柴田朋子~キャリアデザインでHAPPYになろう~

柴田朋子~キャリアデザインでHAPPYになろう~

「キャリア」って人生そのもの。
社長さんもサラリーマンも、主婦も学生も、自分らしく人生を生きたいすべての人に、ピリリとドッキリなアドバイスでお手伝いします。

個人も組織も「強み」を活かして生き生きと


【強みを生かしたキャリア(人生)アドバイス】


研修・講演・セミナー・個人コンサルティングなど


お気軽にお問合せください


↓↓↓


お問い合わせはこちら です



上記お問い合わせには、およそ24時間以内に回答しています。
こちらからのメールが届かない場合、

1、迷惑メールフォルダに入っている
2、ご登録いただいたメールアドレスが何らかのミスでご記入されており、不着となっている

が考えられます。
迷惑メールフォルダをご確認いただき、届いていない場合は、再度、メールアドレスのご連絡をいただきますよう、お願い申し上げます。

NEW !
テーマ:

↑昨夜のQ-tao夜セミナー、猛牛劇団のワンシーン(笑)

一つ前の記事で「今いる場所で有効な強み」という表現をした。
みなさん、「場所が変われば使える強みが変わる」ことには納得しても、肝心の強みがわからない、という声は多々。むしろ「弱みしか見つけられない」とかいう嘆き節が湧いてくる。


そんな中、昨夜はQ-tao夜セミナーの最終回。会場満タンの人たちで「自分の経験を棚卸しして強みを探し合ってみる」というワークをやったよ。熱気むんむんになったw
あちこちのグループで「えー、嬉しい♡そんなこと言ってもらえて~」とか、「え?これって普通じゃないんですか?強みなの?」なんて声が飛び交っていたけどね、あの短時間で、初対面の人同士でも、少しは見つけられるわけですよ。


そして「これって普通じゃないの?」という声が出がちなの、あるある(笑)。
それはつまり、本人は強みだと思っていない=このくらい誰でもやるでしょ、と思っている、ということでもある。だから「強みが見つけられない」って話にもなる。


じゃあ、なぜ他人がそれを見つけられるかといえば、その他人の物差しで測っているからでしょ?その人から見たら「それは素晴らしいよなあ」と思ったということ。だから特によく見つかるのは「自分とは違う(自分にできない)ことをやれる人の強み」だよね。


では弱みはどうなんだろうか?

「あの人はあんなことができるのに、わたしはいつもできない」みたいな見つけ方してないだろうか?いつもミスの少ない同僚がいたら、自分の雑でケアレスミスの多い書類に「わたしは事務が苦手=弱み」と思ったりしないだろうか。


「アレコレ慎重になりすぎる」という弱みがあったとして、「慎重に慎重を期す必要がある職場」にいたら、それは弱みになるんだろうか?むしろその気質は「なんでもどんどんやりながら考える」人より、そこでは「強みがある人」になるのでは?


なんてことを思うのは、わたしが社風正反対な職場を経験したからなのだけど。


絶対的強みも絶対的弱みも、さほどはないのじゃないかな。それを弱みにさせる環境があるというだけで。

であるならば、自分の特性をよく理解して、自分の使い方を考えることや、人のサポートを得ることにもっと積極的になるほうが大切じゃない?


昨夜のセミナーはとにかくみんな「相手の話から強みのキーワードを見つけよう!」という他者への興味と貢献意欲が見えていたよね。

あの態度、あの姿勢を日常でも周りに人に持つこと、その習性を意識するともっと自分の強みも発見できるようになるから!!(家族や身近な人にはつい「ダメ出し」から入っちゃうってことになってない?それだと見る目が養われないよ笑)

★この先のQ-tao企画のお知らせ

5月11日(土)10時半~12時、6月29日(土)13時半~15時

ヤマザキマリさんの本の読書会、開催します。参加費なんと500円!

読書会&猛牛ライブ(お悩み相談)のスペシャル企画音譜

くわしくはこちらをご覧ください
 

 

あなたの強み、探してみましょう!

