アボカドの成分が白血病の原因である
「がん幹細胞」だけを攻撃することが判明!




小保方さん! 
貴女は、どれほど危険な情況に置かれているか、
ご存知ないのですか!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12146512753.html

上の記事  は、今回の記事の続編です。







2015年6月26日

「森のバター」どころじゃない!
アボカドから白血病の新薬が誕生か

http://nge.jp/2015/06/26/post-107894

身近な食べ物から驚くべき治療法が発見された。
アボカドに含まれる脂質が、白血病の原因と考えられている
「がん幹細胞」だけを攻撃することがわかった。
平均余命をのばし、生活の質を向上させる可能性があるとして、
臨床試験が始まっている。

このほど発表された新たな研究では、アボカドに含まれている成分に
驚くべき効果があることが発表され、注目を集めている。
カナダ・ウォータールー大学のPaul Spagnuolo教授によると、
アボカドの脂質が急性骨髄性白血病の発症・再発の原因とされる
『がん幹細胞』と戦うことが分かったという。

・白血病の原因と考えられる『がん幹細胞』だけを攻撃

治療が難しく、65歳以上の高齢の患者さんにとって高い確率で
致命的な病気となってしまう急性骨髄性白血病。
Spagnuolo氏によると、がん幹細胞はこの病気を進行させ、
多くの人が白血病を再発する原因だという。
抗がん剤の治療の効果があっても、この幹細胞が残っていると
再びがん細胞をつくり出してしまうというわけだ。

がん幹細胞をターゲットにした薬は、現在までにほとんど見つかって
おらず、治療法の開発やメカニズムの研究が世界中で進められている。
研究チームは、アボカドから得た新薬が分子レベルでどのように働くか
を測定するために数多くのラウンドにわたるテストを実施。
すると、がん幹細胞を選択的に目標にし、正常な細胞には害を
なさないことを確認したということだ。

・すでに臨床試験がスタート

今回の研究は、がんなど腫瘍に関する医学専門誌
『Cancer Research』誌に掲載。
あわせて、再生医療の商業化を促進、援助する組織
Centre for Commercialization of Regenerative Medicine
(CCRM)とのパートナーシップの下、“avocatin B”と名付けられた
化合物の特許が出願されている。

Spagnuolo教授はすでに臨床試験の“phase I”、すなわち健康な
ボランティアに対する投与量決定試験を開始。
治療現場での使用する承認を得るにはまだ時間がかかるようだが、
薬を待ちわびている患者さんに届けるための最初のステップは
踏みだされているのだ。

<引用ここまで>
-----------------------------------------------


がん幹細胞の説明

メルマガ第1号追加補足
~【真菌(ガン)の天敵とは!?】


より、一部を引用します。


慢性炎症の発癌のメカニズム(専門家向き)

Science(2004;306:1568-1571)に慢性炎症による発癌について
画期的な研究が報告されました。
マウスにピロリ菌を感染させて人工的に慢性胃炎、胃癌を造る事ができます。
この発癌モデルで、胃癌は胃の粘膜細胞から発生するのではなくて、
骨髄細胞(胃粘膜の損傷を修復するために動因された幹細胞)から発生
することがわかりました。
人間の胃癌でも同じメカニズムがあるのかはこれからの問題ですが、
この研究と臨床知見を組み合わせると次のような仮説ができます。

「ピロリにより胃に傷ができる。傷がひどいと修復するために
「幹細胞の動因」が起こる。
ピロリ菌を取り除いても胃に動員された幹細胞は、やがて胃癌のもとになる。
癌を予防するなら「幹細胞の動因」の前に除菌をしなければならない。」

---------------------------------------------


もみじ
分かりやすく説明します。

真菌(カビ)やピロリ菌がガンと大いに関係している
ことだけは確かなようです。
これ等の菌が排泄する糞のようなものに
毒性があると考えられます。

真菌のアスペルギルスは、アフラトキシンB1という
天然物でもっとも強力な発ガン物質だそうです。
少量を長期間摂取した場合の慢性毒性としては、
原発性肝癌の可能性が高くなります。

こういった毒性物質が、細胞を傷つける訳ですが、
この傷を修復するために「幹細胞の動因」が起こると・・・。
にも関わらず、皮肉にも、その幹細胞そのものがガン細胞を作り続ける。

恐らく、毒性物質によってガン化してしまった細胞をコピーし、
ガンのコピー細胞を作り続けているとしか考えられません。


そうなりますと、人に備わっている免疫機能を司る兵隊や司令塔も
悪玉として識別するのが大変困難であることを意味します。

それに加え、大きく腫瘍化してしまってからでは、
真菌(カビ)やピロリ菌を除去しても効果は薄いと書いてあります。
自動的に幹細胞がガン細胞を作り続けることになるからです。
但し、こういった菌類を除去出来れば、それ以上のガンの拡大を
抑制、或いは、防げるとも考えられます。

<引用ここまで>
-----------------------------------------------


管理人

胃がんの場合の原理は、およそ理解出来ました。
問題は、白血病の場合です。

急性骨髄性白血病と云いますが・・・
これは、血液が骨髄で造られているという説を元にして
名付けられたものと考えられます。

しかし、当ブログでは、血液は腸管で作られる腸管造血説が
正しいと認識しています。
そうしますと、リーキーガット症候群と大いに関係が
深いことになります。


メルマガ第6号
『白血病について』~生還の為に知っておくべきこと!


~より一部引用します。

リーキーガット症候群とは?

小腸(Gut)の粘膜に穴が空き、
異物(菌・ウィルス・たんぱく質)が
血液中にあふれ出る(リークする)こと
が意味です。

日本語では、腸管壁浸漏症候群と言います。



リーキーガットを引き起こす原因

小腸の絨毛を損傷させる大きな原因としては、

× 放射能やカビ菌(カンジダなど)

× 解熱剤や抗がん剤、抗生物質

× アルコール⇒特にアセドアルデヒドがリーキーガットを引き起こし
やすくさせますから、アセドアルデヒドを分解しにくい体質の人。


-引用終わり-


皆さん、如何でしょう。
Science の論文ともピタリと符号します。

小腸の損傷を修復する為に、「幹細胞の動因」が起こると。
しかし、その動因元は、血液を造る小腸そのものという事になります。

小腸を損傷させているものは・・・
放射能やカビ菌、解熱剤や抗がん剤、抗生物質、
そして、アルコールや農薬、毒性食品添加物、大気汚染と続きます。

そして更に、穴の空いた小腸から、大量のガン化した幹細胞が、
血管を通して血液中に流れ込むことになる。

これを急性骨髄性白血病と云っているのではないでしょうか!?

このメカニズムを真に理解しないと、とてもではないですが、
急性骨髄性白血病を治せるものではありません。

一応、これで全て説明がついてしまうので恐ろしい。

つまり、原因となっている腸内環境を良くすることが、
最重要になって来ることになりませんか?
長引く便秘や宿便は、最悪であることが分かって来ます。
腸内環境が、どんどん悪くなる一方ですから。

最後に、リーキーガット症候群を防ぎ、腸内環境を良くする
食品を紹介しておきます。


〇 オメガ3系の油⇒亜麻仁油

〇 乳酸菌などの腸内善玉菌が増える発酵食品


〇 安全な断食と小食の奨め

◎ 秘密~ブログではとても書けません。



放射能とカビ菌は、大の仲良しです。
明らかにリンクしています。
これらが、腸内で悪さをしている可能性が非常に高いです。

放射能によって被爆すると、ガンや白血病が多発するのは、
今や、世界の常識になっています。

こういったものは、リーキーガット症候群を引き起こすだけではなく、
肝心要の免疫力さえも著しく低下させます。

被爆対策をもう一度見直さないと、大変な事になります。

小保方さんのスタップ細胞が潰された最大の理由は、
細胞の初期化に成功したからでしょう。
パソコンがウィルスに感染してやられてしまうと
初期化して元に戻すディスクで元通りに出来ます。
つまり、ガン化した細胞を初期化出来るという事は、
元の細胞に戻せるという事を意味しています。

これでは、世界で何百兆円以上ともいわれている
ガン利権ビジネスの闇権力から潰されますわね。
命が助かっただけでもラッキ-だったと云ってもいいでしょう。

小保方さんは、その本質的核心部分にまでは気づいていなかった。
多分ですが・・・
だから、命を落さずに済んだのだろうと私は思います。

これ以上の事は、もうブログでは書けません。
メルマガで詳細を皆さんにお伝えするかもしれませんが、
本当に危険な情報ですから・・・
お互いに、命は大切にしなければいけませんね。



関連記事

人口削減委員会に潰されたSTAP細胞とは!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12130348036.html




【光軍の戦士メールマガジン】  
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


お知らせ

ここ数日のうちに、★メルマガ38号を配信します。


最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!









AD
私の記事をパクリだと、
執拗に非難・中傷している人がいます。









癌と診断されたら・・・
やることは決まっている!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12256005474.html


以上の私の記事をパクリだと称する人物が現れました。

以下が、そのコメントですが、少し前から執拗に文句を言ってきています。


山本氏のパクリじゃないですか?
ご本人に断りいれるか、謝るか、削除しないなら、アメブロに通報します。



山本  2017-03-18



私の返信

>山本さん

今回の私の記事は、ここ数年内のブログ記事、
そして、1年と5ヶ月に及ぶメルマガ記事がソ―スとなっています。
多くの読者の皆さんは、その事をよく承知しています。
だから、多くの人の支持と共感を集めているのだと思います。

以上のものを簡潔にまとめたものが今回の記事です。
それをあなたはパクリだとおっしゃる。
本当に驚きです。
先ず、あなたのサイトと身分をはっきりさせなさい。
抗議する以上、非リンクで来るのは非常識で卑怯極まりない。
そして、山本氏とやらの記事URLを明示しなさい。
私は、山本某なる人物もサイトもまるで知らない。

言っておきますが、記事公開日なんて、簡単に書き換えられます。
しかも、たった5秒で。
1週間前にも、1年前にも、3年前にも直ぐに出来てしまう。

まして、言うに事欠いて・・・
アメブロに通報します。・・とは、言語道断。
言われ無き脅迫と名誉毀損に当たります。
知っている弁護士に相談して、訴えることも考えています。

工作員とも思えるような言動は許しがたい。
本当に怒っています。
先ず、あなたの身分を明らかにしなさい。
私は、逃げも隠れもしない。
裁判の結果は、即、もう分かりきっている。


『光軍の戦士たち』  2017-03-19


<引用終わり>



管理人

多くの皆さんが既にご存知のように、私のブログ記事は、
無断転載自由にしてあります。
何故なら、真実や良いことはより多くの人に知って欲しいからです。

という信念から、著作権を前面にたてて転載拒否をする人は
あまり信用していません。
何の為に記事にしているのかといった精神性が疑われます。

また、パクリだろうと執拗に非難・中傷する人も同様に信用しません。
そんな小さな了見で記事にしているのかと疑われても仕方ないと思います。



執拗に非難・中傷して来ている人のサイトが判明しました。


山本 学司

3月17日 8:37 ·
..

