東大教員を辞めて、2400日フルーツ物語

中野瑞樹 オフィシャルブログ  
「フルーツで心も体も地球もキラキラ♪」


テーマ:
日本は、地震、洪水、噴火、津波など、自然災害の多い国です。
だからこそ、家庭や職場でも備えが重要です。

 
私は一般の災害非常食品(飲料水、缶詰、アルファ化米など)に加え、家庭や職場にフルーツも備えておくことをお勧めします。

大規模災害時は、しばらく水道や電気やガスなどライフラインが止まることもあります。
道路が寸断され、しばらく食料が手に入らないことも考えられます。

 

災害備蓄品であるアルファ化米は、水やお湯が要ります。
カップ麺はお湯が要ります。しかも塩分が多いので喉が乾きます。
【震災とフルーツ】高血圧と食塩摂取量

多くのフルーツは、85%以上水分です。
私は6年半以上、お茶や水を飲んでいませんが、水分の多いフルーツは、喉を潤してくれます。いえ、水ではお腹がチャポンチャポンになるだけですが、不思議なことに、少量のフルーツでも喉を潤してくれます。
【災害時こそフルーツ】命の水

フルーツには、糖質、タンパク質、食物繊維、有機酸(クエン酸など)、微量栄養素(ビタミン、ミネラル、ポリフェノール、カロテノイドなど)が含まれます。まさに総合栄養栄養食品です。
糖質が入っているので、速やかに脳や体のエネルギーになります。
食物繊維と食物水分により、便秘対策にもなります。
【フルーツの誤解】栄養
 
災害時、配給される食事は、おにぎり(+塩から)、菓子パン、カップ麺などです。
野菜不足になる一方で、塩分過多になりがちです。
塩分(ナトリウム)を排出してくれるのが、カリウムです。
カリウムが多いのが、野菜やフルーツです。
高血圧対策にも、手軽に食べられるフルーツがお勧めです。
皮をむくだけ、切るだけ、そのままかじるだけです。調理が不要です。
塩や砂糖や油などを添加する必要もありません。
フルーツそれ自体には、寄生虫も病原性細菌もありません。
残渣は、土に穴を掘って埋めれば衛生的です。災害時に問題になるゴミ問題もありません。
災害非常食の一つとして、家庭や職場にフルーツも備えましょう。

-----------

【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------



 
いいね!(27)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
熊本支援に、自分も何かしたいけれど
・透明性が低い団体などへの寄附には抵抗がある
・時間的金銭的余裕がない
などと考えておられる方もいらっしゃると思います。
実は、熊本のため、そして自分や家族のため、誰でもできる簡単なことがあります。
それは、健康のために、熊本産のフルーツや野菜を購入することです。
今の時期なら、すいか・メロン類・トマトが熊本県産であることが多いはずです。
寄附ではなく、経済行為として、自分や家族の健康を得ることができ、熊本の復興支援に寄与できます。
ちなみにくまモン商品は、全てが直接的な熊本の経済支援になるわけではありません。多くが熊本県外の企業の商品だからです。
くまモンの利用申請
 
 
●【日本の常識は世界の非常識】フルーツの食べ過ぎに注意!?
http://ameblo.jp/fruit-mizuki/entry-12162017122.html

●公的機関が勧める毎日のフルーツ
国連、厚労省・農水省、国立がん研究センターなど、国内外の公的機関は、健康増進のため、毎日の積極的な野菜とフルーツ摂取を勧めています

【国連推奨】毎日フルーツと野菜を400g以上
●熊本県は果実王国
熊本県は、日本でも有数の果実王国です。
熊本県の果実の出荷量 (農林水産省出荷統計2014年)
 
○フルーツ&果物
すいか 第1位 (2位千葉、3位山形)
メロン 第3位 (1位茨城、2位北海道) 
いちご 第3位 (1位栃木、2位福岡)
みかん 第4位 (1位和歌山、2位愛媛、3位静岡)
くり  第2位  (1位茨城)

○すいか
すいかは、熊本県が出荷量1位です。
ちょうど今スーパーには、熊本県産のすいかが並んでいると思います。
すいか前線とも言われますが、4月下旬に熊本県産すいかが出始め、そのあと北上し、10月頃の北海道産で終ります。
まだ出始めということもあり、すいか(1/6カット)も100円程度、高くなっています。

○メロン
メロンといえば、静岡クラウンメロンや夕張メロンなどに代表される網系のマスクメロンを思い浮かべる方が多いと思います。
しかし、メロンは、マスクメロン以外にも、パパイヤメロン、ホームランメロン、プリンスメロン、エリザベスメロン、キンショーメロン、アムスメロン、まくわうりなど、実に多様です。見た目、味、香りなども全然違います。
ちょうど今の時期は、いろいろな種類のメロン類がスーパーに並んでいます。
ちなみに真っ白いホームランメロンは、熊本県が原産とされています。
 
メロンはバナナに次いで、カリウムの多いフルーツです。塩分(ナトリウム)過多の方は、ナトリウムを排出してくれるカリウムを積極的に摂取したいものです。

またメロンは甘いから糖質が多いと誤解されている方も多いですが、フランスパン55%、食パン44%、白米36%に比べ、メロンは10%しかありません。甘いのと糖質の量は関係がありません。
【フルーツの誤解】糖質

カロリーも、ご飯の1/4しかありません。
フルーツとカロリー
 
熟れすぎたメロンは、半分に切ってスプーンでお召し上がりください。

○いちご
 


○果菜(果実野菜)
トマト 第1位 (2位北海道)
なす  第2位 (1位高知県)
 
●誰でもできる、自分や家族の健康と熊本復興支援の両立
自分や家族の 健康のために、フルーツや野菜を購入することです。
特に、熊本県産の食品なら、熊本復興支援になります。
今の時期なら、すいか・メロン類・トマトが熊本県産であることが多いです。
-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------
国連・厚労省・農水省推奨】一日のフルーツ&野菜摂取量
糖尿病患者の推奨一日フルーツ摂取量
いいね!(5)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
【日本の常識は世界の非常識】フルーツの食べ過ぎに注意!?
●公的機関が勧める毎日のフルーツ摂取
国内外の公的機関が、健康のために、健常者の毎日のフルーツ摂取を勧めています。
●先進国最下位、東アジア最下位の、フルーツ摂取量
日本の国民一人当たりへのフルーツ供給量(摂取量+廃棄量)は、140gです。
先進国(OECD加盟34ヶ国)で、最下位です。
世界平均203g、アジア平均181gも大きく下回っています。
東アジア(日本、中国、韓国、北朝鮮)の中でも最下位です。
 
  
 
●日本人のフルーツ摂取量
過去40年、野菜の摂取量はほとんど変わっていませんが、フルーツの摂取量は、年々減り続けています。ジャムや果汁類を含めても 日本人は一人当たり、112g/日だけです。生フルーツだけでは 100g/日しかありません。1975年には 194g/日・人あったので、40年で約半分になりました。

 
労働世代、特に2040 代の摂取量が少なく、30代男性は38.9g/ 日しか摂取していません。 
 
●フルーツは食べ過ぎに注意!?
「フルーツは食べ過ぎてはいけない」とおっしゃる方がおられますが、日本人は決してフルーツを食べ過ぎているわけではなく、むしろ食べなさすぎなのです。
●ただし、下記の方は、必ず医師とご相談ください。
①腎疾患の方
 腎機能が悪い方は、高カリウム血症を起す恐れがありますので、野菜やフルーツや海藻類などの高カリウム食品の摂取に注意が必要です。医師とご相談ください。
②糖尿病の方
日本糖尿病学会は、フルーツはビタミン・ミネラル補給に大切なので、糖尿病患者でも、フルーツを80kcal/日を目安に食べることを推奨しています。ただし食べる量、食べ方などに制限があるので、医師とご相談ください。
③降圧剤服用の方
降圧剤を服用されている方は、薬の種類によっては、グレープフルーツの摂取に注意が必要です。降圧剤が効きすぎて、血圧が下がりすぎる恐れがあるからです。かかりつけの医師とご相談ください。
④重度のフルーツアレルギー(発疹、吐き気など)のある方
一時的に、口や唇や喉などがイガイガするのは、OAS(口腔アレルギー症候群)と呼ばれる、軽度の食物アレルギーです。通常、該当食品(野菜、フルーツ、豆・ナッツ類)を加熱すれば問題ありません。また花粉症などを引き起こすアレルゲンと食品に含まれるタンパク質の構造が似ているため、花粉症やゴムアレルギーなどのある方の中に、野菜やフルーツなどを食べて、アレルギーが起こす方がいらっしゃいます。
 食後5~15分で発症し、重度のアレルギー反応(じんましん、吐き気、喘息など)をアナフィライキシーショックと言います。専門医とご相談ください。

