以下ヤフーニュースからです

(CNN) 北米や欧州、豪州に住む男性の精子の数は近年減少の一途をたどり、40年ほど前の6割近くまで落ち込んだという研究結果が27日までに発表された。

イスラエルのエルサレムにあるヘブライ大学のハガイ・レビン博士とブラジル、デンマーク、イスラエル、スペイン、米国の研究者らによる共同チームが、過去に報告された185件の研究結果を分析し、生殖医療の専門誌に論文を発表した。

1973―2011年に精液を提供した50カ国の男性計4万2935人について、精子の総数と濃度(精液1ミリリットル当たりの数)を調べた。

すると北米や欧州、オーストラリア、ニュージーランドの先進諸国に住む男性のグループでは、精子の濃度が毎年平均1.4%ずつ下降し、全体ではマイナス52.4%。総数は同1.6%ずつ減少し、全体で59.3%減になっていることが分かった。

チームによると、南米やアジア、アフリカに住む男性のグループでは目立った変化がみられなかった。

先進国グループの激減ぶりには、レビン博士自身も「信じられない」とコメントしている。特に濃度が1ミリリットル当たり4000万以下と、妊娠の可能性が低くなるとされるラインを下回っている点が懸念されるという。

精子の数については、1992年にデンマークの生物学者が報告した研究でも減少傾向が指摘されていた。91年までの50年間を対象に61件の研究結果を分析したが、1件の大規模な研究で全被験者の3割を対象にするなど偏りがあり、批判も多かった。それ以来、精子は本当に減少しているのかどうかという論争が続いてきたが、「これでかなり確実な答えが出た」と、レビン博士は強調する。

ただ減少の理由については依然としてさまざまな説がある。環境ホルモンや肥満の影響を示唆する意見があるほか、精子の数は気温に左右されることから、「温暖化の影響」と言い切る専門家もいる。

レビン博士は「これまでの研究で、出生前にさらされた化学物質、成人後に摂取した農薬、喫煙、ストレス、肥満といった環境要因や生活習慣との関連は分かっている」と指摘。先進国の男性らに禁煙や減量、ストレス軽減などの努力を勧めている。



AD

卵巣過剰刺激症候群(以下OHSS)は決して起こしてはいけない疾患です。

OHSSを防ぐために採卵直後からフェマーラカバサールを内服することが効果的です。

特にAMHが高い方の場合OHSSのリスクが高くなります。

 

具体的には採卵日の夜からフェマーラを夕食後に1錠/日として5〜7日間連続内服。

またカバサールを就寝前に1〜2錠/日として5日間連続内服。

これによりOHSSはかなりの確率で防ぐことができます。

 

いくら卵がたくさん取れてもOHSSになってしまっては問題です。安全に良好胚を多く作る治療が大切と言えます。

 

なお、OHSSの重症化が懸念される場合には、採卵前からフェマーラを内服してE2を抑制しながら採卵することも効果的です。この場合フェマーラはトリガー前日まで用いて、採卵後からまたフェマーラを再開します。

これに関しては受精着床学会でも岡山二人クリニックからとても参考になる演題がありました。(2017受精着床学会 O-7)

発毛剤は精子に対して良くないという内容の発表がありましたので紹介します。

 

男性型脱毛症に対するフィナステリド、デュタステリド内服は造精機能を障害する(2017受精着床学会0-34)

 

フィナステリド、デュタステリド(プロペシア、ザガーロ)を内服していた男性不妊11例を調べています。11例中6例で精液所見(総精子数、総運動精子数)の低下を認めました。

初診後にこれらの内服を中止させたところ、6例全症例の精液所見が改善し正常化しました。

 

まとめ

挙児希望がある場合、夫がこれらの発毛剤を内服している場合には直ちに中止すべきと言えます。

 

エンブリオスコープは今年になりバージョンアップしました。

これに関して以前のエンブリオスコープと新型であるエンブリオスコーププラスを比較している興味深い演題がありましたので紹介します。

神奈川LCからの発表です(2017受精着床学会O-116)。

 

エンブリオスコープ(以下ES)とエンブリオスコーププラス(以下ES+)は2.5倍の15スライド、また1スライドあたりの培養数は12個から16個に増加しました。コストパフォーマンスが向上しています。
デッシュの出し入れの際、培養スペースの空気の流入を抑え他のデッシュへの影響を最大限軽減する設計になりました。
 
培養成績は受精率や分割率には有意差は認められませんでしたが、5日目胚盤胞到達率、5日目良好胚盤胞率はES+の方が7%程度高い傾向となりました。
 
ES+はESと同等、もしくは同等以上の培養環境であることが示されました。