ゆうきの韓国スケッチブログ

ソウルに住んで16年目の日韓夫婦。韓国の日常をつれづれなるままに文字や写真やイラストでスケッチしていきます。


テーマ:

珍しくちょっと真面目な話なのですが

あくまでも個人的な戯言なので軽く読み飛ばしてくださって結構です。

 

どこに住んでいてもそうだと思いますが、

いいこともあれば、悪いこともあるわけです。

 

加えて僕は日本で生まれ育ったというバックグランドがあるので

韓国で目にする事象について考えるときも、

どうしてもその立場からの見解となってしまいます。

 

で、その時その時感じたままのことを綴るわけなのですが、

 

 

韓国について残念に思うことを書くと

一部の韓国人からは

「いつもは友好的なふりしといて結局は嫌韓だったんだな」とか

「帝国臣民の本性を出してきたな」とか言われますし

 

逆に韓国の良い所、ここは日本も見習っていいんじゃない?ということを書くと

一部の日本人からは

「韓国にかぶれて日本人としての誇りが麻痺してる」と言われたり

「もしもし韓国はこんな国ですよ」とか頼んでもいないのにネットで拾って来たような

情報を提示されたりします。

いわゆる「在日韓国人認定」ってのも何度かされました。

在日でもない(在韓である)し、韓国人でもないので二重の意味で間違ってるんですけど。笑

 

何というか、

相手の発言の中の自分の気に入らない部分だけにアレルギー反応を起こしてしまう

そういう思考回路を持ったタイプの人が国籍を問わずいるようですし、

結局のところあんたら似た者同士じゃんと思わずにはいられないわけです。

 

日常のことを綴るだけで

「そんなに韓国が嫌なら日本に帰れ」という言葉と

「そんなに韓国がいいなら帰ってくるな」という言葉を

同時にいただくという希有な立場にいるわけですが。

 

そのどちらの言葉にも従うつもりはさらさらありません。

 

 

帰るとしても自分のタイミングで帰りますし、

留まるとしても自分の意思で留まるつもりです。

 

 

{14E4095C-989B-42E7-A531-B493F295E0B8}



 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:
おとといの金曜日、
ふらっと立ち寄った新村のメインストリート。
{FADE686A-CD9B-4D50-8583-0C00DC9A1B04}

 

毎週週末には歩行者天国になっていろんな催しが行われる場所ですが、

今行われているのはビール祭り!ビール

{A1DCE68D-F63F-47A8-8693-EA1E314EE74A}

 

韓国を始め世界各国のクラフトビールが堪能できるみたいです!

 

韓国でビールといえばチキン!チキンといえばビール!

{AD048393-65B0-4DE6-B8A0-C72502BB362F}

 

横断幕にも

"마셨にわとり2! 오늘 안주는 치킨이にわとり2!"

닭=ダッ(チキン)

「呑んダッ!今日のつまみはチキンダッ!」

 

この日はスタートしたばかりでそんな人出でもなかったんですが...。

 

 

翌日、土曜にもういちど訪れてみたら

{CD57D2B9-1BA9-4C37-A5A7-616C78A185CA}

 

この賑わい!

 

 

{3150E1BE-F6C7-4D7D-9C24-2F8A48E9168C}

 

 

 

新村の中心部にあるスクランブル交差点には仮説ステージが登場!

{B33A09FF-B580-4347-AA0C-D4E11CD8C4DA}

街がクラブと化してものすごい盛り上がりでした!


 

多分日本だったら騒音問題とかでいろいろ難しいんだと思いますが...。

街のど真ん中でこうやってガンガン盛り上がれるのも韓国ならではって感じで好きです。


この新村ビール祭り、今日まで開催中だそうなので
秋空の下ビール片手に盛り上がりたい方はぜひぜひ!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
ソウルの季節ごとの服装の目安を描いてみました^^
何かの参考になれば幸いです。
{892812C1-8262-4428-BACC-4C7F5F055881}

{9F4CD714-984B-4771-871B-D0365047A301}


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

このブログの読者の皆さんなら、かつて「国民の妹」と呼ばれ

今でも広い年齢層の韓国人から愛されている歌手

IUをご存知なのではないでしょうか。

 

抜群の歌唱力と可憐なルックスで日本でも人気の高いIU、

自分の持ち歌だけではなく、70年代80年代のいわゆる「懐メロ」のカバーをよくしていることでも有名です。

 

さて、そのIUが最近発表したのがこちら

 

 

80年代に3人組アイドルグループ「ソバンチャ(消防車)」が歌って大ヒットした

「オジェッパム イヤギ(어젯밤 이야기=昨晩の話)」

 

 

で、ネットでこの曲を聞いた人たちの反応を見てみると興味深い特徴があることがわかりました。

 

 

まず韓国人

「おお~、IUがソバンチャをカバーしたのかあ(^∇^)」

 

続いて若い日本人

「へ~、IU新曲出したんだあ(^∇^)」

 

そして…若くない日本人

「えっ???????????????????これ…オジャパメン???????( ̄□ ̄;)!!」

 

 

 

さて、皆さんはどうだったでしょうか…。

 

 

そう…

 

僕を含む若くない日本人にとって

コレはどうしてもコレやろ!

 

オジャパメン! ナネガミオジョソ!!

 

そう、1996年当時「ダウンタウンのごっつええ感じ」でエンディングで流れていた

このメロディ!

このダンス!そして

この謎の歌詞!

 

コレが実は韓国アイドルの曲を空耳でカバーしたものだったとは…。

 

ある意味日本に初めて上陸した「元祖K-POP」と言えるのではないでしょうか。

 

 

しかし、僕はもちろん当時オジャパメンを聞いていた若くない日本人のほとんどは

やたらテンションの高いメロディにデタラメの歌詞を乗っけてうたっているだけの

単なるヘンテコソングだと認識していたというのが実際のところではないでしょうか?

どうですか?全国の若くない日本人の皆さん?僕はそうでした!

 

もちろん今のようにソーシャルメディアが発達する前の出来事。

テレビや新聞や雑誌などで報道されない情報は、

一般人にとっては存在しないも同然だった時代だということも一因でしょう。

 

しかし、本当に大きな問題はそこではないと思います。

 

つまり当時の日本人はこの曲を聞いて

「え?これ韓国語なんじゃね?」とはならなかったってことです。

 

もし中国語の歌を空耳で歌ったとしたら

「これ中国語では?」とピーンと来た人が多かったはず。

 

でも韓国語はそうじゃなかった。

つまり、20年前の日本人は

韓国語がどんな感じの響きを持つ言語なのか全く知らなかった

ということになります。

 

 

コレ、考えてみればすごいことです。

たった20年前です。

そしてすぐそこにある隣国です。

 

国交もちゃんとあったし、日本が韓国大衆文化を規制してたわけでもない。

(逆に韓国では日本の大衆文化は1998年まで規制されていました)

 

言うなれば鍵が開きっぱなしになっている隣のお店について

ほとんど誰も関心をしめしていなかったということです。

 

 

(ちょっと想像力を働かせて、20年前に韓国のコメディアンが日本のアイドルの歌を面白おかしく耳コピして歌ったとしたら…だれも日本語と気づかないなんてことが起きたでしょうか?きっとすぐに「イルボンの歌を放送するなんてケシカラン!」という声が上がったでしょう)

 

 

日韓の関係を語る時によく「近くて遠い国」なんて言葉が使われますが、

若くない日本人がちょっとは若かったころ、韓国という国は

「近いけどほぼ無い国」だったと言っても過言ではないのかもしれません。

 

 

そんなほんのちょっと昔の歴史を踏まえて現状を見ると

この20年で、韓国はあらゆる意味において日本人の意識の中でめちゃくちゃ存在感を増したんだなあということを感じずにはいられません。

 

 

ということで、最後は元祖オジャパメン、ソバンチャの原曲を聞きながらお別れです。

いいね!した人  |  コメント(9)

テーマ:

今日は韓国ではハングルの日、

長かった10連休もいよいよ終わろうとしています。(ノ_-。)

