日本は既に、破産同然である事が判明!
~預金封鎖=金融統制は時間の問題!





投稿者:副島隆彦 投稿日:2016-02-05 05:58:19

副島隆彦です。

今日は、2016年2月5日です。
まず、日本の金融システム 全般に どうやら異常事態が起きています。
財務省の官僚たちが極度に緊張した動きをしている。
その張り詰めた緊張感が、金融市場(株、債券(国債)、金利、
為替、商品そのほか)に表れている。

その直接の始まりは、黒田東彦(はるひこ)総裁が、
1月29日に発表した、「マイナス金利の導入」という
天変地異を引き起こしてもおかしくない苦し紛れの、
破壊的な金融政策(ファイナンシャル・ポリシー)を決断したことにある。

どうやら、日本でもお金持ちたち(富裕者)が、一億円単位で、
預金を引き出す動きが出ているようだ。

「 預金封鎖=金融統制 」の断行を嗅ぎ取って、早めに動き出したようだ。




今年の秋から世界的な大恐慌
~金融崩壊が起こる可能性が高いそうです!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12125960783.html

<一部引用>

最後に日本のケースを見ています。
以下が日本の不等式です。

(名目GDPの成長率:0%)<(財政赤字の増加率:3.3%)

日本政府の債務は1209兆円と、
GDPの234%に達してしまいました。

吉田さんによるとこのレベルでは、長期金利が3%台になると
政府は債務不履行に陥り、予算を組めなくなってしまうといいます。
債務不履行とは、国家破産のことです。


<引用終わり>
---------------------------------------------


管理人

ほとんどのエコノミストの皆さんは、表向きの数字だけを元にして
極めて深刻であると議論しています。
しかし、本当の数字を当てはめると・・・

表向きの借金
1209兆円⇒GDPの234%⇒国家破産寸前レベル

本当の借金
4000兆円⇒GDPの700%⇒実質、国家破産同然レベル???


という事は・・・本当は、既に、実質的には破産している!?

4000兆円の内訳は、以下の記事に詳細に説明されています。



2015年2月18日
NHK報道特集番組「預金封鎖」(2月16日)
の隠された本当の意味をご存知ですか?
~本当は4千兆円以上の借金!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11991463460.html


財務省の「日本の財政を考える」というHPの中に、

目を疑うような超巨額の使途不明金が存在する
ことを示唆する情報が含まれています。

財務省の「日本の財政を考える」というHPの中に、

2-(3) 一般会計・特別会計の主要経費別純計
というコーナーがあります。

平成26年度一般会計歳出総額95.9兆円ですが、
特別会計では411.4兆円で、会計間の入り繰りを控除した
純計は237.4兆円となっています。

つまり、表(おもて)の帳簿(一般会計)よりも裏帳簿(特別会計)
のほうが4倍以上もデカイ、そんなのってありか?と思うところだが、
それが現実なのである。

一般会計予算については、毎年国会の審議と採決を経て決められるが、
特別会計は国会議員の審議も採決もなく財務官僚のさじ加減で、
闇から闇に葬られている。

現在、平成27年度一般会計予算審議が始まっていますが、
国会審議は財務省案にほんの僅かばかりの手直しが行われるだけです、
国会審議は形骸化して通過儀礼みたいなものです。

この資料(一般会計・特別会計の主要経費別純計)では、

驚くべきことに国債費(借金の返済と利払い費)は、
に91.4兆円と表記されています。

一般会計では国債費(借金の返済と利払い費)は23.3兆円ですので、
91.4兆円-23.3兆円=68.1兆円が裏帳簿上の隠れた借金に
対する「返済金と利払い費」ということになります。


現在の表向きの国(政府)の借金総額は、

一般会計上の借金は、
2014年9月末の時点で1038.9兆円ですので、

このほかに約3千兆円以上の借金があり、

一般会計と合わせて4千兆円以上の借金 が存在することになります。


安倍内閣が当初目指すと言っていた
10年間名目成長率3%程度の場合を例にとると、
その場合の国債の金利は3%+αにならざるを得ないことは
以前に記述しました。

仮に成長率3%だとすると利払い費(3%+α)だけで
年間120兆円を超える、それが新たな借金として
元利合計して行けば、10年後にはこの借金の5千兆円を
遙かに超える金額に膨れ上がる。

これでは経済対策どころじゃない、財務省と日銀黒田総裁が
つるんで?「0~マイナス金利」に励む事情がわかろうと
いうものである。

安倍内閣の経済最優先とは念仏にすぎないことが
おわかりいただけるだろう。
ましてや、消費税増税で解決できるような問題でもない。






2015年2月16日にNHKが報道した特集番組
「預金封鎖」が話題となっています。
この番組では69年前の昭和21年2月16日に預金封鎖が
日本で行われたことを取り上げており、
政府の債務残高が現時点で昭和21年よりも多い事を指摘。

現在と昭和21年を比較すると、残り時間が後5年程度しか無い
ことが分かりました。
当時の預金封鎖は情報を一切出さずに、
政府は徹底した情報統制を敷いて実行しています。
GHQ(アメリカ占領軍)もそれを黙認していたようで、
預金封鎖を経験した方は
「堤防に生えている草などを食べてしのいだ」と証言していました。


実は数年前から日本では預金封鎖の話題が何度か浮上しています。
住民基本台帳ネットワークシステムから国民総背番号制に至る一連の
制度が預金封鎖の布石であるという指摘がある上に、
1997年に当時の大蔵省内部で預金封鎖の検討が行われていた
との報道もされました。

1997年の段階で具体的な話が政府内部で浮上しているということは、
2015年の今は更に煮詰めている可能性があると考えられます。
昭和の時も実行するまでは情報が徹底的に隠されていたわけで、
この時期にNHKが報じたのは何らかのアリバイ作りなのかもしれません。


☆NHK特集 2015年2月16日(月)放送
URL http://cgi2.nhk.or.jp/nw9/pickup/index.cgi?date=150216_1
引用:
“預金封鎖”もうひとつのねらい
69年前(昭和21年)の2月16日、突然預金が自由に引き出せなくなる
という「預金封鎖」という国の措置が発表されました。
激しいインフレを抑えるためとされてきましたが、実は、もうひとつ、
危機的な財政を立て直す狙いも込められていました。
:引用終了

☆預金封鎖
URL http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A0%90%E9%87%91%E5%B0%81%E9%8E%96
引用:
日本で行われた封鎖預金
日本では1946年戦後のインフレの中、
新円切替が施行されると同時にこの方法が実施された。
この封鎖は封鎖預金と呼ばれ、
第一封鎖預金と第二封鎖預金に分けられ、
引き出しが完全にできなくなるのではなく、
預金者による引き出し通貨量の制限や給与の一部が
強制的に預金させられるなど、利用条件が設けられた。

封鎖預金からの新円での引き出し可能な月額は、
世帯主で300円、世帯員は1人各100円であった。
1946年の国家公務員大卒初任給が540円であり、
それを元に現在の貨幣価値に換算すると、
世帯主が約12万~15万、世帯員が1人各4万弱まで引き出せる。
学校の授業料は旧円での支払いが認められていたが、
生活費には新円を使うこととなった。
最終的に第二封鎖預金は切り捨てられる形となった。

これを踏まえて、2002年10月13日付『Yomiuri Weekly』では
新型決済性預金が預金封鎖の布石ではないかとの記事が掲載された。
住民基本台帳ネットワークシステムから国民総背番号制に至る
一連の制度が預金封鎖の布石ではないかとの説がある。
同じく2002年12月発売の『文藝春秋』にて、
1997年に当時の大蔵省内部で
預金封鎖の検討が行われた旨の記事が掲載された。


<引用終わり>
---------------------------------------------


日本は米国に、最低でも累計945兆円ものおカネを
貸しているのに、それが返済されていない!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12084863367.html


管理人

以上の記事の事は、皆さん、ご存知のはず。

それと同時に、財務省のHPの中にある・・・
目を疑うような超巨額の使途不明金の存在です。

この不明金の真相を是非、知りたいものです。
財務省は、暗に、米国に抜かれたお金であると
語らずして、示唆しているように感じるのは
私だけでしょうか?

米国と霞ヶ関が、よってたかって食いものにした・・・?
その闇を解明しようとした石井紘基議員は暗殺された・・?


米国の本当の財政赤字はブラックボックス。
2京円とも噂されています。
米国がなかなか崩壊しないのは、どう考えてもおかしいと
ずっと感じていましたが、その米国を裏金で、ずっと
支え続けさせられていたのかもしれません。

しかも、それだけではありません。
最近の世界的に行われているドル売りを徹底的に買いまくって
ドルを支えて来たのは、やはり日本です。
実質、破産同然にさせられているにも関わらず、
更に、今でも尻拭いをさせられています。

もう無理だよ。
これはもう・・・
時間の問題と云っていいでしょう。

多分、全て計画的に行われています。
しかも、倒産の日時まで決められているはずです。

お金を湯水の如く使い続け、まさにやりたい放題やって来た
米国に、破産命令まで出されているのでしょうか?

更に、その上、日本が破綻した影響で、そのあおりを食って
米国も破綻するハメになってしまったといったシナリオなのですか?
これは、私がずっと前から云っていることです。
その悪夢が、まさに現実になりそうです。

何度でも言っておきます。
これは、20年以上も前から、全て計画されていたことです。
それを忠実に従っているのは、代理人のカルト政治家であり、
カルト官僚たちです。

米国に抜かれたお金を返して欲しい!
霞ヶ関の官僚もかなり使い込んだでしょう。
超巨大天下り王国の完成は、そのお金でしょ。
そのおこぼれを歴代の政治家はいただいたはずだ。

働いても働いても日本国民が豊かになれるはずがない。
ヤクザの世界と同じだよ。
本当なら、日本の財政は、全く問題ないどころか、
世界で最も裕福になっていたはずなのに・・・

そして、その先に見えるのは、特攻警察の復活と監視の暗黒社会。
更に、その先には・・・戦争が待っていますか?
くどいようですが、全てが計画通りです。
見てて分かるでしょ。

それが、日本国民に待ち受けている運命だとは・・・
本物のクズしか、決して上に立てない仕組みのニッポン。
日本と国民の運命は、悲しく大変厳しいものになるに
違いありません。
とんでもない国の植民地になったものです、日本は。


このままでは、日本は財政破綻してしまいます!
その結果、おそらく日銀が潰れ、日銀券はゴミになります!
紙幣は日銀が発行しているのに対し、
硬貨は日本政府が発行しています。
政府貨幣ということです。

今回起こるであろう財政破綻により日銀の資産が紙くずとなり、
同様に日銀の裏付けがなくなった日銀券は価値を失うこととなります。



「交換価値の残るものは金属硬貨、強い酒類、主食、石油である」

「ウイスキーは強力な通貨になりうる」

「家や動産の大半が無価値に」

「株もダメです 企業が崩壊する」

「食料と石油の輸入が不可能になる」

「食料品は三日で店頭から消える」

「農家が紙幣を受け取ると思うか?」





お知らせ


9月22日に★メルマガ第20号を配信しました。


もしもの危機の時の準備を!
~私も最大限のサポートが出来るように準備します。


まだ届いていない方は、直ぐにご連絡下さい。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html



今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/














AD
フクイチ周辺で線量スパイク!
~首都圏・関東・東北は警戒を!







amaちゃんだ ‏@tokaiama · 5時間5時間前
https://twitter.com/tokaiama/status/780143668409675776

ホワイトフードが警報 フクイチ周辺で線量スパイク!
/ 「プルーム」は明日(月曜)昼前、首都圏に到達


注意を! 明日午後、東京は雨の予報 雨にはあたらないでください!
http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2016/09/post-fb96.html#more

