腰痛&膝痛=恥骨+腰椎3番の問題

テーマ:

患者 20代女性

主訴 腰痛と膝痛

 

こちらの方は10代の頃から長期にわたって身体の痛みを抱えておられました。立ち姿勢などを拝見するとかなりハッキリしたO脚。足首も度々痛いとのことで、細かい痛みも挙げていくときりがない状態との事です。

 

過去色々な治療や体操を試したものの効果は一時的。すぐ戻るのであきらめかけていた時にここへの来院となりました。

 

治療

 

腰と膝の関係性は度々述べている事ですが、特に重要なのが腰椎の3番です。ここは歩行時に脚にとってコンパスの頂点の様な役割を担っており、ここの動きが悪いと途端に股関節や骨盤、膝など周囲の関節が余計に動かないといけなくなり負担が増大します。また、神経的にも関連が深い所で、当院では「膝だけが痛い」と訴えて来られた方でも必ず腰まで診る事にしています。

 

触診するとやはり腰椎に歪みが顕著にありましたので調整します

恥骨の検査。

恥骨もまた膝・腰の痛みに重要な所で、こちらの歪みは運動学的な問題意外にも周辺筋肉の緊張も生み出します。特に大腿四頭筋と腹直筋の緊張が強く、トリガーポイント的観点からも、腹直筋の圧痛は腰部や背部に痛みを飛ばすという結論が出ており、絶対に治療すべきポイントであります。

今回は左恥骨が右側に対して上方にズレていたのでこれを調整。

これは人体最大の内臓である肝臓が右側にあり、それをバランスを取る為に左脚体重になる事が多いので発生するよくあるパターンの歪みでした。

一度立ってもらい歩行・屈伸などをやってもらう。

屈伸時のクリック音や痛みは消失、腰は仰向けになった時点で痛かったのが楽になっていました。

仕上げで膝関節・足関節の調整と胸椎の治療

 

 

恥骨の治療は一度成功すると再度歪む事はそうそうありませんが、治療後24時間はずれやすい傾向があります。片足で跳んだり、片側だけに重いものを持つという行為を翌日までは避けるように指導して治療終了となりました。

 

 

↓こちらもお願いします

医心接骨院公式HP

AD