テニス肘 60代男性

テーマ:

症例

 

60代男性

テニスのバックハンドを打つ時の右肘外側の痛み。

正式な診断名は上腕骨外側上顆炎。通称テニス肘。

昨今では何かを握る動作やパソコンのマウスクリックなどの積み重ねで同じような症状になることもあり、テニスをやってる方だけがなる疾患では必ずしも限りません。

ただ、今回の方は週に6~7回テニスをされており、相当負担がかかっておりました。

 

所見

 

ひとつの関節を痛めておられる方は多くの場合、その隣接する関節にもしわ寄せが来ていることが臨床経験上ありましたので、肩・首・手関節などの事を詳しく聞いていくと、肩関節は今現在サーブ動作が痛い。首と手関節は過去痛みが出たことがあるという既往歴を聞き出すことが出来ました。

筋膜的にはアームライン(AL)という繋がり、首から指までというのは関係が深いです。

また、神経的には頸椎5番~胸椎1番などに何かある事が予測できます。

 

治療

 

足元~腹部・腰部を調整。骨格・筋膜による間接的制限を取り除いておく

頸椎~上部胸椎まで調整。予想通り神経的に当該する箇所に強い歪みがある。

肋骨・鎖骨・胸骨の調整。これにより神経の通り道の解放と肩関節の動きの改善。アームラインの一部である小胸筋の筋膜もリリース。

ここで初めて肘関節の歪みを調整。手関節も調整することにより前腕の筋肉の張りが緩和する。

頭蓋骨の調整と神経系モビライゼーションで神経膜(神経のトンネル)の緊張を緩和。

肩関節・前腕伸筋にキネシオテープ。

 

 

直後は「ちょっと楽になった」ということでしたが、一週間後の来院時には痛みは完全に消失しておりました。その間テニスもプレーしていたそうなのですが、全く痛みはなくサーブも思い切り打てるという事でしたので、念のため初回と同じ治療とテーピングを施して様子見。以来痛みの再発はありません。

 

過去、病院・整骨院で勤務していた時は、超音波・電気治療・アイシング・針・テーピングなど様々な施術を行ってもその日だけ良くても根本から改善することは無かったので、やはり筋肉だけではなく、骨格的・神経的に診ての「構造へのアプローチ」が大切なんだなと再認識出来ました。構造を改善してからのテーピングなど表面の治療が最善だと今は思っております。

 

テニス肘は完治しましたが、身体のメンテナンスのために週1回で来院されてます。

 

医心接骨院公式HP

AD