とんとん・にっき

とんとん・にっき」にお立ち寄りいただき、ありがとうございます。


*写真の上でクリックすると、より大きな画像をご覧になれます。

*コメントはいつでも受け付けています。


Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

赤坂真理の「愛と暴力の戦後とその後」を読んだ!

aito


赤坂真理の「愛と暴力の戦後とその後」(講談社現代新書:2014年5月20日第1刷発行)を読みました。購入したのは発売されてすぐ5月の末頃、「大人の休日倶楽部パス」を利用して4日間の旅行中、移動の車中や宿泊したホテルで読みました。

 

赤坂真理は1964年東京都生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。アメリカで高校時代の1年を過ごし、挫折感を抱えて帰国し、その地であったすべてを呑み込んだままで、今日まで30年近くの時を過ごしてきました。

 

 

なにしろ本のタイトルが凄い、いかにも挑戦的なタイトルです。「ちょっと変わったタイトルは、私の実感から来た」と、読書人「本」2014年6月号で赤坂は述べています。「愛が暴力的な態度で語られた時代に私は育った、という実感から。そして“戦後”とは、暴力を収めようとして収めどころを見つけられていない時代のように、私には感じられてきた。愛を説くその姿勢が暴力的だった。その建前さえもなくなって、暴力的なことをむきだしで言っている(暴力を笑顔で語っている)、というのが、最近の自民党政権ではないかと思う」と続けています。

 

 

「愛と暴力の戦後とその後」の「まえがき」を読んだだけで、おおむね「東京プリズン」と問題意識が重なっているだろうと想像がつきました。同じ著者なので、当然と言えば当然ですが・・・。その「東京プリズン」」(河出書房新社:2012年7月24日初版発行)、僕が読んだのは発売されてすぐでしたが、その後、毎日出版文化賞、司馬遼太郎賞、紫式部文学賞を受賞しています。2014年7月8日には、わずか2年で文庫化されて発売されるようです。

 

 

「『東京プリズン』という小説は、私が15、6歳から抱えることになった鬱屈を、象徴的に書いてみようとしたフィクションである」、と赤坂は言います。「評論や研究では、感情と論理をいっしょくたにすることはタブーである」としながらも、「日本の近現代の問題は、どこからどうアプローチしても、ほどなく、突き当たってしまうところがある」。「それが天皇。天皇が近代にどうつくられたかという問題」、「だが、天皇こそは、日本人が最も感情的になる主題なのである」と、赤坂は言う。

 

 

「私には、戦後の天皇は素朴な疑問であり続けた。なぜ、彼は罪を問われなかったのだろうと。なぜそれを問うてもいけないような空気があるのかと」。「そこで、私はいかにもアメリカ的な方法論を小説に導入してみた。ディベートという言論競技である。ある論題に対し、肯定か否定の立場のどちらかに強制的に立って、自分の立場の正しさを、『立証』する。小説内ロールプレイとも言える」。その論題は「昭和天皇は戦争犯罪人である」、でした。

 

 

たまたま朝日新聞の「論壇時評」(2014年6月26日)に、「『アナ雪』と天皇制」と題して高橋源一郎は書いています。赤坂真理は「雅子妃」の娘である「敬宮愛子様」について、深い同情をこめてこう書いている、として以下のように引用しています。

 

 

「生まれてこのかた、『お前ではダメだ』という視線を不特定多数から受け続けてきたのだ。それも彼女の資質や能力ではなく、女だからという理由で。(略)ゆくゆくは彼女の時代になることを視野に入れた女性天皇論争も、(略)秋篠宮家に男児が生まれた瞬間に、止んで締まったのだ!(略)彼女は生まれながらに、いてもいなくてもよくて、幼い従兄弟の男児は、生まれながらに欠くべからざる存在なのだ。なんという不条理!それを親族から無数の赤の他人に至るまでが、(略)ごくごく素朴に、信じている。この素朴さには根拠がない。けれど素朴で根拠のない信念こそは、強固なのだ」。

