体外受精は倫理的に如何なものか?」

「そもそも自然に授からない命は淘汰されるべき存在」

「体外受精をしてまで子供を得る事は親のエゴである」

第3者からそういう意見や批判がありますが、

こういう意見に対して私は反対です。


そもそもそういう人たちはどこまで体外受精に対して理解しているのでしょうか?

体外受精、顕微授精は自然現象のほんの少しを手助けしているだけです。

決して精子を作りだしたり卵子を作りだしたりしているわけではありません。

全行程を100%とすると、今の技術はその2~3%の手助けしかしていません。

ほとんどは二人の力で頑張っています。


不妊治療専門医の下で、二人の責任のもと、自分の精子、自分の卵子を使い、自分の子宮を使い妊娠し、自分の子宮で育てます。

それのどこがいけないのでしょうか?

それがどうして倫理に反するのでしょうか?

もし卵子や精子を作りだすというのなら、それは問題があります。

今ある技術とはそこまでの高い技術ではありません。

今ある技術は使って良い技術です。


そもそも淘汰される存在などありません。

この世は偶然で支配されています。

「培養士が精子を選ぶ行為が問題だ」と言うかもしれませんが、そもそも自然に受精する精子や卵子ですら所詮偶然にすぎません。


自然にできない以上、今ある安全な技術を少しだけ利用する事が悪い事ではない、と思います。


子供を持つという事は「人生において最も感動する事の一つである」と私は思います。


真剣に子供を欲しい夫婦が、もの凄く悩み、もの凄く考え、痛みに耐え、真摯に治療に取り組んでいる、それを周りがとやかく言う権利は無いと私は思います。

AD

治療説明会

テーマ:
本日治療説明会を開催しました。

お忙しい所、大勢の方にご参加頂き誠にありがとうございました。

説明会では当院の紹介、採精の際の注意点、卵巣の評価方法、採卵の際の注意点、移植のポイント、体外受精の基礎的な事、治療方針、治療上大切な事、着床率向上のための工夫や技術、当院の3年間の治療成績(採卵件数、妊娠率、流産率)などをスライドや動画を用いて説明しております。

次回の治療説明会は8/6 17:30から2時間程度となっております。

ご予約はお電話にてお受けしております。

宜しくお願い致します。

最初から体外受精は

テーマ:

「30歳で、結婚して2年目になります。特に避妊をしてきませんでしたがこの1年半くらい妊娠しませんでした。特に今まで検査、治療をしたことはありません。

仕事が忙しく、時間をあまりかけたくありません。体外受精が一番妊娠率が高いと聞きました。

希望すれば来月から採卵を行えますか?」


この様なご質問がありましたのでお答えします。


この考え方は、「妊娠まで最短で」という事であれば間違ってはいません。


ただ、やはり最初はきちんとスクリーニング検査 を行い、不妊の原因を見つけることから開始します。


もし高度の男性不妊であればこれは顕微授精となります。


もしクラミジア感染や内膜症があり、卵管に異常が疑われるのであれば腹腔鏡検査を勧めます。


生理周期が不順で排卵障害があるのであれば排卵誘発剤を用いていきます。


子宮筋腫や内膜ポリープがあるのであればオペを勧めます。


医師のすべきことは治療に選択肢 を与える事であると思います。

どのような方法で妊娠するか、これは医師が選ぶことではなく、二人で考えて選ぶことであると思います。


宜しければ過去の記事も参考にして頂けたらと思います。


体外受精の適応について 


顕微授精の適応について 


体外受精の社会的適応について 


PCOSは体外受精の適応になるか? 


痛みを少なく

テーマ:

採卵は痛みが伴う処置です。

場所が場所だけに痛みが無いという事はうそになります。


ただ、痛みを出来る限り減らすことは十分可能です。


局所麻酔を必要な場所に十分効かせること、

刺す回数を極力減らすこと、

刺すラインを出来るだけ短くすること、


基本に忠実に丁寧に行う事が求められます。


体外受精はとても辛い治療なので、
少しでも採卵の痛みを減らせるように努力をすべきであると思います。