ウケる!パクられてる(≧∇≦)

まぁイイけど。そこそこ良くまとまってるし、
本当のことが広がれば良いと思ってるから。

探したらパクリブログがいっぱいあったわ(;^ω^)
丁寧に出典を載せてくれてるところもあるけど。

しかし全文載せてくた方が良いのだけどな(^^;

「癌と診断されたらやることは決まっている。」
https://www.facebook.com/satoshi.yamamoto.399488/posts/863939673680381:0



管理人

以上の山本氏の記事は、見覚えがあります。
元サイトのは、もっと詳しく書かれています。
しかし、パクリだと言っているご本人の記事に引用元がリンクされていません。

そして、パクったと称される山本氏の元記事を見てみました。
実に簡単な簡素な記事です。
こんな簡素な記事をパクるほど、私は愚かではありません。
そもそも・・・
私の記事と一緒にされること自体、非常にガッカリさせられます。
涙が出て来ます。


そこで、山本氏のサイトにコメントしました。
https://www.facebook.com/satoshi.yamamoto.399488


パクリと言われた本人です。
私が他のサイトから引用したのは以下のものだけ。

“断食、減糖~断糖(食物繊維以外)”
“排毒”
“血液のアルカリ化”
“体液の酸化還元電位の低電位化(マイナス)”
“腸内細菌叢の活性化”
“ミトコンドリアの活性化”

どこにでもあるありふれた提言ばかりで
一々、書き直すのも面倒だから貼り付けただけ。
本当にこれのみです。
この当たり前の事がパクリだとおっしゃるのなら、
ほとんどのものがパクリになるでしょう。
あなたのもそうですよ。


それじゃ~、これはどうです?

私の提言には、それぞれに深い意味があります。
全てを記すにはあまりにも膨大になるので1点だけ書きます。

私の記事から引用します。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12256005474.html

②寝る前に、『枇杷の種の粉末』 をお湯に溶かして飲む。
ガンにはものすごくいいようです。


●あなたのパクリだとする証拠を是非、見せて欲しい。


もみじ
記事の提言の引用元は、以下のものです。

★メルマガ第32号 (2017年1月22日)
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』
http://ameblo.jp/64152966/entry-11271051810.html

以上のように、一つ一つのものに深い意味があってのもの。
提言には、それぞれに、私のブログ記事やメルマガ記事が元になっています。
それを一つひとつ書けば、膨大な資料になります。
それを省略して、まとめあげたのが私の記事です。

それに、あまり適当なことを言わないほうがいいです。
例えば、あなたが書いた以下のもの。
半分は本当だが、そんな簡単な話じゃない。

引用

癌細胞がやっていることを意識的に手伝うこと
癌細胞もやることがなくなれば役目を終え自然に正常細胞化してゆく。


私の意見

自然に正常細胞化などしてはいかない。
だから、私のメルマガの存在意義があるのです。


★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】
http://ameblo.jp/64152966/entry-11713759708.html

これだけをやったらいいという訳では無いという事です。
総合的な知識が求められていると思います。
でなければ、現代の汚染社会の中では生きていけない。

今回、言いたいことの100に一つだけを記したに過ぎません。
はっきりいうと、あなたの話も全てパクリです。
しかし、私は数日かけて検証している。
その違いだけです。


<引用終わり>
------------------------------


追記

癌細胞がやっていることを意識的に手伝ってはいけません。
★メルマガ第35号をみれば、それが理解出来ると思います。

きちっとした検証もせずに、
元サイトの受け売りだけをしているから、
こんな間違った提言をしてしまうのです。


メルマガ読者の皆様、今回は本当に申し訳ありません。
止むを得ない事情により、
メルマガ記事の一部を公開するはめになってしまいました。
深くお詫び申し上げます。

そういえば、知り合いの読者の女性の方からも
★メルマガ第35号の内容を裏付けるコメントが寄せられました。
リンクして公開されているので差し支えないと思います。


【放射能警報】
東海地方が3月7日より、
トリチウム汚染地域になります!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12253198503.html

以下

19

実はずっと以前から?

この核融合施設のすぐ隣は多治見市ですが、原発由来の多発性癌で2012年、
享年55歳で亡くなった旦那さんはの実家があったところです。
もともと、この施設から漏れ出る核物質に、ある程度身体が汚染されていたことが
福島原発事故の汚染から深刻な癌になったのかもしれません。
家では水道水は絶対に使わなかったし、当時はエアコンもかけていませんでした。

特にレントゲンをみたら、肺から腸から臓器という臓器が
白い無数の点々に埋め尽くされていたのが印象的でした。
あの細かい点々はカビだったかもしれません。
放射能由来だと放射性物質を好むカビの体内大量発生がありますので。

sincere☆love

2017-03-10 01:39:26







お知らせ

ここ数日のうちに、★メルマガ38号を配信します。


最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!














AD
CT検査1回の被爆量、
なんと100mSvだった
~ある放射線技師が見た実話!







放射線技師が見た実話
http://maron49.com/444

<一部のみ引用>

いや全くもって医学部の教育は洗脳です。 

僕は医学部保健学科放射線専攻でしたが、
そこではなんと医療被曝は被曝にならないと教え込まれるのです。

実際働いてみてCTなどの被曝量の多さに愕然としました。

日本放射線医学研究所によると震災前までは累積100mSv以下の被ばく線量は
問題なしということですが、震災後に何の予告もなしにひっそりと累積100mSvを
超えるとがんなどのリスクが上がることが解っていると書き換えられています。

すなわち震災によって国民が被曝について関心を持ち出したことで
ウソは通用しないと捕らえたのでしょう。

放射線技師として恥ずかしながら僕はCTの被曝量についてはそれほど関心が
なかったのですが、あるときを境に驚愕の事実が判明しました。

日本製のCTから外国製のCTに入れ替えた時に、外国って厳しいんですよ、
被曝量の目安が表示されるのです、いわゆるdose rate、だいたいの被曝量です。

それを見たときに愕然としました、
僕はこんなにたくさん患者に被曝させていたのかと。

造影CTなんかはもちろん部位や、施設によって大きく異なりますが
場合によっては検査1回で100mSv近くなります。

たった1回の検査で累積被曝限度近いのです。

もちろん低被曝CTにこだわる施設もあります。

それでもCTの被曝量はハンパないのです。

ただあくまでも低被曝線量として扱われますので放射線障害としては
閾値のないものだという認識でしたが、震災後にははっきりと
100mSvが閾値となりました。

一般的にCT被曝量の目安を示す場合、なぜ胸部CTなのかご存知ですか?

被曝量が比較的少ないからです。

放医研などが示す被曝早見表などでは必ず胸部CTの場合です。

肺の中身はほとんど空気ですからX線量はそれほど必要とはしません。

そしてCTは高性能化が進み(いわゆるマルチスライス、この説明はあまりにも
長くなるので、というか専門の私にもうまく説明するのは難しい)
簡単にいうと昔はCTでも撮像範囲が限られていましたが、
現在のCTは一気に広い範囲を観察できるので、検査範囲が増えた、
すなわちCTの発達によって被曝量が大幅に増えています。

そして撮像スピードが早くなりとにかく検査数をこなせます、検査数が増えました。

さらに造影剤使用の場合、繰り返し何回も撮像できるので診断能が増しますので、
トータルの被曝量は大幅に増えています。

そして一番の問題は多くの医者、専門の放射線技師すらが被曝について
なんの知識も関心もないことです。

CTはもちろん昔からですが、レントゲン写真、X線透視などのアナログ機器は
デジタル化に移行しました。

デジタル写真には最適露光量というものがありません、
とにかくシグナルを増やせばいい情報が得られるという考えですので、
あらゆるX線(放射線)機器で被曝が増えているのが現実です。

国外からは何度も警告論文が発表されていますが日本医療はシカトしています。

さらに被曝が多いのは心臓カテーテル検査です。

もうとんでもありません。

なぜ日本人が極端にがん患者が多いのかこれがもうひとつの理由です。





マロン
差し支えなければ教えていただきたいのですが、
貴殿が放射線技師を辞められた理由はどういったことだったのでしょうか?
答えられる範囲で結構ですのでよろしくお願いします。


チキンガイ
辞めた理由ですか・・・もう何から述べたらいいものか、
余りにも多すぎてキリがないくらいです。
とにかく無駄が多すぎるのです。
患者にとって利益がないどころか有害な検査ですね。
それぞれの患者に必要なことをするのではなく、
保険適用できるものはすべてやるという考えです。

すなわち患者の利益を求めてません、病院の利益だけ追求しています。
しかしこれには理由があります。
厚生労働省がますます診療報酬点数を下げてくるので、
病院側としても患者を増やすしかありません。
いわゆる薄利多売です。

とにかく患者を増やし、検査、薬、手術など保険適用できるものを
増やすしかありません。
特に民間病院は生き残りに必死です。
悪循環なのです。

健康保険料が跳ね上がる→患者はつまらないことでも病院に来る
→無駄な検査→無駄な薬、手術→医療費高騰→診療報酬点数低下
→さらに患者を増やす→ますます保険料高くなる の無限ループです。

結果的に国民も病院も苦しむことになります。
日本医療とは国民を苦しめるものだと気づきました。
実は医療従事者は皆気づいているのです。
しかし多くの医療従事者は始めは人の役に立ちたいという強い思いを持ち
大学や専門学校を出て働きます。
彼らを決して頭から非難しようとは思いません。
自分の生活や家族が大事なのは当然ですから。
ですからとにかく国民ひとりひとりに早く気づいてほしいですね。


<引用終わり>


問い

CTやMRIは検査回数に制限が ありますか?

回答

病院で受ける放射線の検査は「医療被ばく」になりますので、
回数の制限はもちろん、被ばく線量の制限もありません。
医者が必要と考えれば何回でもできます。

被ばくするという不利益よりも、被ばくしたことによって診断ができるという
利益が上回るのであれば被ばくしてでも検査した方がいいという考えです。










11回目のCTスキャンを受けてよいでしょうか?
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/5220436.html

大動脈乖離(かいり)のためCTスキャンを3ヶ月の間に約10回受けてしまいました。
人工動脈の交換手術を受け今のところ異常はありません。
放射線の病の症状もないようです。
が退院後半年たった来月にはさらにCTを1回予定しています。
受けてよいものでしょうか。
大病ですから止むをえないのでしょうが出来たらCTスキャンは避けたいのです。
せめて1年後以降に延期を希望致したいのです。


<引用終わり>
-------------------------------------------



管理人

原発作業員の年間累積被曝量限度は、100mSvです。
これを越えると、もう原発では作業出来なくなります。
これが病院になると、10倍の1000mSvでもOKなんですか?

大変な驚きです。
しかも、制限が無いときている。
例え、2000mSvでも誰も文句が言えないってことですね。

これって、犯罪なんじゃないですか?
多くの人は、福島原発由来の被曝で騒いでいますが、
最大の被曝源は、身近にある病院じゃないですか!!

1000mSvも2000mSvも被曝すれば、そりゃ、病気にならないほうがおかしい。
ガン、白血病、リウマチにだってなるでしょうよ。
それに加え、強力な発ガン性物質である抗がん剤の投与です。
毒物であるだけではなく、身体中をムチャクチャに酸化させます。

これで、治りますってか?