 

 

赤坂は言う。「どこまでも、近代天皇制であり、近代以前の天皇のことではない」と念を押します。「わたしたちが知っている「天皇制」は近代に生まれたもので、たかだか百数十年の歴史しかなく、それに先立つ二千年近い「天皇制」の中に、近代のそれとはまったく異なる原理が混じっていた」と、原武史も「皇后考」(群像で連載中)で言う。

 

 

「そうだ、そうだ」と納得する箇所は、次々に出てきます。東京オリンピック誘致のプレゼンテーションで、「フクシマの事態はコントロール下にあり、東京は安全です」と安倍首相が言い切った話。そんなことはあり得ないのですが・・・。別のプレゼンテーションで滝川クリステルが噛んで含めて教えるように「お・も・て・な・し」と笑顔で言ったこと。一昔前はスッチーになっていた日本女性が、今は女子アナに流れたこと・・・。彼らは一致団結して笑顔とソフトな物腰で、すべての冨を東京に一極集中させると宣言。そのためにはフクシマはおろか他の地方都市はどうなってもいいと笑顔の下に隠した。

 

 

ジョン・ダワーの書いた「占領期の日本には何か性的な匂いがした」という一節を引き合いに出します。私は占領期の日本とは、来る者への「お・も・て・な・し」だったのかと。在日米軍の扱いも同じ、予算は「思いやり予算」というネーミングだし・・・。私たちは、私たち自身を一度完膚なきまでに叩きのめし鬼畜とまで思った相手に打って変わって優しくされたことで、彼らを愛してしまい、彼らもまた、気持ちよくしてもらったことが忘れられずに、私たちを手放さない。

 

 

著者紹介:
赤坂真理(あかさか・まり)

 

1964年、東京生まれ。作家。1990年に別件で行ったバイト面接で、なぜかアート誌の編集長を任され、つとめた。編集長として働いているとき自分にも原稿を発注しようと思い立ち、小説を書いて、95年に「起爆者」でデビュー。著書に『ヴァイブレータ』(講談社文庫)、『ヴォイセズ/ヴァニーユ/太陽の涙』『ミューズ/コーリング』(ともに河出文庫)、『モテたい理由』(講談社現代新書)など。2012年に刊行した『東京プリズン』(河出書房新社)で毎日出版文化賞・司馬遼太郎賞・紫式部文学賞を受賞。神話、秘教的世界、音楽、そして日々を味わうことを、愛している。

 

 

この本の「まえがき」には、以下のようにあります。

 

これは、研究者ではない一人のごく普通の日本人が、自国の近現代史を知ろうともがいた一つの記録である。それがあまりにわからなかったし、教えられもしなかったから。私は歴史に詳しいわけではない。けれど、知る過程で、習ったなけなしの前提さえも、危うく思える体験をたくさんした。そのときは、習ったことより原典を信じることにした。少なからぬ「原典」が、英語だったりした。これは、一つの問いの書である。問い自体、新しく立てなければいけないのではと、思った一人の普通の日本人の、その過程の記録である。

 

内容紹介:
なぜ、私たちはこんなに歴史と切れているのか?あの敗戦、新憲法、安保闘争、バブル、オウム事件、そして3・11……。<知っているつもり>をやめて、虚心に問うてみたら、次から次へと驚きの発見が噴出!『東京プリズン』の作家が、自らの実体験と戦後日本史を接続させて、この国の<語りえないもの>を語る。

 

 

目次:
プロローグ 二つの川
第1章 母と沈黙と私
第2章 日本語はどこまで私たちのものか
第3章 消えた空き地とガキ大将
第4章 安保闘争とは何だったのか
第5章 一九八〇年の断絶
第6章 オウムはなぜ語りにくいか
第7章 この国を覆う閉塞感の正体
第8章 憲法を考える補助線
終章 誰が犠牲になったのか
エピローグ まったく新しい物語のために

 

 

過去の関連記事:

 

赤坂真理の「東京プリズン」を読んだ!
赤坂真理の「ヴァイブレータ」再読!
 

諸橋近代美術館で「LOVE STORY~ダリ 5つの愛の物語~」を観た!

lov1

 

lov16

 

 

諸橋近代美術館で「LOVE STORY~ダリ 5つの愛の物語~」を観てきました。観に行ったのは6月21日、「大人の休日倶楽部パス」を使った旅行の3日目でした。

 

 

展覧会のチラシには、以下のようにあります。

 

 

「恋はその始まりがいつも美しすぎる・・・」サルバドール・ダリ

 

サルバドール・ダリ(1904-1989)は20世紀を代表する芸術家として高く評価され、また大衆に迎合した稀有な作家ですが、一方ではその繊細な性格から御製を張っていたとも言われています。実に秘密めいた人生を歩んだダリが信じ、創造の源としたのは「愛」でした。故郷、家族、妻、冨、名声、自由――ダリは何を愛し、何に愛されたのでしょうか?ダリにまつわる「愛」というキーワードを5つのテーマで構成し、未だ知られざる人間ダリの素顔を紐解きます。

 

今回、目立って大きな作品が2点、出されていました。一つはチラシにもなっている「ポルト・リガドの聖母」、もう一つは「テトゥアンの大会戦」です。図録の解説には以下のようにあります。

 

 

「ポルト・リガドの聖母」:

 

本作品は、ダリ成熟期の作品の中で最も美しく代表的なものの一つで、ルネサンス期の画家ピエロ・デッラ・フランチェスカの「ブレラの祭壇画」から構想を得ています。聖母の姿に扮したガラの背後には祭壇が描かれ、美しいまでのバランスで分裂し空中に漂っていますが、その様子は核分裂を彷彿とさせるものです。1945年8月の原爆投下を経て、ダリは科学の驚異に目覚めます。時期を同じくしてカトリックへの信仰を深め、科学と宗教という対照的な二つの存在の融合を試みた制作活動を続けました。「核神秘主義宣言」を提唱し、ダリ自身が傾倒した古典芸術と科学、そして妻でありミューズであるガラへの神秘化した愛を表現した珠玉の一品です。

 

「テトゥアンの大会戦」:

 

ダリは、スペインの画家、まりあのフォルテューニの同名の大作に感銘し、その印象をもとに「どのようにして私の絵画における闘争が始まったのかを描いたものである。」と延べ、この作品を制作した。そのことから、作品の中央にダリ自身とガラ夫人を描き、如何に二人で戦ってきたかという構図になっている。ダリとガラの間に58の数字がみられるが、これは58才の時にこの絵が描かれたことを意味し、右下にあるサインが、ガラ・サルバドール・ダリとなっているには、ダリがガラの援助にすべての面で支えられていたからと思われる。

 

展覧会の構成は、以下の通りです。

 

Ⅰ 家族と故郷への愛

Ⅱ アヴァンギャルド愛

Ⅲ ガラへの愛

Ⅳ 古典への愛

Ⅴ 自己愛

 

lov15

 


Ⅰ 家族と故郷への愛

 

Ⅱ アヴァンギャルド愛

 

 

Ⅲ ガラへの愛

 

 

 

 

Ⅳ 古典への愛

 

 

Ⅴ 自己愛

 

 

 

 

「諸橋近代美術館」ホームページ

 


とんとん・にっき-dali3

諸橋近代美術館ギャラリーガイド

発行日:2000年4月1日

発行:財団法人諸橋近代美術館

編集・制作:財団法人諸橋近代美術館

 


lov2 ダリ生誕110年・開館15周年記念展

「LOVE STORY~ダリ 5つの愛の物語~」

図録

発行日:2014年4月20日

企画・編集:公益財団法人諸橋近代美術館

執筆:大野方子(諸橋近代美術館学芸員)

    稲田由希(諸橋近代美術館学芸員)

発行:公益財団法人諸橋近代美術館

 

 

過去の関連記事:

 

 

サルバドール・ダリ(諸橋近代美術館の思い出)!
「ダリ回顧展」を観る!
 

諸橋近代美術館で「ダリ・常設展」を観た!

 

 

 

諸橋近代美術館で「ダリ・常設展」を観てきました。観に行ったのは6月21日、「大人の休日倶楽部パス」を使った旅行の3日目でした。諸橋近代美術館を訪れたのは、ブログを始める前でしたが過去に2回観に行ってますので、今回で3回目となります。

 

 

また、東京・上野の森美術館で開催された「生誕100年記念 ダリ回顧展」へも観に行ってます。2006年ですから、今から8年前のことです。あれっ、ちょっと計算が合いません。諸橋近代美術館で現在開催している「LOVE STORY~ダリ 5つの愛の物語~」には、ダリ生誕110年・開館15周年記念展と銘打っています。サルバドール・ダリは1904年、スペイン・カタロニア地方の港町フィゲラスに誕生していますから、諸橋の方が110年でちょうど合っていて、上野の森美術館の方が100年に2年遅れて開催されたようです。

 

 

諸橋美術館とサルバドール・ダリについては、図録やホームページに、以下のようにあります。

 

 

「諸橋近代美術館」は、理事長諸橋廷蔵が20余年にわたって蒐集した西洋近代美術を中心とする絵画・彫刻を、より多くの方々に身近に鑑賞していただきたいという趣旨のもと財団法人として設立され、平成11年(1999年)6月、磐梯朝日国立公園内に開館いたしました。常設展を旨とする当美術館は、スペインの作家サルバドール・ダリの作品と、ポール・セザンヌ、パブロ・ピカソなどの今日の美術に最も影響を及ぼしたといわれる巨匠たちの作品を中心にしたコレクションで構成されています。特に“柔らかい時計”などの幻想的な絵画で知られ、20世紀を代表する天才芸術家であるサルバドール・ダリの彫刻、絵画、版画等の作品、約350点は、日本国内はもとより世界においても類を見ないコレクション数です。また、中世の西洋建築を連想させ、個性的な外観を示す建物は、今までの美術館の概念とは異なり、自然光をより多く採り入れた構造になっております。美術館の窓より望める裏磐梯の雄大な自然とともに、名作の数々をごゆっくりご鑑賞くださいますようご案内申し上げます。

 

 

サルバドール・ダリは、スペインが生んだ20世紀を代表する最も多才な画家であるといえます。6歳の時に初めて、油彩で風景画を描いてから70歳代後半まで絵画はもちろんのこと彫刻、版画、舞台装置や衣装のデザイン、映画制作と実に幅広い表現活動をしています。ダリの絵といえば、美術の教科書等で“柔らかく描かれた時計”をみたことを思い出す人も多いと思います。探究心の強いダリは、印象派、点描派、キュビスムなどの先輩の作風を学び、その影響をうけました。1930年代は、パリを中心にシュルレアリスム(超現実主義)という芸術運動が盛んであり、ダリもその運動に加わります。夢と心の奥にひそむ欲望をあばき出すことを絵画の主な目的として幻想的で非合理的な絵画を多く制作するようになりますが、“柔らかい時計”はその頃の代表的な作品なのです。ダリの、この旺盛な創作活動を陰で支えたのが、妻のガラでした。ガラをモデルにした作品もたくさんあります。ダリは、「ガラ以外は、全て敵である。」、「私の全ての絵画はガラの血で描かれた。」と述べているほどの結びつきでした。その後もヨーロッパ各地、そしてアメリカでの大回顧展の成功、美術館の完成と名声を高めていきます。「天才を演じきると天才になれる。」といったダリの言葉が多岐にわたる表現活動と彼の生きざまを表しているといえます。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「諸橋近代美術館」ホームページ

 


とんとん・にっき-dali3

諸橋近代美術館ギャラリーガイド

発行日:2000年4月1日

発行:財団法人諸橋近代美術館

編集・制作:財団法人諸橋近代美術館

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の関連記事:

 

 

 

 

 

 

 

サルバドール・ダリ(諸橋近代美術館の思い出)!
「ダリ回顧展」を観る!
 