 

さて、秋夕に合わせて嫁はんの実家のある釜山に里帰りしてきたことは

前回の記事でも書いたとおりなのですが、

今回ひさしぶりに釜山に行ってきて、自分の中でちょっと感じるところがあったので

今日はそのことを書いてみようかと思います。

 

 

嫁はんの両親はすでに他界しているのですが、

釜山には兄弟をはじめ大勢の親戚が今も暮らしています。

 

その中に「ザ・釜山サナイ(男児)」という言葉がピッタリのお兄さんがいます。

釜山の男性は韓国人の中でも情に厚く喧嘩っ早い熱血漢のイメージを持たれていますが

まさにそんな釜山サナイを代表するようなお兄さんです。

 

話す言葉ももちろんバリバリの釜山弁。

しかもやたらと声がデカいので、普通に話しているだけで何だか怒られているような気がします。

 

こちらを聞いていただくと、どんな感じなのか

ちょっとは伝わるんじゃないかと思います。


 

 


 
 
昭和世代の方なら、この方のイメージそのものと言えばわかっていただけるのではないかと…。
{8BCAF7DC-10E3-4346-923D-EDC9562610ED}
 
 
とにかく強引で荒っぽくて、「デリカシー」という言葉からは
最も遠いところにいるようなタイプのお兄さんです。
 
僕は実のところ昔から親戚の中でもこのお兄さんがどうも苦手でした。
もちろん僕たち家族のためを思っての行動なのですが、
「ああしろこうしろ」ととにかくお節介で、頼んでもいないことをしようとするし、
ゆっくり考えたい話をサッサと自分一人で進めてしまって、ずいぶん振り回されたものです。
 
しかも前述したとおり、とにかく語気に釜山仕込みのドスと迫力があるので
反論することもままならず、結局押し切られてしまい内心迷惑に思ったことも一度や二度ではありませんでした。
 
ところが今回の釜山訪問で
自分自身の姿に新しい変化がありました。
 
それは、そんなお節介大魔王のお兄さんに対し
軽口を叩いたり
冗談まじりで口答えをしている自分を発見したのです。
 
「せっかく釜山まで来たんやから◯◯は行っとけ!アソコの✕✕は美味いから絶対に食わなアカンど!」
とか言われても
今までだったら「はい」とか「大丈夫です」とかしか言えなかったのが、
 
「え~でもあの辺って駐車するのが大変そうだしなあ、駐車料金お兄さん持ちなら行きたいですけど、でもどうせお兄さん飲むんでしょ」
的なことが言えるようになっていたのです。
 
もちろんお兄さんからは
「何言うとんねんアホか!駐車料金ぐらい自分で出さんかい!」
的な言葉が帰ってくるのですが、表情は妙にニヤニヤしてて
本気で怒っているというよりは、むしろこういうやりとりを楽しんでいるような感じすらするのです。
 
こういう口答えが出来るようになったことは
僕にとってかなり衝撃的な進化であり、驚きでした。
 
上手く説明することが難しいのですが、こういうやりとりを通して
「この人たちと家族になったんだなあ」
という感慨が湧いてきて、胸の奥のほうがじわっと温かくなるような感じがしたのです。
 
あ、そうかこれぐらい肩の力抜いて言いたいこと言ったりしていいんだ
という発見。
 
思い返してみると、今まで僕は「行儀よすぎた」んだと思います。
ガンガン僕との距離を詰めてくるお兄さんや親戚の人たちに対し、
よそよそしい礼儀正しさで知らず知らずのうちに壁を作ってしまっていたんだと思います。
 
その壁を一旦取っ払って
そっちがそう出るならこっちだって言いたいこと言わせてもらいますよ
的なスタンスを取ったほうが、逆にいい関係が築けるんじゃないか
そんな手応えがたしかにありました。
 
