h

 


テーマ:


家にあったので手を出してみた。DS版。
最初は色々と戸惑った。色々と複雑で。
戦闘の仕方もよく分からんかったし、用語も分からんし、
背景も勢力図も研究内容も、、、分からんことだらけ。
分からんまま進めようとするも戦艦で迷ってぐるぐる。
レベルはわりと上がりやすかったと思う。
レベル上げしてるうちに戦闘の仕方が分かってきた。
必殺技やエーテルを覚えていくのも楽しかった。
レベル上げ出来るタイミングが少ないから
今のうち、とレベル上げに勤しんでいたら
強くなりすぎて後半はボス戦がぬるかった。
物語の背景等については最後まで分からんままだった。

自由にどこでも冒険できるという作品ではない。
イベントの合間にダンジョンが挟まれる感じ。
宇宙空間の話で、戦艦が拠点となるのだが
行き先は話の流れに則って勝手に決まる。
話が進んだらどっかの施設に直接いっちゃう。
RPGというけど、半分はサウンドノベルみたいだ。
とにかく、読んでる時間が多い。
イベントに、サイドストーリーに、膨大な用語集。
読む読む読む読む→ダンジョン→ボス→読む読む読む
の繰り返し。

多くの人物や機構が出てくる。
各所で陰謀が渦巻いている。
宇宙規模だし話がでかい。

レベル99に到達するキャラが出てきたり
イベントの内容や人々との会話から
ああ、もうすぐ終わる、って分かる頃になっても
明らかにされてない謎が多数残っていた。
この段階でこんだけ謎が残ってるということは・・・。
クリア直前でバタバタバタと解き明かされていく
とは考えにくいから、きっと、このまま終わるんだろう。
謎を残したまま「I」は終わって、「II」に進むんだろう。
キャラのステータスや装備、アイテム、
覚えた必殺技等は引き継がれるんだろうか。
など思いながらエンディングを見終えた。
続きはなかった。

一本のソフトに「I」と「II」とが収録されてて
「I」をクリア後に「II」をプレイできるようになる
と思ってたんだけど、違った。
どういうことかというと、、、元々「I」「II」2本であったものが
DSリメイク時に一つの物語として作り変えられていたのだ。
つまり、今クリアしたので全て。そして、謎は謎のまま。
感覚的には、全貌のおよそ五分の三まで見えたくらいか。

続きはある。「Ⅲ」が出てる。しかしうちにはなかった。
しかもPS2のみでDS版が出てない。どういうことだ。
じゃあ確実に自分はここで終わりってことじゃないか。
もやもやしたまま、終わり・・・。
分かってたら、最初からプレイせんかったわ。。


ニンテンドーDS ゼノサーガ I・II ナムコ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


ずーっと前にやったことがある。
だいぶ記憶が薄れている。
覚えているのは、
ナントカいう先生が頼りになったこと。
終わりの方、読むばかりになったこと。
全裸で駆けるエンディングにびっくりしたこと。

自宅で「ゼノサーガI・II」を見つけ、プレイしてみた。
こちらは初めてだった。
ああ、思い出してきたぞ。
そういえばゼノギアスもロボ乗ってたなあ。
人間の時と操作方法が違っていて
慣れるまでに時間がかかったものだ。


ゼノギアス★PS★未開封【即納】
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:


「ヴァルキリープロファイル」は一度もクリアできなかった。
PS版1回、PSP版2回、チャレンジした。全然ダメだった。
先般、うちに同シリーズの「咎を背負う者」があるのを見つけた。
前作ムリだったからこれもムリかもと思ったが
プレイを始める前に意見きいたら「大丈夫だと思う」と言われた。
それで始めてみた。大丈夫じゃなかった。全然ダメだった。
「ヴァルキリープロファイル」よりもっと出来なかった。

「女神の羽」を使わないとアッサリ全滅してしまうから
殆どの戦闘で羽を使い、仲間をどんどん犠牲にしていった。
羽を使った仲間は一騎当千の力を発揮するのだが
ドーピングが過ぎて、戦闘が終わると死んでしまう。
そうやってどんどん仲間を死なせていたら
もう羽を使える仲間がいなくなり、詰んだ。
チャプター2で進めなくなった。

ということで、自分にとってこのゲームは…
完全なる逆恨みを動機に復讐を誓う主人公が
鬼畜にも仲間達の命を踏み台にして行き、
そうできる仲間が居なくなると、途端に死んだ。
という物語が全てとなった。


[100円便OK]【新品】【DS】ヴァルキリープロファイル -咎を背負う者-【RCP】
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


