安心・安全・信頼を探して

ES&MCSの過敏症患者のブログです。低周波音症候群にもなりました。


テーマ:
この動画もヒアリングできないし、私には無理かもと思っていたところ字幕付きを見つけましたヾ(@°▽°@)ノ 

この前にエルドリッチ­博士が、「無線電波(RF)はX線などと同じ意味での放射線ではありません。RFは細胞のDNAに変化を与えるほど強くないからです。」とか、言ってますが、RFでもDNA損傷が起こり、電離放射線だけでなく、非電離放射線もDNA損傷が起きるという研究結果で覆ってしまいましたね ( ´艸`)。

2009/10/04 takenori uedaさん アップロード。
携帯電話による脳腫瘍のリスクについて9月14日のアメリカ上院公聴会での証言です。

(以下、一部書き起こし)

デービス博士

ケータイ技術の潜在的な危険について、知る権利が侵害されています。

広島原爆では、1回の曝露で影響がわかるまで40年かかりました。

携帯電話は常に使っています。特に子どもは、これまで経験のないレベルでの曝露です。

1994年、ヘンリー・ライとシン両博士が、DNA損傷を調べる技術を発明し、

ラットの脳への高周波(無線電波)の照射で、DNAが傷つくことを発見しました

そのときの産業界の反応は、国立衛生研へ行って研究費を止めるよう働きかけるというものでした。

また、論文を受領したジャーナルへ行き、研究の発表を妨害し、

別の科学者を雇い、影響がないという研究結果を出させようとしました

複数の国と施設で実施された研究で、ケータイと同等レベルの電磁波で、
DNA損傷が起こることを確認しました。


電離放射線だけがDNAを傷つけるという主張を覆すものでした

アメリカが(EUに比べて)遅れていることは明白です。



セデスキー博士

2008年、インターフォンの研究の一環として、耳下腺種のリスクの疫学調査を発表しました。

比較的長期の使用者で、ケータイを使う側の脳腫瘍が増えることを示唆する結果でした。

ケータイを使っている側の腫瘍リスクが、10年以上の使用で増えることを示しています。

ガンの研究については、最低でも10年間の観察が必要です。

脳腫瘍の場合、30年から40年が必要です。

1945年に起きた広島・長崎の原爆の場合、脳腫瘍が初めて報告されたのが50年後の1994年です。

白血病は(5~10年後の)50年代、他のガンについては(15~20年後の)60年代に報告されました。

ケータイが広まり始めたのは90年代中頃からです。

ほとんどの研究は10年足らずのもので影響を観察するには不十分です。

現在40億人の人たちがケータイを使っており、子供たちも含まれます。

公衆衛生上の措置が必要です。特に子供たちに。




leszcynski(フィンランド放射線安全庁)

我々放射線安全庁はケータイについて2回の勧告を出しています。

最初の勧告は2004年で、ノルディック諸国(フィンランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、アイスランド)との共同勧告です。

2回目の勧告は2009年1月で、独自のもので子どものケータイ使用についてのものです。

子どもには特別な配慮が必要です。脳が発達中だからです。

また、子どもの脳は、大人よりもケータイの電磁波を吸収しやすいことがわかっています。

2回目の勧告では、科学的に不確実であっても予防的措置の必要性を指摘しています。

ケータイの電磁波に関して、相反する研究が混在しています。影響ありという研究と無しという研究の両方があるのです。

科学的不確実性がある現状では、「ケータイは安全」という発言は時期尚早です。

繰り返します、「ケータイの使用は安全だ」という主張は時期尚早です。

また、現在の安全基準は、科学的証拠に十分支えられたものではありません。
長期的影響や子どもへの影響について、ヒトでの研究が非常に少ないからです

科学的に不確実な状況では予防措置が必要で、さらなる研究が必要です。



*:..。o○☆゚・:,。*:..。被曝は放射能だけじゃないよ、電磁波被曝も健康への影響は同じ*○☆゚・:,。*:..。o○☆
(電磁波だろうとガンマ線だろうとなんだろうと、体は同じように反応しますーーバリー・トラウアー)

<電磁波スペクトラム> これらをひとまとめに電磁波という

↑  ・ガンマ線(μSv/hなど)セシウムなど。(発がん)

い  ・X線 レントゲン、CTスキャンなど。(発がん)

周  ・紫外線(発がん)

数  ・可視光線

   ・赤外線

低  ・高周波(RF)=電波( μW/cm²など) ワイヤレス通信機器 携帯電話基地局(発がん)

↓  ・超低周波(ELF)=電場(V/mなど)&磁場(ガウスなど) 電化製品 送電線(発がん)

<気をつけないといけない電磁波>
電 = 場(電化製品&送電線)対策:アース線を!
磁 = 場(電化製品&送電線)対策:離れる!
波 = 電(モバイル機器&基地局・電波塔)対策:有線接続に!