フクイチ外壁カバー取り外し後、もの凄い放射能汚染拡散を起こしてる



◎ スイス気象台 プルーム拡散予測
http://www.meteocentrale.ch/ja/weather/weather-extra/weather-in-japan/weather-extra-japan-zoom.html






cmk2wlさんのメルマガより
http://togetter.com/li/797800


トリチウム放射性水蒸気対策


自宅を密閉してエアコンをかけ除湿してください。

集まった室内の水分は、外のホースから排出されます。

家庭用の普通のエアコンは、運転しても外気は入ってきません。

外気とのつながりは、外に出ているホースだけです。

温度を下げなくても除湿はできます。

トリチウムは、気体である限りにおいて対処しやすいでしょう。

水蒸気のカタチだと99パーセント人体に吸収されます。

そしてトリチウムは細胞やDNAを構成する。

そして、ヘリウムに崩壊することによって、結合を破壊するのです。

人体に与えるダメージは別格です。


--------------------------------------------------------



千葉県の方のブログより

福島県の一部の地域で空間線量が高くなったようです。
http://ameblo.jp/sankichi33/entry-12203648440.html

昨晩の情報ですが。
ホワイトフードさんよりメールにて緊急情報が届きました。

放射能は目に見えないからこそ要注意です。

未だにTV・新聞等メディアの情報を鵜呑みに、呑気に過ごしていたら病気になります。
そして自ら病院に赴き、病院で殺されます。

この狂った世界の奴隷であり続ける事をやめる為、自分の頭で考え、
行動していく事が大切です。
そろそろ目を覚ましましょ。

未来の子ども達、未来の地球の為に。


---転載開始---

福島県の一部で放射能漏れの可能性がありご連絡しました。
念のため窓をお締めになって、できれば外出をお控えください。
自動換気などは、今夜はスイッチを切られても良いかもしれません。

Apple用の有料アプリです(初月無料で解約OK可)。
数値のスクリーンショットを下記に並べます。今日の7時30分~8時の状況です。

※本来、ここに画像があるはずですが、私はガラケーからの為見る事が出来ませんでした。
PCメールで画像確認した所、詳細住所は不明ですが、
・やすらぎ荘 9.706μSv/H
・賀老集会所 3.338μSv/H
・双葉町山田農村広場 6.629μSv/H
・大熊町熊川 2.61μSv/H
でした。
※終了


まだ、なぜ無料で公開中の「ただ今の空間線量」では数値が上がっていないのかは
別途解明する必要があります。
バグの可能性もあるのですが、福島県で広範囲に拡がったので、
念のためにご連絡しました。

日曜日なのにお騒がせして恐縮ですが、安全第一を取りたいため、
念のために緊急速報として、ご連絡を致しました。

情報:Apple用の有料アプリガイガーカウンター:


『あんしんな食で人々を幸せに』
ホワイトフード株式会社
---転載終了---

今朝5:30我が家のベランダから外を見ると、かなりモヤっています。
こういう天気ほど要注意ですね。

PCで日本の今日の気流拡散予測を確認すると、
昨晩からは福島から関東に向けての流れではないかと思うのですが。

窓を締め切って、今日は家から出ないことが一番ですが、
外出の際は少しでも内部被爆を避ける為、高性能マスクをつける等、
安全対策を講じた方が賢明ですね。


<引用終わり>
--------------------------------------------------------



管理人

「ただ今の空間線量」で、線量が上がっていないのは、
モニタリングポストが操作されているからでしょう。
あくまでも参考程度にして信用してはいけません。

首都圏・関東・東北の皆さんは、雨に濡れないように注意して下さい。


皆さん、私の住む広島ですが、ここんとこ雨続きです。
皆さんの地域は、どんな感じですか?
9月10月といえば、小学校、中学校、高校の大運動会の季節です。
大抵、雨がほとんど降らない季節のはずですが・・・
まるで、梅雨の時期のような感じです。
こういった台風や降雨によって、穀倉地帯の北海道の農作物は
大打撃を受けましたね。

無論、北海道だけではありません。
各地に大きな被害が出ています。

しかし・・・
これって偶然なんでしょうかね?
長年の経験からすると、どう考えてもおかしいです。
気象操作されているとしか考えられません。

食料不足にすると、大都市の混乱も倍加されます。
その目的の為にやられているんじゃないかと疑います。

皆さん、問題の動画をご覧になられましたか?

これ⇒ https://www.youtube.com/watch?v=aVc-AxQjTdQ

人口削減計画とは、具体的にどういったものなんでしょうか?

この質問に、スティーブ・メラさんは、こう言っています。

一つは自然兵器。
地震やハリケーンなどの自然災害を人工的に引き起こして
人類を削減する可能性があります。

もう一つは生物兵器。
エイズやエボラのような新型ウィルスを広めて
人類を削減する可能性があります。

挙句の果てに、
全ての日本人は“削減”されるかもしれません!

・・・と話しています。

これって、もろに思い当たりますね、我が国、日本において。

やられているんじゃないですか・・・やはり。
全て、計画通りにやられているような気がしてなりません。

そして、もう一つ。
雨が多くて地面が湿地帯になると、人工地震やられると、
その威力が、何倍にもなるそうです。
ま、科学的には常識の範疇に入るとは思いますが。

日本の農業を叩くことの本当の意味は、
アメリカのデフォルトや新通貨発行などにより大打撃を受けた日本において
特に、大都市が大混乱に陥ります。
その大混乱を拡大する為に計画的に気象操作されていると結論します。

メルマガにも書きましたが、皆さん・・・
日本経済崩壊は簡単に操作出来てしまうことを是非、知っておいて下さい。

これ⇒ http://ameblo.jp/64152966/entry-12126692025.html


但し・・・・・真相は?

アメリカデフォルト発⇒世界恐慌 ではなく、

日本経済崩壊~発⇒アメリカデフォルト⇒世界恐慌へと・・・

アメリカが一人・・世界の悪者になるような事はしないと思います。


つまり、日本の気象操作は計画的に行われているのであり、
その先の日本経済崩壊とリンクしているという事です。
日本を大混乱から、より大きな崩壊へと導くシナリオの中の軍事行動です。

それで、全てが説明つきます。
日本の悪夢のカオスが、現実に近づいていることを物語っています。


皆さんに、神のご加護があらんことを!








お知らせ


9月22日に★メルマガ第20号を配信しました。


もしもの危機の時の準備を!
~私も最大限のサポートが出来るように準備します。


まだ届いていない方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!











AD
除菌・消臭スプレーは毒の霧!?
~使い続けるとどうなってしまうのか?






最初に

この除菌・消臭スプレーには様々な議論があります。
特に感じたのが、これらのスプレーについて、理解が浅く、
主成分だけを取り上げて、特に大きな問題は無いと
かたづけているところです。
これが、一番気をつけなければいけないポイントです。

除菌・消臭スプレーは、家庭用品品質表示法の対象外なので、
洗濯用洗剤や台所洗剤のように詳細に成分を表示する必要はないのです。
つまり、その他の微量添加物の表示義務はありません。
ですから、主成分だけを取り上げて議論しても駄目なのです。

他にも似たような話を聞いたことがあります。
例えば、コカコーラの主成分は表示されています。
しかし、微量添加物に関しては、一切企業秘密になっています。
今、明らかになっているのは・・・2012年6月、コカ・コーラには
発がん性物質の4-メチルイミダゾール(4-MI)が含まれていると発表。
しかも、その発がん性物質なんですが、
日本のコーラには、カリフォルニア州の18倍もぶちこまれているそうです。
やはり、日本人は、特に人口削減対象なんでしょうね。

除菌・消臭スプレーもコーラと同じ様に、次第に、全貌の解明が進み、
どんどんと真相が明るみになって来るに違いありません。
しかし、その頃には、もうたっぷり身体の中に入り込んでしまっていることでしょう。
毒性化学物質がね。
なにしろ、人口削減に協力する企業は優遇されるそうですから、
我々が、自分や家族の健康と命を護るしか方法は無いのです。

思い出して下さい。
食べて応援をしている会社は、みな優遇されているでしょ。
しかも、補助金までもらっている始末です。
放射能汚染された米や野菜をですよ・・・
食べて応援~あの世行き・・・ってやつです。
しかも、世界最凶の発ガン物質の二酸化チタンを平気で食品添加物として
認可するような国です。
無知もいい加減にしないと本当に殺されてしまいますから。



【注意喚起】
ペットたちが肝臓疾患にかかって病院で聞いたら消臭スプレーの使用を問われた

http://togetter.com/li/813334

知人が猫と犬を多頭飼いしているんだけど、
その動物たちが次々肝臓疾患になるようになり、
主治医の獣医さんから布用消臭スプレーを使っていないかと指摘されたそう。
多頭飼いなので、特有の動物臭を部屋から消すために多用していたとのこと。
特によく聞くのはファから始まるスプレーらしい。



有名な消臭スプレーは人間にも動物にもよくないんですよね…。

ファから始まる消臭スプレーは虫も殺せるらしいよ。
それって殺虫剤じゃないのか?

あの消臭スプレーは喘息持ちの人間にも危険だと言われた。
呼吸器科の先生から絶対に使うなと釘を刺されている。

人間にも害があるとの研究報告の記事が数年前に読んだ記憶があります。
特に消臭スプレー全般的によろしくないそうです。


<引用終わり>
--------------------------------------


管理人

ペットは人間よりも弱い生きものです。
だから目に見える形で病気になってしまうのでしょう。
ペットが、我々人間に駄目だと教えてくれています。
ペットに悪いものが、人間にいい訳がありません。
赤ちゃんがいる部屋で使用するのは最悪・・論外です。

ところで、この問題について、一番理解が深い記事を見つけました。
必読です。


もみじ
除菌・消臭スプレーは毒の霧!
除菌し過ぎは免疫力を確実に低下させる。

http://macrobiotic-daisuki.jp/jyokinshisugi-kikenn-menekiryoku-15407.html

テレビCMの影響もあってか、除菌・消臭スプレーは魔法のスプレーとでもいうように、
家中のありとあらゆるものに吹きかけている方も少なくないのでは?
それらの成分表を見ても、
「トウモロコシ由来消臭成分」「ブドウ糖由来成分」などと記載されており、
中身の詳細な成分がわからないのが現状です。

これだけ見ると、「食品由来なのかな?じゃあ安全だ」と思ってしまいそうですが、
それは大きな間違いです。

食品、環境、医療などの分野で活躍している渡辺雄二氏によると、
この正体は「第四級アンモニウム塩」ではないかと指摘しています。
除菌・消臭スプレーは、家庭用品品質表示法の対象外なので、
洗濯用洗剤や台所洗剤のように詳細に成分を表示する必要はないのです。

同氏によれば、この第四級アンモニウム塩という化学物質が
体に大きな影響を及ぼすと指摘しています。
これに含まれる塩化ベンザルコニウムは、陽イオンの界面活性剤であり、
逆性石けんの成分です。

細菌の表面はマイナスなので、この成分のプラスとひきつけあって
細菌の細胞膜を破壊するという仕組みのようです。

除菌・消臭スプレー以外にも、漂白剤、殺菌剤、抗菌剤、防カビ剤など
私たちの生活の身近にある製品に使われています。

一般的には「天然由来消臭成分配合」などと謳われていますが、
実際に除菌作用をしているのは、天然成分ではなく
化学物質である可能性が非常に高いと思われます。

第四級アンモニウム塩は揮発性で、蒸気を浴びたり臭い嗅ぐことで
体内に吸収されやすい成分。
消臭スプレーを使って目が痛くなったり、発疹やかゆみ等の過敏症状が
出てしまったりする方がいれば、それは第四級アンモニウム塩が原因かもしれません。
また、原因不明のアレルギー症状、胸痛やめまい、倦怠感やうつ、
動悸や喘息等の様々な症状が出ている方で消臭スプレーを常用している方は、
消臭スプレーの使用を止めてみてください。

現に化学物質過敏症の方は、知人の衣類についている消臭スプレーにより
意識をなくし倒れてしまった、という話もあります。
例え今健康であっても、長期間使用することによって化学物質が体内に蓄積され、
シックハウス症候群や化学物質化敏症等を起こす可能性もあり、
マウス実験では精子の減少や妊娠率の低下したという発表もされました。
やはり、できるだけそのようなものは日常生活からは遠ざけておいた方がいいかと思います。

小さいお子様や動物がいるご家庭は特に注意してみてくださいね。


除菌のしすぎは、かえって免疫力を低下させ、アレルギーも発症しやすくなる

O-157は先進国でしか発生していない
今や5人に1人がアトピーや花粉症を発症している時代。
これには幾つかの原因があるのですが、その内の1つが
「いきすぎた清潔志向による免疫力の低下」であるといわれていわれています。

東京医科歯科大医学部教授の藤田紘一郎氏も
「身近な菌を排除した結果、人の免疫力が低下し、
なんでもない菌に感染するようになったのではないか。

衛生環境が非常に向上している中で、これまで普通の人はかからなかった
0-157とかクリプトピコリジウムという非常に弱い菌に感染するように
なったのはなぜなのか。」

そして近年の日本人の抵抗力の弱さを
「日本人がばい菌とか回虫と付き合わなくなった結果」と結論付けました。

驚いたことに、O-157は、日本、米国、イギリス、ドイツなどの先進国でしか
発生しておらず、後進国の不衛生な生活環境では発生しないのだそうです。
インドネシアのジャングルで暮らす住民にはアトピーも花粉症も存在しないのです。





お知らせ


9月22日に★メルマガ第20号を配信しました。


もしもの危機の時の準備を!
~私も最大限のサポートが出来るように準備します。


まだ届いていない方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!




全ての日本人は
“削減”されるかもしれません!








AD
メルトダウンから寝るとダウンの世界へ
~温泉に入って鼻血~埼玉からの報告







今日は、9月24日の土曜日。
お昼過ぎに、埼玉のメルマガ読者の男性の方から電話がありました。
1時間ほど雑談しました。
その時のお話を少し・・・。

つい最近の話ですが、ある雨の日、出勤時間の朝7時少し前に、
交差点の信号機のところで、一人の女性が寝ていたそうです。
有り得ないだろうと・・・埼玉の男性は話しておられました。
まさに、メルトダウンから寝るとダウンの世界を現実に目にした訳です。
これは、何も噂になっている東京だけの話ではなく、関東のあちこちで
見られるようです。

今年8月のお盆休みを使って、県内の温泉にご家族で行かれたそうです。
3人で行かれたのですが、その中のお二人は、温泉に1時間ほど入って
ゆったりとしたお時間を過ごされました。
ところが、温泉から出てしばらくして、この二人から鼻血が出たそうです。
さぞ、びっくりされたと思います。
しかし、温泉に入らなかった一人の家族の方には
鼻血は出なかったと証言されています。


私は少し考えたのですが・・・
温泉の湯に原因があるとしか考えられませんでした。
つまり、放射能によって汚染されていると。
しかも、高濃度に汚染されている可能性を疑いました。

埼玉の秩父山系は、結構、高い山が多いです。
2千メートルから、2千600メートルもの山がずらりと並んでいます。

東海アマさんのツイートより
https://twitter.com/tokaiama/status/776191157764182016

なぜ山岳地帯での放射能濃度が高いかというと、
放射能雲が押し寄せて山肌に当たると上昇気流になり、
上空に昇ると結露し、水分に放射能が取り込まれて地表に落下
冨士山体は莫大な汚染 丹沢も奥多摩・奥秩父もダメ

<引用終わり>


お湯に長くつかると、肌の皮膚がふやけます。
皮膚がお湯の水分を浸透圧で吸収するからです。
その皮膚の毛細血管を通して全身に回ることになります。
すると・・・何が起こるのでしょうか?

放射能が細胞や血流に入ると、
放射線 の電離作用で、体内の水からヒドロキシラジカルが発生する。
ヒドロキシラジカルは、フリーラジカルの 中でも最も酸化力が高く、
糖質・タンパク質・脂質などあらゆる物質と反応。
また、細胞膜表面の脂質も酸化され細胞膜がこわれる(ペトカウ効 果)。

毛細血管の外壁は、単層の内皮なので、外壁の細胞膜が破れれば、
毛細血管が切断される。
そして、毛細血管から破綻出血。
これが、鼻血、血豆、青あざ とかの原因です。

鼻の粘膜はとても薄いので、放射能の影響が大変出やすい部位です。
その顕著な例が鼻血になって顕れる訳です。


但し、これは山岳部の一地域だけの問題ではないというところに
更に深刻な大きな問題があるのです。
つまり、埼玉、群馬、栃木の山岳地帯から、自然の摂理で高いところから
低い地域へと必ず流れていきます。
首都圏に流れ込む訳です。
東京、神奈川、千葉、茨城・・・

首都圏の水と山岳部の水の汚染度は、かなり違うとは思いますが、
しかし、汚染されていることに変わりはありません。
埼玉で、鼻血を出した人の姿は、明日の首都圏の皆さんの姿であると
言い換えてもよいのではないでしょうか。



関連記事

もみじ
毎日、セシウム風呂入ってる都民の身になって欲しい!
http://ameblo.jp/64152966/entry-12184607798.html




放射線と鼻血
http://blog.livedoor.jp/tacodayo/archives/7254594.html


□ 被爆による鼻血のメカニズム

被爆→活性酸素などの遊離基発生→遊離基処理のためにビタミンC欠乏
→コラーゲン欠乏→放射性壊血病発症→コラーゲン欠乏でvWFが機能しない
→血小板が血管からだだ漏れ→血小板不足→特に細い鼻の毛細血管から興奮したり
ストレスや古傷が開いたり、または単に血管の細胞と細胞の間から染みだして
出血→血小板不足とコラーゲン欠乏でvWFが機能しない→血が止まらない。

放射線被爆→ビタミンC消費
様々なストレス→ビタミンC消費
(ビタミンCは抗ストレスホルモンのアドレナリンの生成で補酵素として消費されます)
さらに日々の代謝→ビタミンC消費
喫煙→ビタミンC消費
飲酒→ビタミンC消費


ビタミンC欠乏

ヒドロキシプロリン生成不能

コラーゲン生成不能

体内のあちこちで内部出血

コラーゲン欠乏でvWFが機能しない

血小板がなかなか固まらず、血管外に漏れる

『壊血病』発症

血小板欠乏

鼻血

コラーゲン欠乏でvWFが機能しません→血小板が固まりません→血小板もありません

鼻血止まりません。










<引用終わり>




甲状腺検査に出て来る「のう胞」は、病気の印です。


甲状腺検査をしている神奈川県の当事者の方よりのご報告

この嚢胞のことをパンフレットには
『思春期におこるオデキのようなものです』と表していました。
本当にそうなのでしょうか??
私にはそう思えません。

一方で私の父は医師なのですが(専門は甲状腺ではありません)、嚢胞は病気だ。
甲状腺にこれだけできているなら、腎臓にもあるはずだと、
甲状腺エコー検査をしているところ発行のパンフレットと
あまりにも見解がかけ離れています。

また、エコー検査ではツイッターやフェイスブックでエコー検査のことを
書かないようにと約束までさせられました。
本当に、明るみにでない。
閉ざされたところで、
この社会は終わっていくのでしょうか。


<引用終わり>
----------------------------------------------------







お知らせ


9月22日に★メルマガ第20号を配信しました。


もしもの危機の時の準備を!
~私も最大限のサポートが出来るように準備します。


まだ届いていない方は、直ぐにご連絡下さい。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!















アメリカ合衆国大統領が、10月、
若しくは年内に戒厳令の可能性を示唆しています。






始めに

今日は秋分の日で祭日です。
皆さんに一番お知らせすべきだと判断しました。
米国で起こる大事件は、そのまま日本に直結しますから、
決してよその国の出来事だと思ってはいけません。

今日まで、この関係の情報は幾つも噂されていましたが、
アメリカ合衆国大統領、自らが宣言を発したことの重みは大変大きいです。
一体何が起こるのかは予測不可能ですが、今の所・・・
デフォルトか、新通貨発行の可能性が高いと考えています。

或いは、今回の宣言は、いずれ来るべき米国崩壊の時の予行演習である
可能性であることも考えておくべきであり、2016年の年内に、
必ず何かが起こるとは限らない事も付け加えておきます。

今、特に気になる事は、アメリカ合衆国大統領選挙です。
ここ最近の情報を見ますと、この選挙そのものが変です。
最右翼候補のヒラリーが病気によって倒れたと伝わっています。
にも関わらず、彼女の替え玉が登場していると騒ぎになっています。
ヒラリーの重病説は本当かもしれません。


アベが会ってるのは明らかにヒラリーさんじゃないと感じたので、
本物のヒラリーさんの画像を探したら、
どれが本物かわからないくらい いっぱい ヒラリーもどきw
https://twitter.com/hiromi19610226/status/778460271228489728




一方のトランプ氏の登場は、米国戦争屋連中が望んでいないようですし、
実際のところ、大統領選挙の先が読めない情況になっています。
もし、年内に、戒厳令が発令されるような事態が起こりますと、
合衆国大統領選挙そのものが、吹っ飛んでしまいます。
つまり、FEMA長官が、戒厳令が続く限り、実務的なトップとなる訳です。
その間、オバマ大統領がその職責を続ける事になるのでしょうか?
オバマ大統領が、合衆国最後の大統領と云われているのは、
陰謀論の世界では有名な話となっています。

但し、デフォルトか、新通貨発行以外の可能性として
もう一つある事を明記しておきます。
つまり、政府要人の暗殺です。
これも以前から、一部で囁かれていた噂です。
もし、大統領や副大統領、或いは、閣僚?が暗殺されたとしたら、
当然、戒厳令発令の要件を満たすことを知っておいて下さい。





イルミナティーカードでは、オバマ大統領と思しき人物が
血まみれになっている写真を知らない人は少ないでしょう。

以上、こういった様々な大局的視野も持っておくべきでしょう。


★メルマガ第20号は、今回の記事の続編になります。

もしもの危機の時の準備を!
~私も最大限のサポートが出来るように準備します。



★メルマガ第20号は、9月22日配信の予定です。




先ず、以下の動画を必ず見ておくようにお勧めします。


全ての日本人は“削減”されるかもしれません!







大摩邇(おおまに)さんのサイトより

アメリカ大統領布告「国家準備月間」 各自の責任で「未知の危機」に備えよ
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2006307.html

<概要 転載>

ホワイトハウス 2016/08/31 大統領宣言
– 2016年国家準備月間(デフォルトの準備?)



アメリカ合衆国大統領による宣言

アメリカ国民は、私たちの国家の最も初期の時代から
試練と悲劇によって試され続けています。
しかし、年月を重ねるにつれて、どんな困難が立ちふさがっていようとも、
私たちアメリカ国民はそれを乗り越えて前進してきました。

9月11日の同時多発テロから今年で 15年になりますが、私たちアメリカ国家が
いかなる脅威の時でも強さを持ち続けていることが明らかになっています。
今、ルイジアナ州の人々は歴史的な洪水に起因する悲劇に直面し、
愛する人々を失った悲しみの渦中にいます。
私たちは、アメリカ人がこのような時にある中で何を思い出すのか ——
私たちは、愛と隣人の力をそこに見出すのです。
その愛の力はどれほど大きな困難からも救ってくれるものでもあります。

明日受けるかもしれない未知の難題に対して、あなた方自身が準備をすることは、
私たちアメリカ国民すべてが共有している義務なのです。
そして、危機や災害に直面した時に、何もかもがおこなえるように
準備しておく必要があるのです。

国家準備月間の期間中、私たちは、自らの準備と共に地域社会の準備の重要性を強調します。
それは、私たちアメリカ国民が遭遇する可能性のある緊急事態に直面した際の
回復力のために必要なことなのです。

私の政権は、アメリカ国民の安全を維持するためにできることはすべて行い続けています。
しかし、緊急事態のために可能な限り準備することは、
国民ひとりひとりの責任でもあるのです。
その緊急事態が、たとえハリケーンや地震などのような自然災害であろうと、
あるいは、テロのような表現のしようのない悪らつな行為であろうと、
それらは予想さえしていない時や場所で発生する可能性があります。
幸いなことに、個人、家族、地域社会には、その準備の状況を改善するために
行うことができる多くのことがあります。

私は大統領として、どのような状況にでも対応できる準備を積極的に進めることを
すべてのアメリカ人に奨励します。
そのためには、地方の各地でも、緊急通信や避難のための計画を作成し、
貴重品を文書化し、報道をチェックし、そして一方では、十分に備蓄された
災害用の供給品を持つ必要があります。

そして私は、ビジネスコミュニティにおいても、
従業員たちに準備をうながすことを奨励します。
事業継続計画を策定し、コミュニティレベルの計画を立てることによって、
緊急事態に直面した際に民間セクターが堅調に保持されることができるのです。

緊急時に際して、あなたのおすまいの地域でのより良い準備の方法について知るためには、
サイト www.Ready.gov (英語)か www.Listo.gov (スペイン語)をご利用下さい。
予測不能な脅威や危険に直面した際、私たちは情報へのアクセスを改善し、
予防策の重要性の意識を高めることに努めています。

アメリカ全国の指導的な立場にいる方々は
「 2016年 アメリカ国家準備報告書」を検討し、脆弱性が強く示された事案に対処する
方法を見つけるために時間を取る必要があります。
そして、すべてのアメリカ人は、全国的な準備活動に参加することで
リスクに対処することにより、我が国の国家準備目標を果たす中で役割を
果たすことができるのです。

私たちは、公共部門と民間部門と共になり、各州、地方、および部族のパートナーと
協力していき、危険性に直面した際に、危機にある地域社会が孤立しないことを
確認しています。
救援活動を調整し、迅速な対応を提供することに加えて、私たちは、生存者の支援に
焦点を当て、影響を受けた地域への援助を行います。
そして、その地方共同体が、より良く、より強く、より早く回復するための
再構築を手助けします。

連邦政府機関はまた、公共部門と方策を共有するために取り組んでおり、
災害時に使用することができる方策と技術、そして、準備戦略を提供します。
今、私たちはアメリカ準備マラソン(America’s PrepareAthon)を開始したのです!

それは、緊急時に共同体に援助計画をもたらすためであり、また、9月30日を、
西海岸から東海岸へ準備の努力を促進するために行動する国家の日とすることを奨励します。

気候変動に伴い、自然災害もまた、より頻繁に、より激しくなっており、
都市部でも農村部でも共にすでに壊滅的な影響を感じ始めています。
深刻な干ばつや、上昇する海面、激しい嵐や山林火災、そして、
これまでよりさらに強力なハリケーンや熱波。

今や気候変動は私たちの安全と国家安全保障への差し迫った、
かつ持続的な脅威を与えるものとなっており、これは非常に重要な問題となっています。
私たちは、私たちのインフラに投資し、地域社会の準備の努力を統合することに対応し、
我が国の気候変動と異常気象の影響から回復する能力を向上させています。

この9月の準備月間では、私たちは、対価を求めるでもなく、
アメリカ国民の安全と安心への献身のために災害の現場に急行するような
勇敢な人々に経緯を払わせていただきたいと思っています。
私たちは ひとりひとりが緊急事態のために準備する ことができるということを
認識しましょう。

災害によって影響を受ける人々を助け、そして すべてのアメリカ人たちが
自分自身を守る ために必要なものと知識を持っていることを確認しましょう。
共に行動しましょう。
たとえ、どんな良くないことが私たちに起ころうと、
私たちは強く再生することができるのです。

それゆえに今、合衆国憲法と法律によって権限を付与された
アメリカ合衆国大統領であるわたくしバラク・オバマは、
ここに 2016年9月を国家準備月間と宣言いたします。

すべてのアメリカ人が準備の重要性を認識し、
私たちの弾力性と即応性を高めるために協力することを奨励します。


2016年8月31日 バラク・オバマ




『何とも分かりやすい話』デフォルトを準備するアメリカ政府

アメリカ発の国家的金融詐欺である2008年のリーマンショックを見て、
大ベストセラー『金持ち父さん貧乏父さん』の著者でハワイ在住の日系四世
ロバート・キヨサキはもう何年も前に、極近い将来に
『大恐慌か、ハイパーインフレーションがやってくる。』もしくは、
『戦争が起きる。』ので今すぐ『銃を買え。』と主張、
『私は食料、水、武器、 金と銀、そして現金を準備している。』金融崩壊の発生で、
『クレジットカードシステムが決済できなくなり、世界はシャットダウンする。』
ハイパーインフレと信用崩壊で『スーパーマーケットの供給は3日ともたない。』と
アメリカの崩壊を予想している。

9・11から15年目直前(リーマンショックからなら8年目)に出された
オバマの大統領布告ですが、その目的とは間違いなくアメリカのデフォルト宣言の
準備(事前予告)ですよ。
少し遅れたがロバート・キヨサキの不吉な『大予言』が的中したのです。


『ロイターやBBCでも、』

国民の一人一人が自分の責任で事前に準備して『未知の危機に備えよ』との
アメリカ政府の大統領布告の10日前の2016年8月21日の米国ロイターWorld News 『Germany to tell people to stockpile food and water in case of
attacks: FAS』によるとドイツ政府もドイツの国民に対して具体的に
『10日分の水と食糧などの備蓄をただちに開始するように』と、危機に備えて
『個々に各自が準備する』、という通達を出していた。

2016年08月23日BBCも『ドイツ政府、国民に水・食料の備蓄呼びかけ』との記事で、
独紙フランクフルター・アルゲマイネが、内務省の69ページ文書(計画)を発表したが、
この政府文書によると、
『通常の国防が必要となるドイツ領への攻撃は、あまりあり得ない』と、
明確に戦争を否定している。

ところが、『戦争は無い』に続いて、
『国家安全保障への将来的な脅威の可能性を排除すべきではない』と前言を翻して
ドイツ市民に対して具体的に10日分の食料や水の準備を要請していた。

ほぼ8月31日のオバマ大統領による『一人一人の責任で「未知の危機」に
各自が個々に準備せよ』とのアメリカ大統領布告『国家準備月間』と同じ内容である。
(違いはドイツがイスラムテロを漠然と匂わせているが、
アメリカの方は環境変動による自然災害を匂わせて脅している程度)

よくわかっている既存の危機でも個人で対処するのは限界がある。
ましてや何が起きるか分からない正体不明の『未知の危機』に対して準備するなど絶望的。
基本的に不可能なのである。

『大統領布告でアメリカ市民一人一人に対して銃や水や食料、
現金とか金と銀の準備を呼びかける連邦政府(オバマ大統領)』


オバマ大統領は2016年9月の国家準備月間宣言の大統領布告では、
『都市部でも農村部でも』場所を選ばず、『予想さえしていない時や場所で』、
『壊滅的な影響』が発生すると断定して、
『すべてのアメリカ人は』全国的な『リスクに対処する』ために
『国民ひとりひとりの責任』において『可能な限り準備すること』を
アメリカ政府として求めている。

このような大統領布告を聞いた場合、(日本とは大違いで)
自己責任(自主防衛)の一般的な普通のアメリカ人なら、何はさておき
(すべてに優先して)『銃と弾薬』を真っ先に準備する。

今回出されたオバマの大統領布告では、市民一人一人に対して
『食料、水、武器、 金と銀、そして現金』を準備するように
アメリカ政府が呼びかけているのですから深刻である。


<転載終わり>
---------------------------------------------


大摩邇(おおまに)さんのサイトより

テキサス州の軍事基地で市民弾圧やゲリラ戦の訓練が行われています。
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/2006299.html

<転載開始>

アメリカでは10月に大きなことが起こると言われていますが、
大統領選を前に、様々なことが起きています。
そして、メディアが絶対に報道しない軍事訓練が実施されています。
以前からアメリカ国内には多くの外国人部隊が潜伏しており米軍とともに
訓練を受けていると言われてきました。
米国民から銃を押収し反発する人々をFEMAに送り拷問をすることを
想定した合同訓練だそうです。
実際に訓練(軍事演習)に参加した兵士から情報がリークされています。
映画のように、アメリカは国連軍に乗っ取られることになるのでしょうか。


9月18日付け

以下はつい最近、私に寄せられた2通の内部告発者のメールです。
2通のメールの内容は他の内部告発者から寄せられたメールと一致しています。



Dear Dave,

私の甥はテキサス州の軍事基地で軍事演習に参加しています。
これからお伝えする内容は甥が軍事演習で目撃したことです。
後で追跡されないよう彼についての詳細は控えさせていただきます。

我々は非常に危険な局面に立たされているということを理解してください。
以前から貴方は外国部隊がFEMAキャンプを乗っ取り、
米国民の大量虐殺を行うと警告していました。

甥は軍隊を辞めます。そして再入隊はしません。
しかしその理由を上司には絶対に言わないようにと彼に忠告しました。

彼が訓練中に目撃し驚愕したことは。。。
ロシア軍の兵士らが米国民の家に押し入り、
米国民がすぐに銃をロシア軍兵士に手渡さない場合は
その一家を処刑するという想定の下に訓練を行っていたのです。

そして甥は無理やり訓練を見学させられていたのです。
そして米国民を演じた俳優が憲法や第二修正案について叫び続けている間に、
ロシア軍兵士らは彼等を処刑しているふりをしていました。
そして彼等の訓練を無理やり見学させられていた米軍兵士らはロシア軍兵士らに
米国民にどのように話しかけたらよいかをアドバイスすることになっていました。

これって戒厳令の訓練なのでしょうか
甥によると、ロシア軍兵士らの訓練を見学させられていた米軍兵士らは
みな恐怖を覚えたとのことです。
なぜ私がこのようなことを貴方にお伝えしているかはお分かりかと思います。
貴方は以前、国連がホワイトハウスと軍隊を乗っ取り米国民を処刑するという映画
「ハルマゲドン」を推奨していたからです。
どうかこの情報を拡散してください。
映画の通りに彼等は米国民を殺害するつもりです。



Mr. Hodges,

私は現在テキサス州で行われている軍事演習に参加しています。
政府は、貴方の記事に書かれていた通り、非対称戦術を用いながら
ゲリラ戦で戦う準備をしています。
私が参加している軍事演習には多くの外国人部隊
(ポーランド、デンマーク、ロシア、マレーシア)が参加しています。

軍事演習では、多くの米軍兵士と退役軍人が結束して
政府と闇の戦いを行うことを想定した訓練が行われています。

この訓練では、大量の外国人部隊(親米同盟軍と呼ばれる)が駐屯している
軍事基地に様々な物資を運んでいるトラックを敵が攻撃するというものです。
しかしゲリラのリーダーらと交渉し、彼等に巨額のわいろを贈ることで、
ゲリラ・リーダーをこちら側に寝返らせる作戦を決行します。
これは第二次世界大戦時にフランスを侵略したナチスがフランス人に行ったことと同じです。

