【驚愕と壮大なロマン~超太古の世界】
未来を開く古代の扉~竹内文書の世界





古墳ミステリーツアー3 学校では絶対に教えない 世界最古の古墳 遺跡
と正統竹内文書 スメラ族 出雲族 モノノケ 33rappa

http://mimirappa.seesaa.net/article/316280340.html


管理人

私の住む広島県には、日本最古のピラミッドと云われているものが庄原にあります。
その頂上には、最重要遺跡があったそうですが、しかし、時の明治政府により、
徹底的に破壊されたそうです。
一体何故なんでしょうか・・・???
その遺跡は、何と、2万3千年も前の太古の遺跡だそうです。

そして、今回の主題の『竹内文書』に関しても、占領軍のGHQによって
数々の弾圧を受けたと記録されています。
一体何故なのでしょうか・・・???

昨日の私の記事の一部を引用します。

ザビエルは、1549年8月15日
(カトリックの聖母被昇天の祝日)に、現在の鹿児島市祇園之洲町に来着した。
日本を訪問したザビエルは、
「日本人は危険な存在である、最後の一人まで抹殺しなければならない」
とイエズス会の本部に報告した。



もしかすると・・・ですが、
今回の記事と深く関係があるかもしれないと私は考えています。




1月13日
内海 聡 氏のフェイスブックより
https://www.facebook.com/profile.php?id=100014357893194&fref=ts

竹内文書の原文にしるされた神代文字は四百種類ほどあるらしいが、
竹内文書研究家の竹田日恵氏は、現代の世界各国の文字で、
漢字とひらがなを除く表音文字のすべてが、この日本の神代文字から
派生したものではないかとまでいう。
古代エジプトや、中東ヒッタイトの象形文字、ヘブライ文字からハングル文字、
果ては、ABCのアルファベットに至るまで、世界の表音文字のすべての文字の原点が、
じつは日本の神代文字にあるという。
たとえばユダヤのヘブライ語と日本語が似ているのは有名な話だが
(表参照。君が代のヘブライ語訳も有名である)、


ミカド (帝) - ミガドル (高貴なお方)
ミコト (尊) - マクト (王、王国)
ネギ (神職) - ナギット (長、司)
ミササギ(陵、墳墓) - ムトウサガ(死者を閉ざす)
アスカ (飛鳥) - ハスカ (ご住所)
ミソギ (禊ぎ) - ミソグ (分別・性別)
ヌシ (主) - ヌシ (長)
サムライ(サムライ) - シャムライ(守る者)
ヤリ (槍) - ヤリ (射る)
ホロブ (滅ぶ) - ホレブ (滅ぶ)
イム (忌む) - イム (ひどい)
ダメ (駄目) - タメ (ダメ・汚れている)
ハズカシメル(辱める) - ハデカシェム(名を踏みにじる)
ニクム (憎む) - ニクム (憎む)
カバウ (庇う) - カバア (隠す)
ユルス (許す) - ユルス (取らせる)
コマル (困る) - コマル (困る)
スム (住む) - スム (住む)
ツモル (積もる) - ツモル (積もる)
コオル (凍る) - コ-ル (寒さ、冷たさ)
スワル (座る) - スワル (座る)
アルク (歩く) - ハラク (歩く)
ハカル (測る) - ハカル (測る)
トル (取る) - トル (取る)
カク (書く) - カク (書く)
ナマル (訛る) - ナマル (訛る)
アキナウ(商う) - アキナフ (買う)
アリガトウ(有難う) - アリ・ガド(私にとって幸福です)
ヤケド (火傷) - ヤケド (火傷)
ニオイ (匂い) - ニホヒ (匂い)
カタ (肩) - カタフ (肩)
ワラベ (子供) - ワラッベン(子供)
アタリ (辺り) - アタリ (辺り)
オワリ (終わり) - アハリ (終わり)

アメリカンインディアンやブラジルの先住民のツピーインディアンの数多くの言葉が
日本語と意味まで共通している事実はあまり知られていない。
たとえば、「あっち」「こっち」「ナンジ(汝)」「ワラジ(草鞋)」「カキ(柿)」
「イビツ(歪)」「イシベイ(石塀)」「あな(穴)」「じょこう(徐行)」・・・
これはほんの一例にしかすぎない。


<引用終わり>
-------------------------------


竹内文献とは?
http://ikuno.lolipop.jp/piramido/takeuchi/takeuchi.html

<一部引用>

天之浮船

竹内文献によればー、
今から数十万年前の超古代の日本列島は世界の政治・文化の中心地であった。
そして、越の国、つまり、いまの富山県・神通川(じんつうがわ)の
御皇城山(おみじんやま)を中心に、飛弾・乗鞍にかけた一帯が神話で云う
ところの高天原であり、すべての人類の元宮として建立された
「天神人祖一神宮(てんじんじそ いちじんぐう」という壮大なパンテオンがあった。

世界の人々は、こぞって、この元宮にお参りに来たという。
ーと云っても、現在、みなさん方が神社にお参りするという感覚ではない。
つまりここに世界の統治本部があったといい、
それがある場所を 高天原 と呼んだというのである。

高天原とは首都、世界の首都の意味だと、竹内文書はいう。
竹内文献をたどると、その中に浮かぶ世界がいかに驚くべきものかが分かる。


― 中略 ―


要約すると、
三月十六日に吉備津根本国(きびつね もとつくにー備前・備後の国をさす)に、
大綱手彦天皇(おつなてひこ すめらみこと)の霊廟(れいびょう)を造った
と云うのだがー、
この文章の最後の一節に「日来神宮」という言葉が登場したのである。

なんと読むのかー?発音は、ヒラミット。
そうー、ピラミッド、なのである。
そしてこの大綱手彦命天皇の名前から文献をたどっていくと、
ウガヤ・フキアエズ朝12代天皇の叔父に当たることが分かった。
竹内文献ウガヤ・フキアエズ朝12代天皇、時代は約2万2000年前という。

ウガヤ・フキアエズ朝とは、古事記では、神倭朝(かんやまとちょうー現在の大和朝廷)
以前にあったとされる王朝で、記紀には一代だけあったと記されている。


<引用終わり>
--------------------------------------



管理人

高天原・・・
どこかで見覚えのある地名が出て来ました。


皆さん、暗号は解けましたか!?
http://ameblo.jp/64152966/entry-12066606299.html

墜落現場は、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根

(通称「御巣鷹の尾根」でした。

正式名称は、高天原山(たかまがはらやま)といいます。

これをカバラ変換すると面白い数字になります。


T A K A M A G A H A R A Y A M A
20+1+11+1+13+1+7+1+8+1+18+1+25+1+13+1=123





123便⇒ 6
ボーイング747⇒ 666
高天原山⇒123⇒ 6

出て来る数字は、全て 6 。

これを全て偶然だと思う人は、それでもいいですが、
もし、偶然というなら・・・
恐らく、確率的には数百万分の一の偶然でしょう。

何が言いたいかというと、悪魔信仰をしている連中は、
儀式と共に、実に緻密に計算した上で計画を立案し、
信仰をもとにした数字に絶対的にこだわるという事実を
知って欲しかったのです。

つまり、高天原山に日本航空123便を誘導して撃墜するのは、
絶対的な使命であり、命令であった訳であります。


<引用終わり>
--------------------------------------



実は・・・日本が人類誕生の地だって本当!?
https://matome.naver.jp/odai/2134176617192707201


日本の超古代文明が世界中に広がっていた!?
エジプトのツタンカーメンの遺品

※注意
日本ではなくエジプトで発掘されたものです





エジプト第21王朝のファラオ、プセンネス1世の墓から出土
※注意
日本ではなくエジプトで発掘されたものです




パキスタンのタッタ遺跡



スペインのアルハンブラ宮殿の窓




<引用終わり>
--------------------------------------


どれもこれも、日本の天皇家の菊のご紋ばかりです。
超古代の日本民族が、世界各地に散らばっていったのでしょうか?

2万5千年前とかの話らしいですが・・・


日本からアジアを渡りアトランティスへ、
その末裔が古代ユダヤ人で、また日本に舞い戻って来た!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11480924253.html




2008年1月帰国の日にシアトル空港近くのデニーズ前で。
向かって左がシスコさん,右が元侍女のシェリーさん。
暗く悲しい過去にもかかわらず死ぬ覚悟が出来ているので
底抜けに陽気なのが救いでもあった。
「暗黒の母」の侍女だった多くの女性は、口封じの為に、例外なく
今日まで暗殺されて来ました。
イルミナティを脱会したシスコさんと元侍女のシェリーさん
は、今でも命を狙われ続けています。
掛け値なしの文字通り、本物のイルミナティだった人達です。


$wantonのブログ

シスコさんのポートランドの家。今は矯正施設になっている。
窓にはライフルで威嚇された弾丸の跡があった。
シスコさんは現在ワシントン州に住んでいますが
命を狙われているのは変わらない。



$wantonのブログ

シスコさんによると
ピラミッドはアトランティスの生き残りが作った
と言っていましたがこの写真を見る限りそうとしか言いようがない。



$wantonのブログ

$wantonのブログ










管理人

真性ユダヤ人は、もしかしたら、アトランティス人の
末裔かもしれませんね。
経緯を眺めるとそうとしか思えません。
ピラミッドを建造したのは、ユダヤの石工と云われています。

イルミナティというのは、そのユダヤ人の歴史の中に入り込んで
ユダヤ人になりすました白人の人達で偽ユダヤ人とも云われ、
いわゆるアシュケナ-ジと呼称されている集団です。

日本の歴史の中心に君臨して来たのは、ユダヤの末裔という説が
根強くあり、その信憑性はかなり高いようです。
日本に渡来して来たのは、他にも、漢民族、朝鮮族、マレ-系とか
様々な民族の血が混合した人種には違いありませんが、しかし、
常に、社会の最上部に君臨して、日本の歴史を創って来たのは、
ユダヤの末裔であると云う事らしいです。

http://cosmo-world.seesaa.net/article/114709064.html
~より一部引用

数年前、ロスチャイルドは淡路島や八坂神社・貴船神社・
伊勢神宮を回り感嘆したと伝えられる。
そこにあったものは、古代ユダヤ儀礼の再現であった。
今では日本こそ失われた末裔の地だというのがラビたちの
共通認識となっているといわれる。

いったい、ここ日本ははどのような地なのか?

