2月13日(日)に開催されました「第37回郡市対抗熊日駅伝大会」に出場した、特別養護老人ホーム蕉夢苑のNI介護職員所属の宇土市から、選手派遣に対する礼状が届きました。


結果につきましては、選手一人一人の頑張りで、最後まで無事襷をつなぐことができ、近年最高の9位躍進賞を頂くことができました。これも一重に皆さまのご協力とご指導の賜物と心より感謝申し上げます。


つきましては、今後も上位入賞を目指し、ますます競技力の向上に取り組んでまいりたいと考えておりますので、さらなるご指導とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。


NI介護職員も9区を走り終えた後、精一杯の頑張りができたことで、満足感で一杯のようでした。昨年よりも記録は短縮できなかったものの、順位についてはしっかり役割を果たすことができたようです。


蕉夢苑の仕事を終え、帰りしな、さわやかな笑顔を残して、帰宅していきました。


AD

昨日、今日と寒かったですね。

今朝の最低気温は、この宇城市でもマイナス3℃。天気予報によれば、午前6時でもマイナス1℃だそうです。


蕉夢苑ランナーズの1人、TT施設課長は1月15日(土)が「郡市対抗くまにち駅伝」宇城市の代表を選抜するための選考会が行われ、今年も挑戦しました。雨、雪の降る寒い日でしたけど。


「どうだった?」

「まずまずでした。」

これは決定だな。そう思いました。

宇土市から城南町に至るコースを任されることになったそうです。


1月16日(日)もTT施設課長は天草の倉岳マラソンに出場して優勝だったそうです。そして、2月13日(日)のくまにち駅伝にむけて、しばらく調整です。


もう1人の蕉夢苑ランナーのNIホーム介護職員は、既に宇土市代表に決まっています。と、思っていたら、そうではなく、1月22日(土)宇土市の選考会が予定されており、その結果を見て決定されることになるそうです。


AD

214日(日)第36回郡市対抗熊日駅伝が行なわれました。蕉夢苑のスタッフが2人出場しました。


特養ホームの生活相談員TTと介護職員NI。生活相談員TTは昨年の天草マラソンで優勝を飾った実績を持っていますし、介護職員NI800Mで九州大会に連続出場を続けています。長い距離になれば生活相談員TT、短い距離になれば介護職員NIと、それぞれが得意とする種目があります。


生活相談員TTは宇城市のランナーとして9区、介護職員NIは宇土市のランナーとして、同じ9区。そうです、くしくも9区という同じ区間を蕉夢苑スタッフ同士が走ることになったのです。さて、結果はどうだったのでしょう?


駅伝の結果は、宇城市が5位、宇土氏が12位でしたから、全体としては宇城市の勝ちでした。では、個人対決はどうだったでしょうか。


介護職員NIが区間7位、生活相談員TT8位、タイムの差が7秒でした。生活相談員TTは常日頃から、「誰に勝つとか負けるとか、そういう気持ちはない。自分の実力をそのまま発揮することだけを考えている。」そう言っています。


周囲の者が「勝った、負けた」などと不謹慎なことを言わないようにします。2人ともお疲れさまでした。

AD