民営文化センター

民営文化センター

少し変ですが民営の公民館です。

 

 

  その1 小学生の頃、我が家の庭に近所の大工の棟梁が作業場を設け仕事をしていました。

 

  学校から帰った私は、人間国宝的な腕前を毎日のように見学しているうちに、日本建築のあらましを理解しました。

 

  大工仕事の技術面に興味を持ち、やがて設計の方に興味が移って行きました。

 

  結果的に自分の設計で4戸が実現しました。

 

  その2 昭和30年代は作文教育が盛んで、ガリ版刷りの学級文集を生徒自身の編集で作っていました。

 

  当時の編集の楽しさは今もハッキリ覚えています。

 

  その3 古くは、中央公論社、岩波書店などの歴史全集がもてはやされた時代がありましたが、ノン・アカデミックな著者の本が80年代には人気でした。

 

  それらは正史の嘘っぽさを暴くのが常で、それらが古書店に出回りだした頃、私は『法隆寺は移築された』に出会たのです。

 

  その4 米田良三氏は新泉社から4冊出版したものの、(社長交代他、何か理由があって?)持ち込んだ5冊目の原稿は断られました。

 

 

  建築に関する興味、編集能力、野史的嗅覚、社会情勢が微妙に絡まり建築史学シリーズ(完全・愛蔵・永久保存版)4冊は完成に近づきつつあります。

 

  振り返ってみると、

The life work is like this!”です。

 

  米田良三氏と現地に赴き「倭国長谷寺跡発見」をアシスト出来たのは私の誇りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用 (全文はここをクリック)

 

【今、日本列島で衝撃的な発見が相次いでいる。】

 

まず最初に山口県下関市の西端、関門海峡を目の前にする彦島から、奇妙な模様=「ペトログラフ」を刻んだ石が次々に発見された。

 

解読を進めるにつれ、驚愕の事実がわかってきた。

 

なんと、それは、シュメールの古代文字だったのである。

 

さらにこの後、ペトログラフは、九州北部と山口県西部の各地で相次いで発見された。

 

このペトログラフの発見のニュースは、日本国内よりも海外でより注目され、高く評価されている。

 

日本のペトログラフ研究のパイオニアである吉田信啓氏は、アメリカ岩刻学会が主催する国際学会に初めて招待された時の感想を次のように述べている。

 

「欧米の学者が環太平洋にペトログラフがある以上、日本列島にも当然ペトログラフが存在するはずだという仮説を立てていたところへ、私が日本の資料を持っていったのである。

 

彼らの仮説を証明する形になって、休憩時間にも質問ぜめにあい、コーヒーを飲む暇もなかった。

 

海外でこれほど大きな反響があるとは、最初は全く思ってもみなかった」

 

投稿者 tanog : 20200514

 

 

先月UPした「土屋太鳳のデビュー作の舞台  水窪MISAKUBO)」に登場する水窪石に彫られているのもシュメールの古代文字と見られている。

 

コロナの東京に見切りを付けて水窪に移住する若者はいないか?

 

 従来の町おこしの概念をはるかに超えた新しい生活を築こう。

 

当初はドラマ「北の国から」のイメージに近いかもしれないが、やがてギャップは克服できるだろう。

 

その気になれば、いつだって東京に行けるのだ。

 

何しろ、あそこは浜松市なんだから。

 

勝手 水窪応援団からのメッセージでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 前回は半ば冗談で“最近、国会議事堂内で交わされることが多い会話”と書きました。

 

 

でも、これは冗談抜きで、現在進行形の本当の出来事? とネットがざわめいています。

 

 

一般国民が神経質を強いられている最中、アビガンを手許に置き平然としていられる彼ら。

 

 

そんな特権ムードが たまらなく好きなのでしょう。

 

 

上級国民は完璧に守られています。

 

 

ラジオ・ニュースではアビガンについて僅かに触れるものの、副作用については“永久に妊娠不能”(男の側としても)と脅します。

 

 

朝シャンブームの頃、シャンプーに小細工した奴らと同じ穴の狢の仕業でしょう。

 

 

自分たちは高みの見物で、再々度の謹慎生活を国民に強いるとなると、さすがに大人しい倭国民の末裔も黙っていないでしょう。

 

 

「壬申の乱」の勝ち組の支配は限界に近づいています。

 

 

アビガンについて医学・医療界は神経質になっているはずです。

 

 

本来なら切り札的薬剤の登場は喜ぶべき事なのですが・・・・

 

 

現在、原因不明の難病とされる多く(病名は付けるが治療法がない)がウイルスのせいだとしたら、アビガンはすべてを平定する可能性を秘めています。

 

 

関節リウマチを始めとする膠原病のすべて、治療がお手上げ状態の神経内科領域の疾患など、すべてが解決してしまったら・・・・

 

 

 もう一つの医療崩壊の契機となり得るかもしれません。

 

 

妄想なのかもしれませんが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昔のネガ・フィルムを整理していたらKen Rosewall

の写真を見つけました。

 

1970年代中頃、田園コロシアムの練習コートで目  と鼻の距離で撮ったものです。

             

 

ボール1個分の誤差のプレースメントは圧巻でした。

どれくらい凄いプレーヤーだったかは次の動画をご覧ください。

 

 このブログにUPした名選手。沢松和子神和住 純坂井利郎石黒 修 他

 

 

  こちらは当時、明治神宮コートで試合中の迷選手

 

 

コロナ騒ぎで書店に望みの本が届かない、アマゾンもフット・ワークが悪い、図書館も閉館だ。

 

 

新しい本が手に入らず苛立つ貴方、『建築史学入門』を読んでみませんか。

 

 

この米田建築史学シリーズ全4冊の第1冊目は大和朝廷成立以前、大宰府を首都とした王朝を総論的に建築家の目を通して論じています。

 

 

一寸読み応えがあるのですが、はまる人が増えてきました。

 

 

内容に納得できるまで1年以上要するかもしれません。

 

 

2~4冊目は各論的ですので、まず1冊目にチャレンジしてください。

 

 

詳細はAB&JC PRESS のホームページをご覧になって、Gメールでお問い合わせください。

                                      abandjcclub@gmail.com

 

 

在庫が16冊ですので、残部の確認が必要です。

 

 

今回は試みに振込用紙を同封してお送りしますので、お届けから1週間以内に御送金(送料込み・ネット・バンキング利用可)願います。

 

 

尚、本書は今後も書店に並ぶことはありません。