驚くのはまだ早い。

ウィキぺディア~出典より

治療目的で意図的にヨウ素131を投与する際には、数億~数十億ベクレルを投与する。
これによって甲状腺に照射される放射線量は
数十シーベルト◎(ミリもマイクロもつかないことに留意)にもなる。


一体この国の医療は、どこまで狂っているんだろう。
この数十シーベルトの放射線量だけで、いずれ、
他の病気やガンになることは、まず間違いない。

この国は・・狂っている!



『すげぇ〜な。
がん検診で必須のPET/CT検査は、一回だけで26mSvも被爆するのか!?』

http://ameblo.jp/64152966/entry-12142187777.html


あの~ ・・・
私、PET/CT検査で、累積被爆量⇒1000mSvなんですけど、
どこに分類されるのでしょうか!?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!













AD

~希望の春にする為に~

テーマ:
~希望の春にする為に~








希望の春の訪れを感じさせられるような季節になりました。
希望・・・とてもいい響きの言葉です。

ガン・白血病やリウマチなどの難病に苦しんでおられる皆さんに取りましても、
大変大きな意味をもつ春だと思います。
体温の低下というものは、万病の元だからです。
ガンがもっとも活動するのは、体温が35度前後だと云われています。

ですから、人の体温はものすごく大きな意味を持ちます。
春の気温上昇は、人の体温上昇にも寄与します。
つまり、免疫力アップに深く関わっていることになります。
季節さえも味方につける、利用するくらいの気持ちが欲しいものです。


逆の意味では、「湯冷め」という言葉があります。
お風呂に入り、一度体温が上がったあとに、それをあまり冷やすことを
先人の人は、「湯冷め」すると身体に良くないと教えてくれました。

これの何が良くないかというと・・・
身体の中に、体温が低下していく流れを作ってしまうからです。
これの意味するところは、免疫力低下の流れを作ってしまうことなんだと、
最近になって理解出来るようになりました。

ただ単に、身体が冷える・・温まるといった単純な話ではありません。
身体が湯冷めして、クシャミをするというのは、
身体がその注意信号=シグナルを発していると考えられます。
風邪をひくとかひかないとかの単純な話ではないと思う訳です。

★身体が低体温化の方向に流れて行く。

★身体と血液のペーハーが酸化の方向に進む。

★身体から、少しづつ、或いは、一挙に電子(-)が奪われていく。


以上の3点が進行すると、ガン・白血病や難病になります。
逆にいえば、患者になった人は、この逆のことをすれば良いという結論になります。


そして、同じくらい重要なのが精神の問題です。

★ガン患者になったら孤立化する~孤独になる。

★悪い方向に思い込むことが、一番免疫力を下げる原因となる。
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2016/12/3401.html


以上の2点は、完全にリンクしています。
そして、皆さんが考えている以上に極めて重要なポイントです。
もし、家族からガン患者が出たら、この2点を是非、知っておいて下さい。
家族が支えにならなければ、決して良い方向にはいかないと思います。
精神的支えは、多ければ多いほどいいです。


増田有華(AKB48):全身にできた癌が消えた! 
http://ameblo.jp/64152966/entry-11200922144.html

アンビリーバボー 増田有華(AKB48) 幸せホルモンが生む奇跡
http://www.youtube.com/watch?v=muWYUuiFlwQ&feature=player_embedded
削除されてます。 ↑

いま、増田有華(AKB48)の人気がグングンと上昇中している。
人気の秘密は、彼女のAKB48ナンバー1という歌唱力。
たしかに彼女の歌は、聴かせる!

そんな増田有華だが、じつは2歳の頃、彼女は死の淵にいた。
すい臓、ひ臓、肝臓など身体の14ヶ所に腫瘍ができていたのだ。
そのうえ、先天性の免疫不全症。
これでは癌も腫瘍も良くなるはずがない。
良くなるどころか、早期に死亡する可能性は100%に近かった。

ところがである。
ある「療法」が絶大な効能を発揮し、な、なんと、全ての腫瘍が消えた!
というのだ。
「療法」を簡単に説明すると、こういうことだ。
ご両親と一緒に有華ちゃんは歌を歌いつづけ楽しい毎日をすごした…。
じつに、これだけなのだ。

詳しくは上の動画を見てほしい。絶対に見てほしい。
上の動画には、奇跡が何故おきたのか?
このことが克明に説明されている。
そのほか…、
脳幹で分泌されるドーパミンが、NK細胞(癌細胞を攻撃し破壊する)
を激増させる機序(仕組み)も丁寧に説明されている。

また…、
オキシトシン(幸せホルモン)で免疫機能が向上し、
治るはずのない病気がなおることも説明されている。

さらに…、
人間は人とつながることで幸せになり、オキシトシンが増加する!
という説明もじっくりと聞いて欲しい。

とにかく…、
上の動画は、放射能時代を生き抜くための勇気と知恵を与えてくれる。


<引用終わり>
----------------------------------



今日のテーマは・・希望です。

春は、希望が湧いて来る季節です。
ガン患者や家族の皆さんも、またそうでない他の皆さんも・・・
その希望と共に、自らも希望が芽生えて来るような生き方をしてみませんか。

家族や友人との絆を大切にして下さい。
きっと、そこからほのかな希望も生まれて来るはずです。
孤独からは、なかなか希望は育ちにくいものです。




ゲーテの言葉~より

財を失うことは小さく失うことである。

名誉を失うことは大きく失うことである。

勇気を失うことはすべてを失うことである。








最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!




KATICA ILLÉNYI - Once Upon a Time in the West - Theremin










籠池理事長の代わりに菅野完が会見
~マスコミが中継を打ち切った
爆弾発言の中身!






https://twitter.com/info_9/status/841935879107149824

籠池さんが全て話したら内閣が2つ吹き飛ぶそうです。

菅野完氏
『もし、籠池さんが知ってる事を全部話せば、内閣が2つぐらい吹っ飛ぶ。
安倍晋三なんてどうでもいいという事になる』という所で、
ミヤネ屋の中継は強制終了した。

#ミヤネ屋 #森友学園 #菅野完 #麻生太郎






https://twitter.com/info_9/status/841894575010635777

ミヤネ屋が菅野完氏を生放送で
『森友学園の発端を作ったのはこの男-迫田英典』と書かれた紙が写し出される。

菅野完氏『悪いのは当時の理財局長だった迫田と八尾の大マンションに住む松井知事』
など次々と暴露。CMに入るも時すでに遅し。

#森友学園 #迫田英典






https://twitter.com/info_9/status/841932240070316032

菅野完氏『国会に証人喚問するのであれば、籠池理事長じゃありません。
迫田英典元理財局長であり、松井一郎知事であり、私学課・吉本馨課長ですよ』

#森友学園 #松井一郎 #迫田英典 #松井一郎






https://twitter.com/info_9/status/842054377401544704

籠池氏の代理人・菅野氏
『佐川理財局長から電話があって、10日間でいいから身を隠してくれと言われた』
→ 籠池氏は2月後半にアパホテルで10日間を過ごす。

#佐川理財局長 #アパホテル #森友学園






https://twitter.com/info_9/status/842010419409571840

安倍内閣 完全終了のお知らせ。現役閣僚に金銭の授受

『菅野氏によると、籠池理事長は、小学校の建設をめぐって、金銭の授受を含む、
ある国会議員とのやりとりについて、明かす用意があるとの態度』

「籠池氏が閣僚との金銭授受明かす用意」






もみじ
2017.03.15.
籠池の代わりに菅野完が会見、マスコミが中継を打ち切った爆弾発言の中身!
財務省の工作、稲田の父親、在特会…

http://lite-ra.com/2017/03/post-2995.html

<全文転載>

またも森友学園に関して、爆弾発言が飛び出した。
本日、日本外国特派員協会による記者会見をキャンセルした籠池泰典理事長だった
が、著述家である菅野完氏に会うために上京。自宅の前に詰めかけた報道陣に対し、
本日14時半すぎ、菅野氏が理事長に代わって会見のキャンセル理由などを語ったが、
そのなかには疑惑の鍵を握る重大な内容が含まれていた。

まず、菅野氏は「理事長は僕にだけ話したいと言っている」とし、
籠池理事長の記者会見キャンセルの理由を
「僕の口からは言えないが、いろんな事情がある。ご想像の事情もある」
「会見は延期ではなく中止というふうに考えたほうがいい」と発言、
籠池理事長の会見出席に何らかの圧力がかかっていることを示唆した。

さらに、菅野氏は

「(籠池理事長から記者の質問に答えるための)交換条件をいただいている」として、
封筒から紙を取り出した。
その紙にプリントされていたのは、なんと、国税局長官であり、
国有地が払い下げられた当時の理財局長だった迫田英典氏の顔写真だった。

「この人、当時の理財局長やった迫田さん。いま、(東京都内の)番町の官舎に
住んでいらっしゃるんですけれども、この人の単独インタビューとってきた
メディアがいたら話ししたると言っています」

「(迫田前理財局長は)国会の招致にも応じていないですよね。
理事長は私人ですが、この人は公人です」

迫田前理財局長は国有地を管轄する部門の“最高責任者”だったわけだが、
氏をめぐっては、森友学園側が近畿財務局で統括管理官と大阪航空局調査係とで
話し合いを行った前日である9月3日に安倍首相と面談。
森友学園と国が交渉を行っていた翌日には安倍首相自身が来阪し、テレビ出演を行い、
さらには翌5日に昭恵夫人が塚本幼稚園で講演し、名誉校長に就くことが決定する
という“あまりに奇妙な流れ”がある。

しかも、理財局長に就任した2015年7月以降、
迫田氏は安倍首相と半年のあいだに5回も面談。
主計局長や主税局長と違い、傍流の理財局長がこんなに頻繁に
総理と会うというのは異例のことだ。


しかも、昨日、塚本幼稚園で行われた修了式において籠池理事長は
「疑惑が浮上してから、財務省に言われて身を隠していた」と発言していたが、
その指示をしていたのが、現在の理財局長である佐川宣寿氏だったというのだ。
菅野氏はこう述べている。

「理事長および理事長夫人は、顧問弁護士から、
財務局の佐川理財局長から電話があって、『10日間でいいから身を隠してくれ』
と言われた、と言っていました」

佐川理財局長が自ら籠池理事長の顧問弁護士に電話をし、身を隠せと指示をした──。
これが事実ならば、財務省が国有地売買の不正を認識しており、
それを語らせないために籠池理事長をメディアの前に立たせないように
手を回したということだろう。
そして、菅野氏も指摘したように、それは「迫田氏を守るため」だ。

だが、ここで菅野氏はもう1枚紙をめくり、
今度はあの男の顔写真が入った印刷物をカメラに向けた。
松井一郎・大阪府知事の顔だ。

「いま大阪府が必死になって、この人を守ろうとしている」

菅野氏はそう話すと、自分を取り囲む大勢のマスコミに向かって、このように迫った。

「この人は八尾のとある大規模マンションに住んではるんですけど、みなさん、
この人(迫田氏の写真を取り出す)の官舎の前と、この人(松井府知事)の
八尾の家の前に、これくらいのカメラ構えました?」

「同業者としてのみなさんへのお願いです。この人たちこそが悪い奴なんです」

「冷静になって考えてみてください。
理事長は国有地の売買にどう関与しようと決済印を押せないんです。
理事長は私学審議会の審査内容にどう介入しようが最後の認可の判子は押せないんです。
認可の判子を押すように催促できるのは松井知事であるし、国有地の売買の最終決済を
おろすのは近畿財務局の局長と本店の財務省の理財局の局長です。

であれば、判断の責任を問われるべきは、私人である籠池さんではなくて
公人である理財局長と知事ではないですか? 
マイクを向け、カメラを向けるべきは、政治家と役人ではないですか?」

「なぜ家に行かないんですか? なんで僕の家の前に来てるのに、
(迫田国税局長や松井府知事に対してしては)なぜ記者会見の場以外に
(迫田国税局長や松井府知事の)家に行かないんですか?」

籠池理事長を追及する声は高まり報道も過熱しているが、
一方、公人にして問題の責任者である迫田理財局長や松井府知事への追及は、
きちんとできているのか。
本サイトも本日配信の記事において松井府知事と橋下徹への追及が甘いと言及したが、
菅野氏の指摘はもっともな話だろう。



しかし、やはり批判を受けたメディアのほうは、今回もヘタレっぷりを自ら露呈した。

昼のワイドショーはこの菅野氏への囲み取材の模様を各社が伝えたが、
生中継を行うとしてスタンバイしていた『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)は
籠池理事長ではなく菅野氏のみが出てきたために生中継を中止。

『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ)は生中継を行ったが、
松井府知事の写真が飛び出すと、松井と仲良しの宮根誠司はワイプで露骨に苦笑いを
浮かべ、挙げ句、菅野氏が「おそらく籠池さんがもってはるもんが全部出てきたら、
内閣が2つ分くらい飛ぶと思うんです。
安倍晋三みたいなどうでもエエって話になると思うんですが」と言った途端、
安倍首相の名前が出るや否や素早く中継をストップさせたのだ。

だが、その『ミヤネ屋』が中継を止めてからも、
菅野氏はもうひとつ、重要な指摘を行っていた。
それは渦中にある稲田朋美防衛相についてと、安倍政権を支える政治家と
極右組織との繋がりについてだ。

「稲田さんのお父さんである椿原(泰夫)先生(編集部注:昨年10月に死去)は
関西保守人脈の重鎮ですから、籠池さんみたいな思想をもっている人だったら
椿原さんとよく昵懇だったでしょうし、そうすると稲田朋美さんと在特会とか、
いわゆるレイシストたちとのいかがわしい関係というのは大阪や京都や福井を
歩けばいっぱい見つかると思いますよ」

「椿原先生の存在を追いかけると、なぜ瑞穂の國記念小學院みたいな学校が
大阪に出来たのか、なぜ維新みたいな連中が大阪で権力をもつにいたったかというのも、
よくわかると思います。
みなさんぜひそこらへんを追いかけてみてください。
いかがわしい連中が大阪府庁のなかで陣取っているというのが、よくわかると思います」

稲田の実父・椿原泰夫氏は、「頑張れ日本!全国行動委員会」という団体の役員などを
務めてきた人物だが、同団体は在日朝鮮人・韓国人差別や同性愛者に対する差別デモなど
をおこなってきた極右ヘイト団体だ。
以前本サイトでも報じたことがあるが、その結成集会には、稲田朋美はもちろん、
安倍首相、下村博文元文科相、高市早苗総務相、西田昌司参院議員、
山谷えり子元国家公安委員長といった安倍政権の幹部たちが参加するなど、
安倍政権と親密な関係にある。

極右人脈と政治家が接近し、その蜜月から森友学園疑惑は起こった──。
今回の騒動の根幹に違いない問題だが、はたして、メディアはその深層にまで
切り込むことができるのか。
菅野氏がカメラの前で投げかけた重要な指摘の数々を、
メディアは『ミヤネ屋』のように聞かないふりをして闇に葬ってしまう、
そんな気がしてならない。

実際、夕方のニュースでは、一部の番組が菅野氏の会見に対する財務省の否定コメント
を紹介するのみで、あれだけ大挙して押し掛けておきながら、
迫田理財局長や松井大阪府知事の責任や、疑惑の背後にある極右人脈についてなどの
重要な指摘については一切報じられていない。
このままでは今回と同じように、思想によって便宜供与が図られるという異常政治が
繰り返されるということは肝に銘じるべきだろう。

 また夕方になって再度会見した菅野氏は、
「籠池氏が、閣僚との金銭授受を明かす用意がある」ことを語った。
本サイトでも引き続き、続報をお伝えしたい。
(編集部)


<転載終わり>
------------------------------------



管理人

多くのマスコミが中継を打ち切った・・・と。
皆さん、これでマスコミの正体の一端がお分かりになると思います。

籠池理事長が、ここまで「おしゃべり」だったとは・・・
安倍政権や闇権力側も大きな誤算だったでしょう。
色んな真相が、ボロボロと出て来ましたからね。

安倍政権に止まらず、自民党にとっても大きな打撃になることは、
最早、避けられそうにありません。

しかし、そろそろ打ち止めにしたいと考えているはずです。
籠池理事長が、公の場において全てを暴露する前に・・・

闇権力側の影の実働テロ部隊が
動きそうな気配がプンプン臭っています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-10784838369.html

そういう意味からして、籠池理事長の身が危険になっています。
こういった場合、自殺させられるのが通例です。
『多くの皆さんに、色々とご迷惑をかけた。』・・・と、遺書も用意されます。

ですから、籠池理事長は、ご自身の身の安全を確保することが急務です。
身の周りを信用出来る人間で固めることをお勧めします。
尤も、それでも彼らにかかったら、無事でいられるのは並大抵ではありません。

寧ろ、早く全てを暴露したほうが身の安全を図れます。
無論、その前に、徹底的に身体をガ―ドする必要があります。
既に、身の周りは盗聴~盗撮されているはずです。
動きは、全て掌握されていると考えたほうがいい。


そう、アスカさんのように・・・

いつしか・・・反戦平和、反原発に目覚めたアスカさんは、
カルト(666)芸能界の・・・いわば、裏切り者。
かなり前からの監視対象であり、追放対象になりました。
それは今も変わっていません。

大麻・覚醒剤の歌手の烙印を押した挙句、追放することを決定。
今、アスカさんの話していることは、全て事実です。

しかし、残念なことに・・・
アスカさんは、敵の本当の恐ろしさの一部しかご存知ない。
人を殺すことを何とも思っていない連中が相手だということです。
もっとも、ジョン・レノンやマイケル・ジャクソンのように
殺されずに済んだのは、不幸中の幸いでした。
どうか、お身体に気をつけて下さいと願うばかりです。


そして今・・・
そのヤイバ(刀)は、籠池理事長に向けられている可能性が高い!






最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!




アメノウズメ塾上級サバイバル編
①教えは政治家、預言者、宗教家から?













癌と診断されたら・・・
やることは決まっている!









管理人

2015年の11月にメルマガを始めた当初は、
首都圏や関東からの避難・移住相談が結構ありました。
しかし、ここ最近は、ガン・白血病に関する問い合わせが増えています。

そこで、以下に、簡単にまとめてみました。
私なりに、すごく重要なポイントを整理したつもりです。


①毎朝、重曹を20%に薄めてコップの水で飲む。

 お昼に、小さじ一杯のクエン酸をコップの水に入れて飲む。
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/cat_1285160.html

重曹は薬用のもの。
クエン酸も天然由来のもので、化学精製されたものは駄目です。
また、この二つをコップで一緒に入れると反応して炭酸水になりますので、
別々にして飲んだほうが無難です。




②寝る前に、『枇杷の種の粉末』 をお湯に溶かして飲む。
ガンにはものすごくいいようです。



③高濃度ビタミンC&グルタチオン点滴併用をお勧めします。



④毎日、少し熱めのお風呂にゆっくり浸かる。
 お風呂には、重曹を入れたら更にいいです。
 入浴後は、ガン細胞の嫌うアルカリ水やミネラル水をたっぷり飲んで下さい。
 無論、製造元は汚染されていない地域のものに限ります。

体温を上げることは、万人に対して有効です。
お風呂と腹巻きをお勧めしますが、これは補助的な役目です。
自己の体温そのものを上げるには、30分の散歩と毎日20回の
腹筋と腕立て伏せをお勧めします。



⑤毎日、酵母の生きた本味噌を生のまま大さじで食することを推奨します。
 あわせて酒粕も一緒に食すると更にいいです。
 これはものすごく身体やガンにいいです。



⑥2日~3日に、一度は岩盤浴に行ってたくさんの汗を流しましょう。
 入る前と入浴中に、アルカリ水やミネラル水をたっぷり飲んで下さい。
 体液と血液の浄化が促進されます。
 これを1ヶ月から数ヶ月続ければ、劇的な体質改善が図れます。



⑦料理には、天然塩と天然砂糖を使うように心掛けて下さい。
 特に、塩の摂取は身体が本来の機能を果たすには必須です。
 化学精製された食卓塩や砂糖は毒です。



⑧1週間に2度は、酸素カプセルに入って下さい。
 ガン細胞は、酸素を嫌います。



⑨ビタミン・ミネラルの摂取には、コンブ、青汁、たもぎ茸をお勧めします。



⑩食事は、酵素玄米ごはんを中心にしてください。
 人間に必要な栄養素のほとんどが含まれています。
 症状の重い人には、玄米ミルクがいいでしょう。

 農薬まみれの野菜や果物は、決して身体に良くはありません。
 多少、タンパク質が不足する分は、豆乳ヨ―グルトで補います。



⑪砂糖やお肉は摂らないようにして下さい。
 お肉は薬品まみれ、放射能汚染されたものまである。



⑫腸内環境を良くする為に、玄米乳酸菌や万能酵母液をお勧めします。
 豆乳ヨ―グルトにすると、効果は更に、大幅にアップします。
 それに加え、納豆を毎日食べるようにして下さい。
 納豆菌は、腸内の悪玉菌(カビ菌)を食べてくれます。

特に、放射能が主因でガンになった場合には、微生物に頼るしか
今のところ、方法はありません。
放射能を取り囲み、放射線量を半減させ、時間と共に、核種を劣化させます。



⑬プチ断食と小食の勧め。
 1週間に一度は、断食しましょう。
 1日に3食は必要ありません。
 2食か1食で十分です。
 ちなみに、私は1食です。



⑭お菓子やジャンクフ―ドは、一切食べないようにする。



⑮有害なシャンプー、整髪量や化粧品は、一切使用しない。




管理人

ガンの本質は、体内環境の悪化にあります。

農薬や毒性食品添加物、ダイオキシン等の環境ホルモンの蓄積。

放射能の被曝による遺伝子異常や身体の酸化(老化)

過度の精神的ストレス

多量の電磁波を浴びる



“断食、減糖~断糖(食物繊維以外)”

“排毒”

“血液のアルカリ化”

“体液の酸化還元電位の低電位化(マイナス)”

“腸内細菌叢の活性化”

“ミトコンドリアの活性化”



よく、高濃度ビタミンC点滴によって、ガンは治るのですかと尋ねられます。
しかし、それは体内環境の解毒~浄化が先です。
一つや二つのことだけをやればガンが治るというのは、基本的に間違いです。
食生活や体質改善をしていかなければ、いずれ再発します。


体内環境の悪化により、血液がドロドロになり細胞が劣化していきます。
そこから、身体は悲鳴をあげて、特に弱い部分がガン化する訳です。

ガンの腫瘍を取り除いたら解決すると思われますか?
誰も解決するとは思わないでしょう。
だから、切り取っても、いつか、他に再発するのです。

転移も同じ原理です。
転移したのではなく、
体内環境が悪いままだから、また弱い部分に出て来ただけです。
そりゃ~、次々とあちこちに出て来ても不思議でもなんでもありません。
転移という言葉は、洗脳用語で患者を恐怖におとしいれる切り札です。
だから、『切りましょう~抗がん剤を使いましょう』、となる訳です。

ガンの大元の原因が改善~解決されていないだけなんです。


ガンの本質は、体内環境の悪化にあり、その結果、
表に現れたものが腫瘍な訳です。
現代医学は、その腫瘍を切り取ったり、抗がん剤などで殺そうとして
間違った方向に進んでいます。


体内環境の悪化 ⇒ 元の細胞 ⇒ ガン細胞

体内環境の改善 ⇒ ガン細胞 ⇒ 元の細胞



皆さん、是非、覚えておいて下さい。
元に戻るんです・・・ガン細胞も。

ちなみに、抗がん剤は毒物であるばかりではなく、
酸化還元電位は2000mv以上あり、身体中を酸化させます。
体内環境を更に、劇的に悪化させます。
挙句の果てに、抗がん剤耐性ガン細胞が増殖し始めるとアウトです。

皆さん、これで快方に向うと思われますか?


皆さん、パソコンがウィルスに感染してワヤクチャになったら、
元ディスクを使って初期化して復帰出来ることをよくご存知でしょう。
身体の原理も、大きな意味では同じです。

初期化・・・で思い出されるのはスタップ細胞。
この生命の根幹の部分に触れたから、スタップ細胞は潰されました。
世界の何百兆円ともいわれる巨大なガン利権マフィアの連中によって。

以下に、その真相が書かれています。
http://ameblo.jp/64152966/entry-11144713457.html



重要な記事一覧


もみじ
医者としての経験に基づくと~
どの種類のガンも、2週間から16週間で完治します。
 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12061961016.html



マイナスイオン(重曹)は、
ガンの元を分解し症状を軽減する効果があるそうだ。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12195122110.html

●解糖系とミトコンドリアでは最適pHが違う
*解糖系はpH5~7.5が最適pH*ミトコンドリアは7.3~8.5が最適pH

●解糖系が活動できてミトコンドリアが活動できないpH5~6がガン発生・増殖環境
*解糖系は乳酸菌出身



体液のpHを上げれば、
「ガン」にならないという論文は本当か!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11915745230.html

体液のpHがひくいと身体の還元がうまくいかない



アメリカ合衆国陸軍が推奨する重曹は
 被爆・ガン対策の一助になります。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12155048495.html

重曹で癌が治る理由

癌患者さんの体内、及び、癌は『乳酸アシドーシス』になっていますから、
『重曹水(重曹液)』を適宜飲用して『炭酸水素イオン』を大量に摂取する
ことで、癌細胞が成長できる「酸性の体内環境(= 乳酸アシドーシス)」を、
癌細胞が成長できない「アルカリ性の体内環境」へと急速に戻すことにより、
より癌が改善しやすい体内環境を築くための手助けをします。



手術、抗がん剤、放射線治療は否定、代替療法でがんが消える!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12158302292.html



もし、いつか・・あなたがガンになったら、
この記事を思い出して下さい。 

http://ameblo.jp/64152966/entry-12196865913.html










最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!















空前の大ヒットアニメ「AKIRA」
戦慄の予言~原発事故や
東京オリンピック中止、巨大テロを予言!?







「AKIRA」は、ヤングマガジン(講談社)にて1982年12月より連載開始、
その独創的な世界観を持ったコミックは、国内はもちろん海外にまでその名を広め、
書籍・キャラクターグッズ等、驚異的な数字を記録し、世界的なセールスに成功した
マンガ史に残る傑作のひとつである。

その原作者・大友克洋氏自らが監督を務め、製作期間3年、総制作費は10億円という、
当時の通常のアニメーションでは考えられないほどの時間と労力、そして最高の
アニメーション技法を惜しげもなく費やし、1988年に世界的劇場アニメーション
「AKIRA」が誕生したのである!



管理人

私は、アニメをほとんど見ませんし、あまり関心もありません。
ですから、記事としても取り上げることは、通常、考えられないのですが、
私が取り上げる気持ちになったのには、ある理由があります。

アメリカのハリウッドが、アニメではなく実写版として映画化を
進めているというのが大きな理由です。
ここのところが、大変引っ掛かる訳です。

アメリカの映画界は、イルミナティの支配下にあります。
そして、大きな事件が起こる前に、予め、予言めいた映画を出すことは、
今や、多くの人の知る事実ですし常識としてあります。


グーグルマップから東京消えてるって騒いでいるけど、
  アメリカ海軍の地図では日本が消えてたよ!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11944092980.html


日本と日本人は地球上から抹殺されるのか?
http://blog.livedoor.jp/ijn9266/archives/4440101.html


宇野正美氏:彼の友人が、東日本大震災の1ヶ月半前、
帝国ホテル(東京)地下で行われたイルミナティ・フリーメーソンの
会合に偶然紛れ込んで入ってしまったという逸話を披露。

動画:http://www.youtube.com/watch?v=4HDby-w2xjQ


そのイルミナティ・フリーメーソン会合の会場には
日本地図が掲げられていたが、
何と東北地方だけが消えていたという。

訝しく思い「一体何故東北地方が地図に無いのですか?」と問うと、
何と「東北地方は間もなく日本から消えて無くなるのです。」と
ハッキリ答えたという。








また、
2009年封切り-韓国映画-「TSUNAMI」

(パラマウント映画配給)のワンシーンに、
突然何の脈絡も無く現れる東北地方の水没した地図。





<引用終わり>


天下泰平さんのサイトより引用します。
http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51869563.html


いわゆる闇の勢力の予言・予告カードといわれている「イルミナティカード」ですが、
この中で最も有名なカードの1つに「銀座和光の時計塔の倒壊」があります。





このカードの手前で逃げ惑っている人々の姿を見ると、
とても日本人のようには見えないのですが、背景で倒壊している時計塔が
銀座4丁目の交差点にある和光ビルの時計塔と同じということで、
これは日本で首都直下型地震などの災害が起こる、または人工地震などで
災害を起こすことを暗示しているカードではないかと言われています。

そして、この東京を舞台としたイルミナティカードとオリンピックの
何が関係するのかといえば、このカードに登場している逃げ惑っている
人々の洋服のカラーとなります。








よくみると、実にカラフルな色合いの洋服が目立っており、
色をみると右から「赤、青、黄、緑、黒(ネクタイ)」となっています。
最後の白シャツに黒ネクタイだけが若干違和感がありますが、どうやらこれは、
オリンピックのマークのカラーとまったく一緒のカラーのようです。

これだけで単純に判断すると、2020年のオリンピックは、
あらかじめ東京で開催することが決まっていたことであり、さらに、
オリンピックの最中なのか、それともオリンピックと関係した何かの時、
はたまた「オリンピックを開催する東京」という意味で、
この2013年9月8日以降から2020年のオリンピック終了までの間に絵柄と
同じような事象が東京で発生することを暗示しているのかもしれません。

とはいえ、時代はすでに変わりつつあるので、もう簡単にイルミナティカードの
シナリオを実現できる時代とは限りませんが、これを遂行しようとしている人々も
いよいよ窮地へと立たされているのは間違いないので、
強引にでも何かを仕掛けてくることはあるでしょう。

でも、これからの時代は創造と破壊がより顕著になると思うので、
何か混乱が起きても、すべては新しいものが生まれるための破壊であり、
破壊する人々も創造する人々も役割の違いだけで、全体的に世の中全体は
良い方向へ向かっているとは思っています。

既存の世の中が破壊されて混乱して戸惑ってしまう人々は、
それもある意味巻き込まれた形での破壊側の役割でありますが、
できれば多くの人々が影響を受けずに新しい世の中を創造する役割をするのが
理想であり、今はどちらの役割へ進むかの分岐点に個々人が来ていると思います。


<引用終わり>
--------------------------------------



管理人

天下泰平というのは、滝沢泰平さんという方が運営しているサイト
らしいですが、なかなか面白い表現をされています。

曰く

何か混乱が起きても、すべては新しいものが生まれるための破壊であり、
破壊する人々も創造する人々も役割の違いだけで、全体的に世の中全体は
良い方向へ向かっているとは思っています。



何やら、非常に違和感を感じさせられる記述をされておられます。
混乱や破壊を起こす連中~新しいものが生まれるための破壊だそうです。
単なる役割ですか・・・???
そこには、犠牲になって死んでいく人々への思いや哀れみが・・・
まるで感じられません。
皆さんは、どのように感じられたでしょうか?

少し脱線しましたが、つまり、オリンピックと爆破テロか地震か
分かりませんが、リンクさせている点に注目して欲しい訳です。


皆さんも覚えている方もおられると思いますが・・・

東京湾海底に巨大地震のタネを仕込もうとしている
人達がいるって本当!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11610412178.html


2020の東京オリンピックは最初から無い。

阪神、新潟、福島で行われた地下への液化注入が
2015から東京湾で始まるから。

地下への液化注入が翌年に何をもたらすのかk
このブログを見る人なら誰でも知る事実。

東京湾で行われる液化窒素の地下への注入は

試験的に行われた 福島とは比較にならない位大量 で、

この計画は今でもネットでPDFで確認出来ます。



― 中略 ―


新潟の地震が、CO2を地中に封入する実験で
引き起こされたのではないかと
国会で追及した議員がいた。


『帯水層に高圧の二酸化炭素を封入し、

地下水に溶解させて貯留する手法。

帯水層中の二酸化炭素は超臨界流体。 長岡で実証実験』

これ、福島県いわき市勿来町でもやっている。
4月11日の震源地じゃん!



<引用終わり>
-----------------------------------


全てが・・・

つながって来るので

恐ろしい!!!





【都市伝説】AKIRA戦慄の予言…東京オリンピック中止!?
アニメに描かれるヤバすぎる未来!まるで実話のような怖い話






最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!




Akira












東日本大震災からちょうど6年目の今日








管理人

あの日から、もう6年が来てしまいました。
ちょうどあの日、私は夜勤でした。
当時の記事を見ると、2011年3月11日の1日だけで
夕方の4時から夜の8時までに、なんと8件もの記事を書いています。
それも、ツイッターから拾ったものばかりで、
記事とはいえないような稚拙なものばかりです。

あの日から、毎日のように必死で情報収集をした記憶があります。
何か、大変なことが起こったんだといった危機感があり、
取り憑かれたように記事を書いていました。

あの日が、私の本当の意味での出発点だったように思います。
そして、徐々に、変わって行く自分の姿がありました。
2011年3月11日午後2時46分を境にして・・・
大きく自分の運命が変わったような気がしています。

いや、私だけではない、多くの人の運命をも変えました。
それほど大変大きな出来事だったのです。
今から当時の記事を見てみると、子供でもこんな稚拙な記事を
書かないだろうといったものばかりです。
しかし、それが私の出発点だったのです。

そう・・・、とてもブロガーとは呼べない素人同然でした。
それから、ゆっくりとブロガーとしての階段を登ってきた訳です。
驚き、衝撃、悲しみ、怒り、寂しさ・・・
そういったものを素直に書き残してきたと思います。

古くからの読者の人は、そのことをよくご存知です。
だから、ある意味の信用があるようにも思います。
なにせ、ヨチヨチ歩きの幼稚園の時代から見て知っている訳ですから、
何も隠しようがないのです。


多くの人は、もう東日本大震災が終わったものだと・・・
そろそろ、風化しかけています。
それが、今の社会の現実だと感じます。

しかし、私はそれとは正反対の面持ちです。
終わりが始まろうとしていると感じています。


つい最近のツイートです。

neko-aii‏ @neko_aii · 3月7日
"wanpakufutago 2014年11月1日

2年前、しつこいくらい言った。
「千葉から離れたら?」って
ほんとに大切な一番の親友だったから・・。

でも、独身で
東京での仕事も充実してて・・

今日朝、彼女の母親からメールがきた。
彼女の意識がないって。

やるせない"

https://twitter.com/neko_aii/status/839073371996352512



言葉になりません。
言うべき言葉が出てきません。
静かな沈黙の時間だけが過ぎていきます。

人に何かを伝えることの如何にむつかしいことかと・・・
いつも、それは痛切に感じています。
伝わらないのが、人の心というものかもしれませんね。
だから、無理に伝えようとしても駄目なんでしょう。

つい最近も、メルマガ読者の人から、唯一無二の親友が
ガンになったけど、何としても助けたいのだけど、
色んな有益な情報を知らせても、取り合ってもらえないのだと。

どうしたらいいですか・・・皆さん。
教えて下さい。
7年もブログやってて、私にも分からないのです。

尤も、何十年間も洗脳され続けたら、人も変われないでしょう。
それでも尚、変われることのほうが奇跡なのかもしれません。
だけど、変われないと、待っているのは・・・

人間というものは、見たくないものには意識がいかないそうです。
都合の悪いものには、潜在的に心のフタをするようです。
だから、全く見えていない訳ではないのだと思います。

全て、自分にとって都合のいいように思考回路が働いてしまう。
それ以外のものは、無意識のうちに排除してしまいます。
しかし、その人を責めても仕方ないです。
また、責めるべきものでもありません。
人間とは、そういう生きものなのですから。

ただ、色んな人生が待ち受けているだけです。
私は、そのように思うようにしています。

つい最近、以下のようなご質問をいただきました。
長文ですから、一部のみを引用します。

<ご質問>

一つ、気になったのですが
(不勉強ですみません)
このような素晴らしいサイトをお作りになった経緯には、何かあったのでしょうか。

社会のために立ち上がってくださり、ありがとうございます。



<回答>

つい最近、ガンになられた気の毒な東京の方から、数時間にも渡って
電話相談を受けました。
涙ながらに、つらいお気持ちをお話しされました。
その方は、抗がん剤は絶対に駄目だと理解していても、
お医者さんから、打たないと命の保障は出来ませんよと脅されたら、
やはり、心が大きく動揺するとおっしゃっておられました。

無理もありません。
周囲には、本当の意味で信頼出来る人も相談出来る人もいないのです。
ガンになった人は・・・みんな孤独なんです。
ほとんどの人は、お医者の先生から恫喝されたら・・・
『先生、お願いします。助けて下さい。』・・となります。

残念ながら、お医者さんは、抗がん剤をどんどん売らないと出世できません。
また、そのようにしなければ病院経営も成り立たない仕組みになっています。
白血病利権も大きな意味で、全く同じです。
お医者さんと病院は、より大きな利益を上げることに必死です。
ですから、より大きなお金がとれる方に誘導するのは当然です。
そもそも、白血病の原因が骨髄であるとする前提が間違っているので、
正しい治療が行われるわけがないのです。


ご質問にお答えします。

このメルマガサイトの内容ですが、自然とそのような内容になりました。
恐らく、首都圏を始めとして、東日本の多くの人は、10年の間に・・・
かなりの人が倒れていくことが予想されます。
皆さんが、想像している以上に、放射能で汚染されているからです。

数十万人以上の市民が、次々と、被曝症状を発症するに違いありません。
そして、多くの人が死んでいくことになります。
私には、それが我慢ならないのです。
どんなことをしても助かって欲しいとの思いで記事を書いています。

第一期メールマガジン〜★メルマガ第5号

   『10年後のあなたの笑顔が見たい』
http://ameblo.jp/64152966/entry-11438601577.html






今日、最新のメルマガを配信しました。
まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。

最新記事〜3月11日

★メルマガ37号

土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!


最新のメルマガでは、トリチウムが、
ガン、白血病、心筋梗塞、糖尿病、リウマチ、膠原病、認知症、川崎病・・・
こういった難病に、いかに深く関わっているかを書いています。

そして、その防御法!についても書きました。


<一部のみ引用>


この実験については、東海アマさんが大変よくまとめてくれています。 
感謝。。。 m(_ _ )m

土岐市・多治見市における重水素核融合実験のトリチウムと中性子
http://tokaiama.blog69.fc2.com/blog-entry-56.html


そして、以下が、7年にも及ぶ私のブログ生活の中で、
今後、最も大きな意味を持つことになるであろうと予想される
私の最近の記事です。

ベクレル換算すると、トリチウムは
セシウム137の100万倍以上、放出しています!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12254081516.html

トリチウムの放射線量は大変微弱なもので、問題にすらならないと
核融合科学研究所や世界や日本の原発マフィアは公言しています。
これは、真っ赤な大ウソです。

放射線量なんてあまり関係無いんです。
セシウム・ストロンチウム・プルトニュウムなどは、
γ線~β線~α線の放射線を出し、人体と細胞~遺伝子に少なからず影響を及ぼします。
これは、確かに間違いありません。

しかし、トリチウムは、H2OのHになりすますのです。
Hは遺伝子を構成する重要な元素な訳です。
他の核種のように大きな影響を及ぼすどころの話ではありません。
遺伝子そのものをぶち壊してしまうのです。
つまり、このトリチウムに関しては、放射線量を中心にした議論は、
ほとんど意味をなしません。
この事実をよく理解して下さい。


遺伝子を構成する元素と分子




DNA に含まれる元素

炭素
水素
窒素
酸素
リン




しかも、他の核種よりも百万倍から数百万倍も
実際には放出していたという事実。
これを指摘した人間は、私をおいて他にはほとんど見当りません。

2009年度、日本の54基の原子力発電所全体ではどうかと言うと
トリチウムを392兆1千億ベクレルという天文学的な量を海に垂れ流しています。
ソース資料⇒原子力規制委員会の『原子力施設運転管理年報』

大気には、一体どれだけ放出したのでしょうか・・・?
ここでは分かりませんが、とてつもない量であることだけは間違いないでしょう。
そもそも、発表数値からしてあまり信用出来ません。
大本営発表ですから・・・
せいぜい、参考程度のものとして考えておくべきです。


参考記事

トリチウムが漏れているのは、事故を起こした福島原発だけでしょうか?
http://www.asyura2.com/13/genpatu32/msg/859.html

@tokaiama
放射性希ガス、トリチウム・ヨウ素・キセノン・クリプトン・ラドンが
原発フィルターに捕集されずタンクに貯められ
週に数回夜中の三時頃こっそりと排出します。
この時間帯、計測する人は少ない。
もちろんモニタリングデータは操作隠蔽します。
これが原因で呼吸から内部被曝肺ガンに

浜岡原発。
「稼働していた頃には、排気塔から定期的に汚染物質が放出されていた。
以前は中部電力も地域の人々の健康を考慮して、
風向きが陸地から海に向かっているときだけ放出していた。
しかし、最近ではそのような住民への配慮もなくなり、随時垂れ流すようになった」
川上武志 (原発放浪記)より


<引用終わり>
---------------------------------------


ちなみに、原発は稼動していようが稼動していなくでも原子炉は動いています。
ただ、発電していないというだけです。
ですから、稼動していない原発からもトリチウムは放出しています。

今回の土岐市・重水素核融合実験においては、
わずか10秒間に発生する中性子の量は50万シーベルトであって、
当初、1998年の計画では、1000兆ベクレルを超えるトリチウムを
発生させるとしていた。

通常運転時においても、スカイシャイン効果による中性子反射被曝といった
深刻な問題について、市民のほとんどの人が知らないと思います。
上空に向かった中性子の相当割合が、多治見・土岐市街地に放射される。
表に被害が報告されるようになってからでは、時既に遅し・・・。
例によって、因果関係は全く認められないと封殺してくるでしょう。

但し、爆発事故や火災事故を起こした場合は、話は全く別です。
すさまじい量のトリチウムと中性子が飛び出てきます。
恐らく、実験施設の作業員の多くの人は助からないでしょう。

わずか10秒間に発生する中性子の量は50万シーベルトだそうですから、
この10秒間の中性子量は7万人分の致死量にあたり、
土岐市とその周辺地域は人が住めなくなります。
中性子の飛距離も数十キロ以上と考えられますから、大変な事態です。

大量の中性子を浴びたありとあらゆるものが、放射性物質に変わります。
森や山、大地、湖、川、家屋、そして・・・人も。
そして、それは次第に拡大していきます。
大地も人も死んでいきます。
あらゆる生物が住めない土地になってしまうのです。

日本という国は、何故、こんなことばかりを繰り返すのでしょうか?