市民(俳優)を留置所に入れ、テロ活動を扇動、支援させる。
彼等は背中に衣服をまとったのみの姿で家族から強制的に引き離される。
そして全員裸にされ財布や吸入具まで押収される。
薬を飲むことは許されない。
そこで市民(俳優)は、糖尿病の薬が必要だとか喘息の吸入具が必要だと泣き叫ぶ。
兵士らは彼等の必死のお願いを無視するように教えられている。

ゲリラ部隊の家族(不法移民の親戚がいるものたち)を監禁する。
不法行為を行ってきた親戚に関する情報を引き出すために彼等を拷問にかける。
(私は服従しない者たちに対する取り調べテクニックを外国の将校に教えました。)

演習中には反体制派に対する取り調べの訓練も行いました。
また、取り調べ中に市民らをひざまずかせて一列に並べ、
30秒で白状させるか必要な情報を引き出そうとしていました。
しかし彼等が服従しない場合は彼等の後頭部で発砲して脅しながら、
2人の外国人兵士が彼等を部屋から引きずり出します。
また、食事を与えず睡眠させないという拷問もあります。

以下省略

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


結論として、

20年前にスティーブ・クイル氏が
アメリカには赤リストと青リストが存在すると警告していました。
彼等が計画した通りのことが現実に起きているのです。

もし大統領選が実際にキャンセルされたなら、

恐ろしいことが起こるのではないでしょうか。



<転載終わり>
---------------------------------------------



関連記事

自民・安倍総裁が日本版FEMA創設って、
これの本当の意味分ってんの!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html

国民は赤,青,白,黄,黒に分類される。
それに先立つ6週間前に赤(クリスチャン)は逮捕され
即座に処刑(ギロチン)される。

青はその6週間後に逮捕拘留されCAMPに収監され,
矯正教育を受けるがNWO(統一政府・新世界秩序)に従わず
獣の刻印666を受けない者は殺される。

白は12歳以下の子どもで箱型の住居に収監され666の刻印を
付けた両親とはその屋上でしか会うことは出来ない。
両親はBreeder(飼育者)と呼ばれる。
子ども達は新しい世界の役人として教育される。

黄は13~20歳の者でやはりNWOの警察か軍隊に所属させられる。

黒は50歳以上の成人で直ちに殺される。

これらの殺戮には毒ガスとギロチンが使われる。







お知らせ


9月22日に★メルマガ第20号を配信します。


もしもの危機の時の準備を!
~私も最大限のサポートが出来るように準備します。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!











15日の【緊急速報】の詳細と釈明について







【緊急速報】
福島の線量計が、9月15日現在、160倍になっています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-12200104324.html


9月15日に【緊急速報】として記事を公開しました。
私なりに危機感を持った上で、緊急速報の形にしました。
その理由については後述しますが、当初の段階で、
一部に、私の誤解があったことを深くお詫び申し上げます。
時間との争いの中で生まれた早とちりと云われても仕方無い
誤認が生じてしまいました。
福島の線量計が、160倍と表示されていたのをそのまま鵜呑みにし、
文字にしてしまいましたが、従来からそれに近い数字で表示されて
いたようです。
私の誤認もまずいですが、そのような表示を出している
放射能情報サイトの表示の在り方にも大きな問題を感じています。
これに関しましては、全く私の意図ではないことを明らかにしておきます。

但し、放射能飛散の危険性を知らせる緊急速報としての意義には
寸分の疑いが無いことを明言しておきます。
そもそも、多くの皆さんが、9月13日からなる建屋カバー解体工事に
ついて、ご存じなかったのではないでしょうか。

この1号機の危険性については、去年から、幾つも記事にしており、
早く、皆さんにお知らせしたかったというのが真相です。
しかも、放射能を周囲に飛散させないようにすると云いながら、
飛散させてしまった過去の前歴があり、実際に、周辺住民から苦情が出た
といった厳然たる事実があります。


大量の放射能が降臨する季節がやって来る
~1号機のカバー撤去は来月10月から開始!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11929858713.html

<一部引用>

福島第一原発では昨年8月、3号機のがれき撤去作業に伴い
放射性物質を含んだ粉じんが飛散した。
東電は1号機原子炉建屋カバーの解体工事を7月中に開始する
予定だったが、粉じんが再度飛散することを懸念する周辺市町村
との調整が難航し、作業は始まっていない。

― 中略 ―


・最大の雰囲気線量率は床近傍で2100mSv/hでした。


実は、東海アマさんが、1号機について、
ある恐ろしい指摘をしています。


フクイチ一号炉爆発が水素爆発ではない件
http://www.twitlonger.com/show/n_1sbju8p

最近、1号炉が言われていたような水素爆発でなく、炉内の水蒸気爆発だと
言われるようになって来ましたが、すでに1号炉の上部に溶融核燃料が
噴出している映像が報告されています。2年ほど前の報告ですが
URLを貼り付けておきます。

http://aoitombo.s100.xrea.com/youyunenryo.html

水素爆発だと炉外で爆発が起きるので炉内の内容物は吹き出すことは
ありません。最近言われている水蒸気爆発が高温で溶けたどろどろの
核燃料に冷却水が注入され、水蒸気が一気に蒸発・かつ高温環境で
一瞬に数千倍の爆発的膨張を起こして溶けた核燃料を吹き飛ばすものです。

熔鉱炉などから事故で流れ出した溶融鉄か床などに貯まっていた
水たまりに出逢って爆発するのと同じです。

古い人は知っている、忍法 灰神楽の原理です。火鉢の赤く起こった炭に
薬缶の水をひっくり返すと水蒸気爆発が起きもうもうたる灰の煙幕が立ち上がり
敵の目を眩まして反撃をするときに使う手です。

犯罪者集団である政府、東電をはじめとする立法、司法、行政、財界、マスコミ
いささかの期待を抱くことさえ、見果てぬ夢でしょう。

すでに、国民を守るという意味での国は終わっています。

一号炉のカバーを取り除くと言うことは、致死的な放射能を発散している
溶融核燃料を裸にすると言うことです。第一級の防護が必要です。
避難をした方が良いと思います。原子レベルの放射能粒子は防塵マスクなど
あって無きがごときものです。


熔融核燃料の赤い火 1号炉
http://aoitombo.s100.xrea.com/youyunenryo.html

Portzlineという写真家が自衛隊のヘリコプターでのビデオ映像を詳細に
調べて、1号炉の上部の隙間からはみ出している熔融核燃料の映像を発見した。
炉心熔融の温度は沸点が4000℃もある金属さえも蒸発させる温度である。
シリコン製の蓋のパッキングなどひとたまりもなくやられてしまい、
蓋はすかすかの状態になっているはずだ。
熔けた高温の核燃料の放つ赤い火はチェルノブイリの爆発した炉心を想い出させる。
どうりで慌てて覆いで隠したわけだ。





炉内からの熔融物が吹き出していることは、
原子炉容器の中で爆発があったことを示しており、
通説に言われているような水素爆発だけでなく、
炉心で高温の熔融核燃料に大量の水が触れて発生する水蒸気爆発か、
熔融核燃料が臨界に達して小規模な核爆発を起こしたかのいずれかである。



メルトダウンした後の核燃料の放射線量は?

答え

チェリノブイリの像の足の放射線量

80000ミリシーベルト=80シーベルトです。



写真を撮ったカメラマンは撮影した年に亡くなっています。


1号炉の上部に、一部の溶融核燃料が噴出しているのが、
もし、事実であるならば、1号機のカバ-を撤去する作業は、
極めて危険な作業となります。

作業員にとって危険なだけではなく、関東・東北の人達にとっても、
かなりの危険を伴う作業になるのは間違い無いと思います。

東電は、安全対策に万全を尽くすと話していますが、
国は、今日まで、放射線量を誤魔化すことを無数に行なって
来ましたし、時には、モニタリングポストの数値さえも、
突然、点検中にして、消し去って来た前歴が、過去に何度もあります。
彼等の約束など、本当に信じる人間など、ネットの世界には
ほとんどいないでしょう。

つまり、我々、国民は、1号機の原子炉建屋カバーの解体作業に
対して、重大な関心を払わなければ、とんでもないことになると
いうことを意味していると思う訳です。
皆さん、自分で、自分の身を護るしかないのです。

国は、311以降、国民に対しては、完全に被爆政策を取り続けてきました。
放射能拡散シミュレ-ションさえも流さなかったのです。
それによって、数十年の間に、数百万人の国民が倒れていこうが、
また更に、何十万人の国民が死に至ろうが、そんなことは関係ない。

何としても、
原発利権だけ護れればよいと考えているのは明々白々です。
まさに、犯罪者集団です。
キチガイがこの国を動かしている。
国民は、その事に、一国も早く気付かなければいけません。


<引用終わり>
---------------------------------------------


【驚愕】
各地のモニタリングポストは本部から遠隔操作していたの!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12012802789.html

各地のモニタリングポストは本部から遠隔操作していたのですね。
これは完全に犯罪です。
誰が責任者なのでしょうね。


現実に作業していて、明らかに線量が上がる状況になると、
モニタリングポストを操作すればいい訳です。
陰謀論でもなんでもない。
彼等が、一貫してずっとやって来たことですから。

モニタリングポストが上がっていないとかの表示を見て、
危険は無いと議論するのは、ばかばかしいから止めたほうがいいです。


【偽装】線量計を分解すると細工が!!
メーカ社長『文科省から、放射線量低くでるよう改造依頼あった』



<一部抜粋>

Aさんの線量計、Bさんの線量計、市役所から借りたC、Dの
線量計をもとに会員数人がそれぞれ手分けして測定するのですが、
最近になって同じ場所を測定していてそれぞれの線量計の数値に
ばらつきがあることに気づきました。

いちばん高い数値が出るAさんの線量計以外の線量計には
おそらく基盤にカビでも付着したのだろうと思い、B、C、Dの
線量計を分解してみて驚きました。
いずれもセンサーとおぼしきプレートの上に意味のないマジックの
黒い線が引かれていること(計測にばらつきが出ることを想定してか)、
それと線量計の先端の白くマーキングしてある調整部分
(ルーペでなければわからないが、4段階になっている)が
いちばん低いところに合わされてあったのです。

極小のドライバーで時計周りにいちばん右に動かし、マジックの線を
アルコールでふき取り、その上で測定しなおしたところ、
Aさんの線量計と同じ50パーセントほど高い数値になりました。
これとは別に、地元の中学校で使っている線量計は、分解しても肝心の
調整部分のところが接着剤で固定して調べられないように
細工が施されていました。

市が購入したC、Dの線量計はもとより、Bさんが購入した線量計にも
こうした細工が施されているとしたら、メーカーが出荷にあたって
なんらかの細工をするよう、どこか上の方からの指示があって
はじめて出来ることではないか、と思います。
被災地等で今も放射能を測定している方々、ご自分の使っている
線量計が正しい数値をカウントしているかどうか一度分解して
調べてみてはいかがでしょう。


文科省「放射線量低く見せろ」
要求応じず解約になったオンライン線量計


「文部科学省は18日、福島県内の学校や公園で放射線量を計測する
『オンライン線量計』を発注した業者との契約を解除したと発表した。
測定精度が低く、結果の送信ができないなどのトラブルで納期が
守られなかったためと説明している」(朝日新聞より)

このことが指し示している最大の問題点は、
文科省が発表している放射能の線量は人為的に操作され、
低く出るようにせよとメーカー側に要求し、
それを飲まなければ切るという理不尽とも思えるやり方を
していることである。



高田延彦「線量計持って福島行ってきた」

モニタリングポスト → 3.8μSv

高田測定 → 20μSv

2013/04/12

まったく人気のない沿岸にポツンと
固定式オフィシャルの線量計。





2メートル離れて計ると。

こうなる。

オフィシャル線量計は除染した高い場所で
コンクリート上に設置してある。
これがオフィシャルな線量になるのかね?





管理人

国のウソと明らかな人減らし政策。

我々は、それに対抗して、
何としても生き延びなければならない。

皆さん、これは戦争なんです。





爆発した当時の1号機



1号機オペフロ平面図



このあたりが1号機の原子炉ウェルかな?.。
https://twitter.com/mtx8mg/status/532029091587702784/photo/1?ref_src=twsrc%5Etfw






東京電力は9月13日、福島第1原発1号機で、
原子炉建屋を覆うカバーの壁パネルの撤去を始めた。
大型クレーンを使い、3カ月程度かけて18枚のパネルを取り外した後、
防風シートなどを設置した上で、建屋上部の大型がれきの撤去作業に入る。

パネルをつなぎ合わせたカバーは、水素爆発で大破した建屋から放射性物質を
含んだほこりが飛散するのを抑えるため、2011年10月に設置された。

廃炉に向け、昨年からカバーの本格的な解体が始まり、
昨年10月に天井パネルの撤去が完了。
建屋上部の細かながれきの吸引作業や、
ほこりの飛散を防ぐ散水設備の設置などを進めている。

1号機の使用済み核燃料プールには、392体の燃料が残ったままで、
東電は20年度中の取り出し開始を目指している。







お知らせ


9月15日に★メルマガ第19号を配信しました。

高額健康機器ご購入は
詐欺もありますので慎重にして下さい!


届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。
前回から、同時一斉送信 となりました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!





全国の風予測
http://weather.yahoo.co.jp/weather/wind/

アニメーション
http://weather.yahoo.co.jp/weather/wind/?c=g2&m=ground







環境省がヨーロッパ甲状腺学会で
福島の放出放射線レベルは
チェルノブイリの10倍以上と報告!




副題
放射能影響のものと通常の甲状腺がんでは、
染色体7番のq11領域の遺伝子が違う!



最初に

この記事は、2012年の記事を再編集したものです。
記事中の研究論文に否定的な論文も散見されますが、
今の日本人には、こういった情報集積が不可欠です。
中には、訴訟の証拠として耐え得るものもきっと出て来るはずです。
様々な研究が進化していけば、いずれ本物に辿り着けると思います。

福島やその周辺で多発している甲状腺がんが・・・
フクイチと何等関係ないといった暴論が大手を振って出回っています。
その暴論に対抗する勢力は、とても弱いのが実状なのです。

こういった地道な記事の集積が、やがて大きな力に成ると確信しています。
我々は、国の原発推進政策によって、次々と犠牲者を生み出し続けている
惨状を決して許してはいけないと思います。
今までも、今も、そして将来においても・・・
被曝に倒れ、そして死に行く国民の姿が見えませんか?・・・






橋本百合香医師に聞いてみました。
甲状腺のチェックは自分でもできるそうです。
首の下の方の両側を触って、軽く押してみて、
腫れやしこりがないかを確認。子供も大人も同じだそうです。
今のうちに状態を確認しておくのがよさそうです。





ベラルーシにおける甲状腺癌の新規発生





環境省の「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理の
あり方に関する専門家会議専門家会議」の座長を務めた長瀧重信氏自身が
2011年にヨーロッパ甲状腺学会で、福島の放出放射線レベルは
チェルノブイリの10倍以上と報告した。
その後、2013年3月11~12日に、ヘレン・カルディコット博士が
ニューヨーク医学アカデミーで主催した福島の医学的・生態学的影響に
ついてのシンポジウムで、原子炉の専門家が
「流出量がチェルノブイリの10倍に達していることは周知の事実だ」と発表した。


ヨウ素131が甲状腺がんの主要因だと思っているが、
バンダジェフスキーの論文によると、ゴメリ州で97年に検死された
子供56人の部位別セシウム137の蓄積量は以下であった
甲状腺2054±288、
副腎1576±290、
すい臓1359±350
セシウム137は甲状腺に最も蓄積する


甲状腺癌が発症した子供達の大部分は
事故の時6才以下で,その半数以上が4才以下であった。
ベラルーシの、0-14才までの子供達にみられる発症率は
1995年に頂点に達する。
速い段階で小児性甲状腺癌は進行が速く他の臓器、
特に肺への転移も速いことが確認された。


甲状腺癌が発症した子供達の大部分は事故の時6才以下で,
その半数以上が4才以下であった。
ベラルーシの、0-14才までの子供達にみられる発症率は
1995年に頂点に達する。
速い段階で小児性甲状腺癌は進行が速く他の臓器、
特に肺への転移も速いことが確認された。


IPPNW ベラルーシだけでも事故以降1万2千人以上が甲状腺ガンを患っている。
WHOの予測では、ベラルーシのゴメリ地域だけで、
5万人の子どもたちが生存中に甲状腺ガンを患うであろうということである。
全部の年齢集団を合わせたら、ゴメリ地域だけで
10万の甲状腺ガンという計算になる。


IPPNW GFS ベラルーシ・ゴメリのチェルノブイリ事故前の13年間と
事故 後の13年間を比べると、
18歳未満の甲状腺がん発症率は58倍、
19-34歳は5.3倍、
35-49歳は6倍、
50-64歳は5倍、
64歳以上でも 2.6倍上がった。

チェルノブイリ事故後、
ゴメリ地方の甲状腺がん発生率は10000倍に増加した
映画「チェルノブイリハート」 1万倍!!!

成人甲状腺ガンの急増
~小児甲状腺ガンは事故10年後がピークだったが
成人のガンはその後に急増
過去のNHKスペシャルより

ゴメリ地区で死亡した人を解剖してみると
体のほとんどの部分でセシウム137が蓄積していることがわかった。
その蓄積量は異常に大きい。また大人より子どもがはるかに蓄積しやすい。
つまり子どもが被害を受けやすいこともわかった。
特に死亡した子どもでは甲状腺に多く蓄積していた。

甲状腺はヨウ素だけでなく放射性セシウムを沢山吸収する。
特に子供。セシウムが45ベクレル検出された子供の心臓で
ミトコンドリアが破壊されていた。


◇福島県HPによると、小児甲状腺ガン発症が、
昨年12月末までに検査25万件中「75件」
(検査率67%、発表2/7)に達した。
これを単純に計算すると「100万人に300人」となる。

通常、小児甲状線ガン発症は「100万人に1人」
(御用学者は1~2人)とされているから、
この発症数は通常の300倍(150倍)となるにもかかわらず、
検討委員会は「増加」を否定している。
成人時被曝の甲状腺ガンも、遅れてその後に続くはずである。
チェルノブイリ現地研究者(ミハイル・マリコ)によると、
小児甲状腺ガンの発症は、事故1年後から発症し、
2~3年後は数倍、4年後から急増(40倍)したという。


◇今後、福島県外や首都圏でも、ヨウ素131、132などの
短寿命核種による大量の初期放射線の被曝による発症増が懸念される。
その他の放射性核種による累積被曝が懸念される。
それに対する当面の最善の被曝防護はいくつもある。
非汚染地域への集団避難は、いまも緊要な課題である。

また、小児甲状腺ガンについては、広範囲に精密な血液・尿検査を行い、
早期発見をすること。
さらに、被曝拡散防止、内部被曝・外部被曝の累積被曝を阻止すること。
詳細な汚染分布を明らかにして、土壌汚染(ベクレル)、
空間線量(シーベルト)の環境汚染の実態を解明し、情報を提示し、
住民が納得できる対策を講じることである。「不安を煽る」元凶は、
事実の隠蔽である。
正確な事実を知ることが正しい被曝防護の大前提となる。




$wantonのブログ

http://www.sotokoto.net/jp/talk/?id=45

田中毎週土曜夜10時からBS11で担当している「田中康夫のにっぽんサイコー!」に

児玉龍彦・東京大学アイソトープ総合センター長を招いたんだ。チェルノブイリから25年、
その汚染地域で多発した子どもの甲状腺がんでは
染色体7番のq11領域の遺伝子が、
父母から2コピーのはずが、DNAが切れて複製される際に
いずれか一方がダブルになって3コピーとなってしまう


通常の甲状腺がんでは起こりえない異変が起きている と。
なのに「今の所はダイジョウビ」と枝野が、「もうすでに今はダイジョウビ」と
細野が会見する大本営発表をメディアは垂れ流すだけ。








染色体7番q11領域の異常でわかる低線量被爆

染色体7番のq11領域を調べれば、低線量での被爆有無がわかるという論文。
http://www.pnas.org/content/108/23/9595.abstract』

この7番q11領域の遺伝子は、通常父母からの2コピー存在するはずなのに、
DNAが損傷している場合、このコピーが3つになるということ。

チェルノブイリ事故の後、低線量にさらされた子供とさらされていない
子供の2グループに分けて調査した結果、この染色体7番q11領域に異常があると、
PTC(甲状腺がん)を発症しやすいということがわかった。

この研究をもとに、福島、および近県の子供たちをすぐに調査できないのだろうか?

甲状腺癌は、早期発見すれば治るという。
すでに、福島の子供たちの甲状腺に異常が見つかっている。
これが福島原発事故と関係ないと言いきれないだろう。

甲状腺がんの発症は、4年後とも5年後とも言われているが、発症してから治療するより、
早期発見し治療するほうがよいに決まっている。
不安を解消するためにも、政府はとっとと検査をするべきだ。



$wantonのブログ

ガンの原因が放射線被曝か遺伝子情報から特定できる!?
http://nayaminosoudan.cocolog-nifty.com/blog/2011/08/post-5484.html


(1) 被曝したことのある甲状腺がんの患者さんのゲノムを調べて、7q11.22-23 の領域
増幅が見つかったら、がんの原因が被曝である可能性はかなり高い。今後多数例で正しい
ことが確認されたら、裁判では勝てる可能性がかなり高い。ただしまだ100%とは言えな
い。何といっても今回調べた患者の数はわずか数十例なので、おそらく1000例も調べれば
被曝していない甲状腺がんの患者にも一定の頻度(低いとは予想されるが)同じ異常が見
つかると推測されるから。もちろん一万例調べても見つからないということは理論的には
あり得るが、ちょっと考えにくい。もしそうなら、裁判では必勝だろうけれど。


(2) 被曝したことのある甲状腺がんの患者さんのゲノムを調べて、この異常がなかったと
しても、原因が放射線にないとは言えない。この異常は被曝した甲状腺がんの患者さんの
39%でしかみつかっていないから。

おそらく、今後もっとたくさんの甲状腺がんの患者を対象として、今回の結論が正しいか
どうか検証されるでしょう。
その過程で、放射線による甲状腺がん発がんのメカニズムが解明される可能性も期待でき
ます。

実用性についてですが、今回使った方法のCGH array はある程度の規模の研究室(日本に
数十施設はあるでしょう)なら可能で、費用は(人件費等を除いて)五万円くらいです。
裁判をやろうと考えるなら賄える範囲でしょう。自分の研究業績につなげたいという研究
者を見つけられたら、ただでやってくれるかもしれません。




追伸

フルペーパーが入手できたので、abstract であいまいだった点が分かりました。

最初のcohort 52例の解析で、7q11.22-11.23 の増幅があったのは、
被曝した患者さん33例中13例
被曝していない患者さん19例中0

varidation cohort 28例では、
被曝した患者さん16例中6例
被曝していない患者さん12例中0




$wantonのブログ





内部被曝の画像
$wantonのブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/yokohansen/28145410.html

これは長崎で亡くなった方の腎臓。いまだに放射線を出し続けている。
放射線でDNAを切られても、身体の中の酵素で修復されるが、
汚染され続けていると修復も間に合わない。



放射能(放射線)でなぜ遺伝子が傷つくか、そしてどうなるか

1:遺伝子は核酸という、炭素原子や水素原子、リンなどで組み立てられた立体構造。
2:放射線は太陽光のように破壊力を持っている。
3:放射線が遺伝子に当たると、構成原子や分子の結びつきを切り裂くため遺伝子が
物理的に崩壊する。
4:遺伝子は破壊されると修復が非常に難しい。(ほぼ不可能と考えていい)
5:他の生体物質も破壊されるが、それらは遺伝子が無事な細胞が十分残っていればフォローが効く。
6:しかし、遺伝子が破壊された細胞が多数あればどうしようもない。
7:細胞が死なない程度に傷ついた遺伝子は細胞分裂の際にそのままコピーされるので増えていく。
8:ガンや遺伝子異常などの病気につながる。

・放射能汚染は遺伝子に対してどう影響するか

1:放射線を浴びた原子は放射能になる。
2:放射線を浴びた体内のタンパクや遺伝子を構成する原子も放射能になる。
3:また、放射能汚染した食べ物を食べると、体内に放射能となった原子が取り込まれる。
4:常に体内の原子から放射線が発射され、どんどん遺伝子が傷つけられていく。
5:遺伝子異常やガンなどにつながる






小出裕章参考人の全身全霊をかけた凄まじい原発批判






お知らせ


9月15日に★メルマガ第19号を配信しました。

高額健康機器ご購入は
詐欺もありますので慎重にして下さい!