【個別コンサルティング】 ※その他さまざまなお問い合わせもどうぞブーケ1

起業も転職もキャリアも、人間関係もなんでも。キャリアって人生そのものです

★遠方の方は無料通話・ビデオ通話で行います。

くわしくはこちらをご覧くださいね ※夜も可能です。ご相談ください。※15000円(90分)

 

【4月のコンサル受付可能日】 ★5月ご希望の方は希望日をお知らせください

18日(木)午後 19日(金)午前 21日(日)~16時 

23日(火) 24日(水) 28日(日) 29日(月・祝)~15時

申し込みはこちら↓

 http://ws.formzu.net/fgen/S87086077/

 

 


テーマ:
香取慎吾日本初個展 強みがあふれてる!
 
みなさん、自分の強みっていくつ言えますか?
身につけたスキルって何がありますか?
あなたのいいところ、教えてー!って言われたら何を伝えますか?


学生が就活の面接で言う「わたくしの強みは〇〇です。サークルの副部長として…」みたいな紋切り型のやつから、キャリア相談に来た方の「強みがわからないんです」まで、この言葉によく遭遇している日々。


強み、というあいまいな言葉が誤解を生むのだけれども、ともかく、人に聞かれたり人に伝える必要があるときに「自分のいいところ」「自分らしさ」をどう表現しますか、という点で間違っているなあと思う人が多い。
 

前提として誰にでもいくつも強みはあって、知らず知らずのうちに身につけているスキルもあるのだけれど、自分っていうクローゼットから何を出してどう組み合わせて伝えるか、が出来ていない。今の季節の洋服選びのように、むずかしい(わたしは洋服選びにいつも迷子w)。


洋服ならTPOや今日の気温を考える。ただ好きだから着るとか、一番上にあったから着る、とかじゃないでしょ(幼児のころの娘がなぞの柄×柄+へんな帽子+長靴、みたいな奇天烈な服装を好んでたのはいい思い出w)
自分が着たいものを着るのだ!と言いきれるのはいいとしても「いや今日寒いでしょ」くらいは考える(笑)。でも、ずっと着ていないからといって、クローゼットの中にある「ほかの洋服」がないわけじゃない。ただ、すべてを着ることはできないし、着ていたら変な人として認知される(笑)。自分をその場で「いいかんじ」にするふさわしい服を選ぼうと(選べているかどうかは別として)するよね。


同じように、あなたのたくさんある強み(自分ではとても強みだとは思えないものも!)の中でも、その場で前面に押し出すものと、次のシーズンまでクローゼットの中ね、でいいものがある。それをどう決めるのか、っていったら「相手の期待やニーズ」を考えて決める、んだよね。


転職面接の場面、に限って言っているのではなく、初対面の人に自己紹介する場面でも、PTAの役員やる時も同じこと。


とはいえ、わたしはほんとに強みがないんです!と主張される方がよくいるのだけれど、それ「名前つけられてないから」だけってこともあるよね。
話を聞いていると繰り返し出てくる「さりげない工夫やこだわり」「まわりの人からの言葉」の中に「それ強み!」っていうのが見つかる。ヘビロテの凄いインナーみたいなものかもね(笑)。確かにそれは「営業成績トップです!」「〇〇を開発しました」みたいなわかりやすさはないんだけれど(あ、これは強みではなく「実績」だけど)、その「自然にやれていてまわりが認めている」ことを、自覚することから始めないとね。
 
 
でも、それは「今いる場所で有効な強み」なので、季節が変わったらその素敵なコートは使えない、っていうのと同じで、場所が変わったら伝え方を変える(装いのコーディネートを変える)必要があるけれどね。そのために「自分のいいところ」をたくさん言葉にして(洋服のリストを作って)、場所や相手に応じた出し方をする(場にふさわしいコーディネートをする)ってことが必要なの。


多くの人が表に見せようと頑張って伝える「自分のいいところ」や「よそ行きの強み」は、どちらかというと「そのために買ってきたばかりのアクセサリー」のようで、きれいだけどその人のものになっていなくて「取り外したら誰につけても合うんじゃない?」と思えるようなものになってしまう。しかもそれを相手かまわず伝えていたりするので、相手がほんとうに欲しいものにはなっていない、ってことあるんだよね。


「私の強みが20個見つかったよ!わーい!」みたいにはしゃぐのは、着ない洋服をため込んでて、いざというときいつも「着たい服が見つからない」っていうクローゼットと同じこと。そうではなく、あなたが伝える必要のある場面で、適切に伝えられるように整理整頓しておくほうが大事だよね。そのあとで「この場面で欲しがられるのはどれかな?」と出したらいいのだから。
 
 
・・・なぜ洋服でずっと例えているのだろう(笑)。季節柄悩ましいからだろうなw。でもこれわかりやすいのかなー。男子には伝わりにくいよねえ(苦笑)
 
 

 

新年度のスタートはスムーズですか?もやもやは早めに解消しちゃいましょう!