-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
果実にまつわる誤解と展望》と題して、
和歌山の果樹』 (JA和歌山県農 発行)に連載中です。
熊本地震を受けて、5月号のテーマは「震災とフルーツ」です。

1.震災関連死
2 .脳卒中とフルーツ
3.心筋梗塞とフルーツ
4.エコノミークラス症候群とフルーツ
5.便秘症とフルーツ
6.ストレスとフルーツ
7.食中毒とフルーツ
8.震災後の救援物資リストにフルーツを!

※関連

日本人は世界的に見て摂取量が少ないに関わらず、食べ過ぎたらだめと喧伝されがちなフルーツ。
巷ではフルーツについて、誤った情報であふれかえっています。
そんな情報をバッサバッサ滅多斬りしていきます!(`ω´)

和歌山の果樹』 は、文字通り、果樹農家さん向けの専門誌なので、果樹の栽培技術、新品種紹介、病害虫対策などがメインです。しかし漠然と不安に思っている、農薬についても詳しく書かれていますので、私たち一般消費者でも勉強になります^^

他では読めない、12月までの1年間シリーズです。
01月号 フルーツの食べ過ぎに注意!?
02月号 フルーツは糖が多いから太る!?
03月号 フルーツを食べると糖尿病になる!?①
04月号 フルーツを食べると糖尿病になる!?②
05月号 震災後の救援物資リストにフルーツを!

購読ご希望(バックナンバーも可)の方は、コチラです♪

-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた私の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------
いいね!(35)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

5/2(月)
有志5名で
フルーツ約500kgを、産地直送で避難所に届けてきました。

約半数は、避難所の許可を得て、ボランティアの方と協力して、カットして避難所の方々に召し上がっていただきました。
避難所の方々はもちろん、行政やボランティアスタッフの皆さんにも大変喜ばれました。
涙を流して喜んでくださるご年配の方もいらっしゃいました。

●熊本フルーツキャラバン ~避難所の方へ直接フルーツを届ける~
熊本・益城町の避難所に、フルーツ(9種類、50箱、約500kg)を有志の方々と届けてきました。
1週間以上保管される可能性もあるので、比較的日持ちのよいフルーツ(甘夏、はっさく、セミノール、りんごなど)にしました。
フルーツは、和歌山(有田)と福島の生産者の方々から提供いただきました。

災害ボランティアセンターには、「産地直送でフルーツを持って行き、避難所の方々に直接お渡ししたい」旨をお伝えした所、益城町からの要請(フルーツの提供)という形で伺いました。


●被災者の方の健康問題
・衛生管理
 風邪や食中毒などの感染症
・栄養管理
 野菜不足、水分不足、塩分過多、デンプン質や脂質過多など栄養バランスが崩れやすい
 高血圧症や循環器系疾患(脳卒中、心臓病、エコノミークラス症候群など)の増加:特に高齢者
 便秘症の増加:特に女性
・その他
 ストレス、熱中症、睡眠不足、運動不足など

●震災後の特別事情
・水が不足しやすい(水道が使えないなど)
・傷みやすいので、野菜や果物などがほとんど提供されない
・加工食品(おにぎり、パン、カップ麺、菓子類)が多くなり、塩分・デンプン質・脂質過多になりやすい


朝食(おにぎり、ソーセージ)

●災害時のフルーツの有効性
①利便性
・皮を剥くだけ、切るだけなので、加熱調理が不要
②衛生面
・フルーツ自体に、食中毒(病原性細菌、寄生虫)が起こる恐れがほとんどなし
③栄養面
・非常時、水分の多いフルーツは、安全な飲料になる
・そのまま食べられるので、摂りすぎやすい塩や砂糖や油などの添加が不要
・野菜と同じくカリウムが多いので、摂りすぎた塩分を排出
④健康面
・脳卒中のリスク低下
・心臓病のリスク低下
・便秘改善が期待できる
・水分摂取による、エコノミークラス症候群や熱中症対策
⑤ストレス対策
・色や香りによる癒し

