前橋市上川淵公民館主催事業
地域づくり講座
 
ゆらぎ世代〜シニアのための
心とからだの健康教室
 
 
平成29(金) 13:30~15:30
(全2回コース)
 
 
 
 
ヨーガセラピーを中心に、その他コンディショニング技法も交え、
40歳以上の女性の元気をサポートする講座の講師を担当いたします。
 
 
 
 


女性のからだは更年期を境に大きく変化します。
 
 
 
40代半ば頃から卵巣機能が低下し、女性ホルモン(エストロゲン・プロゲステロン)の分泌が減っていきます。
 
排卵〜生理周期の乱れが起こるほか、ホルモンバランスの変化が脳の視床下部にある自律神経中枢に影響を及ぼすと、
●のぼぜ・冷え・頭痛・肩こり・めまい・動悸・倦怠感などの自律神経失調症状
●イライラ・不安・情緒不安定・憂うつなどの精神症状
などを引き起こします。
自律神経系への影響は、この年代の女性の家庭や社会環境の変化によるストレスも深く関わっています。
 
●骨密度減少・悪玉コレステロール値・血圧の上昇、体重の増加などが起こる可能性も生じてきます。
 
平均的には「40代半ば〜50代半ばまで、約10年間かけて、少しずつ変化に適応していくための大事な期間=更年期」ということになっています。
ありがたいです。
急激な変化で心身が壊れないよう、ちゃんと準備期間・猶予を設けてくれている自然の摂理、なんて素晴らしいシステムでしょう!
 
 
 
 
 
 
最近は更年期前の30代後半〜40代前半の女性にも、月経不順や、更年期症状同様の不定愁訴に悩む方も増えているといいます。
 
「プレ更年期」「ゆらぎ世代」ともいわれています。
この年代の方の不調の原因は、卵巣機能の低下ではなく、ストレス等による「自律神経系の乱れ→ホルモンバランスの乱れ」も多いとされています。
 
ストレスは筋肉を硬直させます。内臓も筋肉でできていますので、子宮が弾力性を失えば経血の排出のトラブルにも影響します。
その生理痛、改善できるかもしれませんよ⁉︎
 
 
 
 
 
 
閉経後の女性には、女性ホルモンの恩恵を受けられなくなることによるトラブルが生じやすくなります。
 
更年期症状はもとより、
尿道炎・尿漏れ、老人性膣炎・粘膜系のトラブル、肌の乾燥・シワ・たるみ、コレステロール値上昇によって動脈硬化(→脳卒中などの脳血管疾患・心疾患・腎疾患)などなど…
 
寿命が延びた現代、この円熟期をいかに健やかに過ごすかは、個人にとっても社会にとっても大きな課題となっています。
また、シニア世代の方々の輝きは、私のような未熟者の未来のお手本でもあります☆
 
 
 
 
 
 
そんな変化の渦中にある各世代の女性に向け、症状の予防・改善、心の安定のための講座を行います。
 
 
ヨーガといっても、本当に単純な動きしか行いません。
今まで「ヨガをやったら体を痛めた」「きつくて耐えられなかった」「体が硬いからストレッチさえ辛くて、ヨガなんて無理!」と思っている方でもできるような技法が、ヨーガセラピーでは研究・開発されています。
「もっと伸ばして!」なんて強要はしませんし、「あの人みたいに」なんて比較することもありません。
どうぞご安心ください。
 
 
きっとご自分のからだともっともっと仲良しになり、大事にしたくなること請け合いです〜 ^^
 
 
 
 
 
 
詳細については、添付画像も合わせてご覧くださいませ。
皆様のご参加をお待ちしております!



【 場 所 】
上川淵公民館 
前橋市後閑町35
http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/230/262/002/p003345.html


【 定 員 】 
先着20名・前橋市内在住・在勤で40歳以上の女性

 
【 お申し込み・お問い合わせ 】
2月20日(月)〜受付開始
上川淵公民館(直接ご来館、またはお電話にて)
☎︎ 027-265-0455



 
 
 
 
AD