【個別コンサルティング】 ※その他さまざまなお問い合わせもどうぞブーケ1

起業も転職もキャリアも、人間関係もなんでも。キャリアって人生そのものです

★遠方の方は無料通話・ビデオ通話で行います。

くわしくはこちらをご覧くださいね ※夜も可能です。ご相談ください。※15000円(90分)

 

【4月のコンサル受付可能日】 ★5月ご希望の方は希望日をお知らせください

18日(木)午後 19日(金)午前 21日(日)~16時 

23日(火) 24日(水) 28日(日) 29日(月・祝)~15時

申し込みはこちら↓

 http://ws.formzu.net/fgen/S87086077/

 

 


 

 


テーマ:

本日、ツキイチ開催「育休でJUMP!会」でした。
4月なのでメンバーがずいぶん入れ替わり、はじめましての方がたくさん来てくれて、クラス替えっぽい(笑)。
そのなかでも来週から復職です、とか、来月東京へ転勤です、とか、あと10日で産まれますとか(笑)、結構ぎりぎりに駆け込んでくれた人もいて、なのにたった一回でもいいつながりになっていますよ(と自画自賛)。


今月の課題図書は山田ズーニーさんの名著 あなたの話はなぜ「通じない」のか 
事例がわかりやすくて話題に事欠かないし、復職したときの会話から家族との会話まですべてに役立つということで、みなさん同士の語り合いも深い(自虐多しwwww)。

 

 


あ、JUMP会は、しばらく休んでいる「ビジネス脳」を刺激する場なので、子育ての悩み相談とかはしませんねえ。ママたちは(育休中ならパパも歓迎)我が子を横に起きつつも、結構仕事モードになってます。


さらに、ここには仕事との付き合い方も、役職も、業種も職種もバラバラなママが集まるので、全員の「普通が違う」。

「うちの職場だとこういうのが普通」っていうのが、別の人には「?」となる。女性だから、ワ―ママだからといって「同じじゃない」ということをリアルにわかる。


働いていてもみんな違うんだ。でも共通の悩みもあるよね。そして、みんなそれぞれいろんな工夫をしているんだ!なんてことを共有し、助言もしあってほんとの仲間になっていくよね。
初対面同士でもあるのに、課題本を真ん中に話しているとうっかり「自分のダメな話」を素で出してしまえるのもいいところじゃないかな。今日もよく笑ったよねえ(笑)


組織の枠を超えた学びあいの場を持つ(=越境学習)、というのはその人の成長のためにも大いにいい影響があるし、さらに、育休中から育休復職後のように仕事への関わり方がゆらぐときには、ちょっとしたことをため込まずに吐き出せたり、相談できたりすることがとても役に立つよね。

もちろん同じ職場内に話せる先輩がいれば助かるけれども、近いと話しにくいこともあったりするよね。そういう意味でもここでできる利害関係のないつながりは、とてもよいと思っているのだ。
(特に復職した人が少ない中小企業はみんな、職場を越えたそういうつながりに参加するように、会社ぐるみで支援したらいいのになあ。)
★越境学習についての参考資料


でも最近は名古屋でも女性には「名古屋ワーキングマザーの会」とかアクティブな面白いつながりが増えているよう。
むしろ心配なのは、「新しいことなんて学ばない」「職場以外のつながりなんてない」と言っている40代以降の男性のほうかなあ(ぜひ育休取って参加して♡)。

ベル育休でJUMP!会 この後の予定

5月20日(月)、6月20日(木)いずれも10時30分~13時30分

場所 チクサグリル ランチフリードリンク付き 4500円

 

 

新年度のスタートはスムーズですか?もやもやは早めに解消しちゃいましょう!

