銭湯再生請負人が銭湯から地域活性化

銭湯 経営者のみなさまへ








客数が減っているのに集客施策を打ち出すことができない。


  • 課金サウナを導入したが、売上げにつながらない、客単価UPにつながらない。

  • 廃業するにしても、お金がかかり二の足を踏む。

  • 売上が減少しているので設備投資ができない。

  • 奮起してお客様を呼び込もうとしても、どのようにしたらいいかまったくわからない。


そんな“ないないづくし”で将来に


不安を感じていませんか?



はじめまして、銭湯再生請負人@平野善之(ひらのよしゆき)と申します。





私は今まで、48件の温浴施設の開業からシステム立上げまで


を成功させてきました。





民間企業である日帰り温泉やスーパー銭湯での実績です。


私は“衰退産業”である銭湯に、行列をつくる一発逆転の


方法なんて無いと思っていました。





しかし……。





なぜ、私が旧態依然とした銭湯にビジネスチャンスあり!

と確信したのか?少しお付き合いください。





>>銭湯再生請負人のプロジェクト詳細はこちら







お電話はこちらから


03-6240-2128


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

サウナーZ世代のお金の使い方

GW中は、鶴見の「いやさか湯」で連日掃除から仕込み。

中盤以降は、天気もよかったので活気がありました。

 

連勤となったスタッフには感謝感謝。

(徹夜での掃除は体力的に辛いのですが、いやさか湯は女性スタッフが頑張る店)

 

気温上昇と漏水補修で下がると期待していたガス代は3桁を維持してしまい

エアコンなしの影響で50万を切ると期待していた電気代も60万円近い。

 

売り上げが上がってもこれでは厳しいですね。

 

店に入れば、唯一の男性スタッフとして接客もします。

90キロ以上ある耳の沸いたオッサンに接客されるのは嫌だろうなぁと思うので、

丁寧な接客を心がけているつもりです。

 

同店は、年中無休で深夜1時半まで営業ですから、

23時を過ぎるとZ世代のサウナーで賑わいます。

(男性サウナが広く、外気浴場もあるので)

 

Z世代の接客をしていると世代固有の傾向が見えます。

 

まず、挨拶・礼節が素晴らしい。

「こんばんは。いらっしゃいませ!」と迎えれば、

ほぼ100%気持ちの良い挨拶が返ってきます。

「ありがとうございました!また来てね。」と送り出せば

ほぼ100%感謝の一言を残して帰っていきます。

 

これだけ皆が皆、挨拶がしっかり出来ると

挨拶が出来て、元気がある!だけで実力以上の高評価を得ていた

30年前の自分では営業戦力として魅力なしか・・・・・とも思います。

 

サウナマットの交換や桶椅子の整理で浴場内に入ると

店で売られていない飲料のペットボトルが常にゴミ箱で目につきます。

持ち込みですね。

無料の飲料水を提供し、自販機も割り増しなしで複数台設置ているので

持ち込みの多さには閉口します。

 

銭湯は売り上げのボリュームが小さな商売ですから、

ジュース1本でも貴重な売り上げです。

 

持ち込み禁止の表示はしておりません。

私のポリシーで禁止事項の表示は、どの店も極力しません。

 

意図は

「言われなくたってわかるでしょ」

「禁止と上から目線で言われれば、よけいにやりたくなるのが人間」

 

飲み食いは年上が払い、

デートでは男が払い、

小銭のつり銭は受け取らない。

 

若いときは、そんなお金の使い方をしてきた私からすれば

飲料を風呂に持ち込むことが発想としてない。

 

Z世代の息子に

デート代とか割り勘とかすんなよ・・・・みっともねーぞ。

若いうちは安い店でよいのだから全部払えよ。

と言ったら、そんな時代じゃねーよ。

と返されたことがあった。

(息子よ。だから、オマエはモテナイノダ!)

 

お金の使い方についてサンデル教授風に考えてみると

 

私自身がタクシーのおつりを全額しっかり受け取るようになり、

お茶代のつり銭も受けとるようになっている。

提出する企画書はカラー印刷だが、自分の控えは非カラー。

加えて、データであるものは極力プリントアウトしない。

ガソリンも1円でも安い店で給油。

サントリーオールドは値引きしてある時にしか買わず、

1000円を切るホワイトホースを買うことが多い。

寿司は回転し、焼肉でもワタミで1万円を切る。

 

銭湯って儲からないのだから、

飲み物くらい買ってしかるべき!

持ち込みなんでするなよ!

 

という理屈は、全く正しいとも言えないのかも知れない。

 

15年間の損保営業で新車を7台購入し、

常に新しいスーツを営業協力で買わされていた頃とは

時代が違っているのである。

 

持ち込みでもよい。

安く風呂屋を使用して挨拶もキチンとできる。

Z世代のお金の使い方は正しいのかも。

 

温浴施設は、付帯売上(マッサージ・飲食)の減収に悲鳴。

 

愚痴も嘆きも出てしまうが、

頻繁に来店してもらうほうが、収益にとってもプラスになる。

 

飲料持ち込み歓迎!

の掲示はしないけど・・・・容認。

 

でも、明日も来てね・・・・が正解か。

 

サウナーが入浴の魅力に気が付き、

大きな風呂を求めて「風呂は外で!」となってくれるのが

共通善。

 

 

 

 

■このままではよくない

4月生まれの同級生は53歳になったりしている。

勤め人を続けている輩は、勤続30年のご褒美とともに

めっちゃ出世していなければ役職定年が迫ってきている頃。

 

昭和12年生まれの父(故人)が大卒での初任給が2万円と言っていた。

30年前の私の初任給は約20万円。

そして現在の初任給も同程度。

 

その間、アメリカではビッグマックの値段は5倍となり、

我が国では数十円の上昇のみ。

 

バブルの崩壊は、湾岸戦争だった。

 

ウクライナ情勢に皆が胸を痛めているが、

世界の親分たちは、本気で止めようしているのか疑問。

 

ロシアと国交があるのに、直接乗り込んで話をしないのは何故?

フランス、トルコ、オーストリアだけではないかな・・・直接ロシアに行ったのは。

 

資源がない我が国。

食料自給率が極めて低い我が国。

高齢化が進むと30年前から判っていた我が国。

 

バブル崩壊後に、団塊の世代が自身の生活を守るために

新入生社員を抑制した。

 

生産拠点を海外に移し、価格競争を生き抜いたメーカー。

 

票の取れる世代を優遇し、

30年後を見据えた政策を打てなかった政治。

 

外国人が減ってしまったのが要因ではあるが人口64万人減。

 

今こそ、失敗の本質を検証しなければならない。

 

レイチェル・カーソンが夏休みの課題図書だった。

はだしのゲンも学校に置いてあったし、家にもあった。

 

ガンジー、マンデラならどうするのか?

 

53歳が忍び寄るオッサンの心は晴れない・・・・・・。

 

ユーチューブで見る「キャプテン」

オータニさんと鈴木誠也の活躍にしか心が躍らない。

 

こんな時には、大きな風呂にでも入って、

マッサージでもしてビールでも飲めるとよいのだが・・・・。

勝敗分けるSNS

SNSでの店舗評価は、神経をすり減らしますね・・・・。

 

「サウナイキタイ」なんかは、温浴施設に好意的な書き込が多く、

ありがたや、ありがたや・・・ですが、

Googleなんかは、何のコメントなしに星一つ・・・・とか。

 

低評価のコメントが「立地」とか「駐車場」とか現場の努力で

如何ともし難いことだったり。

 

業務の打ち合わせで、宿泊付きの温浴施設に二度泊まりましたが、

一度目の宿泊時の接客は褒められたものではありませんでした。

二度目の宿泊時の接客は、素晴らしいものでした。

 

チェックアウト時に、ゆっくりお休みになれましか?

YESの私の回答に、満面の笑顔で「よかったでーす!」とフロントの方。

 

一度目だと星一つで二度目だと星5つ。

 

温浴施設のみならず、

全ての業種において同じですよね。

 

病院代えよう!

次は〇〇車、絶対買わない!

二度とこの店では飲まない!

 

いちいち接客に腹を立てていては、不機嫌な世の中になってしまいますが、

利用者、購入者からすれば、同じお金を払うのなら気分がよい方がよいのも当然です。

 

中日の吉見が8回3安打1失点で好投。

1失点は8回に代打に打たれた同点ソロホームラン。

延長の末、中日は敗れた。

 

「130球投げたって、一球だめなら全部無駄になる。何ものこらねぇってやつだ」

と落合監督はコメントした。

 

この落合監督の厳しさが吉見をエースに育て、

中日を強くしたことは間違いない。

と「嫌われた監督」に書いてありました。

 

勝敗が全てのプロ野球に世界だから?

 

SNSでの情報発信は、同じ厳しさを含んでいます。

デジタルTattouというと言葉もありましたね。

 

消せない書き込みを挽回すべく、誠実に業務に取り組むことが

店の実力を上げていくことは間違いはなく、

負の書き込みを風化させていく唯一の手段。

 

そう考えていくと、SNSは誤魔化しの効かない実力主義を形成するフェァーなもの?

とも言えますが、匿名だから何でも言えちゃうところがアンフェアー感あり。

 

それでも風呂屋はSNSに関しては、恵まれている業種だとも思います。

販売して、納品して。請求書出して・・・・という業務なしに、お客さんが来店してくれます。

(もちろん、掃除して、仕込みして・・・という重労働はありますが)

ありがとう!気持ちよかった!とお客さん側から感謝されることも多い。

SNSの書き込み好意的な方が多い気もします。

 

ミスが多いチームは勝てない。

(ラグビーだけじゃないはずです)

 

吉見がエースに君臨したように、一球の重さを店舗にかかわる全員が

理解することが店の実力UPに不可欠ですね。

 

チャンスのマイボールラインアウトをミスするチームは必ず負けますね。

 

経営者は何がミスなのかを明確に示す必要があります。

 

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>