届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。
前回から、同時一斉送信 となりました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!







驚愕
~人間が死ぬ瞬間のMRI映像を初公開!







2016-09-15
人間が死ぬ瞬間のMRI映像を初公開!これは驚愕・・・(動画あり)
https://vipper-trendy.net/death-mri/


人の死ぬ瞬間の脳の映像を初公開


人が死ぬ瞬間、一体何を見るのでしょうか?

走馬灯のように自分の人生が駆け巡ると言いますが
最後の瞬間まで脳は活動しているようです。
その動画が本邦初公開されたMRI映像によって判明しました。

パッと閃くように動いて、
その後はあっという間に消えていくのが分かります。

白い光が見えると言われていますが、
これがその瞬間なのかもしれません。





死の瞬間、21グラムの魂が抜けていく?

人が死んだ後、体重が僅か21グラムほど減少していると言います。


この体重の変化を科学的に調べていた科学者が
100年以上も前にアメリカにいました。

マサチューセッツ州の医師だったダンカン・マクドゥーガル博士は、
人が死の直前と仕事の体重変化をベッドに取り付けた
精密な秤によって計測しました。

16人の実験を行い、
結果21グラムの体重減少が生じることが判明したのです。

勿論、死後失われる体液やガスも考慮しての結果数値です。
この21グラムの重さをマクドゥーガル博士は魂の重さと発表しました。


死の瞬間は星間エーテルのような光が取り巻く?

ダンカン・マクドゥーガル博士の主張は
多くの学者から懐疑の声が上がり、
世間の声は支持派と懐疑派に二分されたと言います。

そこで、マクドゥーガル博士は新たな事件として
魂の撮影に成功したと発表しました。

マクドゥーガル博士は十数人の末期患者の死に立会い、
実際に死の瞬間を撮影したという。

博士によれば、死の瞬間の人間の頭部には
「星間エーテル」にも似た光が取り巻いているという。

この光が肉体から離れていく“21グラム”の魂であるというのだ。



ちなみに星間エーテル(interstellar ether)とは
中世の物理学の概念である“エーテル理論”に基づく
天界を構成する物質のことだ。
もちろん現代の科学では否定されている


ダンカン・マクドゥーガル博士



マクドゥーガル博士の主張は科学的には否定されていますが、
寧ろ現在まで宗教的な面や小説などの世界に影響を与えています。

また脳科学や実験心理学と言った分野でも
魂の重さは注目されています。

そして今、
このMRI映像を見るとマクドゥーガル博士の言う
魂が消えゆく瞬間がこれか、という気にさせてくれます。
人間は死ぬとき何が起こるかまだ未知な分は多いと思います。

この実験には懐疑的な見方も多いのですが、
昔から人間が死ぬ瞬間に何が起きているのかに対する
興味は尽きないようです。

本人がどう感じたかは本人にしかわかりません。

臨死体験した人の話では、
わずか1秒ほどの間に様々なものが見えたと聞きますが果たして・・・?

死ぬ1秒前に人が体験することが怖すぎると話題に。
臨死体験が科学的に解明!

https://vipper-trendy.net/shinu1byoumae/


蘇生に至るまでの過程


1、自分の死の宣告が聞こえる

2、これまで経験したことがないような穏やかで愉快な感覚に包まれる

3、不思議な声が聞こえる。 中には美しいメロディーという人も

4、突然暗いトンネルの中に引っ張られる

5、魂が肉体から離脱し、外部から自分の身体を観察する

6、懸命に自らの苦境を他人に訴えるが、誰にも聞こえない

7、時間の感覚がなくなる

8、視覚や聴覚が非常に敏感になる

9、強烈な孤独感に襲われる

10、周囲に様々な“人”が現れる

11、「光の存在」と出会う

12、自分の一生が走馬灯のように映し出される

13、先に進むことを遮られる

14、蘇生する


というステップを踏むのだという。

また、死の直前には自分の一生に対する評価が下される。

その判定基準はどれだけ出世したかや金儲けできたかではなく、


「一生のうち自分がどれだけ愛やぬくもりを

他人と共有できたか」

になるという。


<引用終わり>
------------------------------------------



アルマゲドン 別れ




アルマゲドン エンディング





管理人

このアルマゲドンは、プロパガンダ映画には違いありませんが、
今回はその話はしません。

エンディング の動画の1分過ぎのところに出て来ます。
死ぬ直前の主役の脳裏に、走馬灯のように浮かぶ過去の映像が。

人は、自分の死に関して、無意識に考えることを遠ざけます。
当然でしょう。
誰もそんなことを想像したくもありません。
ただ、例外としては、末期がんになって死に直面した時には、
嫌がおうでも考えざるを得ません。

人の死は、誰にでも必ずやってきます。
人それぞれ、いつになるかだけの違いです。

その時に、出来るだけ悔いを残したくないというのが人としての願い。
しかし、意に反して多くの後悔を残すのが人生というものかもしれません。

後悔を残さず、幸せな人生を送りたいと皆さんは願いますか?
私はそうありたいと願っています。
でも・・・これが案外難しい。


メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光


<一部引用>

私は以前、歯科技工所を経営していました。
収入は、月に60万から80万円でした。
徹夜続きで仕事に追われる日々に嫌気が差して、事業所を閉めることにしました。

私は、1日のほとんどが仕事に追われる日々の日常から、
いつの日からか、幸せに生きたいと心から願うようになりました。
ところが・・・
幸せについて深く考えてみると、まるで訳が分からなくなりました。
裾野が宇宙ほどに広く、そして、実に奥深い事に気づかされました。

ある時、全ての諸悪の根源が「不安」にある事に気づきました。

お金が無い不安、仲間外れにされて孤独になる不安、いじめられる不安、
愛されない不安、病気になる不安、自己破産する不安、失恋するかもしれない不安、
恥をかく不安、社会的な名誉を失う不安・・・

そして、究極的には、死への恐怖がピラミッドの頂点にあります。
もし、死への恐怖が克服出来たらと、ある時に考えました。
多分、その他の不安は取るに足らないものになるに違いない。
私は、死への恐怖を捨て去ることを心に決めました。
直ぐには無理ですが、ずっとそのように思うことで・・・
いつしか、あまり怖くなくなってしまったのです。
訓練すれば、出来るようになるから本当に不思議です。

良い悪いは関係ありません。
単に、そのように生きると決めただけのことです。
でなければ、以下の記事にあるような事も出来なかったはずです。


190cmもある元ヤクザとの激闘の記録!
~セクハラ総集編

http://ameblo.jp/64152966/entry-11714633475.html

つまり、幸せに生きる方法はよく分からなかったけど、
全ての不安を捨て去るのも一つの方法かもしれないと思った訳です。
出来る出来ないではなく、何でもやって見たらいいと思うんですよね。
もしかしたら、簡単に出来てしまうかもしれないのです。


増田有華(AKB48):全身にできた癌が消えた!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11200922144.html

アンビリーバボー 増田有華(AKB48) 幸せホルモンが生む奇跡
http://www.youtube.com/watch?v=muWYUuiFlwQ&feature=player_embedded
削除されてます。 ↑

いま、増田有華(AKB48)の人気がグングンと上昇中している。
人気の秘密は、彼女のAKB48ナンバー1という歌唱力。
たしかに彼女の歌は、聴かせる!

そんな増田有華だが、じつは2歳の頃、彼女は死の淵にいた。
すい臓、ひ臓、肝臓など身体の14ヶ所に腫瘍ができていたのだ。
そのうえ、先天性の免疫不全症。
これでは癌も腫瘍も良くなるはずがない。
良くなるどころか、早期に死亡する可能性は100%に近かった。

ところがである。
ある「療法」が絶大な効能を発揮し、な、なんと、全ての腫瘍が消えた!
というのだ。
「療法」を簡単に説明すると、こういうことだ。
ご両親と一緒に有華ちゃんは歌を歌いつづけ楽しい毎日をすごした…。音譜
じつに、これだけなのだ。

詳しくは上の動画を見てほしい。絶対に見てほしい。
上の動画には、奇跡が何故おきたのか?
このことが克明に説明されている。
そのほか…、
脳幹で分泌されるドーパミンが、NK細胞(癌細胞を攻撃し破壊する)
を激増させる機序(仕組み)も丁寧に説明されている。

また…、
オキシトシン(幸せホルモン)で免疫機能が向上し、
治るはずのない病気がなおることも説明されている。

さらに…、
人間は人とつながることで幸せになり、オキシトシンが増加する!
という説明もじっくりと聞いて欲しい。

とにかく…、
上の動画は、放射能時代を生き抜くための勇気と知恵を与えてくれる。


<引用終わり>
----------------------------------



管理人

今回、皆さんに一番伝えたかったことは・・・

人は 幸せに生きる為に生まれて来た ということ。

もし、これが自分の幸せに生きる道だと感じたら・・・
是非、その幸せへの道を歩んで欲しいと思うのです。

シンプルですが、なかなか出来ないと思っている人は多いと思います。

もし、その道を歩むことに、多少の勇気が必要であるなら・・・
ありったけの勇気を振り絞って下さい。

出来ないと思うのは、あなたの洗脳された思考が邪魔しているだけです。
その道に進んだ人だけが、その事に気づくのです。

そして、その道を選んだ事に対して決して後悔しないこと。

愛とは
決して後悔しないこと。







お知らせ


9月15日に★メルマガ第19号を配信しました。

高額健康機器ご購入は
詐欺もありますので慎重にして下さい!


届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。
前回から、同時一斉送信 となりました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!





101回目のプロポーズ












放射能がDNAを損傷して癌を引き起こす
仕組みを解明~フクイチ由来の甲状腺癌も判明か!?






2016/9/14
電離放射線がDNAを損傷して癌を引き起こす仕組み
http://eigo.rumisunheart.com/2016/09/14/how-radiation-causes-cancer/

<訳文のみ引用>

放射線がDNAを傷付けてがんを引き起こすことはほとんどの人が知っていますが、
どのようにして癌を引き起こしているのかという、その2つの特徴的なパターンが、
この度、英国ウェルカム・トラスト・サンガー研究所の研究者とその共同研究者達に
よって解明されたようです。
これらのはっきりした特徴パターンが、今後、医者にどの癌が放射線によって
引き起こされたのかを識別可能にし、それらの腫瘍を別の方法で治療するかどうか
を調査する事を可能にするかもしれないということで、画期的な発見とも言えます。



1 放射線が癌の原因

「ガンマ線やX線、放射性粒子などの電離放射線が、DNAを損傷する事で、
癌を引き起こす可能性があります。しかし、どうやってこれが起きるのか、
あるいは、どのくらいの腫瘍が放射線ダメージによって引き起こされているのか
は分かっていませんでした。」

放射線由来の癌がどのくらいなのか、原発事故で大量の放射性物質が
ばら撒かれた日本、特に東日本の住人にとっては、かなり興味深い研究だと思います。
今後、何人が放射線由来のがんであると診断されるかは、日本の行政にとっても
大きな指針になるのではないでしょうか。
一刻も早く実用化されて、原発由来の癌患者を識別してもらいたいものです。


2 突然変異シグネチャー

「がんに関する過去の研究が、DNA損傷が、癌細胞のゲノムに対して突然変異
パターンとして知られている、分子の指紋をしばしば残すことを明かしています。
研究者は、派生的な放射線関連の腫瘍を持つ12人の患者の突然変異パターンを探して、
放射線を被ばくしていない319人と比較しました。」

「放射線がどのように癌を引き起こすのかを見つけ出すために、我々は、
自然発生的に生じた腫瘍を比較して、放射線に起因する癌のゲノムを調べました。
DNA配列を比べることで、癌の種類に関係ない、放射線ダメージの2つの突然変異
パターンを見つけました。
その後、その発見を放射線被ばくの有無を基に前立腺がんでチェックして、
再び2つのパターンを見つけ出しました。
これらの変異シグネチャーが、高エネルギー放射線がどのようにして
DNAにダメージを与えているのかを説明する助けになります。」


3 DNA切断と欠失と逆位

「1つの変異パターンは少数のDNA塩基が切り取られる欠失です。
二つ目は、平衡逆位と呼ばれる、DNAが2個所切られ、
真ん中の一片が回転して逆向きにくっついたものです。
平衡逆位は体内で自然には起こりませんが、高エネルギー放射線は同時に
これを可能にする十分なDNA切断を提供することができます。」


4 放射線はやっぱりやばい

「電離放射線は、恐らくあらゆるタイプの変異的なダメージをもたらしますが、
今我々は2つの特有のタイプのダメージを目にすることができ、
DNAに何が起こっているのかを感じ取ることが可能です。
放射線のシャワーがゲノムを切り刻んで、同時に多くのダメージを引き起こします。
これが細胞でのDNA修復メカニズムを圧倒して、
我々が目にしているDNAダメージを引き起こしているように思えます。」


<引用終わり>
--------------------------------------------



管理人

まさか、このような重要な研究論文の訳文を 英語の勉強サイトから
得られるとは思ってもみませんでした。
ラッキー。

放射線ダメージの2つの突然変異パターンの事実を定着する事が出来たら、
これは大変な偉業になるに違いありません。
放射線被曝による甲状腺癌や様々なガンを調査して、その証拠を特定し、
多くの患者に適用されれば、それこそ大変な騒ぎになるでしょう。

原発集団訴訟にも、かなり有力な証拠として活用されるはずです。
東日本の皆さんにも大変大きな意味のある研究論文ですが、しかし、
もしかすると、東日本だけに止まらず、日本全国に及ぶ可能性もあります。
何故なら、日本全国にくまなく原発が存在するからです。

国や経産省、東電などは、御用学者やマスコミを駆使して、
死に物狂いで潰しにかかって来るでしょう。
また、集団訴訟にまでこぎつけたとしても、何十年と裁判を引き延ばし、
患者の人のほとんどが死ぬのを待つという、いつもの常套手段を
使ってくるのは目に見えています。

我々は、いずれ、この集団訴訟に大注目し、全力を尽くしてバックアップ
すべきであると訴えたいと思います。
色んな意味で少し先走りしている感は否めませんが、しかし、大変重要な事
ですから、将来の展望を書ける時に書いておくべきであると考えました。



ところで、この機会に面白い記事をご紹介します。
全てが事実かどうかは分かりませんが、注目に値すると思います。

ハフィントンポスト日本版~より

「官邸や自分に不利なことも正直に話す」
寺田学・元首相補佐官が語る東日本大震災の15日間

http://www.huffingtonpost.jp/manabu-terata/earthquake_japan_b_11757078.html?ncid=tweetlnkjphpmg00000001

【1】3月11日

【2】重要免震棟へ

【3】福島原発、爆発

【4】東電、撤退用意

【5】統合本部設置へ

【6】首都圏に放射性物質

【7】反転攻勢

【8】最悪のシナリオ等



以上、8ページからの構成になっていますが、
今回見て欲しいのは、最後の【8】最悪のシナリオ等・・の部分です。


<一部引用>


「原発を争点に解散総選挙をしてほしい」


<菅総理への提言>

2011年の6月を過ぎて総理にお願いしていたこと。

それは「原発を争点に解散総選挙をしてほしい」ということ。

それまでの過酷な事故対応で、「原発とは縁を切るべき」と痛感していた。
日本は原発に頼らないエネルギー供給を達成すべきだ、と。
実現するには国民の意思表示が絶対必要であり、
それを決めるのは選挙が一番良いと考えた。
国民投票じゃなく、選挙がいい。
各候補者の意思表示をしっかりさせたほうがいい。

だが、解散のお願いと共に、総理に失礼極まるお願いもした。
解散と共に引退をしてほしい、と。
失礼なお願いであるとは承知していたが、菅総理の延命の為の解散、などと
争点がぼけないように、解散をしたのち、即時引退を表明してほしいとお願いした。
解散した総理が、その総選挙に出ない、というのは奇天烈だが、
まだ事故の記憶と恐怖感が国民に残っているうちに、国民の意思表示を求めたかった。

総理は解散しても続くが、党代表は辞任。
新しい党の代表は、解散後に代表選挙で選び戦う。
鳩山氏には、総理経験者ということで、菅総理と共に引退をお願いし、
小沢氏のような不信任案で欠席した方々への公認をせず、
混沌としてた党内を世代交代と共に整理一新することも願っていた。

原発への国民の意思表示。

民主党内の世代交代と整理一新。

地元選出議員の震災対応の評価。

震災後半年も経たない中での選挙に、
「そんな場合か!!」との声があることも承知していたが、
不信任だなんだで政界自体が混沌としていたこともあり、
一からで直した方が結局は震災復興は進む、と思っていた。

当然、総理の反応は厳しかった。
解散という重い決断の上に、引退まで。
だが、失礼を承知で訴えに訴えた。
総理が以前所属していた社民連の党史冊子を引っ張りだし、
「ほら!以前から仰ってたじゃないですか!」と迫ったり、
妻に手紙を書いてもらって説得の一助にしたり、ありとあらゆることをした。

総理が「解散しても、小沢さんは無所属でも勝ってくるよ」と言うので、
個人的に小沢氏の選挙区の調査をかけた。
結果は、民主党公認候補が出た場合、無所属の小沢氏は落選。
その資料と共に再度説得もした。
総理の任期が閉じる最後の最後まで、お願いし続けた。
でも、この通り、叶わなかった。

もし現実に行われていたら、どうなっていたのか。
少なくとも、政治も原発政策も今のようにはなっていない。


<引用終わり>
--------------------------------------------


民主党の寺田学議員の言説の全てを信じている訳ではありませんが、
少なくとも、この部分だけは高く評価出来ると思います。

あの当時、ネットの反原発の皆さんの多くが望んでいたこと。

「原発を争点に解散総選挙をしてほしい」

どれだけ多くの人が、これを望んだことでしょうか・・・
本当に残念でなりません。
日本という国が大きく変わったかもしれません。

問題の菅総理ですが、原発マフィアから煙たがられた後に辞任。

そして、311原発直後に、直ぐに、東電に電話して、

「どんなことがあっても東電を護る」

と東電幹部に宣言した野田が、菅総理の後に総理の椅子につきました。


東電を護ると・・・
国民は護らずに、東電を護ったのが野田前総理です。

何故、真っ先に、「何があっても国民を護る」と言えないのか!?

寡聞にして、私は政治家からこの言葉を耳にしたことがない。



この際だから、皆さんに知らせておきます。
長年の調査で判明したことです。

菅元総理も野田前総理もアメリカに恭順を誓った人物です。
ですから、米国の意志に反する重要決定など出来るはずが無いのです。


@NakamuraTetsuji
中村てつじ(中村哲治)民主党参議院議員
http://twitter.com/#!/NakamuraTetsuji/status/18412586443

ふと落選中の出来事を思い出した。
アメリカ領事館から電話があった。

「各国の次の世代のリーダーに
3週間アメリカを訪問して頂くプログラムがあります。

菅直人先生も経験されています。」

私はそこまでやってもらうことに引っかかりを感じ行く決意ができなかった。



「各国の次の世代のリーダーに
3週間アメリカを訪問して頂くプログラム」
恐喝 ↑ 洗脳プログラム




ずっと気になっていた、菅氏のアーリントン国立墓地訪問

2010.4.23 10:04
菅直人副総理兼財務相は22日(日本時間23日)、米首都ワシントン近郊の
アーリントン国立墓地を訪れ、無名戦士の墓に献花した。
副総理または財務相が同墓地を訪問するのは 極めて異例 で、
日米同盟重視の表れとともに「ポスト鳩山」への布石との見方も出ている。






私には、あの菅副総理のアーリントン国立墓地での献花というものは、

まさにアメリカへの恭順を誓った行為そのもののように思えて仕方なかった。


菅副総理




野田前総理




安倍現総理




お知らせ


9月15日に★メルマガ第19号を配信しました。

高額健康機器ご購入は
詐欺もありますので慎重にして下さい!


届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。
前回から、同時一斉送信 となりました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/


第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
〇生還の為に知っておくべきこと!
〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!







【緊急速報】
福島の線量計が、9月15日現在、160倍になっています。




緊急速報です!

新・全国の放射能情報一覧
http://new.atmc.jp/




日平均: 11.421μSv/h
現在値: 11.381μSv/h
平常値:<0.071(160倍)





東京電力のホームページより
http://www.tepco.co.jp/decommision/planaction/removal-reactor/index-j.html

1号機原子炉建屋カバー解体作業

お知らせ

・建屋カバー解体工事については、
2016年9月13日 より壁パネル取り外し作業を実施しております。

解体工事にあたっては飛散抑制対策を着実に実施するとともに、
安全第一に作業を進めてまいります。



1号機建屋カバー解体作業の概要

福島第一原子力発電所1号機は、放射性物質の飛散抑制を目的として、
建屋カバーを2011年10月に設置しました。
しかし、原子炉建屋最上部のオペレーティングフロアには、
現在もガレキが散乱している状態です。
燃料プールの中にある燃料を速やかに取り出し、
発電所全体のリスクを低減させていくためには、
原子炉建屋上部に堆積しているガレキを撤去する必要があることから、
原子炉建屋カバーの解体を行います。
また、建屋カバーの解体にあたっては、十分な飛散抑制対策と、
放射性物質濃度の監視を行いながら、着実に進めてまいります。






全国の風予測
http://weather.yahoo.co.jp/weather/wind/



アニメーション
http://weather.yahoo.co.jp/weather/wind/?c=g2&m=ground

16日は、首都圏から愛知県方面を直撃するようです。
皆さん、十分に警戒をして下さい。



http://www.sankei.com/photo/story/news/160913/sty1609130006-n1.html



お知らせ


今日9月15日、メルマガ19号を配信します。


8月31日に★メルマガ第18号を配信しました。

がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!


届いていない読者の方は、直ぐにご連絡下さい。
今回から、同時一斉送信になりました。



もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/