【個別コンサルティング】 ※その他さまざまなお問い合わせもどうぞブーケ1

起業も転職もキャリアも、人間関係もなんでも。キャリアって人生そのものです

★遠方の方は無料通話・ビデオ通話で行います。

くわしくはこちらをご覧くださいね ※夜も可能です。ご相談ください。※15000円(90分)

 

【4月のコンサル受付可能日】 ★5月ご希望の方は日程をお知らせください

17日(水)午後 18日(木)午後 19日(金)午前 21日(日)~16時 

23日(火) 24日(水) 28日(日) 29日(月)~15時

申し込みはこちら↓

 http://ws.formzu.net/fgen/S87086077/

 

 
 


テーマ:

image
東大卒業式@2013 撮影したのはわたし=保護者

 

さて、また読まれないようなタイトルで書いている。
こういうことはこのブログで書くべきかどうか悩む日々(でも書いちゃう・笑)


ここ数日、大きく話題になっている上野千鶴子氏の東大入学式の祝辞(全文)
まだ読んでいない方はこちらをどうぞ

この祝辞、多くの賛辞が飛び交うのと同時に、当事者の大学生のなんともな反応や、出席していた父親の違和感などいろいろ見えています。
ちなみに私は、10年前に(入学式には出ていないけど)長女が東大に入学した経験を持つので、完全な部外者ではないと思っていて、
そしてこの祝辞を娘が思いを込めてシェアしていたのを見て自分が読んだわけです。


世の中の皆さんが強く心を打たれた(わたしも)文章の一部はこちら↓

がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。あなたたちが今日「がんばったら報われる」と思えるのは、これまであなたたちの周囲の環境が、あなたたちを励まし、背を押し、手を持ってひきあげ、やりとげたことを評価してほめてくれたからこそです。世の中には、がんばっても報われないひと、がんばろうにもがんばれないひと、がんばりすぎて心と体をこわしたひと...たちがいます。がんばる前から、「しょせんおまえなんか」「どうせわたしなんて」とがんばる意欲をくじかれるひとたちもいます。
あなたたちのがんばりを、どうぞ自分が勝ち抜くためだけに使わないでください。恵まれた環境と恵まれた能力とを、恵まれないひとびとを貶めるためにではなく、
そういうひとびとを助けるために使ってください。そして強がらず、自分の弱さを認め、支え合って生きてください。


長女は一人親(=私)に育てられた子どもで、田舎の雑草育ち(笑)なので、東大生の平均的ご家庭とはほど遠い環境で、それでも我が家は実は、年収はともかくとして「豊か」な部類に入っていたのだと思います。わたしのサラリーマンとしての初職16年の給与が比較的高かったこと(女性としては破格になります)、夫死別後は地方公務員へ転職をし、同世代の男性と同じ程度の年収があったこと(大企業とは比較になりませんが、暮らすのには十分)。持ち家であり、かつ、前職の早期退職金上積み制度でローン完済済みであったこと、ゆえに、長女は奨学金を使わず進学をしているということ。

 

それ以前に、本人が求めた本を買うのも、中学でのホームステイも、高校での留学も、ためらうことはない程度の家計であったと言うことと、そういうことにわたしが積極的な親であったということは、教育環境としての「豊かさ」だと言えるかなと(幼児・小学生時代の習い事や塾に無駄にお金を使わなかったのは、田舎のラッキー)



…つまり、我が娘が得られた環境はそれなりに知的好奇心を刺激出来、親をはじめとした多様な人的資産に囲まれていたということでもあります。そこからがんばることへの動機付けをされ、それなりの心理的安全性を担保されながら、「女の子だから」と言われることなく(そりゃわたしが母ですからw)挑戦できたわけです。もちろん結果の99.9%は彼女の努力の賜物であることは間違いがありません。けれども努力できるだけの環境があったといえば、それはそうでしょう(環境があったからといって、やらなければそれまでなので、やっぱり長女の手柄であることに変わりはないのですが)

 

「女の子は東大なんて行ったらお嫁にいけないから止めなさい」と親に言われて「東大はやめて◎◎大にしたんです」と、うちの娘に向かって無邪気に語るお嬢さんに会ったことがあります。その方は別にそれを「自分にとって嫌なこと」だと思っていないから、そうおっしゃったのでしょう(差別意識を内在していることには気がついていないので残念)。でも、それを聞いたとき、わたしも長女もとても嫌な気持ちになりましたが。