 
数多ある日韓夫婦のブログを見ていると、
配偶者の(あまりにも韓国的な)両親や親戚に対する愚痴を見かけることが少なくありません。
 
でも、それらの不満やストレスを当事者にしっかり伝えている日本人は
実はとても少ないように感じます。
 
日本人は幼い頃から「他人に迷惑をかけてはいけない」と教わって育ちます。
そしてその反動として「他人が迷惑をかけてくること」に対してもかなり神経質に反応しがちです。
 
でも、韓国人と家族として上手くやっていくためには
「適度に迷惑をかける方法」を身に着けたほうがむしろ上手くいく気がするし、
何よりも精神的なストレスがだいぶ軽減されるんじゃないでしょうか。
 
例えば「夫の両親が連絡もなく訪ねてくる!ありえない!」と憤るだけでなく
自分の方からも突然「お義母さ~ん!なんか急にお義母さんの料理が食べたくなっちゃったんです!今から行ってもいいですかあ?」と愛嬌たっぷりにメッセージ送ってみるとか…笑
 
え、そんなことしたら迷惑なんじゃ…と思うかもしれませんが
おそらくお義母サイドはむしろ嬉しいと思うし、本当にダメならダメと言ってくれるのが韓国。
 
それがいいか悪いかは別問題として
韓国では家族はお互いにベタベタ甘えるものなので、
勇気を出して甘え上手になってみるのもいいんじゃないでしょうか。
 
まあ、なかなか難しいですけどねw
 
 
 
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:

日本に比べて祝日が少ない韓国。

いつもゴールデンウィークやシルバーウィークのシーズンになると

日本の皆さんの楽しそうな様子を指をくわえて見ているのですが、

 

なんと2017年の韓国はちょっとすごい。

毎年旧暦8月15日の「秋夕(チュソク)」は「民族の祝日」とも呼ばれ

故郷に向かう帰省客で高速道路は駐車場と化しソウルはスッカラカンになるのが恒例です。

で、今年の秋夕は...

本日の10月4日(水)を挟んで前後2日(火・木)がお休みになるのはもちろん、

その前後の月曜と金曜も「臨時公休日」となり、

さらにさらに秋夕開けの10月9日(月)も「ハングルの日」でお休み、

ということで、9月30日から10月9日までの

史上空前の10連休

が実現したのです...!! ェエェェエΣ(´д`ノ)ノェェエエエェ

 

 

と、いうことで我が家でも

嫁はんの実家のある釜山へ行くことにしました。

秋夕の前後はめちゃくちゃ混む上に、地方行きのチケットも手に入れられないので

ちょっとだけ時期をずらして9月30日から10月4日までの4泊5日間の日程です。

 

どんなところに行ってどんなことをしたのか、例によってあくまでも雑にご報告。

 

 

まずは初日の早朝7時のソウル駅。

釜山行きKTXに乗っていざ出発!

車で行けば渋滞に次ぐ渋滞で10時間は覚悟しなくてはいけない行程ですが、

さすが韓国の誇る超特急。わずか2時間ちょっとで終点の釜山駅に到着!

 

駅に迎えにきてくれた親戚の車で実家に向かうのですが、

「せっかく釜山に来たんだからどっかに寄って行こう!」と言われます。

釜山にあってソウルには無いもの...そう、それは海!

ということで、海を見ながらのドライブと洒落込みました。

 

釜山在住のフォロワーさんたちとのオフ会!

日本人も韓国人もいろんな人たちが来てくれました^^

「釜山に住むと日本人も訛る」ということがよくわかった時間でしたw

 

おっと釜山と言えば忘れちゃいけないのが「テジクッパ」!

ここは釜山近郊の金海の高校で先生をしている友人J氏イチオシのお店。

テジクッパ評論家を自称する氏のオススメだけあって、

豚肉をこれでもかと言うまで煮詰めた濃厚トンコツスープにニンニクがどっさり。

見ているだけでも元気が出て来そうなビジュアル。もちろん味も最高でした。

 

 

 

家族でちょっとした市内観光もしました。

断言形の日本語が物凄い圧で迫って来る国際市場

すぐ隣りにある南浦洞は古くからの繁華街。

ソウルとはまた違った混沌とした熱気が渦巻いています。

屋台での買い食いがとてつもなく楽しい街でもあります。

 

最近はソウルでも人気の「シアッホットク」もここが元祖!

 

実家が野球場のすぐ近くにあり、

ちょうどホームチームである「釜山ロッテジャイアンツ」の

シーズン最終戦があったので、嫁はんと二人で野球観戦もしました。

20年ぶりの地元での観戦に嫁はんは大興奮。

 

ロッテジャイアンツは応援が熱狂的なのが有名です。

まあ「阪◯ファンのようなもの」だと思っていただければ早いかとw

 

8回ぐらいになるとどこからともなくオレンジ色のビニール袋が配られ

それをこんな風にかぶって応援するのがロッテジャイアンツの格式高い「伝統」です。

試合結果は...4:2でLGに快勝!

ちなみに負けたときのガラの悪さも「阪◯ファン」っぽいので、

勝てて本当によかったですw

 

今回は日程に余裕があったので

親戚の車を貸してもらって、あちこち郊外にも足をのばしました。

世界遺産となっている慶州の仏国寺とか。

 

故・盧武鉉元大統領の実家がある峰下村とか。

 

そしてここは...

あれっ、日本???

ではなく浦項市にある九龍浦という漁村。

日本統治時代に多くの日本人が移住したときに作られた街並が

残され(というか放置されていた)、最近日本コンセプトを打ち出した観光地として脚光を浴びています。

あちこちで着物や浴衣姿にコスプレした韓国人の若者の姿を見ることができます。

ほんの10年前にはとても考えられなかったことであり、

韓国も変化しつつあるんだなあ...ということを考えさせられました。

 

 

 

もちろん遊んでばかりいたわけじゃありませんよ!

しっかり秋夕の準備もしました。

秋夕当日の朝にする「茶礼」という儀式のためのお供え物の準備、

これが秋夕のメインイベントと言っても過言ではありません。

 

まずは市場で買い出し!ものすごい人でごった返していました。

 

帰って来たらひたすら揚げる、揚げる、揚げる

You can fry, You can fry, You can fry!!

 

数時間におよぶ油との死闘が終わり(食べてもいないのに胸焼け)

 

翌日はこんな感じに

ということで、めでたく親戚そろって秋夕を送ることができました。

 

この秋夕に関してはまだまだいろいろ書きたいことがあるのですが、

それはひとまず次の機会にということで...。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
はいっ!今年も行ってきました!
毎年恒例のあのイベント
 
{5AE65A2D-45A8-46F3-AD0B-4B4A26D3B0E7}
 
日韓交流おまつり!ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!

 
ではお祭りの様子をあくまでも雑にご紹介。
 
 
10年ほどまえからは日本と韓国の両方で開催されているこのイベント、
日本はK-POPのシークレットコンサートなんかで盛り上がっているようですが…
 
ソウルの日韓おまつり名物と言えば…
{239717E1-A851-4D6C-8699-CC5E7B97FBD6}

はい、コスプレ!

 

image

日本のアニメやゲームのキャラに扮した韓国のコスプレーヤーさんが
会場のあちこちを闊歩!
 
{D8EEC6AF-95D4-4502-AE1B-9E736DF67453}

 

着物きものと韓服セットンチョゴリのコラボ!

 
 
中にはこんなコスプレも…
image

 

日の丸日韓共同警備区域…韓国

 

それにしても

日の丸日の丸をつけた自衛官のコスプレを韓国で見られるってのは

なかなか色んな意味ですごい気がします…。

 

 

image

おっとこちらはコスプレではなくて

2018年平昌オリンピックのマスコットキャラ(お名前失念…)

 

image

ステージでの講演に…

 

 

 

各自治体のPRブースも!

{373A5EA6-D02B-40B8-9A13-3F11444CCEBD}

 

滋賀と京都

 

 

とここでいきなり声をかけられたので振り返ると

{AE45C2E1-7698-42D5-B174-F59CBF775D0C}

 

現在は愛媛県庁に勤務中の古くからの友人(韓国人)の姿が!

出張という名の里帰りってとこですねw

 

ということで愛媛ファイティンみかん

{70ECBE5B-1F86-455B-BDDD-739D9A538FE3}

 

 

 

見るだけじゃありません。

日本文化を体験できるコーナーも充実!

 

ということで僕は

{8647DA64-3091-4007-AE8C-A8B506E5094C}
ポケモンカルタに挑戦…!
 
あるポケモンの特徴が韓国語で読まれて
その情報をもとにお札をGETだぜ!という感じなのですが
{5169E137-C230-463A-B64E-276A83D34EA3}
難しかった…。
 
ポケモン世代じゃない僕にはかなりハードでした…。
 
あとは紙コップけん玉とか
{6AC1E50E-76A9-4375-B6E8-A7E907786CF9}
 
ふらっと立ち寄っただけなのですが、なんだかんだ楽しめました。
 
 
なにかと課題も多い両国の間で
このお祭りが12年も続いていることの意味は決して小さくないと思います。
 
 
来年も楽しみです^^
 

 

いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:
以前
「韓国に来ている日本人学習を集めて、韓国語を使って市場で買い物をしたり、買ってきたもので韓国料理体験が出来たりするイベントがあったら面白そうじゃないかな?」
と考えツイートしました。
 
すると予想以上に「ぜひ参加したい!」という反応があったので…
 
 
やることにしました!
{949DA62F-0A80-4754-A928-156822C976CB}

会場としてお借りしたのはソウル市が運営する

「ソウル50プラス」という施設。

ソウル市各地にキャンパスがあるのですがその中でも

  • 大人数で料理体験のできるキッチンスペースがある
  • 近くに地元感あふれる市場がある

という条件を満たす「西部キャンパス」を使うことにしました。

 

場所は地下鉄3号線と6号線が交わる「仏光駅(なんともありがたいお名前)」から

徒歩5分ほどの距離です。

 

 

今回の参加者は14名!(+僕を含めたスタッフ3名)

語学堂生、交換留学生、正規留学生、ワーホリ、主婦、会社員などなど

韓国滞在歴もお仕事も住んでいるところもてんでバラバラのみなさん。

 

まず出席チェックをしてから、3~4人の小グループにわかれてもらい、

くじを引いてグループで作る料理が決定します。

 

ちなみに今回は、

오징어볶음(イカの甘辛炒め)

잡채(チャプチェ)

궁중떡볶이(宮中トッポッキ)

파전(いわゆるチヂミ)

です。

 

料理が決まったら作戦タイム!

{8259760D-ED75-40F7-A073-8E9174D3D7E7}

 

各チームに支給されるお小遣い2万ウォン以内で

どんな材料をどれぐらい買わなくてはいけないか、

そのためにはどんな単語、どんな表現が必要か…などを話し合います。

 

そして話がまとまったチームから市場へ出発!

 

いってらっしゃーい!ヾ(@°▽°@)ノ

 

 

↓一人残り全員分の米をとぐワタクシ

{4F6379E9-93F0-441B-B615-486D5D0BC48E}

 

 

 

 

さて、参加者のみなさんがやってきたのは

仏光駅付近にある「大棗伝統市場(대조전통시장)」

観光客など全くいない、地元民による地元民のための

ローカル感しかないようなフツーの市場です。

{BEDC956D-B14A-42B8-9407-592450FBB687}

 

 

お店の人と一生懸命交渉中!

(韓国は基本的に売っている分量が多いので、ちょっとだけ買いたい時などは交渉力が必要になります)

{D9B8DB92-E50E-4BA4-A007-341076755B0D}

 

普段韓国の市場に足を運ぶことがあまりないという参加者がほとんどで

慣れない雰囲気に四苦八苦しながらも、それでも買い物を楽しんでいるようでした。

 

 

 

市場で材料を買い揃えたら、キッチンに再集合!

いよいよ調理スタートです!

