主訴

 

出産後の全身の痛み 30代女性

 

症状

 

出産後急に腰痛・頭痛・肩首痛などがいっぺんに出てきて、痛みもかなり激しい。以前はマッサージで治っていたがそれではどうしようもないレベルで痛いという事で来院された。

 

治療

 

腰痛は歩行も困難なレベル。

恥骨の歪み・仙腸関節の歪みに加え、腰周辺の筋肉の緊張も強い。体位変換もきつそうなので今回は仰向けでのみ治療した。

 

・恥骨の歪みをチェック。簡単な体操で整える。恥骨の歪みは腰痛だけでなく膝痛も引き起こす可能性がある。特に妊婦の時お腹をかばってガニ股歩行になる方が多いので、膝の内側はかなりのダメージが蓄積されている。

・腹部の筋肉、大腰筋と腹直筋を治療。ここは腰痛の原因筋である。

・仙骨と腰椎にも問題があったが体位変換困難なこともあり今回は保留(これでも痛みは半減。2診目で治療して腰痛は大幅改善した)

 

頭痛は肩周りの筋肉の緊張と頭蓋骨の歪みが原因

・座位にて胸椎を治療。これだけで頸椎はかなり楽になる

・頸椎の歪みを治療。特に肩凝りは頸椎5~7番。頭痛は頸椎1~3番が重要。

・頭蓋骨を治療。これは自律神経の調整も兼ねて。出産後神経が興奮状態にあり身体の力みが抜けていないため。施術中に眠りに入り、かなり全身がリラックス状態に陥っていった。

 

1~2診目で身体の痛みは大幅に改善した。その後は子育てをしながら定期的な通院。妊娠・出産・子育ては短期間に身体に大きな負担を強いる。セルフのストレッチや体操だけでは取れない歪みや問題が多く発生します。早めの受診をおすすめします。

 

AD