【電波病/電磁波過敏症の症状】(19世紀 ロシアの医師が用いた電波曝露による症状)
不眠症、頭痛、めまい、吐き気、記憶障害(物忘れ)、集中困難、イライラ、呼吸器疾患(気管支炎、副鼻腔炎、肺炎)、インフルエンザに似た症状、ぜんそく、疲労・けん怠感、脱力感、胸部の圧迫感や痛み、血圧の上昇、心拍の変化、目の奥の圧迫感、他の眼疾患、喉の腫れ、口や唇の乾き、脱水症、発汗、発熱、息切れ、筋肉のけいれん、震え、足や足の裏の痛み、精巣や骨盤の痛み、関節痛、移動する体中の痛み、鼻血、内出血、脱毛、消化器の異常、吹き出物や発疹、耳鳴り、嗅覚低下、歯の痛み(特に、金属の詰め物)

<電波の危険性が隠された秘密>
1976年、軍と(情報)産業を守るため、彼らの利益を保護するため、米国政府の通達で全てを秘密にしておくよう西側諸国は助言された。
そして、電波曝露による症状は、心因性の不安症状と言われ隠蔽されることとなった。

放射線の通例潜伏期間が15~20年、携帯電波は10年やそこらで発がん。幼少期から携帯電話使用の若者の脳腫瘍が5倍、放射線より電波の方が発がん性が強いとの指摘。——バイオイニシアティブ2012
http://blogs.shiminkagaku.org/shiminkagaku/2013/01/2012-2.html

ブタ電磁波の動画ブタ

イギリスなら誰でも知っている童謡の替え歌(電磁波編)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11471040317.html

Wi Fi、無線LAN副作用の危険性
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11587324400.html

ケータイの放射線が危険! ~モバイル機器の真実~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11566772721.html

学校の Wi-Fi は安全? ホント ウソ (電磁波の勉強に最適)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11501772853.html

家庭に潜む電磁波の危険性(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11416339247.html

フルシグナル(予告編)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11441870491.html

日本もスマートメーターに騙されるな!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51889036.html
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11593021779.html

NEWS 豪:スマートメーター反対運動 & 米:スマートメーターから発せられるマイクロ波 
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11595125184.html

スマートメーターで火災も
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11593842234.html

スマートメーターの電磁波測定とアルミホイルの遮断効果
http://www.youtube.com/watch?v=sl_BfCvP17g&feature=player_detailpage



<元英国軍マイクロ波研究員バリー・トラウアー氏のビデオ>

『元英諜報部員バリー・トラウアーさんの電磁波に関するお話』
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/01/blog-post_2931.html
『元英諜報部員バリー・トラウアーさんの電磁波に関するお話 続き』
http://bilininfojp.blogspot.jp/2013/01/blog-post_30.html

WiFi は子どもたちに危険(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11448947632.html

Wifiなど無線通信 電磁波 遺伝子変異 未来まで
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11464977438.html

元英諜報部員が語る電磁波兵器(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11448989633.html

マイクロ波の危険性 アンタッチャブルな御用学者達~電磁波兵器は実際に使用された~(字幕付)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11475137177.html

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11504030644.html


パンダ頭痛、吐き気、不眠症、めまいの方へパンダ

電波病の症状 (頭痛 吐き気 めまい)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11457864760.html

電磁波過敏症の主な症状 ~うつ病の症状と酷似~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11370112464.html

電磁波過敏症にお勧めのサプリメント by シナトラ博士
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11481853777.html

向精神薬を飲んでいる方へ
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11495650955.html

携帯電話が子供の自閉症と脳腫瘍の原因に
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11558124155.html

動き出した欧州 電磁波被曝から子どもや若者を守れ!
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11392396647.html

欧州評議会議員会議 電磁波被曝を減らすよう加盟47か国に勧告(原文訳)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11391152090.html

バイオイニシアティブ2012 電波強度と健康リスク(早見表)
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11538505125.html

見てみよう ~自分の携帯電話やスマホ、タブレットのSAR値と健康リスク~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11556594227.html

コードレス電話・無線LAN・ブルートゥース・ベビーモニターの距離と電波強度データ&健康リスク。
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11516774935.html

【必見】パソコンの電磁波対策 ~便利の言葉に騙されず、安全に使おう~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11552775781.html

電磁波測定器 特集 ~自分の家の電磁波を測ろう~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11580561034.html


クローバー太陽光発電の注意クローバー

太陽光パネルの猛毒~原発より危険!?
http://blogs.yahoo.co.jp/ryo_smileforme/13409232.html#13409232

自然エネルギーに希望を感じている人たちに一度は聞いてほしい ~つくられた自然エネルギービジネス~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11591216252.html

太陽光発電パワーコンディショナーの電磁波の危険性 ~電波も飛ばしてる~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11549077583.html

エコキュート、設置する前に考えて ~節電エコにならないエコキュート、低周波音で健康被害~
http://ameblo.jp/for-women-safe/entry-11546900682.html

「建築ジャーナル」の特集が抜刷りに! ~電磁波・低周波・放射能対策できてますか?~
http://www.kj-web.or.jp/denjiha/

地球環境と大気汚染を考える全国市民会議
「オール電化は環境にいいの?」~オール電化は原子力発電と結びついて普及してきました~
http://www.bnet.jp/casa/all-denka/all_denka.pdf


最後まで読んでくださって、ありがとう。黄色い花


携帯電話亡国論 〔携帯電話基地局の電磁波「健康」汚染〕/藤原書店

¥2,100
Amazon.co.jp

隠された携帯基地局公害/緑風出版

¥2,310
Amazon.co.jp

あぶない!あなたのそばの携帯基地局/花伝社

¥1,575
Amazon.co.jp

携帯電話でガンになる!?/緑風出版

¥2,100
Amazon.co.jp
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。