あ、東大の話をしたいわけではないのでした。
わたしがずっと気になっているのは別のことです。(すいません、回り道が長くて・笑)


ずっと女性の社会参画をテーマに生きてきている(仕事もしている)わたしは、ここ数年とても気になる言葉を見聞きしています。
先日もとある「女性公務員」がこんな発言(要旨)をしていました。


「女性活躍推進っていう言葉が嫌いで、その流れでなにか女性だから~と語られるのは迷惑に思うしずっと嫌だった。自分自身は女性だからと言って特に差別されたこともないし、困ってもいない。女性だから~と持ち上げられるのも特別視されるのも、理解できない」


似たような話は、各企業の女性管理職、女性経営者からもよく聞かれます。それはずっと嫌に思っているのですが、これを地域の暮らしをよくすることを使命とする公務員の発言として聞いたときの違和感がずっと消えません。自分が差別されなかったからといって、地域にそれがないと思ってしまう無自覚があることが、とても残念なのです(その方はいい仕事をなさっているからこそ)。



そして今回の上野先生の言葉を読み、ああ、こういうことをわたしは言いたかったのだと腹に落ちました。


”がんばったら報われるとあなたがたが思えることそのものが、あなたがたの努力の成果ではなく、環境のおかげだったこと忘れないようにしてください。”



生存バイアスという言葉があります。

最近だと「就職氷河期卒業だからといって、自分はこうしてちゃんとやれている。環境のせいにするのは甘えだ」というようなものです。
 

自分が上手くいったのは努力の成果なのだと、だからそうなっていない人を「努力不足」だと断罪することで、世の中はよくなるのでしょうか。そこは本当に石を持ち打ち付ける相手なのでしょうか。


でも、これらの発言をする人の多くは日常的には差別意識を持った人ではありません。真摯に生きているきちんとした大人です。ゆえに「自分も大した人間ではなかったが、頑張ってこうなれたのだから、そうならないのはあなたが怠けているからだ」と思っているのです。この無自覚は、なかなか自覚に至りません(似た者同士で集まる習性もそこに作用しています)。


多くの場合、この相互の分断が生み出すものは、世界を狭く狭くすることでしかありません。でもそんな世界を作りたいと思って、そんな発言をしているのでしょうか?そんなこと、誰も考えて望んでいるとは思えないのです。そこは攻撃対象ではないはずです。

 

 

今何かをつかみ取れている人も、つかめないでいる人も、それぞれがそれぞれのベストを尽くしながら、少しずつ余力を差し出して支えあう世の中になることって、誰にとってもいいことじゃないでしょうか。
それは「そうじゃない人の努力不足を責めている」あなたの立つ土台が柔らかく温かく広くなることであって、あながが努力して得たものを棄損することにはならないのです。
 

 

時代が変化し、いろいろな立場の人が世の中に参画できるようになっています。

24時間戦いたいと思っている人だけが生きていける世の中よりも、いろいろな事情がある人すべてが、できることで思い切り自己表現し、参画していける社会のほうが、きっとだれにとっても生きやすいのではないでしょうか。

 

昔読んだ本で、こんな言葉をもらいました。

「あなたが生きやすい社会を作りたいのであれば、あなたがいてほしいと思う隣人にあなたがなりなさい」

 

 

決して人にやさしくもないし、自己犠牲精神もない私ですが、合理的に考えても、それが一番だと思うんですよね~。

 

 

新年度のスタートはスムーズですか?もやもやは早めに解消しちゃいましょう!

【個別コンサルティング】 ※その他さまざまなお問い合わせもどうぞブーケ1

起業も転職もキャリアも、人間関係もなんでも。キャリアって人生そのものです

★遠方の方は無料通話・ビデオ通話で行います。

くわしくはこちらをご覧くださいね ※夜も可能です。ご相談ください。※15000円(90分)

 

【4月のコンサル受付可能日】

17日(水)午後 18日(木)午後 19日(金)午前21日(日)~16時 

23日(火) 24日(水) 28日(日) 29日(月)~15時

申し込みはこちら↓

 http://ws.formzu.net/fgen/S87086077/

 


テーマ:


独立してからというもの、いろいろと必要に追われて学ぶたび、毎回「足りてない自分」を発見する。
自己肯定感は低くないけれど、相場観についてははなはだ冷静(笑)なので、自分の出来具合の採点はからいほうだと思う。しょうがない。だって世界には「おおっ・・・」って人が山ほどいて、しかも下手すると自分より20歳も年下だったりして、日々叩きのめされる気分になるのだから。


つねに自分に対して「偽もの感」があって(バッタもん、って感じのニュアンスw)、だからこそ、もっと広く深く!なんてきりのないことを感じて焦ったりもする。だからって無駄に広げても深めてもしょうがなくて(そもそもできないし)という「諦念」も身につけてはいるので、楽しく生きていけるのだが。


という状態だとどうなるかというと、いろいろな言論を見ては「…とはいってもねえ」とか「まあそういう方向からはそうも言えるんだけどさ」とか「だけどそこにはこの解釈もあるかもしれないよねえ」とか、まあダイジなことほど煮え切らない発言になっちゃう自分がいる。

ずばーん!と断言できない、のだよ(笑)


そんなわたしは、個人の相談を受けると「どうすればいいですか?」と聞かれる日々なのだけど、ご本人はいたってまじめに「決められないんです」「選べないんです」「わたしはどうしたらいいんでしょうか」と、断言できない自分が「情けない人」のように訴えるんだけどね、そりゃそうなんだってば。決めるって難しいのだよ、人生の岐路に関わることなんだから。
もちろんわたしが決めるわけではないし(答えが見えているのに、自分で言えないでいるときは代わりにお伝えするが、それ、決めているのは本人で、わたしは手伝っているだけw)。


今や、価値観も生き方のバリエーションもこれほどまでに多くの組み合わせがあり、会社の中の正義もやっぱり状況によって異なるし、「今動く」のか「2年後に動く」のかの「客観的合理的正解」なんて存在しない。だけれど「納得できる答え」を自分が見つける必要があるよね。そこを一人でずばーんと決められないからと言って、あなたがダメなわけじゃないのよ。


その決定には、少しだけ客観性外的要因の知識と、情報整理と、なにより「あなたがほんとに何にもやもやしているか=何がダイジかを見つける問い」が必要だから。
それをするためにわたしのような職業があるのだろうと思っているからね。
 

「いいアドバイスが得られないのは、問いが悪いから。問いを磨くべし」というツイートを見たのだけれど、それが出来ないからみんな困っているのにねって思ったわよ(笑)。

問いを磨くのはもちろん必要だとしても、今困っている人は、謙虚に問いかけてくれる人を見つけたらいいのだよ。


ああ、そういえば専門領域とは打って変わって、わたし、日常の決断(買い物とか)はものすごく早くて(笑)、自宅を建てたときにも設計と営業の人にものすごく驚かれたんだよねえ。「次の打ち合わせは半日かかります」って言われて出向いた日に1時間で終わったりしたからね(笑)。

 

そーいうもん(爆)

 

 

 

ひらめき電球Q-tao夜セミナー 最終回  残席2!

「経験とスキルの棚卸しで新たな自分を見つけよう」
日時 4月17日(水)19時~20時30分 
場所 SakurAルーム1 貸会議室(チサンビル名古屋501号室)
    愛知県名古屋市中村区椿町1-3 ★注!いつもと違います!
参加費 2000円(Q-tao会員は1000円)

詳細&お申し込みはリザストページをご覧ください

 

新年度のスタートはスムーズですか?もやもやは早めに解消しちゃいましょう!

【個別コンサルティング】 ※その他さまざまなお問い合わせもどうぞブーケ1

起業も転職もキャリアも、人間関係もなんでも。キャリアって人生そのものです

★遠方の方は無料通話・ビデオ通話で行います。

くわしくはこちらをご覧くださいね ※夜も可能です。ご相談ください。※15000円(90分)

 

【4月のコンサル受付可能日】

17日(水)午後 18日(木)午後 19日(金)午前21日(日)~16時 

23日(火) 24日(水) 28日(日) 29日(月)~15時

申し込みはこちら↓

 http://ws.formzu.net/fgen/S87086077/

 

 


 

Ameba人気のブログ