基本・きれいなワンカラーの作り方〜コツ&ポイント〜 | 東京・少人数で親身丁寧!セルフジェルネイルレッスン教室May

東京・少人数で親身丁寧!セルフジェルネイルレッスン教室May

ジェルネイル初心者さん、ジェルがムラになる・すぐ剥げれる…自己流でジェルネイルをしている方に基礎の基礎を少人数でみっちり丁寧にレッスン^^基本のブラシワーク、手順、デザインの仕方などなどセルフで楽しむために必要なことを一日でしっかりで学べます♪

 

この記事では、きれいなワンカラー(爪全体にカラーを塗ることを指します。べた塗りとも言います。)の仕上げ方についてコツやポイントをご紹介します!

 

 

 

これからジェルネイルを始めたい方は、ジェルネイルが出来上がるまでの流れを、

 

もうすでにセルフジェルネイルを始めている方は、きれいに仕上げるための塗り方をおさらいをしてみてくださいね^^

 

 

 

基本となるデザインなので、ぜひきれいに塗れるようになっていきましょう!

 

 

 

 

…*☆*……………………

 

 

カラージェルは、基本的に2度塗ると発色が良くなります。

 

 

最近のジェルは、1度塗り用のものも出てきていますが、基本的には2度塗りをするときれいに仕上がるものが多いです。

 

 

ピンク薔薇ワンカラーが仕上がるまでの流れピンク薔薇

1 ジェルを塗るための下準備(自爪)
爪の形を整えたり、甘皮処理、爪の表面を整える行程です。
ここを正しく丁寧に行うことで、持ちやきれいさに差が出ます!

※参考記事…下準備のやりかた

2 ベースジェル
自爪に最初に塗るジェルのことです。密着性のある自爪に塗るジェルです。塗ったらライトに入れて硬化します。

3 カラージェル1回目
カラージェル(色の付いたジェル)を塗った後、硬化します。

4 カラージェル2回目(2度塗り)
1回目に塗ったジェルの上に、同じ色を重ねて塗ることです。塗ったら硬化します。

5 トップジェル
コーティングとして爪全体に塗布します。
多めに塗布することで、つるんと滑らかに仕上がります。
最後に、拭き取って完了です!
 


 

この記事では、25のやりかたをご紹介します^^


 

 
使う道具

 

・ラウンド筆(毛先が丸い筆)

・ベースジェル

・カラージェル(今回は赤)

・トップジェル

・ジェルを硬化するライト

 

・キッチンペーパー

・ウッドスティック(皮膚についたジェルを拭うため)

・コットンorキッチンペーパー(未硬化ジェルの拭き取りに使う)

 

 

 

やり方


ご注意

※硬化時間は、使うジェル・使うライトによって異なります。

※ジェルはマニキュアと違って塗ったそばからかたまりません。ライトに入れるまでかたまりませんので、自分のペースで焦らずゆっくり丁寧に行っていきましょう!

 

▲ジェルを塗る前の下準備を施した爪。

爪の形を整え、甘皮処理を施し、爪の表面を整えています。

詳しいやり方はこちら

 

1 オーバル筆にベースジェルを取り、自爪に塗ります。

皮膚にジェルが付かないように、根元とサイドは0.5ミリ(髪の毛2本分くらい)空けて塗っていきます。

 

(理由:皮膚にジェルが付いたまま硬化してしまうと、そこからジェルが浮いてきてしまうからです)

 

クローバーPOINT

サイドの爪にジェルを塗る時は、人差し指で皮膚を引っ張って塗ると塗りやすくなります。スキンダウンといいます。

 

クローバーPOINT

手元を明るくするスタンドライトを使うと、塗った所はツヤが出るので、きわまで塗れているかチェック!

キワに隙間が空いているの、わかりますか?

 

 

クローバーPOINT

根元を塗るときは慎重に!

ゆっくりでいいので、根元に沿ってかたつきなくジェルを塗って行きます。

 

クローバーPOINT

・爪先(エッジ)にジェルを塗る時は、指先の皮膚を引っ張ると塗りやすいです。

 

爪が短い方は、指先の皮膚を引っ張れば爪先にジェルが塗りやすくなります!

筆に少量ジェルをつけて、爪の端から端まで塗布します。塗らないと、爪先からジェルが取れてきます。

 

・写真のように、筆の先が爪の先端に触れるようにジェルを塗ってきます。

この時、筆にジェルが多く付いていると爪の裏にジェルが入り込んでしまうので、極少量のジェルが筆についている状態で爪先にジェルを塗って行きましょう!

 

▲爪全体にベースジェルが塗れました!

硬化用ライトに入れる前に、スタンドライトの光をあててよ〜〜くチェックします。

 

 

クローバーライトに入れる前のチェックポイント

・サイド、根元、指先にジェルがはみ出してないか?

・ジェルの表面にホコリやカスが付いてないか?

・塗り残しはないか?(隙間が空きすぎてないか?)

・ジェルが均等に塗れているか?(ジェルの表面によれなくツヤがあるか?)

 

2 ベースジェルを硬化した後、カラージェルを塗布して行きます。
 

ベースジェルが塗ってある上にカラージェルをのせます。

カラージェルも爪先(エッジ)にジェルを塗ります。

 

(注意:ベースジェルは硬化しても表面を触るとベタベタしますが正常です。

それは未硬化ジェルといって、ライトに入れても硬化しきらなかったジェルのことです。ここで拭き取る必要はありません

 

クローバーPOINT

ベースの時と同じく、サイドを塗る時は皮膚で引っ張ります。

皮膚にジェルが付くのを防ぎます。

 

クローバーPOINT

根元を塗る時は、筆でジェルを押し上げながら慎重に塗っていきます。

 

▲カラージェル(1回目)が塗れました!

この時、多少色ムラがあったりしても大丈夫です。

2度目を塗ると、ムラが目立たなくなります。

 

ライトに入れる前のチェックポイントを確認してから、ライトに入れて硬化します。

 

3 筆にカラージェルを取り、1度目に塗ったカラージェルの上に同じ色をのせて行きます。爪先(エッジ)も塗ります。

塗れたらチェックをして硬化します。

 

▲2度塗りのジェルが塗れました。1度目より発色が良くなります!

 

 

 

3 最後にコーティングとして、トップジェルを爪全体に塗布して行きます。コツはふんわりのせること!圧がかかると、ジェルがのりません。

 

ベースジェルやカラージェルより2〜3倍多く爪にのせます。

そうすることで、つるんとなめらかに仕上がります。

皮膚に流れないように注意しましょう!

 

クローバーPOINT

塗った後、爪をひっくり返す。(爪と床と平行になるようにする)

こうすることで重力で中心部にジェルがたまり、きれいな形になりやすくなります。

 

塗った後、横から見た時。

デコボコなく滑らかかチェックします!

OKだったら、ライトに入れて硬化します。

 

▲硬化したあとは、コットンやキッチンペーパーにエタノール(もしくはクレンザー)をしみ込ませ、未硬化ジェルを拭き取り完成です!!

 

▲つっやつやにワンカラーが出来上がりました!

 

 

 ピンク薔薇きれいに塗るためのまとめ・ライトに入れる(硬化する)前に必ずチェック!

・サイド、根元のキワはカタツキがないか?

・横から見た時にデコボコしてないか?

・皮膚にジェルが付いたジェルはウッドスティックで必ず拭う

・ゆっくり時間をかけて丁寧に塗る
 

 

 

細かいところまで気にかけて仕上げる事が、美しさを作ります^^

 

 

初心者さんは時間がかけて丁寧に行う事をオススメします!

最初は”時間をかければきれいに出来る”で全然OK!

 

 

慣れてくれば、必ず早くできるようになりますよ♫

 

 

 

 

おすすめ関連記事

 

ジェルを塗る前の下準備〜オンまでやり方・コツ満載

 

【動画】根元にはみ出した時のジェルの拭い方

 

これからジェルネイルを始める方へ!失敗しないために知っておくべき3つの事

 

すぐ出来る!利き手にジェルネイルを上手に仕上げる5つのコツ&心構え

 

 
 
 

 

募集〆切間近

 

アートまで楽しむスキルを身につける!

施術の過程までしっかり見てアドバイスするので、確実にジェルネイルを習得・上達していけます!知識ゼロから基礎〜アートまで楽しみたい方にオススメです。

 

セルフジェルネイル基礎習得コース(全6回)

・4/10水曜日スタートあと1席(〆切:3/27)

・4/13土曜日スタートあと2席(〆切:3/23)

 

 

ピンク薔薇プロや資格取得を目指すのではなく、趣味でジェルネイルを楽しみたい初心者さんのためのレッスン教室(東京)

クローバーサロンまでのアクセス
クローバー初めての方へ
クローバー良くあるご質問(全般)
クローバーメニュー一覧
クローバー生徒さまのネイル作品
クローバーなんでもお問い合わせフォーム

クローバー問い合わせ先クローバー
・e-mail: ema@may.jp  
・Tel:
080-1166-2174 
 お電話は月〜土曜の9時〜18時まで。メールでのお問い合わせ・申し込みは24時間受付しています)

セルフジェルネイル講師 菅野エマ(かんの えま)

 

趣味で楽しく学ぶ♫少人数セルフジェルネイルレッスン教室・東京さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります