Powered by MUSIC!~サラリーマン作曲家の奮闘記
【主なWORKS】
■高橋みなみ 「瞳の扉」 作曲  【タイアップ】スマーフ2日本語版主題歌
■AKB48 「次のseason」 作曲  【タイアップ】GREE『AKB48 ステージファイター』CMソング
■山下智久 「Dance Jam」 作曲
■BRIGHT 「Missin' U」 作曲
■パスラボ山形ワイヴァンズ アンセム 「Enter The Wyverns」 作曲
  • 13Oct
    • 1,000万回再生突破!

      BNK48のTsugi no SeasonYOUTUBE再生回数が1,000万回再生を突破!!!音楽業界は着実にストリーミング配信にシフトチェンジしている中で1,000万回再生突破は嬉しいニュース。そんな僕は腰痛で寝込んでますが(笑)曲は元気に海外で働いてくれてます^^;

      3
      テーマ:
  • 09Sep
    • audio artchitecuture

      週末にmidtownの21_21へ。audio artchitecutureなる企画展を観て来ました。WEBのUI第一人者の中村勇吾氏音楽は小山田圭吾氏など各ジャンルの錚々たるメンツが揃った展示ということもあり、どうしても観ておきたかった。ここまで大胆に音楽をフューチャーした展示ってはじめて観たので、まずそのアプローチだけで面白いなぁと感じた。音楽の建築っぽい部分を音楽以外で表現しようという試みがどの程度のものか。。実際に訪れて体感してもらうことをオススメしたい。だって音楽は感じるものだから。

      5
      テーマ:
  • 31Aug
    • うれしのまさみちのま

      あのテレビ史上に残る名作番組「水曜どうでしょう」の名物ディレクター嬉野さんの初冠番組「うれしのまさみちのま」がアクトビラで8/29より独占配信されたのですが私、光栄にも音楽を担当させていただきましてテーマ曲を制作させていただきました。■番組情報、視聴方法などhttp://actvila.jp/special/ureshino_masamichi_no_ma/この番組を拝見させていただいた時に「まるでファンクのセッションみたいだなぁ」「METERSみたいにシンプルなニューオリンズFUNKがハマるかもなぁ」直感でそういう感想を持ちました。嬉野さんといえば、やはり「旅」あるいは「移動」なのでライクーダー的な世界観も面白いなぁとか頭から血が出るほど考え続けて今回の仕上がりとなりました!どうぞご贔屓に!

      4
      テーマ:
  • 13Aug
    • YOU TUBE

      BNK48の「Tsugi no season」のYOUTUBE再生回数がまもなく400万を突破しようとしていて心底驚いた。本家の「次のseason」ですら85万くらいだというのに。。BNK48の勢いのすごさに驚くのともう一つはタイの音楽視聴方法の違いがあるのではないかと。タイの音楽ビジネスを調べるとスマホなどのオンライン端末がかなり普及していて音楽はCDではなく配信(スマホ)で聞くというスタイルが出来上がっているようだ。配信が主流というのは世界的なトレンドだしそもそも日本でもCDで音楽聴いている人がどれだけいるの?みんなスマホで聞くでしょ。というのが現状だから。本格的な配信時代を迎えて作曲家としてもいろいろ考えていかないとなぁ。

      1
      テーマ:
  • 22Jul
    • BNK48

      前回ブログにも書いたけど「次のSeason」こと「Tsugi no season」を歌ってもらってるBNK48。YOU TUBEなどでその活躍ぶりを見せてもらっている。(「Tsugi no season」は2期生が歌ってくれているようだ)何よりも僕は彼女たち(2期生)のバンコク市内で行われたデビューイベントでの「Tsugi no season」のパフォーマンスを見て驚いた。というか胸が熱くなった。「AKB48とは高校野球である」と絶妙な表現をした人がいるけどまさにそういうAKBの真骨頂みたいなものがしっかりと表現されていると思った。内野ゴロでも一塁ベースにヘッドスライディングするかのような全力プレー。これこそがAKBの真骨頂なんだと思う。最近AKB劇場の牧野アンナプロデュース公演で見させてもらった「次のSeason」もAKBらしさが出て良かったけど、BNKの「Tsugi no season」はまた違った輝きを放っていて、現地で見たわけではないけど僕はすっかりファンになってしまった。この輝きを持ちながら、さらなる活躍を応援したいと思う!

      5
      テーマ:
  • 18Jul
    • BNK48「Tsugi no season」

      バンコクでBNK48が立ち上がって、恋するフォーチュンクッキーでブレイクしつつあって、タイの王女がそのダンスを踊ったとか、そういう話は耳にしてたけど。まさか僕が作曲した「次の season」こと「Tsugi no season」が歌われていて、次のシングルにカップリングとして収録されるとは!数ある48の歌の中から選ばれるというのも驚きだ。僕が作った曲が海を越えて、違う文化圏で歌われていてそれを聞いてくれている人がいるなんて嬉しいなぁ~

      3
      テーマ:
  • 12Jul
    • 息子のメロディ

      僕にはもうすぐ4歳になる息子がいるんですが、彼は最近どうやらオリジナルと思われる歌を歌っている。血は争えないなとwっていうか我が子ながらやるなぁと。よ〜く聞いてると、彼のお気に入りの歌が随所随所に混じっていることに気づいた。そこで思ったのは、やはりゼロから生み出されるものってないのかもなぁということ。彼が聞いてきたメロディなり、歌詞なりが土台となって生み出されているんだと。そういうことを素直に認められると、随分と曲作りって気持ちが楽になる。そう、新しいものを生み出したかったら、どんどんインプットすれば良いわけだ。でも天才と言われる人たちは違うのかもね。

      2
      テーマ:
  • 26Jun
    • Beastie Boys

      たまに無性に聴きたくなるBeastie Boysなんだろうなぁ、、たまにポテチが無性に食べたくなる的な、ジャンクフードを求めるマインドというか。この自由さ!ホント素敵!僕の考えるHIP HOPのカッコ良さってシンプルな(できればちょっとダーティな)ビートの上に何人かでマイクリレーしていく、サビ(メインのverse)でみんなで声を合わせる感じだと思ってて。WU-TANGもそう、Public Enemyも、いろいろあるよねぇ。そういうカッコ良さのMAXがBeastie Boysだなぁ。こういう事言うと元も子もないんだけど、文化的背景とか、言葉含めて彼らが伝えようとしているメッセージに関するリアルな部分は理解できないことが多いじゃないですか。でもこのマイクリレーしていくテンションとか、見た目のカッコ良さはそういうことが分からなくても十分楽しめる。そう単純にカッコイイんだよ。最高です。

      2
      テーマ:
  • 01Jun
    • 是枝監督の本

      最近、劇伴っぽい仕事をさせていただく機会があり。映像制作というものに興味が出てきている自分がいて。この本を借りてみた。とっても面白くて、かじりつくように読んでます。作曲においても参考になる部分が多い。

      2
      テーマ:
  • 21May
    • 鎌倉

      昨日は久しぶりにゆったりと休暇。鎌倉へ行ってきました。暑すぎず、むしろ少し風が冷たいくらいで。ヨコシマな親子ルック。

      1
      テーマ:
  • 21Apr
    • 4.8ライブ その他楽曲

      4.8ライブイベントより他の楽曲もアップしましたのでご紹介。■EVERYBODY結成当初の楽曲。初めてのライブで最後の曲だった記憶が。。■I don't make you cry少しずつメロディックになり始めた頃の楽曲■JANIS日本語の歌詞にも挑戦し始めた頃の楽曲。

      4
      テーマ:
  • 11Apr
    • GOLGO

      4/8に主催させていただいたイベントで大学時代に組んでいたバンド「GOLGO」で18年ぶりにバンド演奏。セットリストとしては全部で4曲演奏したんですが、その中から1曲「心に花を」をYOU TUBEで公開しました。約20年前に作った曲だけあって粗さは目立ちますが、間違いなく僕の作曲家としての原点がこのバンドにはあります。全員40歳になってあの頃より倍、歳をとった今、新たにゆるりと活動していきたいと思ってます。秋頃にまたライブをやる予定なので、また改めて告知させていただきます。

      1
      テーマ:
  • 01Apr
    • 来週4.8は久しぶりのバンド演奏

      今日は来週のライブイベントに向けて最終調整。僕の作曲家としての原点といえる学生時代のバンドを約20年ぶりに再開します。お時間ある方は是非お越しください^ ^▼フジタロックフェスティバル2018■日時:2018年4月8日(日)   開場:13:30 開演:14:00■場所:Leaf room豪徳寺http://bandman.jp/shimokitazawa/leaf-room-gotokuji/■料金:DOOR ¥1,000円+ドリンク2オーダー

      1
      テーマ:
  • 17Mar
    • 真空管交換 VIZION 12AX7V

      ボーカル、ギター用に使っている愛用のプリアンプTube MP StudioV3ノイズがひどくなってきたので真空管を交換。ネットで調べて良さげなものをチョイス。さて、期待する音になるのかしら?

      1
      テーマ:
  • 02Mar
    • 【ライブ告知】FUJITA ROCK FESTIVAL2018

      だいぶ春めいてきましたね~。来月4/8(日)14:00~@豪徳寺Leaf roomにてゴルゴというバンドでライブをやります。大学時代の仲間が集まってやるイベントですが出演者はほぼ現役のミュージシャン揃いなので面白い音楽が聴けると思います。お時間ある方は是非!※イベント詳細情報https://www.facebook.com/events/384117758719974/<出演者情報>①ブロッコリーズメンバーがスゴくてVOのザコさんはスカバンドONE TRACK MINDのリーダーでVO。ギターのヒロトさんはFC FIVE(今は解散)というハードコアバンドで活躍された方。その筋では超有名なお二人によるユニット。どんな音になるのか楽しみです。②STRAW2年後輩のエザワがVO。メンバーは時と場合によって変わるそうですが、今回は打ち込み機材を持ち込んでソロでやってくれるそうです。僕が最近彼のライブを観たときはハナレグミ的な世界観のサウンドでしたが、今回は如何に。。③アイスリーズメンバーのツルタ、ダイスケは2年後輩。ベースのダイスケはリットーミュージックのBASSマガジンのライターとしてレッチリのフリーとかラリーグラハムに会ってインタビューしたというトンデモナイ男。大学時代から面白いベースを弾いていたのでどういうサウンドになるか楽しみ。④セクシーパンサー今回出演者で唯一?メジャーデビューを果たしたことがあり今も活動を続ける結成20年くらいのロックバンド。今回は学生当時の旧メンバーで演奏してくれるらしい。ボーカルのタマイコは竹原ピストルとツーマン公演するなど、ソロシンガーとしても活躍。ブレイク寸前とか何とか。。⑤ゴルゴ僕の作曲活動の原点とも言えるバンド。大学生になってジミヘンとかキザイアとかシアターブルックとか黒い音楽に影響され始めたころにはじめたバンド。今回は山Pの共作をした後輩の星野にKEYBOARDとして参加してもらい、コーラスには偶然、僕が作曲で参加した高橋みなみのシングルCDでartworkを担当した同じく後輩のイクちゃんにも参加してもらい6人編成で演奏します。ベースのカマは本当かどうか知らないが今や「浅草のドン」と言われるほど浅草の音楽シーンでリーダー的存在らしい。ドラムのトクさんも多くのバンドで経験を積んできている猛者。ギターのコタケは現在AWSのエンジニアで学生時代に何やら影響を受けた人物。⑥タンゲさん、プリンスさんお二人は1年先輩で、僕が1年か2年生の時にジャネットジャクソン、プリンスのカバーバンドにベースでお誘いいただいて参加したことがあります。僕のバンド経験の中でもジャネット、プリンスをバンドで演奏したのは後にも先にもこれが唯一。未だに演奏した感覚を覚えてます。タンゲさんはお寺の住職をされていて説法の時にギターを弾くとか弾かないとか。。メディアへの露出も増えているそうです。プリンス好きのプリンスさんと、ギター住職のサウンドがどうなるのか?

      1
      テーマ:
  • 10Feb
    • 贅沢な時間

      今月のブルータス、最高ですね。コーヒー飲みながら、ギター弾きながら、iTunes聞きながら、で、贅沢な時間を過ごしてます。山下達郎氏が紹介する音楽をiPhoneひとつでサクっと検索しながら聴ける手軽さって超楽なんだけどね。なんかねぇ。手軽過ぎて、むしろ罪深いなぁと。レジェンドたちの音楽が近所のスーパーに並んでるような感覚っていうのかなぁ。僕が学生の頃はこの手の情報を得るとバイトとかで資金を貯めてレコ屋へわざわざ探しに行ってたんだもんなぁー。今じゃ信じられない。でも労力をかけて得た情報って大事にするからその情報を自分に吸収しようとするパワーが違うんですよね。高校の頃に夢中で集めたカーティスメイフィールドのレコードたちは今でも体に染み込んでいるし。とか思う週末。

      4
      テーマ:
  • 06Feb
    • 「闇」に関する話

      アップルミュージックのオリジナルコンテンツとして配信されているオザケン氏がホストの「Tokyo, Music & Us 2017-2018」。ゲストが峯田和伸氏の2話目の配信が最近あってその中で暗闇ってスピリチュアルだよねみたいな話の展開があり。前回投稿した吉祥寺の居酒屋「闇太郎」を思い出した。闇太郎。。居酒屋らしくないネーミング。たぶん大将は1万回くらい聞かれているだろうけどネーミングの由来を聞いてみた。酔っ払っていたので正確には覚えていないんだけど(笑)でもオザケン氏や峯田氏が言ってることに近い気がした。賑やかなで明るい繁華街から離れたところであえて「闇」を作る面白さ。大将は「逆張り」って言ってたかな。しかもこの店、窓ガラスはスリガラスで中が見えない。僕も紹介されなかったら入るのにかなり勇気がいった。今の飲食経営の常識を完全にシカトですよね。けど46年もの間、経営しているし、ファンもたくさんいて特に漫画家や役者、ミュージシャンといった人たちが好んで集うらしい。駅から離れていて不便なのに!暗闇が生み出す不思議な力に惹かれるのかもなぁ~。って感じながら聞いたオザケン&峯田氏による「ある光」の演奏は本当によかった!

      1
      テーマ:
  • 02Feb
    • グラミーと闇太郎

      昨夜、楽曲制作(コライト)のMTGがあり吉祥寺に行ってきた。その道中、グラミー賞の見逃し配信をWOWOWオンデマンドで見ながら。まぁ音楽に携わっている人は観ている人が多いと思うけど改めて思ったのは「音楽って素敵だなぁ」と。冒頭のケンドリックラマー、自由の女神の前で歌うU2。。エンタテイメントの最高峰という表現はもちろんそうだけどアメリカという国を問いただしているようなメッセージ性のあるパフォーマンスにただただ圧倒された。じゃー日本も、というのは国民性もあるし、そんな単純な話じゃないだろうけど音楽が持つ力というものを改めて感じたのは事実。そんなことを考えながら、吉祥寺到着。連れてってもらったのは吉祥寺駅から10分くらい歩いた中心部から外れたところにある居酒屋。その名も闇太郎。大将に聞くと、この地で46年営業を続けているそうだ。店の中にあるダイヤル式の公衆電話、使い込んだ厨房。そして相対している、尊敬すべきクリエイター。このお店が発する世界観と会話が実に心地よかった。何年後かに振り返ったときに、転換機になるような一日だったかもしれない。

      テーマ:
  • 13Jan
    • 山茶花

      息子が拝借してきた自宅前の山茶花の蕾が開いて良い感じ。こんな風にリビングに一輪花があるだけで良い気持ちになりますね。インスピレーションも湧くし。それにしても今日は冬晴れの良い日だ。

      1
      テーマ:
  • 10Jan
    • バンド活動のアイデアを練る

      今年4月、久しぶりのバンドによるライブに向けて色々と準備してます。一生懸命にバンド活動していた大学時代にはこんな風にDAWでアイデアを練るなんてことは考えられなかったなぁー。20年のDAWの進歩を改めて感じる次第です。

      1
      テーマ:

プロフィール

Masanobu Fujita

自己紹介:
フルタイムの会社員として働きながら、作曲活動を続ける「サラリーマン作曲」の奮闘記です。

続きを見る >

フォロー

月別

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス