中学生の勉強法と親の心得 ~塾長直伝! 高校受験対策と反抗期の対応法~

中学生の勉強法と親の心得 ~塾長直伝! 高校受験対策と反抗期の対応法~

勉強の「困った」を解決する、小中学生とその親のための教育相談サイト。
公立小中学校からの高校進学を目指す人へ、高校受験の正しい勉強法、家庭学習や独学の方法、
親の心得や役割、反抗期の中学生の接し方や指導法、岐阜県の入試情報や塾の選び方などを紹介。

~楠木塾へようこそ~


塾ならば生徒の成績は上げて当然です。

しかし、成績アップや受験だけが教育ではありません。


いつの時代も親の願いは「子供の幸せ」ですよね。

そして心豊かに育った生徒は、家族や周囲の人々を幸せにします。

そんなふうになれば、教える先生たちも幸せを感じます。


生徒、親、家族、周りの人々、指導者・・・

関わる全ての人が一緒に幸せになれる教育の形を目指します。




【 楠木塾 無料メール会員 】
  「メール会員のご案内」

 一般公開しづらい濃い内容などを定期的にお届けします。

 メールセミナーなど各種無料特典も満載です。

 ~無料メールセミナーの例~

  ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
  ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
      ~中学生の親ができること、やるべきこと~

   ※配信セミナーは時期により異なります。


テーマ:

過去記事を整理中です。

「答えをすぐに見るべきか、見ないべきか?」 (正会員向け)

「塾でしか勉強しない生徒になってしまう裏側」

「反抗期が長く続く中学生の子供を持つ親です」

「途中で、ボロボロ泣いてしまいました・・・」

----------------------------

前回更新したもの

「学校よりも塾の先生のほうが分かりやすくて頼りになる?」

「中3で成績が下がる生徒と、その対応(スランプの脱出法)」 (正会員向け)

「反抗期も重なり、テスト勉強すらやらない時もあり、成績は・・・」

「見守ることが甘やかすことにならないのか、ここは厳しくしかるべきではないのか・・・」

 

 

 

◆ ご利用方法 ◆
【 メールで学ぶ 】
 「楠木塾 メール会員のご案内」
  メールセミナーや教育相談など各種無料特典が満載です。
  匿名でお気軽にご利用くださいませ。

 ~無料メールセミナーの例~
  ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
  ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
   ※配信セミナーは時期により異なります。


【 ブログで学ぶ 】
 「ブログの歩き方」
  重要記事を手軽に学べるブログ内ツアーや、
  過去の人気記事ランキングをご用意しています。
  疑問の点は、よくあるご質問をご覧くださいませ。


【 楠木塾 正会員 】

  上記は全て無料でご利用いただけます。
  公開に適さない内容については、
  「楠木塾 正会員」にてお届けしています。
 

 


フォローしてね

 

 

 

 

 

 


テーマ:

教育に関連するニュースをお届けしています。
今日お届けするのは、教員の負担軽減に関する記事です。
 

 兵庫県教委は、新年度から県立のすべての高校、特別支援学校、中等教育学校で一斉に留守番電話を導入する。教職員の勤務時間外の業務負担を軽減するのが狙い。教職員が学校に残って仕事をしている時間帯でも、保護者は夕方以降、教職員と直接連絡することが原則できなくなる。
 配備するのは録音機能のある留守番電話か、「本日の業務は終了しました」と音声が流れるだけのオートメッセージ型の機器。どちらにするかは各校が実情に応じて決める。留守番電話対応になるのは、おおむね午後5時ごろから翌朝の午前8時ごろまで。
 神戸市教委も、2018年度から順次市立学校に導入しているが、何時から留守番電話対応にするかは各校に任せているという。
 県教委教職員課の担当者は「教職員の長時間勤務は深刻な問題。今後、市町立の小中学校などにも留守番電話の導入を促していきたい」と話す。

引用元:兵庫の県立学校すべて、夕方から留守電 教員の負担軽減(2019.2.23)


 「何かあったら夕方以降でも連絡をしたい」「仕事が終わってから連絡がつかなくなる」という不満や要望の声もあったはずでしょうから、なかなか思い切った施策です。

 夜でも電話がつながるに越したことは無いですが、留守電対応が存在しない業種というのも他になかなか無いわけで、昨今問題になっている業務負担を経験するためにはしかたのないところかと思います。

 ただ、単なる録音ではなく、コールセンターにつなげたり、ある程度の時間までは事務員を雇い入れたりといったことはできないのかなという気もします。今どき、中規模程度の民間企業でも何らかの対応をしているわけで、各省庁や特殊団体がいろいろ用意している、よく分からない各種の電話相談をやめて、こちらに回したほうがよっぽど意味があるような気もします(苦笑)

 なお、最近は担任の先生から、生徒や保護者に携帯番号やメールアドレスを教えている場合も多いですよね。学校への直接の電話は留守電にするとして、そういったものはどうなるのでしょうか。

 そもそも、携帯やメールについても、経費管理や個人情報保護の観点などから、先生が個人で用意するのではなく、学校が専用のものをちゃんと貸与するようにすべきだと思いますが・・・連絡網まわりは何やら問題点ばかりですね(笑)

 

 

 

 

 

 

◆ ご利用方法 ◆
【 メールで学ぶ 】
 「楠木塾 メール会員のご案内」
  メールセミナーや教育相談など各種無料特典が満載です。
  匿名でお気軽にご利用くださいませ。

 ~無料メールセミナーの例~
  ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
  ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
   ※配信セミナーは時期により異なります。


【 ブログで学ぶ 】
 「ブログの歩き方」
  重要記事を手軽に学べるブログ内ツアーや、
  過去の人気記事ランキングをご用意しています。
  疑問の点は、よくあるご質問をご覧くださいませ。
 

 


フォローしてね

 

 

 

 

 

 


テーマ:

 新たにご登録いただいた皆様、この度は楠木塾メール会員へようこそ。
 はじめましてのご挨拶を兼ねつつ、お寄せいただいたコメントのご紹介と御返事をさせていただきますね。

(いただいた順でのご紹介のため、ご登録からしばらく後になる場合もあります)

 


 

悩める父様

はじめまして。

ここ数ヶ月の間色々なサイトを回っておりましたが、昨日こちらにたどり着きました。
内容を読ませていただき共感できるところが多々ありましたので、初めてのことですがメール会員に登録させていただこうと思いました。

家族構成は、私、妻、息子(まもなく中3)、娘(まもなく小5)の4人家族で、受験生になる息子の反抗期に頭をかかえる毎日です。1年以上に渡って色々試しましたが、今のところ目に見える効果がなく、夫婦共に疲弊しているというのが実際のところです。

どの子供にも個性がありますので、完全な正解を見つけることはできないと思います。
また言葉で反抗期の息子を変えることはできないことは理解しているつもりですので、親側の息子に対する接し方についてヒントだけでも得ることができればと思っております。

よろしくお願いいたします。

 


 

 わざわざのご挨拶をいただき恐縮です。また、共感できるところが多々あるとのお言葉、誠にありがとうございます。

 母親が1人で悩んでおられるご家庭も多い中、お父様が積極的に関わっておられるのは素晴らしいですね。手はかかるものの、かわいさいっぱいの幼少期の子育てには積極的でも、扱いづらくて憎らしさ(?)いっぱいの反抗期になると静かにフェードアウトしていく父親は少なくないだけに、頭の下がる思いです。

 おっしゃるとおり、どの子にも個性があって、誰にでも当てはまる共通の正解は滅多に存在しないですよね。しかし、個々の子供を見ていけば、その子に合った正解は必ずあるのが、教育や子育ての面白くもあり、難しくもあるところかと思います。

 そして今回は、すでに1年に渡って試行錯誤しておられるということですから、今までのやり方を変えるべき可能性が高そうです。だからと言って、大きく方向転換すべき!と決めつけるのも危険で、実は惜しいところまでいっていて、足りない部分を補うくらいで良い状態という可能性もあります。

 いずれにしても、言葉だけでは変えられないのが真理である一方で、この時期の関わりの大部分は言葉に頼らざるを得ないのも事実ですから、心の持ち方を含めた言葉以外の部分から日々の声掛けまでを含めて、改善のために少しでも参考にしていただけることを願っておりますね。

 こちらこそ、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 


 

yuk 様

親ばっかり空回りする状態から抜け出したいと思いネットで情報を集めていたらこちらにたどり着きました。もう少し読みたい記事が多いので登録をよろしくお願いします。

 


 

 中学生くらいの子供を相手にしていると、自分ばかり空回りしていると感じておられる親御さんは、とても多いようです。実際に、そういったメッセージやコメントも多いですし、そのままズバリのハンドルネーム(空回りの親、など)をつけられる方も定期的におられるほどですからね。

 そして、空回りが嫌になり、放ったらかしで何もしなくなる親御さんもいますが、やはり本当に必要なのは、空回りでも放ったらかしでもない、その間の実のある適度な関わりですよね。そういう意味でも、参考にしていただけるところがあれば幸いです。

 

 


 

Asako様
 

6年生、女子、反抗期、勉強嫌い、塾をやめたがる、約束を守れない。

 


 

 問題山積みといった雰囲気ですが、元を辿れば典型的な反抗期が原因といったところかもしれませんね。中学受験塾なのか、それとも高校受験を視野に入れた塾なのかによっても違ってくるところでしょうが、「約束を守れない」といったあたりに、親子関係のほころびも見え隠れします。
 いろいろと悩ましいところかとは思いますが、まずはメールセミナーが参考になることを願っておりますね。
 

 


 

ユミちゃん様

宜しくお願いします!!

 


 

 ご登録に寄せて、わざわざのコメントをいただき誠にありがとうございます。

 こちらこそ、どうぞよろしくお願いいたします。
 

 

 

◆ ご利用方法 ◆
【 メールで学ぶ 】
 「楠木塾 メール会員のご案内」
  メールセミナーや教育相談など各種無料特典が満載です。
  匿名でお気軽にご利用くださいませ。

 ~無料メールセミナーの例~
  ◇ 反抗期の対応法 ~中学生の親の心得~
  ◇ 成績アップの扉を開くミニセミナー
   ※配信セミナーは時期により異なります。


【 ブログで学ぶ 】
 「ブログの歩き方」
  重要記事を手軽に学べるブログ内ツアーや、
  過去の人気記事ランキングをご用意しています。
  疑問の点は、よくあるご質問をご覧くださいませ。
 

 


フォローしてね