※詳細は、【和歌山の果樹】5月号 ~震災とフルーツ~参照


災害時こそフルーツ!(中野瑞樹作成)


フルーツの誤解(中野瑞樹作成)


●スタッフの感想
・避難所がかんきつ系の香りに包まれました。
・フルーツを見ると笑顔になる方が多く、空気が変わりました
・避難所の方にヒアリングした所、便秘の方が多かったことに驚きました
 フルーツを食べた後すぐに、お通じがあったと何人もの方が喜んでくれました
 4日ぶりのお通じだったと言われた女性もいらっしゃいました
・半分くらいの方が風邪気味だったので、フルーツを提供すると大変喜ばれました
・フルーツの香りにつられ、見に来られた避難所の方々の顔が一気にほころびました
・フルーツをご提供すると、ご年配の方が何人か、泣いて喜ばれました

●中野瑞樹が思ったこと①
日ごとに、スーパーやコンビニの品揃えが改善されていきます。
車がある方は、生鮮品も購入することができるようになります。 
しかし、移動手段がなく、避難所の食事だけで生活される方は、避難所で提供される食事だけになります。おにぎり、パン、カップ麺、お菓子などの加工品が多くなり、栄養のバランスが崩れがちです。
に高齢者の方の健康が一番心配に思いました。

国連、厚生労働省、農林水産省など公的機関は、健康のため、毎日の野菜とフルーツ摂取を勧めています。

しかし、大規模災害後は、何ヶ月も、野菜やフルーツ不足に陥る方がいらっしゃる恐れがあります。

国連WHOは、フルーツと野菜(非デンプン性)合わせて400g以上の摂取を勧告しています。
健常者であれば、野菜摂取が難しければフルーツでもいいことになります。

一方で、野菜やフルーツ不足解消は、施設のスタッフの方や地元住民だけでどうにかなる問題ではありません。
国や自治体レベルで対策を講じる必要があります。



一日のメニュー

●フルーツを提供する場合は流通のプロを通すことが重要
当日、たまたま、他団体から、バナナ14ケースがトラックで搬入されました。
しかし、保冷車ではなかったため、ケースが熱くなり、大半のバナナが過熟していました。
傷んでいたものも多くありました。


私はフルーツについては、流通のプロが介在する必要があると考えています。
量が多ければ近隣の卸売市場から購入されることがお勧めです。
もちろん、災害ボランティアセンターで事前の許可が必要です。
カットフルーツが許可されるかどうかは分かりませんが、暑い時期は食中毒の恐れもあるので、衛生管理には十分留意する必要があります。

●行程
◆5/1(日)
○移動
 大阪府八尾市→和歌山県有田郡


○みかんの箱詰と搬入
 和歌山県有田郡
 14:00~16:00 
  箱詰の手伝い、車への搬入


箱詰のお手伝い


有田に着くと、温州みかんの花の香り♪


みかん箱の搬入

○輸送(約12時間)
 和歌山・有田~熊本
 16:00~03:30


瓦が落ちて、屋根にブルーシートをかぶせた家々。



◆5/2(月)
○フルーツキャラバン(避難所)
 広安小学校(熊本県益城町)
 06:30~13:00 
  フルーツの搬入、カットフルーツ準備、ミニフルーツショー、カットフルーツ提供、他団体からの過熟バナナの提供補助
 ※フルーツ残渣は、有田に持ち帰りました(みかん山の肥料)


※避難所内撮影禁止。
 避難所の許可を得て特別に撮影


広安小学校


倒壊した相撲の屋形(屋根つき土俵)


