まんが栄養素

漫画のコミックス感想を中心に運営中です。
少年マンガ・青年マンガ・学園マンガ・ファンタジーマンガ・4コママンガなど、結構幅広く感想を書いております。


テーマ:

【マンガ感想】

 

『絶対可憐チルドレン 5巻 (椎名高志)』

椎名 高志
絶対可憐チルドレン 5 (5)

 

過去記事はこちら ⇒ 1巻2巻  3巻  4巻

 

もう5巻ですか・・・。 早いですね~。

最初の頃は打ち切りされるのではという話が多かったですが、

そういう話を一切聞かなくなったので、現在は安定してきているのかな?

その本屋でも棚積みされているし、結構人気作品なのかもしれませんね。

 

 

【あらすじ】

超能力者の存在が当たり前になった21世紀に、"超度7"の最強エスパーが舞い降りた! かわいいけれど性格難ありの10歳児、薫・葵・紫穂の行く末は、地球を救う天使か、滅ぼす悪魔か…!?

 

 

前巻から今巻にかけて、コメリカ合衆国(フィクションですから)のエスパーが3人登場。

全員日本語を喋れるのは置いといて、3人共に良いキャラしており、再登場は間違いないでしょう。

これは私が読み足らないのかもしれないけど、ついにエスパー誕生を描いていましたね。

エスパーになれるのはヒロイン3人組のように突然変異だけではなく、

人間の眠っている才能の一つで、頭に攻撃(エスパーから攻撃を受ける?)を受けても才能が

開花することを示した。 もちろん何かの条件があるのかもしれないが、

今後この方法でエスパーになってしまうキャラが出てくるかもしれない。

まあ、レギュラーキャラにエスパーになれそうな手軽なキャラがいないのだけどね。

 

次に、ヒロイン3人組の中の2人の恋愛を描いている。

ここまでメインヒロインの薫の恋愛話(?)ばかり描いていたので、ここらで残り2人の掘り下げ作業かな。

この2人の能力が攻撃系でないため、戦闘になるとどうしても目立たない。

さらに、主人公を薫が独占しているし、おまけ状態になりつつあったため、ちょうど良いタイミングだと思う。

・・・・うーん、だけどこの話は、あまり語ることってないのですよ。

なんだかんだ薫が主役を張ってしまっているし、二人の描写が少ないのも残念だったかな。

 

ラストは、兵部少佐関係の話。

兵部少佐が率いるエスパー軍団の名前が判明。

『パンドラ』

名前から色々と想像してしまうけど、どんな意味があるのかは不明。

この時点で構成メンバーが複数存在しており、薫を向かい入れる準備はまだ出来ていないようだ。

エスパーらしく超能力でやり取りをしているのかと思ったら、パソコンのチャットだったりする。

まあ、この話は次巻に続くので、詳しくは次巻のレビューのときに書きます。

 

----------

 

さて、5巻まで発売されましたが、実は基本的にストーリーがまだ始まっているわけではありません。

読みきりの話を繰り返しながら、少しずつ少しずつ世界観を広げていっている真っ最中。

ある程度世界観が広がったら、兵部少佐(ラスボス)を登場させストーリーを少しだけ進める。

で、兵部少佐の話が終わったら、また読みきり話で世界観を広げる作業をする。

この永遠ループを繰り返しながら、5巻まで到達しました。

 

こういう永遠ループ系の作品は、普通ならもうそろそろ飽きてくるところですが、

この作品は不思議なことに全然飽きません。

話が面白いのはもちろんですが、やはりキャラクターとキャラ配置のバランスが良いのだと思います。

連載当初からキャラ設定・キャラ配置が一切変わらないので読みやすく、

ギャグを含むテンポの良いストーリーがさらに盛り上げる。

『マンガの基本』のようなマンガですね(^^ゞ。

 

 

最後に、おまけページのこのマンガの初期設定が描かれておりますが、

多分、この設定だと私は買い続けていなかったと思います。

作者も書いておりますが、あの設定だと『皆本の復活』がメインとなり、

今のような少年誌向きのストーリーを続けることは不可能だと思われます。

この設定だと、シリアスな話を描こうとすると本当に暗い話になるだろうし、

また、ありがちなストーリー的になりそうであまり魅力を感じられない。

でも、

 

「そっちの方が売れたかも」

 

なんて書かれていたが、まあ判らない事もないかな~、と(^^;。

確かに、一般受けしないエスパー設定だし、オタクに受けるようなヒロイン設定にした方が売れると思うし。

私視点で見れば、この作品は『萌え』なんて一欠片もないわけですからね(笑)。

ヒロインが小学生よりも高校生位の方が、オタクじゃない人も買いやすいだろうし。

 

少なくとも、今の設定でなかったら私は読者にはなっていなかったと思うので、

今の設定で連載が始まってよかったと思います。

 

--------------------------

 

もうそろそろ大きな流れの話を読んでみたいな~、と思います。

読みきり系の話はテンポが良いのですが、いまいち盛り上がってきません。

後半に出てきた『パンドラメンバー』も単発で終わりそうな雰囲気だし・・・・。

 

点数的には、

85点

くらいかな。

 

『パンドラメンバー』の活躍次第では、次巻を期待してもいいかも。

 

 

では、ここまで。

 

                          ページトップへ

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。