気仙沼の現状(2014・3・22)

 

2011年3月11日に起きた大地震と津波により、宮城県気仙沼の街は壊滅的な打撃を受けました。その3ヶ月後の6月26日に、気仙沼を訪れました。その惨状の酷さは、言葉になりませんでした。その3年後、6月22日に気仙沼の現状を見て回りました。

 

 

港にはたくさんの船が停泊していて、漁業関係は元に戻っているように見えます。さすがに瓦礫などは無くなっていましたが、いわゆる宅地はほとんど手がつけられていません。復興にはほど遠い現状です。その画像を下に載せておきます。

 

 

魚市場地区

 

itiba8 itiba7

 

itiba6 itiba5

 

 

 

 

 

 

鹿折地区

 

takaku4 takaku3

 

takaku2 takaku1

 


過去の関連記事:

気仙沼の惨状・その1 魚市場地区
気仙沼の惨状・その2 鹿折地区

「大人の休日倶楽部パス」路線情報、新潟・福島・岩手編

 

「大人の休日倶楽部パス」を使った今回の旅行、大内宿や諸橋美術館を再訪しようとなんとなく思っていたのですが、突然、新潟へ行って石川運蝶を見ようと思い立ち、大筋が決まりました。またせっかくJRを利用できるのであれば一関へ行って知人に会うこと、そして気仙沼を再訪すること、東日本大震災の被災地の現状を見てこようと思ったわけです。

 

 

6月19日(木)

 

渋谷~大宮          08:25-09:10 JR埼京線

大宮~浦佐          09:54-10:51 JR新幹線Maxとき315号

  駅から観光タクシー(2時間コース)

浦佐~大宮          13:51-14:54 JR新幹線Maxとき326号

大宮~郡山          15:02-16:01 JR新幹線やまびこ55号

郡山~会津若松       16:37-17:57 JR磐越西線・会津若松行

(会津若松泊)

 

6月20日(金)

 

会津若松~湯野上温泉   10:36-11:20 会津鉄道・会津田島行

湯野上温泉~大内宿     11:40-12:00 広田タクシー(猿游号)

大内宿~湯野上温泉     14:41-15:00 広田タクシー(猿游号)

湯野上~塔のへつり     15:18-15:23 会津鉄道・会津田島行

塔のへつり~会津若松    16:11-16:54 会津鉄道・会津若松行

(会津若松泊)

 

6月21日(木)

 

会津若松~猪苗代      09:53-10:23 JR磐越西線・郡山行

猪苗代~五色沼       10:40-11:10 磐梯東部バス・五色沼行

五色沼~猪苗代       12:51-13:20 磐梯東部バス・会津若松行

猪苗代~郡山         13:52-14:40 JR磐越西線・郡山行

郡山~一ノ関         15:02-16:10 JR新幹線やまびこ53号

(一ノ関泊)

 

6月22日(日)

 

一ノ関~気仙沼        10:00-16:00(レンタカー6時間)

気仙沼~一ノ関        同上

一ノ関~大宮         15:48-16:22 JR新幹線やまびこ52号

大宮~渋谷          17:12-17:50 JR湘南新宿ライン・逗子行

 

 

 

 

 

 

「セーヌ河クルーズ2014」その4

fran8

fran7

fran6

fran5

fran4

fran3

fran2

fran1

「セーヌ河クルーズ2014」その3

fran16

fran15

fran14

fran13

fran12

fran11

fran10

fran9

「セーヌ河クルーズ2014」その2

fran24

fran23

fran22

fran21

fran20

fran19

fran18

fran17

「セーヌ河クルーズ2014」その1

fran32

fran31

fran30

fran29

fran28

fran27

fran26

fran25

上越新幹線浦佐駅


石川雲蝶、見てきました♪
さすがは日本のミケランジェロ!
凄い、凄い!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>