スイスい とまとはうす
2018年夏より、主人の仕事の都合で家族でスイスにやってきました。
初めてのヨーロッパ生活にドキドキの日々を綴ります。


・スイス在住の方
・ヨーロッパ在住の方
・これまでスイスに居住経験のある方
・海外在住の方
などのブログを読みあさっているところですので、突然コメントすることがあるかもしれませんが、よろしくお願いいたしますニコニコ

  • 16Nov
    • 絶叫?! 行ってみたいなスイスのこんなところ

      年末にはモロッコ旅行🇲🇦に行く予定の我が家。あれこれ詳細を練っているところです。最近は、この数年の間にどんなところに旅行に行けるかな?!と考えるのが私の最大の楽しみとなっております。ヨーロッパやアフリカなど行ってみたいところはたくさんあるのですが、やはりスイス国内の面白そうなところにも行かないと!ということで、いろいろ調べ中です。まず、冬に楽しそうなところを発見しましたよGlacier3000のアルペンコースターは雪が積もっていても乗れる自然の中にあるコースターのようです。サイトに載っている写真はこんな感じおおおーー!雪の中を走るコースターは寒そうだけれど景色を見ながら楽しめるかも…と思ってさらに調べてみると、別のところには雪のスライダー場があるみたいTobogganing Parkというところ、かなり面白そう!!紹介動画があったので載せておきます。かなり長い距離のスライダーがある他、一回転するのとか、ジャンプして着地するのなんかもあるようでこれは子供達も楽しめそうしかし、私は1つ思い出しました。そういえば私…スピード系、絶叫系苦手だったんだ…い、行けばなんとかなるでしょう!ハードなのはしなければいいわけですしそんなわけでお次は夏に行きたいところのうちの1つをご紹介です。ゲルマーバーン というところの登山鉄道なのですが、写真を見てたまげました。※写真、サイトからお借りしています。なんじゃこれーあえて鉄道がトロッコ風になっているようですね。そしてこの急勾配をくだるのぉーでも、360度カメラの動画を見たら、これは行かなくては!と思いましたよ。これは夏のお楽しみに取っておこうと思います。他にも地底湖や塩の採掘場にトロッコで巡る…なんてのもチェックしています。いつか行ける日が楽しみだーー

      23
      テーマ:
  • 15Nov
    • におうぞ!! ラクレットチーズ

      我が家、スイスに来たからにはラクレットでしょということで、勇んでラクレットマシーンを購入しました。で、結果的に大活躍しております特に、夕飯の準備時間があまり取れない時に手軽に出来るので重宝します。先日は夕方から子供達の学校の面談があったので行き、帰って来たらもう19:00だし って時にラクレットマシーン活用しました。材料を準備しておけば、焼けばいいだけというのは日本の鍋物と手軽さという意味で共通していると感じます。そんなわけで数日前、ラクレットを楽しみました今回準備したのは玉ねぎズッキーニ(大量!!)レンチンしたジャガイモ軽く茹でたアスパラ巨大マッシュルームのスライス冷凍してあったパン以上がラクレットマシーンの上で加熱してチーズをかけて食べたもの。そして生ハム各種ピクルス以上が付け合わせです。(日本人なのでご飯も食べましたけれど)そんな感じで、ラクレットのおそらく王道? 特にアレンジもなく、美味しく楽しく食べました。しかーーしラクレットした後、問題点があるのですっなかなかジャストで食べきれる数のラクレットチーズを購入してくるのは難しくて、足りないと子供達から文句が出そうなので、若干多めかな?という量のチーズを買いますよね。そしてチーズが数枚余る → 冷蔵庫で保存しているのですが、とにかくにおうんです自分たちが食べている時は、くっさーー とか、全く思わないんですが、冷蔵庫で保存していると開けるたびににおうっ子供達も麦茶出したりする時に冷蔵庫を開けて「くっさ」とつぶやいてしまうほどです。そんなわけで、ラクレットを楽しんだ後、残ったチーズをさっさと消費する方法を考え中です。今朝はズッキーニを炒めてラクレットチーズを溶かしてかせたものハムを各自でトーストしたパンに挟んで食べました。美味しかったのですが、朝から家中がすんごいにおいになりましたもちろん換気扇を最強で回しましたが、これって朝から近所迷惑とかにならないですかねスイス人なら「あら、いいにおいしてきた〜」って思ってくれるのかしらそんなわけで…ラクレットチーズを消費できるメニュー、どなたかぜひ教えて下さい

      16
      4
      テーマ:
  • 14Nov
    • バザーの準備♪

      昨日のブログにみなさん、たくさんのコメントありがとうございます。冷凍庫の霜取り方法はいろいろあることが分かり、今週末のもう1つの冷凍庫の霜取りというミッションに活かせそうです。みなさん、情報ありがとうございますそして冷蔵庫の水がたまる問題は、解決法を教えていただきました!いやぁ〜、水が抜ける穴が詰まっているなんて思ってもみませんでした。早速近々お掃除してみたいと思います。しかしその穴から抜けた水はどこに行くのというのが素朴な疑問です。ま、まさか垂れ流しなんてことはないでしょうね… (遠い目)さて、本日は昨日せっせと作ったもののご報告ですじゃじーーーん来週、とあるバザーに日本ブースを出す予定なのですが、その時に日本のブースと分かるように貼る「JAPAN」の文字を作りましたこれ、一度厚紙を文字の形に切り抜き、細かく切った折り紙を一枚ずつ貼り、もう一度カッターではみ出た折り紙を切る。そしてできた文字を貼る という作業でした。久しぶりに工作したという気分です。手がノリでベタベタになりつつ、頑張りましたあとはどんな飾り付けをしようかな〜 と考えてます。折り紙を折って置いたりするのもいいかなぁ。悩みます

      19
      2
      テーマ:
  • 13Nov
    • スイスの家電に物申す!

      スイス暮らし🇨🇭もすでに5ヶ月ほど経ちました。いやぁ〜、本当にあっという間で驚いでます。この調子でいくと、これまたあっという間に帰国になってしまいそうです。(たくさん旅行行かないと!!)さて、そんなわけでこの家に住み始めて約5ヶ月。いろいろ家電の不調も気になるもので。まず最初に不調になったのは洗濯機なんだか洗濯物が汚れるようになって来て、ついに動かなくなりましたなんでなんでー 壊れちまったーーと思ったのですが、説明書を読むと「下の方をドライバーで開けて、引き出して掃除しましょう」と書いてあるようなのでやってみました。グワッ汚なっと呟くほど汚くなってました日本で使っていた洗濯機は網がついていて、洗濯物から出たホコリ、糸くず的なものはそこにたまるので、定期的にお掃除してました。しかしこの洗濯機、いちいちドライバーで開けなくてはならないし、水もこぼれるし、お掃除しにくすぎる と感じた一件でした。あ、もちろんお掃除後はきちんと動くようになり、洗濯物に汚れも付かなくなりましたよ。そしてもう1つ、家電で不満があるのは冷蔵庫です。まず冷蔵庫部分は、引き出し部分を開けると毎回地味〜に水が垂れてきます。放置しておくとその水がたくさんになり、引き出し部分を開けた時にバチャッとかかるようになります。そのため、1日に一回は布巾で拭かないとダメです。日本の冷蔵庫、以前は水がたまる部分があって定期的に捨ててましたよね?(昭和な時代) でも最近の冷蔵庫は水を捨てていないので、そのあたりが改良されているのでしょうね。いや、スイスの冷蔵庫、ちゃんと定期的に捨てるから水がたまる部分を作ってよ…そして冷凍庫は、とにかく霜が驚くほどついちゃったのです。日本の冷蔵庫で、霜取りなんてしたことありませんでしたが、霜が邪魔をして庫内の引き出しが引き出せなくなってしまったので、霜取りしました。我が家には2つ冷蔵庫があるので、片方に全て食材を移した後、電源オフ。そして溶けたところを掃除して、また電源オン。霜取りの方法ってこれであってます始めてやったのですが…。しかしこの方法、我が家には冷凍庫が二台あるので気軽に出来ますが、一台しかなかったら中身をかなり消費してからでないと出来ないですよね。丸一日、庫内に物を入れられないわけですから。うーーーーんなんだかこちらの家電は改良の余地がありそうと思えてしょうがありません。こういうのってヨーロッパだけですかねぇ。

      18
      11
      1
      テーマ:
    • 友達遊びに来てる

      今日は息子の友達が家に遊びに来てます。我が家は学校からは車に乗らないと厳しい距離なので、3人の迎えの時に一緒に車に乗って遊びに来てくれてます。(もちろん、ご家庭とは連絡済みです!!)いやーーー男子が増えると、家の中がいつも以上にドッタバタになりますでも楽しそうだからいいかー。どうか、誰も物を壊したり怪我したりしませんように小学生がドタバタ遊んでいる間、私はキッチンでミルクティー飲んでまーす。バルセロナで買ったカップ(とメガネケース)、お気に入り

      16
      テーマ:
  • 10Nov
    • ノーーーンッ!! 食べものでない!!

      そういえば先日書いた息子がどこかの国の女子に「move!」と何度も言われてどかされたあげくに先生に怒られた件は、面倒になったので遊ぶ場所を変えたそうです。めでたしめでたし子供たちなりに自分たちで考えて解決策を出したのは素晴らしいことです。ま、多少不満が残っても人生そういうものだということを学んだったことでフランス語でよく言うc'est la vie! セ・ラ・ヴィ!ってやつですねさて、今日は先日、子供達と激しく動揺した話しです。我が家の斜め向かいの中国人の家では犬と猫を飼ってます。犬はうちの隣の人がよく散歩に連れて行ってます。なぜだろうクリーミーという名の猫は、とにかく人懐っこく、名前を呼ぶと必ず足にすり寄ってきた後にゴロンゴロンして撫でて撫でて攻撃がすんごいです。ズボンに大量に毛がつくので、私は呼ばないようにしているのですが、それでも来ます。こんな風に…※猫慣れしていないため、いい感じで写真が撮れませんでしたが、三枚の写真を頭の中で組み合わせると、なんとなく全体像がつかめますかね?このおネコさま、まぁほっそいタイプでなく、割とふくよか系です。そして私たちが引っ越して来た当初から、隙あれば我が家に入ってこようと、そのチャンスを狙っています。うちの息子は猫派で、猫が大好きなのでウェルカムなのですが、さすがに我が家は猫仕様の家にはなっていないのでお互いにとって危ないよね ということで、家の中には断固として入れないように努力してます。(それでも夏の間はいつの間にかリビングのソファーの下にいたことが一度ありますが。)ま、そんなふくよかで人懐っこいおネコさま。たまに草を食べて吐いたりしているんですが、確か猫って定期的にそういうことするものなのですよね?でもあまりに見るたびに食べているので、「クリーミー、non!」と、話しかけたりします。そんな流れで、先日子供達とバスで出かけた帰りに家のそばでまたクリーミーが何やら食べていたので「また草食べてるよ〜」とみんなで近づいたところ………く、草じゃないし、尻尾生えてるネズミを食べてましたみんなで思わず「ノーーーン クリーミー、ノーーーーン!!!」と叫んでしまいました。(が、クリーミー、全く動じず。私たちは見ていられなくて立ち去りました)いやぁーーー、最近の猫ってネズミを捕まえることはしても、日頃から美味しいもの食べているので食べたりはしないって聞いていたのに、がっつり食べてるしかなり衝撃的な出来事でした。私は「ということは、この近くにもネズミが住んでいるってことだから、家に入られないように気をつけないとね」と思い、息子は「クリーミーってネズミまで食べちゃうから太ってるんだ!」と思ったそうです。いやいやいや、驚いたわー。