日本には古代ユダヤの血が息づいている。
それは間違いなく、だからこそロスチャイルドも日本に
なみなみならぬ関心を寄せ、自分で淡路島に立ち、その土地を買った。

-引用終わり-


ところで皆さん、私は広島に住んでいますが、私の家から
車で2時間のところに庄原という土地があります。
実は、その庄原にピラミッドが存在しているのです。
ところが、このピラミッドが建造された年月日が問題です。
なんと、2万3千年前に造られたと科学分析されています。
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=adQaAR8hdR4J&p=%E5%BA%84%E5%8E%9F+%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89&u=www.earthkeeperh3.com%2Ftruth%2Fashitakesan.html

アトランティス大陸が沈没したのが、およそ1万5千年前
そうなりますと、怖ろしい仮説が成り立ちます。

古代ユダヤの最古の源流は、我が国、日本の地であった事になるのです。
ロスチャイルドやイルミナティが、日本に対してなみなみならぬ
関心を寄せるのは、これが本当の真相かもしれないのです。


日本⇒アジア大陸⇒アトランティス⇒古代ユダヤ人

そして、その祖先が、歴史を遡ってアジア大陸を逆流して
いつからか、日本の地に舞い戻って来た。
尚且つ、日本の土地とその全てを手に入れようとしている
可能性が大きく浮上して来ました。

この事を真に理解しなければ、今、日本と世界で起こっている
様々な出来事を本当の意味において知ることは出来ないでしょう。

日本からアジアを渡りアトランティスへ、
その末裔が古代ユダヤ人で、また日本に舞い戻って来た!




$wantonのブログ

http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=nE2KArecXW0J&p=%E5%BA%84%E5%8E%9F+%E3%83%94%E3%83%A9%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%89&u=oshienai.com%2Fkikaku%2Fgakkari%2Fgakkari02.htm

ピラミッドとして神秘視されるのは、ただ三角であることだけが理由ではない。
最初に述べたように、頂上付近に謎の巨石群が存在するのである。

古代の人が儀式に使用していたとされる巨石群。
それらがあることが、この山を神秘視し、
神のように奉っていたことの証拠となるそうだ。


$wantonのブログ




$wantonのブログ





$wantonのブログ



お知らせ

1月12日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第31号

汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』






都市伝説 ダビンチコード フリーメイソン
http://www7a.biglobe.ne.jp/~mkun/nazo/nazo.htm











AD
安倍政権がナチスそっくり“国策映画”計画!
~明治維新は日本乗っ取りのクーデターだった!







安倍政権がナチスそっくり“国策映画”計画!
明治がテーマの映画、テレビをつくらせ戦前回帰プロパガンダ

http://lite-ra.com/2017/01/post-2856.html

<一部引用>

この国はついに国策映画事業に乗り出すつもりなのか──。

今月7日、驚きの報道がなされた。
1868年の明治維新から150年の節目となる2018年に実施する記念事業として、
明治期の国づくりなどを題材とした映画やテレビ番組の制作を政府が支援する
ことを検討しているというのである。
菅義偉官房長官はこれに関し、
「大きな節目で、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」
とコメントしている。

なぜ、「明治期の国づくり」限定で国が金を出すのか?
安倍政権とその背後にいる極右勢力の思惑をもはや隠そうともしていない
この国策映画事業案には当然反発が相次いだ。
たとえば、映画監督の想田和弘氏はツイッターでこのように怒りを表明している。

〈戦時中の国策プロパガンダ映画を思い出す。
つまらない映画にしかならないことは確実だが、映画を馬鹿にするんじゃないよ。
映画は政治の道具ではない〉

政権が支援してつくらせた映画やテレビ番組で観客に何を伝えようとしているかは
言うまでもない。
明治以降の日本を「伝統」などと嘯き、戦後の日本を否定すること。
こういった思想を映画やドラマにまぶすことで、
「改憲」への世論形成の後押しにしようと考えているのは明白だ。

まるで戦前に戻ったかのような寒気のする状況になってしまったわけだが、
実は、このような動きがいずれ起こるであろうことを識者はあらかじめ予想していた。
『日本の軍歌 国民的音楽の歴史』、『大本営発表 改竄・隠蔽・捏造の太平洋戦争』
(ともに幻冬舎)といった著作をもち、文化・芸術が政治利用された歴史に詳しい
近現代史研究者の辻田真佐憲氏は一昨年前に出版した『たのしいプロパガンダ』
(イースト・プレス)のなかで、こんな示唆的な言葉を綴っている。

〈今後はエンターテイメントの舞台で、
歴史認識がテーマになる可能性は十分にあるだろう。
例えば、歴史を扱ったドラマやゲームなどが考えられる。
娯楽を前面に押し出しながら、実はその中身は特定の歴史観に基づいている
……という類のものだ〉


<引用終わり>
--------------------------------



菅義偉官房長官はこれに関し、
「大きな節目で、明治の精神に学び、日本の強みを再認識することは重要だ」
とコメントしている。



管理人

明治の精神に学び、日本の強みを再認識する・・・

当時の明治政府が謳った富国強兵とは、経済の発展と軍事力の強化によって
近代的な国家をめざした目標です。
その政策の中には、当然、徴兵制度がありました。

今現在、経済の発展を成し遂げた日本においては、暗に、
軍事力強化と徴兵制の復活を標榜しているとしか考えられない言質です。
そこには、平和を目的とした政策が全く見られません。

明治の精神と云うからには、その原点である明治維新を抜きには考えられません。
明治の精神といったものも、その明治維新が全ての出発点になっている訳です。

明治維新って、そもそも何だったのでしょうか?

私の認識では、世界金融資本が在日朝鮮人や部落民といった日本国民と反目する
マイノリティーを使った日本国乗っ取りのクーデターだったというのが真相です。

菅義偉官房長官は、これを大いに賛美していることになります。
つまり、奴隷国家~植民地になったことを喜んでいると言い換えることもできます。
純粋な日本人が、そんなことを喜び賛美するものでしょうか?


以下の記事には、その概要が書かれています。
必読 ↓ です。

なぜにここまで日本を動かした要人が同じ出自なのか?
~山口県田布施町の怪

http://sharetube.jp/article/1630/

<一部引用>

小泉の次に安倍政権、そのいずれもが朝鮮人部落だった田布施の出身である
ことが偶然であるわけがない。
ユダヤ国際金融権力は、こういう人間を使って、日本乗っ取りを支援しながら、
連中の弱みを握って、思い通りに支配してきたのだ。


<引用終わり>


薩長連合に、資金と武器を提供していたのは、世界金融資本の仲間であるイギリスです。
江戸幕府を打倒し、傀儡政権を樹立するのが真の目的でした。
明治維新より・・ずっと傀儡政権だったというのが真相だと思います。
ですから、日本国民が平和で幸せな道を歩むことなんて出来る訳がないのです。

日露戦争~海戦も、貧乏な日本国にロスチャイルドが資金提供したからこそ、
初めて可能となったのです。
ロスチャイルドの真の目的は、ロシア帝国の打倒でした。
ロシア帝国を打倒して、共産主義国家のソ連を造るのが目的だったのか?
ソ連初期の閣僚の8割はユダヤ人でした。
共産主義の思想をマルクスに資金提供して作らせたのもロスチャイルドです。
世界に資本主義と共産主義の対立の構図を作るのが目的だったと考えられます。
これによって、ロスチャイルドと世界金融資本は莫大な富を得ることが出来たのです。
そして、世界の人口削減に多大な寄与・・つまり、何千万人もの人間が死んだのです。


中国を侵略して満州帝国を建設するのもロスチャイルドの計画だったと伝わっています。
昭和天皇が、イギリスの陸軍元帥だったというのも世界金融資本の一員だったのでしょう。
皇太子が必ず英国王室に留学するのも、ある意味、説明がつきます。

明治維新は美化され、坂本竜馬は歴史上のヒーローに祭り上げられています。
大河ドラマでは、よくこの明治維新が題材になります。
しかし、真相が語られることは・・ついぞありません。
日本国民は、ウソで塗り固められた歴史とドラマを見せ続けられる破目になります。


ところで、いきなり明治維新が成功した訳ではありません。
世界金融資本の手下は、もう400年も前から日本国内で工作していたのです。



① 明治維新から、今日の現政権までに課せられた秘密指令
~日本国解体と日本民族絶滅!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12022659935.html