日本にある54基もの原発は、ここ数十年の間に、恐らく・・・
すさまじい量のトリチウムを排出しているのは間違いありません。
結果、日本国民に目に見えない多大な被害を与えているのは間違いありません。


そして、核融合科学研究所が発表している内容も、
そのまま信用する人なんてほとんどいないでしょう。
原子力関連の公開した発表というものは、実にウソが多いです。

年間555億ベクレルのトリチウム放出を予定しており、その内の
トリチウムの95%を回収すると説明しているが、そんな技術は、今のところ、
世界中のどこにも実現しておらず、口先だけのごまかしにすぎない。
・・・と、東海アマさんは説明しています。


我々の最大の失敗は、このトリチウムを過小評価していたことです。
なにしろ、その放出量はとんでもなく莫大なものですから、
当然、他の様々な病気にも一番影響があると考えるのが自然です。

ガン、白血病、心筋梗塞、糖尿病、リウマチ、膠原病、認知症、川崎病・・・

他にもたくさんあると思います。
どうやら、牛の狂牛病や人のヤコブ病にも深い関係があることが判明しています。

BSE~狂牛病というのは、肉骨粉などによる伝染性のものが
多く取り上げられています。
伝染性狂牛病についても謎に包まれており、別に解明しようと考えています。
調べてみると、一部にウソの学説も流布されていると感じました。
何でもかんでも直ぐに、信用するのは禁物です。
全てを疑ってかかるのが真相究明への唯一の道です。

ところで、チェルノブイリ事故以来、
新たに、新種 のものが生まれてきているようです。

狂牛病を発症した牛はチェルノブイリ事故の翌年生まれが多い
http://www.asyura2.com/14/genpatu37/msg/564.html

チェルノブイリ原発の事故が起こったのは、1986年の4月。
英国で狂牛病が発見された(認定されたというべきかも…)のは、同年11月。
その後、数年間で爆発的に増加した。
しかし、最も多くの牛が発症したピークは、
それから6年後の1992年から1993年にかけてだそうだ。

九州大学の調査によると、「狂牛病を発症した牛の誕生年を調べると、
1987年に誕生した牛が最も多いことが判明した」とある。
つまり、チェルノブイリ原発事故の翌年に誕生した牛が、
狂牛病を発症しやすかった、ということだ。

<引用終わり>
---------------------------------------








もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!





The Rose - Bette Midler (歌詞字幕)











病院がストをすると
死亡率が大幅に減少するって本当!?









今日のお勧め記事2題

るいネットさんより

病院がストをすると死亡率が大幅に減少する
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=286810

<一部引用>

知ってはいけない!?医食住の怖~い話(著・船瀬俊介)より引用。
==================================================================

「病院で殺される 病院ストで死亡率半減、解除でもとどおり」

◆永遠にストを続けよ

「病院で殺される」そう言えば、ほとんどのひとは反撥するでしょう。
「なにを、デタラメなことを!」
「病院は病気を治すところじゃないか」わたしも、以前はそう思っていました。

しかし、いまは違います。

「現代医療の神は〝死神″である」
これは、アメリカで良心の医師として、いまだに尊敬を集めている
故ロバート・メンデルソン医師の遺した言葉です。

「医者は病気を治さず、病人を殺している」
「そして、失敗は棺桶の中に葬る」
「病院で患者の多くが殺されている」
その具体的証拠をあげましょう。


○ イスラエル‥病院ストで死亡率半減

1973年、同国内で病院ストライキが決行されました。
診察する患者の数が1日8万5千人から7千人に減らされたのです。
病院ストは、1か月つづきました。

ストは奇妙な現象を引き起こしました。
その期間中、同国内での死亡率が半減したのです(エルサレム埋葬協会、調べ)。
同国で、これほど死亡率が激減したのは、20年前に、やはり医者がストライキを
したとき以来だったのです。

メンデルソン医師は、この〝副作用″例をひいて、こう断言します。

「医者はストをつづけるべきだ。それも永遠に……」


○ コロンビア‥ストで死亡率は35%激減

1976年、首都ボゴタで医者が52日間のストに突入した。
救急医療以外は、いっさいの治療を行わなかった。
このスト期間中に、やはり現地の死亡率は35%も激減した。
やはり、スト解除で、死亡率はもとに〝回復″している (国営葬儀協会、報告)。

1976年、アメリカ西海岸のロサンゼルスでも医者がストライキに突入しています。
スト期間中には手術件数が60%も減少しています。
その〝効果″は、めざましいものでした。
なんと同市内の死亡率は18%も低下したのです。
これはカリフォルニア大による17病院の調査結果です。
手術などすべての医療行為をやめていたら、少なくとも死亡率は半減していたでしょう。


◆「9割の医療をやめよ」

メンデルソン医師は断言します。
「現代医療で評価できるのは、救命医療にすぎない」
それは、医療の一割を占めるだけです。残り九割の慢性病について、
現代医療はまったく無力なのです。

それどころか有毒な薬物療法で、薬漬けにし、悪化させ、
最後は〝殺している″のです。
まさに、現代医療の神は〝死神″ です。

ほんらい病気を治すのは、わたしたちの体内に備わった自然治癒力です。
「症状」とは、その治癒反応にすぎません。
それを、薬物療法による対症療法は〝毒物″で妨害するのです。
「治癒反応(症状)を妨げてはいけない」と安保徹教授は、著書『「薬をやめる」と
痛気は治る』(マキノ出版)で、薬物療法の愚かさ、恐ろしさを解説しています。

ところがこんな子どもでもわかることでも、一流大学医学部教授はわからない。
頭が悪いレベルを通り越しています。
そして、こんな死神が支配している病院に、国民は羊のごとく列をなしているのです。

メンデルソン医師は、こう断言しています。
「医者が医療行為の9割をやめて救急医療にだけ取り組めば、
ひとびとの健康状態は、まちがいなく改善されるはずだ」
(『医者が患者をだますとき』 PHP研究所)


<引用終わり>
--------------------------------------



病院がないほうが死亡率が下がる!
夕張市のドクターが説く、”医療崩壊”のススメ

http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51895500.html

<一部引用>

市の財政破綻により市立病院が無くなり、街から救急病院が消えた夕張市。
高齢化率45%のなか悲惨な現実が待ち受けるかと思われたが、結果はその真逆だった。
死亡率、医療費、救急車の搬送回数、全てが下がったマジックの背景を、
夕張市立診療所で院長を勤めた森田洋之氏が明かしました。


― 中略 ―

すごいですよね。たぶん、救急車が減るとか、高齢者の医療費が減るとか、
そういう地域って全国でもほとんどないと思います。
でも夕張市は出来た。

しかもですね、何と死亡率まで下がっちゃったんです。これがすごい。





― 中略 ―


夕張市で死亡率が減った理由の1つは「市民が予防の意識を持った」という
見解となっていますが、確かに意識の持ち方は非常に重要な部分であるにしても、
現代医療における抗がん剤の使用や放射線治療などは、
もはや殺人レベルと言っても過言ではないほど危険性が高いものであり、
夕張市の結果は、市民の意識の問題だけでなく、単純に病院に行って
治療という名の人体実験が行われる機会が減ったことにも死亡率が減った
理由があると思います。

また、ガン治療に限らず、今の高齢者は病気でもないのに“病気だと
決めつけられて”薬漬けとなっており、その薬漬けの副作用で本当に心身ともに
“病気になってしまう”ケースが圧倒的に多いようですが、
そういった薬漬け患者が減ったことも大きく死亡率減少に関わってきていると思います。

「テレビは見ない方がいいですよ」と、こんな優しい口調ではないですが、
最近はメディアによる洗脳の危険性を伝えてきましたが、同じように
「病院は行かない方がいいですよ。
また、なるべく薬も飲まない方がいいですよ」というのが本音であり、
医療費で大金を払うならば、同じお金で無農薬の野菜を買ったり、
本当に身体と心が喜ぶことにお金をかけた方が早く体調も良くなると思います。

これから先、世界中で“金融危機”や“食糧危機”がささやかれていますが、
ある意味これらの危機によって、“危険な病院”が潰れたり、
“危険な食料”が食べられなくなるのは、
人の命を軽視してまでお金を稼ぎたい人達にとっては“危機”であっても、
多くの人々にとっては“救い”となるかもしれません。


<引用終わり>
--------------------------------------



メルマガ第32号 (2017年1月22日)
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

~より引用

 ゲルソン療法の開発者である「マックス・ゲルソン」医学博士は、

『医学界は、腫瘍のみがガンだと錯覚している。
   
これが最大の間違いで、
ガンの腫瘍はガンの症状の一つであっても、ガンの全てではない。
   
ガンとは、ガン細胞や腫瘍を生み出すような「体全体の栄養代謝の乱れ」なのだ。
   
そして、ガンとはすべての病気の中で、最もひどく栄養代謝の乱れた病気である。
   
腫瘍に目を向けるのではなく、体全体の栄養代謝を正せば、それでガンは治る。』


 と言われています。

 
癌にまでなっている(体内に癌が発生している)のは、食事内容が悪いために
栄養状態が悪く、血液も汚れ、体の免疫能力・代謝能力が極度に低下し、
腸内細菌も乱れ、体内には毒素がたっぷり溜まっていて、

血液中には『カビ』『ウィルス』『細菌』がウジャウジャいて・・・ と、
体内がこのような「最低最悪の状態」に陥っているからです

(すべて「癌の原因」となります)。


<引用終わり>
-----------------



管理人

学校教育の段階から、与えられたものをどんどん頭に詰め込むという
習性を身体全体に叩きこまれています。
そこに、疑問を感じたり、異論を差し挟む余地はほとんどありません。
そんなことをすれば、それこそ異端児扱いにされてしまいます。

そして、子供から大人まで・・・
洪水のような洗脳が毎日のように何十年間も続く訳です。

テレビ、新聞、週刊誌、専門雑誌、広告・・・

その結果、家畜国民の出来上がりとなります。
このすさまじいばかりの洗脳から脱会するのは容易ではありません。

私の父親は、毎日、8種類のクスリを毎食後に飲んでいました。
そのクスリを1か月分収納する大きなケースが、誇らしげに
台所に飾られていました。
もう、安心という訳です。・・・涙。

案の定、痴呆症になりました。
私の父と義母は、もう何年も前に亡くなりましたが、
この世代の人に、何を言っても無駄なことを知りました。

特に、今の50代から90代の世代の人には、何を言っても
無駄ではないかと、つくづく感じさせられたものです。
取分け、身内の者の話は始めから小バカにして、全く聞く耳を持ちません。
身内を説得するのは、他人を説得するよりも、寧ろ、はるかに難しいです。


身内の恥を晒すようですが、義母との会話でこんなことがありました。
義母は心臓が悪く、塩分の摂りすぎが心臓に悪いと教えられており、
塩の話をしている時でした。

化学精製塩が身体に大変悪く、天然塩は身体に必要なんだといった議論を
していたのですが・・・

義母⇒「あんたぁ~・・・塩の話ばっかりしょーるが、
塩なら一杯入っとるんでぇ~・・・ほら、あそこに!」

・・と、鋭い眼光で指差したのが、なんと、水道の蛇口でした。
どうやら、塩素を塩と思い込んでいるようでした。(涙)
だから、蛇口に高い浄水器を取り付けているのだと分かりました。

塩と塩素は、まるで別ものと説明する気にもなれませんでした。
ほとんど、笑い話のネタになるような話ですが実話です。

私の父親からして、私が何を言っても・・・
「バカなことを言うな!」・・で終わりです。
洗脳も、ここまで来ると国宝級です。
カルト政府から、表彰状が贈られても何等、おかしくありません。

「日本国民としてのあるべき姿を、身をもって知らしめられ、
何十年も生きて来られた〇〇様に、ここに表彰状を授与します。」
 by.カルト政府

皆さん、お笑いになられるかもしれませんが、
果たしてそうでしょうか?

あなたの身の周りの人も、大なり小なり似たようなものではありませんか?

