東大教員を辞めて、2400日フルーツ物語

中野瑞樹 オフィシャルブログ  
「フルーツで心も体も地球もキラキラ♪」


テーマ:
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
6/23(木)、8:05から
ABCラジオ「おはようパーソナリティ道上洋三です」にゲスト出演します。
フルーツのお話します。
関西エリアの方、是非お聴きください^^

http://abc1008.com/ohapaso/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
160620 「壮快」8月号 p163-164



「壮快」8月号 (6月16日発売)のp163-164に、「糖尿病とフルーツ」に関する私への取材記事が載せられました。

『糖尿病を自分で治す極意 』 
⑩6年間フルーツだけで生きている研究家が伝授! 血糖値を上げないフルーツ摂取法

「壮快」(マキノ出版)は、1974年発刊、40年以上になる健康誌の草分けです。
是非お読みください^^





-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の 講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)

-----------

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【がんとフルーツ】思春期のフルーツ摂取量が多いと、乳がんリスクが25%低↓



2016年5月、ハーバード大学の研究者らは、世界五大医学誌の一つである、British Medical Journalに、
フルーツや野菜摂取と乳がんリスクに関する論文を発表しました。
アメリカ人女性9万人超を対象とし、22年間にも渡る、大規模なものです。

思春期のフルーツ摂取量が多い(約290g/日)と、乳がんリスクが25%低いことが分かりました。フルーツジュース、野菜は、乳がんリスクとの関連がありませんでした。

個別食品で言えば、思春期にぶどう、バナナ、りんご摂取量が多いと、若年成人期にオレンジ、ケール(野菜)の摂取量が多いと、乳がんリスクが低い傾向にありました。

論文の結論を抜粋
「フルーツ摂取量が多いと、糖尿病、心血管疾患のリスクも低い。若いうちからフルーツや野菜を積極的に摂取することを勧めます」

-------------
発表:2016年5月
投稿誌:British Medical Journal
主要研究機関:Harvard T.H. Chan School of Public Health
対象:閉経前のアメリカ人女性(看護師)90,476名
追跡期間:1991~2013年
データソース:NHSⅡ
研究形式:前向きコホート研究(アンケート)
-------------

※出典
Fruit and vegetable consumption in adolescence and early adulthood and risk of breast cancer: population based cohort study /Maryam S Farvid et al./BMJ 2016;353  

※関連



-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
【がんとフルーツ】桃が、乳がんの増殖と転移を抑制(Lv2:動物実験レベル)

古来より、中国では不老長寿の果実として親しまれてきた桃。
2014年、桃と乳がんに関する研究が発表されました。


●桃ポリフェノールが、乳がん細胞の増殖と転移を抑制!
動物実験(マウス)で、桃ポリフェノール(人では、桃2~3個分/日)が乳がん細胞の増殖と転移が抑制することが分かりました。
○概要:
 ネズミに、進行性の早いタイプの乳がん細胞を植え、数週間後の肺へのがん転移を調べる
 桃ポリフェノールを混ぜたエサを食べたネズミでは、乳がん細胞の増殖と転移が抑制されていたことが分かった
 与えた桃ポリフェノールは、人間では、桃2~3個分に当たる
○論文発表年
 2014年
○研究主体
 テキサスA&M大学(カレッジステーション校)の研究グループ
○科学的信頼性(研究段階度)
 2(動物実験レベル)

※Polyphenolics from peach (Prunus persica var. Rich Lady) inhibit tumor growth and metastasis of MDA-MB-435 breast cancer cells in vivo/ Giuliana Noratto /the journal of Nutritional of Biochemistry. Volume 25, Issue 7, Pages 796–800(July 2014)

●私見
2009年、上記研究グループは、桃やスモモに含まれるポリフェノール群が、乳がん細胞のみを抑制すること明らかにしています。
※Identifying peach and plum polyphenols with chemopreventive potential against estrogen-independent breast cancer cells./Noratto G et al./J Agric Food Chem. 2009 Jun 24;57(12):5219-26. doi: 10.1021/jf900259m.

