パンザー氏対フェファーマン氏 ウェブ討論 日本語訳 その2

トピック 3

MOD: Now for Topic # 3, with Dr. Panzer giving his opening statement on: Who should be TF's successor now, and why?
さあこれからトピック3です。パンザー博士の冒頭陳情とともに、今、誰が真のお父様の後継者なのか?そして、その理由は?

RP: The question as to who should be Father's successor should be answered by FATHER. Here are some statements he made, starting in 2008 and continuing until his last year on earth. "Father, people were unaware of the fact that when midnight comes after the passing of early evening, the shining hope of tomorrow that is the True Parent, the True Teacher, and the True King, the representative of the kingship of hope, and the authority of the heir to that kingship, is here." “At this time of transition today, this occasion is one where they can inherit the authority as the representatives and heirs who can attend to everything on behalf of True Parents.” April 18, 2008, Hyung Jin Nim's "Inaguration" Ceremony, Korea
お父様の後継者がだれなのかという問いには、お父様によって答えられべきものです。
ここに、お父様が宣言されたものがあります。2008年から始まり、お父様の、この地上での最後の年まで続けられました。”天のお父様、夕暮れが過ぎ、十二時が訪れてくるとき、明日の輝く希望と所望の王様の相続者の権限を持って訪ねてこられる真の父母、真の師、真の王がいるという事実を知りませんでした。””今日、この転換の時において、この場が、真の父母を代表して迎えることができ、代身者、相続者の権限を受け継ぐこの場となりますよう”
文亨進様世界会長就任式でのお父様の祝祷 2008年4月18日


RP: “Today, at this time, there must only be one line of authority. The center, centered on Korea or on the world, over the entire Unification Church will stretch out and become larger. From now, I can leave someone in charge of my work on my behalf. Currently, there is no one among our church members who surpasses Hyung Jin in his standard of faith or in any other way. Do you understand? I am appointing him.” (April 16, 2008)
今、この時間を中心にして、全部、全ての指揮系統を一つの系統にしなければならない。
統一教会全体において 世界や韓国でも 中心(の役割が)がどんどん大きくなるから。
今後、全部、私がしてきたことを代わりに任せようと思うんだね。今、食口たちの中で信仰体験からしても何にしても、亨進の基準を超える人はいない。分かったか?私が任命します。


RP: I strongly encourage EVERYONE to watch videos of Father/True Parents crowning Hyung Jin Nim and Yeonah Nim and LISTEN to Father's prayers and blessings on this couple.
私は、皆さんに、このお父様と真の御父母様による亨進様、ヨナ様の王冠式のビデオを見て、この夫婦を祝福されるお父様の祝祷を聞いてくださることを強く、お勧めします。

お父様、文亨進様を任命される。

文亨進世界会長就任式

MOD: Dr. Panzer, please begin all your posts with RP.
パンザー博士、すべてのあなたの投稿記事にRPを入れてください。

RP: I'll let Dan respond.
ダンに、返答をさせましょう。

DF: True Father said several times that when he is not with us, TM represents him. Even HgJn himself recognized that "As long as he is here, he {TF} is the top decision maker. If he is not here, then my mother is the top decision maker. Because of my mother’s presence, there is no confusion regarding succession in Unificationism." To spin Father's words otherwise now shows that HgJN speaks with a forked tongue.
真のお父様は、何度も、お父様が私達と共におられなくなった時は、お母様が自分の代表ですと言われました。亨進様自身でさえ、”お父様がおられる限り、お父様が最高の意思決定者です。もし彼がおられない時は、お母様が最高の意思決定者です。私の母の存在ゆえに、統一運動においては継承者に関しては混乱はありません。”と認識されていました。お父様の御言葉を曲げることは、亨進様は二枚下で話されていることと言わざるをえません。

My Father is Healthy, and There is No Confusion in Regards to Succession - Interview with Hyung Jin Moon


DF: continues... True Parents cannot be divided. There can be no successor of TP until Mother joins Father in the spirit world. [all for now]、
結論、、真の父母様は分けるとことはできません。そこには、お母様が霊界でお父様に加わられるまでは、真の父母の継承者はいないのです。

MOD: With that, let us begin the back-and-forth exchange section of Topic # 3. Richard goes first.
それでは、トピック3の討論の交換をはじめましょう。リチャード氏、初めてください