{F927EBD8-D351-43A3-88FA-ED5FBA10E65F}

 

 

素晴らしいチームワークを発揮するグループもあれば

{B45BAF55-21AB-41AD-B07F-9FD738D0ECDC}

 

 

 

「あれ?粉の分量これでよかったっけ?まあいいか、袋に戻しとこ」

{B18F1CCB-34F1-4634-9D9B-D2A5C6023641}

 

いろんな意味で目が離せないチームもあったりして

 

 

ワーワーキャーキャー歓声と悲鳴が交互に響いてくる賑やかな雰囲気の中、

各チームの奮闘は続き…。

 

 

そして1時間後!

 

ついにそれぞれの料理が完成しました

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

 

ではご紹介しましょう。

 

Aチーム 오징어볶음

{EBB64CE0-DE0E-4081-9DE4-55938EACFA0D}

 

 

Bチーム 잡채

{41217C6B-7D16-4577-8FAC-B7A5ED576B1E}

 

 

 Cチーム 궁중떡볶이

{BB9D49DC-82CF-4F93-8686-0DADF909C943}

 

 

Dチーム 파전

{618876E5-0603-44BB-B7CF-A2D926E8C396}

 

 

 

ただ作るだけじゃ面白くない、ということで

それぞれのチームの料理をツイッターにUPし、

アンケート機能を使って「どの料理が一番美味しそうか」聞いてみることにしました。

 

 

ではでは、いただきま~す!!

잘 먹겠습니다!!

{71393400-D5CF-46B8-9E9D-3217766CAF4D}

 

 
一つ一つ食べ比べてみたのですが、
どれも想像以上に…というと失礼ですが
本当に美味しかったです!
 
みんなお腹がすいていたというのもあって、
食べ残しもほとんどなく、すっかり平らげてしまいました。
 
ほとんどの参加者が今日初対面同士だったのですが、
買い物や料理を一緒にしたことですっかり打ち解けて和気あいあい
 
あれも美味しい!これも欲しい!とめちゃくちゃ盛り上がっていました。
 
 
美味しく食べた後は、後片付けタイム
「日本人が使ったらめちゃくちゃ汚くされた」と言われたらイヤなので
来た時よりも美しく!とみんなで頑張って掃除しました。
 
料理の残りはタッパーに入れて必要な人に持って帰ってもらい
これにてイベント終了~!
 
 
 
さてさてさきほどのアンケート
気になる結果は…。
 
 
{1FCDE3FC-C287-4DEF-9094-1FF9796D31E4}
Dチームのチヂミが優勝!
ワーイヽ(゚∀゚ヽ 三 ノ゚∀゚)ノワーイ
 
 
実は作ってる時一番ドタバタしてたチームだったのですが、素晴らしい結果
おめでとうございました!
 
 
今回はふとした思いつきから始まったイベントだったのですが
優秀なスタッフにも恵まれ、想像以上に楽しいものとなりました。
 
参加してくださった皆さんはもちろん、
ソウル50プラスの職員の皆さん、市場のみなさん、
そしてアンケートに答えてくださったみなさん、
本当にありがとうございました^^
 
これからも思いついたことはできるだけ実現していこうと思いますので
ぜひぜひお楽しみに。
 
 
では、最後に皆さんで
{6B0C8AF4-94C2-4918-B1C3-24E31A80749E}

 

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
先日、在韓日本人の友人から
「ゆうきさん!今度の日曜日にソウル競馬場で武豊が走るらしいですよ!行きませんか!?」
というメッセージ。

競馬にそんなに詳しいわけでもない僕でも
数々の記録を打ち立ててきた日本競馬界のレジェンド騎手
武豊のことはもちろん知っていましたし、
僕と同じ滋賀出身ということもあり勝手に親近感も感じていました。

で、やってきました。
{DBBE5A81-0170-4CEE-98CC-557D641AB61C}

2017 Korea Cupが開催中のソウル競馬場!

いつもは入場料2000ウォンがかかるのですが、この日は無料!o(^▽^)o

 

着いたのは第6レースが終わったころ。

武豊が出場するのは次の第7レースと第8レース。

 

トラックの大スクリーンには

{E6C76124-9CD4-4AB3-8264-625A71A39ABE}

 

おおお!まごうことなき武豊の姿が!

