帝王切開瘢痕症候群(Cesarean Scar Syndrome : CSS)

 

現在帝王切開率は日本で上昇傾向にあり約 20%は帝王切開で分娩となっています。

(アメリカでは33%、ブラジルでは80%が帝王切開)

 

帝王切開後に子宮内の傷口が凹み瘢痕化(ニッチ)してこれが不正出血、内腔への血液貯留、精子侵入障害、胚の着床障害を引き起こし、続発性の不妊症へとつながるとの指摘があります。

 

またこれら陥凹部への液体貯留が原因で生理痛がひどくなったり腹痛が生じる事も分かってきました。

 

帝王切開術後の子宮内創部を経腟超音波検査にて観察することで容易に診断する事ができます。

 

日本産婦人科学会でも生殖・内分泌委員会で「帝王切開瘢痕症候群による続発性不妊症に対する治療法の検討小委員会」を立ち上げこの問題を検討しています。

 

この委員会が調査した結果は以下のようになっています。

治療法としては①不妊治療による治療する方法(n=107)、②保存的療法(サージセルを陥凹部にそうに有する方法)(n=16)、③手術で治す方法(開腹、内視鏡でオペ)(n=46)がとられています。

 

妊娠が判明している169名の3群におけるそれぞれの妊娠率は①33%、②50%、③60%となり、不妊治療群と手術療法群で有意な差を認めました。(p=0.0032)

 

手術療法別の妊娠率は開腹手術が9/16(57%)、腹腔鏡手術が10/20(50%)、子宮鏡手術が6/6(100%)となり有意な差は認められませんでした。

 

瘢痕部に貯留する液体が胚の着床を阻害し、腹痛を伴う場合には、体外受精では妊娠は難しく、手術療法を強く勧めると結論付けています。

 

Management of secondary infertility following cesarean section: Report from the Subcommittee of the Reproductive Endocrinology Committee of the Japan Society of Obstetrics and Gynecology

J. Obstet. Gynaecol. Res. Vol. 41, No. 9: 1305–1312, September 2015 

AD

33歳です。AMH7。腹腔鏡を去年に行い内膜症1期が発見されました。ブルーベリースポットがいくつかあり、癒着はなく卵管内も子宮内もきれいとのことでした。
その後タイミング3回、AIHを3回しましたが妊娠しませんでした。僅かな子宮内膜症はそんなに妊娠を阻害するものなのでしょうか?ほかに重大な理由があるということなのでしょうか?

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

 

若い年齢でこの程度の内膜症では妊娠を阻害するとはあまり考えにくいです。

またオペできれいにした後も妊娠しないとなると、何か他に理由があることが予測されます。

 

卵子の質、精子の質、受精障害、胚の発生異常などを考えて、主治医の先生と相談の上、体外受精にステップアップする事も検討した方が良いのかもしれません。

 

過去にも同様の記事を書いていますので参考にしてください。

 

ラパロで何も問題ない場合は

 

子宮内膜症

 

 

38歳です。内膜症があり3ヶ月前に腹腔鏡手術を受けて腹腔内はきれいにしてもらいました。

オペ後この3ヶ月間人工授精を試みましたが妊娠しません。夫の精子は少し悪い時もありますが大体は問題無いです。

執刀した先生からは半年間がチャンスですと言われました。

ただ、年齢もあり正直焦ります。

今後どうしたら良いでしょうか?

半年間待たずに来月採卵した方が良いでしょうか?

 

このようなご質問がありましたのでお答えします。

 

腹腔鏡手術をして癒着剥離、内膜症の治療をしたのであれば今は妊娠しやすい時期となります。

せっかくオペを受けきれいにしてあるので半年間は諦めず人工授精を続けたら良いのかと思います。

ただ妊娠しないというストレスもあり、年齢の問題もあるため、二人で体外受精へのステップを希望するのであれば、半年待たずに体外受精でも良いかと思います。

 

お気持ちはとても良く理解できますが、これをやれば絶対に妊娠するというのがわからないのが現状です。

 

精神的な面、コストの問題もあり、なかなか判断が難しいことですが、確率を上げるということであれば体外受精の方が高いことは間違いありません。

 

ラパロをして腹腔内がきれいということは着床環境も改善されており、移植にも最適ということになります。

 

宜しければ以下の記事も参考にしてください。

 

体外受精と腹腔鏡手術

 

体外受精、ラパロ

 

腹腔鏡手術後の体外受精

 

体外受精vs腹腔鏡手術

刺激して採卵しました。17個とれて12個受精しましたが、結局胚盤胞1つしか出来ませんでした。医師からはPCOSのため、たくさん採れるけれど卵子の質は良くはないから、と言われました。

受精卵が多かったので期待しただけショックでした。今後はどの様にしたら良いでしょうか?

また、何か自分で出来る事は有りますでしょうか?
 
この様な質問がありましたのでお答えします。
 
PCOSは刺激をして卵胞の発育が良く、採卵数も増えます。
20個〜30個採れることも良くあります。
ただ実際には卵胞数の割に採卵率が低く、未熟卵も多く、受精しても発生が悪く、採卵数の割には胚盤胞まで発育しません。
また、OHSSの副作用も起きる可能性があるため、余りにも刺激を増やしすぎると危険になるため、その観点でも難しくなります。
 
アンタゴニス法が調節性に富み副作用も少ないため第一選択肢です。
未熟卵が多い場合には卵胞のサイズを少し大きめに育てて、トリガーをHCGにしてトリガーの時間をあえて2時間程度早めにします。

OHSS予防と良好卵子獲得のためフェマーラを併用することもお勧めです。 

採卵数が多いため期待値も高くなりそのギャップが辛くなりますが、しっかりと対応すれば良い胚盤胞が出来てきます。分母を増やす事が1つの解決策になることもあります。

検査結果見ながら症例ごとに微調整する必要があり、とにかく細かく見ていく事が大切かと思います。
 
過去にも記事にしていますので宜しければ参考にして下さい。