給水所と自衛官の敬礼



フルーツ50箱の搬入


地元ボランティア(中学、高校、大学生)の方と一緒に、フルーツカット


廊下でミニフルーツショー





避難所に来られた地元の方にもカットフルーツ提供


たまたま他団体から搬入されたバナナ(14ケース)。
大半が過熟(冷蔵輸送でなかったため)していたので、急いで配りました



地元ボランティアの方とバナナ

○福岡のフルーツ業界への報告
 福岡市中央卸売市場青果市場
  荷受会社、果樹団体、仲卸組合の担当の方と面会


●メンバー
有志5名
・リーダー:中野瑞樹
・和歌山県有田郡(みかん生産者):1名 
・大阪府八尾市:3名
※団体等からの支援は一切受けていません


Fポーズで団結


●お届けしたフルーツ(9種類)
・かんきつ系(和歌山県有田産):甘夏(田ノ浦)、甘夏(川野)、いよかん、清見、カラーマンダリン、セミノール、デコポン、はっさく
・りんご(福島産):ふじ

○みかん類(8種類)
愛育園(衣川様)
  TEL&FAX:0737-62-2360
 ※生産者の方々に、フルーツ提供の協力を呼びかけてくださいました
・伊藤農産(伊藤様)
  TEL:0737ー62ー2359
・岩弥園(岩倉様)
  TEL:0737-52-3345、FAX:0737-53-2224
・栗山園(栗山様)
 ローソン広川井関店前
 TEL:0737-62-4917
勘繁園(勘佐様)
  TEL:0737-62-3431、FAX:0737-62-3914 
・髙利農園(髙居様)
  TEL&FAX:0737-52-2721
・大西様
・岡本様
・楠本様
・小南農園様
・佐崎様
・須佐見様
・武内様
・成瀬様
・平武農園様
           (※50音順)
和歌山県有田郡の生産者の皆さま(計15農園)より、みかん類を計46箱ご提供頂きました


○りんご(ふじ)
 郡山市喜久田町字四十坦6-47
 TEL:024-973-6388
  りんごを5箱ご提供頂きました



○寄せ書き

有田郡広川町立南広小学校の皆さんからの寄せ書き


有田郡広川町立南広小学校への報告(愛育園作成)



●関連
 

-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
 ・先フル 
 ・朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------
いいね!(55)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
●お届けしたフルーツ(9種類)
・かんきつ系(和歌山県有田産):甘夏(田ノ浦)、甘夏(川野)、いよかん、清見、カラーマンダリン、セミノール、デコポン、はっさく
・りんご(福島産):ふじ

○みかん類(8種類)
愛育園(衣川様)
  TEL&FAX:0737-62-2360
 ※生産者の方々に、フルーツ提供の協力を呼びかけてくださいました
・伊藤農産(伊藤様)
  TEL:0737ー62ー2359
・岩弥園(岩倉様)
  TEL:0737-52-3345、FAX:0737-53-2224
・栗山園(栗山様)
 ローソン広川井関店前
 TEL:0737-62-4917
勘繁園(勘佐様)
  TEL:0737-62-3431、FAX:0737-62-3914 
・髙利農園(髙居様)
  TEL&FAX:0737-52-2721
・大西様
・岡本様
・楠本様
・小南農園様
・佐崎様
・須佐見様
・武内様
・成瀬様
・平武農園様
           (※50音順)
和歌山県有田郡の生産者の皆さま(計15農園)より、みかん類を計46箱ご提供頂きました

○りんご(ふじ)
 郡山市喜久田町字四十坦6-47
 TEL:024-973-6388
  りんごを5箱ご提供頂きました

 

-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想

-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
 ・先フル 
 ・朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
5/2熊本フルーツキャラバン の際に撮影(160502,0503
益城町や西原村では、重い瓦屋根の家の瓦は、大体落ちていました。屋根だけブルーシートをかぶせた家屋が多くみられました。
14日の縦揺れの後、16日の横揺れで崩れたそうです。
一方で、瓦ではない新しい家の被害はあまり見られませんでした。
地震対策として、全国的に、瓦屋根を軽い屋根にする必要があるのではないかと思いました。

●熊本市内
 
熊本城 天守閣

 
熊本城 崩落した城壁



熊本城の崩落した城壁で全壊した神社(熊本大神宮)
 
●益城町・西原村
 
 
 
 
  被災した家屋

 
倒壊した相撲の屋形(屋根つき土俵) 益城町・広安小学校


 
全壊した神社

 
地割れ


-----------
【中野瑞樹】から
お知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------
いいね!(1)  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

国内外の公的機関は、健康増進のため、健常者の毎日のフルーツ摂取を勧めています。
【日本の常識は世界の非常識】フルーツの食べ過ぎに注意!?