以前にPS版をやったとき
どうしてもクリアできなくて、諦めた。
同居人がPSP版を持ってたので
気持ちを新たに、再挑戦してみた。
一回目、無理だった。
仕切り直して二回目、無理だった。
自分にはクリアできないゲーム。。。


アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス-
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

…女が撃たれるのを黙って見ているのは、主義に反する。
しかし。私には、どうしても助けに行けない事情があった。
…私は、ひとあし先に死んでいた。


プレイヤーの分身となる主人公は初っ端で既に死んでいる。
記憶もなくしており、自分が何者なのかも分からない。
プレイヤーはゴーストとなった主人公と共に彼自身の謎を追う。
その中で遭遇する幾つもの事件を、死者の力で“更新“していく。
物語はミステリなんだけど、ゲームとしてはパズル。
推理を楽しみたい人には違う。

主人公が死者ってコンセプトも面白いし
パズルのアイデアも面白い。
「トリツク」や「アヤツル」というコマンドを使って
物体に憑依し、それを操るのだ。
それらの方法で別の場所に移動していったり
その場で起こっている出来事に変化を加えたりする。

時間制限があったりタイミングが重要だったり
そもそもパズル的なの得意じゃないし。
自分には難しいゲームだった。
だけど、ちょっとでも詰まると・・・
先にプレイし終わった同居人が横で見ていて
質問するまでもなくアッサリ教えてくれてしまうんで
かなり、サクサク進んだ。

サクっとクリアできてしまったんで
二周目特典ないけども二周目スタート。
正体分かりながらプレイするという楽しみ。
また、目的外の場所に寄り道しながら進めてる。
イベントってほどのもんでもないけど、意外と色々ある。


【新品】(税込価格) DS ゴーストトリック(GHOST TRICK)BEST PRICE版
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

親切すぎ。

シリーズ旧作において
法廷パートで、主張したいことは合ってるのに
今ここで提出すべき証拠にハマらなくて
ペナルティ受けまくってゲームオーバーしたり。
探偵パートで、話が進まなくなって
事務所、現場、留置場などを何周も回って
同じ人に何度も同じ質問をしてしまったり
総当たりで証拠品をつきつけてみたり。
そういうの、どうにかしてくれ!と思ってたけど。
実際にそれら全てどうにかしてくれちゃうと
今度は、ヌルイ!と感じてしまって。
プレイヤーって、我侭なものだ。

だけども魅力的なキャラクタが出てくるのは変わらず。
そこはシリーズ通じてずっと好きなとこ。
ビヨウインさんが好き。アツメちゃんが大好き。


逆転裁判5
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


いやあ、楽しんだ楽しんだ。これ面白い。
何がいいってキャラクター。ゲーム性よりキャラクター!
全員が好きだけど、一番はやはりモノクマか。
ドラえもんで有名な大山のぶ代さんが声をあててる。
声色はドラえもんそのままと思ってもらって差し支えない。
その声で、凶悪な発言を繰り返す。
ものまね芸人ホリの、「○○が絶対に言わないこと」ってネタ、
言わば、そのドラえもんバージョンかな。しかも本物の声で!
次に好きなのは、ジェノサイダー翔!
呼ばれて飛び出て~ぇ ジェーノサーイダーー!!
出てくるのが楽しみで仕方なかった。
全員の通信簿を埋めるため何周かプレイしてて
二周目以降は連打でテキスト読み飛ばしたりしたけど
ジェノサイダーの音声だけは、手を止めて必ず聞いてた。
あと、音楽も凄く好みでサウンドトラック購入を真剣に検討中。
モノクマのBGMはホント癖になるし
最後の裁判でオープニング曲流れた時はもう、鳥肌モノで。
あのタイミングで、あの入り、、、堪らんかったー。


ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生 PSP the Best
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


大好きな作品。
かつてSFCでプレイした時に、いたく感動したものだ。
この度、DS版をプレイしてみた。
感動。やっぱり楽しい。やっぱり素晴らしい。やっぱり泣ける。
うっ、、、思い出したら涙が。ロボ・・・・!
全エンディングを見た。連戦めんどいが頑張った。
PS版やってないからムービー見るの初めて。
途中に入ってくるのは、いまいちだったなあ。
オープニングとエンディングは良かった。

英語版も収録されていたので
一周目は英語で、強くてニューゲームは日本語でプレイ。
そうとう前のことではあるが一度はクリアしたゲームだし
システムも少しは覚えてるから英語でも何とかなると思った。
一応、何とかなった。一応、クリアできた。
でも、次に日本語でプレイした時には
英語ではぜんぜん理解できてなかったと分かった。
こんなに分かってなくて、よくクリアできたなーって感じだった。
あと、技の名前が英語と日本語でかなり違ってて
一周目の英語の技名のほうで覚えちゃってるから
二周目、日本語の技がよく分からなくて困った。
英語が読める/読めないに関わらず日本語プレイがオススメ。
なぜなら、英語は文字が小さくて読みづらい!
最初は普通にDSでやってたけど
それを理由に途中から3DSに変えたもん。

英語版は、技名以外にも様々な名称が変更されてる。
仲間の名前では、クロノ(Chrono)→Crono
みたいに、綴りが変わってるだけというのと
カエル→Frog、魔王→Magus と意味をとってるのがある。
エイラはクロノを「クロ」と呼ぶが英語だとそのまま「Crono」。
ただし名前を変えると日本語版同様に最初の二文字で呼ぶ。
場合によっては変なことに。例えばChronoなら「Ch」。
マールは英語でMarleであり、その本名は
日本語でマールディアとなるところ、Nadia。関連性ない。
サブキャラは完全に別の名前になってるのが少なくない。
三賢者はMelchior、Belthasar、Gaspar。
魔王軍の三人組はOzzie、Slash、Flea。
ソイソーがSlashでソイソー刀はSlasher。
グランとリオンはMasaとMuneでグランドリオンはMasamune。
シルバードはEpoc。黒の夢はBlack Omen。
スカイ・ダルトン・ギョクーザはAero-Dalton Imperial
何だかかっこよく思えてしまうのだが
英語話者の感覚では、やはりダッサイんだろうか。


アルティメット ヒッツ クロノ・トリガー
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


ずっと以前にPS版をやった時には、クリアできなかった。
今度こそはとPSP版を始めてみたけど、やっぱり難しい・・・!
ベストなエンディングにも到達できるようにとノーマルで始めたが
今までやってきた進み方では、もうベストエンドは無理みたいだ。
再挑戦する気力ないし、だったらイージーでやれば良かったー。
ゲームはそこそこ好きだけど残念ながらド下手
っていう自分のような人には、硬すぎるゲームだと思う。
何も考えずプレイしてるとレベルがあまり上がらない。
ダンジョンとか入る度にピリオドが消費されるから
限られたタイミングで工夫してレベル上げないといけない。
でも、工夫してレベル上げるってことをしないから。
時間が無限にあって、単純な戦闘でコツコツ上げるのなら
幾らでも続けて、どんだけでもレベル上げていけるんだけど。
チャプター4で一部のザコ敵に歯が立たなくなり
逃げ続けてボスまで到達してはアイテムでボスを倒してた。
チャプター5と6では、新たに出たダンジョンをクリアできず
過去に踏破できたダンジョンでレベル上げてる間に終わった。
そして今、チャプター7。新しいダンジョンは当然無理。
経験の宝珠とマテリアライズポイントを全部使って
チャプター5で出た「アークダインの遺跡」をどうにかクリア。
そして気づいた。このダンジョンはレベル上げに使える。
ワールドマップに出なくてもダンジョン内の敵が復活する。
これはいい。こもりきりでレベル上げ。もう何日もやってる。
充分にレベルを上げて、せめてノーマルエンドに辿りつきたい。


アルティメット ヒッツ ヴァルキリープロファイル -レナス-
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


ファンタジーRPG。
よくある中世ヨーロッパっぽい世界が舞台。
主人公は軍人で、当初は上からの任務で動く。
ある出来事をきっかけに未来が二つに分かれる。
主人公はあっちとこっちを行き来する。
過去にさかのぼって別の行動をとることで
その線上にある未来に変化が起こり
また、もう一方の未来に影響が表れたりもする。
どこの誰にあって何をすればいいかは分かっても
それには、どのポイントに行けばいいんだっけ?
そういうので悩んだり時間食ったりする事が多かった。
主人公は、何らかの任務のために動いていたり
そうでなくても次にすべきことが明確に設定されてて
いわゆる自由気ままな冒険というのは、出来ない。
その点がちょっと不満であった。
でも、とても楽しめた。かなり、のめり込んだ。
戦闘も良かったな。工夫してダメージを大きくする。
敵の配置を見て、パーティキャラのスキルを組み合わせる。
普通にアタックしていたのでは苦戦する敵でも
そうして工夫すれば、ずいぶん楽にやっつけられる。
戦闘が単調にならず、レベル上げも苦にならない。
一番好きなキャラクターは、シグナスのガーランド。
仲間になるのかと期待してたが、、、ならんかった。
次に好きなのはビオラ准将だが、やはり仲間にならん。
ガーランドとビオラ准将と一緒に旅したかったー。
人数制限ならガフカとエルーカは抜けても構わん。
エルーカ同行できてガーランドはダメって納得いかんぞ。


ラジアントヒストリア
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。