 

「パドックに行ってみましょう!」

という友人に連れられてパドックへ

 

そこには...

{6972326A-8150-4529-8ED5-F36F237BA8AB}

 

ナマユタカ!!!

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

 

これは僕も馬券を買わねばなるまい!ということで

2000ウォン分(みみちい)の馬券を購入。

予想はもちろん単勝で7番武豊!!!

 

選手紹介!日の丸をバックに映し出される武豊の勇姿!

{CE5FE682-E1B9-4FFE-AAEE-28396D34EFD1}

 

このシチュエーション、かなり胸アツですww

馬券を握る手にも思わず力が入ります!

 

 

そんなこんなでレーススタート!!!

 

走り出しは3番手ぐらいをキープしていた武ですが、

{295A80D7-7123-490E-899F-3070555E9CDC}

 

残り500mの最終コーナーを曲がったところで!

 

{CA041985-9542-423F-B241-E347C2D56D44}

 

きたきたきたきたきたきたきた!!

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

 

 

 

{43214E82-A42E-47B4-8A0D-1F0D93C24460}

 

ソウル競馬場でぶっちりの1着!!!!!

観覧席に飛び交う歓声と悲鳴wwwww

 

あの!武豊が!

この!ソウルで!

堂々の一位!韓国の競馬ファンの脳裏に

しっかりとその名前を刻み込みました!

いやあ、まさに歴史的な瞬間を目撃した感じがして鳥肌が...。

 

ヒーローインタビュー!

{1666CC38-2B4D-4606-B18F-17D370EA5C8E}

 

 

いい笑顔

{50494096-E896-46BA-8176-810D2ED3D496}

 

 

おめでとうございます!

{20BDE11F-A6A0-4FE1-A807-64D395DB118E}

 

 

そして僕は...

2000ウォン×12.5倍=2万5000ウォン

ェエェェエΣ(´д`ノ)ノェェエエエェ

 

 

こ、こんなことなら10万ウォンぐらいつぎ込んでおくんだった...!!

よ、よしここで獲得した配当金を次のレースに全部...!(アブナイ)

 

 

ナマで武豊も見れたし、予想は当たったし、

なんとも気分のいい日曜日となりました。

誘ってくれた友人に感謝です。

 

 

おまけ

{57AB70C0-3C75-4743-90CA-33647CB0C9D0}
レース後、僕はよく知らないアイドルが記念コンサートを開いてて
競馬場のガチ勢とはまた全然異なった野太い歓声が飛び交っておりカオスでした。
(一緒に行った次女によるとLABOUMというグループだそうです)

 

 

 
 
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
ある日のソウル。
 
 
歩道がこんなことに。
{B158ABA1-F40D-40C9-B270-0579E9416F82}

多分お店の改装かなんかです。

 

毎日毎日目まぐるしく街の表情が移り変わるソウルの街。

こんな風に工事によって歩道が占拠されているのは日常茶飯事。

 

では、歩行者はどうやって渡るのか?

 

 

正解「気をつけて渡る」

{1675DA3E-BC81-44CE-8D27-F7C16F8F3C38}

 

 

 

では…

{91C6A026-269E-468F-BE87-3C71D5AE672B}

 

こんな風に歩行者の頭上で作業してる場合はどうすればよいか?

 

 

 

 

 

正解「気をつけて渡る」

{CBC4DB61-0E1A-4226-AA98-5D7A4057267A}

 

 

 

 

気をつけて渡る

{1A3B7D2F-4402-4586-B560-0691520C0BFA}

 

 

 

気をつけて渡る

{77D08085-99A8-49C3-A3ED-0408C243B993}

 

 

 

 

気をつけて渡る

{93C775EE-FFDC-4BDE-BB80-C3C5BEBE2E09}

 

 

 

気をつけて渡る

{DD80C018-8385-4BA3-8673-70DAA706BCE9}

 

 

 

気をつけて渡る

{B7738917-7F8A-45F3-9EE2-185044615A11}

 

 

 

 

 

みなさまお気をつけて。

{333C4E02-35F9-4E8D-B857-0BAF37540E5F}

 

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。