リーキーガット症候群
~ 白血病とガン










管理人

以前、メルマガ読者のお母様の子供さんが急性白血病と診断され、
私のところに幾つもの相談がありました。
その時に、お母様にあることを尋ねてみました。

お子さんの担当医は、東京のドクターでしたが、そのお医者さんに
・・『 リーキーガット症候群 』をご存知かどうか、
聞いてみて欲しいとお話したことがあります。

結果は、「 知らない 」というものでした。
これは、さすがにまずいでしょうね。
私は、大いに驚き落胆した記憶が今でも鮮明に残っています。

何故なら、白血病・・・とりわけ、急性白血病に関しては、
この リーキーガット症候群 と大いに関係があるとの疑いがあるからです。

リーキーガット症候群 は、小腸が荒れ、プチプチとした小さな穴があき、
そこから、未消化の食べ物やウィルス、細菌、カビ菌などが血管に
どんどん入って行きますので、急性白血病や悪性リンパ腫などと
無関係である訳が無いというのが常識人の考えることです。

にも関わらず・・・
この リーキーガット症候群 を知っているお医者さんは結構多いのですが、
しかし、知らないお医者さんも実に大変多いといった現実があります。

これは、大変な驚きです。
私は、ある大きな疑念を持っています。
この リーキーガット症候群 は、医療界において意図的に封じられている
のではないかとの強い疑いを持っています。
でなければ、多くの医師が知らないといった現実を説明出来ません。

何故、意図的に封じ込められているのかというのが核心部分です。
私は、今の病気の秘密にされている・・ある核心部分が、
徐々に解明されてしまう怖れがあるからだと考えています。
つまり、大変なタブーになっているのではないでしょうか。

私は、今日まで、あらゆる多くの医学関連の学術論文を調べましたが、
その病気の原因については、分からない・・・と書かれています。

様々なガンや白血病~悪性リンパ腫、難病のほとんどが
原因不明と記述されています。
それが、たくさん調べた末の結果です。

無論、タバコの吸い過ぎだの酒の飲み過ぎだの食生活の偏りだの遺伝と
いったあたりさわりの無いことは、恒例行事のように書かれては
いますが、その本質に触れるものは、ほとんど皆無です。

つまり、皆目分からないという事実にしておくと、それが、
大変な利益を生むことに気づかされました。

血液の中に、タンパク質やウィルスやカビ菌、細菌などが
どんどん入っていくのですよ。
それが、リーキーガット症候群 の説明です。

しかしながら、白血病や急性白血病、悪性リンパ腫と
全くといっていいほど関連づけられていないのは、大変な驚きです。
これは、絶対におかしい。
皆さんももそう思いませんか?

小腸には、身体の免疫細胞の70%が集中しています。
そこにトラブルが生じると、そりゃ、白血病にもガンにもなります。
大きな病気のほとんどが、血液と関係しています。
血液は、小腸で造られるというのが真相と云われています。

そこがやられると、どういうことになるか、子供にだって分かります。
つまり、その最たるものが、リーキーガット症候群 な訳です。
これを一般の医師が知らないというのは、実に大問題です。
まして、急性白血病の治療など出来ますでしょうか?

結果⇒、解熱鎮痛剤、抗がん剤、骨髄移植といった医師のマニュアル通りの
治療しか受けられないといった怖ろしい現実が待っているのです。
あなたや家族にですよ・・・


リーキーガット症候群を引き起こす原因 として・・・

LGS(リーキーガット症候群)と体臭~腸の破壊が体臭を作る~
http://taishu.wp.xdomain.jp/%E8%85%B8%E5%86%85%E7%92%B0%E5%A2%83%E3%81%A8%E4%BD%93%E8%87%AD/lgs%EF%BC%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%83%E3%83%88%E7%97%87%E5%80%99%E7%BE%A4%EF%BC%89%E3%81%A8%E4%BD%93%E8%87%AD%EF%BD%9E%E8%85%B8%E3%81%AE%E7%A0%B4%E5%A3%8A%E3%81%8C/


•抗生物質や鎮痛剤、ピル(経口避妊薬)などの多用
•アルコールの飲酒
•上白糖の大量摂取
•食物アレルギー(遅滞性)
•カビ(カンジタ菌)の体内での増加
•重金属の蓄積
•食品添加物などの大量摂取


特に、抗生物質や抗がん剤は腸内環境をボロボロにします。
腸内のあらゆる微生物が死滅します。
そして、カンジタ菌が大繁殖します。

小腸で、カンジタ菌が大繁殖すると小腸の免疫細胞が
極めて危険な情況に陥ります。
どんな病気になったって、何等、不思議ではありません。

白血病や急性白血病、悪性リンパ腫といったものは、
その大部分が、早い話、血液の病気なのです。

抗生物質や鎮痛剤、抗がん剤って、病院で処方されています。
これが、白血病や急性白血病、悪性リンパ腫、ガンの原因の一つです
なんて絶対に、病院や医師が言える訳がないでしょ。
それで、食べているのですから。

鎮痛剤は、皆さん既に知っている通りです。
免疫細胞がバカになり機能しなくなります。
そして、炎症さえもひき起こします。
分子レベルの研究で、既に明らかになっている事実です。







リーキーガット症候群の原因につきましては、諸説ありますが、
何と云っても、主犯はカビ菌のカンジダであることが判明しました。
何等かの原因で腸内環境が悪化すると、カンジダが腸内でコロニーを
形成するそうです。

そりゃぁ~、微小な穴もあくでしょう。
そうしますと、当然、腹痛にもなる訳です。


リーキーガット症候群について大変秀逸な記事を見つけました。

もみじ
カンジダ症を完治
http://cho-katu.com/kanji/kanchi.html

◎カンジダ菌を減らす

◎腸を修復する

◎腸内環境を整える

以上の記事には、重要なことがほとんど書かれています。
皆さんも、何度も読み直してください。


ところで皆さん、カビ菌のカンジダなんですが、
ガンの主犯だという説があります。

シモンチーニと重曹
http://cancer-treatment-with-diet-cure.doorblog.jp/archives/40741532.html

<一部引用>

【 内海聡 医師より 】

シモンチーニは、癌が体内のどこにあろうと、あるいはどんな形を取ろうと、
すべての癌が同じように振る舞うことに気がつきました。
そこには共通項がなければならなかったのです。

彼はまた、癌の「しこり」が常に白いことに着目しました。
他に白いものとは何だろう・・・?
カンジダです。
そして、化学療法の劇薬は免疫系細胞をも殺し、メチャメチャにします。
そして、カンジダはまだそこにあります。

シモンチーニは、この治療のために簡素なものを見つけました。
「重炭酸ナトリウム」です。そう、馴染み深い「重曹」の主要成分です。

( しかし、「重曹」と同じではないと強調しておく。「重曹」は他の成分も含んでいる。)

彼が「重炭酸ナトリウム」を使った理由は、それには「強力な殺菌力」があり、
薬物とは違い、カンジダはそれに「適応」することができないからです。

古代エジプト人は、抗真菌物質の治療特性を知っていたし、
千年前のインドの書物は、実際に癌の処置には「アルカリが有効」であると薦めています。

一九八三年にシモンチーニは、肺癌で余命数ヵ月のイタリア人患者
ジェンナーロ・サンジェルマーノの処置にあたりました。
数ヵ月後、彼は死ぬことなく健康体に戻り、癌は消えていたのです。


<引用終わり>
--------------------------------



関連記事

癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html









最新のメルマガを20日に配信しました。

★メルマガ第62号
 悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た 〜 其の2

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1
 




カンジダについて










AD
フェイスブックのシェアをバッサリ削除され、
次にはツイッターまで妨害を受ける事態に!









管理人

皆さんもご存知のように、私の多くの人気記事において
フェイスブックのシェアやリンクがどれもこれも
バッサリ削除されております。

6万や5万、4万~2万といったところが軒並み消されています。
その総数、およそ・・・数十万アクセス単位に及んでいます。
フェイスブック日本支社さんがやっているとは思いたくないのですが、
外部からの工作部隊の仕業の可能性もあります。

私のパソコンに、これはあなたのアクセスですかといった
通知が定期的に舞い込んできています。
その多くが、行ったこともない地名が記されています。

アクセスの意味は、管理画面へのアクセスですよ、皆さん。
つまり、何だって出来る訳です。
フェイスブックのシェアを消すだけではなく、
フェイスブックでフォロワーの大変多い人とのつながりを
遮断されたり、私の管理画面から勝手にブロックなどされて・・・
つまり、記事の拡散の妨害が日常的に行われているようです。


そして、ここ最近ではツイッターにおいても、不審な侵入アクセスの
通知がたびたび来ていますので、パスワードを変更したのですが、
全く何の効果もないようです。


実は、10月の始めに、パスワードを変更した後・・・
私のパソコンのアドレスに以下のような通知が来ています。

2017年10月15日
ご利用中のTwitterアカウント(@wantonblog)へのログインが
ありましたのでお知らせします。

端末 Windows
場所 東京 千代田区

ご自身で行った場合
ご確認をありがとうございます。
引き続きTwitterをご利用ください。

心当りがない場合
第三者によるアカウント乗っ取りの可能性があります。
安全のため、Twitterのパスワードをリセットしてください。




2017年11月5日
ご利用中のTwitterアカウント(@wantonblog)へのログインが
ありましたのでお知らせします。

端末 Windows
場所* 大阪 大阪市 天王寺区

*場所はログイン時のIPアドレスに基づいて推定されています。

ご自身で行った場合
ご確認をありがとうございます。
引き続きTwitterをご利用ください。

このログインに心当たりがない場合
第三者によるアカウント乗っ取りの可能性があります。
安全のため、Twitterのパスワードをリセットしてください。




以上のような通知が、毎月のように数十件も来ています。

今年に入って・・・
私は、東京にも大阪にも一度も行っていません。

東京 千代田区 ・・・とか、
大阪 大阪市 天王寺区 ・・・といった同じものばかりです。
千代田区と天王寺区に、何かあるんでしょうかね?

しかも、私の管理画面に入り込んで一体何をしているのでしょうか?


日本ツイッター社にでも訊いてみるべきかもしれませんが、
まあ、まともな返答は返ってこない可能性のほうが高いです。

フェイスブック日本支社や日本ツイッター社なんて・・・
もろに、闇権力とつながっている可能性が取り沙汰されており、
きちっとした回答を期待するほうが無理かもしれません。

皆さんに申し上げたいことは、
記事にフェイスブックのシェアやツイッターのリツイートが
多ければいいというものでは決して無いという事実を知って欲しいのです。

権力にとって、本当に不都合なものは、ことごとく妨害されると
考えておいたほうがいいです。
私は、2016年の中頃から、フェイスブックからのアクセスが
従来の、何と・・・ 数十分の一 になっています。

尤も、それでもまだ今の位置にいるだけでもマシかもしれません。


そして、昨日21日、メルマガ読者から以下のメールが届きました。

おはようございます。ワントンさん。

昨日送っていただいたメルマガが、
一部のコンテンツを除いてまったく見れない状況です。
私だけでしょうか?
色々な色のハテナマークが表示されているだけです。
何かの妨害工作なのかと勘ぐってしまいます。
何か分かりましたらお知らせください。
急ぎません。〇〇



これは、ほんの数人だけに見られる現象で、
他の人からは、そのような通報は入っていません。
何らかの妨害でないことを祈りたい気持ちです。


私のメルマガは、他の大手人気メルマガとは
まるで意味が違います。
人の健康や命がかかっているのです。
もし妨害であるなら・・・絶対に止めていただきたい!

あなたにも大切な家族がおられるでしょう。
愛する奥さんや可愛いお子さんがおられるはずです。



amaちゃんだ @tokaiama
https://twitter.com/tokaiama

以前、ツイッターにおける人気サイトである
東海アマ さんへのフォローが勝手に外されたり、
ひどいのになると、勝手にブロックになっていたりと
問題というか、騒ぎになっていましたが、納得です。

簡単に、管理画面に入れるのなら何だって出来ます。

皆さん!
これが、日本を実質支配するカルトの汚いやり口です。
そして、徐々にネット上から消されていくのです。

そして、誰もいなくなった・・・

果たして、これでいいのでしょうか!?



関連記事

ネット工作員の正体と消し屋の正体
http://ameblo.jp/64152966/entry-11925550749.html




最新のメルマガを20日に配信しました。

★メルマガ第62号
 悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た 〜 其の2

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。


【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com




André Rieu - Once Upon A Time In The West









AD
■イルミナティ“三百人委員会”名簿
~「子どもが生贄にされる儀式」










始めに

最新のメルマガを20日に配信しました。

★メルマガ第62号
 悪性リンパ腫・白血病の正体が見えて来た 〜 其の2

まだ届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。



2017.09.02.
イルミナティに47年間仕えた元メンバーが内情を全暴露!
“三百人委員会”名簿も完全公開、HAARPやエイリアンについても!

http://tocana.jp/2017/09/post_14285_entry_3.html


■ イルミナティ“三百人委員会”名簿(※2016年秋)

・Kerry, John Forbes
・Abramovich, Roman Arkadyevich
・King, Mervyn
・Ackermann, Josef
・Kinnock, Glenys
・Adeane, Edward
・Kissinger, Henry(ヘンリー・キッシンジャー)
・Agius, Marcus Ambrose Paul
・Knight, Malcolm
・Ahtisaari, Martti Oiva Kalevi
・Koon, William H. II
・Akerson, Daniel
・Krugman, Paul
・Albert II of Belgium
・Kufuor, John
・Alexander - Crown Prince of Yugoslavia
・Lajolo, Giovanni
・Alexandra (Princess) - The Honourable Lady Ogilvy
・Lake, Anthony
・Alphonse, Louis - Duke of Anjou
・Lambert, Richard
・Amato, Giuliano
・Lamy, Pascal
・Anderson, Carl A.
・Landau, Jean-Pierre
・Andreotti, Giulio
・Laurence, Timothy James Hamilton
・Andrew (Prince) - Duke of York
・Leigh-Pemberton, James
・Anne - Princess Royal
・Leka, Crown Prince of Albania
・Anstee, Nick
・Leonard, Mark
・Ash, Timothy Garton
・Levene, Peter - Baron Levene of Portsoken
・Astor, William Waldorf ? 4th Viscount Astor
・Leviev, Lev
・August, Ernst - Prince of Hanover
・Levitt, Arthur
・Aven, Pyotr
・Levy, Michael - Baron Levy
・Balkenende, Jan Peter
・Lieberman, Joe
・Ballmer, Steve
・Livingston, Ian
・Balls, Ed
・Loong, Lee Hsien
・Barroso, Jose Manuel
・Lorenz (Prince) of Belgium, Archduke of Austria-Este
・Beatrix (Queen)(ベアトリクス王女)
・Louis-Dreyfus, Gerard
・Belka, Marek
・Mabel (Princess) of Orange-Nassau
・Bergsten, C. Fred
・Mandelson, Peter Benjamin
・Berlusconi, Silvio
・Manning, Sir David Geoffrey
・Bernake, Ben
・Margherita - Archduchess of Austria-Este
・Bernhard (Prince) of Lippe-Biesterfeld
・Margrethe II Denmark
・Bernstein, Nils
・Martinez, Guillermo Ortiz
・Berwick, Donald
・Mashkevitch, Alexander
・Bildt, Carl
・Massimo, Stefano (Prince) - Prince of Roccasecca dei Volsci
・Bischoff, Sir Winfried Franz Wilhen “Win”
・McDonough, William Joseph
・Blair, Tony
・McLarty, Mack
・Blankfein, Lloyd
・Mersch, Yves
・Blavatnik, Leonard
・Michael (Prince) of Kent
・Bloomberg, Michael(マイケル・ブルームバーグ)
・Michael of Romania
・Bolkestein, Frits
・Miliband, David
・Bolkiah, Hassanal
・Miliband, Ed
・Bonello, Michael C
・Mittal, Lakshmi
・Bonino, Emma
・Moreno, Glen
・Boren, David L.
・Moritz - Prince and Landgrave of Hesse-Kassel
・Borwin - Duke of Mecklenburg
・Murdoch, Rupert(ルパート・マードック)
・Bronfman, Charles Rosner
・Napoleon, Charles
・Bronfman, Edgar Jr.
・Nasser, Jacques
・Bruton, John
・Niblett, Robin
・Brzezinski, Zbigniew
・Nichols, Vincent
・Budenberg, Robin
・Nicolas, Adolfo
・Buffet, Warren(ウォーレン・バフェット)
・Noyer, Christian
・Bush, George HW(ジョージ・H・W・ブッシュ)
・Ofer, Sammy
・Cameron, David William Donald(デーヴィッド・キャメロン)
・Ogilvy, David - 13th Earl of Airlie
・Camilla - Duchess of Cornwall
・Ollila, Jorma Jaakko
・Cardoso, Fernando Henrique
・Oppenheimer, Nicky
・Carington, Peter - 6th Baron Carrington
・Osborne, George
・Carlos - Duke of Parma
・Oudea, Frederic
・Carlos, Juan - King of Spain
・Parker, Sir John
・Carney, Mark J.
・Patten, Chris
・Carroll, Cynthia
・Pebereau, Michel
・Caruana, Jaime
・Penny, Gareth
・Castell, Sir William
・Peres, Shimon
・Chan, Anson
・Philip (Prince) - Duke of Edinburgh
・Chan, Margaret
・Pio, Dom Duarte - Duke of Braganza
・Chan, Norman
・Pohl, Karl Otto
・Charles - Prince of Wales
・Powell, Colin
・Chartres, Richard
・Prokhorov, Mikhail
・Chiaie, Stefano Delle
・Quaden, Guy Baron
・Chipman, Dr John
・Rasmussen, Anders Fogh
・Chodiev, Patokh
・Ratzinger, Joseph Alois (Pope Benedict XVI)
・Christoph, Prince of Schleswig-Holstein
・Reuben, David
・Cicchitto, Fabrizio
・Reuben, Simon
・Clark, Wesley Kanne Sr. (General)
・Rhodes, William R. “Bill”
・Clarke, Kenneth
・Rice, Susan
・Clegg, Nick
・Richard (Prince) - Duke of Gloucester
・Clinton, Bill(ビル・クリントン)
・Rifkind, Sir Malcolm Leslie
・Cohen, Abby Joseph
・Ritblat, Sir John
・Cohen, Ronald
・Roach, Stephen S.
・Cohn, Gary D.
・Robinson, Mary
・Colonna, Marcantonio (di Paliano) - Prince and Duke of Paliano
・Rockefeller, David Jr.(デイヴィッド・ロックフェラー2世)
・Constantijn (Prince) of the Netherlands
・Rockefeller, David Sr.(デイヴィッド・ロックフェラー)
・Constantine II Greece
・Rockefeller, Nicholas(ニコラス・ロックフェラー)
・Cooksey, David
・Rodriguez, Javier Echevarria
・Cowen, Brian
・Rogoff, Kenneth Saul “Ken”
・Craven, Sir John
・Roth, Jean-Pierre
・Crockett, Andrew
・Rothschild, Jacob - 4th Baron Rothschild(ジェイコブ・ロスチャイルド)
・Dadush, Uri
・Rubenstein, David
・D’Aloisio, Tony
・Rubin, Robert(ロバート・ルービン)
・Darling, Alistair
・Ruspoli, Francesco - 10th Prince of Cerveteri
・Davies, Sir Howard
・Safra, Joseph
・Davignon, Etienne
・Safra, Moises
・Davis, David
・Sands, Peter A.
・De Rothschild, Benjamin
・Sarkozy, Nicolas(ニコラ・サルコジ)
・De Rothschild, David Rene James
・Sassoon, Isaac S.D.
・De Rothschild, Evelyn Robert
・Sassoon, James Meyer - Baron Sassoon
・De Rothschild, Leopold David
・Sawers, Sir Robert John
・Deiss, Joseph
・Scardino, Marjorie
・Deripaska, Oleg
・Schwab, Klaus
・Dobson, Michael
・Schwarzenberg, Karel
・Draghi, Mario
・Schwarzman, Stephen A.
・Du Plessis, Jan
・Shapiro, Sidney
・Dudley, William C.
・Sheinwald, Nigel
・Duisenberg, Wim
・Sigismund (Archduke) - Grand Duke of Tuscany
・Edward (Prince) - Duke of Kent
・Simeon of Saxe-Coburg and Gotha
・Edward (The Prince) - Earl of Wessex
・Snowe, Olympia
・Elkann, John
。Sofia (Queen) of Spain
・Emanuele, Vittorio - Prince of Naples, Crown Prince of Italy
・Soros, George
・Fabrizio (Prince) - Massimo-Brancaccio
・Specter, Arlen
・Feldstein, Martin Stuart “Marty”
・Stern, Ernest
・Festing, Matthew
・Stevenson, Dennis - Baron Stevenson of Coddenham
・Fillon, Francois
・Steyer, Tom
・Fischer, Heinz
・Stiglitz, Joseph E.
・Fischer, Joseph Martin
・Strauss-Kahn, Dominique
。Fischer, Stanley
・Straw, Jack
・FitzGerald, Niall
・Sutherland, Peter
・Franz, Duke of Bavaria
・Tanner, Mary
・Fridman, Mikhail
・Tedeschi, Ettore Gotti
・Friedrich, Georg - Prince of Prussia
・Thompson, Mark
・Friso (Prince) of Orange-Nassau
・Thomson, Dr. James A.
・Gates, Bill(ビル・ゲイツ)
・Tietmeyer, Hans
・Geidt, Christopher
・Trichet, Jean-Claude
・Geithner, Timothy
・Tucker, Paul
・Gibson-Smith, Dr Chris
・Van Rompuy, Herman
・Gorbachev, Mikhail
・Velez, Alvaro Uribe
・Gore, Al
・Verplaetse, Alfons Vicomte
・Gotlieb, Allan
・Villiger, Kaspar
・Green, Stephen
・Vladimirovna, Maria - Grand Duchess of Russia
・Greenspan, Alan
・Volcker, Paul
・Grosvenor, Gerald - 6th Duke of Westminster
・Von Habsburg, Otto
・Gurria, Jose Angel
・Waddaulah, Hassanal Bolkiah Mu’izzaddin
・Gustaf, Carl XVI of Sweden
・Walker, Sir David Alan
・Hague, William
・Wallenberg, Jacob
・Hampton, Sir Philip Roy
・Walsh, John
・Hans-Adam II - Prince of Liechtenstein
・Warburg, Max
・Harald V Norway
・Weber, Axel Alfred
・Harper, Stephen
・Weill, Michael David
・Heisbourg, Francois
・Wellink, Nout
・Henri - Grand Duke of Luxembourg
・Whitman, Marina von Neumann
・Hildebrand, Philipp
・Willem-Alexander - Prince of Orange
・Hills, Carla Anderson
・William (Prince) of Wales
・Holbrooke, Richard
・Williams, Dr Rowan
・Honohan, Patrick
・Williams, Shirley - Baroness Williams of Crosby
・Howard, Alan
・Wilson, David - Baron Wilson of Tillyorn
・Ibragimov, Alijan
・Wolfensohn, James David
・Ingves, Stefan Nils Magnus
・Wolin, Neal S.
・Isaacson, Walter
・Woolf, Harry - Baron Woolf
・Jacobs, Kenneth M.
・Woolsey, R. James Jr.
・Julius, DeAnne
・Worcester, Sir Robert Milton
・Juncker, Jean-Claude
・Wu, Sarah
・Kenen, Peter
・Zoellick, Robert Bruce

参照:「Disclose.tv」より



 先日、トカナで紹介したイルミナティの元メンバーでオランダの
金融会社創設者であるロナルド・ベルナルド氏は、インタビューで
イルミナティの内部事情を詳しく暴露して世に衝撃を与えたが、
なんと先日、米・フロリダで謎の死を遂げたと一部メディアが報じて
さらに波紋を呼んでいる。
そしてこのタイミングで、同じく元イルミナティのメンバーが匿名で
その秘密を暴露しているのだ。


元メンバーがイルミナティの実状と目的を暴露

 オルタナティブ系オンラインジャーナル「Disclose.tv」に先ごろ
掲載された記事では、元イルミナティのメンバーであった66歳の男性の
驚くべき暴露話を紹介している。イルミナティの内実とその目的が
赤裸々に語られているのである。

 19歳の時にイルミナティにリクールトされ、その後47年間にわたって
イルミナティのメンバーとしての活動に専心してきたという同氏だが、
その重責に遂に耐え忍ぶことができなくなり組織との一切のコンタクトを絶ったという。
同氏はイルミナティの歴史の中に7人しかいない“出発の儀式”を行なった1人で
あるということだ。

 ではいったいイルミナティはどのような活動をしており何を目指しているのか。
同氏はまず話のきっかけとして、以下のような簡潔な言及を行なっている。

●バラク・オバマはイルミナティのメンバーではない。もっと酷い存在だ。

●新しい宇宙船の“スペース・フライト”は実在し、簡単に地球の衛星軌道に
行ける航空機としてイルミナティの装備になっている。
しかしそれほど愉快なものではない。

●米コロラド州デンバーは邪悪な地である。

●エイリアンは我々に伝えられているイメージのものとは少し違う。

 これら先制攻撃とも言える暴露に俄然興味が魅かれるが、
同氏は最初に詳しく明らかにしているのは世界中に439あり、
イルミナティの活動の拠点となっている地下施設の存在だ。
一番大きな地下施設はブラジル・サンパウロにあり5000人が10年間生活できる
設備と物資を備えているという。
作られた目的はもちろん核戦争や大規模自然災害などを想定してのことである。
そして米コロラド州デンバーの大規模地下施設では最も多くの計画が練られている
ということだ。


そしてこれらの地下施設は要人たちの“避難所”としての機能も有しているという。
1917年のロシア十月革命における指導者の1人であるトロツキーはスイスの地下施設
に身を隠していた時期があり、暗殺されたことになっている第16代アメリカ大統領の
エイブラハム・リンカーンは、実は余生をメキシコの地下施設で送ったということだ。
またサダム・フセインも逮捕されて死刑に処されたのは“影武者”であり、
本人はアルゼンチンの地下施設で今も存命中だという。


ハリケーン・カトリーナやハイチ地震はHAARPが引き起こした

 暴露は続く。気象兵器と呼ばれているHAARPは存在し、実際に使われているという。
HAARPはイルミナティの占有物ではなく各組織によって共同管理されており、
普段は太平洋にある水中施設に保管されているということだ。

 HAARPは1980年代に開発され、運用がはじまったの1990年代終盤からであるという。
2007年にアメリカ南東部を襲ったハリケーン・カトリーナや
2010年のハイチ地震(M7.0)はHAARPによって引き起こされたということである。


地下施設にはコカインやヘロイン、マリファナなどのあらゆる薬物の集積所もあり、
流通ルートの拠点にもなっているという。
イルミナティの中でドラッグ流通を任されているのが表向きはアメリカの投資家で
あるウォーレン・バフェットであり、経済学者のベン・バーナンキが補佐している
ということだ。

 地下施設の多くは強大な焼却設備を備えているという。
その目的は死体処理である。
イルミナティでは原則的に死体はすべて焼いて灰にすることが定められている。
施設の近くで戦争や災害などで多くの死者が出た場合は、
すべてこの焼却設備に運ばれて灰になるのだ。
そしてこれらの焼却作業を含め、地下施設では
多くの力仕事をロボットが行なっているという。



誰がトップリーダーなのか?

 イルミナティの組織の中でかなり高位にいた同氏だが、
それでも誰が最高位のリーダーであるのかはわからなかったという。
おそらく最高位は存在せず、各地域にそれぞれのリーダーがいると
考えたほうが組織をうまく説明できるという。
では実際の各地域のイルミナティのリーダーは誰なのか。

 北アメリカではやはりトップはウォーレン・バフェットであり、
補佐官にはベン・バーナンキに加えて、ゴールドマンサックスCEOの
ロイド・ブランクフェインが任に当たっているという。

 ちなみに俳優で人気ラジオDJのアレックス・ジョーンズの言うことは
一切信用してはならないと同氏は警告している。
アレックス・ジョーンズは実はイルミナティのメンバーであり、
人々を撹乱させる情報を発してイルミナティの真の目的を包み隠す役目を
与えられているというのだ。

 南アメリカでは真のイルミナティのリーダーは不在であり、
以前は元ベネズエラ共和国大統領のウゴ・チャベスがその役目を担っていたが、
任務の遂行は難しかったという。
そのため、やはりウォーレン・バフェットらが兼任する形で
南アメリカも掌握している。

 ヨーロッパと北アフリカでは元フランス大統領のニコラ・サルコジが
キーマンであるという。
加えて元イギリスの首相のゴードン・ブラウンも大きな影響力を及ぼしているという。

 中東についてはイスラエルの首相であるベンヤミン・ネタニヤフに
大きく権限が移譲されている。
やはりイスラエルはイルミナティそのものであるということだ。




2017.08.24.
「子どもが生贄に…」
元イルミナティ構成員が“顔出しインタビュー”で号泣暴露!
脱退時には激しい拷問も!

http://tocana.jp/2017/08/post_14250_entry.html

「私たちは、人々を見下し、嘲笑っていました。
人もモノも単なる商品、廃棄物であり、全ては無価値なゴミです。
自然、地球だってそうです。
全てを燃やし破壊したって構わないのです」(ベルナルド氏)

金融業界でかなりの実力者となったベルナルド氏は、クライントの紹介で
悪魔崇拝者の秘密サークルと終身契約を結ぶことになる。
ベルナルド氏曰く、彼らの教会では、まるで映画『アイズ・ワイド・シャット』の
1シーンのような異教的で官能的なミサが開催されており、
ベルナルド氏も大変楽しんだとのことだ。
しかし、終わりは突然やってきた。
ベルナルド氏が良心を取り戻す事件が発生したのだ。
それは、生贄を捧げる儀式に立ち会った時のことだという。

「それでは、今回私がインタビューを受ける理由となった出来事をお話しましょう。
それは海外で開かれた、生贄を捧げる儀式に招待された時のことです。
これが、限界でした……生贄にされたのは子供たちです」(同)

「彼らはこんな儀式を何千年も続けているのです。
私はかつて神学を学んでいたのですが、聖書にはイスラエル人がこういった
生贄の儀式をしている記述があります。
イスラエルの最初の10部族がバビロンで捕囚されたのも、
子どもを生贄に捧げるこの儀式のせいです」(同)

ベルナルド氏は子どもたちを生贄に捧げるよう命令されたが、それを拒否。
この時から彼の精神は徐々に壊れていったという。
涙を流しながら告白を続ける。

「もう私はまともに機能することができませんでした。成果も振るわなくなり、
仕事を断るようになっていきました」(同)

 それでもベルナルド氏は極めて責任の重いポジションにあったため、
簡単に仕事を辞めることはできなかったという。
そしてある日、ベルナルド氏の体は完全に機能が停止、
気が付くと病院の集中治療室で寝ていたそうだ。
辛い記憶のため多くは語らなかったが、これには組織脱退時の過酷な拷問が
関係しているとのことだ。

最後にベルナルド氏は、ある書物を読むことが、
この組織のことを知るために重要だと語っている。

「『シオン賢者の議定書』はトンデモ本だといわれていますが、
この信じられないほど退屈な本を読み通すことをおすすめします。
これを読んで理解すれば、毎日の出来事が新聞を読むように分かるようになるでしょう」


<引用終わり>
-----------------------------------------------



管理人

まさに、虚虚実実・・・
多くは事実であるが、中には、ところどころにウソもあるといったところ。

イルミナティの最高位の人物は確かにいる。
しかし、その人物の名前を口にするだけで命は無いでしょう。

真実とウソを見抜くのは、それぞれの人の見識いかんにかかっています。
イルミナティと言うだけで、ネットの世界でも、また陰謀論かと
嫌う人も大変多いと思いますが、一般社会の常識人の間においては、
一体何のことか分からないというのが実情でしょう。

知らないから、殺され続けているのです。
日本人の多くも、その事に気づいていません。
だから、いくら陰謀論だとのそしりを受けようとも
私は取り上げるのです。

あなたは、人口削減の対象になっています。

医学や医療システムは、完全に彼らの支配下にあります。
政治も彼らの支配下にあります。
マスメディアもそうです。

ロボットのように洗脳された人間が、どんどん間引かれていきます。
大量に飼育された・・哀れな子羊のように。


そもそも、このようにイルミナティの内情暴露といったものが、
公の媒体を通して、次から次へと出て来ることの意味は、
いよいよ本格的に、イルミナティのお出ましであることを意味しています。
きっと、本格的に何かをおっ始めるつもりなんでしょう。


時々、日本国内で儀式殺人ではないかと思わせるような
奇妙な猟奇殺人を目にすることがあります。
これは、暗殺者としての宣誓を誓う試験のようなものと考えられます。

宣誓を誓った人物が、今後、一体何の任につくか・・・
皆さんにもお分かりのことと思います。

無論、それだけに止まりません。
イルミナティや、いわゆる高貴な人やお金持ちの人の命をつなぐ為に
臓器移植が行われます。
その新鮮な臓器を確保する為に、秘密裏に殺人が現実に行われています。
数多い行方不明者の中の数十件~数百件は、それで間違いありません。

そして、いつの世にも大量殺人事件には裏があります。
そのシナリオやスト―リ―をデッチ上げるのは、彼らが最も得意とするものです。
犯人は簡単に作り上げられてしまう。


人間とは何と罪深い生き物であろうか!
https://ameblo.jp/64152966/entry-10802796294.html


エリザベス女王とバチカンが運営していた
学校の敷地から子供達の大量の死体が発見される

https://ameblo.jp/hidy0701/entry-11043517110.html


エリザベス女王・ローマ法王ら、子供数万人虐殺罪で実刑判決
http://be-here-now.cocolog-nifty.com/blog/2013/12/post-8254.html



近頃、次期米国大統領候補のヒラリーが失脚した。
幼児虐待や数々の儀式殺人が表に出て来たからというのが真相のようだ。


「血のチョコレート」 
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/123.html


私は、ベルギーに住んでいます。
例の悪魔の館がある南ベルギーです。
住んでいる街はMONS.この街は例のSHAPEがある町です。

ベルギーではご存じと思いますが、子供の誘拐が多く。
10年前の事件でさらっていた子供が餓死して、見つかり。
捕まった連中と警察がつながっていたことが暴露されました。
また、その場所はあの悪魔の館の近くでした。

行方不明の子供は実に多くいますが、それも、毎年。
しかし、誰一人として生還したことはなく。
警察も絶対といっていいほど調べません。

子供がいなくなった親たちが独自にビラをいろんなところに貼り、
情報を集めるしか方法はありません。

私も、昔からこの浮くえ不明事件、大変不審でいたのですが、
この記事を見て分かりました。

単なる、性犯罪目的であれば、いずれその子達はどこかで発見されるでしょうが、
このケースでは絶対発見されません。


  






【光軍の戦士メールマガジン】

申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1

★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】〜真実を知らなければ、人は前に進めない!
 
















AD
私のブログ友達の関係者が、
   今年に入って
3人もガンで亡くなられました。









管理人

私のブログ友達の関係者が、今年に入って3人もガンで亡くなられました。
本当に痛ましい限りです。
言葉を失います。
お慰めする言葉も見当りません。

心より哀悼の意を捧げます。

どうか安らかに・・・

合掌。。。


実は、ここ最近も他の読者の方から、ガンであることを告白されました。
その事で、何日もずっと調べものをしていました。

皆さんも、もし、いつかガンになられたら・・・
先ず、しなければならないことは、
自分がガンになった原因は何だろうと考えることです。
それが、出発点であり全ての基本になります。

最近、様々なガン・白血病や難病に関して、
たくさんの医学論文を調べたりしていますが、
その原因については、ほとんど分かりませんと記述されています。

なので、ガンになった本人が考えてみるしかないのが現実です。
何十年も生活して来られた訳ですから・・・
当のご本人しか分からないのです。

時として、何かに思い当たる時があります。
そのような人は、ある意味、まだ幸運です。
原因に突き当たると、生活習慣をあらためることも出来るからです。

原因も分からないのに、治療法が分かる訳がありません。

尤も、原因は様々にあり複合的に重なっている可能性が高いです。
しかし、気づいたことから改善していくのが治療の王道です。

告白を受けた方は、長時間、小さな電磁波を浴びなければならない
職業の方とお見受けしたので、やはり、電磁波も留意すべき一つになります。

20年ほど昔の話ですが、私の知り合いがガンで亡くなられました。
アマチュア無線を毎日のように楽しんでおられた方で、
当時、全くのズブの素人であった私でさえ、もしかすると電磁波が関係して
いるのではないかと・・・とっさに感じたことが記憶に鮮明に残っています。

そこで、調べてみたのですが、アマチュア無線程度の電磁波では
何の心配もいらないといったコメントがほとんどでした。
多くの人も同じ意見でしょう。

しかし、何事も決め付けるのは禁物です。
放射能の問題にしても、低線量被曝はほとんど何の心配もいらないと、
ずっと云われ続けてきましたが、実は全くそうではないことが、
今では明らかとなっています。

特に、人間が人工の電磁波に関わってきたのは、
ここ100年のちょっと前の話なのです。
無論、自然界にも電磁波は飛び交ってはいますが、
そのエネルギーたるや、人工の電磁波のほうが桁違いに大きいそうです。
そして、それに対する耐性もまだ出来ていないのです。

まだまだ未解明な部分が圧倒的に多い中、あまり分かったような話を
することはナンセンスの極みです。
まして、国民が洗脳までされていることを理解している人は少ないです。

調べていると、大変秀逸な記事を見つけました。

もみじ
電磁波の生体への影響1 ~プロローグ:
生物は進化過程で電磁波を経験しているから問題無いと言えるか?~

http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2013/08/1380.html

◆◆◆ 共振という現象
 
共鳴とも呼ばれますが、物質の持つ固有振動に近い振動を外部から与えられると、
大きく振動する現象を「共振」と呼びます。
振動の波長が重なり、打ち消し合う部分が無く、振幅が大きくなるからです。

生体と電磁波の関係にも、このことが当てはまる可能性があります。
生体のどの部分かはこれからの追求ですが、
生体の持つ固有振動に近い電磁波を受けるとすれば、
増幅されている可能性があるということです。

<引用終わり>


大変秀逸な記事です。
皆さんにご一読をお勧めします。

共振だけではなく、個人によっては電磁波に対しての感受性も
大いに違ってきます。
ですから、決して軽視してはならないと申し上げたいと思います。

高圧線の近くで、ガン・白血病の発症の確率が高いことが、
実際に報告されています。
少なくとも、携帯や電子レンジ、IT調理器の電磁波が
ガンに大きく関係していることは、既に、分かっています。

何と、その中でも、圧倒的に携帯やスマホが危険らしいです。
電磁波の危険性は、距離と大きく関係しているのは、
科学の常識としてあります。

電磁波の危険性で、ガン・白血病は良く出てきますが、
忘れてならないのは、生体内に常在する微生物への影響です。
カビ菌、ウィルス、大腸菌、ブドウ球菌、ピロリ菌などですが、
共振して活性化し大暴れしないと誰が断言出来るでしょうか?

皆さん、今あげた微生物たちですが、
既に、ガンと大きな関係があることが判明しています。
本気で調べたら、皆さんにもきっと分かるはずです。



そこで、皆さんに興味深い動画をご紹介します。

何と、学校に Wi Fi、無線LAN を導入してから、
生徒の多くに異変が現れたそうです。
必見です。


Wi Fi、無線LAN 副作用の危険性
https://www.youtube.com/watch?v=hy7LE9w1_-E






お知らせ

11月11日、最新のメルマガを配信しました。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!


まだ届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1
 











【解禁】ボジョレー・ヌーボーは
発酵促進薬品のはじける音を
聴きながら飲むのが通の飲み方だ!










フェイスブックの 北川 高嗣 氏 のサイトより
https://www.facebook.com/kitagawa.takashi?fref=mentions


ボジョレヌーボー。

タミフルかよ。(タミフル:世界消費の8割が日本)

世界に出荷されたボジョレーヌーボーの
およそ半分は日本に輸入され、消費されています。

通常の日本のワイン消費は、世界の1/30以下。

O.I.V.(国際ワイン・ブドウ機構)の統計では、
2015年の日本の一人当たりの年間ワイン 消費量は3.2Lで、
ポルトガルが54.0L、フランスが51.8Lなど世界各国と比較すると
数量は依然として小さい。

あー、おめでたい。

【写真】ボジョレヌーボー消費量。2007。
もうずーっと、10年以上前からこう(この時で46%)なんです。
フランス人

Ne bois pas (飲まねーよ)。







ワインを日本の20倍も飲む国が、
ボジョレになると日本の20分の1というから奇妙だ。
一人の一人が飲むワインの中でボジョレの占める割合という点では
「日本はイタリアの400倍」と言うことになる。
日本人は田舎者なのか、NHKが「空気」を作ってしまうのか、
なにか恥ずかしくなる。


寄せられたコメントより

ボジョレー・ヌーボーは耳で聴いて飲む。
老いたソムリエが言ってます。
収穫時に発酵を促進する薬品を入れていますので、
グラスにそそいだら耳を傾けて下さい。
はじける音がします。

30数年前、サントリーが、ヌーボーと貴腐ワインを
売らんがために大々的に宣伝をしました。
お陰であんなまずいワインを11月が来ると日本人はお祭りのように飲み始めます。
世界の笑い者に間違いありません。

化学肥料、農薬、防腐剤てんこ盛りの初々しいポワゾンワインをまず日本へ。



まずい?うまい?解禁間近!
ボジョレー・ヌーボーについて簡単にまとめてみた【初心者向け】

http://blog.imalive7799.com/?page=1447854711

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年 「過去50年でも素晴らしい出来」
10年 「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
11年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」
12年「ボジョレー史上最悪の不作」(おぉ、認めたかとうとう)
13年「小粒だが味の濃いブドウが収穫できた」
14年「エレガントで味わい深く、とてもバランスがよい」
15年「記憶に残る素晴らしい出来栄え!」
以下は管理人が追加 ↓
16年「エレガントで酸味と果実味のバランスがとれた上品な味わい」
17年「悪天と高温で希少かつ芳醇」




モンドセレクション2017
https://www.city.fukushima.fukushima.jp/suidou/?p=24156

ペットボトル水「ふくしまの水」が国際的な品質評価コンテストである

『モンドセレクション 2017』で最高金賞を受賞しました。






管理人

化学肥料、農薬、防腐剤てんこ盛りのボジョレー・ヌーボーを
毎年、信じられないくらいに世界一買ってくれる日本へのお礼だろう。
フランスは、放射能入りの「ふくしまの水」を2年連続金賞にしたよ。

いや~、フランスもなかなかやるもんだなぁ・・・。
日本人へのお礼に、放射能までプレゼントしてくれるとはな。
シャレがきいているよ。

以前、『芸能人格付けチェック』という番組で、
タレントの石田純一さんが出ていたけど、
どちらのワインが高級ワインかってのをやってたけど、
二つのワインを飲み比べて、大笑いしながら・・・
これを間違えるやつはバカだといわんばかりに
堂々と安ワインを解答していましたが。(笑)

解答が出た時のあの石田純一さんの信じられないといった
スットンキョウな顔が、今でも忘れられません。



決して誰も書かない
川島なお美さんの死の真相とは!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12297651352.html

まあ、ボジョレーもボジョレーですが・・・
年代物の古い高価なヴィンテージワインほど・・・特に危険なのです。

バレンタインデーのチョコレートもそうですが、
日本民族ほど洗脳されやすい人種は世界に例を見ないでしょう。
支配する側にとって、これほど好都合なことはありません。

テレビ見て、バカ笑いするだけじゃ駄目ですよ、皆さん。
この先、本当にヒドイことになるからね。






お知らせ

11月11日、最新のメルマガを配信しました。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!


まだ届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1
 



ずっとメディアという洗脳麻薬を吸い続ける日本人!









私が幸せになりたいと
心から願ってした・・あること
 ~101回目のプロポーズ











101回目のプロポーズ 3話
http://www.dailymotion.com/video/x5po30b

達郎は会社で上司の早坂部長から呼び出され、時期課長の座は
内藤との噂もあったが、達郎がなる可能性が高いことを言われ
る。特に業績を上げたわけでもないが、逆にミスしたわけで
もなく無遅刻無欠勤が評価されたという。

ところが、この早坂部長はセクハラの常習者で、
会社の女性社員によくちょっかいを出していた。
今、同時進行で早坂部長からセクハラを受けていた
達郎と同じ会社の受付嬢である岡村涼子(石田ゆり子)から
深刻な悩みとして相談を受ける。

会社のランチの時間に、やはり、早坂部長からしつこく
誘われている岡村涼子を助ける為に達郎は・・・
あらんかぎりの勇気を振り絞って早坂部長を諌める。

動画の31分過ぎのところから

早坂部長『 なんだね君? 』

達郎『 彼女は嫌がっていますんで。・・・』

早坂部長『 何だって?・・・ 』

達郎『 そういうことは止めていただきたいんです! 』

早坂部長 達郎の顔にコップの水をぶっかける。

そして、放った言葉は・・・
『 何様のつもりなんだ。きさまなんか一生~万年係長だ。 』


管理人

所詮、テレビドラマの中の話だ。
現実は、テレビドラマなどとは訳が違う。
自分の将来と生活がかかっている。
まして、妻や子供をかかえていたら尚更のこと、
そんなことが出来る訳がない。

・・・とまあ、こんな感じで、ほとんど全ての人が
達郎のような行動はとらないと答えるでしょう。
この私でさえ、その場にならないと、どういった行動に出るか
明快な回答をお答えすることは出来かねます。

ただ、もし私なら・・・
もしやるにしても、達郎とは違ったやり方をすると思います。
達郎は、大勢の社員のいる食堂で、早坂部長を諌めましたが、
ある意味、大恥をかかせたといってもよいでしょう。
これは、相手に憎悪と復讐心を燃え上がらせます。
そして、それは相手からの報復をまねくことになります。

なので、早坂部長を満座の中で恥をかかせないような
やり方を考えます。
実効あるやり方で、誰も傷つかないやり方を採ります。

早坂部長も岡村涼子も決して傷つけないやり方。
そんなやり方があるのかと思われるかもしれませんが、
色んなやり方があるでしょうね。

例えば、匿名に仕立てたある役員からの注意勧告として
パソコンで打ち込んだ警告文を送りつけるのです。

●役員の立場で匿名で君に忠告させていただく。
・・『 早坂君・・・岡村涼子から相談を受けた。
君からのセクハラに大変困っているそうだ。
自殺まで考えたそうだ。
早坂君、岡村君にちょっかいを出すのは直ぐに止めたまえ。
もし何か、問題が起こったら、君に全責任をとってもらうよ。
直ぐに止めるのであれば、この件は内密にしておいてやる。』

・・・とまあ、こんな感じで、
大抵はすぐに決着がつくはずです。
何もヒーローになる必要はないし、
誰かを社員の面前で傷つける必要もない。

セクハラを受けて窮地に立たされている女性を
救うことが大切なのです。


私にも、実際に起きた似たような経験があります。

190cmもある元ヤクザとの激闘の記録!
~セクハラ総集編

http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html


以上の記事にも反省点があります。
もっと穏やかに収めるべきでした。
やり方としては、少々、間違っていたかもしれません。
前述したように、実質的にセクハラを受けていた女性を
護れれば良かったのです。

思慮が浅かったのです。
おかげで、元ヤクザから、深夜から朝方までの間、
連日のように暴行まがいの嫌がらせを受け、
そして、ヘタすると命まで狙われる羽目に陥ったのです。

実をいいますと、当時・・・
自分の心を変えるような訓練をしている最中だったのです。

【 人生とは、魂の修行をする舞台である。

時として、あなたは何者なのかが問われる時がある。

あなたの勇気や正義感が試されている。】


とっさの場面では、直ぐに、今まで書いたような深い思慮は働きません。
なので、おうおうにして過激な行動に出てしまうこともあります。

ところで、何ゆえ、そういった勇気や正義感といったものが
出てきたのかというのがポイントです。

私の人生は、ある時から不幸せが続いていました。
お金をかせぐ為に、年中、徹夜仕事の連続で・・・
確かに、お金にはなりましたが、満足に寝れない日々に
心底、嫌気が差していたのです。

私は、いつからしか・・心から幸せになりたいと願うようになりました。
その結論が、自分の自営の事業をたたむことだったのです。

ある時、幸せって何だろうと考えました。
それが分からないのに幸せになれないだろうといった単純な考えからでした。
ノートに文字にしてみようと試みました。
ところが、たった一文字も書けませんでした。

