まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『絶対可憐チルドレン 9巻 (椎名高志)』

4091210686 絶対可憐チルドレン 9 (9) (少年サンデーコミックス)
椎名 高志
小学館 2007-05-18

by G-Tools

 

過去記事はこちら → 1巻2巻  3巻  4巻  5巻  6巻  7巻  8巻

   

 

【あらすじ】

超能力者の存在が当たり前になった21世紀に、"超度7"の最強エスパーが舞い降りた! かわいいけれど性格難ありの10歳児、薫・葵・紫穂の行く末は、地球を救う天使か、滅ぼす悪魔か…!?

 

 

早いもので、もう9巻目に突入となりました。

ウチのブログの寿命もあと1ヶ月半ほどですので、最新刊レビューはこれでラストだと思います。

 

さて、毎度、同じことを書いておりますが、主なあらすじとしては、

このマンガの世界には、少数ですが突然変異で超能力を持っている『エスパー』がおり、

その『エスパー』と『人間』との共生と対立を描いている作品です。

主人公・皆本光一は、あるとき、10年後にエスパーを殺す事ができる『高出力熱線銃』で、

自分を慕ってくれている『エスパー・明石薫』を撃ち殺す(?)という未来を知ってしまい、

ひたすらその『最悪の未来』に向かわないように悪戦苦闘する、ということを中心に描いています。

 

敵である『パンドラ』と『兵部京介少佐』が登場するとシリアス展開が描かれ、

彼等が登場しない場合は、コメディー展開が描かれるという構成。

今巻では、『兵部京介少佐』は登場するも、メインストーリーに関わってこなかったため、

全編ほぼコメディ-展開の巻となった。

 

----------

 

コメディー展開ということで、特に書くことはないのですが、

あえて挙げるならば、『末摘花枝の素顔』くらいでしょうか。

 

いや~、でも今まで一番驚いたのが、『末摘花枝の素顔』ですね。

末摘花枝の再登場に喜んでいたら、末摘花枝の秘密が描かれ、

 
200705202316000.jpg   200705202317000.jpg
          (仮の姿)                           (本当の姿) 

 

今までの『顔』は、作り物だという事が判明しました(^^;。

正直、一番まともなキャラだと・・・一番可愛らしいキャラだと・・・思っていたのに。

・°・(ノД`)・°・ 本当にガックシだよ!!

脇役に対する扱いが酷い作品ではありますが、さすがに想像できず・・・。

ギャグマンガだと判っているのですが、この展開は受け入れることは出来ず。
昔、『ヒロインが実は男』だったというマンガを読んだことがありましたが、

その時以来の衝撃映像でした(苦笑)。 本当に、一番お気に入りだったのに・・・。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

【総評】

個人的に、シリアス展開よりも、コメディー展開の方が好きですので、

色々とありましたが、結構面白かったですよ。

 

点数的には

90点

です。

 

『6巻=93点』、『7巻=100点』、『8巻=98点』と高得点が続いてきたので、

低く感じるかもしれませんが、けして低迷しているわけではありません。

元々がこれくらいの点数の作品ですし、6巻・7巻・8巻が面白すぎたのだと思います。
 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

                        人気blogランキングへ
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。