症例

 

肋間神経痛 70代女性

 

こちらの方はご家族の介護をされておられ、ベッドに移乗させようと抱えたまま捻った時に肋骨部に痛みが出られました。

 

所見

 

発生から2週間以上経過しており、腫脹・熱感はなく、肋骨骨折だったとしてもそろそろ安定してくる時期であるということと、圧痛や呼吸しての鋭い痛みは無く、皮膚表面近くのピリピリする痛みが、体幹の右回旋で出現するという事で肋間神経痛と判断致しました。

特に症状の出現する肋間部の肋骨と関節する胸椎に歪みがあり、関係があるものとして脊柱の歪みをメインで診て行きました。

 

治療

 

前述したとおり、やはり胸椎8番周辺に歪みがあり、肋椎関節にも盛り上がりがありますので、座位で脊柱の治療からスタート

頸椎・仙骨まで診て引っ掛かりの強い箇所を治療

胸骨を調整

肋骨の歪みを調整

頭蓋骨調整

 

治療後は右回旋での動作時痛は消えました。1週間後の来院でも動作時痛は再発しておらず、徒手治療のあと年の為患部~該当する椎間関節に低周波で神経刺激を行い治療は終了です。

 

肋骨は背骨と胸骨をスタートとゴールにして関節しています。その為、肋骨単体で調整すると背骨との関節で歪みを強くしてしまい、他の部分まで痛みが出現する危険性があるため、必ず胸椎・胸骨・肋骨とセットで調整するようにしています。

今回の患者様は介護があるので1回目でほぼ治った事を大変喜んでおられました。以前通われてた整骨院は毎日通院させられる所で、時間を作るのも大変だったようです。なるべく少ない回数で治し、過剰な通院指導は行わなくて済むよう、精進してまいります。

 

↓こちらもお願いします

医心接骨院公式HP

AD