本来、身内の恥は表に出すべきものではありません。
しかし、もうそんなことを言っている場合では無いと思います。
恥をさらけ出してでも分かって欲しいことがあるのです。
でなければ、大変なことになる事が分かっているからです。

農薬や食品添加物、大気汚染に加え、放射能まで加わりました。
大変な事態であることの認識をどれだけの人が持っているでしょうか!?


私は、3月5日と7日に2件の記事をアップしました。

3月5日
【放射能警報】
東海地方が3月7日より、
トリチウム汚染地域になります!
(フェイスブックのシェア~1万1千)

3月7日
ベクレル換算すると、トリチウムは
セシウム137の100万倍以上、放出しています!
(フェイスブックのシェア~380)


特に、5日の記事が大きく拡散されたようです。
多くの皆さんに、感謝の言葉もありません。

しかし、大きな意味での記事の重要度という観点からしますと、
私個人は、7日のほうが大きく深いと思っています。
実は、今までずっと秘密にされていただけで、
この広範なトリチウム汚染が、人の身体に大変な実害を及ぼしていた
のではないかとの疑惑が大きく膨らみました。

ガン、白血病、心筋梗塞、糖尿病、リウマチ、川崎病、橋本病・・・

セシウム、ストロンチウム、プルトニュウムは、DNAに少なからず
影響を及ぼすことは広く知られていますが、しかし、
トリチウムは、DNAを構成する、まさに心臓部に入り込む訳です。

そして、β崩壊して、ヘリウムに元素転換し、鎖状DNAの各部が
ヘリウムに変質していく訳です。
皆さん、このすさまじく恐ろしい意味が理解出来ますでしょうか?

つまり、生命の根幹をなすDNAそのものが崩壊していくのです。

原発が日本に建造されてから、このトリチウムは、間違いなく
周囲に大放出しています。
そして、日本国内に54基もの原発が立て続けに建造されました。

日本国内には、既に、トリチウムが蔓延していると考えたほうが自然です。
実は、狂牛病も・・・

★メルマガ第37号は、このトリチウムを中心にした記事にする事に決めました。






お知らせ

2月28日~最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第36号

免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】










ベクレル換算すると、トリチウムは
セシウム137の100万倍以上、放出しています!


関東の水道水のトリチウム濃度は
2010年の最低でも1000倍超!








 【放射能警報】
東海地方が3月7日より、
トリチウム汚染地域になります!
 
http://ameblo.jp/64152966/entry-12253198503.html

以上の記事の続編です。


管理人

水道水のトリチウム濃度と聞いても、いまいちピンときません。
トリチウムは、β線核種で、しかも放射線量はかなり微弱です。
ですから、水道水のトリチウム濃度が計測~公表されることは
聞いたことがありません。

そこで気になるのが、セシウムとトリチウムの存在比率です。
ガンマー、γ線核種だけで議論しても、あまり意味がありません。
問題と真相は、ベクレルの世界で判断するよりありません。

多くの人は、真実を知る必要があります。
そこで、大変参考になる記事があります。
これが、実際のセシウムとトリチウムの存在比率を知る大きな手掛かりになります。


【 六ヶ所再処理工場から放出される放射性物質 】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12099427828.html

<一部だけをピックアップします>

国に提出されている再処理事業指定申請書には、
放射性廃棄物の環境への推定年間放出量が記載されている。



気体で大気中に放出する放射性物質
放射性元素名  推定年間放出量ベクレル/年  半減期

トリチウム (H-3)    1900兆   12.3年

セシウム137 (Cs-137)  11億     30年

ストロンチウム90 (Sr-90) 7.6億    28.8年

プルトニウム240     2.9億     6500年



液体で太平洋に放流する放射性物質

放射性元素名  推定年間放出量ベクレル/年  半減期

トリチウム (H-3)   1京8千兆    12.3年

セシウム137 (Cs-137)   160億  30年

セシウム134 (Cs-134)   82億    2年

プルトニウム240 (Pu-240) 30億   6500年


---------------------------------------------



気体で大気中に放出 する放射性物質をベクレル換算すると

トリチウムは、セシウム137の~1800000倍
つまり、180万倍 放出します。


液体で太平洋に放流 する放射性物質をベクレル換算すると

1兆は、100億の100倍ですから・・・
1京は、1兆の10000倍ですので・・・
10000×100=1000000倍で・・・
つまり、トリチウムは、セシウム137の 100万倍 の計算になります。


大変な驚きです。
水道水のセシウム137で騒いでいる場合ではないですよ!

ベクレル換算すると・・・
トリチウムは、セシウム137の100万倍以上 出ています。



ベクレルとシーベルトの違い
http://www.toha-search.com/kenkou/bekureru-tigai.htm

Q)ベクレルとシーベルトの違いをわかりやすく説明してください。

ストーブに例えると、ストーブから放出される熱の総量を表す単位がベクレル、
そこから人が実際に受ける熱量を表すのがシーベルトと言えます。

そもそも放射能とは放射線を発する能力のことですが、その能力を表すのがベクレル、
人体が直接受ける放射線量を表すのがシーベルトなのです。


Q)ベクレルとシーベルトは具体的にどういう場面で使う単位ですか?

ベクレルやシーベルトはガイガーカウンターなどのモニタリングで使われる単位ですが、
ベクレルは主に食品や水・土壌の中に含まれる放射能の総量を表す場合に
「1キログラムあたり500ベクレル」の様な形で使います。

また、シーベルトとは、外部被曝や内部被曝で実際に人体が影響を受ける線量を
表す単位で、「1時間あたり1ミリシーベルト」の様な形で用います。


Q)ベクレルをシーベルトに換算するにはどんな計算が必要ですか?

ベクレルをシーベルトに換算するには、人体が摂取した放射能の量(ベクレル)に
放射性核種それぞれに用意されている実効線量係数という値を掛けて導きます。

さらに、経口摂取(食べる場合)と吸入摂取(呼吸で肺に取り込んだ場合)とでも
実効線量係数は異なり、例えば1㎏あたり100ベクレルのセシウム137を飲食した
場合には以下の様な計算になります。

計算式

100Bq/㎏×0.013マイクロSv/Bq =1.3マイクロSv
さらにこれを1年間摂取し続けると、
1.3マイクロSv×365 = 474.5マイクロSv
となります。

------------------------------------------



トリチウムの放射線量は、かなり微弱なので問題にされないというのは
大変大きな間違いです。

トリチウムは、H2O=水のHに潜んでいます。 

遺伝子の成分



遺伝子を構成している中に、Hがたくさん存在しています。
トリチウム=Hが、β崩壊して、ヘリウムに元素転換する。
そうしますと、人間の遺伝子は別物になっていきます。
これは、実に恐ろしいことです。

ガン、白血病の大きな要因になるのは間違いないでしょう。



汚染水のトリチウムって人体に危険なのですか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11105855326

京大の小出氏はセシウムよりも危険性(特に生物学的毒性)が
比較的小さい事を指摘しておられるようですが、
トリチウム(三重水素)は一種のβ線核種で、
一般のγ線測定器では測れない点
更には、生物学的毒性としても、

トリチウムが水や水蒸気の形で
人体に入ると99%吸収されます。
皮膚からも吸収され、
しかも摂取量の2%はDNAに取り込まれます。
そして「動物実験で特に造血組織を中心に障害(白血病等)
が生じることが明らかにされ、
人が長期間摂取した重大事故も発生している」という
人体の影響は極めて大きいとの報告されるくらいですから、

(γ線核種に比して)死角的側面を加味すると、セシウムよりもはるかに
怖い核種だと個人的には感じています。

特に、F1事故後、東日本を中心に
日本全国で相次いだ「魚の大量死」に関しては、

飲料水などとして大量に(体重に対して数十%以上)
摂取すると生体内反応に失調をきたし、30%を越えると死に至る。
重水中では魚類はすべて死に、植物は発芽しない。


個人的にはトリチウム汚染が原因だと睨んでいます。
特に水との区別が難しいだけに、水質調査の結果「原因不明」
の場合、大抵はトリチウム汚染が原因ですので。

また、身体の皮膚からも容易に浸透する事は前述した通り。

人体の約60兆もの細胞内の60%~70%は水であって
トリチウム水(広義の重水)が30%を占めれば即死すると言う事。

だから、特に海水浴に関し、再三、必死で警告したわけですよ。
また、東日本の広域の水道水にも、一定割合、混入している可能性が
極めて濃厚。

【関東の水道水は「検出限界値」未満であっても
2010年度の最低1000倍濃度】

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1496211204

PS

カナダ/ピッカリング重水原子炉周辺では トリチウムを
年間2,500兆bq(ベクレル)放出
 していますが、
周辺の都市では80%増ものダウン症候群の赤ん坊の出産がはやっています。
また中枢神経系統に異状のある赤ん坊の出産も明らかにされています。
(カナダ原子力委員会報告)

イギリス/セラフィールド再処理工場で原子力量労働者が
受けた外部被曝線量と、その子供たちの小児白血病との関連を見出しました。
小児白血病は増加しており、被曝をもたらす可能性の核種として
トリチウムとプルトニウムがあげられました。
(ガードナー報告)


-------------------------------------------------



【関東の水道水は「検出限界値」未満であっても2010年度の最低1000倍濃度】
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1496211204

 東京・関東の水道水、
311前の2000倍の検出限界値
&安全基準値はアメリカの約2700倍!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11382520527.html


〔上水(蛇口)モニタリングデータ(今年4月~6月)〕

http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/6000/5879/24/194m_0801....

福島県を中心に、
岩手県、山形県、茨城県、栃木県、
群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
新潟県、長野県

と今年の4月以降、水道水から
セシウムが検出されましたが、

単位:Bq/kg

福島県:〔Cs134〕0.0032〔Cs137〕0.0048
岩手県:〔Cs134〕0.00091〔Cs137〕0.0014
山形県:〔Cs134〕0.0024〔Cs137〕0.0034
茨城県:〔Cs134〕0.0048〔Cs137〕0.0064
栃木県:〔Cs134〕0.0022〔Cs137〕0.0024
群馬県:〔Cs134〕0.0020〔Cs137〕0.0031
埼玉県:〔Cs134〕0.0020〔Cs137〕0.0028
千葉県:〔Cs134〕0.0019〔Cs137〕0.0027
東京都:〔Cs134〕0.0020〔Cs137〕0.0029
神奈川:〔Cs134〕0.0010〔Cs137〕0.0016
新潟県:〔Cs134〕0.00046〔Cs137〕0.00064
長野県:〔Cs134〕0.0010〔Cs137〕0.0017

この場合、(2012年度の)「検出限界値」は
〔Cs134〕0.0010〔Cs137〕0.0010

なお
2011年度の「検出限界値」は
〔Cs134〕0.10〔Cs137〕0.10


事故以前(2010年度)の「検出限界値」は
〔Cs134〕0.00010〔Cs137〕0.00010
で、実測値はそれ以下。

つまり「検出限界値」未満であっても2010年度の
2011年度の実測値:最低1000倍
2012年度の実測値:最低10倍


-------------------------------------------------



ベクレル換算した水道水のトリチウム計測値は

原子力村にとって、最大の秘密であり

最大のタブーであることが分かりました!








お知らせ

2月28日~最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第36号

免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!


まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】