私は呆然としました。
多分、文字にさえ出来ないような宇宙ほどに大きい、
奥深いものなんだという事に気づかされました。

ただ・・・
幸せになる為に、ある重要なヒントのようなものを得ました。

不安というものを全て消し去ることでした。

★お金が足りない不安

★自己破産するかもしれない不安

★倒産するかもしれない不安

★病気になるかもしれない不安

★失恋するかもしれない不安

★いじめられるかもしれない不安

★仲間外れにされるかもしれない不安

★社会的に恥をかくかもしれない不安

★名誉を失うかもしれない不安

★差別されるかもしれない不安


★死への恐怖



潜在的な不安は、蓄積されると大きなストレスになります。

遺伝子研究で世界的に有名なつくば大学名誉教授の村上教授は言いました。

『 動物に長期間に渡ってストレスを与え続けると・・・

免疫細胞のスイッチがOFFになる 』


全ては、心から始まるのです。
その心は、身体中の細胞や免疫細胞に伝わると信じています。

世界的に有名な遺伝学者の村上和雄さんは、
御著書『生命のバカ力』で、
良寛のこの岩をも貫くようなプラス思考の一念は、
今まで眠っていた遺伝子を目覚めさせると言っています。

しかもその遺伝子が作動することで、それまで不可能であったことを
可能にすることができるというのです。その不可能と思われたことの中には、
癌を治す遺伝子も含まれているというのです。

この強力なプラス思考が、癌を治す遺伝子を起動させ、
進行した癌であってもその癌で死なないようにするばかりか、
癌の自然治癒さえも起こし得るというのです。
何とも頼もしい限りです。

癌を治す遺伝子とは“癌担当リンパ球”の遺伝子のことです。
癌はこのリンパ球によって管理され、癌が治るためには、
このリンパ球の働きがどうしても必要であったのです。
ところが反対に、癌担当リンパ球が眠ってしまうと、
癌は野放しにされ、癌は大きく増殖してしまうのでした。


<引用終わり>



私は、心から幸せになりたかった。
だから、心の不安を全て消す事に決めました。

あらゆる不安の頂点に、★死への恐怖 があります。
死ぬことに比べたら、他の様々な不安なんて、
取るに足らないもののように感じられます。

そこで、死ぬことを恐れないと心に誓ったのです。
ただ、心に誓っただけではなかなかうまくはいきません。

暗示にかけるのです。
何度も何度も・・・来る日も、来る日も・・・

そんなことが出来る訳がないと思われるでしょう。
一番いけないのは、無理だと決めつけることです。

やって出来なければ仕方ありません。
やってみればいいのです。
もしかしたら、出来るかもしれません。

私は、8割方、成功しました。
人生が一変しました。
ほとんど、死への恐怖が消えました。

そして、嫌な気分になるのがバカバカしくなりました。
そんなのは、心から捨てようと努力しました。
そうすると、嫌な気分はかなり軽減されるようになりました。

だって、そうでしょ。
ずっと幸せな気持ちで生きたいのでしょ。
そんなものは、捨て去ればいいのです。

出来る出来ないは、あなた次第。
これも、同様に、心の訓練でなんとかなるものです。


元ヤクザとの激闘の記録!・・・ですが、
そんな時に起こったのです。

私は試されていると感じました。
おまえは、本当に恐怖を克服したのか?

私は、その問題の元ヤクザを告発しました。
この事件は、そういった経緯の中から生まれたのです。

人の人生観は様々にあってよいと思います。
良い悪いは関係ありません。
ただ、そのように生きることを決めただけです。

私は他人の健康や生命や尊厳を最も大切にしたいと、
常日頃より、そのように強く思っています。

逆に、私は自分に対しては、自分を変えたい為に
一風変わったやり方をしたという訳です。

『 ああ、死ぬのか・・・
天空の星のまばたきみたいなものだな 』

その程度の話か・・・と、感じられるようになる必要があったのです。
しかし、人の不幸や死に対しては涙できる人間にもなりたかったのです。
あくまでも、自分の心を変えるための技術的な訓練なのです。


皆さんもいかがですか。
気持ちがすごく楽になりますよ。

不安やねたみ、憎しみなどのネガティブな感情は捨て去ります。
怒りの感情の本質は、究極的には、自分の思った通りにならないから
腹が立つのです。

暴風雨やカミナリといった大自然の出来事には、人は腹を立てません。
無意味なことを知っているからです。

思い通りにならない人間も、究極的には・・・
地球の大自然の一部なのです。
そのことに気づくと、腹も立たなくなるというものです。


その反面・・・
感動や喜び、癒しなどの体感は、身体いっぱいに受け止めます。

これも、幸せになる為の一つの方法ではないでしょうか。

私は、幸せがなんなのか・・・今だもって分かりません。
でも、幸せになりたいよね・・・やっぱり。 音譜




キセキ Song of Love (カノン)






お知らせ

11月11日、最新のメルマガを配信しました。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!


まだ届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1
 




やさしさに包まれたなら - 荒井由実







トランプ 2017年10月28日
鎮痛剤乱用で非常事態を宣言 
   全米死因トップ










2017年10月28日
トランプ、鎮痛剤乱用で非常事態を宣言 全米死因トップ
http://www.thutmosev.com/archives/73296404.html



医薬品メーカーは鎮痛剤に常習性のある成分を混ぜ、「良く売れる」商品にした





鎮痛剤乱用が死因トップ

トランプ米大統領は10月最終週にも、オピオイドなど医療用鎮痛剤乱用で、
非常事態を宣言すると発表しました。

医療用鎮痛剤によって2015年に約3万3000人が亡くなり、
2017年は50歳以下の死因トップになる見込み。

この鎮痛剤は骨折や慢性疼痛、歯科治療など何にでも効く万能の痛み止めだが、
副作用が酷い。

常習性があり、一度服用すると辞められなくなり、摂取する量が増えていき、
最後は意識不明になります。

アメリカでの購入には医師の処方箋が必要だが、痛み止めなので
比較的簡単に入手できると言われている。

これを逆に言えば常習性のある鎮痛剤は、
医師や医薬品メーカーなどにとっては「儲かるビジネス」になっている。


<引用終わり>


2016.06.03
プリンスさんの命を奪った…鎮痛剤「オピオイド」とは
http://www.iza.ne.jp/topics/events/events-9475-m.html

2016.5.2
プリンス、半年前にエイズ発症を知らされていた!?
http://www.cinemacafe.net/article/2016/05/02/40143.html



《 マイケル・ジャクソンさん急死も薬が原因 》

2009年に自宅で心肺停止状態で急死した故マイケル・ジャクソンさんのケースは、
多くの医師らが違法に不必要な薬を処方していたことがわかっている。
麻酔薬の急性中毒や、睡眠鎮静剤を複合的に使用したことが死因とされており、
主治医は過失致死で有罪判決を受けている。



オピオイド ウィキペディアより

オピオイド (Opioid) とは、ケシから採取されるアルカロイドや、
そこから合成された化合物、また体内に存在する内因性の化合物を指し、
鎮痛、陶酔作用があり、また薬剤の高用量の摂取では昏睡、呼吸抑制を引き起こす。

このようなアルカロイド(オピエート)やその半合成化合物には、
モルヒネ、ヘロイン、コデイン、オキシコドンなどが含まれ、
また合成オピオイドにはフェンタニル、メサドン、ペチジンなどがある。

これらは本来的な意味で麻薬(narcotic)である。
オピオイドとは「オピウム(アヘン)類縁物質」という意味であり、
これらが結合するオピオイド受容体に結合する物質(元来、生体内にもある)
として命名された。
内因性のオピオイドにはエンドルフィン、エンケファリンなどがある。

オピオイド薬の使用には、オピオイド依存症(英語版)や、離脱症状、
また過剰摂取による死亡の危険性がある。
アメリカでは、薬物中毒死の43%までも、オピオイド医薬品の過剰摂取で占めており、
2014年にもアメリカ神経学会は頭痛、腰痛、線維筋痛症などの慢性疼痛状態では、
オピオイドの使用は危険性の方がはるかに上回るという声明を行っている。








管理人

プリンスさんは、鎮痛剤「オピオイド」の過剰摂取で
エイズを発症させたのではないでしょうか。

オピオイド系の薬物は、免疫系を壊します。
そりゃあ・・・エイズにもなるし、ガン・白血病にもなります。
また、たとえ弱い薬であっても膠原病やリウマチを発症させます。

膠原病の8割は女性です。
生理痛の痛み止めが原因と考えられています。

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

免疫細胞であるT細胞を炎症させているのは、
実は、痛み止めのお薬なのです。

この事実は、多くのお医者さんも知りません。
皆さんは、今日、はじめてその真相を知ったのです。







『エイズはすべてインチキだった』
~世界中の著名な医師や細菌学者が告発しています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12261877335.html

以上の記事の一番重要なところを引用します。


内科医の西岡 昌紀 医師
のサイトより

HIVは本当にAIDSの原因か?(7)
https://blogs.yahoo.co.jp/nishiokamasanori/


そして、次の論文に御注目下さい。
この論文は、今、御紹介したブラウンらの論文から5年後の
1979年に発表された論文です。
この論文は、ブラウンらの論文とは違った視点から、
麻薬が免疫系に与える作用を論じた論文で、
彼らの研究は、ヘロインではなく、モルヒネを取り上げて居ますが、
大変重要な事を、AIDSと呼ばれる病気が「発見」される数年前に指摘して居ます。

   
で、訳すと、
「正常なヒト血中Tリンパ球上のモルヒネ及びメチオニン・エンケファリン受容体
を示唆する証拠」と言ふ物です。

即ち、白血球の一種であるリンパ球は、大きくT細胞とB細胞に分けられますが、
そのT細胞と呼ばれる群のリンパ球の表面上に、
モルヒネやメチオニン・エンケファリンと言った物質と結合する分子が存在する様だ、
と言ふのが、この題名の意味する所です。

何の事か分からないと言ふ方もおられるでしょう。
簡単に言へば、Tリンパ球の表面には、
モルヒネ等の麻薬と結合する分子が存在する様だと言ふ事です。
そして、これが、Tリンパ球に対して、麻薬が作用を持つ事を
分子レベルの実験で裏付けて居るのです。


<引用終わり>
---------------------------------



●解熱剤、抗ガン剤が悪化させる 

大沼氏は初期高熱に用いられる解熱鎮痛剤が
「白血病を発病させる」と痛烈に指摘。

「白血球細胞は、化学薬品(解熱剤)を〝非自己″と認識し、
食菌して自己を守ろうとする。

食菌した白血球は、
薬の成分で白血病細胞に変わっていきます


なんのことはない。
投与する治療薬が、白血病を悪化させている。



管理人

モルヒネ等に似た成分は、鎮痛剤や解熱剤にも含まれている場合が多いです。
睡眠薬や一部の風邪薬、そして、抗うつ剤などにも含まれていると思われます。
これらの化学成分が、Tリンパ球と結合するのだそうです。

そうしますと、一体何が起こるのでしょうか?
Tリンパ球は、本来のものと違って別ものになる?
もし、免疫機能を喪失するとしたら、どうなってしまうのか?

そのTリンパ球に、カビ菌やウィルスが寄生したとしたら・・・
同時に、免疫機能が弱体化した上に、
カビ菌やウィルスが大繁殖するのではないでしょうか。
これは、リンパ腫や白血病とも大いに関係がありそうです。

皆さん、これは極めて重要な情報ですよ。
同時に、非常に恐ろしい情報です。
何故ならば、そういった免疫低下~免疫不全になってしまうような
化学成分が・・・意図的に、一般のクスリに仕込まれて来た可能性があるからです。
犯人は、決してモルヒネ等の成分だけではない。
他にも色々とあるはずです。

こういったクスリの大元は、人口削減を進めている連中が仕切っています。

この恐ろしい秘密が、全世界に・・・日本国内で大々的に告発されたら・・・
世界はもとより、日本国中が大変な騒ぎになるでしょう。
告発しようとした人物は、間違いなく暗殺されます。 



重要関連記事

2015-05-17
日本では、人口削減に多大な貢献をした者が
イルミナティ・メーソンの上位になれるという!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12027537445.html

その御婦人というのは、実は、関西のイルミナティ・フリーメーソン
の幹部の奥さんというお話でした。
本当かどうかは、私には分かりませんが、お話を伺っていると、
色んな事をかなり詳しく知っており、まんざらウソではないと
感じ、長時間に渡り、色々とお話した訳です。

その内容の全てをお話する訳にはいきませんが、一部を公開します。

日本という国は、激烈な競争社会ですが、イルミナティ・フリーメーソン
の社会も例外ではないそうです。
たくさんの組織が日本各地にあり、色んな意味で競争があるらしい。
そして、お互いに仲もあまり良くないと話されました。

今、一番競争しているのは、日本の人口削減にどれだけ貢献したか
というのが、最大の重要事項であるそうです。
各地の組織が、その一点で大競争をしているらしい。
その貢献度によっては、更に、上位に上がれると話されました。

日本の天皇は、戦前よりも戦後のほうが、
はるかに地位が高くなったと・・・
何故なら、日本の人口削減に最大限の貢献をしたからだそうです。
なにしろ、天皇は日本のイルミナティ・フリーメーソンのトップですから。
あらゆる反対を押し切って、日本を戦争へと向わせたのは、他ならぬ、
天皇その人であったそうです。
しかも、360万人以上の日本国民の削減に大貢献した。
だから、戦後にばら撒かれている様々な噂は全てウソです。
プロパガンダそのもの。
天皇が、最大最高の責任者で間違いないそうです。
ずっと一貫して、海外のイルミナティとつながっていたと・・・。

そして今・・・
日本のフリーメーソンが、日本の人口削減の貢献度で競っているそうです。
天皇の大出世ぶりを目の当たりにしているので、それに続けという訳でも
ないでしょうが、皆さん、我も我もと・・・必死に、
直接・間接大量殺人に加担しているというのが真相です。

食べて応援なんてのも全てそこから出て来ています。
その為に、あらゆる美辞麗句を駆使するという訳です。

復興~絆・・・食べて応援・・・死んで応援!?