<一部引用>

396年計画 ~ 1549.8.15-1945.8.15

こうして一般民衆を敵視し、権力者に操縦されるだけの天皇ロボットの
歴史は、ザビエル来日の昔にまで遡る。ザビエルは、1549年8月15日
(カトリックの聖母被昇天の祝日)に、現在の鹿児島市祇園之洲町に来着した。

日本を訪問したザビエルは、
「日本人は危険な存在である、最後の一人まで抹殺しなければならない」
とイエズス会の本部に報告した。鎖国を経て、ペリーがやってきて、
孝明天皇が暗殺されて以来、日本は麻痺状態。
それ以降の天皇・日本政府はイルミナティの檻の中の実験動物のようなもの。

イルミナティは薩摩藩、長州藩に浸透した。
西郷隆盛はイルミナティの傀儡になることを拒否したため、
西南戦争で抹殺された。
孝明天皇の暗殺、明治天皇のすり替えを経て、大正天皇の頃には、
イルミナティの宮中浸透は完成していた。
大正天皇も昭和天皇も、そうした環境で育ち、
日本をイギリスやアメリカのような国家にすることを夢見ていた。

明治天皇は薩長の傀儡だった。間接的にはイルミナティの傀儡とも
言えるが、それでも、少年時代は日本人として育っていたため、
簡単には染まらなかった。
西郷を殺すことにも本心では反対していた。
それで死後に西郷の名誉回復もしている。
日清戦争にも反対していたが、明治天皇の意志に反して、行われた。
だから、明治天皇を単なるイルミナティの傀儡、国賊と言うべきではない。

大正天皇の不発クーデタ。大正天皇は精神を病んでいたといわれるが、
西園寺は自分が仕えた4代(孝明~昭和)の中で最も知性に優れていた
と語っている。
大正天皇はナポレオン、アレクサンダー大王を理想として
日本を改造したかった。
議会は廃止して天皇独裁にしたいと思っていた。
日露戦争で莫大な外債を抱えていた。議会が予算を承認しないと困る。
陸軍・海軍を増強して「帝国」にしたいのに障害になる。
その天皇の考えに山県有朋は衝突した。

裕仁は大正天皇が不発に終わったクーデタを実行しようとした。
立花隆の『天皇と東大』によると、上杉憲法学は議会の撲滅を主張していた。
議会を大政翼賛会とし、日本を破壊するための軍国主義体制を整えるように
「宮中」から指示をしていたのが裕仁である。

日本を戦争に導くため、戦争反対派(皇道派)を一掃する「きっかけ」
として利用されたのが二・二六事件だった。

イルミナティが日本を完全に抹殺するためには、
自滅の軍事力を築く必要があった。
そうしてイルミナティの軍隊で占領する必要があった。
遠くイギリスから軍隊を派遣することはできない。
ではどうやって抹殺したのか?
エージェントを養成し、西洋のような国を目指すように仕向け、
大きな軍隊を作り、戦争を起こさせて、自滅させるのだ。

良識ある官僚、政治家、軍人ならば、そんなことは反対する。
英米、中国、ソ連と世界のすべてを敵にするような戦争をするわけがない。
その反対を押し切るためのエージェントが天皇だった。
英米の言いなりになるアホをトップに据える必要があった。
その仕掛けが、絶対的天皇主義。
それが完成したのが二・二六の後。

二・二六事件までは陸軍の圧倒的多数は中国大陸での戦争に反対していた。
中国に100万の軍隊を展開しながら、太平洋でアメリカと戦うのは、
自滅の戦争であることが子供でもわかる状態だった。
だが、それに反対するのは、天皇が許さない。
そういった仕組みが二・二六で完成した。

②に続く


② 明治維新から、今日の現政権までに課せられた秘密指令
~日本国解体と日本民族絶滅!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12022662419.html


http://ameblo.jp/64152966/entry-12022663254.html


http://ameblo.jp/64152966/entry-12022665119.html


http://ameblo.jp/64152966/entry-12022667326.html


http://ameblo.jp/64152966/entry-12022669488.html


http://ameblo.jp/64152966/entry-12022672147.html


http://ameblo.jp/64152966/entry-12022674771.html


<引用終わり>
-------------------------------------------------



管理人

最後に・・・
真の愛国心とは、日本国民の恒久平和と幸せを願うこと。

現在の安倍政権は、その真逆なことばかりをしています。
その事実をより多くの日本国民に知らせる必要を痛感しています。
この記事が、その一助になることを心より願って止みません。


NHKの大河ドラマ『坂の上の雲』は、ひどいプロパガンダドラマでした。

森麻季さんの歌とStand Aloneの歌詞は大変素晴らしいのに・・
プロパガンダに利用されて、心から残念でなりません。


Stand Alone/森麻季 NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」より






お知らせ

1月12日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第31号

汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』




狂気の戦場 ペリリュー~“忘れられた島”の記録~









AD
二つの重要な記事をお届けします。







其の一.

2017年1月12日
全身転移のがんが消えた…常識破り
「副作用のない抗がん剤」誕生秘話

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50647


簡単なまとめは、健康になるためのブログ さんより拝借
http://健康法.jp/archives/25943

ただし、これが転移したりするとやっかいである。
外科手術ができないから、あとは抗がん剤となるが、これが問題なのだ。
なぜなら、がん種にもよるが、ほとんど役に立たない。
抗がん剤で治る可能性はわずか5%なのである。

がんで死んだのか、抗がん剤の副作用で死んだのか
わからないことがよくあるのはこういうことである。

抗がん剤はなぜ効かないか。
なぜ副作用があるのだろうか。
そのことがわかれば、逆にこのP-THPが、通常の抗がん剤よりも治癒効果が高く、
副作用がない理由も理解できると思う。

抗がん剤を点滴しても、がん細胞に到達したときは、
点滴した量の100分の1以下に薄まっていることがその理由の一つだ。

では、薄まってもいいように、最初から100倍投与すればどうか。

こんな実験がある。抗がん剤が、がん細胞を殺す量はわかっているので、
その量が腫瘍に届くように投与したらマウスはすべて死んだという。
人間も同じで、がん細胞が死ぬ量を投与して、
人間が耐えられる抗がん剤は存在しない。

つまり、どんな理屈をこねようとも、
理論的に抗がん剤は効かないということだ。

抗がん剤とは、患者を生きるか死ぬかの瀬戸際まで追い込んで、
運良く腫瘍の方が先に死んでくれればラッキーという、
まるでバクチのような「薬」なのである。

がんと闘うためには、これらの欠点をクリアしたものでなければならない。
正常な細胞を殺さず、
がん細胞にとって致死量にあたる毒物を一気に降り注ぐ抗がん剤だ。
それが前田教授の開発したP-THPだった。

分子生物学の権威であるアメリカのロバート・ワインバーグ博士によれば、
転移していないがんで死亡するのは約10%、
残りの90%は転移したがんで死んでいるという。
つまり、抗がん剤は転移したがんに効かなければ治せないということだ。

従来の抗がん剤は転移したがんには効かなかったが、
P-THPは先に述べた3つのステップで転移したがん細胞にも薬剤が届くのである。

発見というのは、あとで振り返ってみたら、あまりにも単純すぎて驚くことがよくある。
ピラルビシンという古い抗がん剤にポリマーをくっつけただけなのに、
従来の抗がん剤とは違う、まったく新しい抗がん剤が誕生したのである。

こんなすごい抗がん剤なら、なぜ保険薬にならないのだろうか。

保険薬にするには製薬会社が関わる必要がある。
ところが、P-THPに使われた抗がん剤は、古い抗がん剤で薬価も決まっているから、
何千万という高額な値段をつけられない。
つまり、企業にとって大きな利益をもたらさないということである。

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智さんは、
前田教授の研究を《癌との闘いに光明を示した一科学者の独創的な戦略と優れた戦術》
と絶賛したが、製薬会社はそういうふうには見ないのである。


<引用終わり>
---------------------------------------


管理人

「副作用のない抗がん剤」・・なんて存在するのでしょうかね?
保険適用外の薬だそうですから、使用者の多くの知見が集約されていません。
宣伝元は、都合のいいことしか発信しませんから慎重に扱うべきと思います。
つまり、単に紹介するだけのようなベタ記事では駄目という事です。

また、結果的に・・・
既存の「抗がん剤」礼讃につながるプロパガンダになる可能性すらあります。
次のメルマガで取り上げるかどうかを検討しています。
取り上げる事が決まったら、徹底的に調査する予定です。
メルマガアドバイザーの化学者の教授にもご意見を聞いて見るつもりです。





其の二.

2017年1月12日
日本人だけが知らない!日本の野菜は海外で「汚染物」扱いされている
野放しの農薬・化学肥料大国

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50668

「奇跡のリンゴ」を作った男・木村秋則と、
「ローマ法王に米を食べさせた男」・高野誠鮮の二人が、
往復書簡のやりとりで日本の農業の未来を語り尽くした刺激的対論集
『日本農業再生論』が発売され、話題となっている。

TPPの対応で揺れ、原発事故で安全安心が揺らいでいる日本の農業――。

人のやらないことをやり、大きな結果を出してきた木村と高野が、
今の農業の問題点を洗い出し、膿を出し切った上で、その先に進むための
「自然栽培」という切り札について、熱く書き上げた往復書簡。
その一部を紹介しよう。


日本の農産物、まったく安全ではありません

木村 平成27(2015)年7月、イタリアのミラノでスローフード協会が主催した
農業関係者の集いに招待されました。

世界80ヵ国から参加した6000人もの若い農業関係者が一堂に集まり、そこで私は、
「21世紀は農業ルネサンスの時代だ」というテーマで、肥料、農薬、除草剤を使わない
自然栽培で作ったリンゴの話を中心に、安心、安全な農業を復活(ルネサンス)
させようというスピーチをしました。

すると講演後に、一人の若者がつつっと寄ってきたのです。
立派なあごひげのエジプトの青年で、真顔で私の目を見つめ、こう言ってきました。

「木村さん、日本の寿司や和食はとても有名です。
でも、本当に安心して食べられるのですか?」


日本の和食は平成25(2013)年にユネスコ無形文化遺産に登録され、
ローカロリーでヘルシーということもあって、世界の多くの人から愛されています。
なのにこの青年はなにを言ってるのだろう。
もしかして福島第一原発の事故による放射能汚染のことが心配なのかなと
思って聞いてみたら、

「いいえ。チェルノブイリ原発事故の例があるから、
放射能汚染の深刻さはわかっています。それではなく野菜の硝酸態窒素の問題です。
日本では硝酸態窒素が多く含まれた野菜をいまだに売っていると聞いています。
なぜ日本人はそんなに無防備なのですか?」


と。すると「そうだ、そうだ!」と言わんばかりに、
肌の色の異なった20人ほどのでかい若者たちに囲まれて、
「日本の食材は本当に安全なのか」と、つるし上げを食らったんです。


皆さんは聞き慣れない言葉かもしれませんが、
硝酸態窒素は多くの病気の根源とも言われている怖ろしいものです。

今から60年ほど前のアメリカで、ある母親が赤ん坊に裏ごししたホウレンソウを
離乳食として与えたところ、赤ん坊が口からカニのように泡を吹き、
顔が紫色になったかと思うと30分もしないうちに息絶えてしまう
悲しい出来事がありました。
ブルーベビー症候群と呼ばれるものです。

牛や豚、鶏などの糞尿を肥料として与えたホウレンソウの中に
硝酸態窒素が残留していたんです。

硝酸態窒素は体内に入ると亜硝酸態窒素という有害物質に変わり、
血液中のヘモグロビンの活動を阻害するので酸欠を引き起こし、
最悪の場合死に至ってしまう。
また、発がん性物質のもとになったり、糖尿病を誘発すると言われている
怖ろしいものなんです。

家畜の糞尿は有機栽培でも使われますが、
堆肥を十分に完熟させてから施せば問題はありません。

しかし未完熟の堆肥を使うと、
とくに葉ものには硝酸態窒素が残ってしまうので危ないのです。


<引用終わり>
---------------------------------------



【放射能大観】~大量の窒素酸化物を発生させ、
社会環境や人体にカビが大繁殖する!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12070434932.html



空気中の放射線はオゾンや窒素酸化物を発生させる。

そして、この窒素酸化物により社会環境や人体の外部、

そして、体内にカビが大繁殖する事態に陥る。




管理人

メルマガ第31号〜汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!
~一部引用

夜中におなかが空きまして、田舎ですから止む無くコンビニに行きました。
ところが、色々と見て回っても食べて良いものが何も見つからなかったという経験を
何度も嫌というほど味わいました。
弁当は論外でダメ、クリ-ムや余計なものが入っていないシンプルなパンを物色して
買って帰りました。
家に帰って、ほとんど無地のパンの表示を見てガックリしました。
なんと、甘味料としてアスファルテムKの毒性添加物が入っていたのです。
私は、翌日、パンの入った袋ごと、そのコンビニのゴミ箱に捨てに行きました。
〇〇製パンでしたが、あそこは本当にダメ会社ですね。

弁当もパンも駄目で、ジュ-スなどの飲み物も全滅と来ています。
お菓子など、添加物だらけで論外です。
コンビニには、口に出来るものなんて、ほとんど何もありません。
そして、家に帰ると、意図的とも思えるほど塩素がぶち込まれた水道水です。

ス-パ-に行くと、農薬まみれの野菜や果物がずらりと並びます。
また、外食産業で提供されるものは、そのようなものばかりです。
そして、より汚染されたコメや野菜を安く仕入れたブラック会社が勝つ仕組みの社会。

ねぇ~皆さん・・・
これで、病気にならないほうがおかしいんじゃありませんか?


<引用終わり>
---------------------------------------


病気にならないほうがおかしい社会・・・
これが、今の日本の本当の姿です。
悲惨です。

この惨状をしっかり認識している人だけが生き残れる???
酷い話です。
周りにあるほとんど全てのものが汚染されています。
農薬、放射能、毒性添加物・・・

空気も水もあらゆる食べ物も汚染され尽くした社会。
汚染されていないものなんてあるのでしょうか?

ある日、突然、ガンを宣告されて悲嘆にくれる。
そして、苦難と苦闘の日々が死ぬまで続くことになる訳です。

この事実~真相をより多くの人に拡散したい思いが強いです。
そして、更に、頭に深く刻んで欲しいと願って止みません。
それ以外に、あなたと家族の健康を護る方法は無いのではないでしょうか。
また・・・汚染された日本の社会も決して変わることはないでしょう。









お知らせ

1月12日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第31号

汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』





André Rieu - Once Upon A Time In The West -TOSKANA











AD
「子宮頸がん」のほとんどは
ガンではなく、「上皮細胞の慢性変化」






本物の「子宮頸がん」とウイルスによる「できもの」(上皮細胞の慢性変化)の
診断の違いで、患者の生命、人生が決まる。


「子宮頸がん」のほとんどが、ヒトパピローマウイルス等のウイルスによる
「できもの」(上皮細胞の慢性変化)の可能性が高い。

注目すべきは「上皮内がん」のほとんどから、
性行為で感染するヒトパピローマウイルスの痕跡が見つかるという事実です。
一般には、この事実をもってウイルスが「上皮内がん」の原因になっていると
考えられていますが、むしろウィルス感染を原因とした
「上皮細胞の慢性変化」と考えるべきではないか。


「子宮頸がん」は

① 本物の「子宮頸がん」と

② ウイルスによる「上皮細胞の慢性変化」がある。

病理診断で、癌と慢性変化を区別しがたいことがある。
病理医でもどちらか判断が難しい。
上皮細胞がウイルス感染ににもとづく慢性変化によって
癌のような顔つきになっていても、全然不思議ではない。


病理診断そのものの問題点。

近藤誠 最新刊「あなたの癌はがんもどき」32ページ~40ページ
あいまいながんの定義。
あいまいな病理医の診断基準。
病理診断が義務化されていない現実


子宮頸がんが増えているというニュースは伝えるが、

誰も(近藤誠氏を除く)、ヒトパピローマウイルス等のウイルスによる「できもの」
(上皮細胞の慢性変化)が増えているにしか過ぎないということを指摘しない。


近藤誠 最新刊「あなたの癌はがんもどき」梧桐書院より

子宮頸がん(119P)
米国で子宮頸部のゼロ期のがん67人の経過観察(無治療で放置観察)
をした報告があります。

結果、がん細胞が上皮外に浸潤したのが4人、ゼロ期が一期になったわけです。
別の5人は浸潤した可能性があるものの、判定が難しく、浸潤したとは断定されていない。
残りの58人中、「上皮内がん」に留まったのが41人。

17人はがんが自然消滅しました。
私が経過を見た子宮頸がんの患者はゼロ期から一B期まで十数人を数えます。

分かったことがいくつかあり、ゼロ期と思われる数人は、不変であるか、消滅しました。

ゼロ期か一A期か、判然としない人も、不変であるか、消滅した。

問題は一B期で、がんが増大するケース、そのまま不変であるケース、
消失するケースに別れました。


「上皮内がん」の本質を簡単にまとめました。

「上皮内がん」の発生頻度を見ると、
欧米でも日本でも、性的活動が活発な30代、40代が高く、
60代、70代になると頻度ががくんと落ちます。

ところが浸潤がんや頸がんによる死亡率は、高齢になるほど高くなる。
「上皮内がん」が浸潤がんの前身であるなら、高齢になるほど「上皮内がん」の
頻度が高くなるはずですから頻度が下がるというのは矛盾します。


注目すべきは「上皮内がん」のほとんどから、性行為で感染する
ヒトパピローマウイルスの痕跡が見つかるという事実です。

一般には、この事実をもってウイルスが
「上皮内がん」の原因になっていると考えられています

が、むしろウィルス感染を原因とした
「上皮細胞の慢性変化」と考えるべきではないか。

じつは病理診断で、癌と慢性変化を区別しがたいことがあるのです。
その一例として、ある種の胃の悪性リンパ腫があります。
以前は胃摘出が治療法でしたが、最近ではピロリ菌の除去療法を行います。
そして除菌が成功すると、多くの悪性リンパ腫が完全に消えてしまうので、
消えたものは癌というより、慢性変化ないし慢性炎症です。


( 従って、癌を意味する「悪性リンパ腫」を廃し、
良性を意味する病名に変更すべきである。
しかし病理医は今でも「悪性リンパ腫」と診断している。)

上皮細胞がウイルス感染ににもとづく慢性変化によって
癌のような顔つきになっていても、全然不思議ではない。

むしろ放置した場合、大部分が浸潤しないで消えてしまうことや、
性的に不活発な年代になると「上皮内がん」の頻度が下がることを
きれいに説明できます。

ただし、「上皮内がん」のすべてがウイルスによる慢性変化ではなく、
ごく一部に本物の癌が混じっているのでしょう。


「上皮内がん」とは

上皮内がんとは、がん細胞であるものの、まわりの組織に広がる能力がなく、
上皮内で細胞分裂を繰り返している状態のものを指します。
そのため、切除手術を行えば理論的には転移の可能性が無く、
数日から1週間ほどの入院で治療が可能です。

がんが悪性新生物と呼ばれるのに対して、上皮内がんは上皮内新生物と呼ばれ、
英語名でもがんを表す「cancer」ではなく、
「carcinoma in situ(=CIS)」という名前がついています。



子宮頸がんワクチンの99.9%が
接種をした女性に全く効果がない事を厚労省が認めた

http://ameblo.jp/64152966/entry-11506713698.html

先日定期予防接種になった子宮頸がん予防ワクチンについての事実です。

日本で現在認可接種されているワクチンはガーダシルとサーバリックスの2種類です。

どちらも、16型と18型のHPVに対するワクチンです。

ここで質疑を見てもらうと、

日本人の一般女性でHPVの16型に感染している人は0.5%、
18型に感染している人は0.2%だと厚労省が発言しています。

99.5%の人は感染していないウィルスのためのワクチンだったんですね。

さらに副反応については、

インフルエンザワクチンに比べて、

サーバリックスは38倍 そのうち重篤な副反応は52倍

ガーダシルは26倍 そのうち重篤な副反応は24倍

こんなにも多いんです。

また子宮頸がんについても、

HPVウィルスは性活動のある女性の50%は感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄されると認めています。

その上、適切に治療すれば治癒率はおおむね100%と発言されています。

つまり、HPVはありふれたウィルスで多くの人が感染し、
感染しても90%以上は自然に排泄してしまうもの。

仮に持続感染しても適切に治療を行えばほぼ100%治る。

このウィルスのなかのしかも99.5%の人が
感染していないタイプのウィルスに対して、
インフルエンザワクチンの何十倍もの副反応が出るワクチンを打つ
という事はどういう事なんでしょう?

しかも対象は小学校6年生から中学生、高校生。

10代の若い女の子に打つわけです。

厚労省が認めたこの事実をあなたはどう考えますか?


資料 (HPV)ワクチンに関する ファクトシート - 厚生労働省


以上、引用終わり
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


もみじ
様々な危険性が指摘されているのにも関わらず政府はこのワクチンを推進し
今月から定期接種化となってしまいました。


2013.3.28の厚生労働委員会質疑の模様です。




お知らせ

1月12日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第31号

汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』












ガンにかからない村の秘密

テーマ:
ガンにかからない村の秘密










大紀元 ~より

ガンにかからない村の秘密
http://www.epochtimes.jp/2015/10/24603.html

中国南部の広西チワン族自治区は、長寿の村が多いことで知られている。
同自治区桂林市茘浦県のある村は人口3653人、ガンに罹っている人は一人もいない。
現状がたまたまそうだというのではなく、
村の歴史上、これまでガンに罹った人は一人もいないのだ。

医療関係者から注目されたこの村に米国の専門研究チームが住みついて調査した結果、
癌に罹らない要因は、村民が常に食べている現地で採れた里芋であると報告された。
台湾メディアが伝えた。

この地区の村には貧しい家庭が多く、村民は自分の畑から採れたものしか食べられない。
土地は痩せていて、量産できる農作物は里芋のみである。
そのため1日3食、里芋を食べている家庭が多い。
茘浦県産の里芋は肉が細かく香りも良く、地域の名産品で、
近隣の観光地では土産品として売られている。
清代には皇帝に献上され、乾隆帝が大変好んだと伝えられている。


里芋がガンを抑制できる理由として、専門家は以下の点を指摘している。

1、漢方医学の理論では、里芋は味が甘く、平性で、軟堅(堅いものを柔らげる)、
散結(固まったものを散らす)、解毒などの作用がある。
里芋を毎日30グラム食べると、甲状腺ガン、肝臓ガン、リンパ肉腫などに対し、
予防と治療の効果が期待できる。

2、里芋はアルカリ性食品で、身体に蓄積している酸性物質を中和する作用がある。
この作用によってガン細胞が好む酸性環境が改善されると、
ガン細胞の増殖を抑制することが期待できる。

3、里芋はタンパク質、カリウム、カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、カロチン、
ニコチン酸、ビタミンC、ビタミンB群など栄養が豊富で、免疫力を高める効果がある。

4、里芋のぬめり成分であるガラクタンは、免疫力向上とガン細胞増殖の抑制に効果がある。

(翻訳編集・金谷)


<引用終わり>
----------------------------------------


管理人

里芋を見直す必要がありそうです。


解毒などの作用がある。
里芋を毎日30グラム食べると、甲状腺ガン、肝臓ガン、リンパ肉腫などに対し、
予防と治療の効果が期待できる。
ガン細胞の増殖を抑制することが期待できる。



恐らく、農薬は使っていないのでしょう、貧しい地域ですから。
そこが、日本と大きく違うところかと思います。

違うといえば、住環境もまるで違います。
水も空気も汚染されていなくて綺麗であること。
無論、食べ物も同様でしょう。

逆説的に考えれば、そのような綺麗な住環境だとガンにさえならないのかもしれません。
ガンになるのは、必ず原因があるはずです。
そういう意味では、悲しいことですが、
日本は、中国南部の広西チワン族自治区とは対極にあります。

今は、多くの人が放射能のことばかり取り上げていますが、それ以前に、
車や工場からの排気有毒ガス、毒性食品添加物、農薬、有害電磁波・・・
それに、放射能まで加わるのですから最悪です。


例えば、青森六ヶ所再処理工場が動き出した頃と時期を同じくして
青森県のがん死亡率が11年連続でのワーストというのも
何等かの因果関係が疑われるのは仕方ないと思います。


青森六ヶ所再処理工場~推定33京ベクレル/年放出
~周辺への影響無し!?~福島どころじゃないぜ!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12099427828.html





国立がん研究センターによると、2014年の都道府県別のがん死亡率
(人口10万人あたり何人ががんで死亡したか)で最も高かったのは
青森県で、2004年から11年連続でのワーストとなりました。





しかし、皆さん・・・悲観するのはまだ早いです。
我が国、日本にはとんでもなく優れたものがあるのです。
その流れから、今回のメルマガの内容を決めました。

★メルマガ第31号
汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

ガン患者や放射能汚染地域の人は必読です。
一般の人も、必ず、ガン予防や難病対策になると確信しています。
1月13日に配信する予定にしています。



以下は、広西チワン族自治区の景勝地です。




お知らせ

1月3日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第30号

身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】












米国政府も認めた癌の秘密
~人体環境汚染起因ガンと悪性遺伝子合体起因ガン





るいネットさんのサイトより
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&t=6&k=2&m=288090

<転載開始>

先日、行きつけの店で、常連さんが、すい臓癌と診断され、癌摘出の為に入院して
手術をうけると、癌ではなく誤診で有る事が分かったそうです。
しかし、恐ろしいのは、すい臓というのは一度しか手術できないそうで、
癌と誤診され切ってしまった以上、将来癌になったときに摘出できないから・・
との理由で何も問題のなかったすい臓を摘出されてしまったそうです。

以下のサイトにどれだけ癌に関する誤診が多いか出ています。


以下、フレンズ歯科クリニックさんのブログ~より
http://ameblo.jp/friends-dc/entry-11675878919.html



こんばんは♪

今までの記事で予防接種は、アメリカ政府が作った国家安全保障覚書200という
公文書の中に人口削減政策の一環として使うことが明記されている。
またその原材料には中絶胎児の細胞が使われているという事をFDAが認めている。
等と言う事をお伝えしてきました。

そして、癌の流行に関しても、政府側の機関である米国癌協会が
何百万人という人々は、本当は癌じゃないのに、癌という診断を受けて、
本当の癌を発症してしまう危険性のある手術、抗がん剤、放射線療法の三大療法を受け、
命を落としているということを認めていました。

公的な機関が認めています!
ワクチンが人口削減に結びついていたり、癌産業が合法的な殺人であることは、
陰謀論でもなんでもなく、単なる事実なんです。

だから私はがん検診は受けませんし、がん保険にも入っていません。
だって、よく考えれば、検診で癌もどきを癌と診断されて、
免疫力を弱らせて良性腫瘍が本物の癌になっちゃうような治療を受けるための
準備なんて必要ないと思いませんか?
でもその代わりになるべく食べるものに気をつけたり、ちょっとお高いのですが
抗酸化力が半端じゃないと分かったのでノ二ジュースを飲んだりしています。
そして体調を崩した時の私のかかりつけ医は太陽です!

(中略)


■ 米国癌協会が何百万人もの人が癌と誤って治療を受けていることを認めた
http://www.naturalnews.com/042789_National_Cancer_Institute_false_treatments_misdiagnosis_epidemic.html

ここ何十年の間に非常に多くの人々が実際には病気に罹っていなかったのに、
癌の治療を受けていたことを米国ガン協会に委託を受けた新しい報告書で認めました。
米国医学協会ジャーナルのオンライン版に、癌の過剰診断と誤診が癌の流行を作った
主要な2大原因で、そうでなければ健康だった人も、不必要な化学療法や放射線療法を
受けていたという政府の研究が発表されました。

この報告は多くの癌の診断のあり方に大きな一石を投じました。
例えば乳がんですが、時々それは良性腫瘍で全く乳がんではないのに、
非浸潤性乳管ガンと診断されることが有ります。
しかしながら、何百万という非浸潤性乳菅ガンと誤診された女性は何も告げられることなく、
本来なら健康上の問題を引き起こすことのない状態なのに、続いて癌の治療を受けます。
それは男性でも同じで、前立腺上皮内高度腫瘍形成(HGPIN)は前癌病変の一種ですが、
通常はこの状態でも癌と診断され、誤って治療されます。

◆従来のがん治療が癌に導いている事を再確認しよう

米国がん協会が政府出資の機関であり、従来の癌の診断や治療のやり方を好む
という事を考えても、これらの研究が誤りであったとしても、
この報告はとてもショッキングなものです。
そしてもっと悪いのは、誤診されたことを告げられずに、毒物や放射線で治療を受けた、
健康な人々で、彼らは治療が原因で本物のガンを発症し、
その結果死亡した場合も有るでしょう。

つまり、多くの診断方法では良性と悪性の腫瘍の細胞の違いを診断できないので、
「早期診断」自体が根本的に間違っていると言えるでしょう。
これは、ありもしないガンと誤診を受け、癌の治療で本物のガンを発症した
多くの人々の治療のモデルが、全く不条理だったことを証明しています。

「早期がんが発見され、手術、化学療法、或いは放射線療法等を受けた患者の中には、
それらの腫瘍の中には幹細胞が豊富であることから、
それらの従来の治療が原因で悪性化した場合も有るでしょう。」と、
グリーンメドインフォ.comのセイヤー・ジーは説明しています。

「例えば、ほんの少し前にUCLAのジョンソン・コンプリヘンシブ・ガン・センター
の研究者により発見された放射線療法で使われる放射線の波長は、
乳がんの細胞を高度に悪性化したがん細胞様の幹細胞に変化させます。
その波長は後続の治療方法より30倍発がん性が高い事が分かっています。」

◆癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません

ジー博士の見解によれば、体内の癌は厳しい治療で積極的に戦うべき外敵ではなく、
むしろ生存の為のメカニズムが働いているということです。
身体は絶えず、栄養不足の状態にあったり、例えば負担の大きい放射線、発ガン物質、
その他の環境や食物からの毒にさらされると、
それらの攻撃に反応してガンが育っていきます。

「全世界的な癌は外敵で戦うべき相手だという見方から、
栄養不足、発ガン物質や放射線に溢れる荒れ果てた環境から
恐らく生き延びるためのものだという見方にシフトする必要がある。」と、
ジー博士は付け加えました。


◆参考文献

こちらがアメリカ医学協会誌に掲載された「過剰診断と過剰治療がガンの発育の機会」
という論文が載っているサイトです。

「過剰診断と過剰治療がガンの発育の機会」
http://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/1722196

(翻訳文終了)


<転載終わり>
----------------------------------------



管理人

フレンズ歯科クリニックさんの記事は、既に、存在しないようです。
医師会⇒歯科医師会⇒フレンズ歯科クリニック・・といったルートで
何等かの圧力があった可能性を疑います。
今回の私の記事が、アメブロサイトから削除されなかったら・・・
その可能性が高いと思います。
つまり、自発的に削除させられたという事になりましょうか。

そういう意味においては、逆に、重要な記事の証とも考えられます。
大変困る人達がいるということなんでしょう。
しかし、我々の立場からすると、是非、知っておかなければならない理由になります。
それが、今回、私が記事に採用した一番の理由でもある訳です。


今回の引用した記事の内容も大変重要ですが、
もう一つ極めて重要なポイントを書いておきます。

転載記事から一部引用します。

◆癌は身体が生き延びるための手段で、外敵では有りません

ジー博士の見解によれば、体内の癌は厳しい治療で積極的に戦うべき外敵ではなく、
むしろ生存の為のメカニズムが働いているということです。
身体は絶えず、栄養不足の状態にあったり、例えば負担の大きい放射線、発ガン物質、
その他の環境や食物からの毒にさらされると、
それらの攻撃に反応してガンが育っていきます。

「全世界的な癌は外敵で戦うべき相手だという見方から、
栄養不足、発ガン物質や放射線に溢れる荒れ果てた環境から
恐らく生き延びるためのものだという見方にシフトする必要がある。」と、
ジー博士は付け加えました。

<引用終わり>



★先ず、ガンには幾つもの原因と種類が存在しています。
ですから、 ジー博士の見解は一面的に過ぎないと私は考えます。
無論、ジー博士の見解のようなガンも存在しますし否定はしません。

つまり、環境汚染や放射線、食品添加物に含まれる化学的毒性物質による
明らかな発生源を有する発ガンは確かに存在します。
その発生源の毒性や力の強さによって悪性度にも違いが生じます。


しかし、最も悪性度の強いガンについての説明がありません。

世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html

<一部引用>

HeLa細胞は、ヒトパピローマウイルス(HPV)という子宮頚癌の原因ウイルスに

感染して、そのウイルス遺伝子がHeLa細胞の中に組み込まれてしまっていたのだ

という事が後の研究でわかってきました。


◎ここが今回の最も重要なポイントです。


<引用終わり>


つまり、少なくとも、ガンの正体は大きく分けて二つあると考えています。
これをきちんと分類しておかないと、対処の仕方も間違えてしまう事になります。
ちなみに、遺伝的要因というものは、親が環境に影響を受けて発症したガンの遺伝子が
子供に遺伝したということで、これは結局、人体環境汚染起因に分けられると考えます。

さて、HeLa細胞は、全然違うものだとご理解いただけると思います。
ウイルスやカビ菌の遺伝子と人の細胞の遺伝子が合体した大変怖ろしいものです。
ウイルスやカビ菌の繁殖力が、そのままガン細胞の繁殖力になってしまいますので、
その悪性度という点については、人体環境汚染起因を凌駕するものです。
これを悪性遺伝子合体起因とでも名前をつけたらよいのでしょうか。

① 人体環境汚染起因ガン

② 悪性遺伝子合体起因ガン


以上の二つを同列に論じるのはナンセンスです。
当然、分けて考えるべきですし、治療法も違って来るのは明らかです。
私が、ジー博士の見解に異論を述べるのもご理解いただけると思います。

そして、この①と②についても、それぞれに治療法はあると考えています。

今日まで、ガンの真相は秘密にされてきました。
実際に、ガンになってしまったら、大変複雑な名前のガンの病名がつきます。
多くの患者さんは、そこで思考停止になってしまって、
その全てを病院やお医者さんまかせになってしまう場合がほとんどです。
その結果、どうなるのかが問題です。

秘密にするのには理由があります。
世界の製薬会社の莫大な利益と、そして、人口削減目的があると考えています。
そして、その真相を語る著名人は、ポアされる運命になる訳です。


名誉教授の安保徹氏、12月6日に突然死
~検索すると新聞で死去のニュ―ス記事が見当らない!

http://ameblo.jp/64152966/entry-12226985539.html


一部の人は、そんなに人の為になる情報なら、メルマガではなく、
何故、ブログで記事にしないのかといった反感を覚える方もおられる事と思います。
しかし、ずっと、それを続けていれば、いずれ・・安保徹先生と同じ運命に
なってしまうことを是非、ご理解いただきたいと存じます。

そもそも、この記事からして、既に、相当ヤバイ代物です。
リンク元の記事は、削除されて・・もう見ることすら出来ないのが実情なんです。
更にもっと深い内容は、もうメルマガで伝えて行くしか方法が見当りません。






お知らせ

1月3日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第30号

身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】











安倍首相が「共謀罪」法案強行を表明!
~難癖、こじつけ、拡大解釈で市民を簡単に逮捕も!









管理人

世界には、イスラム過激派を含めたあらゆるテロ組織の組織図というものがあります。
ISISが、モサドやCIAのひも付きであることは、皆さん、ご存知の通りですが、
しかし、その他のあらゆるテロ組織も、こういった諜報機関のひも付きなんです。
残念ながら、その『秘密の組織図』をブログで公開することは出来ません。
該当記事はおろか、私も削除対象になりかねないからです。

何が言いたいかと申しますと・・・
テロ事件のほとんど全てといっていい、そのものが、
某国や巨大組織が引き起こしたものであるということです。
それは、一般的には「偽旗テロ」と呼ばれています。

今後、日本国内で起きるかもしれないテロ事件も、例外では有り得ません。
もし仮に、日本国内でそういったテロ事件が起こったとしても、当然、
日本政府は取り締まる事さえできませんし、また、そのつもりもありません。
アメリカの植民地=日本が、CIAを取り締まれないのは子供にだって分かります。

つまり、この「共謀罪」は、
そのようなテロ事件の為のものでは決して無いというのが真相です。
政府に反感を抱き反発する国民を弾圧するのが本当の目的です。
しかし、残念ながら、国民の多くは政府のウソに騙されてしまいます。

難癖、こじつけ、拡大解釈で市民を簡単に逮捕出来る社会の到来です。
警察は大喜びでしょう。
権限と利権の拡大は保証されますし、何よりも大きな利益を得ることが出来ます。
でっち上げや冤罪が増えるのは確実です。

ツイッターやブログだけではなく、あらゆるサイトがスクリ-ニングにかけられ、
特定の語句に引っかかれば、危険サイトに指定され、更に、影響力のある順から、
徹底的に監視対象とされ、場合によっては取り締まりの実力行使に出られる恐れが出てきます。

正しいことや真相を口にする人は、弾圧されることになります。
もう、他人事の話ではなくなってしまうのです。
多くの人が無関心でいると、きっとそうなります。

影響力のある人は、既に、盗聴・盗撮されている可能性すらあります。
難癖、こじつけ、拡大解釈で何だって出来てしまうので大変タチか悪いです。

私は、自分の内なる心の良心に従ってこの記事を書いています。
より多くの人に、この真相を拡散して欲しいと思います。





2017.01.07.
安倍首相が「共謀罪」法案強行を表明!
“テロ対策”は建前、市民運動やジャーナリストも簡単に逮捕できる社会へ

http://lite-ra.com/2017/01/post-2834.html?utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

<一部引用>

ついに安倍政権が“戦時体制”づくりのために、
あの危険極まりない法案を復活させる。
今月5日、安倍首相は組織犯罪処罰法改正案、つまり「共謀罪」法案を
20日に召集される通常国会に提出すると明言した。

しかも、今回の共謀罪法案提出を“東京五輪開催を控えてのテロ対策”であると強調。
安倍首相は「テロ準備罪」というお得意の言い換えで法案を提出するとし、
菅義偉官房長官も「テロを含む組織犯罪を未然に防ぐことを国民の皆さんも望んでいる」
などと述べている。

― 中略 ―

くわえて、その「合意」というのも、ただ目配せしただけでも捜査当局や裁判所から
“暗黙の共謀”と解釈されうるということが、過去に廃案となった法案の国会審議から
判明している。
さらに、共謀罪が適用されるであろう犯罪はなんと700近くに及び、
“テロ”とは無関係のものがほとんどだ。

つまり、警察の恣意的な捜査によって、犯罪の事実がなくてもあれこれこじつけて
逮捕できてしまう、それが共謀罪なのだ。


〈共謀罪が導入されれば、日本でもさまざまな市民運動──反戦運動や労働運動、
環境保護運動、消費者運動など、体制や枠組みに抵抗するような動きをする人間には、
いつでも共謀罪が適用されて逮捕されるおそれが高まる。
適用されるかされないかの線引きは当局側に委ねられるのだから、それは自然の成り行きだ〉


〈共謀罪とは要するに、「権力に隷従したがらない者を徹底して排除する」、あるいは「排除される危険を見せつけて萎縮させる」仕組みなのである〉

共謀罪が適用されれば反対運動は萎縮し、
しかも社会には「デモはテロのようなもの」という認識が広がり、
さらには「政治的な問題には口を出さないほうがいい」という空気がいま以上に醸成される。
それはいつしか「政権に楯突くことはあってはならない」というところまで行き着くだろう。
思想信条を弾圧によって取り締まり、戦時体制化をより進める……
共謀罪が「現代の治安維持法」と呼ばれる所以だ。


〈おそらくは共謀罪も、実際に通ってしまったら、
確実に戦時体制の一翼を担う道を歩むことになる。
その存在は所与のものとなり、その中で育った世代にとっては、
「あって当たり前。言論の自由って、何ソレ?」という時代にされかねない〉

〈学校現場における日の丸・君が代の強制や、公立施設からの反戦イベントの排除、
安倍政権に批判的な報道機関への圧力など、この間に進行している言論統制の数々を
考え合わせれば、待ち構えている風景は目に見えているのではないか。
どこを向いても監視の目に見張られて、誰にも心を開けない社会が、
このままなら間違いなくやってくる〉

すでに安倍政権は、「子供たちを戦場に送るな」と主張する教師をも
〈中立性を逸脱した教育〉と呼び、ネット上で“密告”を呼びかけるなど監視対象にした。
普通なら、こうした戦前に巻き戻ったかのような常軌を逸した権力の濫用は大きな批判を受け、政権をも揺るがす大問題へと発展していたはずだが、そんな展開はまったく起こらなかった。
もうこの国は、安倍政権に飼い慣らされはじめているのだ。

そして、満を持していま、国民を権力に従順であることを強要する共謀罪を、
東京五輪をダシにして成立させようとしている。
安倍首相は強行採決してしまえばいいと考えているだろうが、
そんなことを許してしまえば、一体どんな社会になってしまうのか。
マスコミに期待できない現状を踏まえれば、一人ひとりがその危険性を訴え、
世論を高めるほかないだろう。
これ以上、安倍政権に慣らされてしまってはいけない。


<引用終わり>




三宅雪子(自由を守ろう!) ‏@miyake_yukiko35 · 2016年8月26日
https://twitter.com/miyake_yukiko35/status/769029161952350208

「共謀罪」圧倒的多数があった小泉自民党。
採決すれば、100%法案の成立は確実だった。
その日、小泉総理(当時)は突然側近を呼び、採決を中止したという。
そのときの言葉。
「私は平成の治安維持法作った総理にはなりたくない」
保坂さん(当時社民党)らの尽力も大きかった。
しかし、いま・・・





出典⇒ http://ameblo.jp/64152966/entry-11728054924.html


お知らせ

1月3日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第30号

身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】





http://kajipon.sakura.ne.jp/kt/liberal-twitter.html






日本の神道は、大日本帝国と共に
太平洋戦争を推進した共犯者だった!







出典 http://健康法.jp/archives/25620


神道・・・日本会議・・・???
昔から胡散臭いと感じている人は随分と多い。
しかし、その真の正体を究明した人は数少ない。
数少ないというよりも、ずっと隠されてきたといったほうが
適切かもしれません。



日本神道のルーツは古代イスラエル宗教
http://www2.biglobe.ne.jp/remnant/091shintou.htm

きょう私たちは、日本人が昔から知らずに拝んできたものについて、
聖書から学んでみたいと思います。
聖書は、日本人が知らずに拝んできたおかたについて、
私たちに大切なことを教えようとしているのです。

日本には古来、「神道」と呼ばれる宗教があります。
"神の道"と書く「神道」は、仏教が日本に入るよりはるか以前から日本に存在していた、
日本人固有の民族宗教です。

「神道」は「しんどう」ではなく、「しんとう」と読みます。
神道は、神社や祭などを通して、昔から日本人の心に連綿と生き続けてきました。

今日お話ししたいことは、とくに、この神道のルーツは古代イスラエル宗教にある、
ということです。
神道の起源をずっとさかのぼっていくならば、それは古代のイスラエル人たちが
守っていた宗教に行き着くのです。
その証拠について、いくつかのものをご紹介したいと思います。
それによって、私たち日本人が持つべき信仰は本当はどんなものであるかも、
わかってくるでしょう。


旧約聖書に書いてあることは、神道の風習と全く一緒じゃないか!

以前、私のある友人が、こんなことを語ってくれました。
その方はクリスチャンなのですが、
その方には神道の熱心な信者さんの友人がいるそうです。
神道信者のその友達がある日、クリスチャンの彼のところにやって来ました。
その神道の信者さんは、旧約聖書を開いて、こう言ったそうです。

「なあ、聞いてくれ。君はクリスチャンだろ。聖書を読んでいるんだろ。
最近ぼくも旧約聖書を読み始めたんだが、いやー、全く驚いてしまったよ。

旧約聖書に書いてあることは、神道の風習と全く一緒じゃないか。
契約の箱にしても、神殿の構造にしても、祭のしかたにしても、
お清め、禊ぎのしかたにしても、まったく神道に伝わる風習と一緒だ。
神道のルーツはまさに旧約聖書だよ」。

そう言って、興奮して、あれこれと話し始めたのです。
これを聞いたクリスチャンの友人は、彼に言いました。

「そうか。その通りだよ。私もそのことなら、以前から思っていたことだ。
それがわかったと言うなら、君もどうだろう、聖書の神様を信じるようにしたら!
それこそ、本当に君の信じる神道をきわめることになると思うよ」。

そう言いますと、その神道の信者さんは唖然として、
言葉も出ない状態になってしまったそうです。

じつは、神道のルーツが古代イスラエル宗教にあると考えるのは、
クリスチャンの私だけではないのです。
かつて、藤沢博士という人は、正統派神道の信者だったのですが、
神道の「三種の神器」の起源は古代イスラエル宗教にある、と信じていました。

ユダヤ教を信じるユダヤ人の学者の中にも、
神道のルーツが古代イスラエル宗教にある、と考える人々がいます。

戦前にニューヨークで発行された英語版の『ユダヤ大百科事典』の中には、
この考えを持つ学者の説が紹介されています。

ユダヤ人のラビで、日本の上智大学で教鞭をとったこともあるマーヴィン・トケィヤー氏も、『ユダヤと日本――謎の古代史』(産業能率大学出版部刊)という本を書いていて、
神道のルーツが古代イスラエル宗教であるという可能性について、様々な議論をしています。

また、イスラエルに育ち、後に日本に来て研究活動をしたユダヤ人である
ヨセフ・アイデルバーグ氏も、神道のルーツは古代イスラエル宗教にある、
と述べています。


<引用終わり>
--------------------------------------


管理人

日本神道と旧約聖書~ユダヤ教は、ほぼ同じと推察出来ます。

旧約聖書~ユダヤ教は、イルミナティによって支配されています。

ということは・・・

日本神道 ≒ イルミナティ・・・ってことなんでしょうか???
しかも、神道をウィキペディアで調べてみると驚くべきことに・・・

神道の発祥は、縄文時代を起点に弥生時代から古墳時代にかけて
その原型が形成されたと考えられている。・・・とあります。

縄文時代っていつよ?

縄文時代は、約1万5,000年前(紀元前131世紀頃)から約2,300年前(紀元前4世紀頃)、
地質年代では更新世末期から完新世にかけて日本列島で発展した時代であり、
世界史では中石器時代ないしは、新石器時代に相当する時代である。

もしかして・・・
縄文時代の主流の民族って、古代ユダヤ人ってことなんじゃないの?

それから、色んな他民族が日本という島国に流入して来て勢力争いを繰り広げてきた。

日本人は他民族が交配して今に到る訳ですが、
その原点ともいうべき原始は、古代ユダヤ人という理解で良いのでしょうか?

恐らく、途中から、キリスト教~ユダヤ教を乗っ取った
ニセユダヤであるイルミナティの連中は、
その歴史の真相をはるか昔から知っていたのでしょう。

だから、目の敵にするのですね・・古代ユダヤ人の子孫である日本民族を!
そう、古代ユダヤ人の真の子孫であるパレスチナ人と同じように。


イスラエル軍兵士が、無防備で無抵抗ののパレスチナ人少女を簡単に殺すのも
全ては、その歴史の真相を知れば解明出来ます。


この二つの写真を見れば、言葉は要らない。
http://ameblo.jp/64152966/entry-12140717275.html



日本人ジャーナリストが誘拐された、拉致された事は過剰に報道するが、
彼らが現地から伝えたかった事実は無視する日本のマスゴミ。
写真は、クソラエル兵士に撃たれて死んだパレスチナの14歳の少女。
https://twitter.com/Santiago_Hotel/status/710382566977568768





満面の笑みを浮かべてイスラエル首相と握手する安倍総理




日本民族の原始は、パレスチナ人と同じなのでしょうか?

そのパレスチナの人たちは、311東日本大震災の時から、
ずっと、日本を温かく応援し励ましてくれています。

にもかかわらず、私たち日本人は、イスラエルによるパレスチナ人大量殺りくに
ずっと無関心だったのです。

日本の皆さん・・・本当に、それでいいの?






お知らせ

1月3日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第30号

身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】




重要記事

東北はもう雪化粧ですね!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11121586540.html

再掲動画ですが、06:35あたりから、この神父の話が始まりますので、
何度でも繰り返して見て欲しいと思います。
もう既に、2月の段階で311実行計画は、暗号化され関係者に知らされていました。







あさこハウスの小笠原厚子さん
~大間町長選挙に立候補か!?









大間原発止める道 さんのサイトより

大間町長選挙、小笠原厚子さん立候補
http://ooma.exblog.jp/23523514/

小笠原厚子さんが大間町長選挙に立候補すると噂が出ている。
ツイッターで本人の言葉が流れている。

4戦の金沢町長の一人勝ちと思われたが、
昨年春には退職した元町職員が立候補し、
秋には、何とも言い難い函館出身の男性が立候補を表明

そしてここに来て小笠原厚子さんが立候補なのか
『揺れる大間町』・・
まさに揺れそうだ!

次の記事

大間町長選挙に立候補か、と噂が出ていた熊谷厚子さんのツイートが
削除されたことをおつたえします。


<引用終わり>
---------------------------------


管理人

あさこハウスの小笠原厚子さん~大間町長選挙に立候補か!
・・・といった情報が流れています。

今朝、あさこハウス関連の過去記事を再アップしたのも
今回のこの噂が出ていた為です。

ただ、この件のツイートが削除されたとの情報もあります。
大間町は、いわゆる・・例の原発関連の金まみれになっている可能性が高く、
立候補しても、当選するのは困難であることから、周囲から思い止まるように
説得があった可能性もあります。

そして、恐らく、今日まで続いている小笠原厚子さんへの圧力や脅迫といったものが
一段と増すことを周囲は危惧をしているのでしょう。
場合によっては、命に危険が伴うことだってあるのです。
原発マフィアと対峙するということは、まさに命がけなのです。

私としては、今回の一件を機に・・・
『青森・あさこハウス』の存在をより多くの人に知って欲しいとの思惑がありました。

そして、もし小笠原厚子さんが大間町長選挙に立候補することになったら、
無論、ブログでも応援させていただこうと考えています。


私たちが、ずっと・・ずっと・・・無関心だったから、
日本国中に原発が出来てしまったんですよね。

そして今、原発事故からなる悲惨な現実が目の前にあるのだと思います。

ここ最近、メルマガサイトや携帯に、ガンや被爆症状に関する問い合わせが
増えてきています。
ご本人がガンになられたり、身内がガンになられた人からのご相談で
時には、2時間もお話することもあります。

命が無くなることの意味を・・・
考えることが多くなりました。

恐らく、このような問い合わせは、今後、増え続けるでしょう。









お知らせ

1月3日に、メルマガ最新号を配信しました。

★メルマガ第30号

身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!

まだ届いていない読者の方は、直ぐに、ご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】









『青森・あさこハウスからSOS!』








『青森・あさこハウスからSOS!』というメールが来ました。
http://blog.rairu.com/?eid=408

<以下 一部転載>


東北電力はあさこハウスに通じる道路を通行量が少ないことを
理由に閉鎖しようとして通行量を量り始めました!
皆さん、あさこハウスに毎日ハガキを一枚お願いします。

宛先039-4601
青森県下北郡大間町字小奥戸396「あさこ はうす」



『あさこハウス』がなんなのかは知っていますか。

青森県大間原子力発電所の建設の話が持ち上がってから35年。
土地買収が進む中、最後まで土地を売らず、
原発建設を阻止してきた熊谷あさ子さんがその土地に
ログハウスを建て、住民票を移したそうです。

その後、不慮の事故で突然亡くなり、 娘の小笠原厚子さんが、
「あさこはうす」と命名し、自転車で畑仕事に通い。
太陽光発電パネルや風力発電設備を設置し、ライフラインが
なくても将来移り住めるように整備を進めているそうです。

大間原発を計画している『電源開発』は、あさこさんが
土地を売らなかったために、原子炉施設の建設予定地を
変更せざるおえなくなり、工事の計画が大幅にずれ込みました。

そして、3月11日の福島原発の事故が起き、
今建設工事が中止になっています。


つい最近、大間町の金沢町長以下町議団が経産省に
「大間原発の工事再開」を陳情というニュースを聞いたばかりです。

大間原発は、フルMOX燃料のみを燃やす、
世界で始めての原子力発電所になります。
「やらせ問題」などで聞くプルサーマルのあの燃料です。
普通のウラン燃料に、使用済み燃料を再処理して作った
プルトニウムを混ぜて、燃料のリサイクルにするというのですが、
使われるのはプルトニウムのみで、
使用済み核燃料のわずか1%にすぎません。

「MOX燃料の加工・輸送・貯蔵・使用済みMOX燃料の処理処分に
要するエネルギー投入量を差し引くとマイナスになる」と
いわれています。
そして、多くの原子力発電所と同じように、計画当初に、
ないとされていた、新たな活断層が発見されています。


さて、話を元に戻します。
お金で次々と反対運動をつぶしていく中、
唯一残った反対運動のとりでの「あさこハウス」をなんとか、
みんなの力で、守りたいと思います。

道路を封鎖しようなどという姑息なことを許してはいけません。
もう一度、メールの文を転載します。

電源開発はあさこハウスに通じる道路を通行量が少ないこと
を理由に閉鎖しようとして通行量を量り始めました!
皆さん、あさこハウスに毎日ハガキを一枚お願いします。


宛先039-4601
青森県下北郡大間町字小奥戸396「あさこ はうす」

こんなことが起こっていたのですね。

1枚のハガキで、あさこハウスの応援が出来るのであれば、
こんないいことはありません。

これは、みんなで広めましょう。


<引用終わり>

---------------------------------------------



管理人


原発建設を阻止してきた熊谷あさ子さんが、
不慮の事故で突然亡くなったと・・・

ほう、これは大変気になりますね。
原発が絡む反対運動には、随分たくさんの暗殺が
過去にあったようですし。


原発マフィアの奥深い闇の暗部の正体
http://ameblo.jp/64152966/entry-10930804307.html


たくさんある事件の中の一つのみを御紹介。

高浜原発のための町長暗殺指令
http://www.gns.ne.jp/eng/g-ken/igiari/obj_335.htm


冒頭の引用した記事なんですが、
もう既に、何等かの工作をされているようです。

標準エディタで記事を書こうとしたら、
文字の下に、太文字の赤いギザギザが出現します。
大して文字数が多くない時点で、文字数制限オーバー
となって、その時点で、記事はストップしてしまいます。
以前にも何度かあったので、直ぐに、タグ編集エディタに
切り換えて、記事を書き直すことにしました。

本当に汚い連中です。
こんな事ばかりやっている。

皆さん、『青森・あさこハウスからSOS!』を
みんなで拡散しましょう。
そして、あさこハウスにハガキを送りましょう。
私も、なるべく早く、あさこハウスにハガキを送ります。
何としても、みんなの力を合わせて、「あさこハウス」を
護り抜こうではありませんか。