公務員 島田正樹 〜仕事と私事と志事と〜

仕事も家族・友人との私事も楽しみながら、魂を燃やして挑む“志事”で社会を変えていきたい!市役所から一転、2年間の内閣府勤務を経て再び市役所に戻った現役公務員が、仕事や私事だけでなく課外活動など“志事”を通じて公務員やサラリーマンの新しい生き方を考えます。

■仕事と私事と志事と

生活の糧を得るためにする“仕事”を通じて、少しでも多くの価値を社会に創出したい。
でも、“私事”として家族や友人との関係も充実させ、子育ても充実させたい。
更に、自らの魂を燃やして成すべきことに挑む“志事”で世の中にインパクトを出したい。

三つ一緒に頑張るから気持ちの切り替えも出来るし、インプットとアウトプットのバランスもちょうど良く、なおかつそれぞれで培った知識やネットワークも相互に活かせる。

どれか一つだったら出来るけど……ではなく、三つ一緒だから出来る。

どれか一つに注力するよりも、三つ一緒に挑戦するから高い場所まで到達できる。
“仕事”と“私事”と“志事”とに力を注ぐことで、本当に実現したい自分になり、そして実現したい社会づくりに貢献できる生き方に挑戦しています。



■現在の“志事”のテーマ

仕事と私事にプラスαする“志事”として、今は以下のような活動に取り組んでいます。

(1) 公務員キャリアデザインスタジオ
https://kcds.jimdo.com/

(2) SAITAMA TOMIN LABO
http://www.saitamas.com/

(3) NPO法人 二枚目の名刺
http://magazine.nimaime.com/shimadamasaki_interview/



■免責

ブログ内での発言・意見はいずれも島田正樹個人の見解であり、さいたま市・内閣官房/内閣府など所属する組織の見解ではありませんのでご承知おきください。

テーマ:

 

もう年末の雰囲気たっぷりのこの週末。

 

実はPCをまったく開けないくらい、自分の主催企画でバタバタしていた土日だったのですが、いや、バタバタした土日だったので大充実。

 

 

ひとつのブログに両方のことは書けないので、まずは書きやすい方から。

 

 

 

11月19日(日)は、公務員キャリアデザインスタジオとして

 

『公務員と語る、公務員を語る』

 

という対話形式の公務員志望者(内定者)と現役公務員が交流するイベントを開催しました。

 

 

 

この『公務員と語る、公務員を語る』というイベントについては、夏に開催したときのレポートも合わせてご覧ください。

 

公務員と語る、公務員を語る さいたま市 special ver.

 

 

 

 

 

今回、公務員志望者(内定者)の申込が思いのほか少なく、当日参加してくれたのは5名。

 

 

公務員キャリアデザインスタジオが開催する際の通常のプログラムでは、以下のような流れなのですが、

 

 1.オープニング

 2.アイスブレイク

 3.インタビュー

 4.ワールドカフェ

 5.クロージング

 

5名の参加者と5名の現役公務員の合計10名だとワールドカフェはチト厳しい。

 

 

 

ということで、参加者から現役公務員へのインタビューが終わった後は、本来ワールドカフェを2ラウンド回すところで、新しい対話の方法を試してみました。

 

 

 

 

 

試してみたのは、フィッシュボウルというアクティビティの変化形。

 

 

 

今回のやり方は、アクティビティとしてのフィッシュボウルの本来の用途とは必ずしも合致していないのですが、参加者(志望者・内定者)だけで丸くなって話してもらう時間と、現役公務員だけで丸くなって話してもらう時間を作ってみることにしてみました。

 

 

まず参加者が丸くなって、インタビューで現役公務員から聴き取った内容を共有。それを外側で現役公務員が聴く(口出しはしない)。

 

次に現役公務員が丸くなって、インタビューで聴かれたことと、前のラウンドで参加者が話していたことについて感じたことなどを対話。それを外側で参加者が聴く(口出しはしない)。

 

 


 

 

という感じでやってみたのですが、いいなと思う点と課題とそれぞれが見えて、これも今後のためにプログラムデザインを丁寧に考えてみることと、ファシリテーションの支援のためのシナリオや適切な問いの立て方などはツールとして作っておきたくなりました。

 

 

 

一つ言えるのは、通常のワールドカフェのver.のように現役公務員と一緒のグループで対話をするよりも、参加者からの発言を促す環境になるということ。

 

それは一つのメリットでもあるのだけれど、気をつけないと参加者に高い負荷をかけてしまう可能性もあるので、ファシリテーションは状況を見るチカラが試されるな~と。

 

 

 

フィッシュボウルの難しいファシリテーターを、私からの無茶振りに文句も言わず担ってくれた宮武さんには大大大感謝です。(いつも、無茶ブリすまぬガーン

 

 

 

私の中でこの「語る語る」のワークショップとしてのプログラムデザインは、結構改善の余地があり、かつ、その都度の参加者の状態やその人数に合わせていくつかのバリエーションを用意できると思っているので、時間を作ってジックリ研究・開発したいなーって思っています。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

実は明日は、西の方からのお客様をお迎えして、1日がかりの おもてなし の企画を実施します。

 

 

今夜はその持ち物チェックをしながら、司会を務める自分のために進行の台本(めいたもの)を作っています。

 

 

 

 

今回の企画は、夏頃から企画し、準備を進めてきたもので、その本番がいよいよ明日だと思うと、何だか気分がワイワイとなってきます。

 

 

 

具体的には明日以降、レポートのカタチでブログに書きたいと思いますが、一緒に企画・運営してくれているのが、私が春から夏にかけて学んでいた『青山学院大学ワークショップデザイナー育成プログラム』で一緒に学んでいた同期の有志のみんな。

 

 

 

それぞれ仕事とは違う時間をこの企画のために割いてくれて、一緒に準備を進めてくれました。

修了後に、こうやって一緒に場づくりができること、本当に心強く感じています。

 

 

 

みんなで考えたプログラムが、お迎えする皆さんにマッチするのかどうか、当日の現場でのファシリテーションでしっかりフィットしたプログラムになるのか、もちろん心配もありますが、あまり緻密に計算したり、事前に心配することよりも、何よりお迎えする私たち自身が楽しむことが大切です。

 

 

 

司会をしながら私は緊張で顔が引きつっているかもしれませんが、できる限りの笑顔でお客様をおもてなししたいと思います!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

この2週間くらい、私の中で「今年の集大成なんじゃない?」という原稿を書いていました。

 

 

 

そして、今日校正なども諸々終わりました~ニコニコ

 

ここ2~3日間はブログを書く“心の余裕”もありませんでした(自爆)

 

 


 

 

今年は職場の外での活動とその学びなどについて依頼をいただくことが多かったですが、今回書いたのもまさにそういった内容。

 

 

 

この原稿を書くために、これまでに書いてきたことやインタビューや講演で話してきたことを振り返ってみました。

 

 

 

自分では「色々と話したな~」と思っていても、実際には同じコトを繰り返しお伝えしてきたのかもしれない、そんな風に感じています。

 

 

 

 

これまで、それぞれその都度ご依頼の切り口で書いたり話したりしてきたのは、

 

職場での仕事に加え自分が大切だと思う価値観にそった活動を、

 

組織から飛び出してやってみることの大切さ

 

と、

 

そういった活動をするためにどんな工夫が必要なのか

 

について。

 

 

 

2枚目の名刺

パラレルキャリア

ポートフォリオワーカー

志事(こころざしごと)

 

 

 

呼び方は様々ですが、スキルアップのために、職場でのOJTや集合研修に加え、自分が必要だと思う経験を自分の意思で主体的にデザインすることの大切さこそ、私が一貫してお伝えしたいことです。

 

 

 

人生100年だとしたら……

 

組織に雇われて活動する時間の占める割合が、相対的に低下します。

 

そうだとしたら、与えられた仕事に主体的に取り組むだけではなくて、何に取り組むかまで主体的にデザインすることが必要なのではないでしょうか。

 

 

 

社会の変化が激しくなり、私たちを取り巻く多様性が増すばかりだとしたら……

 

過去の成功を学ぶことが、果たして今の課題にどれほど効くでしょうか?

 

少なくとも先輩たちの成功体験をそのままなぞるのではなく、そこから本質を抽出し、かつ、そこに変化に対応するための新しい何かを上乗せすることが必要なのではないでしょうか。

 

 

 

 

私は、ひ弱な個人が強固な城壁の中に守られてる状態を“安定”と呼ぶことに違和感を覚えます。

 

本当の安定とは、城壁の外に出ても自分の足と腕で生きていける状態をいうのではないでしょうか。

 

 

 

 

そんな安定した一人の個人になるために、組織に与えられた機会を次から次へとこなすだけではなく、

 

どこで誰と何を経験し

そこで何を学ぶのか

 

それ自体を自分で主体性を持って機会を捕まえていく必要があるんじゃないか、そんな問題意識が私にはあり、色々なところでお話をさせていただき、記事も書かせていただきました。

 

 

 

未来は予測できない。

私の正解なんて分からない。

 

 

でも、自分で意思を持って捕まえた機会だったら、うまくいっても、うまくいかなくても、あまり後悔せず、そのときなりに解釈して、経験に意味を与えられる気がする。

 

 

 

必要な機会は自分で捕まえる。

そもそも無いのなら自分で機会を作る。

 

 

 

一人ひとり事情もあるし、ハードルもあるはずですが、今の自分の状況に合わせた身の丈に合った機会がきっとあるはずです。

 

 

 

 

なーんて総括めいたことを書いていますが、まだ年内に連載の原稿は2本書かないと。

 

 

あー! もうすぐ締め切りだ~!ショック!

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 
 
読書会の参加者を募集します。
 
 
リンダ・グラットンの『LIFE SHIFT』の内容について対話する場です。
 
 

実は9月に開催が決定していたのに、風邪でダウンしてドタキャンしてしまった『LIFE SHIFT』読書会。

 
 
 
リベンジ  です。
 
 
 
 
前回参加してくれる予定だった皆さんに先行してお声がけしているので、私を含めすでに4名の参加が決まっていて、残り2名を追加で募集します。
 
 
 
【日時】2017年11月27日 19〜21時
【会場】東京駅八重洲口近くの会議室
  (詳細は個別にご連絡します)
【定員】2名
【参加費】¥500
 
 
 
人生100年になったら
3ステージからマルチステージになったら
AIやIoTがもっと浸透したら
 
 
公務員の身分保障や終身雇用、年功序列は、公務員を護る護符になるのか、それとも公務員を縛る呪いになるのか。
 
 
私からはそんな問題意識から『LIFE SHIFT』をどう読んだかお話しします。
 
当日どんなプログラムになるかは参加してみてのお楽しみですが、参加者の皆さんからも、この本をどのように読んだのか、他の参加者とどんなことを語りたいのかお話しいただき、その場の流れと雰囲気を大切にして対話していきたいと思っています。
 
 
 
参加者は公務員が中心ですが、公務員ではない人の参加も歓迎します。立場が違うと本から読み取ることも違っていたりして、面白そうですね。
 
 
 
ぜひ興味のある人はご連絡ください。
 
 
 
★参加申込方法
アメブロのメッセージ、または各種SNSの機能で私宛にご連絡ください。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

{9D5D17A1-9E70-4C74-A65A-57DFDBB849B8}






二人で並んで、

あるときは同じ方向を向いて一緒に前に進んだり、あるときはすれ違ったり。

 

ときには、

話すこともあったり、

言葉を交わさないこともあったり、

一人がもう一方の背中を押したりすることも。







コミュニケーション、いや、人間関係の縮図みたいって思ったのが


ブランコ








休みの日は娘たちと公園に行くことが多いのですが、その時に決まって遊ぶのがブランコ。




ここ最近、休日も出かけることが多かった私。昨日と今日は、久しぶりに用事がなく、たっぷり家族と過ごす時間がありました。


いや、2本たまった原稿の締め切りとか、NPOのプロジェクトのタスクとかあって、冗談でも“ヒマ”なんて言ったら叱られる状況なんですが……大汗





ということで、公園に行き、定番のブランコを楽しんでいたのですが、


家では本のことやお手伝いのことで言い争いになることも多い長女と次女が、ブランコに乗ると、譲り合ったり、助け合ったり。




高く漕げるように背中を押してあげたり

靴投げをすれば靴を取ってきてあげたり

うまく降りられなくて転んだら手を貸してあげたり




あの膝の高さの赤い柵の内側は、何かそういう魔法でもかかってるみたいに、コミュニケーションをとり、助け合ったり譲り合ったりする二人。




こういう日々の遊びの中に人間関係を学ぶ“練習問題”がたくさん隠されていて、私たちも幼い頃からこうやって学んできたんですよね。



オトナになってから、“上手に” できるように技術や知識として習得できる部分もありますが、基本的な心根の部分での人間関係に対する姿勢は、こういう日常の中で身に付ける部分も大きいんだろうなって、娘たちを見ていて感じています。




もちろんブランコの魔法は、オトナが「ダメ!」とか「お友だちが待ってるでしょ!」とか過剰な介入をすると、あっという間に解けてしまうので要注意です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。