      19
      2
      テーマ:
  • 09Nov
    • ホイールコロコロ事件

      最近グググっと寒くなって来たスイス🇨🇭先週、しばらく雨が続いたなぁと思い、その後お天気になったので外を見たら、山々の上三分の一くらいに雪が積もっていましたそして先々週には近所のいなか道の道路脇に一定間隔でポールが立ちました。これは雪が降った時の「ここまで車道」の印ですよねそんなわけでそろそろ念のため、我が家の車のタイヤも今週の月曜日にスタットレスにチェンジしてもらいました。月曜日は車を預けてタイヤ交換。火曜日は子供の学校の迎えに乗って行き、そして水曜日にまた迎えに行った時のこと。息子が「あれ うちの車のタイヤって前だけホイールついてなかったっけ」と言うので、そんなことあるものか?と反対側を見てもらったら… ついてる。ということは、片方の前だけ取れちゃったいやーーーーん気がつかなかったぁーーその時、思い出した出来事がありました。先日、いつも通り車でフランスのスーパーに行き、自分の車を停めておりたところに他の車が駐車場に入って来ました。そして、なんとホイールが一個はずれて、銀色の物体がコロコロコロコロと転がって私の方に来たのです思わずキャッチしてしまってから、「まずい! これをキャッチしたはいいけれど、持ち主に渡さないと処理に困る」と気が付き、慌てて車を追いかけて走りました運転手が何食わぬ顔でおりて来たところに息の切れた私が近づき、とっさにいけてるフランス語も思いつかず、指差して「ici!」(ここ!)「ça!!」(それ!!)しか言えなかったのですが(笑)、持ち主はタイヤと私が持っているものを見て、分かってくれて無事に「Merci」と受け取ってくれたというプチ事件がありました。もしや、あの時と同じように誰かが拾って追いかけてくれていたにも関わらず、気がつかなかったのかもーーでももう時すでに遅し。どこでなくしたのかは全く分からなくなりました。しかし、スタットレスタイヤに替えた後、2回目のドライブでホイール取れてなくなるなんて、取り付けに問題があったんでないのぉ?!そういうの、文句言うべき?黙っておくべき??

      21
      テーマ:
  • 08Nov
    • やっぱり美味しい♪ エシレバター

      スイスで暮らすと分かった時、そしてフランスでも買い物できるらしいと分かった時に「おっ! これは?!」と思ったことがあります。それはエシレバターがお安く買えて、日常的に食べられちゃったりしないかな?!という期待です。そしてスイスに越してきて、フランスのスーパーを見に行った時にバターコーナーで探しました。エシレバターエシレバター… エ …シ …レ ないんです。てっきりフランスならどこのスーパーでも売っていると思っていたのにいくら探してもないんですそれから新しいスーパーに行くたびにスイスでもフランスでも探していたのですが、どこでも出会えずしかし、ある時、期待せずになんとなーく入ったスーパーで売っていたんですやったーー日本だと、このバター1つで2000円以上するんだそうですよ。フランスでは4€くらいでしたよ。場所は日曜朝市をしているdivonneの広い駐車場脇にあるスーパー、casinoです。日曜も午前だけかな? 空いてますよ。無塩も有塩も売ってました。探している方、日曜朝市に行くチャンスがあればぜひチェックしてみてくださいねちなみに先日はそこの日曜朝市で、春菊を発見しました同朝市でしいたけも手に入れたので、せっせと肉スライサーで牛薄切り肉を作り、すき焼きにしましたよ。スイスでもすき焼きは美味しかったです

      24
      8
      テーマ:
  • 07Nov
    • 「move!!」ってどういうことかな?

      本文の前に、またもや大好きなojoさんのブログで笑わせていただいたのでご紹介です。そうそう!去年のojoさんのブログでスイスはハロウィンじゃなくてカブの提灯作るんだ!って知ったのでした。しかし後半の帽子のくだり、お父様の後ろ姿とojoさんのつぶやきに大爆笑でしたojoさんっ! いつもステキな情報ありがとうございますさて、今日は息子の嘆きをお伝えします。先日、学校の迎えに行ったところ、息子が「ねぇ、英語で『Move!』ってどういう意味かな?」との質問が。単純に「動く」という意味の動詞 という説明が頭の中に浮かびましたが、どう考えてもこの質問は意図が違うような気がして「ん? どういうシチュエーションで使うかによって意味が違うんでないかな。どういう時に使っていたの?」と聞いてみたところ…息子たちがジャングルジム的な紐で遊んでいると、どこかの国の女の子がドカドカやってきて、大きな声で「Move!!」を連発するのだそうです。それはつまり「どきなさいよ」の意味ですな。と伝えました。(でも私の中で「Move!」を連発するシーンといえばアメリカの戦争映画で兵士たちが車の後ろから戦地に出る時に言われる「Go go go go! Move! Move!!」しか思いあたりませんが。しかも夫がたまにふざけて言う)その後、息子たちはいつも先に遊具で遊んでいたのに、そのどこかの国の女子に毎日「Move!」と言われた挙句に、頭にきたのでどかなかったそうで。するとその女子が泣き出して地団駄を踏んだそうな。(人が地団駄を本当に踏んでいるところを見たことがありますか? いやない)すると周りにいた子達が「けんかだけんかだ」と判断して先生に報告。そして何故か息子が悪いということになり、何度も怒られたと悔しがっておりました。おおーーー、頑張れ息子ちなみに「明日は君はここで遊んではいけない」と言われたそうです。どうなる?! 息子よ!!たくましくなれちなみにクラスでの写真が定期的に学校から送られてきますが、そちらは楽しそうです。(背後のリアルな人体模型は気になるけれどね!)

      18
      2
      テーマ:
  • 06Nov
    • 3人育児に愛の手を!!

      普段、芸能人ブログにはあまり興味がなくてチェックもしていない私ですが、先日熊田曜子さんのブログ記事のタイトルが気になったので見ました。それを読んで憤ってますざっくり要約すると、5歳、3歳、0歳の我が子たちを連れて児童館に行ったら、親1人につき子供は2人までしか入れないので利用できませんと追い返されたとのこと。我が子たちが小さかった頃のことを思い出し、その時の子供達の反応や母のやるせなさを想像して、強く心が痛みました我が家は上が双子🚺🚺、2歳差で男児🚹 という構成です。要するに、魔の二歳児×2 プラス 0歳児 の計3人を連れてました。しかも息子の1ヶ月検診が終わってからは実家(東京)から離れた浜松で生活していました。赤ちゃんがいても上の子たちはそんなのお構いなしに遊びたいし、遊ばせてあげたい。そのため、こんな感じで毎日毎日3人連れて公園に出かけていました。毎日同じ時間に3人を連れて同じように公園に行くことの繰り返しです。しかし、雨の日もあるんです朝起きて、今日は雨降りで子供達を外で遊ばせられない と分かった時の私の心の曇りようはひどかったですあぁ、今日1日子供達3人をどうやったら楽しく過ごさせてあげられるんだろうと、一気に気持ちの負担がのしかかってきました。そんな時のオアシス児童館!!まさにオアシスですよ、オアシス!喉が乾ききってヘトヘトになり、もう倒れそうという時に遠くに見えて「あ! あそこに行こう。あそこまで行こう」と頑張れる。そんなオアシス。もうね、児童館に連れて行くだけでも本当に一仕事なんです本来なら二歳児が徒歩で行くにはギリギリの距離にあったのですが、全員レインコートで完全防備し、息子をベビーカーに乗せ、娘たちはそのベビーカーにつかまらせて絶対に手を離さないように言い、監視しながらの徒歩…到着した時はホッとしたものです。そして、児童館の職員の方たちが「ベビー君は見ていてあげるから、お母さん、お姉ちゃんたちと遊んであげて」なんて言ってくださることもありました。なんと助かったことでしょう子供達が楽しそうに過ごす様子を見て、雨の中の移動も頑張ってきて良かったと思えました。そこで熊田さんのケースを想像して胸が痛みました。お母さん、3人連れて児童館に行くだけで偉いよ! 大変だったよね。それなのに児童館に入れず!その理由が親1人につき子供は2人まで!!これはもう、児童館の存在意義が問われる問題だとすら感じてしまいました。もちろん児童館の状況も想像できます。例えば児童館に入るなり、我が子たちを完全野放しにして自分たちのおしゃべりに興じるお母さんたちもたくさんいることは知っています。中には我が子のことよりおしゃべりに夢中。危ないことをしていてもしからない親がいるのも事実。(その時なんて、ちびっこ君、消化器いじってたんですよ!)しかし一方で、家の中だけでの3人育児に息がつまって利用する親もいるのです。例えば私の日本での友人に、三つ子を育てている人がいます。双子を育てていることもあり、その苦労と労力を想像しただけで脱帽です。でもそのシステムだと三つ子を育てている人はアウトなんですよやはりそのシステムは児童館として問題点があると感じます。少子化対策を考えないと! と言っている日本なのに、そのシステムは3人以上の子供を育てている親に寄り添ってないです(ただし、今まで私も親1人につき子供は2人まで という場面に出会ったことはあります。それはプールでした。確かに親1人で子供の安全を守れるのは2人でも厳しいよね…。ましてや3人以上の子連れなんて無謀だよね… と感じたため、そのシステムに対して物申そうとは思いませんでした。この児童館の分館も高いところに登ったり出来るようで、危険防止のための対応なのかなー とは思います。児童館全ての施設に入れなかったわけではないそうです。良かった良かった)双子を連れている時に声をかけて下さる人たちの中で一番イラッとしたことは「あらー、同時に大きくなってくれるから双子は楽よね。うちなんて年子だったからもっともっと大変だったわよ」と言われることの多いこと多いこと。双子を育てた経験がない人がなぜ双子の方が楽って言えるのか?年子も大変だったけれど双子も大変よね と、なぜ思えないのか。そんなことに憤りました。だから私は別に3人育児している人が偉いとか、特別に大変だとは全く思いません。子供が1人なら親がずっと相手をしていないといけない。→大変子供が2人以上だとそれぞれの立場を同時進行で理解してあげないといけない。 →大変でも、例えば我が家の場合は全員年齢が近いので、3人で同じレベルで遊ぶことが出来て本人たちは楽しそうですし、3人で遊んでいる間に家事が出来たりもしました。もし年が離れていたら送り迎えなど生活時間が違うことは大変だと思うし、年がとっても離れていたら一番上の子は赤ちゃんと同レベルでは遊べないですよね。面倒を見るという役割が出来てしまったりして、これまた親としては上の子の心のケアにヤキモキするに違いありません!しかし一方で、1人でも幼稚園などに行くようになれば少しは楽になるのかなぁとも想像できます。(我が家は2年で3人生んでいるからお姉ちゃんたちが幼稚園に行くまでがとーーっても長く感じました)要するに子供は何人でも大変であることには変わりないと感じるわけです。ただ、仮にとても大変だとしてもそれが永遠に続くわけではありません。しかし大変な渦中にいる人は、本当に必死に毎日過ごしているんです。だからこそ、周りのサポートが大切なんじゃないかと思います。そんなわけで、児童館は「家の中で子供を遊ばせることがもうキツイ… 」と感じたら、気軽に遊びに行ける場所であってほしいと願います熊田さんが利用しようとした児童館も、何らかの形で利用しやすいシステムに変わるといいなと思います。(少なくとも整理券を取る段階で親1人につき子供は2人までしか入れないことがパッと分かるといいですよね)でもね、基本的に子供はたくさんいると楽しいこともたくさんあって私は楽しい毎日を過ごしてましたよだって家の中ではこーーんな事件が発生したり、こーーーんないたずらを繰り返したりする人がいましたからね!癒されるわ〜(笑)

      28
      4
      テーマ:
  • 05Nov
    • 家の裏の公園で家族卓球

      我が家の裏の公園にはバスケットコートやサッカーゴール、ビーチバレーコートなどの他に卓球台が数台あります。公園に誰でも使える卓球台がある というのは、割とスイスの公園のスタンダードなのかな?!と感じています。それくらい各所に卓球台が存在するため、卓球用品さえあれば気軽に遊べます。しかし、ひなたにある卓球台を使って太陽ギラギラの時に遊ぶ気もしなくて、今まで卓球用品を買っていなかったのですが、秋になって涼しくなったし、ちょっとやってみようか ということになりラケットとボールを買ってきました。日曜日、息子の「一緒に卓球しようよ」とのお誘いで、私と夫と3人で卓球をして遊んでみました。(お姉ちゃんたちは家で遊んでました)写真のように二台並んだ卓球台。一台で交代で2人ずつ対戦していたら、隣の台にもお父さん、お母さん、男の子の3人がやってきて卓球を始めましたよ我が家と全く同じ構成で遊んでいて、しかも我が家と全く同じように、男の子は対戦していない間、サッカーボールで遊んでいる…。そしてお父さんは対戦していない間、我が家と全く同じように健康器具でトレーニングしていましたあまりに同じように過ごしていて心の中でにやけちゃいましたさて、問題の卓球の対戦ですが…私と息子がまだまだ腕が足りず、運動なら何でも任せなさいの夫に太刀打ちできませんでしたくぅぅぅぅこれは闇練しないと

      23
      テーマ:
  • 03Nov
    • バルセロナ旅行【5】モンセラット

      バルセロナ旅行記、最終回はモンセラットに行ったご報告ですモンセラットはガウディがサグラダファミリアを作る際に形に関してインスピレーションを得たと言われている場所です。バルセロナの中心地から電車で1時間ほどのところにあるので、なかなかみんなそこまで足をのばさない場所なのかしらと想像して行きました。目指すは午後1時から教会で行われるミサの少年合唱団の歌です 少年合唱団の歌声、美しいんだろうなぁ〜 (ワクワク)そんな感じで迎えた観光最終日。駅で切符を買うところでまずうまくいきませんでした。何度買おうとしてもタッチパネルのボタンが押せないよ仕方がないので駅員さんのいる券売機のところに並びました。順番が来ると駅員さんが「はい、モンセラットね。大人2枚と子供3枚? はいここを押してここを押してポンポンポンっと。」ってな勢いで購入してくれました。分からない時はやはり人の力に頼るといいよねー と、チケット持って電車に乗り込みました。しかし電車が発車してから夫がチケットをよく見て報告してくれました。「本当は登山鉄道に乗り換えて行く方法を選ぼうと思っていたけれど、買ってくれたチケットは途中で降りてゴンドラ🚡に乗る方法だね。」ですってまあ、どちらでも到着する場所は同じだか問題ないかな と私は思い、そのまま電車で途中下車し、ゴンドラ乗り場に移動しました。が。なんかイヤーーーな予感…同じ駅で大量の人が降りたんです。そしてそのまま大量の人がそっくりそのままゴンドラ乗り場に並んだのですゴンドラは一度に30人程度しか乗れない様子で、来るのは15分間隔。黄色いゴンドラは二台しかありませんこ、これは1時間はかかるんじゃないのと夫に言ったところ、「こうなると思ったんだよねー。だから一度にたくさん乗れる登山鉄道がいいと思ったのになぁ」ですって!確かにーーーーしかし乗って来た電車は1時間に一本のため、もうどうすることもできずにゴンドラ1時間ほど待ちましたよすることなさすぎて子供達の写真撮るしか時間つぶす策がないー (絵文字のゴンドラ🚡にそっくりの黄色いゴンドラ)ようやくゴンドラに乗れて山の上まで到着した時には少年合唱団の歌が始まる5分前というギリギリっぷりで、教会まで小走りで行きました教会の中に入ると…人が多すぎっみんなこれを聞くために集まって来るのね…。そしてちょうど少年合唱団の歌が始まりました。時間はギリギリセーフでした。しかしあまりに人が多くてゆっくりと歌に耳を傾けることはできませんでした。今後モンセラット観光に行く方は(ゴンドラの待ち時間1時間も加味して!)時間に余裕を持って行くことを強くオススメしますさて、少年合唱団の歌も聞けたことだし、とにかく人が多すぎて教会の中はじっくり見られないので一度外に出て、今度は黒いマリア像を見る列に並びました。今度はそんなに並んでいないように見えたのであまり時間がかからないはず… と思ったのです。黒いマリア像は上の写真中央の二階部分にあり、マリア像の右手に触れながら願い事をすると良いと言われているそうで。要するに一人当たりにかかる時間が長いはい。これまた長いこと待ちましたよ。ディズニーランドのように待ち時間もウキウキしちゃうような音楽も景色もありませんから!ま、途中で教会の大きな鐘🔔がなったくらいですかねやっと教会の中に入り、長い廊下を歩いて階段を上り、マリア像の前まで行くのに数十分。教会の中は装飾や絵画、ステンドグラスなど見所がたくさんありましたが、若干待ち疲れてしまった感じはありました。っていうかお腹すいた…そんなわけで黒いマリア像を拝んだ後はランチタイムすでに14時すぎてますからカフェテリアでそれぞれ好きなものを取ってお会計したところ、非常にお高いランチになってしまい、青ざめることアゲイーーンサンドウィッチでも持っていけば良かった… と反省したのであります。ランチ後はお腹も満たされたし、教会近辺を散歩してみましたよ。サグラダファミリアの形を考える際、ガウディはこの岩山を想像したのでしょうね。教会の入り口の装飾も素晴らしい!教会の中にももう一度入ってみたら人が激減していてゆっくり見ることができましたそうこうしているうちにもう16:30!帰るのにまた1時間半かかることを思い、帰途についたのでした。いやーー、観光最終日、本当にドタバタしましたさて!長いバルセロナ旅行記もこれでおしまい。次の旅行は年末にモロッコに行きます私が大好きなモロッコ🇲🇦新婚旅行で行った思い出の地、再びです航空券、宿の予約を完了しました。今回は初日以外は全日、ふるーい住宅をホテルに変えたリヤドというところに泊まります。パティオが素敵なんだよね〜楽しみすぎます(ちなみに初日はまさかのグランピング予定です。テント泊だよテント泊⛺️ モロッコでグランピング、楽しみ〜)

      27
      2
      テーマ:
    • 近所の牛君

      またもやバルセロナ旅行記、中断しちゃいますが…ここのところすっきり晴れることが少なくて、雨と雨の合間に出かけたりしてます。今日は曇りだったので郵便局まで歩いていくついでにお散歩してみました。私たちが住んでいるところは町の中心部から車で15分〜20分程度のところなのですが、ビックリするくらいのどかです。散歩道はこんな感じ。左は羊の牧場で、夏はたくさん羊がいたのに今日通った時には一匹もいませんでした。羊は寒さに弱いのかな?リスが走って道を横切っていきましたよ。かわいいなぁそして郵便局で郵便物を出し、帰りは違う道を通って帰ります。大好きなこの景色のところもすっかり秋模様になってました。ブドウ畑も収穫が終わり、紅葉してます。湖の水もなんだか冷たそうに見えるーこの道をしばらく歩くと、どこからかカロロン カロロン という音が聞こえて来たので生垣の上から背伸びをして見たら…わいっぱい牛君がいるではないの夏の間は葉っぱが生い茂っていて気がつかなかったのかしら。それとも別の場所から移動して来たたまにあるのです。今までいなかった場所に突然ある日から柵ができて大量の羊が入れられていたりするのです。(そしてある日また、忽然と姿を消します 柵もなくなります)草が生えているところに随時移動させているのでしょうね。いやーー、動物を見ると癒されますそしてカウベルの カロロンカロロンという音は風鈴のように癒し系の音ですね。秋の散歩、また今度したいと思います。

      19
      テーマ:
  • 01Nov
    • スイスで初ハロウィン☆ドキドキ

      バルセロナ旅行記の途中ですが、イベントがあったので中断です。私の大好きなojoさんのブログでも紹介されていましたが、スイスでもハロウィンの日がやってきました日本ではすっかり定着した様子のハロウィン。私が小さい頃にはそんなにまだメジャーじゃなかったのに… な〜んて書くと、世代がバレちゃいますが (はい。アラフォーでございま〜す)我が家にとって初めてのスイスでのハロウィンということで、ちょっとドキドキしてました。子供達が通うインター校では金曜日にハロウィンイベントを行うそうなので、その日に仮装していけばいいのかなーと思っていたら、学校から送られて来た写真を見るとホネホネの服着た子とか、ドラキュラマントを羽織っている子とかがいたようです子供達の迎えの時に見てみると、人魚のヒレ状になったスカートみたいなのをはいてる子なんかもいましたよ。中学生以上の大きい子たちは宇宙人みたいなとんがった耳をつけている人とか、リアルな傷みたいなボディシールを貼っている人などもいました。(個人的には傷みたいなのは本当に傷がある人から見たら嫌なんじゃないかなーと思うので我が子には絶対オススメしません)娘いわく、放課後の体操の習い事の時に、すんごいメイクをしたままレオタードを着て普通に体操をしている人がたくさんいて、たまらなくおかしかったそうですよ。ハロウィンならではの光景ですね我が子たちはインター校で金曜にイベントがあるので、その時に楽しんだら? ということで、ご近所では回らないことにしました。そもそも日本でのハロウィンの楽しみ方って、仲良しのグループが集まって、このお家はピンポンしていいよ って決まっていて、担当のおうちはちゃんとお菓子を用意しておく というシステムじゃないですか?だから知らない人のお家にいきなりピンポンすることはないと思っています。しかも確かハロウィンってアメリカの方のお祭りだから、スイスではあんまり盛んじゃないと聞いたような…。でも仮装した子供達がワラワラと訪れたらどうしましょうと、念のために怪しげな大容量のキャラメルを玄関に用意して置いておきましたよ。(息子が試食したところ「まあまあ。オレは好きじゃない味。」だそうです。ま、あげることに意義がある?! 味まで責任持てませーん)我が家の子供達用には、先日緑の皮の日本のっぽいカボチャを買って来たのでパンプリンクリームを作って一口サイズのパンプキンパイを作っておきました。冷凍パイシート、手軽でいいですね!我が子たちの胃袋はとりあえず掴んだということで…そして夜、暗くなってから早速女の子二人組がピンポーンとやってきました。てっきり「trick or treat!」というあのお決まりのセリフが出てくると思いましたが、女子2人はもじもじしているだけで、なにやらフランス語で小さな声で「お菓子をください」と言っているようでした。私もよくわからんのでそれぞれのバスケットに怪しげなキャラメルを入れてあげました。「Bon Soirée」これは夕方から夜にかけてのお決まりの言葉ですね。我が息子みたいに間違えてボントワレ!って言わないようにねその後も何組か、子供達が来ましたよ。でも誰も「trick or treat!」って言いませんでした たいていがドアを開けると、ドアの影に隠れていた1人の子が「うをぉぉーー」と脅かしてくるので「キャァァ」と驚くふりをしてあげると、すぐに「お菓子ちょうだい」と言ってくるパターンでした。怪しげではあっても、キャラメル用意しておいて良かったー!みんなかわいい女の子や男の子たちだったのですが、中にはどう見ても大人サイズの人たちもいて、娘は「大人でもハロウィンでまわるのかね?!」とつぶやいてました。いや、多分身長は早く伸びちゃったけれど、中身は子供なんだよあとは、袋に入れてあげたのにちゃっかり「もう少し入れて下さい」って(多分)言ってくる子供とかもいてニヤニヤが止まりませんでした。言ったもん勝ちよね〜。おばちゃん、頼まれたらサービスしちゃ〜う うちの息子、このキャラメルいけてないって言ってたしーそんなわけで、今年はハロウィン当日はご近所を回らずに様子見だった我が子たちですが、「来年は私たちも回りたいな」と言い出したので「いいんじゃない。ただし、無言で回るわけにはいかないから、英語かフランス語、もうちょっと喋れるようにならないとね〜」と言っておきました。しかし、同じ地区の家とはいえ、夜暗くなってから全く知らない人の家のインターホンを押して「お菓子ちょうだい」と言うなんて、治安が良くないと出来ないですよね。来年、我が子たちがもし回るとしたら、離れたところからコソコソ付いて回らないとな なんて考えた私でしたさて。我が子たちのハロウィンは金曜日に続きます。

      27
      テーマ:
    • バルセロナ旅行【4】サグラダファミリア

      バルセロナ旅行記、ついに待望のサグラダファミリアです旅行に行く前にアドバイスいただいたように、サグラダファミリアも事前にネットで時間指定のチケットを購入しておきました。今回は入場+塔にエレベーターでのぼるコースのチケットを購入しました。塔は「生誕のファサード」と「受難のファサード」の2つあるのですが、チケット購入時にどちらの塔にのぼるか選べます。ガイドブックに「生誕のファサードの方が高いところまでのぼれるので人気。ただし降りる時は螺旋階段を自力で降りて来なくてはならない」と書いてあったので、私たちは生誕のファサードを選びました。メトロの駅から上がると、目の前にそびえ立ってましたまずは遠くから全景を楽しみ、チケットを提示して中へ。入り口のセキュリティーチェックでは荷物のx線検査もありました。まるで飛行機に乗るみたいまずは外から生誕のファサードを見ました。イエス様が生まれた頃の様子が彫刻で表現されています。生誕のファサードはガウディがまだ生きている間にほぼ完成したらしく、出来てから100年ほど経っている部分もあるそうです。直前に家族みんなで「イエス・キリスト」の伝記を読んで行ったので、1つ1つの意味がわかりました。予習大事ね!子供達には中に隠れている動物を探してねというミッションを与えておきました。そうしたら彫刻を真剣に見て、「あそこに蛇がいる!」などと教えてくれました。中に入るとステンドグラスが素晴らしかったです太陽の位置によってどちらのステンドグラスから光が入って来るのかが変わるそうです。私たちが行ったのは午後だったので西のステンドグラス(オレンジ系)が、まるで燃えるように光っていました。写真で上手く撮れるかやってみましたが、なかなか難しかったです。少しは伝わるかな?!そしてしばらくするとパイプオルガン演奏が始まりました。さて、時間になったので塔にのぼるエレベーターに並びました。しかしエレベーターは一度に6人しか乗れません。そのため、乗るまでかなり時間がかかりました。エレベーターから降りたら塔の上から螺旋階段で下りながら見ていきます。塔と塔の間の部分も通れました。塔の上からは、下からでは見えない部分の彫刻や、建設中の部分も見ることができ、見応えがありましたよ。途中で開いているところから外を眺めたり…塔の影があっていい感じですよね。バルコニーのように外に出られる部分もあったので、もちろん子供達の写真も撮りました乗り出さないでね階段をおりていき、最後の方はとにかくグルグル回ります。上から見ると美しく巻貝状になってました。しかし、空が青いねーお天気に恵まれて本当に良かったです。最後に外に出て「受難のファサード」を見ました。「受難のファサード」はキリストが十字架にかけられる前後の様子が彫刻で表現されていました。人物がみんな角ばっているんですとても威圧感があって「生誕のファサード」との表現の違いが興味深かったです。これでサグラダファミリアの旅行記は終わりです。次は最終回、モンセラットに行った旅行記です。ではまた明日

      15
      テーマ:
  • 30Oct
    • バルセロナ旅行【3】カタルーニャ音楽堂

      子供達の秋休みを利用して行ってきたバルセロナ旅行。ガウディの作品であるカサバトリョ、グエル公園に続き、二日目の午前はガウディ作品ではないカタルーニャ音楽堂の内部見学に行ってきました。旅行出発直前まで内部見学するためにはガイドツアーに申し込まなくてはならないことを知らなかったのですが、ここのコメントで教えていただき、慌てて予約しました 情報ありがとうございましたガイドツアーでは美しい音楽堂の中で、パイプオルガンの演奏も聞けるという噂だったので期待度が高まりましたしかし前日(すでにバルセロナ旅行中)にガイドツアーを申し込んだ日本語サイトからメールが来たんです。そこには「バウチャーを送りますので印刷して提示してください。紙に印刷しないとダメです。すでに旅行中の方は宿のfaxを使わせてもらったりネットカフェでプリントさせてもらってください」と書いてあり…私たちは今回、ホテルではなくて貸しアパートみたいなところに宿泊していたので受付がなく、プリントをお願いできなかったため、強行で携帯の画面だけ携えて行きましたこれで入らせてもらえなかったら切なすぎるーそして音楽堂の受付にて問答無用で携帯の画面を提示したところ…特に何も言われぬまま、受付完了して入れましたよあの「プリントしないと無効です」的なメールは何だったの無駄に神経すり減らしちゃったじゃないの…でもとりあえず入れたので良いことにして…ガイドツアーの待ち合わせ場所は音楽堂のカフェスペースだったのですが、すでに芸術的で今回は英語のツアーを申し込みました。日本語ツアーはありません。英語、スペイン語、カタルーニャ語、フランス語 くらいから選べます。まずは小ホールにて説明動画を鑑賞してから中に入りました。以下、写真メインでお伝えいたしまーす。階段も素晴らしい控え室にまずは通されました。外のテラスのモザイクタイルで装飾された柱が外から撮影するとこんな感じです。モザイクタイルはやっぱり遠くから鑑賞するのもいいですよね〜そして音楽堂の中へ。天井のステンドグラス舞台の上のモザイクタイルがそして私は天井の陶器の花がとても気に入りました窓のステンドグラス、ここのは可愛い感じですよね。そしてガイドのおじさんの英語での説明を聞いて、いよいよパイプオルガン演奏 と思ったのに、「ここからは質問タイム」となり、あれれ?と思っていたら、質問タイムにちゃんと「パイプオルガン演奏は聞けないのですか」と質問して下さった外国人がいて(私も外国人か)。すると「今週はパイプオルガンの調整期間となっていて演奏はありません。」ですってダァァァー外に出て、入るときにはゆっくり見られなかった外観も見学しました。そして息子と次女は入り口で写真撮って〜!と言ったので撮りました。んなんだか息子の足が長くなっているような…しれーーーっと背伸びしているのかなーーーんだ。バルセロナ旅行記、お次はついに! サグラダファミリアのご紹介となります。また明日〜

      18
      4
      テーマ:
  • 29Oct
    • 暖炉、使ってみた。

      バルセロナ旅行記の途中ですが、子供達の秋休み終了の週末、家の暖炉に火をつけてみたので動画など。初挑戦だったため、薪を用意したり家具の配置を変えたりとひと騒動でした。煙突掃除は我が家が入居する前に完了していたそうです。ってことで点火とてもよく燃えました。癒される〜でも意外にたくさん薪を消費することが分かりました。薪を準備するのに出費がかさみます。なんて現実的すぎて切ないです昨日でサマータイムも終わり、お天気もこれからずっと悪くなりそうです。スイスの秋ももう終わりかな?!もう冬に向かってまっしぐらなのかな?!と、ドキドキしております。ちなみに先週、家族でスキー⛷のシーズンレンタルをしにスポーツショップに行ったのですが、2週間ほどしたらレンタル開始するのでまた来てね と言われましたフライング

      23
      テーマ:
  • 28Oct
    • バルセロナ旅行【2】グエル公園

      一昨日まで子供達の秋休みを利用してバルセロナ旅行に行ってきました。タイル好きにはたまらないガウディの作品を見てきたのでちょいとご報告です。カサバトリョに行った後はご飯を食べ、予約していたグエル公園へ!!皆様のアドバイス通り、今回はグエル公園の有料ゾーンへのチケットはネットで予約して行きました。本当に大正解です 激混みでしたからさて、カサバトリョから移動する際にメトロを使って行ったのですが、一駅手前で間違って降りてしまいました。もう地上に出てしまったし一駅くらい歩けるよね〜ってことで歩き始めて過ちに気がつきましたグエル公園って丘の上にあるんだよー。ってことは長い長い上り坂だよーこんな坂をひたすら30分歩くとまとはうすメンバーたち…はい。私が真っ先にバテるのですようやく到着した頃にはすっかり喉がカラカラに。そんな喉カラカラ状態の私たちの耳に聞こえる耳障りな「ワンユーロワンユーロワンユーロワンユーロ…」と、まるで早口言葉のように言う男性の声はい。路上で販売していたペットボトルの水を1ユーロで買いましたともその後、子供達が暇さえあれば「ワンユーロワンユーロワンユーロワンユーロ…」と唱えるようになったのは言うまでもありません。喉の乾きも癒えたところで入場時間になったので有料ゾーンへ。モザイクタイルパラダイスでしたよっこのアーチもガウディらしいですね!モザイクタイルの椅子は観光客で埋め尽くされており、座れませんでした。ま、別に座らなくても見えるから良いのです。そのままトコトコ移動していくと、まるでお菓子の家みたいなのがありましたそして振り返ると、かの有名なトカゲの像がある階段です…しかし、階段下の方の草が伸びすぎていて上がよく見えないではないかモザイクタイル素晴らしいと、見ていたのですが、口から出ている水のところにはえている藻が気になりだして(笑)夫は「やばい病気に感染している!!」とつぶやいてました。気になりすぎますよ、藻がそしてかの有名なトカゲの像。やはり口からやばいのはえてますなんというか、手入れしようよ手入れこのトカゲのところで写真を撮ろうとするも、中国人? 韓国人? の団体が我先にと撮影していて、しかも背景に他の人が写らないようにいちいち「どいて」と言うのです。このままじゃいつまでたっても写真撮れないと、強行で撮りました。すぐにまたどかせられましたけれどあーーー、もっとゆっくり見たかったー名残惜しくはありますが、次に行ってみよう!テラスに出ました。天井が! 天井が!!モザイクタイル美しいそんなわけで激混みでしたがグエル公園も満喫しました最後に息子と私のツーショット子供達も楽しんだようです。お天気良くて良かったです。さて、お次は二日目のカタルーニャ音楽堂です。また明日〜

      18
      テーマ:
  • 27Oct
    • バルセロナ旅行【1】カサバトリョ

      バルセロナ旅行より、昨日帰ってきました!いやいやいや、バルセロナ、すっごく都会でしたスイスの私たちの住む街も街だと思っていましたが、なんとのどかなことでしょうそんなところですがぼちぼち旅行記的なものを書いてみますね。(写真中心で、ちょいちょい私の感想も。)まず初日の午前はガウディが手がけたカサバトリョという家を見学に行きました。バルセロナにはガウディが手がけた家がいくつもあるのですが、子供達とのんびり見学したかったので1つに絞りました。(ガイドブックを見て、モザイクタイルが美しそうなところをチョイス!)入り口には長蛇の列ができていましたが、booking.comさんが送ってくれたクーポンにてファストレーンに行ったらすぐに入れましたよ日本語で解説してくれるイヤホン🎧お借りして、早速中に入ってみました。わーお階段からしてすでにガウディっぽい曲線が続いていますね。暖炉。2人で並んで暖炉にあたれるそうです。(そういえば我が家の暖炉もそろそろデビューしたいなぁ。)奥に行くと外から見えたステンドグラスの部屋にたどり着きました。カサバトリョは海の中をイメージして作られたようです。見れば見るほど海底にいるような気持ちにさせられます。天井の照明。小宇宙ですな。中央には吹き抜けが。下の方は淡いブルーで…上の方に行くとブルーが濃くなっていきます。イヤホン🎧解説によると、上から光が当たるので上部は色が薄く見え、下の方は光が届きにくいためにブルーの濃淡を施したそうです。考え抜かれてますよね!屋上に出たら…タイルのモザイク素晴らしすぎます屋根裏のアーチも小宇宙でした。見学終わり、外に出て再度外壁を見ると…タイルのモザイク、美しいなぁ帰宅後、タイルの作品作成への意欲が向上したことは言うまでもありません。何を作ろうかな〜バルセロナレポート、お次はグエル公園です。また明日

      16
      4
      テーマ:
  • 25Oct
    • バルセロナに来てます

      タイトル通り、家族でバルセロナ観光に来ています。ガウディの作品もガウディ以外のものも素晴らしいですまた帰ったらご報告したい写真などが山盛りですやっぱりタイルのモザイクって昔から愛されて来たんだなと実感しています。明日はモンセラットに行く予定です。楽しみ〜

      19
      テーマ:

プロフィール

とまと

お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
2018年夏よりスイスに住んでます。 みなさま、ぜひ気軽にコメント、残してください。 (過去記事への...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス