Follow My Heart

本心の赴くままに、お父様を慕いながら,亨進様をお支えできれば、、


テーマ:
神様は、新しい摂理国家として、神の主権を立てる国として、アダム国家、エバ国家、長子国家を立てられたと語られています。重要なことなので、書き控えていましたが、シャボン玉さん、三大王権さんのブログで取り上げられましたので書きます。
 
1月26日の王の報告の1:59:20位から語られています。(最後のセクションです)
 
 
 
韓オモニがお父様に対して裏切ったために、韓国は父親の位置、アダム国家の位置を失いました。、代わって、アメリカにおいて、アダム的な人物としてトランプ大統領が立ちあがり、アメリカが新しい父の国、アダム国家として立ちました。
そして、アダム的な人物と、一体化したのが、イギリスの首相テレーザメイで、彼女がエバ的立場としてたち、イギリス(Briton)が新しいエバ国家として立ちました。さらに、プーチン大統領は、クリスチャン的な思想を導入し、天使長的なものを排除し、主権国家を作り上げる長子として立ち、ロシアが長子国家となったと語られました。
 
 
テレーザ メイ首相 
 
"この国のためには、特権的な少数の人のために機能する国ではなく、私たち全員のために機能する国をつくるビジョンが必要です。
国民が、自分の生活を今まで以上に自分で決められるようにする。そうやって、私たちは皆で一緒に、より良いイギリスを築いていきます。"
 
The Huffington Post から引用
 
イギリスのキャメロン首相の辞任に伴い、7月13日(日本時間7月14日)、保守党のテリーザ・メイ氏がエリザベス女王から首相に任命された。これにより、故マーガレット・サッチャー氏以来、同国史上2人目の女性首相が誕生した。

メイ氏は1956年生まれの59歳。イングランド南部イーストボーンで、イギリス国教会の牧師の一人娘として生まれた。教区の信者を助ける父の影響で政治家を志したのは12歳の時だったという。

その後、公立学校(グラマースクール)を経て、名門オックスフォード大学へ進学。地理学を学んだ。将来の夫フィリップ氏と出会ったのもこの頃だ。イスラム圏初の女性首相で、その後暗殺されたパキスタンのブット氏の紹介で知り合い、1980年に結婚。交通事故で父親を亡くし、その数ヶ月後には多発性硬化症で母親も死去するなど、愛する人を立て続けに失ったメイ氏はフィリップ氏を「心の支え」と語ったという。

故サッチャー元首相が妥協を許さない政治姿勢から「鉄の女」と呼ばれたのに対し、自分の考えを表に出さず政治家同士で馴れ合うことを良しとしないことで知られるメイ氏は、時に「氷の女王(The Ice Queen)」と呼ばれる。

メイ氏は元々、EU(ヨーロッパ連合)に懐疑的な考えを持っている人物だ。キャメロン内閣では内務相として、移民やテロ対策を6年間担った。朝日新聞デジタルによるとメイ氏は、違法移民に「帰国せよ。さもなくば逮捕だ」と自主帰国を促す宣伝車両を全国に走らせたこともあるなど、移民に対して厳しい姿勢をとっている。

その一方で、6月の国民投票ではキャメロン首相に従ってイギリスのEU残留を支持していた。ただ、キャメロン首相らとは異なり、表立って残留を訴えることはなかった。メイ氏は党内融和を優先するなど調整型の人物として知られる。そのため、表立った残留キャンペーンは控えたものとみられる。抵抗勢力と真正面からぶつかることを厭わなかったサッチャー元首相とは対照的だ。

次期首相になることが決まると、離脱派議員の間では今後の展開を不安視する見方も広がったが、「イギリスは、EU離脱で決まった。私たちは成功させる」と表明。国民投票の結果を尊重する姿勢を示した。

 

追伸

今週末にアメリカ(サンクツアリー教会を含め)に行くので、しばらく、ブログはお休みします。

 

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ サンクチュアリ教会へ にほんブログ村
 
 
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。