これから桃がおいしい季節なので、乳がんの方は、毎日、桃を召し上がるのがいいかもしれません。
ただし、上記研究は、まだ動物実験段階なので、人で同じような効果が出るかどうかは、現段階では分かりません。
人での臨床試験が望まれます。


-----------

【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------





いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
【生活習慣と乳がん】
日本人女性の、最も罹患数が多いがんです。(※1)

世界がん研究基金と国立がん研究センターの評価をまとめると、乳がんリスクを下げるには、禁煙と節酒です。
また、閉経後の女性は、肥満にも注意が注意が必要です。

●生活習慣 と乳がんリスク(世界がん研究基金)※2
フルーツや野菜には、ビタミン、ポリフェノール、カロテノイドなどの抗酸化物質が多く含まれます。
ポリフェノールやカロテノイドは色素に多く含まれます。
世界がん研究基金は、がん(全体)予防のためには、
いろいろな色の、フルーツと野菜(非でんぷん性)を合わせて、毎日400g以上、できれば600g以上摂取することを勧めています。

○乳がんリスク上昇↑
 確実:
 ・(閉経後)お酒、肥満、高身長
 ・(閉経前)お酒
 ほぼ確実
 ・(閉経後)成人期の体重増加
 ・(閉経前)高身長、重い出生時体重

○乳がんリスク減少↓
 確実:
 ・授乳
 
○「Food,Nutrition,Physical Activity, and the Prevention of Cancer」
2007年、世界がん研究基金が発表
 傘下機関である、アメリカがん研究協会との共同
 ①世界の科学論文(約7000件)を電子的に検索
 ②人を対象とした全ての関連論文をすべて抽出
 ③専門家集団のシステマティックレビューにより、科学的根拠に基づいた結論

●生活習慣 と乳がんリスク(国立がん研究センター)※3
「科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究」
2015年、国立がん研究センターが発表
多目的コホート研究(JPHC Study):日本人が対象

○乳がんリスク上昇↑
 確実:
 ・(閉経後)喫煙、肥満
 ・(閉経前)喫煙
 可能性あり:
 ・(閉経前)肥満(BMI30以上)

○乳がんリスク減少↓
 可能性あり:
 ・運動、大豆(イソフラボン)

●出典
※1:2011年推計値 地域がん登録全国推計によるがん罹患データ(1975年~2011年)/国立がん研究センター
※2:Food,Nutrition,Physical Activity, and the Prevention of Cancer(2007)/World Cancer Research Fund, American Institute for Cancer Research
※3:日本人のがん予防法_科学的根拠に基づく発がん性・がん予防効果の評価とがん予防ガイドライン提言に関する研究2015年02月/国立がん研究センタ

-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

上に乗っているのは、我が家の果壇で採れた、ミニ完熟ピーマン(冬を越して2年目^^)
左は、ジャバラのストレート果汁。



いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
日本は、地震、洪水、噴火、津波など、自然災害の多い国です。
だからこそ、家庭や職場でも備えが重要です。

 
私は一般の災害非常食品(飲料水、缶詰、アルファ化米など)に加え、家庭や職場にフルーツも備えておくことをお勧めします。

大規模災害時は、しばらく水道や電気やガスなどライフラインが止まることもあります。
道路が寸断され、しばらく食料が手に入らないことも考えられます。

 

災害備蓄品であるアルファ化米は、水やお湯が要ります。
カップ麺はお湯が要ります。しかも塩分が多いので喉が乾きます。
【震災とフルーツ】高血圧と食塩摂取量

多くのフルーツは、85%以上水分です。
私は6年半以上、お茶や水を飲んでいませんが、水分の多いフルーツは、喉を潤してくれます。いえ、水ではお腹がチャポンチャポンになるだけですが、不思議なことに、少量のフルーツでも喉を潤してくれます。
【災害時こそフルーツ】命の水

フルーツには、糖質、タンパク質、食物繊維、有機酸(クエン酸など)、微量栄養素(ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、カロテノイドなど)が含まれます。まさに総合栄養栄養食品です。
糖質が入っているので、速やかに脳や体のエネルギーになります。
食物繊維と食物水分により、便秘対策にもなります。
【フルーツの誤解】栄養
 
災害時、配給される食事は、おにぎり(+塩から)、菓子パン、カップ麺などです。
野菜不足になる一方で、塩分過多になりがちです。
塩分(ナトリウム)を排出してくれるのが、カリウムです。
カリウムが多いのが、野菜やフルーツです。
高血圧対策にも、手軽に食べられるフルーツがお勧めです。
皮をむくだけ、切るだけ、そのままかじるだけです。調理が不要です。
塩や砂糖や油などを添加する必要もありません。
フルーツそれ自体には、寄生虫も病原性細菌もありません。
残渣は、土に穴を掘って埋めれば衛生的です。災害時に問題になるゴミ問題もありません。
災害非常食の一つとして、家庭や職場にフルーツも備えましょう。

【災害時こそフルーツ!】5/2熊本フルーツキャラバン
http://ameblo.jp/fruit-mizuki/entry-12158965302.html

-----------

【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------



 
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)