RP: Yes, Mother was supposed to represent Father after his ascension to the spirit world, but tragically instead of lifting up Father as his object she seeks to declare her own "sinless birth," her own glorious "Han lineage," etc. Mother's victory only comes from her unity with her subject, but she says that it would be an insult to have been educated by Father: Nobody educated me. God’s only begotten son and God’s only be gotten daughter are equal. You cannot say that God’s only begotten son educated God’s only begotten daughter. Do you understand what I am saying?" Ref: (At Special Meeting for World Leaders on October 27, 2014 in Cheon Jeong Gung)
はい、お母様は、お父様の霊界への聖和の後、お父様を代表すべきでした。しかし、悲劇的な事ですが、お父様の対象としての彼をを引き上げる変わりに、お母様は、自らの”無原罪の独り娘”、”自分の栄光の韓の血統”、その他の事を宣言しました。お母様の勝利は、彼女の主体と一体化することによってのみもたらせれるです。しかし、お母様は、お父様に教育されたとするのは、侮辱であると言われました。だれも、私を教育したものはいませんでした。神様の独り子と神様の独り娘は、等しいのですと。神様の独り子は、神様の独り娘を教育したとは言えないのです。
あなたたちは、私の言っていることがわかりますか? Ref: (At Special Meeting for World Leaders on October 27, 2014 in Cheon Jeong Gung)


DF: Responds...Father made it clear that the TC are to succeed TPs only AFTER True Parents themselves ascend. ""Who is going to be [my] successor?" people ask. But I tell them there is no need to worry because Mrs. Moon, our True Mother, is only 47 years old! And AFTER US there are the true children to carry on God's Providence. ''
返答、、お父様は真の御父母様両方が聖和された後にだけ、真の子女様が真の御父母様を引き継ぐと明確にされました。”誰が私の継承者?と人々は訊ねます。しかし、私は彼らに、心配する必要ないと言います。それは、文夫人、我々の真のお母様、はまだ47歳なのです。そして、真の父母の後は、真の子女が神の摂理の務めを成していくのです。

RP -- Even Mrs. Eu confirmed that Mother was not united with Father. In Houston she contradicts Mother's bizarre claim that she learned nothing from Father.


劉夫人でさえ、お母様はお父様とは、一体化されてはいなかったことを裏づけされました。ヒューストンで、彼女は、お母様はお父様から何も習わなかったという、お母様の奇妙な主張と矛盾したことを語られました。

RP: and in Minneapolis, she made it CRYSTAL CLEAR that Mother was not united with Father in appointing Hyung Jin Nim.


ミネアポリスでは、彼女は亨進様の任命については、お父様とは一致していなかったと、明確に(クリスタルクリア)されました。

MOD: Dan/Richard: Post your initials at the start of your comments.
ダン、リチャード、 あなた達の最初のコメントを始めてください。

RP: so if Mother is NOT united with Father in such important issues, how can she claim to represent him?
もし、お母様が重要な課題において、お父様と一致していないならば、どうして、彼女はお父様の代表といえるのでしょうか?

RP: even the FFWPU does not believe the things that Mother is saying. Fascinating that Mike Jenkins was unwilling to defend or support Mother's claim to have been born sinless.


家庭連合でさえ、お母様が語られている事は信じていないのです。マイケル ジェンキンスがお母様の無原罪で生まれたとの宣言に対して、支持し、弁護する意思がありませんでした。

RP: Dan, do you believe Mother's statements about being born sinless, not being educated by Father?
ダン、 あなたは、お母様の無原罪で生まれたとか、お父様には、教育されなかったとかの言明された事を信じているのですか?

DF: RIchard you completely misunderstand TM's heart when she made the comment that "nobody educated me" [not that she learned nothing from TF.] This quote from TF makes it clear.... he says directly that he did NOT educate her about her role as TM. That she had to figure it out for herself "I never said to Mother, "You must understand this, persevere and win because I am doing this on purpose." If I had explained and comforted in that way, then even though she had won, it would not have been valuable. Mother had to figure it our herself, persevere in her own understanding, in her own right.''
リチャード、あなたは、お母様が、誰からも教育されませんでしたとコメントされた時の彼女の心情を完全に誤解しています。(それはまったくお父様から何も学ばなかったのではなく)
お父様からのこの引用ではっきりとわかります。お父様は直接、”お父様は、お母様に真の母の役割について教育できませんでした”と言われています。それは、お母様自身が、見出さねばなりませんでした。”私は、決して、お母様に決して、言わなかったのです”あなたたちは、これを理解せねばなりません
私が、わざとこのようにしているので、耐えて、勝利するのです。
もし、私が説明し、そのように慰めたなら、そうしたなら、彼女が勝利したとしても、それは、価値があるのでなくなります。お母様は、自分自身で、見出してゆかねばならないのです。


Mother’s Testimony

RP: Are you willing to defend Mother's claims since Mike Jenkins was not?
あなたはマイケル ジェンキンス氏がやらなかったお母様の宣言の弁護をしますか?