本当に酷いものです。
だから、彼等はただのキチガイじゃ~ないんです。
人口削減という名の大量殺人が真の目的の確信犯です。
本当の意味でのキチガイと言ってもいいでしょう。
こいつ等が、今の日本を支配しています。

腐ったリンゴしか、日本のトップには成れないのです!
政治家も官僚も経済界もマスコミも・・・
日本政府が先頭に立ってやっているんですよ・・・
信じられますか!?
これが、今の日本の本当の姿なんです。

~絆~ の本当の意味をお教えします。

『あなた達、お願いですから
静かに・・・一緒に死んでください!』

これが、イルミナティ・フリーメーソンの
隠された秘密の最大のアジェンダです。


その真相を巧妙に隠蔽糊塗しているのがマスコミの役割です。
ずっと、アヘンという麻薬を吸わされ続けているのが
悲しき日本国民の真の姿です。


~ 引用終わり ~




日本の実際のガン死亡者数は、
統計よりもはるかに多いのではないだろうか!?

https://ameblo.jp/64152966/entry-12308815683.html





管理人

WHOのグラフですが、実際にはもっとはるかに急上昇している
のは間違いないです。
真実のグラフを作成すると、恐らく、日本国民は驚愕するでしょう。
これが、日本最大のタブーであり秘密なのです。

皆さん、これが偶然だと思いますか?
はい、偶然などでは決してありません。

そして、ブログ読者の多くの人もガンで苦しんでおられます。
これも私は偶然などでは決してないと考えています。

私が何を言いたいか・・・

『 こんなんで、死んでたまるか! 殺されてたまるか! 』

これを言いたいが為に、長々と書き綴ってきた訳です。
絶対に、何が何でも生きてやるぞ・・・といった決意を
皆さんに持って欲しいからです。

全ては、心から始まるのです。
その心は、身体中の細胞や免疫細胞に伝わると信じています。

世界的に有名な遺伝学者の村上和雄さんは、
御著書『生命のバカ力』で、
良寛のこの岩をも貫くようなプラス思考の一念は、
今まで眠っていた遺伝子を目覚めさせると言っています。

しかもその遺伝子が作動することで、それまで不可能であったことを
可能にすることができるというのです。その不可能と思われたことの中には、
癌を治す遺伝子も含まれているというのです。

この強力なプラス思考が、癌を治す遺伝子を起動させ、
進行した癌であってもその癌で死なないようにするばかりか、
癌の自然治癒さえも起こし得るというのです。
何とも頼もしい限りです。

癌を治す遺伝子とは“癌担当リンパ球”の遺伝子のことです。
癌はこのリンパ球によって管理され、癌が治るためには、
このリンパ球の働きがどうしても必要であったのです。
ところが反対に、癌担当リンパ球が眠ってしまうと、
癌は野放しにされ、癌は大きく増殖してしまうのでした。


皆さん、以下の記事を是非、見て下さい。
可愛そうに・・・見られないように消されているのですよ。
なので、キャッシュで見て下さい。

ドロドロ血液を一瞬で変える最も簡単な方法
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:z5xDF0De5cEJ:healthy-happiness.jp/%3Fp%3D4700+&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp









お知らせ

11月11日、最新のメルマガを配信しました。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!


まだ届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』


第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号 土岐市・重水素核融合実験の“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号 『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

★メルマガ第41号 検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
         〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
★メルマガ第42号 何としても、ガンの増殖〜拡大を食い止めなければならない!



第七期メールマガジン (2017年5月~2017年7月)

★メルマガ第43号 私の使命は人の手助けになること
         〜それを私の生きていた証(あかし)にしたい!

★メルマガ第44号 膠原病・リウマチ・川崎病の本当の原因とは!?

★メルマガ第45号
【関節リウマチ】〜炎症性のT細胞であるTh17が骨の破壊を誘導する!

★メルマガ第46号
我々は、40万人のガン患者を救える治療法を見つけることが出来るだろうか!?

★メルマガ第47号 【高濃度ビタミンC点滴療法の真実】

★メルマガ第48号 何故〜甲状腺ガンが全国で増えているのか!?

★メルマガ第49号
女性ガン死亡者数第1位(男性第3位)は〜『大腸ガン!』〜その予防法

★メルマガ第50号
癌細胞は、体内の重水素(トリチウム)と活性酸素に起因して大増殖する!

★メルマガ第51号
決して誰も書かない川島なお美さんの死の真相とは!?



第八期メールマガジン (2017年8月~2017年10月)

★メルマガ第52号
活性酸素を大量発生させガンを発症させる最大の真犯人はリッキーガット症候群!

★メルマガ第53号 奇跡の野菜〜マルンガイ〜と石垣島!

★メルマガ第54号 三島由紀夫の最後の遺言

★メルマガ第55号
スキルス性〜胃ガン、大腸ガン、乳ガンの怖ろしい真犯人!?

★メルマガ第56号~肺アスペルギルス症が肺ガンを発症させる!

★メルマガ第57号~前編 ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第58号 玄米は危険~重曹水飲用は大変に有効!

★メルマガ第59号~中編
ムーコルはガンより怖ろしい!~ガンとの因果関係は?

★メルマガ第60号 悪性リンパ腫の正体とは何かを調査中 ~ 其の1
 




白い色は恋人の色 - ベッツィ&クリス








ガンの秘密を探ろうと必死に調べていたら
出てくるのは私の記事や画像ばかりだった!?









2010.05.15
新妻の胃癌細胞
http://blog.dr-nakajima.jp/?cid=4

私が大学の外科学教室に入局して二年目のことです。
結婚して間もない同僚の奥さんが胃癌で入院してきました。
若いだけに癌の進行は速く、その時すでに手術のできるような
状態ではありませんでした。
それにもかかわらず、わずかな望みを頼りに手術は行われましたが、
やはり病巣を取り除くことはできませんでした。
しばらくしてその美しい新妻は亡くなってしまいました。
それはそれは悲しい出来事でした。

入局二年目では執刀医にはなれませんが、
私は助手として新妻を治療する手術チームに加わり、
手術創を開くを引きながら手術の一部始終を見ていました。

癌病巣はすでに胃を越えて肝臓に達し、
その上、腹膜まで癌に侵されて腹水も溜っていたのです。
私はその腹水を全部すくい上げて、滅菌した大きなビンに入れて取っておきました。
その中には、美しい新妻を襲った憎き癌細胞がたくさん入っていたのです。

私は研究室でその癌細胞を培養して驚きました。
細胞は初めから猛烈な勢いで増殖します。
たちまち培養管は癌細胞でいっぱいになってしまいました。
特殊な薬を使ってその細胞を一個一個バラバラにして、
何本かの培養管に分注して再び培養しますと、
そのいずれの培養管も数日の内に癌細胞でいっぱいになってしまいます。

何回植え継いでも増殖は衰えることを知りません。
このようにして新妻の胃癌細胞はどんどん増殖していったのです。
私はこの癌細胞を使って数々の貴重な実験を行なうことが出来ました。

半年もたった頃です、最愛の妻を亡くした同僚もようやく落ち着きを
取り戻したのではないかと思われるある日のこと、
私はその同僚にたいへん罪深いことを言ってしまいました。
不遜にも「なつかしい人に会わせてやるよ」と言ってしまったのです。
誰が待っているかわからないままに、
同僚は心踊らせて私と一緒に研究室までやって来ました。

そのときまで、奥さんの癌細胞の培養の話は一切していませんでしたので、
そのときは彼は何のことか理解できなかったようです。
研究室に来て、細胞を生きたまま直接観察できる位相差顕微鏡をのぞいて、
「なつかしい人ってこれかい」と言います。
そこで初めて何であるかを悟ったようです。
「これが僕の・・・・」と言ったきり黙ってしまいました。

体温と同じ三七度に保たれた小さな培養管の中では、
そのときも新妻の胃癌細胞は増殖しながら生き続けていたのです。

彼は黙ったままじっと顕微鏡をのぞいていました。
それはありし日のことを思い出しているような目でもありました。
しまいにはうっすらと涙さえ浮かべていたようでした。
しばらくの間沈黙が続き、室内にはただ培養器に空気を送るポンプの
音だけがリズミカルに響いているだけでした。

命っていったい何なのだ。
美しい新妻は死んでも彼女の体の一部は今も目の前に生き続けている。
しかもどんどん増殖し続けているではないか。
再び、研究者の目にもどった我々二人は、新妻の癌細胞を前に、
しばし生命の何んたるかを語り合うのでした。

~ 引用終わり ~



管理人

このお医者さんの記事は7年前のものですが、
医師の奥さんでさえもどうにもならない事を感じさせます。
恐らく、医療のレベルは今も7年前も・・
そんなには変わっていないと思います。

もし私が、記事に出ているお医者さんであるとしたら、
徹底的に分析を試みたと思います。

★細胞の分析

★遺伝子解析

★増殖を止める成分を突き止める

★ガン細胞を崩壊させる成分を探す


ガン細胞は、元の細胞とは違うのは誰にも分かります。
何が違うのかを徹底的に研究するのです。
そこに重大な発見を見出すはずなのです。

細胞の分析では何が見つかるか?

遺伝子解析では、どこが元の遺伝子と違うのか?

きっと興味深い何かが見つかるはずです。

細胞も遺伝子も元の細胞との違いは見出せなかったという事は、
私はあまり考えられないと思います。

本来、医科大学の大学院で研究すべきことです。
もし、その研究が徹底的になされていたら、
ガンに関する謎はかなり解明出来たはずなのです。

そういった研究を妨害している可能性があります。
現代医学を実質的に支配しているのは、
イルミナティ・フリーメーソンだからです。
人口削減を最大の目的にしているのですから、
ある意味、当然ともいえます。

イルミナティ・フリーメーソンが支配しているのは、
何も現代医学だけではありません。
地震起因説からして、ウソを垂れ流しています。
権威ある地震予知学会の本当の目的は、
地震が起こる本当の原因を潰し覆い隠すことです。
彼らが、人工地震を起こしているのですから、
しごく当然といえば当然な話です。


パックご飯50万食分を自主回収
~放射能汚染されたお米にはカビが繁殖する!

https://ameblo.jp/64152966/entry-12326598533.html

<一部引用>

世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12171166003.html


HeLa細胞は、ヒトパピローマウイルス(HPV)という子宮頚癌の原因ウイルスに

感染して、そのウイルス遺伝子がHeLa細胞の中に組み込まれてしまっていたのだ

という事が後の研究でわかってきました。


◎ここが今回の最も重要なポイントです。


人の正常な子宮の重さは、50g前後らしいですが、子宮筋腫や子宮頸がんに
なると、250gや500gを越えるものもあるそうです。
ヘンリエッタさんから採取した子宮の重さを仮に500gとしますと、
培養に次ぐ培養で累計5000トンって云いますから、何倍になるのか?

5000トンは、1トンは1000キロですから、
1000キロの5000倍になります⇒つまり、5百万倍。
500gですから、何と・・・一千万倍。
60年間に一千万倍に増殖した計算になります。

有り得ないだろう・・・絶句。
これは、最早、細胞と呼べる代物ではない。
ウイルスのコロニーと化しているのは間違いない。

ガン細胞は

ウイルスのコロニー



カビ菌のコロニー

である可能性が高くなって来ました。


<引用終わり>



管理人

HeLa さんの子宮頚癌にウィルスが関係しているのは
多くの学者や医師が知る事実です。
しかし、ウィルスよりも圧倒的に多いのがカビ菌です。


癌患者は80%以上の人がカビに覆われて死ぬ
という実体が判明~岡山大学医学部の卒業論文。

https://ameblo.jp/64152966/entry-12081499191.html

上の元記事も削除されたのか出て来ません。


皆さん、一度、検索して調べて見て下さい。
ガンとカビ菌・・・で検索してみて下さい。

全然、出て来ないのですよ。
出て来るのは、私の記事や画像ばかりです。
一体どうなっているのでしょうか?

ガン・白血病の専門医や研究者は、一体何をしているのか?
つまり、肝心の医科大学・大学院においても
まるで研究されていないことを意味しているのではありませんか?

これでは、ガンの秘密が解明される訳がない!
人が、ガンの病魔から救われる訳がありません。

大日本住友製薬の医療情報サイトを見ると、
白血病でカビ菌の感染が見られると極めて予後が悪いと書いています。
せいぜい、その程度です。
まあ、示唆しているので、まだ良心的な部類に入ります。


話を元に戻します。
細胞や遺伝子を調べるというのは、ほとんどの皆さんが
同意してくれると思います。

更に、増殖したガン細胞に様々な薬剤や成分を試してみて
何が一番効果があるのかを調べるという部分についても、
これも、ほとんどの皆さんが同意してくれると思います。

もしかすると・・・
画期的なものが発見されるかもしれません。

でもね、皆さん、こういった実験をやっている形跡が
ほとんど見つけられないのですよ。

私なら、先ず、重曹を試したいですし、大麻も。
他にも、ガンにいいとされる様々なものを試してみたいです。
目で見ることが出来るので、これ以上に確かなことはありません。

医科大学・大学院などでは、どうせ、製薬会社から出ている
ものばかりを研究材料として扱っているのでしょう。
皆さんが、本当に知りたいことは、ほぼ出て来ないでしょう。

イルミナティ > 医療マフィア > 製薬会社 > 厚生省 ≒ 医師会

これでは、無理でしょうね。



寒い時期に簡単に出来る免疫アップの方法

寒い冬に暖かいお風呂に入ると、すごく気持ちいいですね。
気持ちいいだけではなく、免疫力の為にもすごくいいです。

大事なことは、お風呂から出ても、
その状態をなるべく長く保つことです。

〇お部屋の温度を暖房して温めておくこと。

〇厚手のシャツを何枚も重ね着すること。

〇厚手のズボン下やステテコ・パッチをはくこと。

〇更に、その上から厚手のパジャマや防寒着を着用する。

〇出来れば、腹巻きもしたほうが尚いいです。


つまり、高い免疫力を長く維持することが
ものすごく重要なポイントになる訳です。
その日々の習慣が、ガン・白血病や難病になりにくくします。

お風呂から出て、一気に身体を冷やすのは最悪です。
あなたの身体に免疫低下の流れが出来てしまいます。
身体の一部にあるガン細胞が大喜びするだけです。

寝る前に、温かい白湯や生姜湯を飲むと
小腸・大腸の善玉菌が活性化し、
ひいては、免疫力アップにつながります。

皆さんのお身体は・・・日々、
常に、良い方向に向うか、悪い方に向うか
揺れ動いていることを忘れてはいけません。

時として、くっきり明暗を分けてしまうものなのです。

とてもシンプルで軽視されがちですが、
実は、ものすごく重要なことなので、
是非、覚えておいて下さい。









お知らせ

11月11日、最新のメルマガを配信しました。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!


まだ届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com











2011年2月の帝国ホテル地下
フリーメーソンの会議で、
日本地図に東北が無かった!










2011年2月の帝国ホテル地下フリーメーソンの会議で、
日本地図に東北が無かった !

https://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=4HDby-w2xjQ#!


2011年2月の初めに東京帝国ホテルの地下で、イルミナティの会議が開催された。

そのイルミナティ・フリーメーソン会合の会場には

日本地図が掲げられていたが、

何と東北地方だけが消えていたという。

訝しく思い「一体何故東北地方が地図に無いのですか?」と問うと、

何と「東北地方は間もなく日本から消えて無くなるのです。」と

ハッキリ答えたという。







『この世界でいま本当に起きていること』
  中丸薫・菅沼光弘著 徳間書店


<一部抜粋>

闇の権力といっても、彼らの意図のままに
すべてが運ぶわけではありません。
失敗もあるわけです。
ですからそれほど悲観的になる必要もないのです。

彼らの意図は支配下にあるペンタゴンから指令が出て、実行部隊が動き、
人工地震などが起こされるのですが、そのプロセスにおいて思うように
実行されないこともあるわけです。

にわかには信じられない人々も多いでしょうが、
実は3・11の地震は東北だけではなく、東京湾直下や富士山周辺でも起きるように、
多くの場所に仕掛けがされていたことがわかっています。

闇の権力に従う人々により、地震を起こすための核爆弾が東京湾の海底と、
富士山周辺の地下に4ヶ所セットされていました。
しかし幸いなことに、3・11と同時に爆発させる予定だった
東京湾も富士山周辺も、爆弾は不発だったのです。

これまでも講演や著書でお伝えしてきたように、人工地震の直接の原因は
海底に埋められた核爆弾です。
ひずみのエネルギーが溜まった地殻に核爆弾をセットして爆発させれば、
そのエネルギーが解放されて大地震につながります。
こうした理論は新しいものではなく、地震学者であれば誰でも知っていることです。
実際に人工地震は、地震のメカニズムや地下構造、地質を調べるときにも
使われているもので、特別な技術ではありません。

自然からの恩恵により生かされている日本は、そう簡単には滅亡しません。
普段は自覚することが難しいのですが、私たちはともに生きる人々から
たくさんの恩恵を受けており、よいエネルギーをたくさん受け取っています。

しかし残念ながら同時に私たちの周りには、
悪のエネルギーである「闇のエネルギー」が存在しています。
それは自分の中にも潜んでいるので時々それを自覚することも必要ですが、
それよりももっと強く影響を受けるのが、
自分の周りから受ける闇のエネルギーです。

彼らは実際に悪魔信仰ををしており、ルシファーを信仰しているので
彼を呼び寄せるために、おどろおどろしい儀式などを通して
闇のエネルギーを引き寄せてもいます。
ですから彼らが握っている権力が仕掛ける洗脳も、
こうした悪のエネルギーの作用なのです。
そのほかにも抵抗が難しい闇のエネルギーによる悲劇があり、
今では自然災害も悪のエネルギーによって引き起こされることがあります。

ちなみに東日本大震災で、彼らは首都圏の破壊まで考えていたのですが、
その意図の裏にはアメリカによる日本再占領計画がありました。
首都圏が大地震に見舞われれば、日本の行政や経済その他すべてが
一時的にせよストップし、国家運営に支障が出ます。

そこへ表向きはこれを支援するとしてアメリカ軍が乗り込む算段でいたのです。
そのためにアメリカの空母ドナルド・レーガンは他の艦船とともに
艦隊を組んで日本近海に常駐していました。
そして3・11直後から、日本に上陸可能な体勢を取って待機していたのです。

もしこの時、首都圏で大地震が起きていたら、
ただちにアメリカ軍が上陸していたでしょう。
アメリカにすでに洗脳されている官僚や政治家などと組んだ臨時政府のような
組織が設置され、早急な復興を理由に、彼らに都合のいい政令が次々に
公布されるという事態に陥ったに違いありません。

そうなればアメリカ政府を牛耳る闇の権力にとって、
当然、沖縄の普天間基地移設問題やTPPにしても、
もう日本政府と交渉する手間は不要です。

主導権を握ればこうした問題は即決することができます。
そして逆に言うと、TPPもまさに日本を占領するためのものなのです。
TPPは、国際的な同意を取りながら、じわじわと日本をアメリカの
より強力な属国にする手段です。

人工地震を起こした核爆弾の設置には、日本の研究船「ちきゅう」が
関与していたことが明らかになっています。
この船は深さ何千メートルもある海底をさらに深く掘削することのできる
研究用掘削船です。
しかしながらこの船はもはや、日本の研究機関のための作業に使われて
いるのではなく、国際的な組織下に入れられており、
そこでは多くの外国人も多数加わって作業しています。
人工地震から何から全部、彼らは本当に実行する闇の権力です。

「東海地震が来る」とか、「4年以内に直下型地震が東京に来る」などと
言ってマスコミがテレビを通して煽っています。
NHKも特番を放映するなどして煽るようなことをしています。
死者が30万人を超えるとか、高知には30メートルを超える津波が来て
町並みが全滅するなどと言うのです。
それもわざわざCGをを作ってテレビで見せつけるのです。

<抜粋終わり>




ロシアのプーチン大統領が
全世界に3.11人工地震波形を示す!!!
世界フィギア2011~大会初日OPセレモニー




3分10秒あたりから ↑ 


管理人

出来れば、この動画を皆さんで永久保存して下さい。
ロシアのプーチン大統領は、フィギアスケート開会式
において、3.11地震波形を世界に示しました。
専門家が見て、明らかに人工地震特有の波形を示して
いたからでしょう。
しかし、日本のマスコミは全て放送しなかったと
聞いています。
日本のマスコミは、本当にどうしようもないクズばかりです。

3分10秒あたりから、問題の動画が出て来ますので、
何度でも見て記憶しておいて欲しいと思います。
あと、5:07~5:22にも、人工地震をほのめかす演出が入って
いるようです。
いずれ、その地震波形の本当の恐ろしい意味が
誰にでも理解出来る日が、いつか必ずやって来ると信じています。








お知らせ

11月11日、最新のメルマガを配信しました。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!


まだ届いていない読者の方は直ぐにご連絡下さい。



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメールアドレス
mail@wantoninfo.com












半島の皆さんは、
日本で一生懸命頑張っておられます!









高倉健さんて在日朝鮮人だったのかな?ちょっと調べてみたら…
http://rakusen.exblog.jp/22609044/

以下は、ほんの一部です ↓ スマップが見当りませんね。

<敬称略>

在日帰化の人たち

土井たか子(李高順)福島瑞穂(趙春花)筑紫哲也(朴三壽)

佐高信(韓吉竜)山田花子(金花子)  原田泰造(金泰造) 安田成美(鄭成美)

マッハ文朱(李文朱) 大山倍達(尹泰植) 力道山(金信洛) 岩城滉一(李光一)

ジョニー大倉(李雲煥) 田中麗奈(鄭麗奈) 都はるみ(李春美)

松任谷 由実(金 玉子) 星野真里(李真里) 後藤真希(呉真希)

松宮貴至(生野巽) 沢田研二(李研二) 金子鎮宇(李珍宇) 安川正義(孫正義)

立原正秋(金胤奎) 布袋寅泰(混血) 吉川晃司(レコード会社発) 篠原涼子

中村あずさ 八代亜紀(琉球と半島の混血) 浅野温子 池山隆寛 達川光男

金村義明(キムギミョン) 金本知憲 光山英和(この名字に倭人を知らん)

伊集院静 太平かつみ 神保美喜 杉原輝男 大原麗子 安原麗子(ex少女隊;

やまとの歌謡曲タブーの韓国でオンステージって間違いなくその筋)

松本伊代(今後アイフルのCMに出てくるタレントは在日)

aiko(柳井愛子,父親は総聯地方幹部)・EPO(佐藤榮子)・MAIKO(栄舞子,ZONE)

・MEGUMI(山野仁,仁でめぐみと読む)  misono(神田美苑)・MIYU(長瀬美夕,ZONE)

・Reina(宮内玲奈,MAX)・YOSHIKI(林佳樹,X-JAPAN)・YOU(松岡ユキコ)

YUKI(北村夕起,TRF)・赤井秀和・アンリ菅野(梅山静子)・いしだ壱成(星川一星,half)

・いしのようこ(石野陽子)石野真子・いっこく堂 (玉城一石)・うつみ宮土理(井川三重子)

・ウド鈴木(鈴木任紀)・ガクト(岡部学,混血)・加勢大周 かたせ梨乃(杉田典子)

・かとうれいこ(横尾房江)・川島直美・神田正輝・小西真奈美・島袋寛子(混血:沖縄・鮮人)

・スガシカオ(菅止戈男)・すぎやまこういち(椙山浩一)・せんだみつお(中野光雄) 

つかこうへい(金原峰雄,金峰雄,)・つのだじろう・つんく♂(寺田光男)

トミーズ雅(北村雅英,母親・北村金子)・とよた真帆(青山真穂)・ドンドコドン山口

・名高達郎(名高達夫) なべおさみ・なべやかん・にしきのあきら(錦野旦)・西田尚美 

西村ひろゆき(2ちゃんねる管理人)・ピエール瀧(瀧正則)・びびる大木・ヒロミ(小園浩己)

・ベンガル(柳原晴郎) ポール牧(榛沢一道)・ホンコン(蔵野孝洋)・モト冬樹(武東裕男)

・モンキッキー(大森明) もんたよしのり(門田頼命)・米倉涼子・ラッシャー板前 

りゅうこうじ(笠浩二,C-C-B)・愛内里菜(垣内里佳子) 安めぐみ・安岡力也

・安原麗子 (少女隊)・安西ひろこ(安西紘子)・伊集院静・伊藤英明・伊藤美咲(安斎智子)

・井出らっきょ(井出博士)・井上晴美(北村仁絵)・井上和香(新村直子)

・井川遥(井川秀恵,趙秀恵) 井沢八郎(工藤金一)・井筒仁康・一色紗英(畠山紗英)

・引田天功(板倉満里子) 宇多田ヒカル(岩下光)・永井真理子・永山藍子・永瀬正敏

・永島敏行・永島暎子・永六輔(永孝雄,台湾人か)円広士・園まり(薗部毬子)

・園原佑紀乃(園原ゆかり)・奥菜恵(三桝貴恵)・奥田瑛二・押尾学岡 安由美子

・岡江久美子・岡崎友紀(岩倉友紀子)・岡田可愛・岡八郎(市岡輝夫) 

岡本夏生(金村幸子,李夏生,李幸子)・沖雅也(日景城児)・沖田浩之 (置鮎広之)

・下川辰平・加護亜衣(B&K)・夏川結衣(宮川美紀)・河合奈保子(金原奈保子)

・河合美智子(鈴木一栄)・河島英吾 火野正平(二瓶康一)・花咲まゆ(井沢由美)

・華原朋美(下河原朋美)・角川博・角田ひろ 叶恭子(小山恭子,混血:鮮人とフィリピン)

・叶美香(玉井美香,混血:鮮人とフィリピン) 舘ひろし(舘廣)・吉井怜(飛知和怜) 

吉岡秀隆(川口,蕨界隈)・吉岡美穂(焼肉屋の娘)・吉幾三(鎌田善人)

・吉川ひなの(高田愛)・吉川晃司 吉田日出子(平松日出子)・吉野きみ佳(吉野公佳)

・丘みつ子(森田光子)・久本雅美 及川光博・宮下順子(金英姫)・宮川大助(松下孝美)

・宮内淳 宮迫博之・宮本信子(池内信子)・玉置なみ(玉置成美)・玉置浩二 

玉木宏・玉利かおる・桑名将博・桂木文・原久美子(北原久美子)・原口まさあき(原口晶匡)

・原史奈・原田伸郎・原田美枝子・原田龍二・五木ひろし(松山数夫,混血:同和・鮮人)

・倖田來未(神田來未子)・光浦靖子・光本幸子・工藤静香・工藤夕貴・幸田シャーミン 

広末涼子・江角マキコ・江波杏子・香坂みゆき・香山美子・高岡早紀(高岡佐紀子)

・高橋克典(梅宮の親戚)・高見恭子・高樹澪(貞谷油佳里)高倉・高知東生(大崎丈二)

・高島礼子・高嶋ちさ子(盛田知佐子)高品格・高峰美枝子・高木美穂

・黒沢優(混血:母・林寛子)・黒谷友香(日韓合作ドラマ出演)

・佐藤絵梨子(佐藤栄利子,崔江利子)・佐野元春・坂田利夫(地神利夫)・坂東英二(満州?) 

坂本九・坂本冬美・崎谷健次郎・桜金造(佐藤茂樹)・桜庭あつこ(金成亜希子)

・三崎千恵子(宮阪トシ)・三田佳子(高橋嘉子)・三田寛子・山根元代 山咲千里(杵村千里)

・山崎まさよし・山田雅人・山田邦子・児玉清(北川清)・寺島純子・鹿賀丈史(勝田薫且)

・篠田三郎(大塚晴生)・篠田正浩 柴咲コウ(山村幸恵,千川部落)・手塚さとみ

・酒井若菜(酒井美幸)・酒井美紀・酒井法子(高相法子) 樹希樹林・出川哲郎

・春一番(春花直樹)・春日八郎 ・勝俣州和・勝呂誉 小坂一也・小松千春(小松崎千春)

・小川菜摘(夫・浜田雅功) 小泉今日子(厚○市文化会館/温水方面の農村)

・小倉優子・小沢健二 小池栄子(下北沢パチンコ屋の娘)・小柳ユキ(黒柳りん)

・小柳ルミ子・小林幸子(焼肉屋)・松浦亜弥( 松村亜由美,皮屋の娘,BK混血) 

松岡きっこ(岩谷紀公子)・松岡充 (SOPHIA)・松岡俊介・松下由樹(松下幸枝)

・松金洋子 松坂慶子(高内慶子,父親が鮮人,戦中長崎から海路脱出 松坂沙良

・松山三四郎(秦光秀)・松山千春・松村邦彦 松村雄基(松村憲幸)

・松嶋尚美(オセロの白、西成部落) 松嶋菜々子(座間出身,父親は倒産した某金属係企業)

松本紀保(藤間紀保子)・松本莉緒(金野恵)・笑福亭笑瓶(渡士洋)・上島竜兵(上島龍平)

・城戸真亜子・常盤貴子(尼崎潮江出身,自称横浜)・森下愛子・森口博子(花村博美)

・森口瑤子(坂元陽子)森高千里(父親が森高・母親が高森)・森次晃嗣(森次浩三)

・森進一(森内一寛,母親が鮮人)森川美穂 (榎並美穂)・森田健作(鈴木栄治)

・真行寺君枝(大口君枝)・真中瞳(小林真知子,焼肉屋の娘) 神戸一郎・神保美喜

・神野美伽(荒木美佳)・村春子 (石山春子)・杉本彩(パチンコ屋の娘)・杉本哲太(杉坂哲太)

菅原都々子・成宮寛貴・星由里子・清岡純子・清水健太郎(園田巌)・西山浩司

・西川のりお(川西康成) 西村和彦(伏見茶屋 仁志むら亭)・西村知美(西尾知美)

・西田ひかる(西田光)・青江三奈(井原静子) 青田典子・斉藤陽子・石橋陵(石橋秀樹)

・石原さとみ(石神国子)石川ひとみ(山田ひとみ)・石川秀美

・石川梨華(揚梨華,父親は全国朝鮮総聯幹部)石塚英彦・石田ひかり(訓覇ひかり)

・赤木春恵・千秋(藤本千秋) 千堂あきほ(先名iu晃穂)・千葉真一(前田禎穂)

・川村ひかる(篠崎由希恵)・川中美幸 浅香光代(北岡昭子)・浅香唯(西川亜紀)

・浅野ゆう子(赤沢裕子)・前田吟(前田信明) 倉田まりこ・相田翔子(千川部落周辺,鈴木敬子)

相本久美子(倉内久美子)・草笛光子(栗田光子)・村上遥(安保由里子)・太田光

・大原かおり(大原香織)大杉漣(大杉孝)・大谷直子・大塚寧々・大鶴儀丹

滝沢秀明(旧姓・指田)・宅麻伸(詫摩繁春)・沢口靖子・淡路恵子(井田阿紀子)

池宮彰一郎(池上金男,池金男)・中山美穂(辻美穂,宋藍姫,選択屋)

・中森明菜(B&K,肉屋),中川安奈(栗山安奈)・中村あずさ・中尾彬・中野英雄

・仲根かすみ(植可澄美)・朝丘雪路・長瀬愛・長瀬智也・ 椎名詰平(岩城正剛)

・椎名林檎(椎名裕美子)・辻仁成・辻沢杏子・堤大二郎・東ちづる(東智鶴)

・藤原紀香(尼崎潮江朝鮮部落)・藤原竜也(藤原竜也)・藤村志保(静永操) 

藤谷美紀(金谷満紀子)・藤本美貴(尹美貴,混血(母親)離婚,朝鮮総聯,北海道の焼肉屋) 

・洞口依子(葛西依子)・奈美悦子(並川悦子)・内山理名(玉井杏奈,南足柄のK部落) 

内村光良・内田裕也(内田雄也)・内藤剛志・内藤洋子・内藤陽子 内野聖陽

・南こうせつ(南高節)・梅宮アンナ・梅宮辰夫(梅宮辰雄) 萩原聖人

・柏木由紀子(大島由紀子)・柏木礼音(涼柴央)・白石美帆(阿久津桜)白川由美(二谷安基子)

・白都真理(白木真理)・白竜(田貞一)・畑野浩子・畠田理恵・八乙女光(佐々木光) 

八代亜紀(混血:沖縄・鮮人)・飯島愛(石井光子)・樋口可南子・美木良介(寺田良介)

・氷室恭介(寺西修)・浜崎あゆみ(浜崎歩)・浜田雅功・富司純子(寺嶋純子) 

布施明・布袋寅泰(父親が鮮人)・風吹ジュン(川添麗子)・平山あや・片瀬那奈 

保坂尚輝(保阪尚希)・宝生桜子(山本絵里歌)・宝生舞(北村麻衣)・宝田明 

豊原功輔・豊川悦司・北原賢治・北原三枝・本田美奈子(工藤美奈子)・本木雅弘

・麻木久仁子(松本久仁子)・網浜直子(秦直子)・木ノ実ナナ(池田鞠子)・柳ジョージ

・柳沢慎吾・柳樂優弥・優香(岡部広子,呉広子) 有馬隼人(TBSアナウンサー)

・由紀さおり(安田章子)・由美かおる(西辻由美子) 遊井亮子(金井亮子)

・余貴美子・揚原京子・揚田あき・葉山レイコ(栫美保子)・遥洋子・隆大介(柳明男)

・龍円愛梨(テレ朝アナウンサー)・龍田梨恵・涼風真世(森永佳奈女)・鈴木京香

・鈴木紗理奈 (宗廣華奈子)・和央ようか・眞鍋かをり・池田大作

・浜崎あゆみ(濱崎歩)=父は朝鮮半島から来たヤクザ 

和田アキ子(金現子,飯塚現子)=大阪の在日スラム地区のキムチ商人の娘、

従兄弟は金海道場というテコンドーの道場を開いている ソニン=もちろん在日、

高知県の国際スクール出身 倉木麻衣(青野麻衣)=父は在日

西条秀樹(李龍雄)=韓国、斉州島出身、松田優作=父は日本人、母が韓国人、

つまりハーフ 北野武=クオーター(4分の1朝鮮人の血が入っている)

金子鎮宇(李珍宇)


ツイートリスト 
https://twitter.com/JunjiHattori/status/537558479183941632



推薦記事

実は今も続く天皇財閥の支配
http://rakusen.exblog.jp/22922833/




管理人

最後に・・・

どんなに知りたくない現実が横たわっていようと
それを知らずして、人は前に進めないものです。

それを知った上で、いかに生きていくべきかを
静かに考えて欲しいと思っています。

禍福は糾える縄の如し・・・と故事にありますが、
この先・・・
政治や人生、そして、未来がたとえ暗澹たるものであろうとも
それに捉われることなく、
人として本来あるべき姿を目指して
汚れなき清らかな心を持ち続け、そして、心穏やかに、堂々と
正しい道を歩んで行って欲しいと願って止みません。








お知らせ

11月10日、最新のメルマガを配信する予定です。


★メルマガ第61号
【 メルマガ2周年記念特別記事 】
真実を知らなければ、人は前に進めない!



申し込みフォーム
http://wantoninfo.com/



メルマガのメルアド
mail@wantoninfo.com





ビー・ジーズ 愛はきらめきの中に