 

しかし、下記の方は、必ず医師とご相談ください。

①腎疾患の方

 腎機能が悪い方は、高カリウム血症を起す恐れがありますので、野菜やフルーツや海藻類などの高カリウム食品の摂取に注意が必要です。医師とご相談ください。

②糖尿病の方

日本糖尿病学会は、フルーツはビタミン・ミネラル補給に大切なので、糖尿病患者でも、フルーツを80kcal/日を目安に食べることを推奨しています。ただし食べる量、食べ方などに制限があるので、医師とご相談ください。

③降圧剤服用の方

降圧剤を服用されている方は、薬の種類によっては、グレープフルーツの摂取に注意が必要です。降圧剤が効きすぎて、血圧が下がりすぎる恐れがあるからです。かかりつけの医師とご相談ください。

④重度のフルーツアレルギー(発疹、吐き気など)のある方

一時的に、口や唇や喉などがイガイガするのは、OAS(口腔アレルギー症候群)と呼ばれる、軽度の食物アレルギーです。通常、該当食品(野菜、フルーツ、豆・ナッツ類)を加熱すれば問題ありません。また花粉症などを引き起こすアレルゲンと食品に含まれるタンパク質の構造が似ているため、花粉症やゴムアレルギーなどのある方の中に、野菜やフルーツなどを食べて、アレルギーが起こす方がいらっしゃいます。

 食後5~15分で発症し、重度のアレルギー反応(じんましん、吐き気、喘息など)をアナフィライキシーショックと言います。専門医とご相談ください。

-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想
-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
先フル
朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------


いいね!(13)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
糖尿病患者の推奨一日フルーツ摂取量
日本糖尿病学会は、フルーツはビタミン・ミネラル補給に大切な食品なので、糖尿病の方でも、毎日、80kcal程度のフルーツ摂取を勧めています。
ただし、いつ食べるかなどは、かかりつけの医師とご相談ください。


ちなみにイチゴだけだと1日250gが目安という意味です。複数種類の場合は、按分になります。

ただし、ドライフルーツや缶詰などの加工フルーツではなく、生フルーツです。ドライフルーツや缶詰フルーツは、食べすぎにはご注意ください。

●出典:
糖尿病食事療法のための食品交換表第7版/日本糖尿病学会

●参考:

-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想

-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
 ・先フル 
 ・朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------
いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
【国連・厚労省・農水省推奨】一日のフルーツ&野菜摂取量
 
●健常者
・生フルーツ&野菜(非デンプン系)を400g以上(国連WHO、国連FAO)
 ※ポイントは、国連は、生フルーツと野菜(非デンプン系)の区別をつけていないことです。
・野菜を350g以上(健康日本21:厚生労働省)
・フルーツを約200g(食事バランスガイド:厚生労働省、農林水産省)
・フルーツを200g以上(毎日くだもの200g運動:農林水産省推奨)

●下記の方は医師とご相談ください
①糖尿病の方
 生フルーツを毎日80kcal程度の摂取を推奨。
 ただし、いつどのように摂るかは医師と相談(日本糖尿病学会)
 ※80kcal=バナナ(中)なら1本、りんご(中)なら1/2個、みかん(M)なら2個、いちごなら1パック弱程度 
②降圧剤服用の方
 グレープフルーツ
  降圧剤(カルシウム拮抗薬系)の効果を高め過ぎてしまう恐れがあります。
③腎臓疾患の方
 高カリウム食品(野菜、フルーツ、海藻)
  腎臓疾患の方は、カリウム排出機能が衰え、高カリウム血症の恐れがあります。


●引用参考文献
・EGOからECOへ 2000日フルーツ物語(中野瑞樹著)


-----------
【中野瑞樹】からお知らせ
【中野瑞樹】へのお問合せ(講演やメディア依頼など)
【中野瑞樹】の講座ラインナップ 
【中野瑞樹】へのご意見やご感想

-----------
フルーツ体験談募集
医師も驚いた驚愕の骨密度
-----------
フルーツの誤解と真実
《中野瑞樹流》生フルーツの食べ方 三ヶ条 
 ・先フル 
 ・朝いち水フル
-----------
-----------
-----------
twitter
メルマガ(無料、不定期)
-----------
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)