DF: Father himself said he didn't discuss TM's course with her, and that she had to figure it out for herself.
お父様、自ら、お母様の路程のことは、お母様とは話し合ってはいないと言われました。だから、彼女は、自分自身で、見出していかなくてはならなかったのです。

Hopefully we can get to the "born sinless" issue later.
うまくいけば、”無原罪で生まれる”件については、後ででてくるでしょう。

MOD: Richard Panzer will now present his closing statement for section 3. Note that following the next section, #4, the debate will take a 15-minute official break, after which it will resume through the final 3 topics.
リチャード パンザー氏がトピック3の最終弁論を致します。
トピック4のセクションに進みます。その後、討論は、15分の、休憩に入ります。そして、最後の3トピックに、再開いたします。

RP: Dan, what is Mother's heart when she says "You cannot say that God’s only begotten son educated God’s only begotten daughter."? Why does she think we "cannot say"? This statement makes it clear that Mother thinks it would be an INSULT to have been educated by Father. Strange appreciation for the man who died 7 times for her and all of us.
ダン、お母様が”神様の独り子が神様の独り娘を教育したということができないのです。”どうしてお母様は”私達は言えないのです”と思われているのか?
この宣言は、明らかに、お母様がお父様に教育されたと考えるのは恥辱であると、考えられているかれではないでしょうか。彼女と我々すべての為に7度の死をなしたお父様に対するる奇妙な感謝です。

RP: Dan and the FFWPU think that if they repeat the mantra "True Parents are One" we won't notice the things that Mother HERSELF is saying. And Dan has not responded to the things that Mrs. Eu is saying as she goes around the country. Watch the videos! Mrs. Eu herself makes it CLEAR that Mother was not united with Father. I am not happy to say this. In fact I hate saying this, but if brothers and sisters look at these things and PRAY about it, they will know what is true.
ダンと家庭連合が繰り返している”真の御父母様は一体化している”という真言(マントラ}と考えていますが、お母様自身で語っていることからは気づけません。そして、ダンは劉夫人がアメリカを回り、語ったことに対しての答えがありませんでした。
ビデオを見てください!劉夫人 自ら、お母様はお父様とは一致していなかったと明確にされています。私は、このことを言うには嬉しくはないのです。実際、言いたくないことですが、しかし、もし、兄弟姉妹がこれらの事を見て、それについて祈れば、彼らは、何が真実なのか知るでしょう。


MOD: Everyone, remember to regularly refresh your machines.
皆さん、定期的にコンピューターをリフレッシュしてください

RP: I could say a lot more, but that's enough for now.
私は、もっと言えますが、今のところ、ここまでで十分です。

DF: Her heart, as I understand it, is exactly what Father said: "If I had explained and comforted in that way, then even though she had won, it would not have been valuable. Mother had to figure it out herself, persevere in her own understanding, in her own right.'' She is standing in her own right and it IS an insult for people to denigrate her and say that Father educated her on these points when he himself declared her to be victorious in her own right, without his teaching her.
To conclude, TM is Father's representative today... not really his successor, because they, as TP, are still with us. Just as HgJn stated: she is top decision maker after TF, and there should be NO CONFUSION about this.
私が理解している、お母様の心情は、お父様が語ったそのままです。
”もし、私が説明し、慰めていったなら、それは、彼女が勝利したとしても、それは価値がない者になるでしょう。お母様は、自ら、見出していかねばならないのです。”
お母様は、自分の権利で立たれています。お母様を侮辱する人々にとっては。それが侮辱になって、そして、お父様の教えを受けず、自分自身の力で勝利を宣言されたときには、お父様が、お母様にこれらの事を教育したというでしょう。
結論は、現在、お母様は、お父様の代表でなのです、、彼の後継者ではありません。それは、彼らは真の父母として、私達の中に存在するからです。亨進様が語ったようにお母様は真のお母様の後、最終決定者なのです。そして、この事については、混乱するものはありません。

RP: True Parents are ONE?
真の御父母様は、一体化しているでしょうか?


RP: I agree, perhaps you should tell that to MOTHER!
私は、これに同意します。お母様に言ってみてはどうでしょうか?


にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ
にほんブログ村
AD