです。



昨年は会場到着が遅かったため指定駐車場からものすごく歩いたし、花火が遠かった覚えがあり、荷物の軽量化も考えて望遠レンズ1本だけで向かいました。



しかし、今年は運良く(良すぎて)よりによって打ち上げ場所から至近距離の土手に座れてしまい、望遠レンズではアップしか撮れないという嬉しい悲鳴を上げる事態に ^^;



それでも十分、花火を撮る練習にはなりました。







隣のシートの「俺んちは歩いて3分」という、花火大会にとっても詳しい陽気なおじさまがいろいろ教えてくださるのですが、


「ほら、次は目玉の ”ナイル川” だよ!」


えーっと、それってもしかして ”ナイアガラ”?!


…ナイル川にも滝はあるでしょう☆






技術的なことはこれから頑張るとして、
何かを成し遂げようと、その一瞬一瞬に真剣に向き合い集中している時間はとても充実感があります。
マインドフルネス…ヨーガの「今ここに心を留める」の心境と同じですね。


写真撮影も良い修行になりそうです。



おじさま曰く「ナイル川」だそうです。


写真はすべて未加工、トリミングのみです。


まるで羽毛のよう。


発射!


かに座星雲っぽい?


これは銀河系的な。
















余白には侘び寂びが。








撮る楽しみがわかってきたところなので、
これからは、いま持っている機材や機能を使いこなせるようになることが目標です。
AD